大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.5「ドキドキ! 初インタヴュー!!」前編

新人女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカを追いかける連載の第5回。ついに夢が実現しました! 前回の連載で直接本人にお願いしてしまうくらい、佐久間さんの念願だったインタヴュー。取材前はガチガチに緊張していた佐久間さんですが、いざ始まってしまえば堂々としたもの。終始和やかな雰囲気で、初体験のインタヴューとは思えないほど、しっかりと桐嶋ノドカの活動に迫っていました。今回の連載では、1時間に及んだインタヴューの前半部分を公開します。大好評のため期間延長が決定した「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリー・ダウンロードとあわせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>大好評!! 「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリーDLはこちら(期間延長中)

佐久間望(左)と桐嶋ノドカ(右)

ドキドキ! 初インタヴュー!!

つ・い・にインタヴューしちゃいました!! 何もかもが初体験で、超緊張&超不安な私(佐久間)でしたが、なんと桐嶋さんも初インタヴューだったとか! 「初めて同士、がんばりましょ!」って言ってもらえて、少しだけ気持ちが楽になりました。聞きたいことが多すぎて、何から聞いていいかわからなかったけど、桐嶋さんの小さい頃のお話とか、音楽の道を志しはじめた頃のお話とか、いろいろ聞いちゃいました! 桐嶋さんとお話していると本当に楽しい!! 楽しすぎて、なんか友達同士の雑談みたいになっちゃった部分も…(笑)。でも、これが私のスタイルですっ! なんて思ったり…。とにかく、これを読めば桐嶋ノドカというアーティストの魅力がわかってもらえるはずです!!

インタヴュー & 文 : 佐久間望

聖歌隊、合唱部… 歌に囲まれていた中高時代

――初インタヴューなので、めちゃくちゃ緊張してますっ…!! よろしくお願いします!!

桐嶋ノドカ(以下、桐嶋) : 私もインタヴュー受けるの初めてなんです! こちらこそよろしくお願いしますね! 初めて同士、がんばりましょ!

――はいっ! どこから聞けばいいんだろう…。まず、歌を歌いはじめたきっかけがあれば教えてください…!

桐嶋 : 小さい頃から歌うのがすごく好きだったんですけど、最初はヤマハの音楽教室で人前で歌ったことですかね。

――そうなんですね。その頃から人前で何かをするのが好きだったんですか?

桐嶋 : 好きでした。あ、好きとは言わないのかな…(笑)。

――それはどういうことですか??

桐嶋 : すごく目立ちたがり屋だったんです。でも、みんなには目立ちたがり屋って思われたくない、みたいな(笑)。

桐嶋ノドカ

――なるほどー(笑)。ほかに習っていたことはありますか?

桐嶋 : ピアノと水泳と習字ですね。習字の先生が踊りもやっている人で、なぜかお習字のあとにみんなで踊っていました(笑)。

――不思議ですね(笑)。

桐嶋 : そうなんです! 急にガサガサっと片付けて踊りはじめるんです。べつに誰も望んでなかったんですけど、なぜかみんな踊らないといけないみたいな(笑)。

――おもしろい(笑)。中学校の頃は聖歌隊に入っていたんですよね。聖歌隊ってどんな感じなんですか…?

桐嶋 : 私、中学と高校はキリスト教系の学校に通っていたんですけど、毎日礼拝があって、てるてる坊主みたいなガウンを着て歌うんですよ。もちろん全部聖歌でした。

――見てみたいです…! 聖歌を歌うのは好きでしたか?

桐嶋 : 好きでしたね。心が洗われるというか。

――桐嶋さんの歌って、「祈り」っていう言葉が出てきたり、誰かのための願いを歌った曲もありますよね。それは聖歌隊にいたことが影響しているのかなって…。

桐嶋 : そうですね。中学、高校時代は毎日お祈りを欠かさない生活をしていて、「人生とは」みたいな哲学的なことを考える機会も少なくなかったです。いま思うと、その経験が曲とか歌詞のベースになっているかもしれないですね。

佐久間望

――私は小さいとき仏教系の幼稚園にいたので、キリスト教には馴染みがないのですが、そこでは毎週お経を読むっていう習慣がありました。でも、私はお経を読むことがあまり好きになれなくて…。

桐嶋 : 聖歌を好きじゃなかった人も少なからずいたと思います。でも私は好きでした。読んでみたら意外といいこと書いてあるじゃん、みたいな(笑)。

――聖歌隊のほかに合唱部にも入っていたんですよね。たくさん歌ってますね!!

