「うたの力」を再確認できる、暖かく包み込むような楽曲たち

共に高校3年間をカナダで過ごした清水悠と山口春奈によるヴォーカル&ピアノ・デュオ、Dew。彼女たちが2年ぶりにリリースするオリジナル・アルバム『PORTABLE』では、「朝露」を意味するその名の通り、透明感のある爽やかな楽曲の魅力を存分に感じることができる。
OTOTOYではこのアルバムから、1曲目に収録されている「お出かけ」をフリー・ダウンロードでお届けすると共に、HQDの高音質音源も配信、さらにセルフ・ライナーノーツを掲載。より多くの人々へ「うたの力」を体感していただきたい。これからの季節にぴったりの、暖かい楽曲だ。

>>「お出かけ」をフリー・ダウンロード <<


Dew / 『PORTABLE』

【価格】
mp3 単曲 150円 / アルバム 1,200円
wav 単曲 200円 / アルバム 1,500円
HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 250円 / 1,800円

【Track List】
01. お出かけ / 02. Dreamer / 03. Corsage / 04. 実り / 05. Liberty / 06. Hot Lemon / 07. Mother / 08. 浜辺のピープル

※まとめ購入限定、歌詞ブックレット付き


彼女たちが持つ「うたの力」はそのままに、より開かれた作品へ

ヴォーカルの清水悠とヴォーカル&ピアノの山口春奈によるデュオ、Dewの2年2か月ぶり、3枚目のオリジナル・アルバムとなる『PORTABLE』が発売された。これまでに化粧品や「DENPO」などのCMソングを担当し、注目を集めてきた彼女ら。「花」をテーマとしたカヴァー・アルバム『花図鑑 別冊』では、くるりの「ばらの花」をカヴァーするなど、幅広い活動を見せてきた。そんな彼女らの最新作を聴いて私は、忙しい日常で忘れかけていた歌本来の美しさを思い出した。

目まぐるしい日常の中で、私たちは「うたの力」を忘れてはいないだろうか。「うた」は、悩んで疲れてバラバラになってしまった心を、元通りにつなぎとめる接着剤として私たちの心に響いてくれる。Dewの音楽は、そんな「うた」本来の力を感じることができる。今作の楽曲は、これまで彼女らが得意としてきた「勇気」や「感謝」のストレートな表現だけではない。今作はメッセージ性をそのままに肩の力を抜いた、より手軽で”PORTABLE”な、外へ持ち運びたい楽曲たちが揃っているのだ。1曲目「お出かけ」から早速、<お出かけしましょうよ / 気分じゃなくても / 外に出ればきっと何見えるはず>と私たちの背中を押してくれる。挿入される踏切、電車内といったの生活音を経て、楽曲と景色は移り変わっていく。最終的に行き着いた浜辺で歌われる「浜辺のピープル」は、簡単に口ずさめてつい体を揺らしてしまう、エンディングにふさわしい1曲だ。

左から 清水悠、山口春菜

聴いているだけでは物足りなくて、どこかに飛び出したくなるだろう。これまで沢山の人々の心を軽くしてきたDewだが、今作ではフットワークまでも軽くしてくれる。優しい歌声としっとりとしたメロディのイメージが強く、Dewの楽曲は部屋の中で、1人でじっくり聴かれることが多い傾向にあると思う。しかし今作は周りの人と共有して、みんなで合唱したくなる、より開かれた作品となっているのだ。今作までに山口は結婚・妊娠という人生の転機を経ており、今作は、Dewにとってもまた新しい一歩となるであろう。辛いことばかりあったとしても、人生それがすべてではない。みんなで歌おう! 何かうまくいかない時こそ聴いてほしい1枚だ。(text by 梶原綾乃)

Dewからのコメント&セルフ・ライナーノーツ


いつも応援ありがとうございます。
皆さんへ久々にアルバムをお届けすることが出来て、私たちもとても嬉しく思っています。

今回の作品は、ヴォーカル、ピアノ、ギターや小物など、今の自分たちが出来ることを最大限に活かして作れたアルバムになったと思います。これまでのアルバム制作を通して、たくさんのミュージシャンやアレンジャーの方々から学んだことを、私たちなりに消化して表現しました。限られた楽器の中で試行錯誤していくうちに、改めてピアノやヴォーカルの新しい可能性にも気付かされ、ふと思い出した景色がありました。私たちがまだ高校生で一緒に歌い始めた頃、学校に「PORTABLE」(ポータブル)と呼ばれていた小さな小屋があり、そこにあった古いピアノを使って、分からないながらも胸をワクワクさせながら曲を作っていた頃のことを思い出したのです。分からないことへ情熱を持って挑んでいく、そんな感覚も自分たちの中に再発見出来たアルバムになったと思います。

皆さんには、そんな思いや音楽の楽しさを感じて頂ければと思います。

Dew



「お出かけ」
悩んでいる時や自分の中で葛藤している時は、周りがよく見えなくなってしまいますが、そうやって頑張っている人を見かけると、時々笑わせてみたくなったり、ちょっかい出してみたくなったり。そんな風に応援する曲です。

「Dreamer」
春がやってきて浮かれている曲です(笑)。でも、誰かが馬鹿みたいな夢を見て、それを実現させたから今があるんだと思うと子供も大人も関係なく、純粋に夢や希望を持ち続けていければと思います。

