サイプレス上野とロベルト吉野が、前作『MUSIC EXPRES$』から約1年振りとなるニュー・アルバム『TIC TAC』をリリース。事務所の先輩でもあるSHINCO(スチャダラパー)やサイトウ“JxJx”ジュン(YOUR SONG IS GOOD)がトラック・メイカーとして名を連ねる他、豪華アーティストが参加。前作とはうってかわり、リラックスした自分たちらしさを出した全方位的なアルバムが完成した。


サイプレス上野とロベルト吉野 / TIC TAC

【販売形式】 : mp3

【販売価格】 : 単曲 200円 / まとめ購入 1,800円

【収録曲】
1. ぶっかます / 2. LIVE GOES ON / 3. ヨコハマシカ feat. OZROSAURUS / 4. マイク中毒 pt.3 逆 feat. STERUSS / 5. DOOR(ALI-KICK REMIX) / 6. だろう生活ながら毎日 / 7. 契り流星群 / 8. ヒップホップ体操第二 / 9. WHO'S LEADER!? feat. JAB / 10. YouTube見てます / 11.特にありません / 12. GIVE ONE'S LIFE 4...

INTERVIEW : サイプレス上野とロベルト吉野

ヒップ・ホップの枠を越えて、エンターテイナーとして様々なイベントに出演。2012年にはKAIKOO POPWAVE FESTIVAL、京都大作戦、コヤブソニック等、大小問わずにイベントに出続けてきたサイプレス上野とロベルト吉野。長年、培ってきた彼らのライヴ・スタイルはどこの現場にいっても、間違いない安定感と盛り上がりを見せる。しかし、そのイメージだけで彼らを語るべからず。彼らが持っているヒップ・ホップの要素はもっと根深く、もっと生活の一部として染み付いたものだ。

ヒップ・ホップを始めてから17年の月日が経ち、酸いも甘いも知っている彼らの新作『TAC TAC』は、シンプルに洗練されながらも最後までゆっくりと、今立っている足元を確認するように進行していく。そして、多くの現場とアーティスト、日本語ヒップ・ホップと横浜の「今」を知っている彼らが伝えたい言葉が詰まった名盤だと強く思う。先行シングルとして話題となった「ヨコハマシカ feat. OZROSAURUS」も勿論だが、冒頭から最後までドライヴでもしながら聞いて欲しい。サイプレス上野とロベルト吉野の2013年が幕を開けた。

取材&文 : 和田隆嗣
写真 : 西澤裕郎

今作は日本語ラップ・シーンっていうのは意識しなかった

——早速ですが、ジャケットのおしりは誰なんですか?

サイプレス上野(以下、上野) : それは… 謎・みっちゃん(※STERUSS、サイプレス上野とロベルト吉野を擁する、ヨコハマを代表するクルー、ZZPRODUCTIONの一員)です。今作では「契り流星群」に参加しています。

——すごいインパクトですね! いきなりビックリしました。今作は、前作『MUSIC EXPRES$』から1年以内という早いペースでリリースされましたが、それは元々決めていたんですか?

上野 : 事務所ともレーベルとも話して、間を空けずに出そうかっていうのと、「ヨコハマシカ feat. OZROSAURUS」を早く出そうっていうのがあったんです。『MUSIC EXPRES$』を出してからライヴを回ってたら、自分たちの中で言いたいことがすげえ増えたのと、お客さんの反応からもらったもんがデカかったんだよね。

左から、サイプレス上野、ロベルト吉野

——ツアーを回るというのは普通のライヴとは違いますか?

上野 : やっぱり違いますね。ライヴはずっとやっていたんだけど、定番のルーティーンが俺たちの中であって。ツアーだと、それを細かく変えていけるし、『MUSIC EXPRES$』の新しい要素が加わったときに、また違う作り方が出来たんだよね。「よっしゃっしゃっす」も反応が良くて、どこでも通用するっていうのが分かって。新しい気持ちになったし楽しかったんだよね。

——今回の作品の中でも、自分たちの立ち位置は上の世代がいて下の世代も可愛がってっていう、まさに「中間管理職」だと言いつつも、最後には他の世代に対するメッセージは「特にありません」と。シーンの両極端を見ているお2人だけに、思うところも多いですか?

