椎名林檎、大森靖子、BiS、後藤まり子のやばさを、全部持っているーー女性SWW玉手初美、OTOTOY独占音源でリスナーに殴り込みをかける

本物はいつだって圧倒的だ。東京都江戸川区出身の女性シンガー・ソングライター、ロックンローラー、玉手初美。マーシャル直結のフェンダームスタングでかきならす刃物のようなギター音、そして、耳奥の中で直接叫んでいるかのようなしゃがれたヴォーカル、まるで10代とは思えない、いや、10代だからこそ発することのできる行方知れずのエネルギー。地元での路上ライヴなどを行ってるなかで出会ったというドラマー、オータコージ(曽我部恵一BAND、L.E.D.、OishiiOishii、□□□(クチロロサポート) etc.) が、ドラム演奏及び、プロデュースを担当することで、その鋭さは最大限に拡張されている。彼女に衝撃を受けたOTOTOYでは、デビュー・ミニ・アルバム『遺書』から1曲「狂」のシングル限定バージョンを独占配信。生ぬるい気持ちで聴いたら、大変なことになるぜ。さあ、時代の変わる瞬間だ。

狂気の新人のシングル限定バージョンを独占配信

玉手初美 / 狂(SINGLE VER.)

【配信価格】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/48kHz) / 単曲のみ 162円

衝撃の新人デビュー。6月11日先行、6月25日全国発売となるミニ・アルバム『遺書』にも収録される「狂」のシングル限定バージョンをオトトイ独占配信。圧倒的な表現力。破壊力。制御不能。全身から溢れ出るパワー、パンク・スピリット。オータコージによるフル・スイング・ドラミングとの2人だけの演奏。生温いシーンに対して宣戦布告。


玉手初美デビュー・ミニ・アルバム『遺書』


2014年6月25日(水)全国発売

価格(税抜) : 1,800円

収録曲 : 1. 偽善者 / 2. 論文 / 3. 純情 / 4. 17才 / 5. 日記小説家 / 6. 姉妹ゲンカ / 7. 高校 / 8. 狂

玉手初美 : 作詞、作曲、歌唱、ギター演奏
オータコージ : サウンドプロデュース、ドラム演奏
松江潤 : ギター演奏(M-6,8)
横山裕章 : キーボード演奏(M-5)
池内亮 : 録音、ミックス
鎌田裕明(aLIVE) : 録音
中村宗一郎(ピースミュージック) : マスタリング

OTOTOYでも配信予定!!

さながら劇薬のような彼女は、いったい何者なのだろうか?

「若手の新人」の多くは、年齢応当の爽やかさを売りにしたものがほとんどだ。度々目にするこのフレーズは期待を抱かせる反面、「まだ若いから」という甘い基準をリスナーに無意識で植え付け、結果として対等なジャッジが与えられなくする場合もままある。しかしそんな肩書きを必要としない、尖りに尖った歌手が現れた。それが玉手初美だ。

地元である東京・江戸川より、弾き語り歌手としてキャリアをスタートさせた彼女。路上や東東京を中心にライヴを行い、わずか半年という短期間で本作『遺書』の発売という離れ業をやってのけた。ここまでの経緯は、他のSSWと似通っているように見えるかもしれない。だが彼女の歌声は、明らかに他の追随を許さない力を秘めている。唯一ネット上で聴くことの出来る楽曲『狂』のPVをみれば、その特徴は瞭然だ。


玉手初美×オータコージ「狂」Studio live ver.

