初のBサイド集をリリースするART-SCHOOL、木下理樹が語る「傷だらけの歴史」

2000年に『SONIC DEAD KIDS』でデビューを果たしたART-SCHOOL。以来、6枚のシングル、11枚のミニ・アルバム、9枚のオリジナル・アルバムをリリースしてきた。そんな彼らが2017年1月25日に初のB SIDES BESTをリリース。事前に行ったファン投票を反映し、メンバーの思い入れと共に選曲した全18曲。 隠れた名曲達が多く収録された今作には、ART-SCHOOLの歴史と思い出が詰まっている。今回は木下理樹(vocals/guitars)にインタヴューを敢行。これまでの活動について彼の思いを訊いた。

ART-SCHOOL初のBサイド集

ART-SCHOOL / Cemetery Gates

【販売価格】
2,700円

【収録曲】
1. ニーナの為に
2. ステート オブ グレース
3. 1965
4. プール
5. I hate myself
6. レモン
7. LILY
8. SKIRT
9. LOVERS
10. MEMENT MORI
11. JUNKY’S LAST KISS
12. LUCY
13. カノン
14. LITTLE HELL IN BOY
15. LOVERS LOVER
16. それは愛じゃない
17. その指で
18. Ghost of a beautiful view

ご購入はこちらから
※今回、OTOTOYでの配信はございません。


ART-SCHOOL『Cemetery Gates』Trailer


INTERVIEW : ART-SCHOOL

ART-SCHOOLが初のBサイド集『Cemetery Gates』を発表する。ファン投票の上位曲を中心にセレクトされた全18曲は、123 RECORDSでのインディーズ・デビュー、東芝EMIからのメジャー・デビュー、そして、ポニーキャニオンへの移籍という、2000年代のART-SCHOOLの軌跡を伝える貴重な資料になっているとも言えるだろう。そこで今回のインタビューでは、木下理樹に改めて2000年代の活動をじっくりと振り返ってもらった。下北沢のシーンから抜け出して、メジャーへと進出するも、混迷を極めた00年代前半。メンバー・チェンジを経て、より深く自らの表現を追求した00年代後半。ART-SCHOOLは果たして何と戦い続けてきたのか? 木下いわく「傷だらけの歴史」の真実を紐解く。

インタヴュー&文 : 金子厚武
写真 : 東玄太

もう一回自分たちの立ち位置というか、キャリアを見直す時期なのかなって

――まずはファン投票を反映させたBサイド集を出そうと思った経緯を教えてください。

木下 : 弾き語りをすることが多くなって、そのときリクエストされる曲が「なんでこんなマニアックな曲ばっかりみんなリクエストするんだろう?」っていうのが多くて、そういえば、Bサイドベストって出してねえなって。それプラス、自分のキャリアを見直す時期が来てるのかなと思いましたね。結成して17年で、アルバムを8枚くらい出して、今は自分のレーベルを立ち上げてやってるわけだから、ここでもう1回自分たちの立ち位置というか、キャリアを見直す時期なのかなって。

――投票結果についてはどんな印象ですか?

木下 : …… 暗いなって思いましたけど(笑)、でもまあ、暗いっていうよりは、もっと根源的に、すごく純粋なものを持ってて…… 何かと戦ってるような曲が多いですよね。

――今振り返ると、当時は何と戦っていたんだと思いますか?

木下 : なんだろう…… 裏表のある人が、大人が嫌いでした。自分は絶対そういう人にはなりたくないと思ってましたけど、今振り返るとすごく幼い考え方だったとも思います。10代とか20歳くらいのときに作った曲も含まれているので、思春期の葛藤もあったんじゃないかな。

――理樹さんにとっては、ほぼ「2000年代 = 20代」なわけで、このアルバムは大人になる過程を追ったアルバムという言い方もできそうですよね。

木下 : 僕は若い頃からバンドをやっていて、今にして思えば、いわゆるキャンパス・ライフを味わいたかったなとか思うんですけど(笑)、でもそれはもう叶わないですし、自分の人生における大切な時間を、ホントにバンドに捧げてたんだなって思いますね。

――では、実際に当時のことを振り返っていただこうと思うんですけど、ART-SCHOOL(以下、アート)は2000年にthe pillowsやBUMP OF CHICKENのスタッフが集まって興した123 RECORDSからインディーズ・デビューしていて、下北沢のギターロックの盛り上がりの中にいた印象があるのですが、実際下北沢に対する帰属意識があったと言えますか?