上野 : 他の世代への曲じゃないんだけどね、「特にありません」は(笑)。そりゃ、若い奴らが出てきてかっこいいとも思うし、すげぇいいなあって思うよ。でも、そこに俺たちが憧れてもしょうがないからさ。自分たちでやってきたことがあるから。例えばAKLOとか、KLOOZとか、5lack&PUNPEE兄弟とか、DOWN NORTH CAMPにD.L.I.P.とも仲良く付き合ってるというか一緒に同世代を生きてるな! って思うし。皆がそれぞれのスタイルを見つけたなっていうのを今すげえ感じてて。もう俺たちは4枚目だから中間管理職でもあり、ぶっちゃけベテランだから。俺たちの周りでも、辞めていく人の方が多いからね。でも今作は、日本語ラップ・シーンっていうのは意識しなかったです。最近は、別に俺がシーンの中心人物でいる必要はないって気持ちに切り替わってて。引っ張るっていうのは狙うもんじゃなくて、俺たちのやり方で結果が出たときに初めて、引っ張ってるって言えるんじゃないかなって。

——今作はトータルで5回くらい聴かせて頂いたんですが、少し肩の荷が下りたというか。肩ひじ張ってないなって感じました。

上野 : インタビューに向けて5回は少なくねえか(笑)? ま、いいや。アルバムを作るっていう行為が、今までは、求められているものをやろうとしすぎてたなって。『MUSIC EXPRES$』までは、求められているものを作らなきゃいけないって思ってたんだけど、自由にやった方がいいのかなって。
ロベルト吉野(以下、吉野) : スムーズにできるってことはトラックとラップのセッションが上手くいってるってことなんです。だから、それが一番いい状態なんです。

——無理してないってことですか?

上野 : トラックに対しても無理なアプローチしないっていう。無理なフローをするんじゃなくて、今回はできる言葉を選んで。言いやすい言葉を選んで、それをわざと言いづらく歌うみたいな。普通に歌えば歌える言葉を、ちょっと言い方を変えてね。普通はさ、言いづらい言葉を頑張って歌うっていうのがフローだったりするわけじゃん。でもそうじゃなくて、逆の発想をして、会話をしている感じかな。「特にありません」とか「YouTube見てます」とかは、「すべらない話」みたいに、オチをつけるために流れをちゃんと作るっていう。あ! コヤブソニックがデカかったな!

——(笑)。

上野 : 俺が「タマフル」(※TBSラジオ(AM 954kHz)で毎週土曜日21:30~24:30に放送されている「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」)で携帯電話の番号を晒した話をしたら、あの小藪さんに「こういう人おるんですよ。ナチュラルにしゃべれて面白い人」って言われて。「えっ! あの小藪さんに! 」とか思って。俺たちが、友達に面白く話そうとしてるやり方って、芸人の話のトップにも通じるんだって。会場からも「ドッ! 」って笑えてもらえて。で、そのままの会話をラップしてえなって。

どこにも負ける気がしないっていうのはありますよね

——あと、「ヨコハマシカ」について聞きたいのですが、OZROSAURUSと合体すれば、パーティー・チューンを作るのは簡単だったのに、あえてそういうことをしなかった。なぜならそれは今言いたいことに合わないからと別のインタビューでおっしゃっていたんですが、具体的に教えてもらえますか?

上野 : 絶対アガるじゃん、そんなパーティー・チューンを作ったら。日本のシーンに爆弾落ちたってさ。でもそれだとちょっとつまんないでしょって。既にクラシック認定の24 HOUR KARATE SCHOOL JAPANもあるし、今ではBCDMGとか。みんな好きだけど、そこに俺たちが今そういうことやっても埋もれるし。だからあえてその流れに終止符を打つっていうか。

——決して無理していない?

