大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.5「ドキドキ! 初インタヴュー!!」前編

新人女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカを追いかける連載の第5回。ついに夢が実現しました! 前回の連載で直接本人にお願いしてしまうくらい、佐久間さんの念願だったインタヴュー。取材前はガチガチに緊張していた佐久間さんですが、いざ始まってしまえば堂々としたもの。終始和やかな雰囲気で、初体験のインタヴューとは思えないほど、しっかりと桐嶋ノドカの活動に迫っていました。今回の連載では、1時間に及んだインタヴューの前半部分を公開します。大好評のため期間延長が決定した「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリー・ダウンロードとあわせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>大好評!! 「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリーDLはこちら(期間延長中)

佐久間望(左)と桐嶋ノドカ(右)

ドキドキ! 初インタヴュー!!

つ・い・にインタヴューしちゃいました!! 何もかもが初体験で、超緊張&超不安な私(佐久間)でしたが、なんと桐嶋さんも初インタヴューだったとか! 「初めて同士、がんばりましょ!」って言ってもらえて、少しだけ気持ちが楽になりました。聞きたいことが多すぎて、何から聞いていいかわからなかったけど、桐嶋さんの小さい頃のお話とか、音楽の道を志しはじめた頃のお話とか、いろいろ聞いちゃいました! 桐嶋さんとお話していると本当に楽しい!! 楽しすぎて、なんか友達同士の雑談みたいになっちゃった部分も…(笑)。でも、これが私のスタイルですっ! なんて思ったり…。とにかく、これを読めば桐嶋ノドカというアーティストの魅力がわかってもらえるはずです!!

インタヴュー & 文 : 佐久間望

聖歌隊、合唱部… 歌に囲まれていた中高時代

――初インタヴューなので、めちゃくちゃ緊張してますっ…!! よろしくお願いします!!

桐嶋ノドカ(以下、桐嶋) : 私もインタヴュー受けるの初めてなんです! こちらこそよろしくお願いしますね! 初めて同士、がんばりましょ!

――はいっ! どこから聞けばいいんだろう…。まず、歌を歌いはじめたきっかけがあれば教えてください…!

桐嶋 : 小さい頃から歌うのがすごく好きだったんですけど、最初はヤマハの音楽教室で人前で歌ったことですかね。

――そうなんですね。その頃から人前で何かをするのが好きだったんですか?

桐嶋 : 好きでした。あ、好きとは言わないのかな…(笑)。

――それはどういうことですか??

桐嶋 : すごく目立ちたがり屋だったんです。でも、みんなには目立ちたがり屋って思われたくない、みたいな(笑)。

桐嶋ノドカ

――なるほどー(笑)。ほかに習っていたことはありますか?

桐嶋 : ピアノと水泳と習字ですね。習字の先生が踊りもやっている人で、なぜかお習字のあとにみんなで踊っていました(笑)。

――不思議ですね(笑)。

桐嶋 : そうなんです! 急にガサガサっと片付けて踊りはじめるんです。べつに誰も望んでなかったんですけど、なぜかみんな踊らないといけないみたいな(笑)。

――おもしろい(笑)。中学校の頃は聖歌隊に入っていたんですよね。聖歌隊ってどんな感じなんですか…?

桐嶋 : 私、中学と高校はキリスト教系の学校に通っていたんですけど、毎日礼拝があって、てるてる坊主みたいなガウンを着て歌うんですよ。もちろん全部聖歌でした。

――見てみたいです…! 聖歌を歌うのは好きでしたか?

桐嶋 : 好きでしたね。心が洗われるというか。

――桐嶋さんの歌って、「祈り」っていう言葉が出てきたり、誰かのための願いを歌った曲もありますよね。それは聖歌隊にいたことが影響しているのかなって…。

桐嶋 : そうですね。中学、高校時代は毎日お祈りを欠かさない生活をしていて、「人生とは」みたいな哲学的なことを考える機会も少なくなかったです。いま思うと、その経験が曲とか歌詞のベースになっているかもしれないですね。

佐久間望

――私は小さいとき仏教系の幼稚園にいたので、キリスト教には馴染みがないのですが、そこでは毎週お経を読むっていう習慣がありました。でも、私はお経を読むことがあまり好きになれなくて…。

桐嶋 : 聖歌を好きじゃなかった人も少なからずいたと思います。でも私は好きでした。読んでみたら意外といいこと書いてあるじゃん、みたいな(笑)。

――聖歌隊のほかに合唱部にも入っていたんですよね。たくさん歌ってますね!!

桐嶋 : たくさん歌ってました(笑)。合唱はもう長らくやってないけど、楽しかったな~。ほんとに毎日歌ってましたね。あの頃の経験が歌の道を選ぶきっかけになっていると思います。あの経験がなかったら、いまは違う道を選んでいたかもです。

――桐嶋さんにとってかけがえのない経験ですね! 突然ですけど、桐嶋さんって文化系だったんですか?

桐嶋 : 文化系でしたね。体育はちょっと苦手でした。でも走るのは速かったと思いますよ!

――いいなぁ。私はぜんぜん速く走れなかったから、すごく練習したんですよ。そしたら持久走が得意になっちゃって(笑)。

桐嶋 : すごい! 私は短距離が得意でしたね。何事もガッといってパッと終わらせたいタイプなんです(笑)。

――そうなんですね。でも、歌って絶対に根気強い練習が必要ですよね…?

桐嶋 : 歌の練習は好きですよ! スイッチが入るまでに時間がかかるんですけど、一度始めちゃうと夢中になっちゃいます。そんな性格なんですよね。

キャロル・キング、ノラ・ジョーンズを弾き語り

――桐嶋さんってどんな音楽が好きなんですか??

桐嶋 : 好きな音楽は、そうですねえ…。たくさんあるんですけど、私が作曲を始めたときによく聴いていたのはクラムボンでした。今はColdplayとかBjorkとかが好きです。

――クラムボンの音楽は自然体って感じですよね! そこが桐嶋さんと共通しているのかな、なんて思います。桐嶋さんのライヴを観たとき、すごく楽しそうで、歌うことがほんとに好きなんだなって思ったことがあって。

桐嶋 : 嬉しいです! ありがとうございます!

――桐嶋さんのオフィシャル・サイトを見たら、プロフィールに「モー娘。『LOVEマシーン』。憧れる。」って書いてあったんですけど、モー娘。も好きだったんですか?

桐嶋 : たぶんあの頃の女の子は、多かれ少なかれ憧れる部分があったんじゃないかな。特に目立ちたがり屋の人たちは(笑)。

――(笑)。私も世代だからわかります~。いまはJ-POPよりも洋楽を聴きますか?

桐嶋 : 中学、高校の頃はJ-POPをたくさん聴いてたんですけど、大学に入った頃くらいから、時代の流れに左右されない音楽に魅力を感じるようになりましたね。だから、邦楽も洋楽もいろんなものを聴きますよ~。

――その頃から作詞作曲を始めたんですか?

桐嶋 : そうなんです。大学に入ってからですね。

――それであんなに曲が書けちゃうってすごい…! 高校生の頃は合唱部以外では歌ってなかったんですか?

桐嶋 : 高校生の頃に歌を歌おうって決めてから、ピアノの弾き語りをやってました。でも、そのときはキャロル・キングとかノラ・ジョーンズとか、わりとアダルトな感じのカヴァーが多かったですね。

――高校生でキャロル・キングとかノラ・ジョーンズって、なんか大人ですね!

桐嶋 : 親がよく聴いていたので、その影響が強いかもしれないです。ピアノの弾き語りといえばこの人! って感じでした。

――そうなんですね。その頃に音大に通う決意をするんですよね。それってすごく勇気のいることだと思うんですけど…?

桐嶋 : 勇気いりました! まず親に言い出せない。反対されたらどうしようって考えちゃって…。でも、思い切って言ってみたら、「がんばって~」ってあっさりしていて(笑)。小学生のときから塾に通っていたし、けっこう勉強もさせられたんですけど、こんなに自由なの! って思いましたね。

――桐嶋さんは高校生のときからしっかり将来を見据えてて偉いなぁ…。

桐嶋 : でも、最初は「音楽を仕事にしよう」っていうよりは、「ただただ歌が好きだから歌っている」という感じでしたよ。そのうちにだんだんと自分の想いを歌いたいなって思いはじめて…。ちょうど高校生の頃から日記を毎日書くようになって、いまも続いているんです。日記を書くと自分で考えていることが整理できるようになって、その中からこれはみんなに言いたいなっていうものを曲にしています。

file.6「ドキドキ! 初インタヴュー!!」後編に続く


桐嶋ノドカについてもっと知る

3歳からピアノを始め、13歳で聖歌隊に入り、歌うことにのめり込む。高校入学と同時期にキャロル・キングやノラ・ジョーンズなどに影響を受け、弾き語りを始める。次第に自身の想いを歌うようになり、高校を卒業する頃にはシンガー・ソングライターの道へ進むことを決める。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサーの小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオに通いはじめる。華奢で小柄な外見からは想像がつかないパワフルな歌声は、聴くものに強烈なインパクトを残す。今春、大学を卒業し、本格的にアーティスト活動をスタートする要注目の新人アーティスト。

>>桐嶋ノドカ OFFICIAL HP
>>桐嶋ノドカ OFFICIAL BLOG
>>桐嶋ノドカ facebook
>>桐嶋ノドカ Twitter

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け”
[CLOSEUP]・2017年07月05日・FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け” 笹口騒音&ニューオリンピックスのギタリストである村井隆文が中心となり活動をする、FILMREEL。2015年、各所で話題を呼んだデビューEP『Snoozing.e.p』から約1年半、ついに1stフル・アルバム『フィルムの夜明け』が完成した。ニューウェイヴやシューゲイザーから影響を感じさせながらも、実にポップなサウンドをまとわせた楽曲が並ぶ今作『フィルムの夜明け』。OTOTOYでは7月5日(水)より、今作のハイレゾ配信を開始。合わせて7月12日(水)までの期間限定で、アルバムに収録されている全楽曲のフル試聴を実施。前作をリリース後、頭が真っ白になり、酒を飲むしかなかったという村井。そんな彼が、酔いから醒め世間に放つ今作を、ぜひこの機会に聴いてみてはいかがだろう。 新アルバムをハイレゾ配信 & 期間限定(7月5日から7月12日まで)フル視聴!! FILMREEL / フィルムの夜明け'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 216円(税