“博せ”はミュージシャンなのか? 技術者なのか?ーー俳優、関口知宏が扮する博せの変身実験アルバム第1弾『七変化』を限定配信!

ドラマや旅番組など、あらゆるフィールドで活躍する俳優、関口知宏。その味わい深い存在感で独自のスタンスを確立している彼が、なんと “博せ”として突然音楽家としてデビュー、しかもOTOTOY限定でアルバムをリリース! 気になるその内容は、まるでイタコのごとくジャズ、ブルース、はたまたKポップなど、あらゆるジャンルを博せ自らで再現した、“変身実験アルバム”。しかも作曲、演奏、ヴォーカルなどの作成過程を、すべて自身で行ったというのだから驚きである。そんな謎が謎を呼ぶ音世界を、音楽番組〈MUSIC SHARE〉主宰の本田みちよによるインタヴューと楽曲解説とともにご紹介。その奇妙かつ美しい“七変化”に耳を傾けていただきたい。


博せ / 七変化(24bit/44.1kHz)

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) : 単曲 214円(税込) / アルバム 1,620円(税込)
>>ハイレゾとは?

【Track List】
01. 伊豆の牡丹花 - せまくらちよこ
02. 魂のブルース - せッキー・キング
03. モスク - アラブ娘
04. ボンネット・カフェ - せッチモ
05. The Latin !! - Dr. JAZZ
06. よくある韓流バラード - せ・ジョンウォン
07. 4126 - 楽団ひとり


INTERVIEW : 関口知宏

楽器が弾けなくても音楽は作れるよ! ということを証明したい

世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組〈MUSIC SHARE〉の謎の人気コーナー「博せの研究成果」。このアルバムは 博せ= 関口知宏の音楽による変身実験と研究の成果をまとめたものである。

関口知宏と聞くと、「俳優」であり「鉄道で旅をしてる人」のイメージが強いかもしれません。日本はもちろん、ドイツ、スペイン、ギリシャ、トルコ、スイス、イギリス、中国…。先日はこのアルバム『七変化』のことで携帯に電話をしたら、呼び出し音が海外電話の音でした。「伊東って外国みたいだなぁ(博せの研究所の所在地です)」と呑気に思っていたら、本当にお仕事でプラハにいらして、「なんや! まじで外国やったんかいな!」というぐらい、しょっちゅうお仕事でいろんな場所に行かれています。(ちなみに発売日の本日もお仕事で海外にいらっしゃいます。)そんなイメージしかなかった私は「関口知宏って、結構まじめに音楽作ってるんだよ」と聞いた時、失礼ながら「どうせ俳優さんのやってる音楽だから片手間なんでしょ…」と警戒線を張っていました。しかし「いやいやいや、ほんと、これが結構すごいんだって!」と、あまりに薦められ聴いてみると… ボサボサの髪で、よく喋り、よく笑う素朴なキャラクターと、作っている曲の洗練された本格的な音と結びつかないせいも相まって、それはそれはビックリだったのです!

「なにこれ! めっちゃ歌上手い! 誰が歌ってるの? 演奏もすごいんだけどー! 誰が演奏してるの? 日本人? 誰? え!? 関口さん? え? え? これ全部???? ええええええ? うっそ~!!! 俳優なのにこんなに曲作れて演奏とか歌とかうまいのとかやめてー! 才能ありすぎて怖い! ずるい~!!!!」と叫びまくってると、本人が一言。

「いやぁ~、実はオレ、歌えないし楽器も弾けないのよ~。あはははは(笑)」

「ほ、ほ、ほ、本当ですか?」

「楽器も弾けないし、歌も歌えないよ」と聞いても全然納得出来ないプロの仕上がり。一体どういうことなんだろう? 本人曰く、「ワンフレーズ録るのに100回は歌うよ。1曲を違和感のない完成度にするのに大体3週間ぐらいかかるかな」とのこと。じゃあ、なんでそこまで頑張って曲を作るのか? 謎は深まるばかりなのですが、音楽が好きだということは当たり前として、「楽器が弾けなくても音楽は作れるよ!」ということを証明したい側面もあったようです。もちろん、楽器が上手くなりたくて普通に練習もしたのですが、全然上手くならず諦めたそうです。しかし、上手く演奏することを諦めたとはいえ、曲を作るとなると、妥協することが出来なくて、結果、編集が異常に上達してしまった博せ。こんな音楽の作り方や愛し方があっても良いと思うし、パッケージとしては間違いなく完璧なのですが、博せの生LIVEを観ることが出来ないのは残念すぎますね(笑)。

ここで 博せこと関口知宏の変身実験アルバム第1弾『七変化』を簡単にご紹介します! 全曲を通して共通しているのは「作詞 / 作曲 / 演奏 / 歌の全てが博せ= 関口知宏によるものである」ということを踏まえてお読みくださいませ!