「Corsage」
映画のフィルムが、カタカタと回っていくようなイメージで作った曲です。音の世界観を楽しんでもらいたいです。

「実り」
夏から秋に移り変わっていく風景を眺めていたら浮かんで来た曲です。大切な人とのキラキラした日々が終わってしまったり、何かを失ってしまったり、その直後は自分に何が起こったのかよく分からず、自問自答する日々を過ごすこともありますが、時間が経って自分なりの愛のこもった答えを見つけた時に、やっと今までのことが実ってくれることがあります。そんな心の変化を照らし合わせながら作りました。



「Liberty」
子供のように自由で純粋な心を求めることと、幼稚でいることは違う。独立して音楽活動をするようになってから、それをすごく学んでいます。今は出来ないことばっかりですけど、それを受け入れて努力して、そしたらいつか自分の力でたくさんのことが可能になった時に、本当の意味で自由になれるんじゃないかなと思います。

「Hot Lemon」
二人の人間が、違いを認め合って世界を広げていく物語をかきました。身近な人たちとそれぞれの価値観や将来のことを話すことがあると思いますが、私はよく友達と、コンビニで買ったホットレモンなんかを飲みながら、公園で話したことを思い出します。

「Mother」
結婚する直前に、これまで伝えられなかった自分の母親に対する、今の自分の素直な気持ちを曲にしました。最近、母がふと涙や、弱い一面を見せるようになり、彼女も一人の女性で悩みだって弱さだって自分と同じように持っているんだな、ということにふと気付きました。そんな母に、「これからは肩の力を抜いて、もっと自分らしくいてね」と語りかけるような気持ちで作りました。

「浜辺のピープル」
自分の父親の故郷、大磯の人たちのことを曲にしました。ふと会いに行きたくなる人たちが皆さんにも居たら、そんな人たちを思い浮かべながら聴いてもらいたいです。

RECOMMEND

南壽あさ子 / Landscape

幼少の頃からピアノを、20歳の頃から作詞・作曲を始め、2010年より都内のライヴ・ハウスで弾き語りを始めた、南壽あさ子。2012年6月にリリースされたデビュー・シングル『フランネル』に続き、湯浅篤をプロデューサーに迎え制作された本作は、透き通るヴォーカルとメロディから季節感溢れる情景が浮かぶ作品となっています。本作には、サポート・ミュージシャンとして、斎藤ネコが「あの人を待つ」に、山口ともが「メープルシロップ」に参加。また、OTOTOYでは、唯一無二のシンガー・ソングライターの声を、高橋健太郎のマスタリングによる、HQD(24bit/48kHzのwav)でお届けいたします。

>>南壽あさ子の特集ページはこちら

Rie fu & the fu / BIGGER PICTURE

メジャー・レーベルを飛び出し、新たなフェーズへと進む彼女が新作で挑んだのは、なんと新名義「Rie fu & the fu」での活動。音づくりに、zAk( fishmans, UA, BOREDOMS, etc.)、ベースに鹿島達也(the pillows, ORIGINAL LOVE,etc)、ドラマー菅沼雄太(ego wrappin’,etc.)、ギターにコーヘー(delofamilia, ex.hoi festa)と、Rie fuが信頼をおく唯一無二のセンスを持つミュージシャンを迎え、シンプルかつ立体的な音を作り出しています。より強くしなやかになったRie fu。骨太なリズム隊と共に飄々と切り替わるカラフルな彼女の世界観をどうぞ。

>>Rie fu & the fuの特集ページはこちら

森ゆに / 夜をくぐる

ミュージシャン界隈でいま話題のピアニスト /SSW、森ゆにのセカンド・アルバム。ピアノと歌だけでとにかくシンプルに作られた今作は「大切な記憶を呼び覚ます、8つのフラグメント。」原風景、原体験を想起させる、時代にとらわれない彼女の歌は、高い評価を得ています。

PROFILE

Dew

共に高校3年間をカナダで過ごした清水悠(Vo.)と山口春奈(Vo.&Piano)が、学校生活の中で自然と2人で歌うようになり結成したデュオ。
2006年にインディーズにてピアノ・アルバム『croquis』をリリース。2011年にはベスト・アルバム『Message〜best collection 2006-2011』をリリースした。現在もライヴ活動に力を入れながら精力的に活動を続けている。

>>Dew Official HP

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
アドリブで楽曲を作り上げ臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中
[CLOSEUP]・2017年09月19日・アドリブで楽曲を作り上げた臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中! 奇妙礼太郎が、メジャー1stフル・アルバム『YOU ARE SEXY』をワーナーミュージック・ジャパン内レーベル、unBORDEよりリリース。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメ―ションズ、さらにはSundayカミデとテシマコージとの3ピース・パンド・天才バンドなど多岐に渡り活動してきた奇妙が中込陽大(gomes)とふたりで作り上げた全20曲。奇妙礼太郎のいまが詰め込まれた本作をハイレゾでお楽しみください。 奇妙礼太郎、待望のメジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信奇妙礼太郎 / YOU ARE SEXY【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめのみ 3,550円(税込) 【収録曲】''1. Woman2. 眠り時計と王の月3. 春だったのかな4. 君はセクシー5. 骨に雨6. 白鳥のおもちゃ7. 19728. NEWTON9. くま10. Nobody knows11. 欲望のしるし12. 泥の月13. ボタンホール14. よっぱ
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人