「名曲ルネッサンス」に挑戦中! アイドルネッサンス、シングル3タイトルを独占ハイレゾ配信& メンバー×制作陣インタヴュー

左から、石野理子、新井乃亜

多くのアーティスト、俳優、お笑いタレントが所属するプロダクション、(株)ソニー・ミュージックアーティスツが2014年1月、40年目にして初めて立ち上げたアイドルプロジェクト、アイドルネッサンス。事務所の先輩たちが生み出した「名曲ルネッサンス」に挑戦中の7人の少女たちは2014年5月の結成から1周年を迎え、秋葉原での定期公演も毎回勢いを増している。そんなタイミングで、これまでに発表したシングル3作品を、オトトイ独占ハイレゾ配信開始! そして、メンバー2人と制作陣2人の計4人を迎えインタヴューを実施。作り手と歌い手の想いがたっぷりとつまった内容となった。

全タイトル、OTOTOY独占ハイレゾ配信!

アイドルネッサンス / YOU

【配信形式】
ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)

【価格】
1,296円(税込)(単曲は各324円(税込))

【収録曲】
01. YOU
02. 恋する感覚
03. Good day Sunshine
04. ドカン行進曲(己編)

1987年に発売された大江千里の「YOU」。「恋する感覚」(Base Ball Bear)、「Good day Sunshine」(SAWA)、「ドカン行進曲(己編)」(THEイナズマ戦隊)を収録。

アイドルネッサンス / 太陽と心臓

【配信形式】
ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)

【価格】
600円(税込)(単曲は各300円(税込))

【収録曲】
01. 太陽と心臓
02. 初恋

「太陽と心臓」(東京スカパラダイスオーケストラ)、「初恋」(村下孝蔵)の名曲をそれぞれ収録。

アイドルネッサンス / 17才

【配信形式】
ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)

【価格】
600円(税込)(単曲は各300円(税込))
【収録曲】
01. 17才
02. どかーん

Base Ball Bearが2007年に発表した「17才」、カップリングには、真心ブラザーズが1990年に発表した「どかーん」のカヴァーを収録。

ファイル形式について
ハイレゾの再生方法

INTERVIEW アイドルネッサンス

アイドルネッサンスは、ソニー・ミュージックアーティスツ(以下SMA)が手がける初のアイドル・グループとして、「名曲ルネッサンス」を掲げて2014年7月にデビュー。SMAの財産である新旧の名曲たちをカヴァーし、熱いライヴでグングン頭角を現している。『YOU』リリース週で8日間連続ライヴ中の多忙な合間を縫って、照井紀臣チーフ・マネージャー、アレンジャーのイイジマケンと、メンバーから新井乃亜、石野理子の二人を迎えて、「そもそもアイドルネッサンスとは?」という基本から話してもらった。

インタヴュー & 文 : 高岡洋詞
撮影 : 松本理加

2015年のいま歌って意味がある、聴く人の心に響きそうな曲を選んでます

照井紀臣(以下、照井) : テーマは<名曲ルネッサンス>です。オリジナル曲は今のところやっていなくて、ジャンルや時代を問わず、彼女たちが歌うことで別の意味が生まれるような歌をセレクトして歌ってもらっています。例えば新曲の「YOU」は大江千里さんの1987年の作品ですけど、当時の中高生が夢中で聴いてた曲だと思うんです。それをいま中高生である彼女たちが歌うことで、ポップ・ミュージックの時代を超えた普遍性に光が当たればいいなと。

ーーセレクトの基準は何ですか?

照井 : ヒットしたとか有名だとかっていうことももちろん考慮しないわけではないけど、どちらかというと、彼女たちが2015年のいま歌って意味がある、聴く人の心に響きそうな曲を選んでます。候補生のころは、課題曲というか練習曲みたいな意味でSMAの曲をやってもらうという側面もありました。


アイドルネッサンス「YOU」

ーー途中から「これでデビューしてもらおう」って方針になったとか?

