大学生、佐久間望が追いかける桐嶋ノドカ――file.6「ドキドキ! 初インタヴュー!!」後編

新人女性シンガー・ソングライター、桐嶋ノドカを追いかける連載の第6回。前回、ついに実現した佐久間望によるインタヴューの前半を公開しました。後半は緊張もかなり解れ、佐久間さん、しっかりと自分の想いをぶつけることができたようです。取材を終えた彼女の背中は、心なしかひと回り大きくなったような…。大好評のフリー・ダウンロード曲「ボーダーライン (DEMO ver.)」をまだゲットしていない人は、ぜひお早めに! (※インタヴュー前編はこちら)

>>大好評!! 「ボーダーライン (DEMO ver.)」のフリーDLはこちら

佐久間望(左)と桐嶋ノドカ(右)

ドキドキ! 初インタヴュー!! (後編)

お待たせしました! 桐嶋ノドカのインタヴュー後編ですっ! 私の聞きたかったことや伝えたかったことが全部言えるように、めちゃくちゃがんばって準備したつもりだったんです…。でも実際に文字起こしをしてみると、「なんでこれを聞かなかったんだ!」っていうことがたくさん出てきてしまいます…。これってきっと、"インタヴューあるある"ですよね…! そんな話はさておき…、後編は桐嶋さんの現在の活動について聞いてみました。プロデューサーの小林武史さんとの出会いとか、桐嶋さんの歌への想いとか、我ながらインタヴューらしいインタヴューになったかな…。あ! ファンのみなさんにはちょっと嬉しい話も聞けたので、ぜひ最後まで読んでくださいね〜。

インタヴュー & 文 : 佐久間望

小林武史に見出され、一気にアーティストの道へ

——桐嶋さんって、小林武史さんにデモを送ったのがアーティスト活動を始めるきっかけになったんですよね。それはいつ頃だったんですか?

桐嶋ノドカ

桐嶋ノドカ(以下、桐嶋) : 大学3年の夏だったと思います。いつも髪を切ってもらってる美容師さんがいるんですけど、その美容師さんがたまたま小林さんと知り合いだったらしくて、「デモを渡してあげるよ」って言われて。正直、最初は半信半疑だったんですけど、その美容師さんにCDを渡したのが始まりなんですよね。

——運命ですね…! それまでデモをどこかに送ろうとしたことはなかったんですか?

桐嶋 : オーディションを受けたことはあったんですけど、デモを送るってすごくガッツが必要だったので、なかったですね。

——いきなりデモを渡すことになってどんな気持ちでしたか??

桐嶋 : う〜ん。渡してもちゃんと聴いてもらえるわけがないと思っていたから、けっこう気楽な感じでした。そしたら、意外とすぐに連絡があったんですよ。

——そうなんですね〜。小林さんと出会ってから、桐嶋さんの生活に変化はありましたか?

桐嶋 : スタジオに通う日々が始まりましたね。初めてスタジオに呼ばれたときに、「ピアノ弾いてごらん」って言われて、「優しい雨」を歌ったのが記憶に残っています。そのあとは、徐々にレコーディングを進めながら、とにかく曲を作って…。

佐久間望

——ミュージシャンの生活ですね〜! 素朴な疑問なんですけど、レコーディングするときって緊張しないですか?

桐嶋 : レコーディングは楽しいです! 他の楽器を録り終わってから最後に歌を録ることが多いんですけど、ひとりでマイクに向かって長時間歌い続けるっていうのはストイックだなと思います。「私って歌うことが好きなんだな」ってあらためて実感する瞬間でもありますね。ライヴでお客さんを前にして歌うのも、バンドのメンバーと一緒に歌うのももちろん好きなんですけど、レコーディングのときに小さな部屋の中で歌うのが大好きなんです。

——なんか素敵ですね…! 桐嶋さんって、キーボードを弾きながら歌っていたこともあるんですよね。

桐嶋 : 大学に入ってすぐの頃は、サポート・メンバーと一緒にキーボードを弾きながら歌っていたんですけど、途中からキーボードは他の人にやってもらったほうが歌に専念できるなと思って、歌だけを歌うようにしたんです。小林さんに渡したデモも、弾き語りの曲は1、2曲しかなくて、他はバンド・メンバーに演奏を任せた音源でした。

真剣に生きたい、そして歌で生き様を表現したい

——3月に入って桐嶋さんのオフィシャル・サイトとかFacebookとか、YouTube動画が一気に公開されましたよね。身の回りで何か変化はありましたか?