木下 : 当時帰属意識を持ってた人で、売れたバンドはいないんじゃないかな? みんなそこから、ノルマを払ってなんぼみたいなところから抜け出したくてやってたと思うから。当時ACIDMANとかストレイテナーとかと、打ち上げでちょっと話したりするのは、「いつ抜け出せるのかな? 」みたいな話だったし。まあ、そもそもその前にはギター・ポップのムーブメントがちょっとあって、僕らはどこにも居場所がなかったんです。まだ「ギター・ロック」って名前も付けられてなくて、自分たちがやってるのは普通のロック、もしくは「インディ・ロック」だと思ってたから、「これをギター・ロックっていうんだ」って思いましたね。

――確かに、ひとつ上の世代にはShortcut miffy!とかがいたから、「下北系」って言ったときに、世代によってイメージが違ったりもしますもんね。では、帰属意識とは違うかもしれないけど、下北沢GARAGEにはよく出ていたと思うので、ホームのような意識はありましたか?

木下 : 確かに、GARAGEにはよく出ていて、すごくお世話になったんですけど、ホームという感じではなかったかなあ…… SHELTERとか、渋谷屋根裏とかでもよくやらせてもらいましたしね。僕当時は両親に「大学に行く」って言って上京したんですけど、最初はまったく食べれなくて、すごく焦りを感じてたのは覚えてます。

――ひとつ大きかったのが、BUMP OF CHICKENのメジャー・デビューで、彼らのブレイクをきっかけに、下北沢で活躍していたバンドたちが次々メジャーに行き、アートも2002年に東芝EMIからメジャーデビューをしています。当時は「やっと俺たちの番が来た」という感じだったのか、それとももう少し冷静に状況を見ていたのか、どちらだったのでしょうか?

木下 : 「よし、やっと来たぜ」って感じはあったんですけど…… 「こんなにも忙しくなるんだ」っていうぐらい、急激に忙しくなったんですよね。その中でやっぱり、何であんなに仲良かったバンドが、ここまで仲悪くなるのかなとは思いましたね。人気が上がれば上がるほど、バンドの仲は悪くなっていって…… もちろん、忙しくなること自体は全然かまわなかったんです。それまでは地方に行ってもお客さん全然いなくて落ち込んだりしてたけど、その頃からお客さんがすごく増えて、それは嬉しかったけど…… ただ、それと並行するように、人間関係はギクシャクして行きましたね。

ホントに青春としか言いようがない

――今回のBサイド集には2003年発表の『SWAN SONG』から最多の4曲が収録されていますが、言ってみれば、1番混沌としていた時期の作品なのかなって。

木下 : そうですね……でも、当時のことってほとんど覚えてないんです。点としては思い出せるんですけど…… たぶん、嫌なことがあり過ぎて、記憶を消してるんだと思う。そんな中で覚えてるのは、『LOVE / HATE』を出すし、ブログでも書いてみようかなと思って、書き始めたら、その一週間後にメンバーから「やめる」って話を聞いて、「俺ブログ始めたんだけど、どうしよう? 」って、それは覚えてるんですよね(笑)。

――そんな時期に作られた作品に、今も愛され続けている楽曲が多く収録されているのは不思議な気もしますが、音楽ファン的な目線で言うと、切迫した状況にあったバンドが何とか産み落とした作品というのは、特別な魅力があるんですよね。もちろん、本人たちには複雑な思いがあると思うんですけど、『SWAN SONG』はだからこそ愛されているのかなって。

木下 : そうですね…… とにかく、当時はめちゃくちゃ曲を作ってたイメージですね。

――『SWAN SONG』は限定生産盤で、ミニ・アルバムとシングルの2形態でリリースされていましたが、ここにはどんな意図があったのでしょうか?

木下 : 単なる加茂さん(加茂啓太郎 / 当時の東芝EMIディレクター)のフラッシュ・アイデアですよ(笑)。でも、限定1万枚がすぐに売り切れて、反響はめちゃめちゃ大きかったです。

――さきほど、若い頃は大人との戦いだったという話がありましたが……。

木下 : 加茂さんとは戦ってないですよ(笑)。

――はい(笑)。ただ、メジャー・デビュー後というのは、大人と数字の話をする機会も当然あったかと思います。

木下 : 多少はありましたけど、全然ダメって数字ではなくて…… まあ、やっぱり僕が幼かったってことでしょうね。だから、ホントに青春としか言いようがないですね。友情があって、別れてっていう。バンドは結婚とはまた違うと思うから、友情があって、青春があって、それが終わってしまったってことですね。

――「第一期ART-SCHOOLの思い出」と言われたときに、パッと思い浮かぶのはどんなシーンや出来事ですか?

