DRY&HEAVY"ハイレゾ"ダブ・コンテスト開始!――この国の最強のレゲエ・ドラム&ベースをリミックスせよ!

この国の最高峰のルーツ・レゲエ / ダブのリズム・セクション、DRY&HEAVYが放つ、3月11日リリース予定の重量級の新作『In Time』。秋本"HEAVY"武士(ベース)と七尾"DRY"茂大(ドラム)による、リユニオン後初となるひさびさのアルバムとなる。本作のリリースを記念して、彼らのレコーディング音源「JAM ROCK」の"ハイレゾ"ダブ・コンテストを敢行!

コンテストの素材となる、「JAM ROCK」のハイレゾのマルチ・トラック・データは、下記のパッケージ・ページから期間限定(2015年1月7日から2月4日まで)で無料配信。この素材をミックスして、要項に従ってご応募ください。応募期間は、ダウンロード開始から2月11日まで、また結果は2015年3月11日のアルバム・リリース時にOTOTOYにて発表。

本場ジャマイカのスライ&ロビーのスライとの共演も果たした秋本のベース、さらに彼がリユニオンするほどこだわる七尾のドラム、この最強のリズム・セクションをパラで聴いてみたい…… なんて人もとりあえずダウンロードを(期間終了後は有料配信予定)。

ダブ・ミックスと言っても、そこは自由。まさに、キング・タビー・スタイルのストイックな抜き差し&エフェクトを行う"ダブ"もよし、シンガーやディージェイ、楽器演奏者による"ヴァージョン"ももちろんありでしょう。さらにはエレクトロニック・ミュージックのマナーで現存のベース・ミュージックに自らの手で再構築するもよし。リミックスの元祖、ダブですから、そのあたりはクリエイターの想像力&腕次第というわけです。

今回のダブ・コンテスト、参考楽曲としてDRY&HEAVYのニュー・アルバム『In Time』から、「WORLD A MUSIC (trial listening edit)」も公開! スライ&ロビーが手がけた、Ini Kamozeの「WORLD A MUSIC」のカヴァー。同リディムは、2005年にボブ・マーリーの息子のひとり、ダミアン・マーリーの2005年の大ヒット曲「Welcome To Jamrock」としてもリメイクされましたね〜。

参考音源
DRY&HEAVY『IN TIME』収録楽曲「WORLD A MUSIC (trial listening edit)」
(SoundCloud視聴)


DRY&HEAVY / JAM ROCK

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) : 0円(2015年1月7日から2月4日まで)
※DAWなどで編集する場合、WAVファイルでダウンロードすることをお勧めします。

【Track List】
01. JAM ROCK Kick / 02. JAM ROCK Snare / 03. JAM ROCK Hi Hat / 04. JAM ROCK Tam / 05. JAM ROCK Drums Over Head / 06. JAM ROCK Bass / 07. JAM ROCK Piano / 08. JAM ROCK Guitar / 09. JAM ROCK Clavinet

注意 : 「JAM ROCK」のオリジナル・ミックスは収録されておりません

本作品はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]に基づき、許可無く、自由にリミックスなど、二次的な使用が可能です。詳しくは、以下クリエイティブ・コモンズのホームページなどをご確認ください。

この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

【二次的著作物に必要なクレジット】
Drums & Bass by DRY&HEAVY(SHIGEMOTO"DRY"NANAO & TAKESHI"HEAVY"AKIMOTO)
(c)(p)2015 POSITIVE PRODUCTIONS INC.

DRY&HEAVY DUB CONTEST

応募要項

【審査員】
DRY&HEAVY、GOTH-TRAD、OMSB(SIMI LAB / 特別審査員)、小林"CHE QUE"宏信(DRY&HEAVYレコーディング・エンジニア)、河村祐介(OTOTOY)

【スケジュール】
レコーディング・マルチ・トラック素材音源 無料配信期間 : 2015年1月7日(水)〜2月4日(水)
応募期間 : 2015年1月7日(水)〜2月11日(水)
結果発表 : 2015年3月11日(水)
優秀作品配信期間 : 2015年4月1日(水)〜6月30日(火)

応募方法

[1] 上記のパッケージ・ページから、DRY&HEAVY「JAM ROCK」をダウンロードして下さい。

[2] 収録されている、ドラムとベースのトラック音源を使用したリミックス楽曲をおつくりいただき、音声ファイル共有サービス SoundCloudのご自身のアカウントから、下記の【応募条件】に記載してある手順にのっとって、「#dryandheavy_remix」というタグを着けてアップロードをして下さい(音源の販売を行なう場合は、ダウンロードは不可の設定にすることをおすすめします)。リミックス楽曲のマスター・データは、サンプリング周波数48kHz以上、bit数は24bit以上のWAVデータで作成して下さい。

[3] コンテスト応募期間中に〈dryandheavy.net@gmail.com〉に、SoundCloudの音源ページのURLと、制作者の【アーティスト名、本名、ご自身のHP・SNS等のURL、メールアドレス、宣材写真などのヴィジュアル・イメージ、お電話番号、ご住所、応募楽曲名、制作クレジット】をお送りください。

応募作品について

・作品のアーティスト名はご自身のお名前を、作品のタイトルはご自由に付けてください。

・応募いただいた作品は、DRY&HEAVYオフィシャルSoundCloudアカウントのコンテスト・プレイリストに追加して、同じくオフィシャルFacebookページ、Twitter(ハッシュタグ #dryandheavy_remix)などのSNSで応募情報の拡散を行ないます。

・応募期間終了後、審査員が気になった作品(優秀作品)はOTOTOYより4/1~ 3ヶ月の期間限定にて、ハイレゾ音源にて配信販売をいたします。販売元はDRY&HEAVYの音源のリリース元であるPOSITIVE PRODUCTIONS INC.となり、原盤使用料などの条件に関しては、別途、個別に相談をさせていただきます。

・審査員が特に気になった作品(特別作品)は、今年夏頃にリリースになるDRY&HEAVYの12"アナログ・レコードに収録されます。こちらも同じく販売元はDRY&HEAVYの音源のリリース元であるPOSITIVE PRODUCTIONS INC.となり、原盤使用料などの条件に関しては、別途、個別に相談をさせていただきます。

応募条件

・応募いただく楽曲の原盤権は、応募をされるリミックス楽曲の制作者に独占的に帰属いたします。レーベルなどと契約をされている方が応募される場合は、そのレーベルなどからの許諾を得た上で、こちらの各条件をご了承下さい。

・ご使用になるDRY&HEAVY『JAM ROCK』のレコーディング・マルチ・トラック素材音源の使用に関しては、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]に基づき、応募されるリミックス作品(二次的著作物)に、以下の必要なクレジットを表示して下さい。

※SoundCloundにアップする際には、こちらの手順にのっとって下さい。

【必要なクレジット】

Drums & Bass by DRY&HEAVY(SHIGEMOTO"DRY"NANAO & TAKESHI"HEAVY"AKIMOTO)
(c)(p)2015 POSITIVE PRODUCTIONS INC.

※SoundClound以外で公表・リリースする場合は、以下のサイトを参考にして、必要なライセンスへのリンクを行なって下さい。
>>http://creativecommons.org/choose/results-one?license_code=by&jurisdiction=jp&version=2.1&lang=ja

※クリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]の詳細に関してはこちらをご確認下さい。

・優秀作品、特別作品の期間限定配信、レコード・リリースに関しては、それぞれ応募された皆さんの活動経緯や方針にあわせた条件をご提案させていただきます。

・応募作品は、コンテスト終了後、ご自由にリリースなどをしていただいて構いません。

その他

コンテストとは無関係に、またコンテスト期間外にDRY&HEAVY『JAM ROCK』レコーディング・マルチ・トラックを使用する場合も、上記【応募条件】にあるクリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]のルールに基づく表記を記載してください。

【本コンテストのお問合せ先】
dryandheavy.net@gmail.com

PROFILE

七尾"DRY"茂大(Drums)と秋本"HEAVY"武士(Bass)というふたりからなるリズム・セクション、プロデューサー・チーム。1991年結成。95年からDRY&HEAVY CONNECTIONと称しバンド・スタイルでの活動をはじめ、97年に『DRY&HEAVY』でアルバム・デビュー。その後、国内はもとより海外でも音源をリリース。2000年にはAsian Dub Foundationとともにヨーロッパ・ツアーを敢行し、またAdrian Sherwoodと訪れた香港ではPrimal Screamとも共演するも、2001年のフジロックフェスティバルのステージで秋本"HEAVY"武士はバンドからの脱退を宣言。2010年に七尾と秋本によるリズム・セクションとしてのDRY & HEAVYがリユニオン。2013年には日本のDUBのオリジネイターのひとり、こだま和文と共演。朝霧JAMへの出演、Jah Shaka、MAD PROFESSORとの共演を果たすなど、あらたな進撃を開始。2015年春、ついに待望のニュー・アルバムをリリース。

