DRY&HEAVY"ハイレゾ"ダブ・コンテスト開始!――この国の最強のレゲエ・ドラム&ベースをリミックスせよ!

この国の最高峰のルーツ・レゲエ / ダブのリズム・セクション、DRY&HEAVYが放つ、3月11日リリース予定の重量級の新作『In Time』。秋本"HEAVY"武士(ベース)と七尾"DRY"茂大(ドラム)による、リユニオン後初となるひさびさのアルバムとなる。本作のリリースを記念して、彼らのレコーディング音源「JAM ROCK」の"ハイレゾ"ダブ・コンテストを敢行!

コンテストの素材となる、「JAM ROCK」のハイレゾのマルチ・トラック・データは、下記のパッケージ・ページから期間限定(2015年1月7日から2月4日まで)で無料配信。この素材をミックスして、要項に従ってご応募ください。応募期間は、ダウンロード開始から2月11日まで、また結果は2015年3月11日のアルバム・リリース時にOTOTOYにて発表。

本場ジャマイカのスライ&ロビーのスライとの共演も果たした秋本のベース、さらに彼がリユニオンするほどこだわる七尾のドラム、この最強のリズム・セクションをパラで聴いてみたい…… なんて人もとりあえずダウンロードを(期間終了後は有料配信予定)。

ダブ・ミックスと言っても、そこは自由。まさに、キング・タビー・スタイルのストイックな抜き差し&エフェクトを行う"ダブ"もよし、シンガーやディージェイ、楽器演奏者による"ヴァージョン"ももちろんありでしょう。さらにはエレクトロニック・ミュージックのマナーで現存のベース・ミュージックに自らの手で再構築するもよし。リミックスの元祖、ダブですから、そのあたりはクリエイターの想像力&腕次第というわけです。

今回のダブ・コンテスト、参考楽曲としてDRY&HEAVYのニュー・アルバム『In Time』から、「WORLD A MUSIC (trial listening edit)」も公開! スライ&ロビーが手がけた、Ini Kamozeの「WORLD A MUSIC」のカヴァー。同リディムは、2005年にボブ・マーリーの息子のひとり、ダミアン・マーリーの2005年の大ヒット曲「Welcome To Jamrock」としてもリメイクされましたね〜。

参考音源
DRY&HEAVY『IN TIME』収録楽曲「WORLD A MUSIC (trial listening edit)」
(SoundCloud視聴)


DRY&HEAVY / JAM ROCK

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) : 0円(2015年1月7日から2月4日まで)
※DAWなどで編集する場合、WAVファイルでダウンロードすることをお勧めします。

【Track List】
01. JAM ROCK Kick / 02. JAM ROCK Snare / 03. JAM ROCK Hi Hat / 04. JAM ROCK Tam / 05. JAM ROCK Drums Over Head / 06. JAM ROCK Bass / 07. JAM ROCK Piano / 08. JAM ROCK Guitar / 09. JAM ROCK Clavinet

注意 : 「JAM ROCK」のオリジナル・ミックスは収録されておりません

本作品はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]に基づき、許可無く、自由にリミックスなど、二次的な使用が可能です。詳しくは、以下クリエイティブ・コモンズのホームページなどをご確認ください。

この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

【二次的著作物に必要なクレジット】
Drums & Bass by DRY&HEAVY(SHIGEMOTO"DRY"NANAO & TAKESHI"HEAVY"AKIMOTO)
(c)(p)2015 POSITIVE PRODUCTIONS INC.

DRY&HEAVY DUB CONTEST

応募要項

【審査員】
DRY&HEAVY、GOTH-TRAD、OMSB(SIMI LAB / 特別審査員)、小林"CHE QUE"宏信(DRY&HEAVYレコーディング・エンジニア)、河村祐介(OTOTOY)

【スケジュール】
レコーディング・マルチ・トラック素材音源 無料配信期間 : 2015年1月7日(水)〜2月4日(水)
応募期間 : 2015年1月7日(水)〜2月11日(水)
結果発表 : 2015年3月11日(水)
優秀作品配信期間 : 2015年4月1日(水)〜6月30日(火)

応募方法

[1] 上記のパッケージ・ページから、DRY&HEAVY「JAM ROCK」をダウンロードして下さい。

[2] 収録されている、ドラムとベースのトラック音源を使用したリミックス楽曲をおつくりいただき、音声ファイル共有サービス SoundCloudのご自身のアカウントから、下記の【応募条件】に記載してある手順にのっとって、「#dryandheavy_remix」というタグを着けてアップロードをして下さい(音源の販売を行なう場合は、ダウンロードは不可の設定にすることをおすすめします)。リミックス楽曲のマスター・データは、サンプリング周波数48kHz以上、bit数は24bit以上のWAVデータで作成して下さい。

[3] コンテスト応募期間中に〈dryandheavy.net@gmail.com〉に、SoundCloudの音源ページのURLと、制作者の【アーティスト名、本名、ご自身のHP・SNS等のURL、メールアドレス、宣材写真などのヴィジュアル・イメージ、お電話番号、ご住所、応募楽曲名、制作クレジット】をお送りください。

