POPGROUPからデビュー! これが話題のLBとOtowaだ!

耳の早いリスナーなら彼らのことはご存知だろう。ラッパーのLBとトラック・メイカーのOtowaからなる新世代ユニット、LBとOtowaである。彼らは日本語ラップの有史で最大級のDL数を稼いだミックス・テープ(彼らは“無料配信アルバム”と表記したが)『FRESH BOX(β)』を2011年に発表して以来、TwitterやYouTubeなどネットでの活動をベースに活躍。いまだクラブや音盤などリアルな事象にこだわる、ネットに抵抗のある人をも巻き込み、名を上げていった。そして、そのレバレッジ効果の一応の着地点が今夏発表される有料の1stアルバム『インターネット ラブ』だ。本作はエレクトロやダブ・ステップなどの異ジャンルも根こそぎ取り込んだ、イケイケかつズル剥けな問題作。2人は本作をもって“インターネット・ラップ”なる抽象的なカテゴライズを離れ、表舞台へ飛び出そうとしている。

インタビュー & 文 : 高橋圭太
photo by amemiya yukitaka

正体不明の謎のユニットLBとOtowaのファースト・アルバム

LBとOtowa / インターネットラブ

エネルギッシュなダブ・ステップ「Hero Vision」で新時代のヒーローの登場を威勢良く宣言したかと思えば、キュートなエレクトロ・ハウス「Internet Love.」では、友人のエピソードをネタにしたというネット上の恋愛の駆け引きをメタファーに、ネットとリアルを横断するLBとOtowaの揺れる心情をラップしている。LBがプロデュースするアニメ声のフィーメール・ラッパーRANLは、この曲を含め本作の3曲でその独特の個性を発揮している。

【価格】
WAV 単曲200円 / アルバム2000円
mp3 単曲150円 / アルバム1500円



【特典】
アルバムをまとめ購入された方には、ボーナス・トラックの「Hero Vision inst」と「STEP 5 inst」が付いて来ます!

これでダメならダメでしょ(LB)

——まずはLBとOtowaを知るための初歩の初歩から… 結成のいきさつみたいな部分から伺っていきましょう。出会いはMyspaceでの交流だったんですよね? それは何年前?

LB : 3年前っすね。俺から最初に声を掛けて。当時は新潟で活動していたんですけど、こっち(東京)に出るために作品を自主で作って。そこにOtowa君に参加してもらったってのが最初でしたね。

——新潟での活動には限界を感じてた?

LB : 楽しかったですけど、やっぱり狭さは感じてましたね。新潟の特定のシーンに属してたわけではないけど、やっぱり「このままだと… 」っていう閉塞感は感じてたかも。

——なるほど。Otowa君がトラック制作をはじめたのはいつ頃ですか?

Otowa : 4年前ですね。大学2年の終わり頃。最初はMPCで作ってました。で、1年経ったくらいでLBさんからトラックのオファーがあって。当時は、サンプリングしながらもシンセも勉強してたりして。

——そこからLB君は東京に出てくるわけですね。

LB : その自主アルバムの売り上げで上京しましたね。そのタイミングでOtowa君とも初めてリアルで対面して。2人で飲んだんだよね。
Otowa : そうっすね。.
LB : それで、その帰りに「アルバムを1枚作ってみない? 」って話を持ち掛けて、それが結成の瞬間っちゃあ瞬間になるのかな。

——結成当時、今後のユニットとしてのコンセプトだったり活動の青写真は浮かんでましたか?

LB : これまで誰もやったことのないことをやろう、というのは話してましたね。あとはなるべく恐いことは歌わないようにしよう、ってことかな。
Otowa : それに、音楽的にはUSメインストリームに寄せた方向性でやっていこうというのも最初の段階からあったかもしれませんね。

——ほどなくしてフリーのミックス・テープ『FRESH BOX(β)』が発表されるわけですが、ぶっちゃけた話、勝算はありました?

LB : 確実にありましたね。これでダメならダメでしょと。認めてくれないシーンとかリスナーがダメっしょ、みたいな(笑)。

——それくらい自信があったと。結果、『FRESH BOX(β)』は10000ダウンロードを越す大反響を得たわけですが、その勝算の根拠はどのような点だったと分析しましょう?

Otowa : 当時はオリジナル・トラックのみで固めた国産のミックス・テープってなかったから、そこがまず新鮮だったんじゃないでしょうかね。周りはアルバム・サイズのミックス・テープでも割合としてはビート・ジャック楽曲が多かったし。だからミックス・テープというよりは、無料でダウンロードできるオリジナル・アルバムという感じだったから受けたんじゃないかな。

左からLB、Otowa

——そして、その後もネット上での旺盛なリリースを経てPOPGROUPとのディールにつながると。POPGROUPからの有料盤リリースはどのような経緯で?