桐嶋 : 変化というか、自分の家族に見られるのが「恥ずかし〜っ!!」っていう感じでした(笑)。親には公開日を言ってなかったんですけど、お母さんが友達のFacebook経由で知ったみたいで、「見たよ! がんばってね!」って応援メッセージをくれました。外から知られちゃった分、余計に恥ずかしかったな(笑)。


桐嶋ノドカ / ボーダーライン

——私にはわからない気持ちだけど、そういうのってきっと恥ずかしいですよね…(笑)。桐嶋さん自身の気持ちの変化はありますか?

桐嶋 : あるような、ないような…。オフィシャル・サイト公開のタイミングで完成した「END」っていう曲があるんですけど、私の中でその曲はひとつの区切りというか決意というか、そんな意味を持った曲なんです。この曲をきっかけに新しく踏み出そうって思っていて、そういう意味ではかなり気持ちに変化があるのかも。今まさに飛び立ったような気分で、離陸中って感じです!

——かっこいい! 今後はどんな活動をしていきたいですか??

桐嶋 : そうだなぁ。今はアルバムを作りたいですね。

——今のところOTOTOYのフリー・ダウンロードとYouTubeでしか音源が聴けないですよね。私、初めてライヴを観たときからずっと桐嶋さんの音源が欲しくて…。この連載でもずっと書いてるんです!

桐嶋 : わー! ありがとうございます! 猛烈に準備してます!!

——えー! めちゃくちゃ楽しみにしてますっ!

桐嶋 : がんばります!

——あ、そうだ。もうひとつ、私の大好きな曲「ボーダーライン」について聞かせてください。この曲って、始まりはゆったりとした曲調で、モヤモヤする気持ちを歌っているけど、終わりに向けてパッと晴れやかになる感じですよね。私は大学生で、就職のこととかもいろいろ考えなきゃいけない時期なんですけど、やりたいことがないわけじゃないのに、思い切って踏み出せないなぁってずっと思ってるんです…。そんな私に、「とにかくウジウジしてないで挑戦しよう!」って勇気を与えてくれたのが、「ボーダーライン」でした。桐嶋さんはこの曲をどんな気持ちで作ったんですか?

桐嶋 : なんかそう言ってもらえると嬉しいです! 「ボーダーライン」は、じつは私もウジウジしていたときに作った曲なんです。音楽に対してもそうだし、普段の自分に対してもそうだし、問題をたくさん抱えているのに、そこに立ち向かう勇気がないというか…。でも、この曲を書いているうちに気持ちが楽になったというか、「こうなりたい!」という気持ちで書いた曲ですね。今となってはぜんぜん違う気持ちで歌えるから、それもおもしろいなって思います。

——桐嶋さんもモヤモヤした気持ちを抱えているときに作った曲だったんですね! ほんとに励まされる曲です。私もいつか違う気持ちで聴けるようになるかな…。あ、もうそろそろ時間ですね。桐嶋さんとお話してると時間が経つのが早い! 最後に言っておきたいこと、ありますか?

桐嶋 : う〜ん…。ちょっとくさいセリフなので恥ずかしいんですけど、私、本当に真剣に生きようとしていて、そんな生き様を歌で表現したいって思ってるんです。なんて言うか、「私が理想とする生き方を生きたい!」「それを歌で発信したい!」って。だから、こんな人もいるんだなって思いながら歌を聴いてもらえたらいいなと思います。あとは、自分に嘘をつかないとか、かっこつけずにナチュラルでいるとか、そういうことも目標かな。

——ありがとうございます! 初インタヴューでめちゃくちゃ緊張したけど、本当に楽しかったです!

桐嶋 : こちらこそ、ありがとうございました! 私もすごく楽しかったですよ〜。

file.7「最終回! 桐嶋ノドカと出会えたこと」編に続く


桐嶋ノドカをライヴで見よう!

〈FLOWER FASHION FEST〉
2014年4月29日(火・祝) @万代シティパーク
詳細 : http://fff-ngt.com/

〈FM802×FM COCOLO FUNKY MARKET〉
2014年5月3日(土) @万博記念公園自然文化園お祭り広場 下の広場
開場 / 開演 : 9:30 (終演は17:00予定)
料金 : 無料 (自然文化園の入園料 大人250円 小中学生70円が必要)
出演 : 井手綾香 / USAGI / 桐嶋ノドカ / CREAM / 指田郁也 / Salley / Suzu / NIKIIE / 見田村千晴
詳細 : http://funky802.com/pages/pickup_detail/3011

〈VIVA LA ROCK〉
2014年5月5日(月・祝) @さいたまスーパーアリーナ けやき広場 GARDEN STAGE
料金 : 無料
詳細 : http://vivalarock.jp/2014/attraction/

〈J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S TAKESHI KOBAYASHI EDITION〉
2014年5月6日(火・祝) @六本木ヒルズアリーナ
料金 : 無料
出演 :
[5月5日]青葉市子 / 赤い公園 / Salyu / スガシカオ / 田島貴男 / 藤巻亮太
[5月6日]桐嶋ノドカ / 黒木渚 / ストレイテナー / 曽我部恵一 / パスピエ / 細野晴臣
詳細 : http://www.j-wave.co.jp/event/7865-201405.htm#pagetop

桐嶋ノドカについてもっと知る

3歳からピアノを始め、13歳で聖歌隊に入り、歌うことにのめり込む。高校入学と同時期にキャロル・キングやノラ・ジョーンズなどに影響を受け、弾き語りを始める。次第に自身の想いを歌うようになり、高校を卒業する頃にはシンガー・ソングライターの道へ進むことを決める。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサーの小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏が代表を務める音楽事務所「OORONG-SHA」のスタジオに通いはじめる。華奢で小柄な外見からは想像がつかないパワフルな歌声は、聴くものに強烈なインパクトを残す。今春、大学を卒業し、本格的にアーティスト活動をスタートする要注目の新人アーティスト。

