“博せ”はミュージシャンなのか? 技術者なのか?ーー俳優、関口知宏が扮する博せの変身実験アルバム第1弾『七変化』を限定配信!

ドラマや旅番組など、あらゆるフィールドで活躍する俳優、関口知宏。その味わい深い存在感で独自のスタンスを確立している彼が、なんと “博せ”として突然音楽家としてデビュー、しかもOTOTOY限定でアルバムをリリース! 気になるその内容は、まるでイタコのごとくジャズ、ブルース、はたまたKポップなど、あらゆるジャンルを博せ自らで再現した、“変身実験アルバム”。しかも作曲、演奏、ヴォーカルなどの作成過程を、すべて自身で行ったというのだから驚きである。そんな謎が謎を呼ぶ音世界を、音楽番組〈MUSIC SHARE〉主宰の本田みちよによるインタヴューと楽曲解説とともにご紹介。その奇妙かつ美しい“七変化”に耳を傾けていただきたい。


博せ / 七変化(24bit/44.1kHz)

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) : 単曲 214円(税込) / アルバム 1,620円(税込)
>>ハイレゾとは?

【Track List】
01. 伊豆の牡丹花 - せまくらちよこ
02. 魂のブルース - せッキー・キング
03. モスク - アラブ娘
04. ボンネット・カフェ - せッチモ
05. The Latin !! - Dr. JAZZ
06. よくある韓流バラード - せ・ジョンウォン
07. 4126 - 楽団ひとり


INTERVIEW : 関口知宏

楽器が弾けなくても音楽は作れるよ! ということを証明したい

世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組〈MUSIC SHARE〉の謎の人気コーナー「博せの研究成果」。このアルバムは 博せ= 関口知宏の音楽による変身実験と研究の成果をまとめたものである。

関口知宏と聞くと、「俳優」であり「鉄道で旅をしてる人」のイメージが強いかもしれません。日本はもちろん、ドイツ、スペイン、ギリシャ、トルコ、スイス、イギリス、中国…。先日はこのアルバム『七変化』のことで携帯に電話をしたら、呼び出し音が海外電話の音でした。「伊東って外国みたいだなぁ(博せの研究所の所在地です)」と呑気に思っていたら、本当にお仕事でプラハにいらして、「なんや! まじで外国やったんかいな!」というぐらい、しょっちゅうお仕事でいろんな場所に行かれています。(ちなみに発売日の本日もお仕事で海外にいらっしゃいます。)そんなイメージしかなかった私は「関口知宏って、結構まじめに音楽作ってるんだよ」と聞いた時、失礼ながら「どうせ俳優さんのやってる音楽だから片手間なんでしょ…」と警戒線を張っていました。しかし「いやいやいや、ほんと、これが結構すごいんだって!」と、あまりに薦められ聴いてみると… ボサボサの髪で、よく喋り、よく笑う素朴なキャラクターと、作っている曲の洗練された本格的な音と結びつかないせいも相まって、それはそれはビックリだったのです!

「なにこれ! めっちゃ歌上手い! 誰が歌ってるの? 演奏もすごいんだけどー! 誰が演奏してるの? 日本人? 誰? え!? 関口さん? え? え? これ全部???? ええええええ? うっそ~!!! 俳優なのにこんなに曲作れて演奏とか歌とかうまいのとかやめてー! 才能ありすぎて怖い! ずるい~!!!!」と叫びまくってると、本人が一言。

「いやぁ~、実はオレ、歌えないし楽器も弾けないのよ~。あはははは(笑)」

「ほ、ほ、ほ、本当ですか?」

「楽器も弾けないし、歌も歌えないよ」と聞いても全然納得出来ないプロの仕上がり。一体どういうことなんだろう? 本人曰く、「ワンフレーズ録るのに100回は歌うよ。1曲を違和感のない完成度にするのに大体3週間ぐらいかかるかな」とのこと。じゃあ、なんでそこまで頑張って曲を作るのか? 謎は深まるばかりなのですが、音楽が好きだということは当たり前として、「楽器が弾けなくても音楽は作れるよ!」ということを証明したい側面もあったようです。もちろん、楽器が上手くなりたくて普通に練習もしたのですが、全然上手くならず諦めたそうです。しかし、上手く演奏することを諦めたとはいえ、曲を作るとなると、妥協することが出来なくて、結果、編集が異常に上達してしまった博せ。こんな音楽の作り方や愛し方があっても良いと思うし、パッケージとしては間違いなく完璧なのですが、博せの生LIVEを観ることが出来ないのは残念すぎますね(笑)。

ここで 博せこと関口知宏の変身実験アルバム第1弾『七変化』を簡単にご紹介します! 全曲を通して共通しているのは「作詞 / 作曲 / 演奏 / 歌の全てが博せ= 関口知宏によるものである」ということを踏まえてお読みくださいませ!

『七変化』楽曲紹介

1曲目の変身実験 : せ間倉知代子「伊豆の牡丹花」

ある日、テレビを見ていた博せが「ああ、最近こんな歌ないよなぁ」と思い、なんとなくピアノでそれっぽいフレーズを弾いてみたところ、それっぽいものが出来た。歌も入れてみようと歌ってみたら、さぁ、これが大変! まずは声の高さと音質を調整し、女性の声にするところから始まります。演歌を歌う歌唱力がないので、一音一音をバラバラに録音して、ワンフレーズに小節を付けてみた。タイミングがズレ、「これ、もう小節とか無理かも…」と、ほぼ諦めつつプレイバックしてみたら、なんということでしょう! 上手く合っているではありませんか! 「小節ってタイミング遅れるぐらいで丁度良いのね!!!」と実験の結果気付いたそうです。

2曲目の変身実験 : せッキー・キング「魂のブルース」

「演歌いけたし、ブルースもいけるっしょ!」と博せは思ったのか? いやいや。「声を高くしたら女性になるのは分かったけれど、低くしたらどうなるの?」と思い低くしたら… 見事に黒人ブルース歌手になったので作ったそうです。この曲は「ある朝、目が覚めたら起き上がれなくて、何が起きたかわからなくて、困って、しょうがないから寝てた。3日間。なしだぜ。何もなしだぜベイベー。」と歌っています(笑)。お前がなしだぜ! と漫才のように突っ込みたいですね(笑)。そして、「これはさすがにギター弾いたんでしょ?」と聞いたら、やはり全然弾いておらず、いや、弾いてはいるのですが(ここのところが話をややこしくさせるのですよね(笑))、ワンフレーズずつ録音したものを上手くつなげているとのことです。ホント、ギターがちゃんと弾けなくてもこのクオリティーを出せてしまうのですねと、ただただビックリするばかりです。

3曲目の変身実験 : アラブ娘「モスク」

実は、この曲を聴いたときに、「博せの曲は絶対にリリースしないともったいなさすぎる! この人は時間と才能を無駄に使いすぎてるぞ!」と思った次第です(笑)。これは映画音楽みたいですよね。演奏もさることながら、こういう曲は聴いただけではわからないかもしれませんが、実は歌うの難しいんです。アラブの音階が日本の曲にはないので、日本人にはなかなかスッと身体に入ってこないのです。ワンフレーズずつ録音したにせよ、ここまでの再現は耳が良くないと不可能なわけで、博せ凄いな! と改めて思いました。

4曲目の変身実験 : せッチモ「ボンネット・カフェ」

このサッチモっぽい歌、「ちゃんと真似ないと似ないんだよね」と本人は簡単に仰っていますが、誰でも簡単に真似が出来るってことではないですよね。音楽のジャンルや黒人男性のボーカルというところでは2曲目とかぶる部分もありますが、こちらは声の加工をまったくしていません。博せ曰く、声の高さを変えるよりも歌い方を変えるほうがよっぽど違う人に聞こえることがあるとのことですが、この曲がまさにそうだと言えます。ちなみに、博せはこの歌のレコーディングで喉を痛めたそうでございます(笑)。

5曲目の変身実験 : Dr.JAZZ「The Latin!!」

この楽曲は、「~~っぽいもの」というわけではなく、博せが「こういうの聴きたいんだけど、最近こういう音楽を作ってる人いないよなぁ、じゃあ作ってしまおう!」と作った曲だそうです。ギターとピアノの掛け合いが絶妙なのですが、これももちろん編集によるものです。これ、本当にどうやって録音して編集したんだろう?? 熱海をイメージしているとのことですが、海岸沿いの道が似合うとても清々しくオシャレな楽曲です! このバンドのライヴに行きたいなぁ…。でも無理なんだよな… 残念!

6曲目の変身実験 : せ・ジョンウォン「よくある韓流バラード」

「ちょっと博せ! よくある韓流バラードって! ちょっとナメてませんか?」と思ったそこのアナタ! 滅相もございませんよ! なんと、この曲の歌は1000テイク録ったそうです! 真剣そのものじゃありませんか!!! そして、4曲目のせッチモと同じく、声の高さも音質も加工されていません。博せの地声ですので、キャラと違いすぎてイラッとしたりしなかったり…(笑)。素材を加工する能力だけでなくて、再現力というか、ものまね力というか、テクニックも必要ということですか…。いやはや、凡人には真似できません!

7曲目の変身実験 : 楽団ひとり「4126」

昭和ジャズ界の名プレイヤーが手がけたハトヤのCM曲と言われそうな、名曲風情がなんとも言えずニクいですね(笑)。マリンバの音にしてもピアノにしてもギターにしても女性コーラス・グループ、男性コーラス・グループ、メイン女性ボーカル、男性ボーカルも全員一流としか思えないんですけど、これも例のごとく、少しずつ録音しているのですから、本当にプロ泣かせですよ。博せが一人いれば一流プレイヤーが勢揃いするんですからねぇ。とんでもないことです。それにしても、この曲だけはハモリが博せ丸出しの地声でニヤニヤしてしまいますけどね。さて、良い風呂でも入りに伊東へ行かないと…。(text by 本田みちよ(MUSIC SHARE))

お察しの通り、もはや文章だけでは説明が足りないので、
インタヴュー映像も是非一緒にご覧下さいませ!


博せ関口知宏 変身実験アルバム 第1弾『七変化』発売記念インタヴュー

RECOMMEND

KANADe / TARIKi(24bit/48kHz)

〈MUSIC SHARE〉の代表であり、多彩な声色を使い分ける稀代のヴォーカリストでもある本田みちよと、プロデューサーのT-AKによる、ダンス・ミュージック・ユニット。洗練されたテクノ / エレクトロニカを下敷きにしながらも、ところどころに京情緒が覗くそのサウンドは、唯一無二である。

>>特集ページはこちら

本田みちよ / スタート(24bit/48kHz)

「OVERROCKET脱退発表したとき、色んな方から頂いたメッセージにお返しするため、そして新たなスタートをする人のために作った」と語る、本田みちよの新しいスタートをきるニュー・シングル。