照井 : カヴァー曲でやりたい気持ちは最初からありました。構想をまとめた2年くらい前の時点で、すでにアイドル・グループはたくさんあったので、他にないようなグループとして世に出てほしかった。そう考えたときに、40年間、事務所であるSMAの財産に光を当てようと。単にいい曲というだけじゃなく、自作自演の人が多いので、およそアイドルが手をつけないような曲が多いんですよ。お客さんに面白いと思ってもらえて、かつ事務所の先輩アーティストにも愛してもらいたかった。もうひとつのポイントは、彼女たち自身がピンときてるかきてないか。われわれが「合いそうだな」と思うだけじゃなくて、彼女たちなりに理解なり共感なりできる部分があってほしいなと。そうであってこそお客さんに伝わるものがあると思うんですね。

ーー彼女たちの気持ちが歌に乗ってさらにパワーが出るということですね。アレンジする際に注意されるのはどんなポイントですか?

照井 : 僕はオリジナルの雰囲気をあんまり変えないで彼女たちに合うようにしたいといつも思ってるんですけど、最初は手探りで今も楽曲が変われば、一つ一つ検証するので、試行錯誤は続いています。

イイジマケン(以下、イイジマ) : 僕らの解釈というよりは、彼女たちが歌うことによって生まれるものを最終的な落としどころにしたいので。必ず仮歌を録った後にもう一回手を加えるし、本チャンの歌録り後にさらに少し変えることもあります。歌のテイクがオケに合ってないけどニュアンス的によかったら、それを活かすためにオケのほうを変えたりとか。主旋律にかぶさってるいろんなフレーズも、そのままトレースするんじゃなくて、ひとつひとつ紐解いて作り直していったりしてます。

ーー丹念な作業ですね。

イイジマ : とにかく何度も聴きます。変えた箇所だけ聴いてもバランスがとれないので、どこか直したら必ず頭から全部聴き直して、気になる箇所があればすぐ直して、また頭から流して、スピーカーから離れたところで聴いて、おかしいなと思ったら直してまた頭から… という作業を、そうとう何回も繰り返してます。

照井 : 何度か大きく変わって、グルッと回って最終的にオリジナルに近づいた場合が出来がいい気がしますね。「17才」も何周かしてます。

イイジマ : サウンドの時代性ってあるじゃないですか。80年代の感じだったり90年代の感じだったり。あと、その時代ならではの○○系みたいな流行の音だったりとか。その感じがいいっておっしゃることもあるので、その場合は、あの時代の○○っていまで言うと△△なのかな、みたいに置き換えていくこともありますね。

照井 : いい塩梅に置き換えてくださってると思います。なんとなくトータルでアイドルネッサンスっぽいサウンド、っていうのが共通認識としてできつつあるかなと。

イイジマ : 7人いるので、歌割りとかハーモニーの積み方とかもすごく考えて、オリジナルになかったパートを入れたりしてます。ハモは武器ですから。

照井 : 新しいチャレンジをケンさんに入れていただいて、そこをみんなでクリアして成長していくんですよね。最初はうまくできなくても、だんだんと表現できるようになっていく、その姿も美しいと思います。特にみんな成長する時期なので、1年前に歌った「17才」といま歌ってる「17才」ではずいぶん変わったと思うし。歌割りやパートを決めるときも、ケンさんが音楽的に「ここはこの子が歌ったほうがいい」と言えば、僕は歌詞ベースで「この言葉はこの子に歌ってほしい」と言う、みたいなやりとりはよくやってます。そのへんもだんだんと一致してきてる感がありますね。

イイジマ : メンバーそれぞれに歌の癖があるので、ある音に対するそれぞれの癖のいいはまり方や音程感を考えながらバッチリはまったときは、あとでアレンジをいじらなくてもいいような感じになりますね。

ーー具体例を挙げていただくとすると?

イイジマ : 「17才」ですね。ソロの出方とか、ハモの入り方の感じとか。具体的な部分というよりは、全体を通して聴いた感じなんですけど。「どこ?」って訊かれたら「すべて!」と答えます(笑)。


アイドルネッサンス「17才」

照井 : トータルで見てほしいなといつも思ってます。それぞれ別々に歌ったのを1曲にまとめるんじゃなく、ひとりをみんなが支えてひとつの形になるようなアレンジや歌割を目指してます。それぞれ感じ方や表現のし方は違って当然だし、それでいいと思いますが、全員が歌うことで初めてアイドルネッサンスというひとりの人間が歌ってる、みたいな感じになればいいなと。

ーーここまでのお話について、新井さんと石野さんはいかがですか?

石野 : 知らないことばっかりでした…。

イイジマ : こう見えてけっこう考えてるんだよ(笑)。

石野 : なんかすいません…。

照井 : お客さんは彼女たちを通して曲を感じるわけだから、彼女たちは語り部にならなきゃいけないんです。琵琶法師が口承で『平家物語』を伝えてきたように、彼女たちが伝えることで歌が後世に残っていったら素敵だし、アイドルネッサンスを聴いて「オリジナルも聴いてみよう」って思ってもらえたらさらに素敵だと思うんです。僕らスタッフ全員、「アイドルがやってるからな」とは言われたくないし、彼女たちが歌うことで何か新しい魅力が生まれてると思ってもらえたら、語り部として第一歩を踏み出せたってことだと思います。だからメンバーが力をつけるとともに歌ってる曲の幅も徐々に広がってきてると思います。それを経てオリジナル曲をやることにもし将来なるのなら、アイドルネッサンスならではのオリジナリティが見えてくる気もします。

表現者としての独特の雰囲気を間近に感じてほしいですね

ーーメンバー的にはカヴァー路線に不満があったりはしませんでしたか?

石野 : 不満はないんですけど、びっくりしました。やっぱりアイドルっていうとオリジナル曲のイメージがすごく強かったので。

新井 : わたしも最初いろんな歌を課題として歌ったときには「こういう歌を歌うんだ…」ってすごく驚きました。

石野 : 「恋する感覚」とか、ものすごく練習した覚えがあります。似せて歌う、じゃないですけど、正直、自分がこう歌いたいっていうよりは、真似をするみたいなことをけっこうやってました。オリジナルの花澤香菜さんの歌を何回も何回も聴いて。

石野理子

新井 : 同じく。アイドルネッサンスに入る前は学校の授業で合唱をやったことがあるくらいで、ちゃんと歌った経験がなかったので何もわからなくて、とにかく原曲に近づこうとしてました。

ーーオリジナルが男性だと、真似というアプローチも難しくないですか?

新井 : 声が違うので似せるのは難しいですけど、独特の歌い方は真似したりしてました。

石野 : 岡村靖幸さんの「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう」は、カヴァーっていうコンセプトが決まってけっこう経ってから歌わせていただいたんですけど、いまだに癖が抜けなくて。けっこうメンバーみんなそうだと思います(笑)。

ーー癖っていうのは?

石野 : 岡村さんの歌い方です。

ーー真似に励んだ名残が残っちゃうんですね。

石野 : あのしゃくりというか、こぶしというか、そういうものが自分のなかに入ってしまって、やっぱり出てきちゃうんです。


11.23「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」ライヴ映像~

照井 : アイドルネッサンスの活動をしてなければ一生出会わないような曲かもしれないですけど、そういった出会いが彼女たちの感性を何かしら刺激するものがあればいいなって思ってます。いろんなものに触れるのは、やっぱりすごく大事なことだと思います。オリジナルのアーティストの作品に触れて、その個性に向き合って、歌や雰囲気を感じ抜いた上でやると素敵になるんじゃないかと思っています。去年の9月、(顧問豊作)というSMAのイベントでは、YO-KINGさんと一緒に「どかーん」を歌うという貴重な経験もさせてもらいました。SMAのアイドルだからこそやらせてもらえることなので、7人には心して歌ってほしいし、表現者としての独特の雰囲気を間近に感じてほしいですね。そしてアイドルネッサンスにも独特の雰囲気を身につけてほしいと思います。。なかなかそう簡単にはいかないと思うんですけどね。日々やることもたくさんあって、頭いっぱいだろうし。今も超大変だと思うんですよ。「えーっ、またこれやらなきゃいけないのー?」って。

新井、石野 : フフフ。

照井 : 日々いろんなことを経験して、それを次につなげていってほしいですね。苦しいときにこそ生きてくるものだと思うんで。

自分の個性を出していいっていうやり方が、素敵だなって思えるようになった

ーーさっき癖の話が出ましたけど、オリジナルに近づけすぎると物真似になってしまう一方で、その試みが彼女たちにとって鍛錬になったり、新しい歌声の発見につながる場合もありますよね。そのあたりのさじ加減はどのようにされているんでしょうか?