上野 : 完全に自然体ですよ。OZROとあれを作ってみて、実は不安だったんです。「蝕」で初めて聞かせるときも、皆はノリノリなのを期待してるから。「あれ? 終わりの曲ですか? 」みたいな(笑)。俺もマイクで、「みんなが期待してるアンセムじゃないかもしんねえけど、俺ん中ではアンセムだから」ってかけたら、yanatakeさんとかが「なんであんな言い方したの! アンセムだよ! 」って言ってくれて。理解してくれる人もいるんだなあと。不安っていうか、求められてないものを作ってるって感じはあったから。本当に受け入れられなかったらどうしようって。でも受け入れられて、そっから自信になった。つかラップに関してはマッチョ君(※OZROSAURUS)があんだけ本気できてくれるとは思わなかったから、恐ろしい、この人って(笑)。

——ちなみに、今回の「契り流星群」のスクラッチは、完全に吉野さんのものですか?

吉野 : そうですね、SHINCOさん(スチャダラパー)にトラックを作って頂いて。全体を通してストーリーで組んだので、無駄は全部省いて、最後のバースだけでスクラッチを入れてっていう。最初の部分は全部言葉の意味で。

——ライヴDJとして相方の口の動きに合わせるという阿吽の呼吸はもちろんあると思うのですが、感情の入れ方っていうのはどうやっているんですか?

吉野 : 結成した当初から練習で「ここは抜け」とか、「この状態で自分が突っ込んでいったら良くなるかな」とか。俺らのライヴってセットなんで、それが崩れた時に新しいネタができたりとか。それが楽しいんですよね。ライヴはスクラッチだけじゃないんです。感情的なDJでいたい、っていうのがありますね。俺はしゃべるのは苦手ですけど、ライヴが始まるとドバーッとなっちゃって。

——上野さんも吉野さんに関しては、絶対的な信頼がある?

上野 : 絶対の信頼はないけどね! 違うことをやってきたりするから(笑)。けど色々作戦とかはあって、今日はアガりそうだってなったら最初にしゃべれとか、アゲロアゲロ! っとか。ミスをどこで戻せばいいっていうのは分かるし。全然、どこにも負ける気がしないっていうのはありますよね。なんとでもなるっていう。15分のライヴとかだと、逆に凝りすぎちゃう。クラブ・イベントで一時間やってくれってのも逆にキツいんだけどね(笑)。30分超えたあたりから吉野のこと見ねえし(笑)。

——「マイク中毒 PT3」で共演したSTERUSSもZZ PRODUCTIONの一員として一気に昇った年かなと思うんですがそれは応援する仲間から見て、いかがですか?

上野 : ようやくやってくれたかって感じ。色々知ってるからね。もうSTERUSSは解散するんじゃないかなって時期があって。で、ビート武士がサポートで入って、メンバーになった時はすげえ嬉しくて。そのままアルバムを作って、FUJI ROCKのルーキーに出たっていうのは、俺たちの中でもデカい出来事で。江の島で「建設的」をやって、次の昼から海の家でOllieのイベントに出て、その夜からFUJI ROCKに行くっていう意味わかんない日程だったんだけど。それでもSTERUSSを見に行くしかねえって。そしたら「マイク中毒やろうよ」ってなって。STERUSSと一緒にステージ立った時には、やっぱりこいつら熱いぞって思えましたね。

エレベーターで一緒になるおっさんの為のヒップ・ホップもある

——今作を聴いていて自然に感じられる街の匂いみたいなものって、やっぱり周りの仲間との交流が、自然に、無理せずにラップの中にも現れているということなのかもしれないですね。

