ラストクエスチョン、1stアルバム『QUEST』をひっさげワンマン・ライヴのリヴェンジへ!

「パズルを解かないと曲が聴けない」という特異なライヴで、2012年8月から活動し、グループ名をパズルガールズからクエスチョンへ、現在は4人体制のラストクエスチョンへと進化させ続けてきた彼女たちが、初アルバム『QUEST』をリリース。なんと、作詞・作曲には、BiSHの松隈ケンタや、あらかじめ決められた恋人たちの池永正二、ゆーきゃん、Limited Express (has gone?)のJJ等が担当。まとめ購入では、OTOTOY限定謎の特典つき。まだ彼女たちのことを知らない人は、「GOAL」を期間限定でフリー・ダウンロード中なので聴いてみてほしい。来年のワンマン・ライヴにむけて、メンバー全員が本気で語ったインタヴューをどうぞ。

>>「GOAL(24bit/48kHz)」のフリー・ダウンロードはこちら(2016年1月13日(水)23:59まで)<<

まとめ購入でプロデューサー吉村さおりの渾身謎×メンバーのクリスマス・ボイスのコラボレーション謎+デジタル・ブックレットが同梱されます。
ラストクエスチョン / QUEST

【配信携帯】
【左】ALAC/FLAC/WAV(24bit/48kHz),AAC
【右】MP3

【価格】
【左】単曲 : 194円(税込) まとめ購入 : 1,994円(税込)
【右】単曲 : 162円(税込) まとめ購入 : 1,620円(税込)

【収録曲】
01. START! / 02. ここでつまづいたら死ぬしかないっ / 03. ここにいてね / 04. 愛されたい! / 05. 脱出応援歌 / 06. HAPPY BIRTHDAY / 07. 昔ラジオで聴いた / 08. ぼうけんをしょ! / 09. ?~クエスチョン~ / 10. ラストクエスチョン / 11. GOAL


[謎付きMV]ラストクエスチョン


INTERVIEW : ラストクエスチョン

2015年の2月、ラストクエスチョン(当時はクエスチョン)が無謀とも言える渋谷クラブクアトロでのワンマン・ライヴを敢行。音楽と謎解きの融合を試みた、新たなライヴの形を作りあげた。しかし満員とはならず、リベンジを果たすべく2016年、再びクアトロのステージに立つことを宣言した。あれから約1年を変わらない4人のメンバーで駆け抜け、自主企画や渋谷WWWでのワンマン・ライヴ、彼女たちをモチーフにしたリアル脱出ゲーム〈僕と勇者の最後の7日間〉が開催されるなど、着実にステップ・アップしてきた。

そのなかで今回、満を持して1stアルバムが発売される。これまで課題として掲げてきた音楽と謎解きの融合、そしてアイドルとしての集大成がここにある。このアルバムを世に放ち、いよいよ1月には2度目のクアトロ公演を控える。〈ここでつまづいたら死ぬしかないっ!〉と題されたこのライヴを、いかに成功させるのか。今年1年を振り返りつつ、アルバムやクアトロ公演について語ってもらった。

インタヴュー & 文 : 前田将博
写真 : 関口史彦

きてくださったお客さんが物語を楽しめるか、私たちにかかっていますからね

――今年の2月にクアトロでワンマン・ライヴがありましたが、満員にはならなかったもののかなり埋まっていたし、ライヴ自体も盛り上がっていたと思います。振り返ってみて、いかがですか?

浅川琴音(以下、浅川) : 私たちが思っていたよりは、お客さんがきてくれましたね。ライヴ直前の3日間でどっと増えて、1日に50人くらい増えるみたいなことが起きていました(笑)。

桃井美鈴(以下、桃井) : 直前まで予定がわからない人もいますからね。結局、300人ちょっとくらいの人にきていただきました。

浅川 : 床が埋まらないと思っていたら、ちゃんと埋まっていて感動したのはよく覚えていますね。ダイブしたら床に落ちて死ぬんじゃないかと思っていたんですけど、心配しなくてよかった。

――集客的には、想像していたよりは良かったと。

桃井 : 実は、ぽてこと一緒に事前にクアトロであったプールイさんのバンドのワンマンを観にいっていて、それがソールド・アウトで身動きもできない感じだったんです。私たちのときは客席にまだ余裕があったので、それはちょっと悔しかったですね。