張り詰めた弦を切り刻むように弾く、そのギターに乗せられるのは、嗚咽とも悲鳴とも形容しがたい歌声。それは言葉の意味すらも突き抜け、ひたすら音として共鳴し合っている。目まぐるしい曲進行と相まって、リスナーに漬け込む隙を与えないほどの勢いで突き進む。玉手の声はただ「歌」なのではなく、まさに「音」としても成り立っているのである。それは今なお独自性を感じさせるフォークシンガー三上寛や山崎ハコとも違うし、近年快進撃を広げる大森靖子ともまた違う。誰にも例えられない、唯一無二のスタイルを確立しているのだ。刺激的かつ情念に溢れ、時として人を殺しかねないほどのエグさ。しかしいつまでも眼が離せなくなってしまうほど、高い中毒性が込められているのも事実。さながら劇薬のような彼女は、いったい何者なのだろうか? 想像し、今後括目せねばならない存在である。

オータコージや横山裕章、松江潤といった演奏者を迎えて送り出される『遺言』は、果たしてどのような科学調和を引き起こしているのか。その答えを知るには、この作品を手に取ること、ただそれだけである。だがこれだけは確実に言える。若さを売りにはしない、いや若さを売りにする必要すらない、実力の伴った彼女にかかれば、あなたの予想をはるかに超えてみせ、新しいヴィジョンを提起してくれるに違いない。(text by 高橋拓也)

RECOMMEND

大森靖子 / 大森靖子 at 富士見丘教会(DSD 5.6MHz+HQD ver.)

ギター一本で、あらゆるライヴ・ハウスに行き、時にはアイドル・シーンにも切り込んで、やわらかな歌声で歌ったかと思えば、突き飛ばすようにギターをかきむしる。激情的なようで非常に冷静にも見える。簡単に理解できないからこそ心奪われるシンガー・ソング・ライター、大森靖子。そんな彼女と下北沢、富士見丘教会にてDSDネイティヴ・レコーディングを行った。蝉の声が鳴り止まない夏の日、教会のやわらかな反響。収録されたのは、まだ音源化されていない曲を含めた全8曲。そのなかには、この日、この場所にて即興でつくられた曲も入っている。ライヴとはまたちがう彼女の生々しさと溢れ出る才能。あなたの耳でたったひとり、じっくりと彼女と直面してほしい。

>>>特集ページはこちら

L.E.D. / in motion(24bit/48kHz)

オータコージも所属するバンドL.E.D.による3枚目のフル・アルバム『in motion』! 今作には、ゲスト・ボーカルにSalyu、作詞には漫画家のタナカカツキを迎え、壮大なスケールを持った新曲「空水になる feat.Salyu」が収録されている。そして孤高の詩人、志人を迎えた楽曲では、歪でファンタジーなトラックの世界観を、変幻自在のフロウで畳み掛ける圧巻の楽曲となっている。OTOTOYでは、この大作を24bit/48kHzの高音質WAV音源で配信!

>>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

DUM-DUM PARTY2014

2014年6月14日(土)@渋谷TSUTAYA O-WEST / O-NEST / 7thFLOOR (※3会場同時開催)
時間 : 開場 14:30 開演 15:00 終演 22:00頃を予定
価格 : 前売り ¥6,300(税込 / D別)

PROFILE

玉手初美

東京都江戸川区出身。

地元での路上ライヴや東東京エリアでの弾き語りライヴ活動を行ってるなか、昨年、ドラマー、オータコージ(曽我部恵一BAND、L.E.D.、OishiiOishii、□□□(クチロロサポート) etc.) と出会う。玉手初美本人による作詞作曲、歌とギター演奏。ドラム演奏及び、プロデュースをオータコージが担当。いまの時代の退屈さや、不条理さを10代という若さならではの感性でぶった切ります。フェンダームスタングをマーシャルに直結してドライヴさせながら絶唱する突き抜け感のなかにも、メロディ・メーカーとしての才能も光る、いまの音楽シーンでは希有なグルーヴ感、本物感を味わって頂けるはず。

>>>玉手初美 Official HP

o

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H
筆者について
高橋 拓也 (もり)

泡沫大学生。ナゴム好きをこじらせ、現在80's NEW WAVE(おもにドイツ周辺)を掘削視聴中。

同じ筆者による他の記事