桐嶋 : たくさん歌ってました(笑)。合唱はもう長らくやってないけど、楽しかったな~。ほんとに毎日歌ってましたね。あの頃の経験が歌の道を選ぶきっかけになっていると思います。あの経験がなかったら、いまは違う道を選んでいたかもです。

――桐嶋さんにとってかけがえのない経験ですね! 突然ですけど、桐嶋さんって文化系だったんですか?

桐嶋 : 文化系でしたね。体育はちょっと苦手でした。でも走るのは速かったと思いますよ!

――いいなぁ。私はぜんぜん速く走れなかったから、すごく練習したんですよ。そしたら持久走が得意になっちゃって(笑)。

桐嶋 : すごい! 私は短距離が得意でしたね。何事もガッといってパッと終わらせたいタイプなんです(笑)。

――そうなんですね。でも、歌って絶対に根気強い練習が必要ですよね…?

桐嶋 : 歌の練習は好きですよ! スイッチが入るまでに時間がかかるんですけど、一度始めちゃうと夢中になっちゃいます。そんな性格なんですよね。

キャロル・キング、ノラ・ジョーンズを弾き語り

――桐嶋さんってどんな音楽が好きなんですか??

桐嶋 : 好きな音楽は、そうですねえ…。たくさんあるんですけど、私が作曲を始めたときによく聴いていたのはクラムボンでした。今はColdplayとかBjorkとかが好きです。

――クラムボンの音楽は自然体って感じですよね! そこが桐嶋さんと共通しているのかな、なんて思います。桐嶋さんのライヴを観たとき、すごく楽しそうで、歌うことがほんとに好きなんだなって思ったことがあって。

桐嶋 : 嬉しいです! ありがとうございます!

――桐嶋さんのオフィシャル・サイトを見たら、プロフィールに「モー娘。『LOVEマシーン』。憧れる。」って書いてあったんですけど、モー娘。も好きだったんですか?

桐嶋 : たぶんあの頃の女の子は、多かれ少なかれ憧れる部分があったんじゃないかな。特に目立ちたがり屋の人たちは(笑)。

――(笑)。私も世代だからわかります~。いまはJ-POPよりも洋楽を聴きますか?

桐嶋 : 中学、高校の頃はJ-POPをたくさん聴いてたんですけど、大学に入った頃くらいから、時代の流れに左右されない音楽に魅力を感じるようになりましたね。だから、邦楽も洋楽もいろんなものを聴きますよ~。

――その頃から作詞作曲を始めたんですか?

桐嶋 : そうなんです。大学に入ってからですね。

――それであんなに曲が書けちゃうってすごい…! 高校生の頃は合唱部以外では歌ってなかったんですか?

桐嶋 : 高校生の頃に歌を歌おうって決めてから、ピアノの弾き語りをやってました。でも、そのときはキャロル・キングとかノラ・ジョーンズとか、わりとアダルトな感じのカヴァーが多かったですね。

――高校生でキャロル・キングとかノラ・ジョーンズって、なんか大人ですね!

桐嶋 : 親がよく聴いていたので、その影響が強いかもしれないです。ピアノの弾き語りといえばこの人! って感じでした。

――そうなんですね。その頃に音大に通う決意をするんですよね。それってすごく勇気のいることだと思うんですけど…?

桐嶋 : 勇気いりました! まず親に言い出せない。反対されたらどうしようって考えちゃって…。でも、思い切って言ってみたら、「がんばって~」ってあっさりしていて(笑)。小学生のときから塾に通っていたし、けっこう勉強もさせられたんですけど、こんなに自由なの! って思いましたね。

――桐嶋さんは高校生のときからしっかり将来を見据えてて偉いなぁ…。

桐嶋 : でも、最初は「音楽を仕事にしよう」っていうよりは、「ただただ歌が好きだから歌っている」という感じでしたよ。そのうちにだんだんと自分の想いを歌いたいなって思いはじめて…。ちょうど高校生の頃から日記を毎日書くようになって、いまも続いているんです。日記を書くと自分で考えていることが整理できるようになって、その中からこれはみんなに言いたいなっていうものを曲にしています。

file.6「ドキドキ! 初インタヴュー!!」後編に続く


桐嶋ノドカについてもっと知る

3歳からピアノを始め、13歳で聖歌隊に入り、歌うことにのめり込む。高校入学と同時期にキャロル・キングやノラ・ジョーンズなどに影響を受け、弾き語りを始める。次第に自身の想いを歌うようになり、高校を卒業する頃にはシンガー・ソングライターの道へ進むことを決める。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサーの小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオに通いはじめる。華奢で小柄な外見からは想像がつかないパワフルな歌声は、聴くものに強烈なインパクトを残す。今春、大学を卒業し、本格的にアーティスト活動をスタートする要注目の新人アーティスト。

>>桐嶋ノドカ OFFICIAL HP
>>桐嶋ノドカ OFFICIAL BLOG
>>桐嶋ノドカ facebook
>>桐嶋ノドカ Twitter

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

これが日本のオルタナティヴ。Convex Level結成30周年、待望のニュー・アルバムをリリース
[POWERPUSH]・2016年11月29日・結成30周年を迎えたConvex Levelが、遂に待望のニュー・アルバムをリリース。これが日本のオルタナティヴ。これは絶対にまねできねぇ! 京都が生んだ至宝、Convex Level。1986年に始動して以来、今年で結成30周年を迎え、遂にニュー・アルバム『Inverse Mapped Tiger Moth』をリリース。日本オルタナティヴ・ロックをひっぱり続ける存在なだけあり、今回も完全に異次元サウンド。ぜひ音源を購入し、メンバーによるアルバム解説(「個体別観察結果」)を読みながら堪能してください。その内容にきっとぶっ飛ばされることでしょう! Convex Level / Inverse Mapped Tiger Moth'【配信形態】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC>>ハイレゾとは?【価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2,000円(税込)まとめ購入者には歌詞カードPDFがつきます。【Track List】''01. Spellbound 02. I Am a CLone 03. Lost and Found - i) Jane ii) Denardo i
OGRE YOU ASSHOLEのUst番組「RECORD YOU ASSHOLE」放送決定!
[POWERPUSH]・2012年08月30日・RECORD YOU ASSHOLE OTOTOYとOGRE YOU ASSHOLEが、OTOTOYのチャンネル『TV♭』にて、OGRE YOU ASSHOLEの最新アルバム『100年後』のリリースを記念し、レコードを聞き漁るUstream番組『RECORD YOU ASSHOLE』をスタート。東京に来るたびに、ツアーに出るたびにレコードを買い漁っているOGRE YOU ASSHOLEのメンバー。例えば、出戸学(ギター、ボーカル)の最近のお気に入りのレーベルは、古いソウルの作品をリイシューしているレーベル、Numero Groupだそう。そんなレーベル知りません.. ってことで、この番組では、レコードが大好きなOGRE YOU ASSHOLEのメンバーにSELECTORとして10枚以上アナログを持ってきてもらい、1曲づつじっくり聴き、さらには、そのレコードについていろいろと調べたり教えてもらったりしようと思います。名盤と評判の『100年後』の片鱗は、必ず彼らのコレクションに隠れているはず! RECORD YOU ASSHOLE アルバム発売スペシャルの放送が決定!! OTOTOYのUstream番組「RE
世界で最強のロック・バンドはいま、韓国にいる!hyukohにメール・インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年11月18日・超話題の韓国4人組ロックバンド、hyukohにメール・インタヴューを敢行。世界で最強のロック・バンドはいま、韓国にいる! 韓国で人気上昇中のバンド、hyukoh(ヒョゴ)。SUMMER SONIC 2016初出演、その後おこなわれた日本でのワンマンもSOLD OUTした彼らがついに日本デビュー。韓国ではすでに完売となった過去2作品「20」「22」のライセンス日本盤をリリースし、11月19日にはshibuya duo MUSIC EXCHANGEでのワンマンを開催(こちらもあっというまにSOLD OUT!)。今もっとも見ておきたい彼らへのメール・インタヴューは必読です。 hyukoh / 20'【Track List】01. Lonely02. Feels like Roller-coaster ride03. Ohio04. 위잉위잉(Wi Ing Wi Ing)05. Our place06. I have no hometown【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【配信価格】''単曲 257円(税込) / まとめ購入 1,234円(税込) hyukoh / 22'【Track L
DIALUCK旋風吹き荒れる!初全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』リリース
[POWERPUSH]・2016年11月15日・レペゼン浪速! あっ、良い音楽は DIALUCKにあります。 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。OTOTOYでは、タワレコ大阪4店舗限定で販売し爆発的にヒットしたフォーチュンシングル『I AM WHO I AM』のハイレゾ配信も大きな話題になった彼女たちが、ついに初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をリリース。もうすぐDIALUCK旋風が吹き荒れる! 関西から全国へ、このタイミングを逃してはならない! と、わざわざ編集長自ら関西に出向き、DIALUCK結成から今後の展開までを訊いてきました。 DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいき購入はこちらからこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら INTERVI
Suara『うたわれるもの 偽りの仮面 & 二人の白皇』ヴォーカル集、DSD配信! ディレクター、有村健一に訊いた制作背景
[POWERPUSH]・2016年11月10日・人気シリーズ『うたわれるもの』のクライマックスを彩った、歌姫Suaraの歌集がDSD配信 『ToHeart』や『WHITE ALBUM』シリーズなどを世に送り出してきたゲーム制作会社アクアプラスが、20周年記念タイトルとして2015年9月に発売したタイトル『うたわれるもの 偽りの仮面』、つづけて10月より放送された同タイトルのTVアニメ。そして今年2016年に発売されたシリーズ最終章となる『うたわれるもの 二人の白皇』。今回、その3作品で使用された楽曲の中から、シリーズ初期からその歌声で世界観に色を添えてきたSuaraの楽曲のみを集めたヴォーカル集が発売された。 配信は2.8MHz DSDと24bit/96kHz PCMの2形態にてリリース。初のDSD配信となる「ユメカウツツカ」や「星降る空仰ぎ見て」「星灯」から、"2016"を名に冠してリアレンジされた「キミガタメ 2016」などの人気曲、そして初の音源化となる「麗しき世界」など全11曲を収録している。 物語の世界観にあわせ、どのように楽曲は制作されたのか。ディレクター、有村健一に話を聞いた。 Suara / うたわれるもの 偽りの仮面 & 二人の白皇
清 竜人25、ハーレム回帰なニュー・シングルをリリース♡ 宗像明将インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年11月09日・清 竜人25、3年目突入でハーレム回帰なニュー・シングルをリリース&宗像明将インタヴュー 一夫多妻アイドル「清 竜人25」。6thシングル『My Girls♡』は前作から一転、ビジュアル・楽曲ともにハーレム回帰な楽曲に仕上げられた。リリース記念恒例の、宗像明将によるインタヴューをお届けする。 清 竜人25 / My Girls♡'【配信形態】【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz) 【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3 ※ファイル形式について'※ハイレゾとは?'※購入方法'【配信価格】【左】単曲 324円(税込) / まとめ購入 1,296円(税込)【右】単曲 257円(税込) / まとめ購入 772円(税込)【Track List】01. My Girls♡02. Sundayはわたしのモノ♡03. My Girls♡(Instrumental)04. Sundayはわたしのモノ♡(Instrumental) INTERVIEW : 清 竜人25 一夫多妻制アイドルグループという唯一無二のコンセプトのもと、確実に知名度を上げてきた
TRASH-UP!!×OTOTOY連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』第6回
[POWERPUSH]・2016年11月01日・TRASH-UP!! × OTOTOY連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』第6回ーー音楽と生活が交差するライヴ・イベントとは? 遠藤妙子による連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』。被災者支援、反原発や憲法改正について日常の中で表現しているミュージシャンにインタヴューをする企画だ。第6回はミュージシャンであり、Kit Galler運営者でもある松田“chabe”岳二とライヴハウス下北沢THREEのスガナミユウの対談をお届けする。 下北沢THREEでは現在、毎月9日に入場無料のパーティー、を開催している。このパーティーは生活の中で平和と戦争について考えるべくスタートしたイベントだ。パーティーに参加した人それぞれが自分で社会について考え、少しでも生活の一部にしてほしい、行動につながってほしいという2人の思いが込められている。 音楽と世の中の交差点であるは一体どのようなイベントなのか、遠藤妙子が迫った。 『TRASH-UP!!』との連動企画「message from underground」message from undergroundとはトラッシュ・カルチャーを追求する雑誌『TRA
アイドルネッサンス ミュージックカタログvol.3フリーDL&未パッケージのハイレゾ配信スタート
[POWERPUSH]・2016年10月20日・「名曲ルネッサンス」をメンバーが紹介! アイドルネッサンス、音声で綴るミュージックカタログをフリーDL 古今の楽曲を歌とダンスで表現する「名曲ルネッサンス」をテーマに活動中のアイドルネッサンス。2014年5月の活動開始から2年半を迎え、11月6日にグループ最大規模となるZepp DiverCityでのワンマン・ライヴを開催します。1950年代から今現在の2010年代に至るまで、時代やジャンルを問わず披露された楽曲数は60曲以上、現在進行形で増え続けています。今回、アイドルネッサンスが発信してきた楽曲からセレクトされた27曲をメンバーが紹介する音声コンテンツ『アイドルネッサンス ミュージックカタログ』を3週に渡ってフリーDL配信。アイドルネッサンス運営から寄せられた、楽曲にまつわるお話とあわせてお楽しみください。 Vol.3配信開始!#1 MC : 百岡古宵、石野理子#2 MC : 新井乃亜、野本ゆめか、南端まいな#3 MC : 野本ゆめか、新井乃亜、原田珠々華 ワンマン開催記念、未パッケージ曲含む3タイトルハイレゾ配信開始!!アイドルネッサンス/Funny Bunny 【配信形式】ALAC/WAV/A