イイジマ : 基本あんまり言わないですね。「ひとりの人格になってほしい」と言いつつ、実際には7人いるので、それぞれの個性も当然大事なんです。「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう」も最初のころからするとかなり変わってきて、彼女たちが言う"真似"の部分と自分自身の癖の塩梅が、すごくいい感じになってきてるかもしれないです。グルーヴも出てきてるし。

石野 : ソロ・パートではたまに「こういうニュアンスで」とか言われますけど、それ以外はあんまり注意されないですね。いまケンさんがひとりの人格って言いましたけど、みんなで歌うときも、感じてることってメンバーそれぞれ違うと思うんですよ。そうすると歌い方も変わってきたりするので、ヴォイス・トレーナーの先生に「ここはもうちょっとみんなで気持ちをひとつにして歌ったほうがいいよ」って言われることもありますし、みんなで話し合って「こういう感じで歌いたいよね」って方向を定めてから歌ったりもします。

ーー最初は右も左もわからないし、がむしゃらにやるしかないと思うんですよね。自分らしさもへったくれもないというか。

新井 : そう、そう、そうですね! 自分らしさもへったくれも本当になくて、自分の歌い方とかもないですし。わたし、歌い方とか一語一句指導されるのかと思ってたんです。でも自分で考えてやっていいっていう練習だったので、最初は「えっ、ちょっと… わかんない…」みたいな感じでした。だんだん慣れてきて、いまはメンバーの個性も自然に出るようになってきたし、すごくいいなって思ってます。

ーー先生のおっしゃることがわかってきた?

新井 : わかってきたわけではないと思うんですけど、「こう歌って」「ああ歌って」じゃなくて、自分の個性を出していいっていうやり方が、素敵だなって思えるようになったっていうか。

ーー余裕が出てきたってことですよね。イイジマさんが7人でひとりの人格の歌に徐々になってきてるとおっしゃいましたけど、その変化ってメンバー自身も感じますか?

新井、石野 : (顔を見合わせて)どうだろう… わかんないよね(笑)。

石野 : わたしだけかもしれないんですけど、毎回ライヴで感じることが違うので、歌い方も毎回変わってるなって自分でも思ったりします。特に「17才」とか、毎回、感じたままを出しちゃってるんで(笑)。

新井 : でも最初のころよりは歌詞の意味とかをよく考えるようになったと思います。最初は歌うことに必死でしたけど、最近、歌い慣れてきた曲は、感情を乗せるみたいなこともちょっとずつできるようになってきた気がします。

新井乃亜

ーーおお、頼もしい。

照井 : そういう風に思って続けられたらいいですね。人前で歌を歌うなら、その人たちならではのものがあったほうがお客さんは面白いと思うし、アイドルネッサンスのみんながそれを自分で探すことによって、歌が更に素敵に聴こえたらいいなと思います。

イイジマ : 最近みんな余裕が出てきて、他の人の歌が聴けるようになってきてると思います。例えば理子がそのときの感情で歌ってても、他の人がそれをちゃんと聴いた上で歌って、全体としてまとまって聞こえる。意識はしてないと思うんですけど、自然とゆとりが出てきて、聴いてるものをそのまま表現できるようになってる気がします。

石野 : リハーサルのときも本番中も、けっこう他のメンバーの歌を聴きながらやってます。

新井 : 「あっ、変わった」とか思うよね。

石野 : うん。「ここ感情入れてるな」とか、メンバー同士だとなおさらよくわかるというか、ただ歌ってるだけじゃなくて、考えながら歌ってるんだろうなって感じます。

ーー集団全体を見渡して、そのなかでの自分の役割をこなしていく。チーム・ワークですね。

照井 : 自分たちで考えるのは大変だと思いますが、7人で心をひとつにして歌うっていうのは大変なことですよ。めちゃめちゃ難しいことをやってると思うんだけど、そこで頑張ってさらに素敵なものを作って、お客さんに見せていってほしい。

ーー感動的ですね。こういうお話って普段されますか?

石野 : 全然…。

新井 : 今日初めて聞きました。この取材ができてよかったです(笑)。

石野 : 99%が初めて聞いた話だったので、なんか… もっと頑張ろうね。

新井 : 頑張ろうね。

RECOMMEND

V・A/ アイドルばかりピチカート -小西康陽 X T-Palette Records-

タワーレコード株式会社が運営するアイドル専門レーベル“T-Palette Records”所属のNegicco、バニラビーンズ、lyrical school、ワンリルキス、アイドルネッサンスらが、ピチカート・ファイヴの名曲たちをカヴァー!本作の総合プロデュースを務める小西康陽と、今をときめくアイドル5組でどういうケミストリーが起こるのか?

SAWA / RingaRinga

アイドル・プロデュース、アイドル・イベント主催、CM楽曲提供などを経て、プロデューサー目線の今作は今までのSAWAよりも一層突き抜けるアッパー・チューン。リード・トラックの「RingaRinga」は、もっとフロアに一体感を!とライヴのために作られた楽曲。Especiaへ楽曲提供した「ミッドナイトConfusion」のセルフ・カヴァーも含む全8トラック。

真心ブラザーズ / Do Sing

デヴュー25周年のアニバ―サリー・イヤーに、 真心ブラザーズの限りない可能性を示すバラエティ豊かな楽曲で構成されたアルバムが完成! 新レーベル“Do Thing Recordings”設立以降 初のアルバム。

LIVE INFORMATION

レギュラー公演「アキバで漲(みなぎ)るネッサンス!!vol.3」
2015年5月18日(月)@AKIBAカルチャーズ劇場
2015年6月1日(月)@AKIBAカルチャーズ劇場
2015年6月15日(月)@AKIBAカルチャーズ劇場

単独自主企画「スマイルネッサンスvol.8」
2015年5月17日(日)@都内某所

アイドル横丁夏まつり!! ~2015〜
2015年7月5日(日)@新木場STUDIO COAST

TOKYO IDOL FESTIVAL 2015
2015年7月1、2日(土・日)@お台場・青海エリア

その他イベント・ライヴ
2015年5月10日(日)@H.L.N.A SKYGARDEN 野外ステージ(ダイバーシティ東京)
2015年5月16日(土)@渋谷TSUTAYA O-nest
2015年5月23日(土)@ZeppNagoya
2015年6月06日(土)@東京スカイツリータウン

PROFILE

上から左まわりに、橋本佳奈、宮本茉凜、百岡古宵、南端まいな、比嘉奈菜子、新井乃亜、石野理子

アイドルネッサンス

多くのアーティスト、俳優、お笑いタレントが所属するプロダクション、(株)ソニー・ミュージックアーティスツが2014年1月、40年目にして初めて立ち上げたアイドル・プロジェクト。2014年5月4日の「アイドルネッサンス候補生初ライヴ」を経て、正式メンバーが決定。プロジェクトネーム「アイドルネッサンス」を正式にグループ名として活動を開始。メンバーは、橋本佳奈、新井乃亜、南端まいな、比嘉奈菜子、石野理子、宮本茉凜、百岡古宵の7人。

アイドルネッサンス official HP

イイジマケン PROFILE

作詞、作曲、編曲、サウンド・プロデュース、ヴォーカル・プロデュース、ディレクション。

代表作
関ジャニ∞『好きやねん、大阪。』作詞・作曲
遊助『たんぽぽ』共作曲・共編曲
Juice=Juice『Wonderful World』作詞・作曲・共編曲
超特急『Star Gear』ほか。ヴォーカル・プロデュース
SKE48『マンゴーNO.5』作曲
SCANDAL『少女S』編曲
TVアニメゆるゆり『ゆりゆらららゆるゆり大事件』作曲・共編曲
TVアニメはなかっぱ『ス・マ・イ・ル』共作詞

イイジマケン Twitter

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月17日・自由なる電子音の戯れ──ケンイシイ、フレア名義の作品をハイレゾ配信開始 世界中のテクノ・シーンでその名が知られるケンイシイ。そのアナザー・サイドとも言えるフレア名義の作品『Leaps』がこのたびハイレゾ配信される。ストレートなテクノ・サウンドのケンイシイ名義の作品に比べ、フレア名義は彼のエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージック・サイドを担っている。ある意味で初期のケンイシイ名義の作品に渦巻いていたストレンジな電子音の感覚を継承している名義でもある。本作はすでに1年ほど前からケンイシイが出演する会場や自身のアーティスト・サイトなどかなり限られた販路でCDとして売られていた作品だが、今回、待望のハイレゾ版がリリースされる。まさに音そのものを楽しむ、その作品性を考えればハイレゾでのリスニングにもってこいの作品と言えるのではないだろうか。 Flare / Leaps(24bit/48kHz)'【Track List】01. Mole Tunnel02. Downglide03. Deep Freeze04. Sympathetic Nervous System05. Las Pozas06. Iapet
by 河村 祐介
UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月11日・若手と新しさを競い合っても意味がないだろ──UKテクノのベテラン、プラッドの新作をハイレゾ配信 エド・ハンドリー、アンディ・ターナーによる、このテクノ・ユニットは1990年代初頭から現在にいあたるまでエイフェックス・ツインらとともにブリティッシュ・テクノを象徴する存在であり続けている。ビョークのコラボレーターでもあり、ルーツ・オブ・エレクトロニカであり、松本大洋原作の劇場アニメ作品『鉄コン筋クリート』のサントラを手掛けたことでも知られる彼らだが、決してその活動は初期からぶれていない。彼らの作品のクリアで叙情的な電子音は、綺羅星のごとく輝き、そのシーンのヒストリーを穏やかな光で照らし続けている。そんな彼らの最新アルバム『The Digging Remedy』も、そのヒストリーを継続させる、また美しい電子音の連なり、それ以外の何物でもない。 本人たちもインタヴューで語っているように、この繊細なサウンドはぜひともハイレゾで体験していただきたい。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバム、CDと同様のライナーノーツをPDFにてダウンロード可能。こちらはヴォーカロイドでおなじみのクリプトン・フューチャー
by 河村 祐介
ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月10日・ベース・ミュージック・ペルー譚──ダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信 ジャイルス・ピーターソンのレーベル〈ブラウンズウッド〉から2012年にリリースされた『Mala In Cuba』。多くのリスナー、メディアから絶賛された作品から約4年の月日を経て、UKダブステップのイノヴェイターのひとり、MALAの新たなプロジェクトがここにリリースされた。『Mirrors』と名付けられた本作は、キューバでのセッションとUK本国でのスタジオ・ワークにて完成した『Mala In Cuba』と同様、MALAとペルー現地のミュージシャンとのセッションから生み出された作品だ。現地でレコーディングされたさまざまなフォルクローレの断片やアフロ・ペルー音楽のパーカッションなどが見事にMALAの才覚を通して作品として示されている。 OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ハイレゾ版アルバムまとめ購入でCDと同様のライナーノーツPDFが付属する。北中正和による日本盤ライナーノーツ、そしてEmma Warrenによる英語版ライナーノーツの和訳を読めば、この不可思議なサウンドが具体的にどんなプロセスで、どんなペル
by 河村 祐介
オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月10日・4年ぶりの帰還──芳醇なるオーストラリア・シーンからザ・テンパー・トラップがひさびさの新作 ここ数年、さまざまなタイプのロック・バンドを世界レベルで輩出し、シーンの芳醇な底力が垣間見えるオーストラリアのシーン。そんなシーンの動きを予見すべく、オーストラリアはメルボルンから、2009年に世界デビュー。1st『コンデションズ』を伴って飛び出したザ・テンパー・トラップ。英米を中心に高い評価を経て、ここ日本でも同年のサマーソニック、そして東京、大阪の単独公演を成功させるなどファンをつかんだ彼ら。さらに2009年の映画『(500)日のサマー』でも彼らの「Sweet Disposition」が使用され、こちらもシングルとしてヒットしさらなる人気を集めた。2012年の2nd『ザ・テンパー・トラップ』を経て、そんな彼らが4年ぶりに新作『シック・アズ・シーヴス』をリリースする。ギタリストのロレンゾの脱退などの苦難を経て、ついに彼らが動きだしたのだ。さらに、8月8日(月)には〈梅田クラブクアトロ〉と8月9日(火)に〈リキッドルーム〉での来日公演も控えている。 The Temper Trap / Thick As Thieve
by 渡辺 裕也
D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月07日・独占ハイレゾ配信 : 小林うてなの1stアルバムはドープなベースと幽玄な歌声がこだまするビート・アルバム 元“鬼の右腕”にして現在はソロ、そしてD.A.N.や蓮沼執太フィルなどの客演などでも知られる小林うてな。このたび1stアルバム『VATONSE』をリリースした。リリースはインターネット・ライヴ・ストリーミング・サイト、2.5Dが設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から。ポップ・エレクトロ・プロデューサー、tomgggの作品とともに本レーベルの第一弾アーティストとなる。スティール・パンやエレクトロニクス、さらにはヴォーカル / コーラスまでこなすマルチ・プレイヤーとして知られる彼女だが、1stソロのサウンドはこれまたぶっ飛びのダーク&ヘヴィーなエレクトロニック・ビーツ、そして彼女の幽玄な歌声を中心にしている。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ版で配信開始。美しい歌声と細やかな電子音の表現、野太いベースをぜひともハイレゾにてお楽しみください。 小林うてな / VATONSE'【Track List】01. GONIA SE02. ILA03. EN04. TON TO WAHAHI05.
by 河村 祐介
ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月03日・ボンジュール鈴木らも参加の、カラフルなポップ・エレクトロ──Tomgggの最新作を独占ハイレゾ配信 自身のSoundCloudや〈Maltine Records〉など、まさにインターネット・フィールドで徐々に知名度を上げ、昨年はフィジカル作品として『Butter Sugar Cream』をリリース、さらにその活動領域を広げた、Tomggg(トムグググ)。このたび、ライヴ・ストリーミングでおなじみの〈2.5D〉が設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から、新作『Art Nature』をリリースした。ボンジュール鈴木、tsvaci(辻林美穂)といったゲスト・ヴォーカルを迎え、彼の真骨頂とも言える、めくるめく展開ときらびやかな電子音によるポップ・エレクトロを展開している。また前作に引き続き、ジャケットはKazami Suzukiが担当し、そのドリーミーでメルヘンなサウンド・イメージをさらに強く印象つけている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。インタヴューにもあるように、展開や音響的な効果など緻密に構築されたそのサウンドはハイレゾでさらにきめ細やかに楽しめることでしょう。 Tomggg / Ar
by 河村 祐介
ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム
[POWERPUSH]・2016年05月30日・〈トランスマット〉である必然性──デリック・メイを魅了したHIROSHI WATANABEの作品をハイレゾで KAITOや本名名義でリリースを行い、まさにテクノ / ハウス・シーンにて世界レベルで活躍するHIROSHI WATANABE。そんな彼がこれまた快挙を成し遂げた。テクノの伝説的レーベルからそのアルバムを今春にリリースした。そして、このたびやっと、その作品のハイレゾ版がリリースされた。おっと、興奮して書き忘れていたが、アルバム・タイトルは『MULTIVERSE』、そしてその伝説のレーベルとは、デリック・メイの〈トランスマット〉である(「知らない!」という人は後述のコラムを)。〈トランスマット〉らしい、エネルギッシュなグルーヴと叙情性に満ちたコズミック・テクノに。グイグイとスピーカーからスペーシーな情景が迫ってくる。いやー、すっきりとテクノを聴きたいぜというのならぜひともこのアルバムを。ストレートなデトロイト・テクノのかっこよさに満ち溢れた作品。繊細なシンセの揺らめきや空間的な表現に満ちたそのサウンドは、ハイレゾでぜひとも楽しみたい。 HIROSHI WATANABE / MULTIVERSE(24
by 河村 祐介
丈青、ライヴ・レコーディング作品をDSD11.2MHzで配信開始
[POWERPUSH]・2016年05月10日・DSD11.2MHzの先駆者、丈青のライヴ・レコーディング作品が配信開始!! 2016年3月11日から13日まで表参道のスパイラルを会場に行われた〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。現在OTOTOYで配信中のフェス内でのレコーディング作品のラインナップ(Suara×真依子、蓮沼執太、大木和音)に満を持して加わったのがSOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニスト、丈青。 商用として世界で初めてDSD11.2MHzに挑戦し話題となった彼の前作『I See You While Playing The Piano』と同じスパイラルホールで録音されたのが『re: I See You While Playing The Piano』。前作とはほぼ異なる楽曲をたずさえた本作は、レコーディング&ミックスに奥田泰次、iFi Audio/M2TECHの協力の元、SPIRAL RECORDSよりOTOTOYにて1ヶ月先行配信開始! 彼の重厚なピアノの音色に酔いしれるとともに前作より経た2年間という歳月の軌跡を体感、そして客席とピアノの張りつめた対話をぜひ堪能ください。 丈青 / re:
by 中村 純