木下 : ギターの純くん(大山純 / 現ストレイテナー、another sunnyday)が栄養失調でいきなり倒れて、救急車に付き添いで乗ったのと、ドラムの櫻井くん(櫻井雄一 / 現LUNKHEAD)が盲腸的なものにかかって、メンバー4人で飲んでたときに、パッて見たら顔色おかしくて、笑いながらすごい汗かいてて、また救急車呼んで……。

――「フェスのでかいステージに立ったとき」とかよりも、そっちが先に出てくるんですね(笑)。

木下 : GARAGEを初めて売り切ったときとかは嬉しかったですね。初めて雑誌に載ったり、もちろん、いい思い出もいろいろあって…… この時期は、結構注目されてましたからね。

――アートだけではなく、ACIDMAN、ストレイテナー、Syrup 16g、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが次々とメジャー・デビューして、その一方では、MO'SOME TONEBENDER、downy、54-71のようなよりオルタナ寄りのバンドもメジャーに行き、バンド・シーンがホントに面白かった時期ですよね。

木下 : 90年代の半ばから00年代初めくらいまでは、僕も『rockin’on』と『JAPAN』両方読んでたし、面白かったですよね。それをちゃんと体感できたっていうのは、自分の人生においてものすごく大切だったなって思います。

自分たちがいいと思うものをやろうっていう、その意識は強くなってましたね

――メンバー・チェンジ以降は、自主レーベルでの活動を経て、2005年にポニーキャニオンに移籍しています。東芝EMI時代とはどんな変化がありましたか?

木下 : 最初にグラスゴーに行かせてもらったんですけど、もうメンバーが違うんだから、同じ音を目指してもしょうがねえっていうのがあって、周りのことはよくわかんないから、独自の世界観に行こうよって思ってました。『LOVE / HATE』が注目されて、当時新宿にあったリキッドを売り切って、「よし!」ってなったときに、メンバー脱退、活動休止ってなって、俺ホント25歳で人生終わりだと思ったんですよ。でも、そこから立て直して、それでも自分の音楽を作ろうと思ったわけだから、とにかく自分たちがいいと思うものをやろうっていう、その意識は強くなってましたね。

――ポニーキャニオン時代はKARENでの活動も並行して行っていて、アートとは別のアウトプットを持っていたということも重要だったのかなって。

木下 : そうですね。downyのメンバーと、アチコちゃんとやれて、アートではできないようないろんなバンドと対バンできたし、そこからのフィードバックも大きかったですね。

――そのあり方って、今思うと現代的だったなっていうか、メジャーに所属しつつ別のプロジェクトをやるのって、Gotchさんとか、ホリエさんのentとか、今では普通のことになってるけど、それをいち早くやってたのがアートとKARENの関係性だったなって。

木下 : そう考えるとそうですね。もう一個アウトプットを作るっていうのは自分にとって重要なことで、アートではやれないことがやれたし、あとは単純に、作ることの喜びとかね、それをちゃんと確認できたんですよね。

――ファン投票の一位に選ばれたのは、シングル『テュペロ・ハニー』収録の「その指で」でしたが、この結果についてはどんな感想をお持ちですか?

木下 : …… 何で? っていう(笑)。

――「その指で」はポップス寄りの曲で、一般的なアートのイメージであるオルタナ寄りの曲と比べると、ちょっと異色の曲ですもんね(笑)。Bサイド集って、得てしてこういうちょっと変わった曲が選ばれる傾向があるとは思いますが。

木下 : この曲はグラスゴーで作ってて、トニー・ドゥーガンさんが「クレイジー!」って言ってました(笑)。お経みたいなプラグインがあって、最初モグワイのバリーさんがそれも入れてたんですけど、「やめてくれ」って外したんで、それでクレイジーさが減りましたね(笑)。ただ、これもともとは一回ボツになった曲なんです。その後シングルを出すときに、「そういえば、あれがあるじゃん」ってなって、でもアルバム(『Flora』)のタイミングでは、「これ求められてないよな」ってナンバーだったんですよ。

――そういう曲が人気曲になっちゃうっていうのは、面白いですよね。

木下 : もしこれがデビュー・シングルだったら、僕らはSuchmosみたいになれたかもわかんない(笑)。

――確かに、今出してたら、「シティポップ」って呼ばれてたかもしれないですね(笑)。では、先ほどと同じ質問で、「第二期ART-SCHOOLの思い出」と言われたら、パッと思い浮かぶのはどんなシーンや出来事ですか?

木下 : やっぱり、グラスゴーに行ったときかな。トニーのスタジオはモグワイも使ってるスタジオで、そういう機会でもなきゃ、行けないですからね。さっきも言ったように、方向を切り替えて、自分たちの世界観をより深く出したいって時期だったので、そういう意味では上手く行ったと思うし、(『PARADISE LOST』は)今でもいい音で録れたいい曲がいっぱい入ってるアルバムだと思いますね。

――ここまで00年代の活動を振り返っていただきましたが、当時と今を比較したときに、どんな部分で一番の違いを感じますか?

