夏に向かうグッド・ミュージックが到着。ときめき☆ジャンボジャンボが、ファースト・アルバム『ECLAT』をドロップ! フロム・オオサカ! プログレ色の強いインストゥルメンタル・ロックに潜む、ポップ・ミュージックの要素が、老若男女問わず聴く者全てを、その世界観へ引きずり込む。ナッツメン meets キング・クリムゾン! アルバム購入者には、ミュージック・ビデオとデジタル・ブックレットを。

ときめき☆ジャンボジャンボ / ECLAT
アルバム購入特典
・マーブルナイツ・ミュージック・ビデオ(director : eetee)
・デジタル・ブックレット

「マーブルナイツ」のフリー・ダウンロードはこちら(期間 : 6/24〜7/1)

INTERVIEW

「バンド名にだまされるな!」ときめき☆ジャンボジャンボの名前の横にはそう書かれている。ときめき☆ジャンボジャンボは、キャピキャピしたポップ・ソングを歌う女の子のグループではなく、大阪を拠点に活動する、ストイックなインスト・バンドで、次々に変調する楽曲はプログレ的。でも彼らのライヴは圧倒的に明るく、幻想的で、とにかくカラフル。わたしの未来とおとぎ話のちょうど中間、まるでファンタジックなRPGの世界に迷い込んでしまったかのようだ。

今回、hirocopack(piano)と、リーダーのハヤシユウジ(bass)に話を伺った。ライヴでは一際楽しそうな姿を見せる、サービス精神旺盛な二人は、照れを隠すように笑いながら、とにかくたくさん喋ってくれた。インタビュー後、改めて『ECLAT』を聴いてみたら、照れ隠しの奥にある、実直でキラキラした世界が広がって「そんなの見せられたらときめいちゃう! 」なんて思った。一周まわって、意外とぴったりのバンド名なんじゃないかな? 気になったら最後。すでにときめきワールドへの扉は開かれている!

インタビュー&文 : 小山真帆

いざ蓋を開けてみたら「かっこええやんけ! 」となってほしい

——まず、気になるバンド名について伺いたいのですが、どなたが考えたのでしょうか?

ハヤシユウジ(以下、ハ) : 僕が決めました。バンド名をどうしようか考えていたある日、お風呂の中で突然降りてきたんですよ「ときめき☆ジャンボジャンボ」って! お風呂の神様の仕業(笑)。メンバーに伝えたら、皆いいって言ってくれたのに、しばらくしてから「で、バンド名どうすんの? 」って(笑)。ジョークやと思われてたみたいです。でも、やってることと名前のギャップが欲しかったんです。バンド名を聞いて「何やねんそれ」と思っても、いざ蓋を開けてみたら「かっこええやんけ! 」となってほしくて。まあ、僕ら自身、格好つけられるキャラじゃないから、格好いいバンド名をつけて出て行くのが恥ずかしくって…。要は照れ隠しですよ。
ヒロコパック(以下、ヒ) : ちなみにジャンボは「大きい」という意味の"jumbo"ではなくて、(スワヒリ語の)挨拶の"jambo"です。

——最初バンド名を聞いたときは、奇天烈な女の子3人くらいのグループかなと想像しました。その後にメンバーを知って、音源を聴いて、二度びっくりしました。

ハ : そのびっくりがほしかったんですよねー!
ヒ : 作戦成功ですね!

——ときめき☆ジャンボジャンボはどこで結成されたのですか?

