DRY&HEAVY"ハイレゾ"ダブ・コンテスト開始!――この国の最強のレゲエ・ドラム&ベースをリミックスせよ!

この国の最高峰のルーツ・レゲエ / ダブのリズム・セクション、DRY&HEAVYが放つ、3月11日リリース予定の重量級の新作『In Time』。秋本"HEAVY"武士(ベース)と七尾"DRY"茂大(ドラム)による、リユニオン後初となるひさびさのアルバムとなる。本作のリリースを記念して、彼らのレコーディング音源「JAM ROCK」の"ハイレゾ"ダブ・コンテストを敢行!

コンテストの素材となる、「JAM ROCK」のハイレゾのマルチ・トラック・データは、下記のパッケージ・ページから期間限定(2015年1月7日から2月4日まで)で無料配信。この素材をミックスして、要項に従ってご応募ください。応募期間は、ダウンロード開始から2月11日まで、また結果は2015年3月11日のアルバム・リリース時にOTOTOYにて発表。

本場ジャマイカのスライ&ロビーのスライとの共演も果たした秋本のベース、さらに彼がリユニオンするほどこだわる七尾のドラム、この最強のリズム・セクションをパラで聴いてみたい…… なんて人もとりあえずダウンロードを(期間終了後は有料配信予定)。

ダブ・ミックスと言っても、そこは自由。まさに、キング・タビー・スタイルのストイックな抜き差し&エフェクトを行う"ダブ"もよし、シンガーやディージェイ、楽器演奏者による"ヴァージョン"ももちろんありでしょう。さらにはエレクトロニック・ミュージックのマナーで現存のベース・ミュージックに自らの手で再構築するもよし。リミックスの元祖、ダブですから、そのあたりはクリエイターの想像力&腕次第というわけです。

今回のダブ・コンテスト、参考楽曲としてDRY&HEAVYのニュー・アルバム『In Time』から、「WORLD A MUSIC (trial listening edit)」も公開! スライ&ロビーが手がけた、Ini Kamozeの「WORLD A MUSIC」のカヴァー。同リディムは、2005年にボブ・マーリーの息子のひとり、ダミアン・マーリーの2005年の大ヒット曲「Welcome To Jamrock」としてもリメイクされましたね〜。

参考音源
DRY&HEAVY『IN TIME』収録楽曲「WORLD A MUSIC (trial listening edit)」
(SoundCloud視聴)


DRY&HEAVY / JAM ROCK

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) : 0円(2015年1月7日から2月4日まで)
※DAWなどで編集する場合、WAVファイルでダウンロードすることをお勧めします。

【Track List】
01. JAM ROCK Kick / 02. JAM ROCK Snare / 03. JAM ROCK Hi Hat / 04. JAM ROCK Tam / 05. JAM ROCK Drums Over Head / 06. JAM ROCK Bass / 07. JAM ROCK Piano / 08. JAM ROCK Guitar / 09. JAM ROCK Clavinet

注意 : 「JAM ROCK」のオリジナル・ミックスは収録されておりません

本作品はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]に基づき、許可無く、自由にリミックスなど、二次的な使用が可能です。詳しくは、以下クリエイティブ・コモンズのホームページなどをご確認ください。

この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

【二次的著作物に必要なクレジット】
Drums & Bass by DRY&HEAVY(SHIGEMOTO"DRY"NANAO & TAKESHI"HEAVY"AKIMOTO)
(c)(p)2015 POSITIVE PRODUCTIONS INC.

DRY&HEAVY DUB CONTEST

応募要項

【審査員】
DRY&HEAVY、GOTH-TRAD、OMSB(SIMI LAB / 特別審査員)、小林"CHE QUE"宏信(DRY&HEAVYレコーディング・エンジニア)、河村祐介(OTOTOY)

【スケジュール】
レコーディング・マルチ・トラック素材音源 無料配信期間 : 2015年1月7日(水)〜2月4日(水)
応募期間 : 2015年1月7日(水)〜2月11日(水)
結果発表 : 2015年3月11日(水)
優秀作品配信期間 : 2015年4月1日(水)〜6月30日(火)

応募方法

[1] 上記のパッケージ・ページから、DRY&HEAVY「JAM ROCK」をダウンロードして下さい。

[2] 収録されている、ドラムとベースのトラック音源を使用したリミックス楽曲をおつくりいただき、音声ファイル共有サービス SoundCloudのご自身のアカウントから、下記の【応募条件】に記載してある手順にのっとって、「#dryandheavy_remix」というタグを着けてアップロードをして下さい(音源の販売を行なう場合は、ダウンロードは不可の設定にすることをおすすめします)。リミックス楽曲のマスター・データは、サンプリング周波数48kHz以上、bit数は24bit以上のWAVデータで作成して下さい。

[3] コンテスト応募期間中に〈dryandheavy.net@gmail.com〉に、SoundCloudの音源ページのURLと、制作者の【アーティスト名、本名、ご自身のHP・SNS等のURL、メールアドレス、宣材写真などのヴィジュアル・イメージ、お電話番号、ご住所、応募楽曲名、制作クレジット】をお送りください。

応募作品について

・作品のアーティスト名はご自身のお名前を、作品のタイトルはご自由に付けてください。

・応募いただいた作品は、DRY&HEAVYオフィシャルSoundCloudアカウントのコンテスト・プレイリストに追加して、同じくオフィシャルFacebookページ、Twitter(ハッシュタグ #dryandheavy_remix)などのSNSで応募情報の拡散を行ないます。

・応募期間終了後、審査員が気になった作品(優秀作品)はOTOTOYより4/1~ 3ヶ月の期間限定にて、ハイレゾ音源にて配信販売をいたします。販売元はDRY&HEAVYの音源のリリース元であるPOSITIVE PRODUCTIONS INC.となり、原盤使用料などの条件に関しては、別途、個別に相談をさせていただきます。

・審査員が特に気になった作品(特別作品)は、今年夏頃にリリースになるDRY&HEAVYの12"アナログ・レコードに収録されます。こちらも同じく販売元はDRY&HEAVYの音源のリリース元であるPOSITIVE PRODUCTIONS INC.となり、原盤使用料などの条件に関しては、別途、個別に相談をさせていただきます。

応募条件

・応募いただく楽曲の原盤権は、応募をされるリミックス楽曲の制作者に独占的に帰属いたします。レーベルなどと契約をされている方が応募される場合は、そのレーベルなどからの許諾を得た上で、こちらの各条件をご了承下さい。

・ご使用になるDRY&HEAVY『JAM ROCK』のレコーディング・マルチ・トラック素材音源の使用に関しては、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]に基づき、応募されるリミックス作品(二次的著作物)に、以下の必要なクレジットを表示して下さい。

※SoundCloundにアップする際には、こちらの手順にのっとって下さい。

【必要なクレジット】

Drums & Bass by DRY&HEAVY(SHIGEMOTO"DRY"NANAO & TAKESHI"HEAVY"AKIMOTO)
(c)(p)2015 POSITIVE PRODUCTIONS INC.

※SoundClound以外で公表・リリースする場合は、以下のサイトを参考にして、必要なライセンスへのリンクを行なって下さい。
>>http://creativecommons.org/choose/results-one?license_code=by&jurisdiction=jp&version=2.1&lang=ja

※クリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]の詳細に関してはこちらをご確認下さい。

・優秀作品、特別作品の期間限定配信、レコード・リリースに関しては、それぞれ応募された皆さんの活動経緯や方針にあわせた条件をご提案させていただきます。

・応募作品は、コンテスト終了後、ご自由にリリースなどをしていただいて構いません。

その他

コンテストとは無関係に、またコンテスト期間外にDRY&HEAVY『JAM ROCK』レコーディング・マルチ・トラックを使用する場合も、上記【応募条件】にあるクリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]のルールに基づく表記を記載してください。

【本コンテストのお問合せ先】
dryandheavy.net@gmail.com

PROFILE

七尾"DRY"茂大(Drums)と秋本"HEAVY"武士(Bass)というふたりからなるリズム・セクション、プロデューサー・チーム。1991年結成。95年からDRY&HEAVY CONNECTIONと称しバンド・スタイルでの活動をはじめ、97年に『DRY&HEAVY』でアルバム・デビュー。その後、国内はもとより海外でも音源をリリース。2000年にはAsian Dub Foundationとともにヨーロッパ・ツアーを敢行し、またAdrian Sherwoodと訪れた香港ではPrimal Screamとも共演するも、2001年のフジロックフェスティバルのステージで秋本"HEAVY"武士はバンドからの脱退を宣言。2010年に七尾と秋本によるリズム・セクションとしてのDRY & HEAVYがリユニオン。2013年には日本のDUBのオリジネイターのひとり、こだま和文と共演。朝霧JAMへの出演、Jah Shaka、MAD PROFESSORとの共演を果たすなど、あらたな進撃を開始。2015年春、ついに待望のニュー・アルバムをリリース。

>>DRY&HEAVY Official HP

o

 
 

その他

オトトイの学校
[SCHOOL]・2017年07月13日・ 音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ「岡村詩野音楽ライター講座」。プロのライターを目指す人から、ライティングの経験はないけれど音楽が好きで、表現の幅を広げたい! という人まで大歓迎です! 昨年開催し、ご好評をいただいた夏期集中講習を今年も開催します。短期集中講座ならではの、より丁寧で濃度の高い授業を行い、音楽を表現するための基本的な部分から応用までを、2日間でみっちり学んできます。ライティング経験者はもちろん、初心者の方も大歓迎です! 「音楽ライターになりたい」「好きなアーティストを素敵な文章で人に伝えたい」「自分が聴いている音楽に対する造詣を深めたい!」「夏休みになにかはじめたい」…… 動機は何でも構いません! この機会にあなたも、メディアやアーティストから信頼される音楽ライターを目指す第一歩を踏み出してみませんか? 岡村詩野音楽ライター講座 夏期集中講座 詳細はこちら
3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)
[CLOSEUP]・2017年02月28日・3776が5月14日にamiinAとThere There Theresを迎えてライヴをやるよ! その名も『3776514』(みななろこいよ)!!!! 今はちょっとお休み中の富士山ご当地アイドル、3776とOTOTOYが、5月14日(こいよ)にイベント開催決定! そうです、下北→渋谷→新宿と伝説のワンマンを撒き散らしている3776×OTOTOY企画のvol.4 復活ライブ東京編! タイトルはズバリ『3776514』(みななろこいよ)。 3776の盟友、そして今ノリにノってるamiinAと、BELLRING少女ハートから改名した話題沸騰中のThere There Theresを迎えてo-nestで開催です。ちょっと豪華過ぎなので、チケット即日完売必至の予感… みんな、こいよーーーー!!! さらには、『3776514』(みななろこいよ)開催記念として(?)、3776の名作『序曲』がハイレゾでリリース決定。3776のハイレゾで、石田Pのこだわりを堪能してください! 5月14日はo-nestに集合!3776×OTOTOY企画 vol.4 3776復活ライブ東京編『3776514』(みななろ来いよ)'【日時】2017
OTOTOYとATFが全力で作るほんとうにドキドキするイベント vol.4!!
[CLOSEUP]・2015年10月22日・OTOTOYとATFが全力で作るほんとうにドキドキするイベント vol.4 オトトイのススメ! vol.4日時 : 2015年11月25日(水)@TSUTAYA o-nest開場 : 18:30 / 開演 : 19:00料金 : 前売 : 2,500円 / 当日 : 3,000円(1drink別)出演 : BELLRING 少女ハート / 0.8秒と衝撃。 / カネコアヤノ 問い合わせ : o-nest主催・企画制作 : オトトイ株式会社 / ATFIELD.inc.連絡先 : ticket@ototoy.jp(担当 : 西澤) OTOTOY先行実施中!!タイトルを「オトトイのススメ! vol.4 先行予約希望」にしていただき、'本文に、お名前、電話番号、メールアドレス、希望予約枚数をご記入のうえ、'ticket@ototoy.jpまで、メールをお送りください。'オフィシャル先行受付 10/24(土)18:00~10/31(土) http://w.pia.jp/t/osusume/プレオーダー'' 10/31(土)~11/3(水) 記念すべき第4回目の出演者たち ◎BELLRING 少女ハート
・2014年01月14日・テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、テキスト、であ
WHITE ASH、ロック・シーンの王めざす、全身全霊の2ndアルバムをリリース
