大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.6「ドキドキ! 初インタヴュー!!」後編

新人女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカを追いかける連載の第6回。前回、ついに実現した佐久間望によるインタヴューの前半を公開しました。後半は緊張もかなり解れ、佐久間さん、しっかりと自分の想いをぶつけることができたようです。取材を終えた彼女の背中は、心なしかひと回り大きくなったような…。大好評のフリー・ダウンロード曲「ボーダーライン (DEMO ver.)」をまだゲットしていない人は、ぜひお早めに! (※インタヴュー前編はこちら)

>>大好評!! 「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリーDLはこちら

佐久間望(左)と桐嶋ノドカ(右)

ドキドキ! 初インタヴュー!! (後編)

お待たせしました! 桐嶋ノドカのインタヴュー後編ですっ! 私の聞きたかったことや伝えたかったことが全部言えるように、めちゃくちゃがんばって準備したつもりだったんです…。でも実際に文字起こしをしてみると、「なんでこれを聞かなかったんだ!」っていうことがたくさん出てきてしまいます…。これってきっと、"インタヴューあるある"ですよね…! そんな話はさておき…、後編は桐嶋さんの現在の活動について聞いてみました。プロデューサーの小林武史さんとの出会いとか、桐嶋さんの歌への想いとか、我ながらインタヴューらしいインタヴューになったかな…。あ! ファンのみなさんにはちょっと嬉しい話も聞けたので、ぜひ最後まで読んでくださいね〜。

インタヴュー & 文 : 佐久間望

小林武史に見出され、一気にアーティストの道へ

——桐嶋さんって、小林武史さんにデモを送ったのがアーティスト活動を始めるきっかけになったんですよね。それはいつ頃だったんですか?

桐嶋ノドカ

桐嶋ノドカ(以下、桐嶋) : 大学3年の夏だったと思います。いつも髪を切ってもらってる美容師さんがいるんですけど、その美容師さんがたまたま小林さんと知り合いだったらしくて、「デモを渡してあげるよ」って言われて。正直、最初は半信半疑だったんですけど、その美容師さんにCDを渡したのが始まりなんですよね。

——運命ですね…! それまでデモをどこかに送ろうとしたことはなかったんですか?

桐嶋 : オーディションを受けたことはあったんですけど、デモを送るってすごくガッツが必要だったので、なかったですね。

——いきなりデモを渡すことになってどんな気持ちでしたか??

桐嶋 : う〜ん。渡してもちゃんと聴いてもらえるわけがないと思っていたから、けっこう気楽な感じでした。そしたら、意外とすぐに連絡があったんですよ。

——そうなんですね〜。小林さんと出会ってから、桐嶋さんの生活に変化はありましたか?

桐嶋 : スタジオに通う日々が始まりましたね。初めてスタジオに呼ばれたときに、「ピアノ弾いてごらん」って言われて、「優しい雨」を歌ったのが記憶に残っています。そのあとは、徐々にレコーディングを進めながら、とにかく曲を作って…。

佐久間望

——ミュージシャンの生活ですね〜! 素朴な疑問なんですけど、レコーディングするときって緊張しないですか?

桐嶋 : レコーディングは楽しいです! 他の楽器を録り終わってから最後に歌を録ることが多いんですけど、ひとりでマイクに向かって長時間歌い続けるっていうのはストイックだなと思います。「私って歌うことが好きなんだな」ってあらためて実感する瞬間でもありますね。ライヴでお客さんを前にして歌うのも、バンドのメンバーと一緒に歌うのももちろん好きなんですけど、レコーディングのときに小さな部屋の中で歌うのが大好きなんです。

——なんか素敵ですね…! 桐嶋さんって、キーボードを弾きながら歌っていたこともあるんですよね。

桐嶋 : 大学に入ってすぐの頃は、サポート・メンバーと一緒にキーボードを弾きながら歌っていたんですけど、途中からキーボードは他の人にやってもらったほうが歌に専念できるなと思って、歌だけを歌うようにしたんです。小林さんに渡したデモも、弾き語りの曲は1、2曲しかなくて、他はバンド・メンバーに演奏を任せた音源でした。

真剣に生きたい、そして歌で生き様を表現したい

——3月に入って桐嶋さんのオフィシャル・サイトとかFacebookとか、YouTube動画が一気に公開されましたよね。身の回りで何か変化はありましたか?

桐嶋 : 変化というか、自分の家族に見られるのが「恥ずかし〜っ!!」っていう感じでした(笑)。親には公開日を言ってなかったんですけど、お母さんが友達のFacebook経由で知ったみたいで、「見たよ! がんばってね!」って応援メッセージをくれました。外から知られちゃった分、余計に恥ずかしかったな(笑)。


桐嶋ノドカ / ボーダーライン

——私にはわからない気持ちだけど、そういうのってきっと恥ずかしいですよね…(笑)。桐嶋さん自身の気持ちの変化はありますか?

桐嶋 : あるような、ないような…。オフィシャル・サイト公開のタイミングで完成した「END」っていう曲があるんですけど、私の中でその曲はひとつの区切りというか決意というか、そんな意味を持った曲なんです。この曲をきっかけに新しく踏み出そうって思っていて、そういう意味ではかなり気持ちに変化があるのかも。今まさに飛び立ったような気分で、離陸中って感じです!

——かっこいい! 今後はどんな活動をしていきたいですか??

桐嶋 : そうだなぁ。今はアルバムを作りたいですね。

——今のところOTOTOYのフリー・ダウンロードとYouTubeでしか音源が聴けないですよね。私、初めてライヴを観たときからずっと桐嶋さんの音源が欲しくて…。この連載でもずっと書いてるんです!

桐嶋 : わー! ありがとうございます! 猛烈に準備してます!!

——えー! めちゃくちゃ楽しみにしてますっ!

桐嶋 : がんばります!

——あ、そうだ。もうひとつ、私の大好きな曲「ボーダーライン」について聞かせてください。この曲って、始まりはゆったりとした曲調で、モヤモヤする気持ちを歌っているけど、終わりに向けてパッと晴れやかになる感じですよね。私は大学生で、就職のこととかもいろいろ考えなきゃいけない時期なんですけど、やりたいことがないわけじゃないのに、思い切って踏み出せないなぁってずっと思ってるんです…。そんな私に、「とにかくウジウジしてないで挑戦しよう!」って勇気を与えてくれたのが、「ボーダーライン」でした。桐嶋さんはこの曲をどんな気持ちで作ったんですか?

桐嶋 : なんかそう言ってもらえると嬉しいです! 「ボーダーライン」は、じつは私もウジウジしていたときに作った曲なんです。音楽に対してもそうだし、普段の自分に対してもそうだし、問題をたくさん抱えているのに、そこに立ち向かう勇気がないというか…。でも、この曲を書いているうちに気持ちが楽になったというか、「こうなりたい!」という気持ちで書いた曲ですね。今となってはぜんぜん違う気持ちで歌えるから、それもおもしろいなって思います。

——桐嶋さんもモヤモヤした気持ちを抱えているときに作った曲だったんですね! ほんとに励まされる曲です。私もいつか違う気持ちで聴けるようになるかな…。あ、もうそろそろ時間ですね。桐嶋さんとお話してると時間が経つのが早い! 最後に言っておきたいこと、ありますか?

桐嶋 : う〜ん…。ちょっとくさいセリフなので恥ずかしいんですけど、私、本当に真剣に生きようとしていて、そんな生き様を歌で表現したいって思ってるんです。なんて言うか、「私が理想とする生き方を生きたい!」「それを歌で発信したい!」って。だから、こんな人もいるんだなって思いながら歌を聴いてもらえたらいいなと思います。あとは、自分に嘘をつかないとか、かっこつけずにナチュラルでいるとか、そういうことも目標かな。

——ありがとうございます! 初インタヴューでめちゃくちゃ緊張したけど、本当に楽しかったです!