ハ : 僕とメイプルさんが大阪芸術大学のサークルでやっていた、ドラムが2人、ギターが2人、鍵盤が2人とベースが1人という7人編成のマグニチュード7という前身バンドがあって。そこから2005年にときめき☆ジャンボジャンボができて、メンバー・チェンジを経て今の4人の編成になりました。
ヒ : 私は幼い頃からクラシック・ピアノを習っていて、中高生の頃には、演劇をやったり、うたものの曲を作ったりしていました。大学では音楽文化学を専攻していて、大学のあった京都で、ひょんなことからゆーきゃんに出会った。そこから聴く音楽の幅も広がって、ときめき☆ジャンボジャンボに加入しました。
ハ : ドラムの西山"buddy"翼君のi podにはジャズとくるりしか入ってなくて。バディ・リッチを目標にしているおもろいやつです。

——カラフルなイメージのライヴでは、ハヤシさんのベースのきれいな色も印象的でした。

ハ : あー、あれね。僕、中三のときに初めて買った楽器が真っ赤なモッキンバードだったんです。かっこつけたくて(笑)。それから大学入って真剣に音楽やろうと思って、貯金全部おろして握り締めて、リッケンバッカーを買いにいったんですよ。ええ楽器買ったら真剣になるんじゃないかとも思って。当時の友達には「リッケンなのになんでこんな色買ってん!」と笑われましたけど。
ヒ : 2000年限定モデルの珍しい色らしく、目立つみたいで。今ではバンドの顔になってますね。
ハ : 最近ちょっと調子が悪そうやから、予備が欲しいんですよね。でもなかなか売っていなくて。もしみつけたら、ご連絡ください!

——その愛用のベースを片手に曲作りを?

ハ : いや、曲を作るときに楽器を持っちゃうと手癖で作っちゃうから、僕はだいたい鼻歌で作るようにしてますね。たとえば、メンバーでジャムって録音したものを持って帰って、いいフレーズを取り出して鼻歌つけて、スタジオに持っていって、メンバーでジャムって、僕が持って帰っての繰り返しで曲を作ることが多いですね。僕、楽譜が読めないんで、鼻歌でしか伝えられなくって…。
ヒ : その鼻歌が聞き取りにくいんですよ…! 1小節1音ずつ、鍵盤押さえて、「この音で合ってる? 」って確かめながら楽譜をつくることもあるんです。「ドーン! みたいなんがええねん、コードは決まってない! 」って言われて、メンバーで試行錯誤したり…。ハヤシ君のオッケーが出るまでとことんやっているので、結局、鼻歌から始まって1曲つくるのに3ヶ月から半年掛かりますね。

——半年! 曲作りを始めるとき、ハヤシさんのなかでは最後まで曲の構成が見えているのですか?

ハ : いや、最後まで出来ていることはごく稀ですけど。まず僕のなかで、なんとなくこういうストーリーのものを作りたい、という全体のイメージはあるんです。そこにどのメロディを持ってくればいいのか、なんとなくのイメージをどうはっきりさせていくか。それをジャムのなかで少しずつ作っていく感じです。一人では出てこないときは出てこないので…。

——ストーリー?

ヒ : 曲に、物語やストーリーがあるんです。言わないようにしてたんですけど、実は、メンバー間ではアニメのオープニングぐらい、はっきりと情景を思い浮かべながら作ってるんですよ。
ハ : 例えば、「murmur of the moon」には、池の水面に月が映っていて揺れている、という情景があって、それを橋の上から見ている主人公の歌だったりする。「花束とトランペット」は、ある少年の旅立ちの歌。希望に満ちた旅立ちだけど、旅立つには何かと別れなくてはいけない。旅立つ少年がトランペットを持っていて、見送る少女が花束を持っていて、最後にそれをお互いに渡して少年は旅立つ、というストーリーがあります。
ヒ : 途中の四つ打ちのところは、旅立ちの支度をしてわくわくしている場面、後半の盛り上がりは、少女の気持ちが変化する場面とか、それぞれの音にイメージがあるんです。
ハ : 最後歯切れよく終わるのは、また帰ってくるぞという少年の決意みたいなものを表している。希望に満ちた部分と切ない部分をはっきり出したかったんです。
ヒ : そういったショート・ストーリーを思い描いているので、最後、曲が終わったとき私の頭の中では“to be continued!”って文字が出てるんですよ(笑)。

