サイプレス上野とロベルト吉野が、前作『MUSIC EXPRES$』から約1年振りとなるニュー・アルバム『TIC TAC』をリリース。事務所の先輩でもあるSHINCO(スチャダラパー)やサイトウ“JxJx”ジュン(YOUR SONG IS GOOD)がトラック・メイカーとして名を連ねる他、豪華アーティストが参加。前作とはうってかわり、リラックスした自分たちらしさを出した全方位的なアルバムが完成した。


サイプレス上野とロベルト吉野 / TIC TAC

【販売形式】 : mp3

【販売価格】 : 単曲 200円 / まとめ購入 1,800円

【収録曲】
1. ぶっかます / 2. LIVE GOES ON / 3. ヨコハマシカ feat. OZROSAURUS / 4. マイク中毒 pt.3 逆 feat. STERUSS / 5. DOOR(ALI-KICK REMIX) / 6. だろう生活ながら毎日 / 7. 契り流星群 / 8. ヒップホップ体操第二 / 9. WHO'S LEADER!? feat. JAB / 10. YouTube見てます / 11.特にありません / 12. GIVE ONE'S LIFE 4...

INTERVIEW : サイプレス上野とロベルト吉野

ヒップ・ホップの枠を越えて、エンターテイナーとして様々なイベントに出演。2012年にはKAIKOO POPWAVE FESTIVAL、京都大作戦、コヤブソニック等、大小問わずにイベントに出続けてきたサイプレス上野とロベルト吉野。長年、培ってきた彼らのライヴ・スタイルはどこの現場にいっても、間違いない安定感と盛り上がりを見せる。しかし、そのイメージだけで彼らを語るべからず。彼らが持っているヒップ・ホップの要素はもっと根深く、もっと生活の一部として染み付いたものだ。

ヒップ・ホップを始めてから17年の月日が経ち、酸いも甘いも知っている彼らの新作『TAC TAC』は、シンプルに洗練されながらも最後までゆっくりと、今立っている足元を確認するように進行していく。そして、多くの現場とアーティスト、日本語ヒップ・ホップと横浜の「今」を知っている彼らが伝えたい言葉が詰まった名盤だと強く思う。先行シングルとして話題となった「ヨコハマシカ feat. OZROSAURUS」も勿論だが、冒頭から最後までドライヴでもしながら聞いて欲しい。サイプレス上野とロベルト吉野の2013年が幕を開けた。

取材&文 : 和田隆嗣
写真 : 西澤裕郎

今作は日本語ラップ・シーンっていうのは意識しなかった

——早速ですが、ジャケットのおしりは誰なんですか?

サイプレス上野(以下、上野) : それは… 謎・みっちゃん(※STERUSS、サイプレス上野とロベルト吉野を擁する、ヨコハマを代表するクルー、ZZPRODUCTIONの一員)です。今作では「契り流星群」に参加しています。

——すごいインパクトですね! いきなりビックリしました。今作は、前作『MUSIC EXPRES$』から1年以内という早いペースでリリースされましたが、それは元々決めていたんですか?

上野 : 事務所ともレーベルとも話して、間を空けずに出そうかっていうのと、「ヨコハマシカ feat. OZROSAURUS」を早く出そうっていうのがあったんです。『MUSIC EXPRES$』を出してからライヴを回ってたら、自分たちの中で言いたいことがすげえ増えたのと、お客さんの反応からもらったもんがデカかったんだよね。

左から、サイプレス上野、ロベルト吉野

——ツアーを回るというのは普通のライヴとは違いますか?

上野 : やっぱり違いますね。ライヴはずっとやっていたんだけど、定番のルーティーンが俺たちの中であって。ツアーだと、それを細かく変えていけるし、『MUSIC EXPRES$』の新しい要素が加わったときに、また違う作り方が出来たんだよね。「よっしゃっしゃっす」も反応が良くて、どこでも通用するっていうのが分かって。新しい気持ちになったし楽しかったんだよね。

——今回の作品の中でも、自分たちの立ち位置は上の世代がいて下の世代も可愛がってっていう、まさに「中間管理職」だと言いつつも、最後には他の世代に対するメッセージは「特にありません」と。シーンの両極端を見ているお2人だけに、思うところも多いですか?