>>桐嶋ノドカ OFFICIAL HP
>>桐嶋ノドカ OFFICIAL BLOG
>>桐嶋ノドカ facebook
>>桐嶋ノドカ Twitter

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

丈青、ライヴ・レコーディング作品をDSD11.2MHzで配信開始
[POWERPUSH]・2016年05月10日・DSD11.2MHzの先駆者、丈青のライヴ・レコーディング作品が配信開始!! 2016年3月11日から13日まで表参道のスパイラルを会場に行われた〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。現在OTOTOYで配信中のフェス内でのレコーディング作品のラインナップ(Suara×真依子、蓮沼執太、大木和音)に満を持して加わったのがSOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニスト、丈青。 商用として世界で初めてDSD11.2MHzに挑戦し話題となった彼の前作『I See You While Playing The Piano』と同じスパイラルホールで録音されたのが『re: I See You While Playing The Piano』。前作とはほぼ異なる楽曲をたずさえた本作は、レコーディング&ミックスに奥田泰次、iFi Audio/M2TECHの協力の元、SPIRAL RECORDSよりOTOTOYにて1ヶ月先行配信開始! 彼の重厚なピアノの音色に酔いしれるとともに前作より経た2年間という歳月の軌跡を体感、そして客席とピアノの張りつめた対話をぜひ堪能ください。 丈青 / re:
by 中村 純
サニーデイ・サービス、発売20周年迎えた『東京』が完全リマスタリングでよみがえる
[POWERPUSH]・2016年05月20日・この素晴らしいアルバムを90年代から解放しよう──サニーデイ・サービス『東京』リマスター盤配信 現在に続く東京インディー・シーンの礎を築いたといっても過言ではない、いまなお輝き続けるロック・バンド、サニーデイ・サービス。彼らの作品の中でもひとしお愛され続ける『東京』が、発売から20周年を迎えた。そんなメモリアルな年を記念して、同作はオリジナルマスターテープより全曲完全リマスタリング、"2016年の『東京』"として生まれ変わった。 この作品を、その価値を、今一度見直すときがやってきたのである。現在の若きミュージシャンにも影響力を持つ『東京』の背景にあったものとは、そしていまも色褪せないその理由とは。世界中の土地、街、そこで鳴らされるグルーヴを探求するライター/エディターの大石始が、『東京』を語る。 オリジナルマスターテープより完全リマスタリングされたメモリアル盤!!サニーデイ・サービス / 東京'【Track List】01. 東京02. 恋におちたら03. 会いたかった少女04. もういいかい05. あじさい06. 青春狂走曲07. 恋色の街角08. 真赤な太陽09. いろんなことに夢中になったり飽きた
チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信
[POWERPUSH]・2016年05月12日・チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信 2016年3月11日から3月13日にかけて行われたハイレゾの祭典、〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。そのなかでも最終日は、中島ノブユキ、渋谷慶一郎のトーク・ショウやピアニスト丈青の公開ライヴ・レコーディングなどが開催され、ある意味で鍵盤楽器一色に染まった1日だった。 そしてその日、ライヴ・レコーディングに臨んだもうひとりの才女が、ピアノの原型となった鍵盤楽器、チェンバロの奏者として世界で初めてDSD11.2MHzレコーディングを行った大木和音。しかも今回は、同じDSD11.2MHzレコーディングといっても、オーデイエンスを目の前に極限の緊張感をまといながらの録音。彼女の新たな挑戦ともいえるレコーディング作品をOTOTOYで独占配信します。 それにともない大木和音と本公演を企画し世界的に活躍する調律師、狩野真のふたりを迎えてインタヴューを敢行。本作ができるまでの裏側やOTOTOYではあまり馴染みのないかもしれないチェンバロの魅力を大いに語ってもらった。 大木和音 /
by JJ
Have a Nice Day! の新作を1週間先行配信開始&ネイチャー$EKIとの対談掲載!!
[POWERPUSH]・2016年05月04日・ハバナイ新作登場! そして東京アンダーグラウンドの双璧、ハバナイ浅見北斗とNDG $EKIが語るシーンの"これからと未来" 2015年11月、クラウド・ファンディングにより『Dystopia Romance』のフリー・リリース・パーティーを恵比寿リキッドルームで成功させたHave a Nice Day! (以下、ハバナイ)。そしてその模様をとらえた『Dystopia Romance release party@LIQUIDROOM』や、アンセム集ベスト『Anthem for Living Dead Floor』など、彼らは昨年末から今年にかけて立て続けに作品を送り出してきた。 その飛ぶ鳥を落とす勢いのハバナイが新作『Dystopia Romance 2.0』をリリース。新たなアンセムと呼ぶにふさわしい「ファウスト」やとびっきりラヴリーな「LOVE SUPREME」、さらにworld's end girlfriendとコラボを果たした「NEW ROMANCE」など全6曲が収録されている。 そんな本作をOTOTOYでは1週間先行配信を開始!! それにともないハバナイ浅見北斗、同じ東京アンダーグラウンド・シーンで
by JJ
2016年、最大の問題作にして大名盤!!ーLess Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース!!
[POWERPUSH]・2016年04月22日・2016年、最大の問題作にして大名盤! ! Less Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース! ! 君はカスか? もし君がカスで、FUCKERを聴いたことがないのなら、今すぐにでも聴くべきだ。 20数年に渡り、日本のアンダーグラウンド・シーンを切り拓き続けてきているレーベル、Less Than TV。そのレーベル・オーナーとして、数々の素晴らしいバンドたちを送り出してきただけではなく、自らもU.G MANやGOD’S GUTS、we are the world、younGSounds、idea of a joke等のバンドで活躍してきた男、谷ぐち順。諸事情により、フォーク・シンガー"FUCKER"となって数年、自らの私生活をさらけ出しながら、日々の喜怒哀楽を時にファニーに、時にシリアスに、そしてハードコア・パンクスとしてのラディカルさと、ポリティカルなメッセージを込めて歌う姿は、唯一無二以外の何者でも無い。 そんな男が産み出した渾身のソロ・1stアルバムは、伊豆にて録音が行われ、エンジニアとしてAxSxE(NATSUMEN)が参加。むき出しの魂が隅から隅にまで
でんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信!
[POWERPUSH]・2016年04月27日・新しい冒険への果敢な挑戦ーーでんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incが前作からおよそ1年ぶりのアルバムをリリース。ゆず北川悠仁 × ヒャダインによる「おつかれサマー!」や、漫画家・浅野いにお作詞「あした地球がこなごなになっても」、配信シングルに加え、もちろん新曲も収録された全15曲は、アルバム・タイトルどおり「GOGO」な内容に! どの曲も音がとても緻密なので、ハイレゾでお聴きいただくのがオススメです! でんぱ組.inc / GOGO DEMPA'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 3,240円(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,057円【Track List】 ''01. GOGO DEMPA / 02. 破! to the Future / 03. ファンファーレは僕らのために / 04. 惑星★聖歌 〜Planet Anthem〜 / 05. STAR☆ットしちゃうぜ
エゴラッピン、20周年の軌道を収めたベスト盤をリリース
[POWERPUSH]・2016年04月23日・ルーディ、エレガント、そしてスウィング──エゴラッピン20年目のベスト&カヴァー・アルバム 圧倒的な歌声を持った中納良恵と唯一無二のソング・ライターであり、ギタリストでもある森雅樹によるユニット、エゴラッピン。1996年結成、1990年代後半には大阪から音楽シーンへと颯爽と現れ、今年は記念すべき、活動20年目の節目となる。そんな20周年を迎える今年は全国ツアー「EGO-WRAPPIN' live tour "ROUTE 20 HIT THE ROAD"」や、その集大成ともいえる11月27日(日)の日本武道館公演が決まっている。さて、そんな節目の年に、まずはここにCD3枚組分のベスト盤『ROUTE 20 HIT THE ROAD』がリリースされた。2枚分の内容はいわゆるベスト盤、そして残り1枚分には、デヴィッド・ボウイやカーティス・メイフィールドから、彼らの真骨頂とも言える昭和歌謡、そして“たま”のあの曲まで手がけた、色彩豊かなカヴァー集を併録している。こちらは彼らの音楽的ルーツを反映させたものだとか。彼らのそのセンスを存分に味わうことのできる作品となっている。 EGO-WRAPPIN’ / ROUTE 20
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】M2TECH「JOPLIN MK2」
[POWERPUSH]・2016年04月21日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】M2TECH「JOPLIN MKII」 近年、アナログ・レコードの復権という話題がメディアを賑わせるようになった。日本レコード協会によれば、2015年の日本国内のアナログ・レコードの売り上げは前年比165%に増加したという。アメリカやヨーロッパでも同じような増加傾向にあるという。 僕自身、一時期はCDでは手に入らない古い音源を中古レコードで探すだけになっていたのが、最近はまた新譜をアナログ・レコードで買うことが多くなった。すると、アナログ・オーディオ機器への興味も再燃し、レコード・プレイヤーやフォノ・イコライザーをあらたに買ったりもしている。 デジタル・ファイルによる音楽配信ビジネスに関わっている僕が、アナログ・レコードのファンであるというのは矛盾しているように見えるかもしれない。が、16bit/44.1kHzというCDの規格に疑問を抱いたそもそものきっかけは、アナログ・レコードのサウンドの方が良いと思える作品が少なくなかったからだ。 16bit/44.1kHzのPCMもよりも良い音を求めて、ハイレゾのデジタル・ファイルへ