Otowa : 「ハイ! 注目」っていう曲をネット上にアップしたんですけど、それに環ROYさんが反応してくれて。で、環ROYさん経由でPOPGROUPが興味を持ってくれた、って流れですね。「まとまった作品ができたら持ってきてください」って言っていただいたので、そこに向けて作品を作っていったという感じです。とはいえ、ぼくらもPOPGROUPから発表するっていう変な気負いもなく、「自分たちの好きなようにアルバムを作る」というのが大前提だったので、最終的にこれまでのPOPGROUPのカラーとは全然違うものができちゃったんですけど。

——アルバムの制作はいつ頃から?

LB : 去年の10月くらいですかね。

カテゴライズされるのはしょうがない(LB)

——これまで無料配信したアルバムとフィジカル盤の差異はどのような部分でしょう。

LB : 音選びの志向はこれまでとはすこし違うかもしれませんね。リリックももっとわかりやすくしてあるし…。でもミックス・テープの頃とノリはそこまで変わらないですけどね。
Otowa : これまではリスナーとしてもヒップ・ホップばかり聴いていたんですけど、アルバム制作に向けて、4つ打ち… たとえばRasmus Faberだとか80kidz、CROOKERS、ハウスからエレクトロ、あとはダブ・ステップなんかも聴くようになったんです。それが大きく反映してると思いますね。

——本作でいちばん難産だった曲は?

LB : 難産だった曲は… 全部カットしてますね。自分のなかでスッと出てこなかったものは基本的にボツにしました。トラックにラップを乗せた段階の曲も3曲くらいはボツにしたんじゃないかな。リリックだけなら5曲分くらいはボツにしたし。
Otowa : ぼくは「STEP 5」かなぁ。展開もあるし、自分的にはいちばん凝った作りになってるかなと。普段はサクッと作っちゃうんですけど、この曲は時間がかかりましたね。

——多くのリスナーが興味を持ってると思うんですけど、今回も3曲に参加してるRANLちゃんに関しては…。

LB : (遮るように)画面のなかにいる美女、としか教えられないですね。

LB

——実際にラップしてる女の子がいるってことですよね?

LB : 画面のなかにいる美女です。それがすべてですね。

——… なるほど。話題を変えましょうか。LB君は本作中でいちばん気に入ってるラインはどこでしょう?

LB : あぁ、パンチ・ラインではないですけど、「GS Girl」の“親戚一同”って言葉はパンチあるなぁと。
Otowa : ぼくもパンチ・ラインじゃないけど、「ARIGATO」はこんなこと言っちゃうんだと思ってビックリしましたね。
LB : あの曲は完全にネタだね。最後にどんな曲持ってけばズッコケるか、みたいな。あれを額面通りに受け取られると… それはそれでおもしろいけど(笑)。

——ちなみに今後、ライヴでの露出などは考えてますか?

LB : そうですねぇ。まぁ、然るべきタイミングでやりたいなぁとは思いますけど。

——それはイベントのショーケースのひとつとして? それともライヴとしてしっかり完結したものを提示するということ?

LB : 希望としては後者ですね。いつになるかはまだわかりませんが…。

——Otowa君はいかがですか?

Otowa : まぁLBさんがやるって言うなら…。

——消極的ですね(笑)。

Otowa : ぼくはDJもやったことないし、そもそも表に出るのがそんなに好きじゃないんですよねぇ。でも、まぁ機会があれば… はい(笑)。

Otowa

——煮え切りませんねぇ(笑)。ただ、いまだに日本語ラップのシーンは現場主義が色濃く残っていますね。そのなかでネットを中心に活動する2人はジレンマを感じない?

LB : うーん… 正直、どっちでもいいですねぇ。どちらにもいい部分、悪い部分あるし、その時々でチョイスしていければなぁと。

——いわゆる“インターネット・ラップ”という括りで語られることに関しては?

LB : そこにも興味ないですね。カテゴライズされるのはしょうがないし、そう呼びたければどうぞ、くらいの感覚です。

フリーで作品を発表するのが着地点になっちゃってる

——ぼくはここ数年でネットを触媒にしたヒップ・ホップの形って主流になった反面、おもしろい動きって数えるほどになってきたと感じていて。2人はそういった最近の流れをどう感じているか、というのにも興味があるんですが。

LB : たしかにそうですね。全然目新しさは感じませんね。フリー・ダウンロードのDL数も周囲でやってるヤツらも伸び悩んでるって言うし。ただビートをジャックするだけの楽曲じゃ注目を集められなくなってるのは確実だと思います。
Otowa : ぼくもチェックはしてるんですけど、そこまで衝撃を受けるような作品はなかなかないですよね。5lackさんのフリーのアルバムはすごくよかったなぁと思いました。なかなかゼロからネットで発信していくのは難しいかもしれないですよね。というのも、フリーで作品を発表するのが着地点になっちゃってる人が多いのかなって。フリー・ダウンロードのその先まで見据えた動きがないと意味がないですよね。

——そういった現状を打破するようなアイデアは2人のなかに既に浮かんでますか?