>>DRY&HEAVY Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

レッツポコポコ〈オトトイのススメ!〉でのライヴ音源をハイレゾ配信ーー千歳ちの、琴海りおインタヴュー
[CLOSEUP]・2016年11月22日・レッツポコポコ〈オトトイのススメ!〉でのライヴ音源をハイレゾ配信ーー千歳ちの、琴海りおインタヴュー ゆるめるモ! プロデュース・チームが手がけるアイドル・グループ、レッツポコポコが、2016年10月12日(水)、渋谷TSUTAYA O-nestで開催された〈オトトイのススメ! vol.8〉で披露したライヴ音源を独占ハイレゾ配信スタート。「なつかしくて新しい」をテーマにした昭和歌謡リスペクトな楽曲と、ファンによる声援と掛け声が一体になった初めてのライヴ音源を聴けば、当日の臨場感が蘇ること間違いなし。本作のリリースを記念し、ゆるめるモ! から移籍した千歳ちのと新メンバー琴海りおへのインタヴュー、〈オトトイのススメ! vol.8〉のライヴレポートを掲載。音源を聴きながらお楽しみください。 レッポコ初のライヴ音源をハイレゾ配信レッツポコポコ / LIVE at オトトイのススメ!(24bit/48kHz)'【収録曲】1. ポコトロ2. セイセイマゴマゴ3. mc4. 風風サマー5. 恋は蜃気楼6. ああ、リチャード7. mc8. 魔法の「カギカッコ」9. 君と空飛べらりるれろ【配信形態】24bit/48kHz
OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位
[CLOSEUP]・2016年12月05日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、50位〜31位を発表! 2016年もあと少し。ということで、今年もやってまいりました。その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。2016年のOTOTOY AWARDは、ジャンルの垣根をぶち抜いて、総合チャートとして、アルバム、シングルに関わらず50枚を選出しました。まずは50位から31位までの20作品を発表いたします! >>30位から11位はコチラ>>10位から1位はコチラ 50. Predawn『Absence』【作品詳細】Predawn (プリドーン=夜明け前)を名乗る、女性ソロ・シンガー・ソングライターの2ndアルバム。UKロック、オルタナティヴ・ロック、ルーツ・ミュージックを独自に昇華し、少々ひねくれつつもドリーミングかつヒーリング的な聴き心地が融合。初のゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある作品に。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 1,650円(税込) 49. ART-SCHOOL『Hello darkness, m
OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──
[CLOSEUP]・2016年12月07日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、30位〜11位を発表! その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました。こちらでは30位から11位を発表します。今年の音楽、ちゃんとチェックしてから2017年へいきましょうぞ。 >>50位から31位はコチラ>>11位から1位はコチラ 30. HIROSHI WATANABE『MULTIVERSE』【作品詳細】KAITO名義でのジャーマン・テクノ名門〈コンパクト〉からのリリースでも知られる、HIROSHI WATANABEのデトロイト・テクノの伝説的レーベル、デリック・メイの〈トランスマット〉よりリリースされたアルバム。まっすぐにエネルギッシュなテクノ・アルバム。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 2,700円(税込) 29. ミツメ『A Long Day』【作品詳細】インドネシア、台湾、テキサス、ニューヨークなどでの海外公演も含
OTOTOY AWARDS 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表──
[CLOSEUP]・2016年12月09日・OTOTOY AWARD 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表── 50位から発表してまいりました、OTOTOY AWARD 2016。アルバムやシングルなど、とにもかくにも2016年を印象付けた作品を50枚選出して発表しています。そして、こちらのページは映えある2016年の、OTOTOYが配信するさまざまなジャンルから選んだ、2016年の10枚。さて、1位は????????? >>50位から31位はコチラ>>30位から11位はコチラ 10. おやすみホログラム『2』【レヴュー】八月ちゃんとカナミルによる2人組ユニット・アイドル・ユニット、おやすみホログラムの2ndアルバム。初期衝動に満ちたガレージ・ロック調の1stから一転、プロデューサーの小川晃一が指向したのは2ndらしい2ndアルバム。キクイマホ(HOMMヨ、ex うみのて)、高石晃太郎、小林樹音(THE DHOLE)、吉嶋智仁、タカスギケイ、上野翔(毛玉、箱庭の室内楽)といった叩き上げのミュージシャンたちがアルバムに参加、八月ちゃんとカナミルのコーラスワークにも磨きがかかり録音作品としてのレベルも一気に向上した。バンド・カルチャーを塗