桐嶋 : こちらこそ、ありがとうございました! 私もすごく楽しかったですよ〜。

file.7「最終回! 桐嶋ノドカと出会えたこと」編に続く


桐嶋ノドカをライヴで見よう!

〈FLOWER FASHION FEST〉
2014年4月29日(火・祝) @万代シティパーク
詳細 : http://fff-ngt.com/

〈FM802×FM COCOLO FUNKY MARKET〉
2014年5月3日(土) @万博記念公園自然文化園お祭り広場 下の広場
開場 / 開演 : 9:30 (終演は17:00予定)
料金 : 無料 (自然文化園の入園料 大人250円 小中学生70円が必要)
出演 : 井手綾香 / USAGI / 桐嶋ノドカ / CREAM / 指田郁也 / Salley / Suzu / NIKIIE / 見田村千晴
詳細 : http://funky802.com/pages/pickup_detail/3011

〈VIVA LA ROCK〉
2014年5月5日(月・祝) @さいたまスーパーアリーナ けやき広場 GARDEN STAGE
料金 : 無料
詳細 : http://vivalarock.jp/2014/attraction/

〈J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION〉
2014年5月6日(火・祝) @六本木ヒルズアリーナ
料金 : 無料
出演 :
[5月5日]青葉市子 / 赤い公園 / Salyu / スガシカオ / 田島貴男 / 藤巻亮太
[5月6日]桐嶋ノドカ / 黒木渚 / ストレイテナー / 曽我部恵一 / パスピエ / 細野晴臣
詳細 : http://www.j-wave.co.jp/event/7865-201405.htm#pagetop

桐嶋ノドカについてもっと知る

3歳からピアノを始め、13歳で聖歌隊に入り、歌うことにのめり込む。高校入学と同時期にキャロル・キングやノラ・ジョーンズなどに影響を受け、弾き語りを始める。次第に自身の想いを歌うようになり、高校を卒業する頃にはシンガー・ソングライターの道へ進むことを決める。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサーの小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオに通いはじめる。華奢で小柄な外見からは想像がつかないパワフルな歌声は、聴くものに強烈なインパクトを残す。今春、大学を卒業し、本格的にアーティスト活動をスタートする要注目の新人アーティスト。