応募作品について

・作品のアーティスト名はご自身のお名前を、作品のタイトルはご自由に付けてください。

・応募いただいた作品は、DRY&HEAVYオフィシャルSoundCloudアカウントのコンテスト・プレイリストに追加して、同じくオフィシャルFacebookページ、Twitter(ハッシュタグ #dryandheavy_remix)などのSNSで応募情報の拡散を行ないます。

・応募期間終了後、審査員が気になった作品(優秀作品)はOTOTOYより4/1~ 3ヶ月の期間限定にて、ハイレゾ音源にて配信販売をいたします。販売元はDRY&HEAVYの音源のリリース元であるPOSITIVE PRODUCTIONS INC.となり、原盤使用料などの条件に関しては、別途、個別に相談をさせていただきます。

・審査員が特に気になった作品(特別作品)は、今年夏頃にリリースになるDRY&HEAVYの12"アナログ・レコードに収録されます。こちらも同じく販売元はDRY&HEAVYの音源のリリース元であるPOSITIVE PRODUCTIONS INC.となり、原盤使用料などの条件に関しては、別途、個別に相談をさせていただきます。

応募条件

・応募いただく楽曲の原盤権は、応募をされるリミックス楽曲の制作者に独占的に帰属いたします。レーベルなどと契約をされている方が応募される場合は、そのレーベルなどからの許諾を得た上で、こちらの各条件をご了承下さい。

・ご使用になるDRY&HEAVY『JAM ROCK』のレコーディング・マルチ・トラック素材音源の使用に関しては、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]に基づき、応募されるリミックス作品(二次的著作物)に、以下の必要なクレジットを表示して下さい。

※SoundCloundにアップする際には、こちらの手順にのっとって下さい。

【必要なクレジット】

Drums & Bass by DRY&HEAVY(SHIGEMOTO"DRY"NANAO & TAKESHI"HEAVY"AKIMOTO)
(c)(p)2015 POSITIVE PRODUCTIONS INC.

※SoundClound以外で公表・リリースする場合は、以下のサイトを参考にして、必要なライセンスへのリンクを行なって下さい。
>>http://creativecommons.org/choose/results-one?license_code=by&jurisdiction=jp&version=2.1&lang=ja

※クリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]の詳細に関してはこちらをご確認下さい。

・優秀作品、特別作品の期間限定配信、レコード・リリースに関しては、それぞれ応募された皆さんの活動経緯や方針にあわせた条件をご提案させていただきます。

・応募作品は、コンテスト終了後、ご自由にリリースなどをしていただいて構いません。

その他

コンテストとは無関係に、またコンテスト期間外にDRY&HEAVY『JAM ROCK』レコーディング・マルチ・トラックを使用する場合も、上記【応募条件】にあるクリエイティブ・コモンズ・ライセンス[表示]のルールに基づく表記を記載してください。

【本コンテストのお問合せ先】
dryandheavy.net@gmail.com

PROFILE

七尾"DRY"茂大(Drums)と秋本"HEAVY"武士(Bass)というふたりからなるリズム・セクション、プロデューサー・チーム。1991年結成。95年からDRY&HEAVY CONNECTIONと称しバンド・スタイルでの活動をはじめ、97年に『DRY&HEAVY』でアルバム・デビュー。その後、国内はもとより海外でも音源をリリース。2000年にはAsian Dub Foundationとともにヨーロッパ・ツアーを敢行し、またAdrian Sherwoodと訪れた香港ではPrimal Screamとも共演するも、2001年のフジロックフェスティバルのステージで秋本"HEAVY"武士はバンドからの脱退を宣言。2010年に七尾と秋本によるリズム・セクションとしてのDRY & HEAVYがリユニオン。2013年には日本のDUBのオリジネイターのひとり、こだま和文と共演。朝霧JAMへの出演、Jah Shaka、MAD PROFESSORとの共演を果たすなど、あらたな進撃を開始。2015年春、ついに待望のニュー・アルバムをリリース。

>>DRY&HEAVY Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之
Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月13日・"ロックンロール"という様式美の最先端──Ryo Hamamotoの3rdアルバム、ハイレゾ配信 moools(モールス)やハリネコにて卓越したギタープレイで魅せてきた浜本亮が、バンド名義の前作から4年、ソロ名義"Ryo Hamamoto"としては9年ぶりとなる、3枚目のアルバムを完成させた。 今作に収録されたのは声、ギター、ベース、ドラムという最もシンプルなロック・ミュージックのフォーマットで描かれた全9曲。先行7インチ・シングルに収録された「Last Train Home」、「カリブに配属」が異なるミックスにて、さらに濱田岳主演のショート・フィルム『Miss Fortune』のエンディング・テーマとなった「The Photographer」が新録にて収められた。プロデューサー兼ドラムには盟友、神谷洵平(赤い靴、大橋トリオ、Predawn等)が、ベースにはガリバー鈴木(Predawn等)、ミックスおよびマスタリングは原真人(細野晴臣、大森靖子、ザ・なつやすみバンド等)が参加。高純度で紡がれた楽曲をOTOTOYではハイレゾ配信する。 さらに特集では4年ぶりにインタヴューを敢行。ここから彼を知るという方には是
by 渡辺 裕也