Track TitleDurationPrice
BENAYA BENAYA alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:26 Album Purchase Only
WECHIKEPE alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:45 Album Purchase Only
夜這唄 alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 10:23 Album Purchase Only
WALAK ELELE alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 06:06 Album Purchase Only
AWE alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 11:23 Album Purchase Only
APPA ULEH ULEH alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:41 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Add selected tracks to Cart Total: 41:44
Album Info

BENAYA BENAYA
オープニングはエチオピア民謡をもとに作り上げたダンサブルなナンバー。ガムランの速いテンポに、AFRAのヒューマン・ビート・ボックスと、AYAのフレットレス・ベースがグルービーに絡んでいくさまが実にスリリング! 中間部で披露される徳久ウィリアムのホーミーも聴きもの。空耳的に作られたという歌詞も面白い。

WECHIKEPE
GO ARAIがエレクトリック・バイオリンを使って奏でる泣きのイントロから、ボイス隊とガムラン隊がなだれ込むようにリズムの渦を巻き起こしていく。イントロとは打って変わってGOもエレクトリック・バイオリンでリズム・ギターのような刻みを放ちそれを加速。ボイス隊も解き放たれたようにそれぞれの声を朗々と響かせる。

夜這唄
興奮した会場を一度静めるかのようなナンバー。ゆったりとしたガムランの響きに川村亘平斎とさとうじゅんこ歌が絡み、空間を幸せな雰囲気満たしていく(来場していた赤子が思わず声で反応するというハプニングも!)。このまま静かな世界で終わると思いきや、後半ではケチャとAFRAのヒューマン・ビート・ボックスが炸裂!

WALAK ELELE
全員の手拍子から始まり、続くシンプルなガムラン・ビートに川村とさとう、徳久の3人がさまざまな声を使ってパフォーマンスを繰り広げる。徳久のデス(!)な世界にGOがクールなエレクトリック・バイオリンを添えたかと思うと、そこにAFRAが絡み始め、それぞれの声を生かしたボイス・セッションへと大きく展開していく。

AWE
ここでスペシャル・ゲストのKEN ISHIIが登場。TB-303を彷彿させるアシッド・ベースマシン=Xoxboxで繰り出す三連系のビートにガムランが絡み、AFRAが大きなビートを作っていくさまが、まるでジャーマン・プログレ(!?)のように会場に響きわたり、演奏者はもちろん、観客も含め全員がトランス状態になっていく……。

APPA ULEH ULEH
ラスト・ナンバーでもKEN ISHIIがXoxboxを使って高速の16ビートをたたき出し、フィルターのカットオフをいじったりディレイなどのエフェクトをかけながら他のメンバーを煽る。ボイス隊は持てる声をすべて使い、GOもエフェクトを駆使して空間を拡張、AYAは大きなノリでビートをさらに強化し、会場の興奮はここでMaxに!

Note

※この作品は、2月13日(金)の配信開始に先駆けて予約注文を受付中です。音源の配信が開始されると、ご登録のメール・アドレスおよびOTOTOY内メッセージに、アルバムのダウンロードURLが送られます。

予約注文について、詳しくはこちら

Discography

    Features

    AFRA × 滞空時間 × KEN ISHII、DSD一発録りで記録された異色のトランス空間

    AFRA × 滞空時間 × KEN ISHII、DSD一発録りで記録された異色のトランス空間

    AFRA × 滞空時間 × KEN ISHIIが交わる祝祭——声、ガムラン、電子音が渦巻くトランス空間を"最高音質"で!!サウンド & レコーデ…