壊れかけのテープレコーダーズ『Silent Sunrise』配信スタート&ハバナイ浅見を迎え対談を敢行
[CLOSEUP]・2016年10月14日・壊れかけのテープレコーダーズ『Silent Sunrise』配信スタート&ハバナイ浅見を迎えた対談記事を掲載 男女ツイン・ヴォーカルとヴィンテージ・オルガンをフィーチャーしたサイケデリックな音像で唯一無二なサウンドを奏でるバンド、壊れかけのテープレコーダーズが、約2年ぶりとなる5作目のフル・アルバム『Silent Sunrise』をリリース。録音とミックスを馬場友美が、マスタリングを中村宗一郎が担当し、これまでのバンドの集大成的なサウンドが収録された作品となっている。本作の配信を記念し、壊れかけのテープレコーダーズの遊佐春菜がキーボードを担当し、東京アンダーグラウンドを象徴するバンド、Have A Nice Day! のフロントマン、浅見北斗を迎え対談を敢行した。 2年ぶりとなるフル・アルバムを配信スタート壊れかけのテープレコーダーズ / Silent Sunrise1. go to2. virgin insanity3. idiot o'clock4. ゴールドラッシュ5. サイレント6. 水瓶座の時代7. MECHANICAL HEART8. METALLIC DREAM9. rising sun10
by 西澤 裕郎
Maison book girl、メジャー・デビュー作『river (cloudy irony)』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年11月30日・Maison book girl、徳間ジャパンよりメジャー・デビュー!! 現代音楽とアイドル・ポップスの融合を聴け! コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組アイドル・グループ「Maison book girl」がシングル『river(cloudy irony)』にて、徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャー・デビュー。音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開してきた彼女たちによる渾身のデビュー作。アイドルファンのみならず様々なジャンルのアーティスト、評論家からも支持を得ている現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品をハイレゾでお楽しみください。 メジャー・デビュー作をハイレゾ配信Maison book girl / river (cloudy irony)【Track List】1. cloudy irony2. karma3. 14days4. cloudy irony instrumental5. karma instrumental6. 14days instru
by 西澤 裕郎
カネコアヤノ1st EP『さよーならあなた』発売記念対談 : カネコアヤノ × 林宏敏(ex.踊ってばかりの国)
[CLOSEUP]・2016年12月07日・カネコアヤノ×林宏敏(ex.踊ってばかりの国)対談──可能性を広げた幸せな邂逅の産物 2016年は劇団ロロの三浦直之の作/演出舞台『光の光の光の愛の光の』へ出演、次いで東京国際映画祭スプラシッシュ部門に選出された今泉力哉監督作品『退屈な日々にさようならを』の主題歌&挿入歌を監督オファーにより提供。同作へ俳優出演も行い、その独特の空気感をまとったアーティスト性に音楽界隈以外から声がかかることも多かったカネコアヤノ。もちろん4月にリリースした弾き語り作品『hug』も彼女のソングライターとしてのセンスを遺憾なく発揮したものであった。それから半年経たずながら待望されていた新作がこの度リリース。4曲とボーナストラックが収録されたEP『さよーならあなた』がハイレゾ音源含めて配信スタートした。 11月19日のライヴをもって踊ってばかりの国を脱退したギタリスト、林宏敏がバンド・メンバーとして参加したタイトル曲「さよーならあなた」は、暢気さと不穏さが織り交じった奇妙な快感で惹きつけるキラーソング。もう1曲バンドで録音された「退屈な日々にさようならを」は前述した同タイトルの映画主題歌であり待望の音源化となる。さらに弾き語り2
by 西澤 裕郎
Alaska Jam、3rdミニ『BE YOUNG! BE HAPPY!』&過去作配信開始
[CLOSEUP]・2016年12月07日・バンド・マジックの第2章へと至る「原点回帰」──Alaska Jam、3rdミニ&過去作配信開始 それぞれ、さまざまバンドやソロ・アーティスト、サポート・メンバーなどで活躍するアーティストたちでもあるAlaska Jam。そのサウンドは、森のラップが、ソリッドで軽快なファンク・ビートとともに疾走する、ミクスチャーとも違った軽快感とともに、ラップの言葉の力とロックのダイナミックな演奏が結実する、そんなサウンドだ。そんな彼らが2年半ぶりに新作として、3rdミニ・アルバム『BE YOUNG! BE HAPPY!』をリリース。OTOTOYでは本作を配信するとともに、過去2作も同時に配信開始する。2年半を経て彼がたどり着いた境地とは? 金子厚武によるインタヴューとともにお届けしよう。 最新作、3rdミニ・アルバムAlaska Jam / BE YOUNG! BE HAPPY!'【Track List】01. カミナッチャ! 02. 東京アンダーグラウンド03. Hello from Asia04. FASHION05. Champagne06. スーパースパイシー07. BLUE【配信形態 / 価格】''16bit
by 金子 厚武