大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.5「ドキドキ! 初インタヴュー!!」前編

新人女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカを追いかける連載の第5回。ついに夢が実現しました! 前回の連載で直接本人にお願いしてしまうくらい、佐久間さんの念願だったインタヴュー。取材前はガチガチに緊張していた佐久間さんですが、いざ始まってしまえば堂々としたもの。終始和やかな雰囲気で、初体験のインタヴューとは思えないほど、しっかりと桐嶋ノドカの活動に迫っていました。今回の連載では、1時間に及んだインタヴューの前半部分を公開します。大好評のため期間延長が決定した「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリー・ダウンロードとあわせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>大好評!! 「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリーDLはこちら(期間延長中)

佐久間望(左)と桐嶋ノドカ(右)

ドキドキ! 初インタヴュー!!

つ・い・にインタヴューしちゃいました!! 何もかもが初体験で、超緊張&超不安な私(佐久間)でしたが、なんと桐嶋さんも初インタヴューだったとか! 「初めて同士、がんばりましょ!」って言ってもらえて、少しだけ気持ちが楽になりました。聞きたいことが多すぎて、何から聞いていいかわからなかったけど、桐嶋さんの小さい頃のお話とか、音楽の道を志しはじめた頃のお話とか、いろいろ聞いちゃいました! 桐嶋さんとお話していると本当に楽しい!! 楽しすぎて、なんか友達同士の雑談みたいになっちゃった部分も…(笑)。でも、これが私のスタイルですっ! なんて思ったり…。とにかく、これを読めば桐嶋ノドカというアーティストの魅力がわかってもらえるはずです!!

インタヴュー & 文 : 佐久間望

聖歌隊、合唱部… 歌に囲まれていた中高時代

――初インタヴューなので、めちゃくちゃ緊張してますっ…!! よろしくお願いします!!

桐嶋ノドカ(以下、桐嶋) : 私もインタヴュー受けるの初めてなんです! こちらこそよろしくお願いしますね! 初めて同士、がんばりましょ!

――はいっ! どこから聞けばいいんだろう…。まず、歌を歌いはじめたきっかけがあれば教えてください…!

桐嶋 : 小さい頃から歌うのがすごく好きだったんですけど、最初はヤマハの音楽教室で人前で歌ったことですかね。

――そうなんですね。その頃から人前で何かをするのが好きだったんですか?

桐嶋 : 好きでした。あ、好きとは言わないのかな…(笑)。

――それはどういうことですか??

桐嶋 : すごく目立ちたがり屋だったんです。でも、みんなには目立ちたがり屋って思われたくない、みたいな(笑)。

桐嶋ノドカ

――なるほどー(笑)。ほかに習っていたことはありますか?

桐嶋 : ピアノと水泳と習字ですね。習字の先生が踊りもやっている人で、なぜかお習字のあとにみんなで踊っていました(笑)。

――不思議ですね(笑)。

桐嶋 : そうなんです! 急にガサガサっと片付けて踊りはじめるんです。べつに誰も望んでなかったんですけど、なぜかみんな踊らないといけないみたいな(笑)。

――おもしろい(笑)。中学校の頃は聖歌隊に入っていたんですよね。聖歌隊ってどんな感じなんですか…?

桐嶋 : 私、中学と高校はキリスト教系の学校に通っていたんですけど、毎日礼拝があって、てるてる坊主みたいなガウンを着て歌うんですよ。もちろん全部聖歌でした。

――見てみたいです…! 聖歌を歌うのは好きでしたか?

桐嶋 : 好きでしたね。心が洗われるというか。

――桐嶋さんの歌って、「祈り」っていう言葉が出てきたり、誰かのための願いを歌った曲もありますよね。それは聖歌隊にいたことが影響しているのかなって…。

桐嶋 : そうですね。中学、高校時代は毎日お祈りを欠かさない生活をしていて、「人生とは」みたいな哲学的なことを考える機会も少なくなかったです。いま思うと、その経験が曲とか歌詞のベースになっているかもしれないですね。

佐久間望

――私は小さいとき仏教系の幼稚園にいたので、キリスト教には馴染みがないのですが、そこでは毎週お経を読むっていう習慣がありました。でも、私はお経を読むことがあまり好きになれなくて…。

桐嶋 : 聖歌を好きじゃなかった人も少なからずいたと思います。でも私は好きでした。読んでみたら意外といいこと書いてあるじゃん、みたいな(笑)。

――聖歌隊のほかに合唱部にも入っていたんですよね。たくさん歌ってますね!!

桐嶋 : たくさん歌ってました(笑)。合唱はもう長らくやってないけど、楽しかったな~。ほんとに毎日歌ってましたね。あの頃の経験が歌の道を選ぶきっかけになっていると思います。あの経験がなかったら、いまは違う道を選んでいたかもです。

――桐嶋さんにとってかけがえのない経験ですね! 突然ですけど、桐嶋さんって文化系だったんですか?

桐嶋 : 文化系でしたね。体育はちょっと苦手でした。でも走るのは速かったと思いますよ!

――いいなぁ。私はぜんぜん速く走れなかったから、すごく練習したんですよ。そしたら持久走が得意になっちゃって(笑)。

桐嶋 : すごい! 私は短距離が得意でしたね。何事もガッといってパッと終わらせたいタイプなんです(笑)。

――そうなんですね。でも、歌って絶対に根気強い練習が必要ですよね…?

桐嶋 : 歌の練習は好きですよ! スイッチが入るまでに時間がかかるんですけど、一度始めちゃうと夢中になっちゃいます。そんな性格なんですよね。

キャロル・キング、ノラ・ジョーンズを弾き語り

――桐嶋さんってどんな音楽が好きなんですか??

桐嶋 : 好きな音楽は、そうですねえ…。たくさんあるんですけど、私が作曲を始めたときによく聴いていたのはクラムボンでした。今はColdplayとかBjorkとかが好きです。

――クラムボンの音楽は自然体って感じですよね! そこが桐嶋さんと共通しているのかな、なんて思います。桐嶋さんのライヴを観たとき、すごく楽しそうで、歌うことがほんとに好きなんだなって思ったことがあって。

桐嶋 : 嬉しいです! ありがとうございます!

――桐嶋さんのオフィシャル・サイトを見たら、プロフィールに「モー娘。『LOVEマシーン』。憧れる。」って書いてあったんですけど、モー娘。も好きだったんですか?

桐嶋 : たぶんあの頃の女の子は、多かれ少なかれ憧れる部分があったんじゃないかな。特に目立ちたがり屋の人たちは(笑)。

――(笑)。私も世代だからわかります~。いまはJ-POPよりも洋楽を聴きますか?

桐嶋 : 中学、高校の頃はJ-POPをたくさん聴いてたんですけど、大学に入った頃くらいから、時代の流れに左右されない音楽に魅力を感じるようになりましたね。だから、邦楽も洋楽もいろんなものを聴きますよ~。

――その頃から作詞作曲を始めたんですか?

桐嶋 : そうなんです。大学に入ってからですね。

――それであんなに曲が書けちゃうってすごい…! 高校生の頃は合唱部以外では歌ってなかったんですか?

桐嶋 : 高校生の頃に歌を歌おうって決めてから、ピアノの弾き語りをやってました。でも、そのときはキャロル・キングとかノラ・ジョーンズとか、わりとアダルトな感じのカヴァーが多かったですね。

――高校生でキャロル・キングとかノラ・ジョーンズって、なんか大人ですね!

桐嶋 : 親がよく聴いていたので、その影響が強いかもしれないです。ピアノの弾き語りといえばこの人! って感じでした。

――そうなんですね。その頃に音大に通う決意をするんですよね。それってすごく勇気のいることだと思うんですけど…?

桐嶋 : 勇気いりました! まず親に言い出せない。反対されたらどうしようって考えちゃって…。でも、思い切って言ってみたら、「がんばって~」ってあっさりしていて(笑)。小学生のときから塾に通っていたし、けっこう勉強もさせられたんですけど、こんなに自由なの! って思いましたね。

――桐嶋さんは高校生のときからしっかり将来を見据えてて偉いなぁ…。

桐嶋 : でも、最初は「音楽を仕事にしよう」っていうよりは、「ただただ歌が好きだから歌っている」という感じでしたよ。そのうちにだんだんと自分の想いを歌いたいなって思いはじめて…。ちょうど高校生の頃から日記を毎日書くようになって、いまも続いているんです。日記を書くと自分で考えていることが整理できるようになって、その中からこれはみんなに言いたいなっていうものを曲にしています。

file.6「ドキドキ! 初インタヴュー!!」後編に続く


桐嶋ノドカについてもっと知る

3歳からピアノを始め、13歳で聖歌隊に入り、歌うことにのめり込む。高校入学と同時期にキャロル・キングやノラ・ジョーンズなどに影響を受け、弾き語りを始める。次第に自身の想いを歌うようになり、高校を卒業する頃にはシンガー・ソングライターの道へ進むことを決める。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサーの小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオに通いはじめる。華奢で小柄な外見からは想像がつかないパワフルな歌声は、聴くものに強烈なインパクトを残す。今春、大学を卒業し、本格的にアーティスト活動をスタートする要注目の新人アーティスト。