上野 : 今回はあんまり、地元のドリーム、ドリームって言ってなくて。タイトルに付けただけなんです。今までレペゼン感がすごかったけど。それが自然になったっていうか。地元のおっさん、おばさんとも仲良くなったりとか(笑)。ヒップ・ホップって、やっぱりルーディーで、俺たちが高校の時だったら、上下迷彩着てラジカセを持って、スケボーしてたりっていうイメージとか。コンビニ前で何する訳でもないし。狭い街でね(笑)。その街のはぐれ者たちのものではあるんだけど、それだけじゃなくて街の中に馴染んでるヒップ・ホップだってあるじゃん。PV観たらガキが一緒に写ったりしてるけど、それもアリだし。俺たちのヒップ・ホップはそっちじゃないかってさ。フードをかぶって首振るやつの為だけじゃなくて、エレベーターで一緒になるおっさんの為のヒップ・ホップもあるっていう。

——そうなんですね。ただ、サイプレス上野とロベルト吉野の存在って、活動すればするほど、地元を盛り上げることにも一役買っていると思うんですよね。別に地元の名前を出さなくても、もう「横浜といえば」ぐらいに認知されてきているというか。

上野 : そうだと嬉しいですね。横浜はもうだいぶレペゼンしてきたつもりだし。だけど、それを他の音楽好きな奴らに伝えられているかっていったら、まだこれから先の作業だなって。全然知らない人もいるだろうし。

——もっともっと広げていきたい?

上野 : そうだね。今までやってきたんだけどなあっていう気持ちもあるけど、まだまだあるっしょって。それをポップス的なラップにするんじゃなくて、普段通りの俺たちを貫いてどんだけ通用すっかなって。

——なるほど。では最後に、4作目を出すにあたって、意気込みを聞けたらなと!

上野 : やっぱライヴ。5月6月でワンマン・ツアーがあるから、それに来てもらいたいです。ゲストを呼ぶとこもあるけど、基本的に俺たち2人しかいないから。2時間強をラップ・グループでやってる同世代を見てないから、俺たちの世代の新しいチャレンジっていうのを日本語ラップのシーンがあるなら、フォロワーがいんなら、そいつらにもちゃんと感じ取って欲しい。先輩達とまた違う世代が、新しいこと始めましたよって。しかも8カ所まわるしさ。それを成功させるためのアルバムだから。アルバムを聴いてライヴに来てようやく完成だから、みんな来てくれっていう。
吉野 : 作品を出す目標っていうのはずっと変わんないっすね。ライヴが成功して、お客さんが来てくれないとモノになんないんで。「アナタたちが来てくれないと、自分らライヴもできないし生活もできない。正直ありがとう」ってお客さんに言いたいです。

サイプレス上野とロベルト吉野のこれまでの作品はこちら

LIVE SCHEDULE

サイプレス上野とロベルト吉野「TIC TAC」 TOUR 2013 ~筆おろし~

2013年5月11日(土)@神奈川 CLUB LIZARD YOKOHAMA
2013年5月18日(土)@大阪 Shangri-La
2013年5月19日(日)@名古屋 CLUB UPSET
2013年5月25日(土)@仙台 Neo BrotherZ
2013年6月8日(土)@福岡 Early Believers
2013年6月9日(日)@熊本 Django
2013年6月14日(金)@札幌 COLONY
2013年6月22日(土)@東京 代官山UNIT

★チケット先行予約情報★
2月22日(金)13:00~3月1日(金)11:00の期間、サイプレス上野とロベルト吉野の公式ファン・クラブ・サイト「メロディフェアモバイル」にて、チケットの先行予約を受付!

<アクセス方法>
アドレスもしくは「サイプレス上野とロベルト吉野」で検索!

RECOMMENDED

田我流 / B級映画のように2

ま全国各地の猛者達とシノギを削りながら敢行したLIVE、国際映画祭でグランプリを獲得し国内外で話題沸騰中の主演映画『サウダーヂ』での演技経験を経て一宮町の1MCから日本を代表する表現者へと成長を遂げた田我流。太宰治、三島由紀夫、坂口安吾、カート・コバーン、ジミ・ヘンドリックス、バスキア… 人間の心理を見つめ碧空に消えた天使(ヒーロー)たち。青年期、様々なアーティストから影響を受けた死生観を作者自らの観点と経験から見つめ直し混乱と不安の時代の中で「生きる」という事を追求し続け完成した壮大なスクリプト(台本)。構想期間三年をかけて製作した渾身の2nd ALBUM『B級映画のように2』が遂にそのベールを脱ぎ、剥き出しの愛で心の傷を容赦なくえぐり出す!

田我流の特集はこちら

SIMI LAB / Page1 : ANATOMY OF INSANE

純度100%、SIMI LAB。QN、Earth No Mad、DyyPRIDE等、各人のソロ・デビュー後さらに謎が深まり、ヒップ・ホップ・シーン内外からも注目度が高まっている変幻自在のHIPHOP集団、 SIMI LAB(シミラボ)のグループとしての1stアルバムが遂に完成。客演なし、参加プロデューサーなし。彼等にしか出来ない音楽を、彼等にしかできないやり方で 構築した純度100%のデビュー・アルバム。例えようのない音楽が少なくなって来た今、この作品は何にも例え難いオリジナルな空気を放っている。 QN、OMSB'Eats、DJ HISPECによるバラエティに富んだサウンドに、油断していると価値観を揺さぶるような言葉を吐き出すMC達。その言葉は時に毒であり薬。 そんな事はおかまいなしに好き勝手に活動し続けるSIMI LAB。 これはそんなシミ研究所から送られて来た一通目の研究結果報告書である。

5lack x Olive Oil / 50

2011年にはソロで「我時想う愛」と「この島の上で」の2作、BudamunkとISSUGIとのユニットSICK TEAMのアルバム、オハイオ州クリーブランド出身のビートメイカー、CES2とのコラボ作『All in a daze work』と、驚異的なペースで、しかも話題作を生みだしてきた5lack a.k.a. 娯楽(スラック)と、2012年10月に海外制作第一弾作品『Far From Yesterday』をリリースしたばかりのこちらも圧倒的なクリエイティヴィティとペースでワールドワイドな活躍を見せる正に鬼才Olive Oilが奇跡の融合。ほぼ全編福岡で制作されたとの話通り、5lack a.k.a. 娯楽が生み出すリリック(ラップ)もいつもとまた違った空気をはらんでOlive Oilのチルでイルなビートを纏って着地する。東京と福岡を結んだ奇跡のコラボレーションは、変な期待なんてしないでも大丈夫。いつも通り、聴けばわかるから。だって、らしいよ。上京したヤツもきっと戻るこんな良い街 東京にマジで土産になるこいつは相当いい。

PROFILE

サイプレス上野とロベルト吉野

マイクロフォン担当 : サイプレス上野
ターンテーブル担当 : ロベルト吉野
通称『サ上とロ吉』

2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である『横浜ドリームランド』出身の先輩と後輩で結成。"HIP HOPミーツallグッド何か"を座右の銘に掲げ、"決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント"と称されるライヴ・パフォーマンスを武器に毎年120本近くのライヴを行っている。 2007年に1stアルバム『ドリーム』を発表、2009年には2ndアルバム『WONDER WHEEL』を発表している。その後、恵比寿リキッドルームでワンマン・ライヴを成功させ、その模様を収録した『ワンダー・ホイール ザ ライブ』を発売。2011年9月には、横浜・神奈川をコンセプトにしたミニ・アルバム『YOKOHAMA LAUGHTER』をリリース。同年11月、SPECIAL OTHERSコラボ・アルバム『SPECIALOTHERS』へ参加。2012年3月7日に約3 年ぶりフル・アルバム『MUSIC EXPRES$』をリリース。アルバム収録曲「ちゅうぶらりん feat.後藤まりこ」は、テレビ東京系『ゴットタン』エンティング・テーマに決定し注目を集める。2012年12月12日には、"THE ORIGINAL 045STYLE"、"ハマの大怪獣"ことOZROSAURUSを迎えたシングル「ヨコハマシカ feat.OZROSAURUS」をドロップし、2013年2月20日に、4枚目となるアルバム『TIC TAC』をリリース!