同じ時間を共有するなかで、相手の気持ちを動かせる

——なるほど。この種明かしを聞いてから、「トランペットと花束」を聴くとまた印象が変わりそうですね。

ヒ : 私たちの描くストーリーを知ってから曲を聴くと、そのイメージに縛られてしまうと思うので、リスナーに伝えるかどうかは、悩んでいるところなんです。私たちは、ストーリーの流れが見えるように曲を作るけど、曲を聴いた人にはもっと自由に考えてほしくて。違うストーリーをはめていってもらっていいし、そのストーリーを聞いてみたいとも思う。もちろんそこに正解はなくて、完成していない4コマ漫画に、みんながどんなセリフを入れていくんだろう! みたいな感じかな。
ハ : それができるのが、音楽のおもしろいところ。僕は、音楽って一瞬を切り抜く芸術ではなくって、時間のある芸術だと思うんですね。同じ時間を共有する中で、相手の気持ちを動かせる芸術。別々に生きてる人と、音楽を通して感情の流れを共有できる。
ヒ : そうそう。私は何かをイマジネーションできる、情景をはっきり思い浮かべられる原動力のある曲が好きで。そんな曲を作るには、まず自分たちの中で核になるテーマやストーリーが見えていないといけない。この曲のこの部分で何を伝えたいのか、っていうことを妥協せずに考えて作ってるので、私たちにとってはどの曲も一音一音に意味があるんです。

——なるほど。メンバー間では、どのようにして情景やイメージを共有されているのですか?

ハ : それは、もう一生懸命喋ってますね。
ヒ : スタジオでも、「ここ少女が走ってるんやろ? じゃあもっと疾走してる感じを出すんじゃないの? 」とか「走ってるけど、スロー・モーションやねん! 」とか言い合ってイメージを作っています。
ハ : マーブルナイツ!」では、絵を描いてメンバーに見せました。そうやっていくうちに、急な展開の曲構成になったり、最初に描いていたフレーズに戻らなくなることもあります。プログレ・バンドとよく言われますが、特にプログレを意識しているわけではないんですよね(笑)。

——そうなんですね。アルバム全体でも曲のつながりというか、大きなストーリーを感じました。

ハ : ECLAT』は輝き、という意味なんですけど、世界が始まるためには終わりがあって、終わるときには始まりがある。そういう瞬間の輝きが『ECLAT』のイメージなんですよね。ひとつの世界が終わって粉々になったものが、1曲目の「祝福のパレード」で新しい世界に向かってパレードしていく。
ヒ : イントロの「ドーン! 」って音で、いきなり世界が破壊されてるんです(笑)。で、ピアノのソロが入ってくるあたりで少しずつ新芽が生えてくる。ちゃんと次が始まるんです。
ハ : で、最後の7曲目「rebirth of the universe」で、またビックバンが起こる。終わりが来るけど、また万物は再生に向かっていく。物事の終わりは切ないだけじゃなくて、同時に始まりでもあるんだってことをアルバム全体を通して言い続けてます。ループして聴いたら、2周目はまた新しい世界が再生していくように聴けたりもしてね。ジャケットも、表が創造、裏が破壊になって、アルバム全体とリンクしているので注目してみてください。

——ありがとうございます。最後にメッセージをどうぞ。

ヒ : ファースト・アルバムでベスト・アルバムです。音楽を続ける上で、妥協は絶対したくないのでやれるとこまでやりました。少しでも興味をもってくれたら、ぜひライヴを観に来てください! 楽しませます!
ハ : 音源は手紙。伝えたいことをしっかり下書きして、間違えたら消しゴムで消して清書して、パッケージして届ける。そういうつもりでつくりました。それに対して、ライヴって、何かわけわからんことも言うけど、必死こいて伝えようとしてる。そういうお喋りみたいなもんかなと思ってます。だから音源を聴いて、ライヴを観て、帰ってまた音源聴いてください!