>>桐嶋ノドカ OFFICIAL HP
>>桐嶋ノドカ OFFICIAL BLOG
>>桐嶋ノドカ facebook
>>桐嶋ノドカ Twitter

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!!
[POWERPUSH]・2017年01月20日・日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!! 元銀杏BOYZの安孫子真哉がチーフ・プロデューサーとしてパンク、ハードコア、ギター・ポップ等アンダーグラウンドから飛び出してくる生き生きとした音楽をリリースするレーベルKiliKiliVilla。モデル・歌手のSARAと松田"CHABE"岳二によるユニットから発展した5人組ロックン・ロールバンドLearnersや、栃木・足利を拠点として活動する3人組のCAR10、北海道・苫小牧の若きトリオ、NOT WONKなどなど、現在の音楽シーンにおいてKiliKiliVillaのリリースは目が離せない状態になっている。 OTOTOYでは、すでに発売されているLearnersのファースト・アルバム、NOT WONKの2枚のアルバムを始め、1月11日リリースのSuueat.のシングル『Let's get lost EP.』や1月18日リリースのEccy『Lonely Planet feat.あるぱちかぶと』、『Blood feat.泉まくら』のシングルを配信開始。また、LEARNERS待望の2ndアルバム
Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク
[POWERPUSH]・2017年01月20日・Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク OTOTOYが主催するオトトイの学校にて、音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ場として開講している「岡村詩野音楽ライター講座」。 2013年より、年末に製作してきた『Year in Music』。その名のとおり、受講生の選盤によって、その年のベスト・ディスクのレヴューを集めたものになります。ひとりの師を仰ぎながらも音楽の趣味嗜好の異なる書き手たちが選んだ2016年のベスト・ディスクを、2017年につながるひとつの指標としてお楽しみください。 list 『Year in Music 2016』作品一覧(あ-ん) ・agraph『the shader』・イ・ラン『神様ごっこ』・in the blue shirt『sensation of blueness』・エンジェル・オルセン『マイ・ウーマン』・カニエ・ウェスト『ザ・ライフ・オブ・パブロ』・KOHH『DIRTⅡ』・Suchmos『MINT CONDITION』・ジェイムス・ブレイク『ザ・カラー・イン・エニシング』・ス
最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート
[POWERPUSH]・2017年01月17日・最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート 清 竜人が一夫多妻アイドル「清 竜人25」結成後、TSUTAYA O-EASTにて定期的に開催していた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。今年6月で清 竜人25が解散するにあたり、最後のハーレム♡フェスタが1月14日に新木場Studio Coastでおこなわれた。今回はスペシャル版ということで規模も出演アイドルもステージも最大数と、まさかのアイドルフェス仕様に。今回はトリを務めた我らが清 竜人25と、フィナーレの模様をレポートする。清家のみなさん、解散まで半年切りましたよぅ・・・! REPORT : 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル あと何回清 竜人25を見られるのだろうか。ステージを見ながら、そんなことを考えている自分自身に気がついた。 2017年1月14日、新木場Studio Coastで「清 竜人ハーレム♡フェスタ♡SPECIAL」が開催された。 清 竜人25が結成された2014年から、女性アーティストを招いて開催されてきた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。しかし、2017年6月17日の清 竜人25解散をひ
DIALUCK旋風吹き荒れる!初全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』リリース
[POWERPUSH]・2016年11月15日・レペゼン浪速! あっ、良い音楽は DIALUCKにあります。 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。OTOTOYでは、タワレコ大阪4店舗限定で販売し爆発的にヒットしたフォーチュンシングル『I AM WHO I AM』のハイレゾ配信も大きな話題になった彼女たちが、ついに初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をリリース。もうすぐDIALUCK旋風が吹き荒れる! 関西から全国へ、このタイミングを逃してはならない! と、わざわざ編集長自ら関西に出向き、DIALUCK結成から今後の展開までを訊いてきました。 DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら INTERVIEW : DIA
でんぱ組.inc、初ベストアルバムリリース記念 ねむきゅんソロ・インタヴュー!
[POWERPUSH]・2016年12月21日・でんぱ組.inc、初ベスト・アルバムリリース記念 夢眠ねむソロ・インタビュー! みなさま、お待たせいたしました…! でんぱ組.inc初ベスト・アルバムリリースを記念して、南波一海による夢眠ねむソロ・インタビューをお届けします!!!!!! でんぱ組.inc / WWDBEST 〜電波良好!〜'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 4,200円(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,780円【Track List】 ''1.電波良好! / 2.Future Diver(6人ver.) / 3.でんぱれーどJAPAN / 4.キラキラチューン / 5.W.W.D / 6.冬へと走りだすお! / 7.強い気持ち・強い愛 / 8.Sabotage / 9.でんでんぱっしょん / 10.ノットボッチ…夏 / 11.ORANGE RIUM / 12.君も絶対に降参しないで進まなくちゃ! / 13.くちづけキボンヌ(6人ver
callme、勝負の1年だった2016年を振り返る座談会
[POWERPUSH]・2016年12月19日・自分たちの魅力で勝負を始めた2016年ーーcallmeの3人が今年を振り返る座談会 RUUNA、MIMORI、KOUMIからなるセルフ・プロデュース・ガールズユニット、callme。2016年9月に2ndアルバム『This is callme』をリリースし、現在ツアー「callme Live Museum 2016 This is callme」を開催中。12月30日には、エンターテインメントパフォーマンス集団「Team Black Starz」とのジョイント公演「callme Live Museum 2016 Special Match 『Team Black Starz VS callme ~コドモな師匠とオトナな弟子~』ツアーファイナル公演」もおこなわれる。コンスタントな作品の発表、定期的なライヴの開催などフルスロットルで駆け抜けた2016年を3人に振り返ってもらった。 callme / This is callme(24bit/48kHz)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2,700円(税込)【Track L
OGRE YOU ASSHOLEのUst番組「RECORD YOU ASSHOLE」放送決定!
[POWERPUSH]・2012年08月30日・RECORD YOU ASSHOLE OTOTOYとOGRE YOU ASSHOLEが、OTOTOYのチャンネル『TV♭』にて、OGRE YOU ASSHOLEの最新アルバム『100年後』のリリースを記念し、レコードを聞き漁るUstream番組『RECORD YOU ASSHOLE』をスタート。東京に来るたびに、ツアーに出るたびにレコードを買い漁っているOGRE YOU ASSHOLEのメンバー。例えば、出戸学(ギター、ボーカル)の最近のお気に入りのレーベルは、古いソウルの作品をリイシューしているレーベル、Numero Groupだそう。そんなレーベル知りません.. ってことで、この番組では、レコードが大好きなOGRE YOU ASSHOLEのメンバーにSELECTORとして10枚以上アナログを持ってきてもらい、1曲づつじっくり聴き、さらには、そのレコードについていろいろと調べたり教えてもらったりしようと思います。名盤と評判の『ハンドルを放す前に』の片鱗は、必ず彼らのコレクションに隠れているはず! RECORD YOU ASSHOLE Vol.24、25の放送が決定!! OTOTOYのUstream番組「
ジャック達、約2年ぶり新作アルバムをリリース メンバー全員インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年12月08日・ポップで「TOO MUCHすぎる」完成度ーージャック達、約2年ぶり新作アルバムをリリース 東京インディーシーンの隠れた秘宝・一色進率いるバンド、ジャック達が約2年ぶりにアルバムをリリース。サポート含めたメンバー全員がヴォーカル担当の曲あり、ゲスト・アーティストとのデュエットありと多彩な曲で構成された『JACK TOO MUCH』について、メンバー全員にインタヴュー。 ジャック達 / JACK TOO MUCH'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) / アルバム 2,000円(税込)まとめ購入者には歌詞カードPDFがつきます。【Track List】''01. 暁ワンダー・ボーイ 02. マイ・ベイビィ・アン 03. カジュアル 04. スキニー・スキニー05. ブロッコリー06. 飛ぶ前に跳べ07. 君は2こ上08. The Time Has Come 09. Stormy April Blues10. プラスティック・トイ11. Silly Girl 12. アル・カポネ13. 天国行き最終列車 INTERVIEW : ジャック達 酸いも甘いも嚙み分け