安藤ひかる(以下、安藤) : 私がクアトロでライヴを観たのは、その日がはじめてだったんです。熱狂的で、同じ時間に同じ好きな音楽を共有しているという素晴らしい空間がそこにあって。自分たちがクアトロに立つときにもそういう空間を作りたいと思いながら観ていました。実際に自分たちがそこに立って、できた部分ももちろんあったけど、まだやりきれていないというか、もっとお客さんを巻き込める部分もあったって思います。

――パフォーマンスとしても、納得できない部分があった。

安藤 : 謎解きのときは盛り上がってくれたけどライヴ・パートのときは落ち着いて観ている人もいたので、みんなで一緒にライヴも楽しめるようにできたらもっとよかったなって思います。

桃井 : 魔法使いのハマー(濱ヶ崎美季)さんの卒業もあって、それで盛り上がっている部分もあったと思うんです。だから、私たちの実力だけでどこまで勝負できたのかっていうと、まだまだなのかなって。謎パートも含めて、次はもっとお客さん全体を巻き込めるように考えないといけないですね。会場一体となるようなパフォーマンスをクアトロでやって、次に進みたいです。

――クアトロが終わって4人になって、当初はオーディションもやっていましたよね。

浅川 : いい人がいなかったわけではなく、求めている熱量の人がいなかったんです。プロデューサーが厳しい人なので、そもそもここで本気でやっていく気持ちがないと取らないつもりだったので。それで今回は4人でがんばっていこうということになりました。

左から、南杏果、桃井美鈴、浅川琴音、安藤ひかる

――活動は止まることなく続いていました。

浅川 : 歌割りやダンスを変えなきゃいけないのはもちろん大変だったんですけど、ハマーさんは、準備を率先してやってくれる人だったので、謎解きを作っているときとかにいつのまにか作業が進まないみたいなことがありました。

南杏果(以下、南) : 5人のなかで最年長だったこともあって、お母さんみたいな存在だったんですよ。

桃井 : やらなきゃいけないことを当たり前にやってくださっていたのを、いなくなってから実感した部分はありますね。いまの4人は個性が強いので、知らず知らずのうちに意見をまとめてくれていたんだなっていうのをすごく感じました。みんなこだわりがあって結構意見がぶつかるので、4人になってから最初の頃の練習はカオスでしたね。

――どのように4人での形ができていったのでしょう。

桃井 : ハマーさんが抜けた直後の3月に、豊洲PITのイベントのオープニング・アクトで立たせてもらうことが決まっていたので、大きなチャンスだから揉めている場合じゃないって。そういう目標があったから、前に進めた感がありますね。

浅川 : ステージの広さもクアトロの倍以上だし、お客さんは3倍以上でしたからね。体育館みたいな感じでした(笑)。

南 : 会場中を運動会みたいに駆けまわりましたからね。

桃井 : 声優さんが出演しているイベントで、お客さんも近くで触れ合えるアイドルが異色だったみたいで、楽しんでくれているなって感じました。最初は私たちがアウェーな感じだったんですけど、そこで知っていまもライヴにきてくれている人もいるんです。だから、あの日に4人での形が固まったというか、少しずつ見えてきたのかなって思います。

――そこから自主企画も含めて、かなりの本数のライヴをやってきました。

安藤 : 夏からは、私たち自身をモチーフにしたリアル脱出ゲーム〈僕と勇者の最後の7日間〉がはじまったことも大きかったですね。

浅川 : これはかなり大きかったです。実在する人物がモチーフになることもたまにあるんですけど、お客さんが主人公になるゲームなので、物語に入り込ませにくい部分があるんです。その人がお客さんに愛されていなくちゃいけない。いままで私たちが関わったものも誰かを演じるものだったんですけど、今回は私たち自身が愛されるキャラクターにならなくちゃいけないっていう。それが、めちゃくちゃ勉強になった。

桃井 : きてくださったお客さんが物語を楽しめるか、私たちにかかっていますからね。脱出ゲームは1回やったらネタがわかってしまうので1度しか楽しめない。その1度きりを私たちがいかに楽しませることができるのかっていう不安もありました。

――結果として、すごく好評だったそうですね。

桃井 : ありがたいことに、いままでにない脱出ゲームだったって声もたくさんいただきました。東京でうまくいったおかげで、大阪と名古屋でもやらせていただきました。気づいたらお客さんがRPGの世界に入り込んでいるように見えるので、それがすごい楽しかったし、うれしかったですね。

安藤 : 同じ公演ではあるんですけど、毎回ひとりひとりの物語は全然違うので、そういうものに関わることができて本当に楽しかったです。

――グループの認知度も上がったのでは?