木下 : 面白い動きをしているレーベルが増えたなって思います。Yogee New Waves(以下、ヨギー)のレーベル(Bayon production)とか、Rallyeとかね。あとはWWWやWWWXのスタッフがオウガを手伝ってたり、アップリンクの方が映画のイベントに呼んでくれたり、多面的な動きをしてる人が面白いと思います。僕が初めてD.A.N.を聴いたのは、渋谷のBOYって古着屋で、スタッフのTOMMYとレーベルの方が知り合いだったり、やっぱり面白い動きをしてる人は面白いところを見てるんだなって思ったんですよね。

――理樹さんは今でも若手のライヴをはじめ、いろんな現場に行ってると思うし、そういう人たちと上の世代をつなげるハブになる可能性があるんじゃないかとも思います。

木下 : そうですね…… なれたらいいな(笑)。

――では最後に、『Cemetery Gates』というアルバムタイトルについて話していただけますか?

木下 : あんまりちゃんと考えてないんですけど……「僕の死期が近いのでは」みたいな(笑)。それが世界観ですからね。本当にヤバいんだなっていう。THE 1975の人が、自分は死ぬこととセクシャリティのことしか歌いたくないって言ってて、それって昔マサムネさんが言ってたことと同じだなって思ったんですけど、それは僕も同じなんです。なんでそうなったのかって言われたらわからないけど……「死」ってものに惹かれるからでしょうね。

――死は遠くにあるものではなくて、すぐそばにあるものなんだっていうリアリティはアートが一貫して歌い続けたことで、その感覚は今の若いミュージシャンにとっては表現の前提になったように思います。

木下 : そうですね。最近ぼくのりりっくのぼうよみのレビューを書いたんですけど、すごいなって思って。「こんなの書けないよ。ここまでディストピアなのか」って。まだ彼大学一年生とかでしょ? それであそこまで今の状況を俯瞰で捉えて、言葉を操って、ホントすごいなって。要は、今の十代の子って、ほとんど大人に憧れてないですよね。だからこそ、今自由に見えるシーン、ヨギーとかD.A.N.とかは、メジャーと契約してるバンドよりもより強いものを持ってると思いますしね。

――やっぱり、若い時期っていうのは何かと戦っていて、だからこそ、鮮烈な表現を生み出せる。それは今回アートの初期作を聴いて改めて思ったことでもあります。ただ、そんな若手を導く存在っていうのもやっぱり重要で、さっきハブっていう話をしましたけど、00年代の音楽シーンを体験してきた理樹さんが、若い彼らと混ざり合うことというのは、これから非常に重要なことになってくるように思います。

木下 : 僕はまだまだ自分のやりたいこと、やれることが全然実現できてないと思ってるんで、そこに関してはもう…… 頑張んなきゃしょうがない。ただ、昔と同じ考え方をしてる人には興味がないというか、今はホントに面白い人がいっぱいいるから、そことはきっと自然に繋がっていくんじゃないかっていう気もしてるんですよね。

RECOMMEND

downy / 第六作品集『無題』

発展、進化を成し遂げるdownyオリジナリティが凝縮されたアルバム、第六作品集『無題』。時代の空気に目も心も配ったアップデートされて幅を広げたバンド形態での音楽的可能性の探求がここに見られます。

LUNKHEAD / アリアル

愛媛県出身の4人組ロックバンド、LUNKHEADの通算11枚目のフル・アルバム。

Gotch / Good New Times(24bit/96kHz)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントマンとして、そしてソロとしてその才能を発揮し続けるGotch(後藤正文)の、約2年ぶりの2ndソロ・アルバム

LIVE INFORMATION

ART-SCHOOL B SIDES BEST『Cemetery Gates』発売記念インストアイベント
2017年2月18日(土)@タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
2017年2月25日(土)@FLAKE RECORDS
2017年2月26日(日)@タワーレコード名古屋パルコ店店内イベントスペース

ART-SCHOOL LIVE 2017 B SIDES BEST「Cemetery Gates」
2017年3月25日(土)@梅田 Shangri-La
2017年3月30日(木)@Shibuya WWW X

PROFILE

ART-SCHOOL
2000年ART-SCHOOL結成。同年9月、1stアルバム『SONIC DEAD KIDS』をリリース。この頃より全国区でのライヴを展開するようになり、美しく純度の高いポップな曲調と轟音ギター、そして木下のあどけなく危なげなヴォーカルで表現する独特の“うた”の世界観を多数のオーディエンスに印象づけ話題となる。何度かのメンバー・チェンジや活動休止を乗り越え、2012年、現在の「第3期ART-SCHOOL」としての活動を開始。2015年、5月、木下理樹が音楽、ライヴ制作、アートワーク・デザイン、フォトグラフ、アパレルなどクリエイティヴで柔軟な発想を持った各ジャンルのスペシャリストが集結したチーム「Warszawa-Label」の設立を発表、2016年5月18日(水)Warszawa-Label第一弾CD『Hello darkness, my dear friend』をリリース、精力的に第一線で今なお活動中。
ART-SCHOOL公式HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介