また、FM YOKOHAMA『YOKOHAMA RADIO APARTMENT』水曜日メイン・パーソナリティのレギュラー担当、TOKYO FMで放送された不定期プログラム『サイプレス上野の日本語ラップキラッ!』のメインMCや、bounce.comでの伝説の連載「サイプレス上野のLEGENDオブ日本語ラップ伝説」が書籍化するなど話題を振りまき続けている。更に、ヒップホップ専門USTREAM番組Amebreak presents「RAP STREAM」のメイン・パーソナリティ、TV番組・CMでのナレーター、ファッション・カルチャー雑誌での連載、モデルとその活動は多岐に渡る。

ジャンル、世代を問わず様々な現場から 支持を受け、なにかと注目度の高い二人。「未来のJAPANESE MUSICシーンを担うアーティスト」へと邁進中! 今乗っとけいっその事! そしたら遊び放題一生保証!?

>>オフィシャル・サイト PC
>>オフィシャル・サイト MOBILE
>>オフィシャル・サイト SMART PHONE

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

曽我部恵一主宰レーベルより双子ユニットhaikarahakuti、2ndアルバム先行配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月27日・東京では生まれない最新型シティ・ソウル──新潟の双子ユニット、haikarahakutiの2nd先行配信 曽我部恵一が主宰する〈ローズ・レコーズ〉の秘密兵器、新潟の双子ユニットhaikarahakutiが3年8ヶ月ぶりにフル・アルバムをリリース。前作の1stアルバム時には曽我部がストーン・ローゼスやフリッパーズ・ギターの名前を引き合いに出し、その音楽的素養と先進性に賛辞を送るほか、やけのはらをはじめ様々なミュージシャンや音楽関係者たちを虜にした彼らの満を持しての2ndアルバムである。 ソウルのしなやかさ、ラヴァーズ・ロックの陶酔感、ネオアコのきらめき、ロックンロールの躍動感を随所に散りばめた珠玉のポップ・ソング集として仕上がった今作を、1週間先行でハイレゾ配信スタート! ベールに包まれたふたりのインタヴューもお届けする。 haikarahakuti / TWO BILLION LIGHT YEARS OF MUSIC'【Track List】01. intro02. setuna03. berlin04. igai na ketumatu05. sting06. sabaku07. saturday n
渋谷慶一郎によるラジオ
[CLOSEUP]・2016年04月26日・ラジオ番組『AVALON』、渋谷慶一郎によるテーマ曲をOTOTOY限定のハイレゾ特別パッケージで配信開始 月曜から木曜の夜22時〜23時30分にJ-WAVEではじまったリスナー参加型の新たなラジオ・プログラム『AVALON』。さまざまな現代社会のトピックスを、架空の近未来都市「AVALON」の政治マニュフェストとして討論、リスナー参加型の投票で採決していくという番組。渋谷慶一郎はこの番組のオープニング、エンディングのテーマ曲はじめ、サウンドロゴやジングルまで、サウンドに関する全てをプロデュースしている。今回OTOTOTYでは、テーマ曲のフル・バージョン、そして“フラグメンツ”と名付けられたサウンド・ロゴなど6曲が収録されたパッケージを配信(テーマ曲の単曲配信も)。そして渋谷自らマスタリングを行ったという24bit/96kHzのハイレゾ版となっている。ここ最近は、どちらかといえばピアノを中心にした作品やライヴの多かった渋谷だが、ここでは彼のもうひとつの顔とも言えるエレクトロニック・サウンドを響かせている。 Keiichiro Shibuya / AVALON(24bit/96kHz)'【Track List
by 八木 皓平
蓮沼執太×佐々木敦(HEADZ)、『Spiral Ambient』をめぐる音響的対談