[POWERPUSH]・2013年12月20日・ 全身全霊、そんな言葉がふさわしいロックが到着した。WHITE ASHの約1年半ぶりとなる2ndフル・アルバムは、今年リリースされた3枚のシングルを一切収録せず、全11曲すべてが録り下ろしという気合いの入った一枚。前作までに見せた攻撃的かつヘヴィなサウンドはそのままに、さらに勢いとヴァラエティを増したパワー・ポップを聴かせてくれる。『Ciao, Fake Kings』(さらば、ニセモノの王たちよ)というアルバム・タイトルに込められているのは、ロック・シーンの新たな王になろうという決意表明か。そんな彼らの並々ならぬエモーションを感じる作品。WHITE ASHの放つ熱量を、ぜひ受け止めてほしい。 WHITE ASH / Ciao, Fake Kings'【価格】まとめ購入(mp3) 2,000円 / 単曲(mp3) 250円【Track List】''1. Casablanca / 2. Number Ninety Nine / 3. Zodiac Syndrome / 4. Vain Promises / 5. Long Time No See / 6. Bacardi Avenue / 7. Delaye
オーディエンス参加型イベント〈GODO presents EXPRESSION vol.2〉のライヴ音源を配信開始!!
[CLOSEUP]・2013年11月19日・ 音楽iPhoneアプリGODOとOTOTOYがタッグを組んだ、オーディエンス参加型ライヴ・イベント〈EXPRESSION〉の第2回が、2013年10月26日(日)に下北沢THREEで開催された。〈EXPRESSION〉は、当日演奏された曲目から、音源化して欲しい曲を来場者がその場で投票、その投票結果1位の曲に加え、出演アーティストが選出した曲をまとめ、ライヴ・オムニバスとして後日音源化するというイベントだ。 今回は静カニ潜ム日々、ボロキチ、DIRTY SATELLITES、MANGA SHOCK、blue friend、ふくろの6組が参戦。エモ、ハードコア寄りの熱いラインナップとなったこのライヴは、台風の接近による悪天候すら吹き飛ばし、下北沢の地下を煮えたぎる大釜のような空間に変えた。 OTOTOYでは、当日の様子をDSD 2.8MHzという超高音質で音源化し、いよいよ配信をスタートする。来場者の投票で選ばれた楽曲と、各アーティスト一押しの楽曲をまとめ、会場の熱気とともにパッケージしたライヴ・オムニバスを楽しんでいただきたい。現場の興奮を伝えるライヴ・レポとともにどうぞ!! GODOとは? iPhone
by もり
SHIMOKITAZAWA HANAUTA CRUISING、下北沢の夜を彩る企画!
[POWERPUSH]・2013年05月13日・ 2013年5月25日、下北沢に点在するライヴハウス各所を結んで開催される下北沢発サーキット・イベント「Shimokitazawa SOUND CRUISING」。今年は複数会場でのライヴ・パフォーマンスに加えて、サーキット・イベントならではの、下北沢の街中を使った企画を実施することが決定しました! その名も「Shimokitazawa HANAUTA CRUISING」! 「はなうた」がキーワードの本企画、その内容はいかに? Shimokitazawa HANAUTA CRUISINGとは? 2012年より始まった周遊型オールナイト音楽フェスティバルShimokitazawa SOUND CRUISINGに、UK発のあるプラットフォーム(18日発表!)が協力してお送りする参加型企画。下北沢の5つの場所に行きスマートフォンで本イベントの特設サイトにアクセスすると、その場所でしか聴けない楽曲を聴くことができます。その楽曲とは、なんとShimokitazawa SOUND CRUISINGに出演する5組のアーティストたちによる「はなうた」。自由気ままに歌ってもらった各曲を、是非聴いてみてください。 さらに、そ
feat. 女性ボーカル特集
[POWERPUSH]・2012年07月03日・ feat.女性ボーカル特集 サディスティック・ミカ・バンドやシュガーベイブを始め、いつの時代も、先鋭的なミュージシャンは女性ボーカルを求める。女性の声には、その音域や声質、フェロモンだけでは説明出来ないような、代えの効かない魅力が含まれている。彼女たちの歌によって、楽曲に新たな命が吹き込まれ、音楽は飛翔する。今回の「feat.女性ボーカル特集」では、日本の先鋭的なミュージシャンと女性ボーカルのコラボレーションによって生まれた楽曲を集めた。ハードな電子音や柔らかくオーガニックなサウンド、狂騒的なダンスビートなど、女性ボーカルの乗る下地は様々。サウンドと女声の交わりによって生まれる反応をご堪能下さい。 女性ボーカルをフィーチャーした貴重な音源を集めました。 YAMP KOLT / yes(HQD Ver.) ヤンプコルト自身がプロデュースした1stアルバム。豪華な8人の女性シンガー達(UA、やくしまるえつこ、原田郁子、一十三十一、さや、ピカ、ACO、リクルマイ)が、ポップで神秘的な森を舞台に、太陽に恋する。 L.E.D / I'll [feat.Ikuko Harada] バンド初のヴォーカル・トラ