大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.5「ドキドキ! 初インタヴュー!!」前編

新人女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカを追いかける連載の第5回。ついに夢が実現しました! 前回の連載で直接本人にお願いしてしまうくらい、佐久間さんの念願だったインタヴュー。取材前はガチガチに緊張していた佐久間さんですが、いざ始まってしまえば堂々としたもの。終始和やかな雰囲気で、初体験のインタヴューとは思えないほど、しっかりと桐嶋ノドカの活動に迫っていました。今回の連載では、1時間に及んだインタヴューの前半部分を公開します。大好評のため期間延長が決定した「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリー・ダウンロードとあわせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>大好評!! 「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリーDLはこちら(期間延長中)

佐久間望(左)と桐嶋ノドカ(右)

ドキドキ! 初インタヴュー!!

つ・い・にインタヴューしちゃいました!! 何もかもが初体験で、超緊張&超不安な私(佐久間)でしたが、なんと桐嶋さんも初インタヴューだったとか! 「初めて同士、がんばりましょ!」って言ってもらえて、少しだけ気持ちが楽になりました。聞きたいことが多すぎて、何から聞いていいかわからなかったけど、桐嶋さんの小さい頃のお話とか、音楽の道を志しはじめた頃のお話とか、いろいろ聞いちゃいました! 桐嶋さんとお話していると本当に楽しい!! 楽しすぎて、なんか友達同士の雑談みたいになっちゃった部分も…(笑)。でも、これが私のスタイルですっ! なんて思ったり…。とにかく、これを読めば桐嶋ノドカというアーティストの魅力がわかってもらえるはずです!!

インタヴュー & 文 : 佐久間望

聖歌隊、合唱部… 歌に囲まれていた中高時代

――初インタヴューなので、めちゃくちゃ緊張してますっ…!! よろしくお願いします!!

桐嶋ノドカ(以下、桐嶋) : 私もインタヴュー受けるの初めてなんです! こちらこそよろしくお願いしますね! 初めて同士、がんばりましょ!

――はいっ! どこから聞けばいいんだろう…。まず、歌を歌いはじめたきっかけがあれば教えてください…!

桐嶋 : 小さい頃から歌うのがすごく好きだったんですけど、最初はヤマハの音楽教室で人前で歌ったことですかね。

――そうなんですね。その頃から人前で何かをするのが好きだったんですか?

桐嶋 : 好きでした。あ、好きとは言わないのかな…(笑)。

――それはどういうことですか??

桐嶋 : すごく目立ちたがり屋だったんです。でも、みんなには目立ちたがり屋って思われたくない、みたいな(笑)。

桐嶋ノドカ

――なるほどー(笑)。ほかに習っていたことはありますか?

桐嶋 : ピアノと水泳と習字ですね。習字の先生が踊りもやっている人で、なぜかお習字のあとにみんなで踊っていました(笑)。

――不思議ですね(笑)。

桐嶋 : そうなんです! 急にガサガサっと片付けて踊りはじめるんです。べつに誰も望んでなかったんですけど、なぜかみんな踊らないといけないみたいな(笑)。

――おもしろい(笑)。中学校の頃は聖歌隊に入っていたんですよね。聖歌隊ってどんな感じなんですか…?

桐嶋 : 私、中学と高校はキリスト教系の学校に通っていたんですけど、毎日礼拝があって、てるてる坊主みたいなガウンを着て歌うんですよ。もちろん全部聖歌でした。

――見てみたいです…! 聖歌を歌うのは好きでしたか?