『七変化』楽曲紹介

1曲目の変身実験 : せ間倉知代子「伊豆の牡丹花」

ある日、テレビを見ていた博せが「ああ、最近こんな歌ないよなぁ」と思い、なんとなくピアノでそれっぽいフレーズを弾いてみたところ、それっぽいものが出来た。歌も入れてみようと歌ってみたら、さぁ、これが大変! まずは声の高さと音質を調整し、女性の声にするところから始まります。演歌を歌う歌唱力がないので、一音一音をバラバラに録音して、ワンフレーズに小節を付けてみた。タイミングがズレ、「これ、もう小節とか無理かも…」と、ほぼ諦めつつプレイバックしてみたら、なんということでしょう! 上手く合っているではありませんか! 「小節ってタイミング遅れるぐらいで丁度良いのね!!!」と実験の結果気付いたそうです。

2曲目の変身実験 : せッキー・キング「魂のブルース」

「演歌いけたし、ブルースもいけるっしょ!」と博せは思ったのか? いやいや。「声を高くしたら女性になるのは分かったけれど、低くしたらどうなるの?」と思い低くしたら… 見事に黒人ブルース歌手になったので作ったそうです。この曲は「ある朝、目が覚めたら起き上がれなくて、何が起きたかわからなくて、困って、しょうがないから寝てた。3日間。なしだぜ。何もなしだぜベイベー。」と歌っています(笑)。お前がなしだぜ! と漫才のように突っ込みたいですね(笑)。そして、「これはさすがにギター弾いたんでしょ?」と聞いたら、やはり全然弾いておらず、いや、弾いてはいるのですが(ここのところが話をややこしくさせるのですよね(笑))、ワンフレーズずつ録音したものを上手くつなげているとのことです。ホント、ギターがちゃんと弾けなくてもこのクオリティーを出せてしまうのですねと、ただただビックリするばかりです。

3曲目の変身実験 : アラブ娘「モスク」

実は、この曲を聴いたときに、「博せの曲は絶対にリリースしないともったいなさすぎる! この人は時間と才能を無駄に使いすぎてるぞ!」と思った次第です(笑)。これは映画音楽みたいですよね。演奏もさることながら、こういう曲は聴いただけではわからないかもしれませんが、実は歌うの難しいんです。アラブの音階が日本の曲にはないので、日本人にはなかなかスッと身体に入ってこないのです。ワンフレーズずつ録音したにせよ、ここまでの再現は耳が良くないと不可能なわけで、博せ凄いな! と改めて思いました。

4曲目の変身実験 : せッチモ「ボンネット・カフェ」

このサッチモっぽい歌、「ちゃんと真似ないと似ないんだよね」と本人は簡単に仰っていますが、誰でも簡単に真似が出来るってことではないですよね。音楽のジャンルや黒人男性のボーカルというところでは2曲目とかぶる部分もありますが、こちらは声の加工をまったくしていません。博せ曰く、声の高さを変えるよりも歌い方を変えるほうがよっぽど違う人に聞こえることがあるとのことですが、この曲がまさにそうだと言えます。ちなみに、博せはこの歌のレコーディングで喉を痛めたそうでございます(笑)。

5曲目の変身実験 : Dr.JAZZ「The Latin!!」

この楽曲は、「~~っぽいもの」というわけではなく、博せが「こういうの聴きたいんだけど、最近こういう音楽を作ってる人いないよなぁ、じゃあ作ってしまおう!」と作った曲だそうです。ギターとピアノの掛け合いが絶妙なのですが、これももちろん編集によるものです。これ、本当にどうやって録音して編集したんだろう?? 熱海をイメージしているとのことですが、海岸沿いの道が似合うとても清々しくオシャレな楽曲です! このバンドのライヴに行きたいなぁ…。でも無理なんだよな… 残念!

6曲目の変身実験 : せ・ジョンウォン「よくある韓流バラード」

「ちょっと博せ! よくある韓流バラードって! ちょっとナメてませんか?」と思ったそこのアナタ! 滅相もございませんよ! なんと、この曲の歌は1000テイク録ったそうです! 真剣そのものじゃありませんか!!! そして、4曲目のせッチモと同じく、声の高さも音質も加工されていません。博せの地声ですので、キャラと違いすぎてイラッとしたりしなかったり…(笑)。素材を加工する能力だけでなくて、再現力というか、ものまね力というか、テクニックも必要ということですか…。いやはや、凡人には真似できません!

7曲目の変身実験 : 楽団ひとり「4126」

昭和ジャズ界の名プレイヤーが手がけたハトヤのCM曲と言われそうな、名曲風情がなんとも言えずニクいですね(笑)。マリンバの音にしてもピアノにしてもギターにしても女性コーラス・グループ、男性コーラス・グループ、メイン女性ボーカル、男性ボーカルも全員一流としか思えないんですけど、これも例のごとく、少しずつ録音しているのですから、本当にプロ泣かせですよ。博せが一人いれば一流プレイヤーが勢揃いするんですからねぇ。とんでもないことです。それにしても、この曲だけはハモリが博せ丸出しの地声でニヤニヤしてしまいますけどね。さて、良い風呂でも入りに伊東へ行かないと…。(text by 本田みちよ(MUSIC SHARE))

お察しの通り、もはや文章だけでは説明が足りないので、
インタヴュー映像も是非一緒にご覧下さいませ!


博せ関口知宏 変身実験アルバム 第1弾『七変化』発売記念インタヴュー

RECOMMEND

KANADe / TARIKi(24bit/48kHz)

〈MUSIC SHARE〉の代表であり、多彩な声色を使い分ける稀代のヴォーカリストでもある本田みちよと、プロデューサーのT-AKによる、ダンス・ミュージック・ユニット。洗練されたテクノ / エレクトロニカを下敷きにしながらも、ところどころに京情緒が覗くそのサウンドは、唯一無二である。

>>特集ページはこちら

本田みちよ / スタート(24bit/48kHz)

「OVERROCKET脱退発表したとき、色んな方から頂いたメッセージにお返しするため、そして新たなスタートをする人のために作った」と語る、本田みちよの新しいスタートをきるニュー・シングル。

>>特集ページはこちら

PROFILE

関口知宏

1972年7月1日東京生まれ。

>>博せ(関口知宏)『七変化』 特設HP

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /