アヴァンギャルド御本尊、ビニール解体工場──2016年を生きる女子大生から40年前のDEKUへラブレター

東京・吉祥寺マイナーを中心に第五列やなまこじょしこおせえなどのグループで活動していたDEKUが、同時期に地元・高松で流動的なメンバーとともに活動していたバンド、ビニール解体工場。2015年12月には宇川直宏がキュレーターを務めた「高松メディアアート祭」に出演、31年ぶりの演奏を披露した。そして約40年の時を経て、1980年前後に制作した音源を集めたアルバムがリリースされた。本作は中学生時代にビニ解のライヴに通い詰めていた宇川が監修し、1979年から1984年にかけて録音されたカセット75本分の音源500テイクから31曲を厳選した作品となっている。OTOTOYでは、2016年の今を生きる女子大生に、DEKUへのラブレターと称し、メールで質問文を送った。約40年前、彼女と同い年だったDEKUが作り上げたビニール解体工場とはなんだったのか? そのヒントになれば幸いだ。

宇川直宏監修によるビニ解の秘蔵音源がリリース

ビニール解体工場 / ビニール解体工場

【Track List】
1. それが何
2. 風の音色
3. ありがとう先生
4. ころがる魂
5. JUJU即興
6. メシ出せ
7. タラッソ
8. 白くとけてゆく
9. カタドレ
10. 水に流して
11. ビニール解体工場のテーマ Take ||
12. 地下鉄の自殺者
13. 少年
14. プロジェクトチーム計画集団2
15. 凍りの月夜
16. まとわりついたらはなれない
17. キット
18. タラッツ
19. この子の七つのお祝い
20. 神がうまれたここで
21. よみがえれ欲望
22. 東からの風
23. もう一度
24. 思い出風の音
25. JUST
26. そうそう
27. ヌグル戦いの詩
28. ヌグル死者の詩
29. 血がぬけて
30. フォトグラフ
31. 来るべき巨人の時代に

【配信形態】
16bit/44.1kHz(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3

【配信価格】
アルバム 2,469円(税込)

※アルバムをまとめ購入すると、「4 55 A1 イソップのキツネ」「4 55 A2 こわれた脳」「4 55 A3 あなたの身体がとても冷たくて」の3曲(WAV音源)と、OTOTOY特製Webブックレットがついてきます。

INTERVIEW : DEKU

私は21歳の女子大生。ビニール解体工場の存在は正直知らなかった。今回、初めてビニール解体工場の楽曲を聴いて一言… 衝撃的だった。というより、「なんなんだこれは!!」と叫びたくなった。実験的な電子音楽も好んで聴くことはあったが、自分の知らない音世界が、ビニール解体工場によってまた1つ増えたといっても過言ではない。1984年に活動を停止してから、これまで謎に包まれたままだった彼らの活動を辿っていくうちに、とにかく彼らの人間性に興味がいった。一体どんなことを考えていたのか、どんなことが音楽に表れているのか。おまけに、今の私の歳と近い頃から前衛的な楽曲制作や、パフォーマンスをされていたというから余計に惹かれた。アヴァンギャルド御本尊であるDEKUへ、当時同年代だった彼らに思うことを、私の思うままにぶつけた。

インタヴュー&文 : 木本日菜乃


ビニール解体工場 ダイジェスト1

2016年を生きる女子大生から40年前のDEKUへのラブレター

ーー楽曲を聴いて、すごく引き寄せられたというか、いい意味で、頭の中が普通じゃないなと思いました。当時どんなことを考えていましたか? 例えば将来や人生について。

DEKU : 世界は、あなたの思った通りになる。そんな風に考えていました。頭の中という社会で、誰もが。

ーー私は電子音楽が好きな方なのですが、特にノイズなどは正直耳が痛くなって長時間は聴いていられないです。大学生の私の周りでもなかなか好きな人はいません。DEKUさんはノイズや、電子音に対してどんな面白さを感じていますか?

DEKU : ビニール解体工場はノイズ・バンドではないので電子音に対してのコメントになります。初期のシンセは現存する古典楽器の音に忠実であろうとしていた。コルグのMS-10のマニュアルにはピアノとかピッコロ、フルートなんかのセッテイングがサンプル表記されてます。でも嵐の音や雷の音のようなよりリアルな音の方がシンセにおいてはむしろ非現実的で面白かった。

ーービニール解体工場における楽曲、そして映像に関して、制作する際、どんなことからインスピレーションを得ていたのでしょう? 日常のこと? 社会? 生きること?

DEKU : 不条理の中の道理。意味があると考えられていることの無意味さ。表裏の間にあるあいまいさ。

ーー宇川さんとの対談(※CD内に封入されている特典)にもあったように、ビニール解体工場は今の時代聴いても古いものじゃなくて、新しいものに感じました。当時、映像や音楽を、どういう感覚で表現していましたか。

DEKU : 当時は新しい音楽をやっている意識はありませんでした。自分を含め演奏参加者のスキル以上のものは表現できません。ただ、あまり世の中に流通していない音楽を、ひたすらやりたかった。

ーー音楽以外にも何か夢中になっていたことはありますか。私生活も気になります。

DEKU : ビニ解CDのライナーにも記載しましたが、映像制作と、鳥のように空を飛ぶこと。

ーー曲のタイトルと楽曲を聴いた時のギャップもまた面白いと思ったのですが、タイトルへのこだわりだったり、どうやって言葉を選んでいるかを教えてください。

DEKU : 普通に湧き出てきます。頭の中で映像と一緒になってコトバが。

ーーよく聞き取れないけど何かを叫んでいることに人間らしさをすごく感じたのですが、外に対して何かを発信したかった気持ちが強かったのですか?

DEKU : 「おまえの魂」という詩があるんです。〈おまえの魂、そこまで来ている〉で始まる曲ですが、疲れ果てたあなたの心を癒やすのは私ではなくあなたなんですよ、という意味のことを歌っています。アルバムに収録されている曲では、「東からの風」。冒頭に〈すべての自分はおまえと反対〉という詩があります。大陸の砂漠にある帝国で何が起こったのか、情景を想いながら作詞しました。ただ、非常に不思議なのは、情景を想うことは空を飛ぶことに近いんですよ。意味を持たせたがる人間的な行為は、実は無意味なのかもしれません。

ーー音楽を聴いた時に、その楽曲が持つ世界観に包まれて、情景が頭の中に描かれることが多いです。しかし、ビニール解体工場の楽曲を聴いた時は、まず衝撃が走ったような感覚で、情景が全く見えてきませんでした。楽曲に込められている世界観とはどんなものですか。感情やストーリーなのか、それともそれ以外なのでしょうか。

DEKU : 世界観は先ほど答えましたので、見えない情景について。というか、見えにくくしている環境についてです。ビニ解は4年間の活動期間中に幾度となくメンバーが入れ替わりました。当時からバンドではなくユニットと表現していた。毎回ライヴのたびにDEKU以外は異なるメンバーという構成で演奏が行われたのです。しかも同じ曲はほとんど演奏しませんでした。第五列的でした。その環境が原因で雑多な音楽が生まれ、情景が見えにくくなったのだと思います。ただ、75本のカセットに収録されている500曲あまりを時系列で聞くと、すごい情景が見えてきます。

ーー様々な表現方法がある中で、DEKUさんにとって、映像と音楽で表現することの面白さとは何ですか。

DEKU : ビニ解は苦痛の歴史で、楽しいと思ったことはありませんでした。表現ともあまり思っていませんでした。だから面白いとも思いませんでした。30数年間封印できたのもそのおかげです。それはもう今の方が理解しようとする人がいてくれるだけで楽しいです。


ビニール解体工場 ダイジェスト2

ーー「氷の月夜」は、他の楽曲に比べて音色も優しく、叫び声などもなく、他の楽曲と比べた時に、一番受け入れやすいと感じました。この楽曲を作った時の心境はどんなものだったのでしょう?

DEKU : すべては、個人的に内包されているものの一つです。『風の音色』や『思い出風の音』もベースは同じなんですがドローンという心地よい音に包まれたかった。

ーー音楽性も、パフォーマンスも、斬新で、人の想像力を超えているという意味で普通じゃないと思ったのですが、制作をしている時、あるいはライヴをしている時は意識はどこかに飛んでいきますか?

DEKU : 何が普通で何がそうでないのか? 例えば人知を超えた災害は環境を一変させることにおいて普通ではないのかもしれないが、地球の歴史からみると普通なこと。どこに個人の視点を置くかなんだと思います。31年ぶりのドミューンライヴでは、観ている人が気持ちよくなってほしいと念じて演奏しておりました。意識はそこここにあると。

ーー今の時代、中でも東京にいると、無意識のうちに多くの情報に触れており、ふと生きづらさだったりを感じるのですが、DEKUさんは当時、世の中に対してどんなことを考えていましたか?

DEKU : 世の中は自分の頭の中にしかないです。小学校低学年の思い出ですが、幼少期から大変仲の良かった女の子が近所にいました。障害を持って生まれた彼女と遊ぶことをある年で止められた。これが結構なトラウマになりました。誰の視座に立つのかで想いが真逆になる。30年近く経過したある日、彼女が避妊手術をした上で結婚していることを聞いた。生きづらさを感じられるということは幸せです。人に教えられた百通りの道を巡り巡って元にもどるです。

〜ご返答をいただいて〜

私が今考えていることは、将来のことや、この情報の多い世の中で、自分という存在は何なのか、どうやって生きていくことが幸せなのかということである。DEKUさんへの質問の中には、そういった自分の悩みも含めた。その理由は、当時のDEKUさんが私と同じくらいの歳だったということと、ビニ解の楽曲を聴いた時に、パッと理解できない楽曲の裏側には、何か深い考えがある気がしたからである。そんな質問に対して、DEKUさんのご返答の中に響く言葉があった。それは、「生きづらさを感じられるということは幸せです」。生きていれば、もちろん辛いこともあり、楽しいこともある。その中で、生きづらさという一つの壁にぶつかっていることに対して、「幸せ」だと言ってもらえてことで、自分が生きづらさについて向き合えてよかったと思えた。それと同時に、この問いは考えても考えなくてもいいのかもしれないが、自分にとっては無駄ではないと思えるようになった。こうして、改めてビニ解の楽曲を聴くと、いろんな壁に対して、真正面から叫び、ぶつかっていけるような、そんな強さをもらえた。

DEKUさん、ありがとうございました。

RECOMMEND

V.A. / TASTE OF WILD WEST 3(ハイレゾ)

徳間ジャパンのパンク・オルタナティヴ専門レーベル“WAX RECORDS”再発第3弾。本作は、関西のオルタナティヴ・アーティスト達を収録した、1990年発表のコンピレーション“テイスト・オブ・ワイルド・ウエスト”シリーズ第3弾。想い出波止場、非常階段、ボアダムス等を収録。

灰野敬二-experimental mixture- / in the world

40年以上(2013年時)に渡って日本の現代音楽、またはその前衛的傾向を主導してきた音楽家"灰野敬二"がDJとして活動するexperimental mixtureの初作品。あらゆる音楽ジャンルに民族音楽もミクスチャーされ、体感した事のない境地へと誘うサウンド・トリップ。全世界注目の最狂ミックス。

>>灰野敬二へのインタヴューはこちら

Merzbow / Venereology

米デスメタルのレーベルRelapse傘下のRelease Entertainmentからの1作目。当時、デスメタルやグラインドコアに接近した音作りを行いつつあった為、同レーベルからのリリースのオファーはメタル・シーンにMerzbowの音楽を紹介する絶好の機会となった。同レーベルからは3作のリリースがある。(米 Release Entertainment 1994)

>>秋田昌美(Merzbow)へのインタヴューはこちら

PROFILE

ビニール解体工場

1979年〜1983年香川県高松市で主に活動。不定形の音楽、定まらぬ音源を標榜し活動したアバンギャルド・ユニット。ライヴの度に音楽スタイルを変え、同じ曲をライヴで演奏することはなかった。なまこじょしこうせいというLP(CD再発売中)と数本のカセットテープでしか演奏は聴けない。主催者であるDEKUは35年間封印していたと語るがその真意はうかがい知れない。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在
[CLOSEUP]・2017年04月27日・「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在 「夏」をテーマにしたアイドル・グループ、Summer Rocketが2ndシングルをリリース。2016年7月から活動をスタートさせ、通算120回以上のライヴを行なってきたサマロケの新作は、ライヴの定番「さくらハレーション」「プールサイドのイルカ」の2曲。今回は楽曲制作者の永原真夏と工藤歩里がレコーディングにも立ち会い歌唱指導、徹底的にサマロケの世界観を作り上げた渾身作となっている。OTOTOYでは同作を配信するとともに、初めてのメンバー4人へのインタヴューを行った。 サマーロケット、2ndシングルを配信開始!!Summer Rocket / さくらハレーション / プールサイドのイルカ【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / まとめ 540円(税込) 【Track List】1. さくらハレーション2. プールサイドのイルカ INTERVIEW : Summer Rocket どこか懐かしさを感じさせるようなアイドル・グループ、Summer Rocket。群
by 西澤 裕郎
カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平