桐嶋 : 好きでしたね。心が洗われるというか。

――桐嶋さんの歌って、「祈り」っていう言葉が出てきたり、誰かのための願いを歌った曲もありますよね。それは聖歌隊にいたことが影響しているのかなって…。

桐嶋 : そうですね。中学、高校時代は毎日お祈りを欠かさない生活をしていて、「人生とは」みたいな哲学的なことを考える機会も少なくなかったです。いま思うと、その経験が曲とか歌詞のベースになっているかもしれないですね。

佐久間望

――私は小さいとき仏教系の幼稚園にいたので、キリスト教には馴染みがないのですが、そこでは毎週お経を読むっていう習慣がありました。でも、私はお経を読むことがあまり好きになれなくて…。

桐嶋 : 聖歌を好きじゃなかった人も少なからずいたと思います。でも私は好きでした。読んでみたら意外といいこと書いてあるじゃん、みたいな(笑)。

――聖歌隊のほかに合唱部にも入っていたんですよね。たくさん歌ってますね!!

桐嶋 : たくさん歌ってました(笑)。合唱はもう長らくやってないけど、楽しかったな~。ほんとに毎日歌ってましたね。あの頃の経験が歌の道を選ぶきっかけになっていると思います。あの経験がなかったら、いまは違う道を選んでいたかもです。

――桐嶋さんにとってかけがえのない経験ですね! 突然ですけど、桐嶋さんって文化系だったんですか?

桐嶋 : 文化系でしたね。体育はちょっと苦手でした。でも走るのは速かったと思いますよ!

――いいなぁ。私はぜんぜん速く走れなかったから、すごく練習したんですよ。そしたら持久走が得意になっちゃって(笑)。

桐嶋 : すごい! 私は短距離が得意でしたね。何事もガッといってパッと終わらせたいタイプなんです(笑)。

――そうなんですね。でも、歌って絶対に根気強い練習が必要ですよね…?

桐嶋 : 歌の練習は好きですよ! スイッチが入るまでに時間がかかるんですけど、一度始めちゃうと夢中になっちゃいます。そんな性格なんですよね。

キャロル・キング、ノラ・ジョーンズを弾き語り

――桐嶋さんってどんな音楽が好きなんですか??

桐嶋 : 好きな音楽は、そうですねえ…。たくさんあるんですけど、私が作曲を始めたときによく聴いていたのはクラムボンでした。今はColdplayとかBjorkとかが好きです。

――クラムボンの音楽は自然体って感じですよね! そこが桐嶋さんと共通しているのかな、なんて思います。桐嶋さんのライヴを観たとき、すごく楽しそうで、歌うことがほんとに好きなんだなって思ったことがあって。

桐嶋 : 嬉しいです! ありがとうございます!

――桐嶋さんのオフィシャル・サイトを見たら、プロフィールに「モー娘。『LOVEマシーン』。憧れる。」って書いてあったんですけど、モー娘。も好きだったんですか?

桐嶋 : たぶんあの頃の女の子は、多かれ少なかれ憧れる部分があったんじゃないかな。特に目立ちたがり屋の人たちは(笑)。

――(笑)。私も世代だからわかります~。いまはJ-POPよりも洋楽を聴きますか?

桐嶋 : 中学、高校の頃はJ-POPをたくさん聴いてたんですけど、大学に入った頃くらいから、時代の流れに左右されない音楽に魅力を感じるようになりましたね。だから、邦楽も洋楽もいろんなものを聴きますよ~。

――その頃から作詞作曲を始めたんですか?

桐嶋 : そうなんです。大学に入ってからですね。

――それであんなに曲が書けちゃうってすごい…! 高校生の頃は合唱部以外では歌ってなかったんですか?

桐嶋 : 高校生の頃に歌を歌おうって決めてから、ピアノの弾き語りをやってました。でも、そのときはキャロル・キングとかノラ・ジョーンズとか、わりとアダルトな感じのカヴァーが多かったですね。

――高校生でキャロル・キングとかノラ・ジョーンズって、なんか大人ですね!

桐嶋 : 親がよく聴いていたので、その影響が強いかもしれないです。ピアノの弾き語りといえばこの人! って感じでした。

――そうなんですね。その頃に音大に通う決意をするんですよね。それってすごく勇気のいることだと思うんですけど…?