LB : ありますね。ただ現段階では秘密にしておこうかなと。もちろん今後もフリーの作品は出していくので、そっちも引き続き注目してもらいたいですね。で、その先には2ndアルバムもリリースする予定ではいるので。

——では、最後にこの『インターネット ラブ』というアルバムが世間でどんな評価をされるか、2人の予想を訊いてインタビューを締めたいと思います。

LB : 大好きなひとと大っ嫌いひとがくっきり分かれるアルバムでしょうね(笑)。でも全然それでよくって。
Otowa : たしかに賛否両論あるアルバムなんじゃないかなとは思いますね。そもそも制作段階からそういうアルバムになるように作ってたし。最近、そういうハッキリ評価が分かれる突き抜けた作品ってないじゃないですか。ある意味ですごく挑戦的なアルバムですよ。だから早く作品に関するいろんな意見を聞きたいですね。

RECOMMEND

YOUNG HASTLE / Can't Knock The Hastle

VネックTシャツ偏愛ソング「V-Neck T」、筋トレ・アンセム「Workout Remix ft.般若&SHINGO☆西成」 の大ヒットも記憶に新しい、YOUNGHASTLEの2nd Albumがリリース。今回はなんと日焼け推奨ソングを収録。その名も「Blackout」! プロデュースは日本一黒いDJと噂されるJHETT a.k.a. YAKKO。今作はフル・アルバムとなっておりYOUNGHASTLEの魅力が存分に詰まった内容となっている。様々な表情を見せる全10曲は捨て曲なし!

>>>Young Hastleの特集はこちら

Moe and ghosts / 幽霊EXPO

話題騒然。ラップ担当の萌とトラック担当のユージーン・カイムによる謎多きゴースト・コースト・ヒップ・ホップ・ユニット、Moe and ghostsが、佐々木敦主宰のHEADZより配信限定の二作目『幽霊EXPO』をリリース。「VISUALSHOCK! SPEEDSHOCK! SOUNDSHOCK!」をキーワードに掲げ、圧倒的な緊張感を持つトラックにのる濃密なラップが従来のヒップ・ホップを切り裂く。

>>>Moe and ghostsの特集はこちら

VA / NIGHT ELECTRO

チューニング合わせて導くナイト・ミュージック。ボクと踊ろう。踊ろうよ。ボクとナイト・エレクトロ! ピーク・タイムをすり抜けて、あの夜に、この夜に、そしてこの次の夜に永遠にループし続ける真夜中のダンス・ミュージックが10曲。

>>>Golden afterの特集はこちら

PROFILE

LBとOtowa
2010年に突如日本語ラップ・シーンに現れた、正体不明の謎のユニット「LBとOtowa」。その名の通りラッパーの「LB」と、トラック・メイカーの「Otowa」の2人のからなるこのユニットは、ヒップ・ホップを軸に、J-pop、Electro、Dubstep、Rockやアニソンに至るまで、様々なジャンルの音楽をファッションのごとく着こなしていくスタンスと、話題の時事ネタからTwitterのタイムラインに流れてくる情報までを敏感にキャッチし、タイムリーに作品に反映させるインターネット世代ならではのスピード感で、たて続けにリリースした無料配信作品は、ネット・ユーザーを中心にその知名度を上げていく。2011年3月、発表から2ヶ月で1万回以上のダウンロード数という快挙を成し遂げたモンスター無料配信アルバム『FRESHBOX(β)』をリリース。評価はネット界隈から音楽好きのもとへも届き、中毒者が続出。「正体不明の謎のユニット"LBとOtowa"」の存在を確立する。
その後、2人はソロとしての活動にも力を入れ、LBは無料配信アルバム『AOAOAO』、『KOJUN』のリリース、さらにアニメ声ラッパーRANLのプロデューサーとしても評価され、2012年6月KREVAとの共演を果たす。一方、Amebreakなどのコンテストで様々な賞の受賞経歴があったOtowaはさらに制作を続け、2012年5月、SKY-HIの「ONE BY ONE」のトラック公募で、200曲以上もの中から選出され(最終選考に残った10曲の内3曲がOtowaの曲だったという逸話つき)見事採用されるなど、様々なアーティストからプロップスを集めている。変幻自在の実力派、そして誰もその顔を見たこのない正体不明の謎のユニット「LBとOtowa」。遂にフィジカル・ファースト・アルバム『インターネットラブ』をこの夏POPGROUPよりドロップ。

>>LBとOtowa official web

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.