上野 : 他の世代への曲じゃないんだけどね、「特にありません」は(笑)。そりゃ、若い奴らが出てきてかっこいいとも思うし、すげぇいいなあって思うよ。でも、そこに俺たちが憧れてもしょうがないからさ。自分たちでやってきたことがあるから。例えばAKLOとか、KLOOZとか、5lack&PUNPEE兄弟とか、DOWN NORTH CAMPにD.L.I.P.とも仲良く付き合ってるというか一緒に同世代を生きてるな! って思うし。皆がそれぞれのスタイルを見つけたなっていうのを今すげえ感じてて。もう俺たちは4枚目だから中間管理職でもあり、ぶっちゃけベテランだから。俺たちの周りでも、辞めていく人の方が多いからね。でも今作は、日本語ラップ・シーンっていうのは意識しなかったです。最近は、別に俺がシーンの中心人物でいる必要はないって気持ちに切り替わってて。引っ張るっていうのは狙うもんじゃなくて、俺たちのやり方で結果が出たときに初めて、引っ張ってるって言えるんじゃないかなって。

——今作はトータルで5回くらい聴かせて頂いたんですが、少し肩の荷が下りたというか。肩ひじ張ってないなって感じました。

上野 : インタビューに向けて5回は少なくねえか(笑)? ま、いいや。アルバムを作るっていう行為が、今までは、求められているものをやろうとしすぎてたなって。『MUSIC EXPRES$』までは、求められているものを作らなきゃいけないって思ってたんだけど、自由にやった方がいいのかなって。
ロベルト吉野(以下、吉野) : スムーズにできるってことはトラックとラップのセッションが上手くいってるってことなんです。だから、それが一番いい状態なんです。

——無理してないってことですか?

上野 : トラックに対しても無理なアプローチしないっていう。無理なフローをするんじゃなくて、今回はできる言葉を選んで。言いやすい言葉を選んで、それをわざと言いづらく歌うみたいな。普通に歌えば歌える言葉を、ちょっと言い方を変えてね。普通はさ、言いづらい言葉を頑張って歌うっていうのがフローだったりするわけじゃん。でもそうじゃなくて、逆の発想をして、会話をしている感じかな。「特にありません」とか「YouTube見てます」とかは、「すべらない話」みたいに、オチをつけるために流れをちゃんと作るっていう。あ! コヤブソニックがデカかったな!

——(笑)。

上野 : 俺が「タマフル」(※TBSラジオ(AM 954kHz)で毎週土曜日21:30~24:30に放送されている「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」)で携帯電話の番号を晒した話をしたら、あの小藪さんに「こういう人おるんですよ。ナチュラルにしゃべれて面白い人」って言われて。「えっ! あの小藪さんに! 」とか思って。俺たちが、友達に面白く話そうとしてるやり方って、芸人の話のトップにも通じるんだって。会場からも「ドッ! 」って笑えてもらえて。で、そのままの会話をラップしてえなって。

どこにも負ける気がしないっていうのはありますよね

——あと、「ヨコハマシカ」について聞きたいのですが、OZROSAURUSと合体すれば、パーティー・チューンを作るのは簡単だったのに、あえてそういうことをしなかった。なぜならそれは今言いたいことに合わないからと別のインタビューでおっしゃっていたんですが、具体的に教えてもらえますか?

上野 : 絶対アガるじゃん、そんなパーティー・チューンを作ったら。日本のシーンに爆弾落ちたってさ。でもそれだとちょっとつまんないでしょって。既にクラシック認定の24 HOUR KARATE SCHOOL JAPANもあるし、今ではBCDMGとか。みんな好きだけど、そこに俺たちが今そういうことやっても埋もれるし。だからあえてその流れに終止符を打つっていうか。

——決して無理していない?

上野 : 完全に自然体ですよ。OZROとあれを作ってみて、実は不安だったんです。「蝕」で初めて聞かせるときも、皆はノリノリなのを期待してるから。「あれ? 終わりの曲ですか? 」みたいな(笑)。俺もマイクで、「みんなが期待してるアンセムじゃないかもしんねえけど、俺ん中ではアンセムだから」ってかけたら、yanatakeさんとかが「なんであんな言い方したの! アンセムだよ! 」って言ってくれて。理解してくれる人もいるんだなあと。不安っていうか、求められてないものを作ってるって感じはあったから。本当に受け入れられなかったらどうしようって。でも受け入れられて、そっから自信になった。つかラップに関してはマッチョ君(※OZROSAURUS)があんだけ本気できてくれるとは思わなかったから、恐ろしい、この人って(笑)。

——ちなみに、今回の「契り流星群」のスクラッチは、完全に吉野さんのものですか?

吉野 : そうですね、SHINCOさん(スチャダラパー)にトラックを作って頂いて。全体を通してストーリーで組んだので、無駄は全部省いて、最後のバースだけでスクラッチを入れてっていう。最初の部分は全部言葉の意味で。

——ライヴDJとして相方の口の動きに合わせるという阿吽の呼吸はもちろんあると思うのですが、感情の入れ方っていうのはどうやっているんですか?

吉野 : 結成した当初から練習で「ここは抜け」とか、「この状態で自分が突っ込んでいったら良くなるかな」とか。俺らのライヴってセットなんで、それが崩れた時に新しいネタができたりとか。それが楽しいんですよね。ライヴはスクラッチだけじゃないんです。感情的なDJでいたい、っていうのがありますね。俺はしゃべるのは苦手ですけど、ライヴが始まるとドバーッとなっちゃって。

——上野さんも吉野さんに関しては、絶対的な信頼がある?

上野 : 絶対の信頼はないけどね! 違うことをやってきたりするから(笑)。けど色々作戦とかはあって、今日はアガりそうだってなったら最初にしゃべれとか、アゲロアゲロ! っとか。ミスをどこで戻せばいいっていうのは分かるし。全然、どこにも負ける気がしないっていうのはありますよね。なんとでもなるっていう。15分のライヴとかだと、逆に凝りすぎちゃう。クラブ・イベントで一時間やってくれってのも逆にキツいんだけどね(笑)。30分超えたあたりから吉野のこと見ねえし(笑)。

——「マイク中毒 PT3」で共演したSTERUSSもZZ PRODUCTIONの一員として一気に昇った年かなと思うんですがそれは応援する仲間から見て、いかがですか?

上野 : ようやくやってくれたかって感じ。色々知ってるからね。もうSTERUSSは解散するんじゃないかなって時期があって。で、ビート武士がサポートで入って、メンバーになった時はすげえ嬉しくて。そのままアルバムを作って、FUJI ROCKのルーキーに出たっていうのは、俺たちの中でもデカい出来事で。江の島で「建設的」をやって、次の昼から海の家でOllieのイベントに出て、その夜からFUJI ROCKに行くっていう意味わかんない日程だったんだけど。それでもSTERUSSを見に行くしかねえって。そしたら「マイク中毒やろうよ」ってなって。STERUSSと一緒にステージ立った時には、やっぱりこいつら熱いぞって思えましたね。

エレベーターで一緒になるおっさんの為のヒップ・ホップもある

——今作を聴いていて自然に感じられる街の匂いみたいなものって、やっぱり周りの仲間との交流が、自然に、無理せずにラップの中にも現れているということなのかもしれないですね。

上野 : 今回はあんまり、地元のドリーム、ドリームって言ってなくて。タイトルに付けただけなんです。今までレペゼン感がすごかったけど。それが自然になったっていうか。地元のおっさん、おばさんとも仲良くなったりとか(笑)。ヒップ・ホップって、やっぱりルーディーで、俺たちが高校の時だったら、上下迷彩着てラジカセを持って、スケボーしてたりっていうイメージとか。コンビニ前で何する訳でもないし。狭い街でね(笑)。その街のはぐれ者たちのものではあるんだけど、それだけじゃなくて街の中に馴染んでるヒップ・ホップだってあるじゃん。PV観たらガキが一緒に写ったりしてるけど、それもアリだし。俺たちのヒップ・ホップはそっちじゃないかってさ。フードをかぶって首振るやつの為だけじゃなくて、エレベーターで一緒になるおっさんの為のヒップ・ホップもあるっていう。

——そうなんですね。ただ、サイプレス上野とロベルト吉野の存在って、活動すればするほど、地元を盛り上げることにも一役買っていると思うんですよね。別に地元の名前を出さなくても、もう「横浜といえば」ぐらいに認知されてきているというか。

上野 : そうだと嬉しいですね。横浜はもうだいぶレペゼンしてきたつもりだし。だけど、それを他の音楽好きな奴らに伝えられているかっていったら、まだこれから先の作業だなって。全然知らない人もいるだろうし。

——もっともっと広げていきたい?

上野 : そうだね。今までやってきたんだけどなあっていう気持ちもあるけど、まだまだあるっしょって。それをポップス的なラップにするんじゃなくて、普段通りの俺たちを貫いてどんだけ通用すっかなって。

——なるほど。では最後に、4作目を出すにあたって、意気込みを聞けたらなと!

上野 : やっぱライヴ。5月6月でワンマン・ツアーがあるから、それに来てもらいたいです。ゲストを呼ぶとこもあるけど、基本的に俺たち2人しかいないから。2時間強をラップ・グループでやってる同世代を見てないから、俺たちの世代の新しいチャレンジっていうのを日本語ラップのシーンがあるなら、フォロワーがいんなら、そいつらにもちゃんと感じ取って欲しい。先輩達とまた違う世代が、新しいこと始めましたよって。しかも8カ所まわるしさ。それを成功させるためのアルバムだから。アルバムを聴いてライヴに来てようやく完成だから、みんな来てくれっていう。
吉野 : 作品を出す目標っていうのはずっと変わんないっすね。ライヴが成功して、お客さんが来てくれないとモノになんないんで。「アナタたちが来てくれないと、自分らライヴもできないし生活もできない。正直ありがとう」ってお客さんに言いたいです。

サイプレス上野とロベルト吉野のこれまでの作品はこちら

LIVE SCHEDULE

サイプレス上野とロベルト吉野「TIC TAC」 TOUR 2013 ~筆おろし~

2013年5月11日(土)@神奈川 CLUB LIZARD YOKOHAMA
2013年5月18日(土)@大阪 Shangri-La
2013年5月19日(日)@名古屋 CLUB UPSET
2013年5月25日(土)@仙台 Neo BrotherZ
2013年6月8日(土)@福岡 Early Believers
2013年6月9日(日)@熊本 Django
2013年6月14日(金)@札幌 COLONY
2013年6月22日(土)@東京 代官山UNIT

★チケット先行予約情報★
2月22日(金)13:00~3月1日(金)11:00の期間、サイプレス上野とロベルト吉野の公式ファン・クラブ・サイト「メロディフェアモバイル」にて、チケットの先行予約を受付!

<アクセス方法>
アドレスもしくは「サイプレス上野とロベルト吉野」で検索!

RECOMMENDED

田我流 / B級映画のように2

ま全国各地の猛者達とシノギを削りながら敢行したLIVE、国際映画祭でグランプリを獲得し国内外で話題沸騰中の主演映画『サウダーヂ』での演技経験を経て一宮町の1MCから日本を代表する表現者へと成長を遂げた田我流。太宰治、三島由紀夫、坂口安吾、カート・コバーン、ジミ・ヘンドリックス、バスキア… 人間の心理を見つめ碧空に消えた天使(ヒーロー)たち。青年期、様々なアーティストから影響を受けた死生観を作者自らの観点と経験から見つめ直し混乱と不安の時代の中で「生きる」という事を追求し続け完成した壮大なスクリプト(台本)。構想期間三年をかけて製作した渾身の2nd ALBUM『B級映画のように2』が遂にそのベールを脱ぎ、剥き出しの愛で心の傷を容赦なくえぐり出す!

田我流の特集はこちら

SIMI LAB / Page1 : ANATOMY OF INSANE

純度100%、SIMI LAB。QN、Earth No Mad、DyyPRIDE等、各人のソロ・デビュー後さらに謎が深まり、ヒップ・ホップ・シーン内外からも注目度が高まっている変幻自在のHIPHOP集団、 SIMI LAB(シミラボ)のグループとしての1stアルバムが遂に完成。客演なし、参加プロデューサーなし。彼等にしか出来ない音楽を、彼等にしかできないやり方で 構築した純度100%のデビュー・アルバム。例えようのない音楽が少なくなって来た今、この作品は何にも例え難いオリジナルな空気を放っている。 QN、OMSB'Eats、DJ HISPECによるバラエティに富んだサウンドに、油断していると価値観を揺さぶるような言葉を吐き出すMC達。その言葉は時に毒であり薬。 そんな事はおかまいなしに好き勝手に活動し続けるSIMI LAB。 これはそんなシミ研究所から送られて来た一通目の研究結果報告書である。

5lack x Olive Oil / 50

2011年にはソロで「我時想う愛」と「この島の上で」の2作、BudamunkとISSUGIとのユニットSICK TEAMのアルバム、オハイオ州クリーブランド出身のビートメイカー、CES2とのコラボ作『All in a daze work』と、驚異的なペースで、しかも話題作を生みだしてきた5lack a.k.a. 娯楽(スラック)と、2012年10月に海外制作第一弾作品『Far From Yesterday』をリリースしたばかりのこちらも圧倒的なクリエイティヴィティとペースでワールドワイドな活躍を見せる正に鬼才Olive Oilが奇跡の融合。ほぼ全編福岡で制作されたとの話通り、5lack a.k.a. 娯楽が生み出すリリック(ラップ)もいつもとまた違った空気をはらんでOlive Oilのチルでイルなビートを纏って着地する。東京と福岡を結んだ奇跡のコラボレーションは、変な期待なんてしないでも大丈夫。いつも通り、聴けばわかるから。だって、らしいよ。上京したヤツもきっと戻るこんな良い街 東京にマジで土産になるこいつは相当いい。

PROFILE

サイプレス上野とロベルト吉野

マイクロフォン担当 : サイプレス上野
ターンテーブル担当 : ロベルト吉野
通称『サ上とロ吉』

2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である『横浜ドリームランド』出身の先輩と後輩で結成。"HIP HOPミーツallグッド何か"を座右の銘に掲げ、"決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント"と称されるライヴ・パフォーマンスを武器に毎年120本近くのライヴを行っている。 2007年に1stアルバム『ドリーム』を発表、2009年には2ndアルバム『WONDER WHEEL』を発表している。その後、恵比寿リキッドルームでワンマン・ライヴを成功させ、その模様を収録した『ワンダー・ホイール ザ ライブ』を発売。2011年9月には、横浜・神奈川をコンセプトにしたミニ・アルバム『YOKOHAMA LAUGHTER』をリリース。同年11月、SPECIAL OTHERSコラボ・アルバム『SPECIALOTHERS』へ参加。2012年3月7日に約3 年ぶりフル・アルバム『MUSIC EXPRES$』をリリース。アルバム収録曲「ちゅうぶらりん feat.後藤まりこ」は、テレビ東京系『ゴットタン』エンティング・テーマに決定し注目を集める。2012年12月12日には、"THE ORIGINAL 045STYLE"、"ハマの大怪獣"ことOZROSAURUSを迎えたシングル「ヨコハマシカ feat.OZROSAURUS」をドロップし、2013年2月20日に、4枚目となるアルバム『TIC TAC』をリリース!

また、FM YOKOHAMA『YOKOHAMA RADIO APARTMENT』水曜日メイン・パーソナリティのレギュラー担当、TOKYO FMで放送された不定期プログラム『サイプレス上野の日本語ラップキラッ!』のメインMCや、bounce.comでの伝説の連載「サイプレス上野のLEGENDオブ日本語ラップ伝説」が書籍化するなど話題を振りまき続けている。更に、ヒップホップ専門USTREAM番組Amebreak presents「RAP STREAM」のメイン・パーソナリティ、TV番組・CMでのナレーター、ファッション・カルチャー雑誌での連載、モデルとその活動は多岐に渡る。

ジャンル、世代を問わず様々な現場から 支持を受け、なにかと注目度の高い二人。「未来のJAPANESE MUSICシーンを担うアーティスト」へと邁進中! 今乗っとけいっその事! そしたら遊び放題一生保証!?

>>オフィシャル・サイト PC
>>オフィシャル・サイト MOBILE
>>オフィシャル・サイト SMART PHONE

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月24日・エレガントなストリート・ミュージックを──女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム ヨーロピアンなテイストを下地にジャンルレスに取り込まれた斬新なエッセンスとロマンティックなムードで惹きつけ、イタリア電機メーカー「デロンギ」のCMソングに起用されるなど注目を浴びていたバンド、ヘウレーカ。2014年に活動休止後、その中心人物である大比良瑞希がソロ活動を開始したのが2015年初頭のこと。1stミニ・アルバム『LIP NOISE』リリース後に公開されたPVから話題が広がり、FUJI ROCK FESTIVA‘L 15の出演をはじめ、tofubeatsやLUCKY TAPESの楽曲におけるコーラス参加などで"大比良瑞希"としての活動を広めてきた。 そして7月、満を持してリリースされたのが1stフル・アルバム『TRUE ROMANCE』。ラグジュアリーなアーバン・メロウからウェットなフォーク・ミュージックまで、より洗練された内容は彼女の才覚を感じさせるものとなった。 特集においては大比良と共に前作に引き続きプロデュースを手がけている作曲家 / チェリストの伊藤修平を呼び、彼女たちの目指すところ、その意思を
by JJ
DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之
筆者について
和田 隆嗣 (Wakf)

DJとかやってます。

和田隆嗣です。ototoyを盛り上げながら、音楽を楽しんで行きます!!

同じ筆者による他の記事