桃井 : SCRAPの公式アイドルとして活動してきたんですけど、まだ知らない方もたくさんいましたからね。物語も楽しかったしラスクエもよかったっていう声をいただいたので、前よりは私たちのことを知ってもらえたと思います。

私たちの実力はまだまだなのかなと

――その公演の合間に、9月の渋谷WWWワンマンがありました。こちらは特殊な演出も話題になりましたね。

桃井 : 実際に書かれた2ちゃんねるの中傷とかが映し出されて、私たちがダメージを受けるところからはじまって、お客さんに助けてもらうっていう。

浅川 : 最新技術でネット上の悪口がメンバーの頭の上から出てくるように投影されていたんです。私たちが動くとついてきて。

――最先端技術でエグいことをしていますね(笑)。

浅川 : それ以外も、踊っているときに曲にあわせてリアルに音ゲーができるようなインタラクティブな映像も作っていただいて。

安藤 : お客さんが魔法のサイリウムをふると、それにあわせてリアルタイムでステージに反映されるような演出もありましたね。

南 : WWWは客席が段差になっていたので、ひとりひとりと本当に目が合うような感じでした。後ろの方の人と目が合ったときに指差したら、前にきてくれる人もいて、うれしかったですね。

――クアトロのときから、成長は感じましたか?

浅川 : この日はほぼ満員だったんですけど、また当日にきてくれた人がいっぱいいました。

桃井 : 直前までドキドキを抱えたくないので、できれば発売したらすぐにチケットが売れるような形になりたいですね。

浅川 : 当日にチケットが伸びるのは、私たちの力じゃなくて応援している人の力だと思うんですよ。Twitterとかで拡散してくれて、あいつがこれだけ推しているんならいってみようとか。そう考えると、私たちの実力はまだまだなのかなと。

――そのあと、クラウドファンディングで支援者を募って、ボード・ゲームCDが発売されました。早々に目標額を達成して、最終的に目標の倍以上の額が集まりましたね。

桃井 : ラスクエを普段から応援してくださっているかたはもちろんのこと、ボード・ゲームに興味があるかたからも支援をいただいたようで。作詞・作曲も松隈ケンタさんや、あらかじめ決められた恋人たちの池永正二さん、ゆーきゃんさんが参加していたので、それだけでも話題になりましたね。

――そして今回、ついに待望の1stアルバムが発売されます。ライヴでやっている曲は昔から結構な数があったので、アルバムを待っていた人も多いんじゃないですかね。

桃井 : 発表したとき、普段からライヴにきてくださっているかたは「きたー」って感じでした。

――昔からある曲は再録もされていて、新曲も2曲収録されています。そのうちの1曲の「ここでつまづいたら死ぬしかないっ」はアイドル・ソングっぽい自己紹介的な曲ですね。

浅川 : みなさんの知っているアイドルの自己紹介とは違う感じになっていて、まさに僕たちのこれまでの活動があったからこそできた曲です。知ってる人は笑うだろうし、知らない人は「え?」ってなるかもしれない。ほかの人には絶対にカヴァーできないし、真似できない曲ですね。

桃井 : ある意味、ライヴと謎解きの融合のひとつの形がこの曲でできているのかなと。曲のなかで謎解きと音楽が融合した曲がほしいなと思っていたので、ついにきたぞって思いました。だからお客さんに早く聴いてほしいし、ライヴで早くやりたいですね。

浅川 : ライヴでは毎回変わる要素があると思うので… これ以上は聴いて確かめてください(笑)!

――もうひとつの新曲「GOAL」はミディアム・テンポのせつなげな雰囲気の曲で、アルバムの最後に収録されています。

浅川 : リアル脱出ゲームでもお世話になっているJJさん(Limited Express (has gone?))に作っていただいたんですけど、最初のデモとだいぶ印象が変わっていて、まじかと思いました(笑)。

桃井 : かわいくなった(笑)。

浅川 : 実は飯田さんの歌声もコーラスで入っているんですよ。歌でコラボレーションしたのはもちろんはじめてなので、そこも注目してほしいですね。

――「START!」ではじまって「GOAL」で終わる曲順はラスクエらしいですよね。

浅川 : 曲順にはかなりこだわりました。実は今回のCDには、どこでも見たことがないいままでで最高峰の謎がつくんですけど、それにも曲順が関わってきているんです。隅から隅まで、取りこぼしないくらいたくさんの仕掛けがあるので、探してみてほしいですね。

南 : ボドゲのように全体を使って遊べる要素もあります。

浅川 : SCRAPのほかのCDをみても、ここまで詰め込んだものはないと思います。僕たちの根本はみんなと遊べるアイドルですから。今回は、配信版にも謎があります。そしてもちろん曲もいいので、それも楽しんでほしいです。

――まさに謎解きとアイドル活動を両方やってきたラスクエの集大成ですね。これまで、そのふたつをどう融合するかっていうのがひとつの課題だったと思うのですが。

桃井 : いまでもまだわかっていない部分もあると思うし、正解があるものではないので、どんどん試していくしかないなと。そのひとつの形が今回のアルバムになっていると思います。

浅川 : 『QUEST』っていうタイトルにはいろんな意味があるんですけど、これがいまの私たちの通ってきた道のすべてなので、いまの私たちの実力が全部詰まっています。

1年越しのクアトロでもあるので、もう3度目はないですから

――アルバムが出てすぐにクアトロ公演が控えています。現状のチケットの売れゆきはどのくらいなんですか?

安藤 : 前回のクアトロにきてくださったかたは無料招待するんですけど。

桃井 : それを除くと、まだ40人くらい…。

――それ、かなりやばくないですか(笑)?

浅川 : でもいままでと違うのは、いまはいっぱいチャンスがあると思うんです。〈僕と勇者の最後の7日間〉もそうだし、CHEERZ(アイドル応援アプリ)で上位に入ったりとか、みっすーが雑誌「MARQUEE」に載ったりとか。

桃井 : タイトルが「ここでつまづいたら死ぬしかないっ!」だし、私たちの気持ち的にもここで成功して上にいきたいので、残り1ヶ月が勝負の分かれ道です。

――前回のクアトロのときは、いろんなライヴ・ハウスでサイン入りのフライヤーを配っていましたよね。

桃井 : そうですね。私個人では、いまクアトロまで毎週1回ひとりで路上ライヴをやっているんですけど、そこで声かけてくださるかたも最近増えてきているので、Twitterとかでもっと話題にしたいです。そこでチケットを買ってもらえるくらいやらないと、やっている意味がないと思うし。ラスクエを知ってもらいたくてやっているので。

――クアトロ本番もいろんなことを企んでいるかと思うので、言える範囲で教えてください。

浅川 : いままで1番大きい規模の、ガチンコの体験型ゲームとライヴのコラボレーションになります。どうやら謎解きだけではないみたい。 ミッションをクリアできなかったらライヴできる曲数がどんどん減っていくので、1曲も歌えない可能性もあるみたいです。

桃井 : もう予定調和はなしです。

――いままでは謎が解けるか解けないか、ライヴができるかできないかの2択だったのが、ミッションをクリアするスピードや内容によってセットリストが変わってくると。

桃井 : 早くミッションをクリアできればそれだけ持ち時間が長くなるけど、逆に新曲だけ披露する展開もあり得るかも。

浅川 : 私たちのいまを問われる謎解きです。うちのプロデューサーは、普段リアルな空間でおこなうゲームをつくっていて、リアルだからこそ起こるドラマを大切にするので、そういうところは本当に鬼になります。本当に1曲もできないことも有り得ます。

――WWWでやったような特殊な演出もあるんですか?

浅川 : (小声で)それが、僕らも教えてもらっていないんです。なぜなら、僕らもミッションに立ち向かったり、謎を解いたりする必要があるから。コンセプトはもちろん一緒に考えたり、教えてもらったりもしているんですけど、演出も含めた内容に関しては一切教えてもらえないんですよ。だから、これを読んだみんなと同じ情報しか知らないんです。

――本当にラスクエの運営さんはステージに対してサディスティックですね(笑)。

浅川 : 鞭と金棒を持っていますから(笑)! 飴を持ってないんですよ。

――ここでつまづいたら、どうなるんでしょう?