桐嶋 : 勇気いりました! まず親に言い出せない。反対されたらどうしようって考えちゃって…。でも、思い切って言ってみたら、「がんばって~」ってあっさりしていて(笑)。小学生のときから塾に通っていたし、けっこう勉強もさせられたんですけど、こんなに自由なの! って思いましたね。

――桐嶋さんは高校生のときからしっかり将来を見据えてて偉いなぁ…。

桐嶋 : でも、最初は「音楽を仕事にしよう」っていうよりは、「ただただ歌が好きだから歌っている」という感じでしたよ。そのうちにだんだんと自分の想いを歌いたいなって思いはじめて…。ちょうど高校生の頃から日記を毎日書くようになって、いまも続いているんです。日記を書くと自分で考えていることが整理できるようになって、その中からこれはみんなに言いたいなっていうものを曲にしています。

file.6「ドキドキ! 初インタヴュー!!」後編に続く


桐嶋ノドカについてもっと知る

3歳からピアノを始め、13歳で聖歌隊に入り、歌うことにのめり込む。高校入学と同時期にキャロル・キングやノラ・ジョーンズなどに影響を受け、弾き語りを始める。次第に自身の想いを歌うようになり、高校を卒業する頃にはシンガー・ソングライターの道へ進むことを決める。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサーの小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオに通いはじめる。華奢で小柄な外見からは想像がつかないパワフルな歌声は、聴くものに強烈なインパクトを残す。今春、大学を卒業し、本格的にアーティスト活動をスタートする要注目の新人アーティスト。

>>桐嶋ノドカ OFFICIAL HP
>>桐嶋ノドカ OFFICIAL BLOG
>>桐嶋ノドカ facebook
>>桐嶋ノドカ Twitter

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

KOTOと平野友里の新ユニット「シャオチャイポン」結成! デビュー曲配信開始
[POWERPUSH]・2016年09月26日・ソロ・アイドルとしてより高みを目指すためにーーKOTOと平野友里の新ユニット「シャオチャイポン」結成! 驚異的なダンス・パフォーマンスが武器のKOTOと、”ゆり丸”の愛称で親しまれ、この夏改名した平野友里が新ユニットを結成。デビュー曲「シャオチャイポン」のハイレゾ配信を開始!ソロからユニットへ、気になる互いの思いを直撃インタヴューです。 盟友2人による新ユニット・デビュー曲!!シャオチャイポン / シャオ!チャイ!ポン!(24bit/48kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC (24bit/48kHz)【配信価格】 単曲 : 278円(税込)【Track List】''01. シャオ!チャイ!ポン! Interview : シャオチャイポン KOTO、平野友里というふたりのソロ・アイドルが新ユニット「シャオチャイポン」を結成した。ゆり丸こと平野友里は初の全国流通音源発売を控え、さらなるステップ・アップのために改名したばかり。一方のKOTOはこの夏、はじめて〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉にソロで出演を果たすなど、ふたりともソロで勢いに乗っている。彼女たちがどれだけ自
【OTOTOYアイドル・キャンペーン】期間限定プライス・オフ&南波一海が語る2016年のアイドル・シーン
[POWERPUSH]・2016年09月01日・【OTOTOYアイドル・キャンペーン】期間限定プライス・オフ&南波一海が語る2016年のアイドル・シーン 2016年もすっかり秋が近くなってきました。文化の秋ということで〈OTOTOYアイドル・キャンペーン〉を行っちゃいます!! キャンペーンその1として、レーベル「PENGUIN DISC」を立ち上げたライターの南波一海に2016年のアイドル・シーンについて訊きました。アイドルを追いかけてきたという人はもちろん、最近アイドルに興味を持ったという人にもオススメする記事になっています。そして、キャンペーンその2として、OTOTOYがオススメするアイドル作品、計17作品を期間限定20%プライスオフで配信します。買い逃していた作品も、ハイレゾで聴き直したい作品も、はじめてアイドル作品を聴くという人も、この機会に是非チェックしてみてください!! アイドルの世界はおもしろいですよ!! キャンペーン1 : 南波一海へ2016年のアイドル・シーンを訊いてみた 全国のアイドル現場を巡って自ら入手困難なCD-Rを購入したり、年間100本以上のアイドルへの取材を行うなど精力的に活動されているライターの南波一海。タワーレコードで
by 西澤 裕郎
北園みなみとKORGが奇跡のコラボ! 期間限定フリー・ダウンロード開始
[POWERPUSH]・2016年08月24日・北園みなみとKORGが奇跡のコラボ! 「On the Sunny Side Up Street」期間限定フリー・ダウンロード開始 この夏、シンガー・ソングライターの北園みなみが、電子音楽メーカーのコルグとコラボレーションし楽曲を制作。両者の出会いは2015年の冬までさかのぼる。北園みなみ3枚目のミニ・アルバム『Never Let Me Go』で使用されたシンセ機材のラインナップに感銘を受けたKORGが北園に声をかけ、2016年3月にKORG系列のG-ROKSスタジオ内に80年代のシンセ機材を取り揃えた"80’s Room"が誕生したのをきっかけに「北園の音づくりにぴったりなスタジオで新曲を作ってみてはどうか?」というKORG側の熱い思いにより、インストゥルメンタル作品「On the Sunny Side Up Street」が完成。コルグサイトでも北園へのインタヴュー公開とSOUNDCLOUD視聴が可能だが、OTOTOYでは本楽曲を1ヶ月の期間限定で独占フリー・ダウンロードをおこなうとともに、楽曲制作の場となった80’s Roomにて高橋健太郎が北園みなみにインタヴューをおこなった。 2016年9月24日
台湾インディーズ界屈指のライヴ・バンド落日飛車(Sunset Rollercoaster)による名盤、配信スタート
[POWERPUSH]・2016年08月10日・【あの人の5曲】台湾インディーズ界屈指のライヴ・バンド、落日飛車 【あの人の5曲】とは…新たに楽曲配信がスタートしたミュージシャンに、「OTOTOYで配信している中から自分が好きな5曲」を選択してもらい、選んだ理由とその楽曲に対する思い入れを存分に語ってもらうコーナー! なのだ!! 台湾インディーズ界の重要バンド落日飛車による1st、配信スタート 台湾のインディー・ロック・バンド、落日飛車(Sunset Rollercoaster)が2011年にリリースしたアルバム『Bossa Nova』の配信がスタートした。フォーキーな歌ものにソウル・フィーリングがまぶされ、その根底にはサイケ感が漂う… ソフト・サイケ・ソウルとでも言いたくなる本作は、台湾インディーズ界にて大きな支持を得た。 バンドは本作をリリースした後に活動を休止し、2015年にはメンバーを5人に増やして復活している。今年に入って彼らは日本ツアーを開催、中心メンバーが重なっているバンド森林(Forests)と全国6ヶ所を周っている。また今年に入ってリリースされたEP『Jinji Kikko』は、USインディー・マナーのシンセ・ポップ~ドリーム・ポッ
岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信
[POWERPUSH]・2016年08月15日・岡山産、世界経由の〈クルーエル〉発、新たなハウスの才能、KEITA SANO──ハイレゾ独占配信 とりあえず、しらなかった人は名前と風貌だけでも憶えていってください…… いや、やっぱり音も聴いて、できれば買ってください! 今後海外も含めたシーンでさらにその名前を見るようになるはず。XTAL(クリスタル)のアルバムに続いて、新人ながら、老舗〈クルーエル〉が異例のアルバム・サイズの作品をこのたびリリースするのは岡山在住のクリエイター、サノ・ケイタ。すでに海外のレーベルで幾多のリリースを重ね、ハウス〜ニュー・ディスコ・シーンで12インチを買い集める人たちに、すでにその名前は知られた存在といえるだろう。そしてこのたび、国内では事実上のデビュー作と言えるアルバム・リリースとなる。 ceroや、最近では石野卓球の最新作のミックスも手がけた、エンジニアの得能直也とともにほぼ1週間で作り上げた、エネルギッシュなグルーヴに彩られたディスコ〜ハウスがパンパンに詰まっている。そんなアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾでの独占配信を行うとともにインタヴューを行った。 KEITA SANO / The Sun Child(2
by 河村 祐介
アイドルネッサンス、新メンバー2名を追加し新体制後初シングルをハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年07月26日・8人での新たな挑戦――アイドルネッサンス、新体制後初シングルをハイレゾ配信&南端まいなが熱く語る! アイドルネッサンスの進化がとまらない。新メンバー2名が追加されてから初のシングル『君の知らない物語』ハイレゾ配信を記念して、メンバーの南端まいなが昔から大好きだったという表題曲「君の知らない物語」への思いを熱く語ってもらった。 新メンバー追加後初シングル!アイドルネッサンス / 君の知らない物語【配信形式】ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)【価格】アルバム価格 : 1,944円(税込) 単曲価格 : 324円(税込)※ファイル形式について※ハイレゾの再生方法【収録曲】01. 君の知らない物語/ 02.夏が来た! / 03.トラベラーズ・ハイ / 04. 君の知らない物語(Instrumental) / 05. 夏が来た!(Instrumental) / 06.トラベラーズ・ハイ(Instrumental) 南端まいな、「君の知らない物語」を熱く語る 2014年にデビューした「1950年代から2010年代までの名曲を、歌とダンスでパフォーマンスする“名曲ルネッサンス”にチャレン
LITTLE CREATURES デビュー25周年! ハイレゾ配信& 全員インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年07月07日・LITTLE CREATURESデビュー25周年! 全編日本語詞によるニュー・アルバムをハイレゾ独占配信 昨年2015年11月にデビュー25周年を迎えたLITTLE CREATURES。OTOTOY独占ハイレゾ配信中の5年ぶり通算7枚目のオリジナル・アルバム『未知のアルバム』について3人にインタヴュー。さらに、録音とmixを担当した奥田泰次から録音使用機材とコメントも掲載。初の全編日本語詞や、トリオ編成ならではの超ソリッドな音色にも注目して聴いていただきたい。 まとめ購入でデジタル・ブックレットつき!LITTLE CREATURES / 未知のアルバム(24bit/88.2kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】まとめ購入のみ 2,700円(税込)【Track List】'' 01. 海原 / 02. 未知の世界 / 03. 夢ならば / 04. 絡めとられて / 05. かんちがい / 06. 声なき者 / 07. 月の顔 / 08. 嘘の朝 / 09. 赤いスカート / 10. 隼飛ぶ / 11. わずかばかり INTERVIEW : LITTLE CREATURE
by 渡辺 裕也
ひめとまほう、とびきりポップな2ndシングルをハイレゾ独占配信
[POWERPUSH]・2016年07月12日・2016年のサマー・アンセムはこれ! ひめとまほう、とびきりポップな2ndシングルをハイレゾ独占配信 僕とジョルジュでも活動中の姫乃たまと、“ターンテーブルを持っていないDJ”でおなじみの音楽家、DJまほうつかいによるコンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」から、この夏にぴったりの2ndシングルを7月24日にリリース。OTOTOYでは独占配信が決定、現在予約受付中! 予約してくれた方は、M1「真夏のスケープゴート」をいち早くダウンロードできます。そして2曲目の「真夏のスケープゴート(姫乃たまヴォーカル) 」は、期間限定でフリー・ダウンロード。姫乃たまのヴォーカルを堪能してください! 2016年、夏のサマー・アンセムはこの曲で決まりでしょ! 7月24日発売のシングルを現在予約受付中 予約でM1「真夏のスケープゴート」を先行ダウンロード可能!ひめとまほう / 真夏のスケープゴート(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】アルバム 864円(税込)で予約受付中【トラック・リスト】''1. 真夏のスケープゴート / 2. 真夏のスケー
by 純三