Track TitleDurationPrice
Mole Tunnel alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:56  
Downglide alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 07:52  
Deep Freeze alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 06:35  
Sympathetic Nervous System alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:19  
Las Pozas alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 07:05  
Iapetus alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:34  
Parasympathetic Nervous System alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:31  
Mousetrap alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:14  
Shadows and Rings alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 07:37  
A Year Later alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:53  
Meanderings (Digital Edition Only) alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:16  
Flying Fish (Digital Edition Only) alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:34  
Deep Freeze (-71.2 °C Mix) (Digital Edition Only) alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:24  
曲番クリックで試聴できます Total: 67:50
作品情報

「Leaps」 by Flare All Tracks Written & Produced by Ken Ishii [70 Drums]『エレクトロニック・ミュージックの世界を自由に駆けめぐる、ケンイシイもう一つのストーリー。』 ケンイシイの作品には、Flareという名義のものがあることをご存じだろうか?Flareは19年前ケンイシイのデビュー後間もなく、曲の「長さ」「構成」「リズム」等ダンスミュージックとしてのテクノのフォーマットに収まらない、「自分の作りたいものを作りたいように作る」というコンセプトのもとに生まれた、ケンイシイ・クリエイティビティの源流、あるいは、ケンイシイから発するエレクトロニック・ミュージックの可能性とも言えるものである。本人曰く、“二年前、十数年ぶりにFlareとしてのアルバム『Dots』をリリースした。制作過程はとても楽しいもので、「あの感覚」が帰って来たような感じだった。リリース後すぐにまた今作の制作をスタートした。” と「自由なテクノ」のフィールドの楽しさを噛みしめながら制作しているのがうかがえる。 一方Flare名義で作られた楽曲群は、テレビのニュースやバラエティ、ラジオ番組のBGM等、メディアで耳にする機会が非常に多い。また、映像作家からのオファーも後を絶たない。これは果たしていかなる理由なのか。ケンイシイが自由に奏でるもう一つのストーリー。是非各々の感性で感じてみて欲しい。脇を固める仲間のアーティスト達: 今回の作品『Leaps』には古くからの盟友たちが力を添えてくれている。アートワークは'95年『Jelly Tones』を始め、Ken Ishii / Flare のこれまでの数多くの作品を手がけている山下泰誕氏。ティーザー・ムービーは『Iceblink』『Awakening』『Organised Green』のPVや『愛・地球博』瀬戸日本館、東京都現代美術館で行われた『サイバーアーツジャパン展』でもコラボ―ションしているCGアーティストの森野和馬氏によるもの。 いずれもケンイシイを良く知るアーティスト達で、第一線で活躍し続ける彼らのセンスとスキルが、ケンイシイの表現する世界を鮮やかに色づけしている。ティーザー・ムービー :www.youtube.com...

ディスコグラフィー