>>特集ページはこちら

PROFILE

関口知宏

1972年7月1日東京生まれ。

>>博せ(関口知宏)『七変化』 特設HP

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー
[POWERPUSH]・2017年03月17日・LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー UKやUSのアンダーグラウンド・ミュージックに触発されたパンク・ロッカー、WSZ80(ワシズ・エイティ)によるダンス・ミュージック・ユニットLEF!!! CREW!!! 。彼らの高い熱量を持って繰り広げるDJパフォーマンスとフロアの狂乱ぶりは東京のアンダーグラウンド・カルチャーを語る上で欠かせない物語を生んできた。この度、2016年よりWSZ80のみのワンマン体制となったLEF!!!CREW!!! が転機のEPをリリース。OTOTOYではそのニューEPを、WSZ80へのインタヴューを付してお届けする。 LEF!!! CREW!!! のNEW EPをハイレゾ配信LEF!!! CREW!!! / BOOTLEF 001: STANCE'【収録曲】1. K.I.L.L (short) 2. I Love James Dance, Right? (How To Make A Punk Rock Song)【配信形態】24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC /
sora tob sakana、ファースト・ミニ・アルバムを独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年04月11日・さあ、ファンタジーの世界へーーsora tob sakana、ファースト・ミニ・アルバムを独占ハイレゾ配信 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。1stアルバム『sora tob sakana』もロング・セールスとなっている彼女たちが初のミニ・アルバム『cocoon ep』をリリースした。OTOTOYではこの作品をハイレゾ独占配信。技巧的な楽曲に少女たちの歌声が力強く響く6つのファンタジーを、金子厚武のレヴュー&sora tob sakanaの音楽プロデューサー、照井順政からのコメントともにじっくり味わっていただきたい。 アルバム購入にはブックレットがつきます。sora tob sakana / cocoon ep'【Track List】1. ribbon2. タイムマシンにさよなら3. 夢の盗賊4. tokyo wave5. 透明な怪物6. 夜間飛行 【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】''単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込) REVIEW : cocoon
「一夫多妻制アイドル」清 竜人25、OTOTOYラスト・インタヴュー
[POWERPUSH]・2017年04月12日・「一夫多妻制アイドル」が築いた3年の絆ーー清 竜人25、OTOTOYラスト・インタヴュー 清 竜人と5人の妻からなる一夫多妻制アイドル・グループ、清 竜人25。6月17日に幕張メッセイベントホールのコンサートをもって「解散」する彼らが、ラスト・アルバム『WIFE』をリリースした。OTOTOYでは、(1stシングルをのぞいて)リリース毎におこなってきた宗像明将による全員インタヴューも今回がラスト…。果たして有終の美でインタヴューは終われたのか?! どうぞ、『WIFE』を聴きながらお読みいただければ幸いです。 ハイレゾ版購入者に抽選でサインプレゼント!清 竜人25 / WIFE'【Track List】1. 愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡2. My Girls♡3. アバンチュールしようよ♡4. 25♡5. Christmas♡Symphony6. Sundayはわたしのモノ♡7. Coupling♡8. マリッジブルーを抱きしめて♡9. マイ♡ワイフ♡イズ♡アイドル10. ねえねえ...11. LOVE&WIFE&PEACE♡【配信形態】【左】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC)
極上の「王道ポップス」を! つりビット、2ndアルバムをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年04月05日・アイドル・シーンに極上の「王道ポップス」をーーつりビット、2ndアルバムをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットが2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』をリリースした。インパクトのある「つりビット」という名前でデビューをしてから5年。"いちアイドルのアルバム"だけではとどまらない上質な作品性は、前作を更に上回っている。そんな極上の「王道ポップス」をハイレゾでご堪能あれ。 アルバム購入でブックレットPDFつき! さらに抽選でポスタープレゼント!つりビット / Blue Ocean Fishing Cruise'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2,800円(税込)【Track List】''01.Blue Ocean Fishing Cruise02.裸足のマーメイド03. 渚でラテアート04.妄想フィッシング学園05. Get ready Get a chance06. Chuしたい07. ギョギョギョムーチョ08. 釣り銭はいらねぇぜ09. レモン海岸10. 潮風日記11.
〈After Hours〉開催記念!! MONO × envy × downy、主催3組によるインタヴュー掲載!!
[POWERPUSH]・2017年03月27日・極上の音楽体験がここに──祝SOLD OUT!!〈After Hours〉開催記念!! 主催3組による特別対談を掲載!! 2017年4月9日(日)、日本を代表するロック・バンドであるMONO、envy、downyの3組による主催フェス〈After Hours〉が開催される。昨年は〈SYNCHRONICITY'16 – After Hours –〉の中で行われた同イベントであったが、今年は〈After Hours〉が独立したフェスとして開催、日本の最前線を走るオルタナティヴなバンド、アーティスト全31組が渋谷に集結する。OTOTOYではイベントの開催を記念し、主催の3組からTakaakira ‘Taka’ Goto(MONO)、Nobukata Kawai(envy)、青木ロビン(downy)の3名にインタヴューを敢行。フェス開催のいきさつや今後の展望について話を伺った。 〈After Hours〉詳細 & タイムテーブルはこちら!! After Hours ’172017年4月9日(日)@TSUTAYA O-EAST / duo MUSIC EXCHANGE / TSUTAYA O-WEST / TSUTA
callme、9ヶ月ぶり4thシングルをリリース 3つの曲に込めた思いをインタヴュー
[POWERPUSH]・2017年03月22日・3つの曲に込められた、自分たちの思いとこれからーーcallme、9ヶ月ぶり4thシングルをリリース callmeが9ヶ月ぶりにシングルをリリースした。曲数は3曲。ポップさに舵を取り、物流応援PR曲として作られた「Bring you happiness」、3人のこれまでとこれからが凝縮された超大作「It's own way」、RUUNAのヴォーカルが冴え渡る「I never know tomorrow」の3曲について、じっくりと話を訊きました。 callme / Bring you happiness(24bit/48kHz)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,100円(税込)【Track List】''01. Bring you happiness02. It's own way03. I never know tomorrow INTERVIEW : callme 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが、今年最初となるシングル『Bring you happiness』をリリースした。表題曲はそのタイトル通りの
堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!!
[POWERPUSH]・2017年03月10日・堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!! 神奈川県央在住のロック・ヴォーカリスト、シンガー・ソング・ライターDEATHRO。昨年末にリリースされた1stアルバム『PROLOGUE』は90年代のジャパニーズ・ビート・ロックへの敬愛と、現行のインディー・ロック、オルタナを取り込んだサウンドで、新たなファンを続々と増やし続けている。今回配信となるライヴ音源はアルバムのリリース・ツアーのファイナル公演、下北沢THREEでの模様をパッケージング。ツアーを経てパンプ・アップしたサウンドとヴォーカリゼーション、1秒も聞き逃して欲しくないMC、そしてオーディエンスから湧き上がる歓声。この日ライヴに行った方も、行けなかった方も是非ともこの熱く狂った一夜を追体験してみてほしい。 DEATHRO / THE END OF THE PROLOGUE ”REVENGE” 3.6 Shimokitazawa THREE'【Track List】01. OPENING /KEN-O by 幽閉 a.k.a ZERO磁場02. RUNAWAY ANIMAL03. CRAZY FOR
the magic vol.7 ~A FIRST AID KIT リリースツアー・ファイナル DIALUCKライヴ・レポート
[POWERPUSH]・2017年02月21日・2人から3人へ、DIALUCKの魔法は進化していくーー リリースツアー・ファイナル・レポート 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をひっさげたリリースツアー・ファイナルが2月12日に北堀江club visionでおこなわれた。その模様をレポートする。 ライヴ中、ずっとサポートメンバーとして活動していたkanatama(Ba)のサプライズ感ゼロのサプライズ加入発表もあり、最後までDIALUCKらしいファイナルになりました。 初の全国流通ミニ・アルバムをハイレゾ配信中DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら LIVE REPORT :