[CLOSEUP]・2016年04月25日・蓮沼執太×佐々木敦(HEADZ)、『Spiral Ambient』をめぐる音響的対談 「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」の初日となる3月11日に、サウンド&レコーディング・マガジン編集部プロデュースのもと行われた蓮沼執太の公開録音、〈Spiral Ambient〉。スパイラルホール中央に設置されたダミーヘッドの両耳に装着されたバイノーラルマイクからDSDで録音を行い、演奏されている音楽だけではなく、現場で起こっていた空気感や気配までをも録音しようという試みが、本作『Spiral Ambient』には現れている。 >>蓮沼執太本人による『Spiral Ambient』の解説 演奏が行われていない無音部分でも「サー」という音がまじり込み、山田亮太、大崎清夏、白鳥央堂、暁方ミセイらの朗読はもちろん、ホール内を縦横無尽に動きまわるダンサー島地保武のステップ、会場内に設置された垂れ幕やピンポン球などの装置、観客のちょっとした咳払い… そういった当日のあらゆる“気配”を『Spiral Ambient』からは感じることができるだろう(本作を深く体験するにはヘッドホンを使ってDSD形
あヴぁんだんど、初ミニ・アルバムを配信スタート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年04月24日・メンバーの脱退と卒業、そしてこれからーー「見捨てられたアイドル」あヴぁんだんど、最新シングル緊急配信 非常階段とのコラボレーション「あヴぁ階段」や、MULTIPLE TAPのアメリカ・ツアーへの参加など、音楽ファンから注目を集めるアイドル・グループ、“あヴぁんだんど”。別グループのオーディション選考から漏れたことから「見捨てられたアイドル」の名を自ら背負い独自のアイドル道を突き進む彼女たちが急遽リリースする最新シングルは、3月に脱退した星なゆた、4月29日に卒業が決定している東雲好を含む4人体制で制作された最後の音源となる。シンガー・ソングライター、つるうちはなと4人のメンバーが共同で歌詞を書き上げた「Magical Symphonic Girl」、ライヴの定番曲「てのひら」を収録した本作を先行配信するとともに、メンバー脱退など、ここ数ヶ月の歩みについてインタヴューで迫った。 4月30日リリースのシングルを先行配信あヴぁんだんど / Magical Symphonic Girl /てのひら'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】単曲 270円(税込) / アル
藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月20日・藤岡みなみ&ザ・モローンズが切ない、その理由は諸行無常感?──3rdミニ・アルバムから初の配信リリース タレント、ラジオDJとして活躍する藤岡みなみ。左手で繰り出す魔術的なシンセベース、のみならず様々な楽器を演奏し作編曲(と、漫画)も担当するリーダーのヒロヒロヤと、バンドのロックンロールを象徴する存在、ギターのネロ。藤岡みなみ&ザ・モローンズという3ピース・バンドは、ライヴ活動に根ざした真性ロック・バンドである。この3人が繰り出す楽曲はガレージ・ロックにAOR、ソウル、ラップ、ワールド・ミュージック… と様々な要素が詰め込まれつつ、あくまでポップに昇華。最後に作詞を担当する藤岡みなみの独特の着眼点による歌詞と彼女のセンチメンタルなヴォイスが、曲にひとさじのきらめきを与えているのである。 今回、これまで配信を行ってこなかった彼女たちにとって初の配信曲が、4月20日リリースの3rdアルバム『まるで、』のなかから登場! ファンの間で音源化が待ち望まれてきた代表曲「脱水少女」と様々なジャンルのテイストを詰め込んだある意味実験的な楽曲「キャノットレコード」が期間限定で配信される。加えて、OTOTOYでは2013年以
おやすみホログラム、2ndアルバムをハイレゾ配信&メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月19日・アイドルがオルタナティヴ・ロックで描く2ndアルバム、おやすみホログラム初ハイレゾ配信&インタヴュー 八月ちゃんと望月かなみ(カナミル)からなる2人組ユニット・おやすみホログラムが、前作より約半年ぶりとなる2ndアルバムをリリース。キクイマホ(HOMMヨ、ex.うみのて)、小林樹音(THE DHOLE)、高石晃太郎、吉嶋智仁、タカスギケイ、上野翔(毛玉、箱庭の室内楽)といったインディ・ロック・シーンを支える重要なミュージシャンたちがアルバムに参加、アイドル・シーンの中で異彩を放つオルタナティヴ・ロック・サウンドとグッド・メロディーに磨きがかかった作品となっている。そんな本作をハイレゾ配信。そして、おやすみホログラムの2人とプロデューサーの小川晃一へインタヴューを行った。アイドルとオルタナティヴの融合の先に見えるものとは? おやホロ、2ndアルバムを先行ハイレゾ配信おやすみホログラム / 2(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC【価格】単曲 250円 / まとめ購入 1,500円【トラック・リスト】1. 帰り路2. too young3. 114. underwat
by 西澤 裕郎
独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋
[CLOSEUP]・2016年04月20日・2016年の最重要アルバム、1stアルバム『D.A.N.』独占ハイレゾ配信開始──特別座談会 : D.A.N. x 石原洋 まぁ、とにかくやつらはニクいほど完璧なのだ。 ついにリリースされたD.A.N.の1stアルバム『D.A.N.』。昨年夏リリースの1枚の4曲入りEPと配信シングル「Pool」──世に出たのはたったこの数曲。それで幅広いリスナーから注目の的となったバンド。しかも年齢は20歳そこそこ。ギター、ベース、ドラムとオーソドックスな3ピースのロック・バンドながら、そのサウンドからはクラウトロック、ポストロック、アンビエント、ダブ、トリップホップ、テクノやハウス、インディR&Bなどが溢れ出す。強靭なドラム隊、ファルセット・ヴォイスが生み出すメランコリーな浮遊感。それはインディ・ロック・キッズはもちろんクラブ・ミュージック系のリスナー、さらに熟達の音好きたちをも引きつけた。 まさに満を持してリリースされた1st『D.A.N.』、しかも彼らはしっかり予想の斜め上をいく完成度で仕上げてきた。サポート・メンバーにスティール・パンなどで小林うてな(ex 鬼の右腕)、エンジニアとD.A.N.と共同プロデュースを手
by 河村 祐介
独占DSD配信! Suara×真依子『声と箏』リリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月20日・Suaraと真依子による、声と箏(こと)の共鳴──セッション・レコーディングを収録したDSD音源を独占配信 アニメ『うたわれるもの 偽りの仮面』をはじめ、数々のアニメ、ゲームの主題歌を担当するシンガー、Suaraと、NHKテレビ番組「ナンダカベロニカ」「シャキーン!」のテーマソングを歌うなど幅広い活動で知られる"箏(こと)を奏でる"シンガー・ソングライター、真依子。2人のコラボによるセッション作品『声と箏』の5.6MHz DSD、および24bit/96kHzがPCM音源で配信スタートする。 今作品は、2016年3月11日から13日にかけて、"ハイレゾのいまを体感する3日間"として開催された〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉内の企画によって実現した、青山・スパイラルホールでのセッションを収録したもの。DENONの協力のもと、アニメ・ゲームソングのハイレゾ配信の先駆者〈F.I.X.RECORDS〉所属のSuaraが、和楽器の「箏」を奏でる真依子と共鳴し、楽曲の新たな一面をみせることに挑んだ意欲作である。公開レコーディングの緊張感の中に響き渡る、圧倒的なSuaraの歌声と真依
by JJ
筆者について
和田 隆嗣 (Wakf)

DJとかやってます。

和田隆嗣です。ototoyを盛り上げながら、音楽を楽しんで行きます!!

同じ筆者による他の記事