レコメンド

Limited Express (has gone?) / LIVE JUNK
2010年4月25日に下北沢THREEにて行われたイベント"LIVE JUNK”でのライブの模様を収録した本作。昨年リリースしたアルバム『LTD』収録曲を中心に、未発表の新曲を含む全12曲が披露された。ミックス&マスタリングは、高橋健太郎が担当。現在の彼らのグルーヴが存分に発揮されている、衝動に溢れた音と緊張感が伝わるライブならではの空気を、是非HQD(24bit/48khzのwavファイル)で!

LOSTAGE / LOSTAGE
3人編成となり、初の作品。サウンドのレンジ幅はより太く、圧倒的に音圧を増した作品となった。活動フィールドをインディーズに戻し、原点に立ち返ることで生み出される衝動。セルフ・タイトルも、この作品に対する大きな覚悟の表れであり、再出発に向けての新たな一歩である。バンド結成以来最高に鋭角、かつ狂気に満ち溢れた作品。

and young... / Freaks Meets Young
「ダサイ本物よりクールな偽物を愛する永遠のオルタナチヴ」と掲げるベースレス・トリオand young...の、ライブ・アルバム。圧倒的なパフォーマンスで魅了し続けてきた彼らの、ライブ・バンドとしての魅力が凝縮された1枚。

PROFILE

2005年、大阪にて結成。ギター、ベース、ドラムスとピアノの四人編成。『ときめき☆ジャンボジャンボ』によって生み出された、そのバンド名からはおよそ想像もつかない楽曲達は、言葉を使わず変拍子を織り交ぜたインストゥルメンタル中心の音楽スタイル。時には「プログレッシブ・ロックである」とも、そして時には「ポップ・ミュージックである」とも言われ、老若男女問わず聴く者全てをその世界観へと引きずり込んでゆく。音の向こう側に見えるのは、いつも私たちがはじめて出会う、でもどこかノスタルジックな物語。

LIVE SCHEDULE

  • 2010/7/3(土)@大阪 梅田Shangri-La
ときめき☆ジャンボジャンボ リリース・パーティー!
  • 2010/7/17(土)@名古屋 新栄Live&Lounge Vio
おんがくはみんないい子ですvol.5〜ときめき☆ジャンボジャンボ「ECLAT」リリース・パーティー〜
  • 2010/7/24(土)@福岡 薬院UTERO
  • 2010/8/7(土)@東京 渋谷LUSH
ときめき☆ジャンボジャンボ 1st Album『ECLAT』リリース・パーティー × AvAi presents『LINK+LINK』
  • 2010/8/29(日)@京都 二条城前livehouse nano& Bar rakuBouズ
nano BOROFESTA — ときめき☆ジャンボジャンボ リリース・パーティー! —

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』
[FREEDL]・2016年12月05日・演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』 2016年12月5日に発表された、清 竜人の新プロジェクト『TOWN』。演者と観客との境界線をなくし、ひとつのバンド『TOWN』として一緒に歌い、演奏し、作品を残すことをコンセプトに2016年12月から毎週1曲アップされた全8曲はOTOTOYからフリー・ダウンロード配信中。 3月13日『清 竜人 TOWN Vol.3』PHOTO 2月20日『清 竜人 TOWN Vol.2』PHOTO 2月2日『清 竜人 TOWN Vol.1』REPORT 今まで見たこともないようなエンターテインメントが現れた。その名は「清 竜人 TOWN」という。 2017年2月2日、清竜人が新たに始動させたプロジェクトである清 竜人 TOWNのファースト・ライヴ「清 竜人 TOWN Vol.1」が渋谷TSUTAYA O-EASTで開催された。 清 竜人 TOWNの活動スタイルはラディカルだ。楽曲はOTOTOYから8週連続で無料配信、ライヴのチケット代も無料、楽器を弾くバンド・メンバーも公募し、ライヴの撮影も自由だ。それは、「清 竜人とリスナーとの
大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也