>>桐嶋ノドカ OFFICIAL HP
>>桐嶋ノドカ OFFICIAL BLOG
>>桐嶋ノドカ facebook
>>桐嶋ノドカ Twitter

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

ニューエスト・モデル結成30周年! ベスト・アルバムハイレゾ先行配信& 中川敬インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年06月29日・濃密なる8年の熱狂ーーニューエスト・モデル、結成30周年記念のベスト・アルバムを独占ハイレゾ先行配信 現在、ソウル・フラワー・ユニオンで活動する中川敬によって1985年に結成されたニューエスト・モデル。今年で結成30年を迎え、数ある名曲の中から厳選された36曲をリマスタリングしたベスト・アルバムをリリース。OTOTOYでは一般リリースより1週間早く、独占ハイレゾ配信を開始。中川敬がニューエスト・モデル時代の軌跡をじっくりと振りかえったインタヴューは必読です! ニューエスト・モデル / ザ・ベスト・オブ・ニューエスト・モデル 1986-1993(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC(24bit/48kHz)【価格】まとめ購入のみ 3,000円(税込)【Track List】'DISC1 01. オモチャの兵隊 / 02. ソウル・ダイナマイト / 03. センスレス・チャター・センスレス・フィスツ / 04. ニュークリア・レース・オア・ヒューマン・レース / 05. ソウル・トゥ・ソウル / 06. プリティ・ピクチャー・ブック / 07. フィーリング
ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月17日・自由なる電子音の戯れ──ケンイシイ、フレア名義の作品をハイレゾ配信開始 世界中のテクノ・シーンでその名が知られるケンイシイ。そのアナザー・サイドとも言えるフレア名義の作品『Leaps』がこのたびハイレゾ配信される。ストレートなテクノ・サウンドのケンイシイ名義の作品に比べ、フレア名義は彼のエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージック・サイドを担っている。ある意味で初期のケンイシイ名義の作品に渦巻いていたストレンジな電子音の感覚を継承している名義でもある。本作はすでに1年ほど前からケンイシイが出演する会場や自身のアーティスト・サイトなどかなり限られた販路でCDとして売られていた作品だが、今回、待望のハイレゾ版がリリースされる。まさに音そのものを楽しむ、その作品性を考えればハイレゾでのリスニングにもってこいの作品と言えるのではないだろうか。 Flare / Leaps(24bit/48kHz)'【Track List】01. Mole Tunnel02. Downglide03. Deep Freeze04. Sympathetic Nervous System05. Las Pozas06. Iapet
by 河村 祐介
UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月11日・若手と新しさを競い合っても意味がないだろ──UKテクノのベテラン、プラッドの新作をハイレゾ配信 エド・ハンドリー、アンディ・ターナーによる、このテクノ・ユニットは1990年代初頭から現在にいあたるまでエイフェックス・ツインらとともにブリティッシュ・テクノを象徴する存在であり続けている。ビョークのコラボレーターでもあり、ルーツ・オブ・エレクトロニカであり、松本大洋原作の劇場アニメ作品『鉄コン筋クリート』のサントラを手掛けたことでも知られる彼らだが、決してその活動は初期からぶれていない。彼らの作品のクリアで叙情的な電子音は、綺羅星のごとく輝き、そのシーンのヒストリーを穏やかな光で照らし続けている。そんな彼らの最新アルバム『The Digging Remedy』も、そのヒストリーを継続させる、また美しい電子音の連なり、それ以外の何物でもない。 本人たちもインタヴューで語っているように、この繊細なサウンドはぜひともハイレゾで体験していただきたい。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバム、CDと同様のライナーノーツをPDFにてダウンロード可能。こちらはヴォーカロイドでおなじみのクリプトン・フューチャー
by 河村 祐介
ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月10日・ベース・ミュージック・ペルー譚──ダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信 ジャイルス・ピーターソンのレーベル〈ブラウンズウッド〉から2012年にリリースされた『Mala In Cuba』。多くのリスナー、メディアから絶賛された作品から約4年の月日を経て、UKダブステップのイノヴェイターのひとり、MALAの新たなプロジェクトがここにリリースされた。『Mirrors』と名付けられた本作は、キューバでのセッションとUK本国でのスタジオ・ワークにて完成した『Mala In Cuba』と同様、MALAとペルー現地のミュージシャンとのセッションから生み出された作品だ。現地でレコーディングされたさまざまなフォルクローレの断片やアフロ・ペルー音楽のパーカッションなどが見事にMALAの才覚を通して作品として示されている。 OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ハイレゾ版アルバムまとめ購入でCDと同様のライナーノーツPDFが付属する。北中正和による日本盤ライナーノーツ、そしてEmma Warrenによる英語版ライナーノーツの和訳を読めば、この不可思議なサウンドが具体的にどんなプロセスで、どんなペル
by 河村 祐介
オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月10日・4年ぶりの帰還──芳醇なるオーストラリア・シーンからザ・テンパー・トラップがひさびさの新作 ここ数年、さまざまなタイプのロック・バンドを世界レベルで輩出し、シーンの芳醇な底力が垣間見えるオーストラリアのシーン。そんなシーンの動きを予見すべく、オーストラリアはメルボルンから、2009年に世界デビュー。1st『コンデションズ』を伴って飛び出したザ・テンパー・トラップ。英米を中心に高い評価を経て、ここ日本でも同年のサマーソニック、そして東京、大阪の単独公演を成功させるなどファンをつかんだ彼ら。さらに2009年の映画『(500)日のサマー』でも彼らの「Sweet Disposition」が使用され、こちらもシングルとしてヒットしさらなる人気を集めた。2012年の2nd『ザ・テンパー・トラップ』を経て、そんな彼らが4年ぶりに新作『シック・アズ・シーヴス』をリリースする。ギタリストのロレンゾの脱退などの苦難を経て、ついに彼らが動きだしたのだ。さらに、8月8日(月)には〈梅田クラブクアトロ〉と8月9日(火)に〈リキッドルーム〉での来日公演も控えている。 The Temper Trap / Thick As Thieve
by 渡辺 裕也
D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月07日・独占ハイレゾ配信 : 小林うてなの1stアルバムはドープなベースと幽玄な歌声がこだまするビート・アルバム 元“鬼の右腕”にして現在はソロ、そしてD.A.N.や蓮沼執太フィルなどの客演などでも知られる小林うてな。このたび1stアルバム『VATONSE』をリリースした。リリースはインターネット・ライヴ・ストリーミング・サイト、2.5Dが設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から。ポップ・エレクトロ・プロデューサー、tomgggの作品とともに本レーベルの第一弾アーティストとなる。スティール・パンやエレクトロニクス、さらにはヴォーカル / コーラスまでこなすマルチ・プレイヤーとして知られる彼女だが、1stソロのサウンドはこれまたぶっ飛びのダーク&ヘヴィーなエレクトロニック・ビーツ、そして彼女の幽玄な歌声を中心にしている。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ版で配信開始。美しい歌声と細やかな電子音の表現、野太いベースをぜひともハイレゾにてお楽しみください。 小林うてな / VATONSE'【Track List】01. GONIA SE02. ILA03. EN04. TON TO WAHAHI05.
by 河村 祐介
ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月03日・ボンジュール鈴木らも参加の、カラフルなポップ・エレクトロ──Tomgggの最新作を独占ハイレゾ配信 自身のSoundCloudや〈Maltine Records〉など、まさにインターネット・フィールドで徐々に知名度を上げ、昨年はフィジカル作品として『Butter Sugar Cream』をリリース、さらにその活動領域を広げた、Tomggg(トムグググ)。このたび、ライヴ・ストリーミングでおなじみの〈2.5D〉が設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から、新作『Art Nature』をリリースした。ボンジュール鈴木、tsvaci(辻林美穂)といったゲスト・ヴォーカルを迎え、彼の真骨頂とも言える、めくるめく展開ときらびやかな電子音によるポップ・エレクトロを展開している。また前作に引き続き、ジャケットはKazami Suzukiが担当し、そのドリーミーでメルヘンなサウンド・イメージをさらに強く印象つけている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。インタヴューにもあるように、展開や音響的な効果など緻密に構築されたそのサウンドはハイレゾでさらにきめ細やかに楽しめることでしょう。 Tomggg / Ar
by 河村 祐介
ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム
[POWERPUSH]・2016年05月30日・〈トランスマット〉である必然性──デリック・メイを魅了したHIROSHI WATANABEの作品をハイレゾで KAITOや本名名義でリリースを行い、まさにテクノ / ハウス・シーンにて世界レベルで活躍するHIROSHI WATANABE。そんな彼がこれまた快挙を成し遂げた。テクノの伝説的レーベルからそのアルバムを今春にリリースした。そして、このたびやっと、その作品のハイレゾ版がリリースされた。おっと、興奮して書き忘れていたが、アルバム・タイトルは『MULTIVERSE』、そしてその伝説のレーベルとは、デリック・メイの〈トランスマット〉である(「知らない!」という人は後述のコラムを)。〈トランスマット〉らしい、エネルギッシュなグルーヴと叙情性に満ちたコズミック・テクノに。グイグイとスピーカーからスペーシーな情景が迫ってくる。いやー、すっきりとテクノを聴きたいぜというのならぜひともこのアルバムを。ストレートなデトロイト・テクノのかっこよさに満ち溢れた作品。繊細なシンセの揺らめきや空間的な表現に満ちたそのサウンドは、ハイレゾでぜひとも楽しみたい。 HIROSHI WATANABE / MULTIVERSE(24
by 河村 祐介