浅川 : 正直、失敗してなにかが変わることはないと思うんです。解散するわけではないし。でも、逆になにも残らないのかなと。

桃井 : 成功すると可能性がそれだけ広がっていく。やっぱり上にいくからには、成功させなきゃダメだと思います。1年越しのクアトロでもあるので、もう3度目はないですから。どうせなら、どんどん大きいところでやっていくところを観せたいです。

――最後に、きてくれる人や参加しようか迷っている人にメッセージをお願いします。

浅川 : 謎解きをやったことある人にも新しい体験になると思うし、物語に入り込むことが好きな人は必ず楽しめるんじゃないですかね。普通に生きていると、2時間とかってあっという間に過ぎると思うんですよ。なにもしなければなんてことはない2時間だと思うんですけど、クアトロにきたら忘れられない、より最高な2時間を作るので、ぜひ僕たちと一緒に楽しんでいただければなと思います。

南 : ここでしか体験できないものを体験できると思うし、一生記憶に残るようなものを作るので、ぜひきてください。一緒に冒険しましょう!

安藤 : 今年2月に最初のクアトロがあって、大きな覚悟があって迎えるライヴなので、これまでやってきたすべてを私たちはぶつけます。絶対にその空間に一緒にいられてよかった、経験できてよかったと思えるものにするので、一緒に素敵な空間を作りましょう。

桃井 : 私自身が迷ったとき、辞めて後悔することが多いので、迷っているなら絶対にきてほしいし、きてくれたら絶対に楽しませます。私たちは毎回実験的なことをやらせていただいているので、退屈はないと思います。やれることが増えれば増えるほど、また新しいおもしろいものを作っていくことができるグループだとおもうので、まずは一緒にクアトロで作ってもらって、そのあともどんどん楽しいことをしていきたいなと思います。ぜひ遊びにきてください!

LIVE INFORMATION

ラストクエスチョン 決死のリベンジワンマンライヴ
~ここでつまづいたら死ぬしかないっ!~
2016年1月13日(水)@渋谷CLUB QUATTRO
時間 : 18:30 OPEN / 19:30 START
前売:¥3500(ドリンク別)
当日:¥4000(ドリンク別)

RECOMMEND

伊藤忠之 / TADAYUKI ITO WORKS "REAL ESCAPE SOUNDS" (24bit/48kHz)

世界を席巻する参加型イベント「リアル脱出ゲーム」。ゲーム本編に使用され、参加者を物語の中へ誘う幾多の名曲の中から厳選された13曲をパッケージした、珠玉のサウンド・トラックがついに完成!実際にイベント中に流れるオリジナル・トラックに加え、新たにアレンジを加え再録した、ゲスト・ヴォーカルを迎えた3曲を含むアレンジ・トラックの豪華2枚組!

>>特集ページはこちら

BiSH / OTNK(24bit/96kHz)

BiSをもう1度始めるとして元BiSのマネージャー渡辺淳之介と元BiSサウンド・プロデューサーの松隈ケンタがスタートさせたアイドル・プロジェクト、BiSH初のシングル。二人の新メンバー、ハシヤスメ・アツコ、リンリンが加入してから初めてのリリースでもある。なお、シングル発売に伴い全国ツアーも決定しており、10月24日(土)の仙台 enn2ndに始まりツアーファイナルは2016年1月19日(火)のLIQUIDROOM公演が決定している

>>『OTNK』発売時の特集ページその1
>>『OTNK』発売時の特集ページその2

あらかじめ決められた恋人たちへ / DOCUMENT(24bit/44.1kHz)

鍵盤ハーモニカで奏でられる叙情的な旋律を、浮遊感のあるダブ~シューゲイズなサウンドの中で響かせるインストゥルメンタル・ユニット“あらかじめ決められた恋人たちへ(通称:あら恋)” が、自主レーベルを立ち上げリリースしたフル・アルバム『DOCUMENT』。ライヴ・バンドとして著しい成長を遂げた彼らが、変化や進化を“旅立ち” というテーマに捉え直す形で制作されたのが本作であり、ロードムービー的とも言えるスケールの大きさとストーリー性の高さが特徴となっている。

>>特集ページはこちらから

PROFILE

ラストクエスチョン

ラストクエスチョンとは人生で1度はゲームやマンガの主人公になってみたかったすべての人に贈る、一緒にまだ見ぬ物語を作っていけるアイドル。それがラストクエスチョン!

時にはライヴ中に殺人事件が起こり、みんなで犯人を捕まえたり。
時にはパーティを組んで悪の組織に立ち向かったり。

この物語の中ではあなたも、ラストクエスチョンのメンバーも、みんなが主人公です。

これからの旅路の中、どんな物語が生まれていくのでしょうか。
未来は誰にも解りません。
テレビゲームより濃い冒険に、一緒に繰り出そう!

>>ラストクエスチョン Official HP

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /