オトトイ新連載!! MOROHAが新たなフィールドで動き出す

2010年2月、MOROHAは2年近く出続けたクラブ・イベントへの出演を止めました。理由はいくつかありましたが、大きな理由の1つにライヴ時間の短さがありました。クラブで自分達がもらえるライヴ時間は10分から15分、短い時は8分でした。これは決して珍しい事ではなく、たいていのHIP HOPイベントでは1組の出演者に対して、持ち時間は10分程度、長くても20分というのが現状です。たった10分そこらの持ち時間では誰に対しても「ライヴを見に来て」とは言えず、「イベントに遊びに来て」としか言えない自分に、ずっと苛立ちを感じていました。俺達はイベントのお客さんではなく、MOROHAのお客さんと早く出会いたい。「その為には今のままではいけない。」と感じ、新たなステージを探す事を決めました。

photo by 佛坂和之

それから、SSWS(注1)という大会で新宿MARZというライヴ・ハウスのスタッフの方と出会い、それをきっかけにライヴ・ハウスでの活動が主になりました。当初は驚きの連続です。しっかりと時間をとったリハーサル、照明さんPAさんとの綿密な打ち合わせ、パーティーの中のショーケースではなく、MOROHAのライヴを見に来るお客さんからのプレッシャー、そのプレッシャーと戦い続けてきたバンドマンの姿とその音、何よりも30分という時間を当たり前のようにもらえる事に驚きました。持ち時間が長くなった事で、自分達の意識も次第に変わっていきました。お客さんは自分達のライヴに対しお金を払ってくれている、という感覚がより強くなり責任感とやり甲斐を感じ、音楽に向き合う時間も増えていきました。その結果、自分達を取り巻く環境は少しずつ変わり、CDのリリースが出来たり、MOROHAのファンだと言ってくれる人が少しずつ現れたり、さらにはこうしてOTOTOYに記事にして頂けるようになりました。

さて前置きが長くなりました。自分が一体何を言いたいのかと言いますと...
「ラッパーにもっと長いことライヴさせろよ!!」

って事です。大きな音楽フェスでバンドに比べラッパーの名前が少ない事や、HIP HOPアーティストのワンマン・ライヴが年間数える程しかない理由の1つに、ラッパーのライヴ時間の短さがあると自分は思います。DJ TIMEがあってお酒があって、パーティーを盛り上げる為のショーケースがある、という文化を否定する気はないけれども、パーティーという要素を度外視してラッパーがLIVEだけで勝負するイベントがあっても良いじゃないか! そんな想いで新宿MARZという「ライヴ・ハウス」で「HIP HOP」のイベントをやりたいと思います。そんな想いで出演者の皆様に40分間というライヴ時間をお願いしました。メンツは自分が「好き」という基準でなく、「ヤバイ」と思う基準で声をかけさせていただきました。さらにHIP HOPリスナーの頭にロックの爆弾を落とすべく、1組のロック・バンドの出演も決まっています。MOROHAも勿論出演します。このイベントは自分達にとって、1度背にしたHIP HOPシーン、HIP HOPリスナーに対しての挑戦でもあります。だからHIP HOPリスナーの皆さんにお願いです。

photo by 佛坂和之

俺達が全力で売る喧嘩、どうか買って下さい。その日1番のライヴと、皆さんの鳥肌を約束します。

そして最後にこれを読んでいる同業者の方々、俺達に喧嘩売りませんか? 応募枠を用意してあります。周りがなんと言おうが俺のラップはヤバイと思っている方、下記メール・アドレスまで音源、またはMySpace、YouTubeのURLを添付して送って下さい。持ち時間はもちろん40分です。固い拳をお待ちしています。(Text by アフロ(MOROHA))

(注1) : 詩人、ラッパーが集う言葉の大会。

3月25日@新宿MARZで事件が起こる

『40分』
3月25日@ 新宿MARZ
エントランス : 2000円(1D付き)
OPEN : 24:00
CLOSE : 5:00

挑戦者募集!!!

件名に「『40分』応募枠希望」、本文に氏名/住所/電話番号/アピール資料をご記入、添付の上、info(at)ototoy.jp までメールをお送りください。
応募締め切り : 2月末
当選者の方には、追ってメール、電話にてご連絡します。
※あらかじめinfo(at)ototoy.jp からのメールを受信できるよう設定ください。

第1弾アーティスト決定!!

HIP HOP LIVE1 : DINARY DELTA FORCE
真っ黒いCLASSICが塗りつぶす!! 現場で叩き上げてきた圧倒的なSKILLと確実なPROPSが、いくつかの音源やLIVEを通じて全国の熱心なHEADZたちに飛火し、単独音源のリリースを待ち望まれていた。そして神奈川は藤沢=MOSS VILLAGEが誇る最重要BLAQLIST、DINARY DELTA FORCEが2010年に遂に1st ALBUM『SOUNDTRACK TO THE BED TOWN』をリリース。決して流行に流される事無く、決して時代遅れではない。その独特のドス黒サウンドがHEADZの鼓膜をブチ破ること確実!

DINARY DELTA FORCEの特集はこちら

ROCK LIVE : the mornings
ポスト・ハードコア〜パンクを基調に、あらゆる要素をゴチャ混ぜにしたキャッチーなサウンドと、エネルギーに溢れたライヴで注目を集めている4人組。旧い価値観を壊すとか、そうした目的意識すらぶっ飛ばして、ただただ叫び楽器をかき鳴らす。ネット環境が時代感覚をフラットにしてしまった現在こそ、彼らのような原始的な叫びが音楽の未来を切り開いていくに違いない。2011年の渾沌を切り裂く音を聞き逃すな!

the morningsの特集はこちら

MOROHA PROFILE

2008年に結成されたMCのアフロとGtのUKからなる2人組。結成当初は、渋谷Familyや池袋bedなどでクラブ・イベントをメインにライヴを行うが、ビートの無い編成ゆえに出演者やオーディエンスから冷ややかな視線を浴びることも多々あった。こうした現場を通して屈強な精神力を培う。言葉から汗が滲み出る程に熱量を持ったラップ、そして、ギター1本だからこそ際立つUKの繊細かつ獰猛なリフ。個々の持ち味を最大限に生かす為、この MC+Gtという最小編成にこだわる。抽象的な表現を一切使わず、思いの丈を臆面もなく言い切るそのスタイルとリリックは賛否両論を巻き起こしている。鬼気迫るLIVEはあなたにとって毒か薬か!? 雪国信州信濃から冷えた拳骨振り回す。

MOROHAの特集はこちら
MOROHA ROSE HP

o

 
 

"moroha::moroha"の最新アーカイヴ

MOROHA アフロの40分
[MOROHA]・2012年07月26日・ クラブ・イベントでは15~20分のライヴが通常となっているヒップ・ホップのMC。彼らに40分の時間を与え、ライヴをやりきらせるイベントがこの『40』分。新宿MARZにて第5回目が開催される。ヒップ・ホップのフィールドでMC、バンドが熱い拳を交え、回を増すごとに熱気を帯びていく本イベント。MOROHAのアフロの意気込みと共に全出演者が決定! 8月18日(土)は新宿MARZにてお待ちしています! 『40分』Vol.52012年8月18日(土)@新宿MARZLIVE : MOROHA、志人、KEN THE 390、FU-MU、NONKEY&DJ CANエントランス : 2000円(1D付き)OPEN : 24:00 / LIVE START : 24:30CLOSE : 29:00 チケットの取り置き受付中!チケットのお取り置きを希望される方は、お名前/電話番号/希望の人数をご記入の上 info(at)ototoy.jp までメールをお送りください。追って受付完了のメールをお送りいたします。当日はエントランスにてお名前をお伝えください。※あらかじめ info(at)ototoy.jp からのメールを受信できる
MOROHA アフロの40分
[MOROHA]・2012年07月06日・ クラブ・イベントでは15~20分のライヴが通常となっているヒップ・ホップのMC。彼らに40分の時間を与え、ライヴをやりきらせるイベントがこの『40』分。新宿MARZにて第5回目が開催される。ヒップ・ホップのフィールドでMC、バンドが熱い拳を交え、回を増すごとに熱気を帯びていく本イベント。SALUやKEN THE 390との共演も果たしたMOROHA・アフロの意気込みがここに。 第2弾KEN THE 390、FU-MU決定! KEN THE 390確実なスキルとスタイリッシュなルックスからフリー・スタイルの貴公子とも称されるKEN THE 390。硬軟どちらのスタイルも幅広く乗りこなし、そのキャリアを拡大して来た。1999年に活動開始年間100本を超えるクラブでのライヴと、フリー・スタイル・バトルでの数々の輝かしい戦歴により、その名は全国区へ。インディー・レーベルであるダメレコードからリリースされた1st ALBUM『プロローグ』では歯切れ良いフローと繊細なリリックが同居した独特の世界観を描き出し、クラシック(名盤)ともよばれ、当時のインディーズ市場としては脅威のビック・セールスを記録した。2008年か
MOROHA アフロの40分
[MOROHA]・2012年05月26日・ クラブ・イベントでは15~20分のライヴが通常となっているヒップ・ホップのMC。彼らに40分の時間を与え、ライヴをやりきらせるイベントがこの『40』分。新宿MARZにて第5回目が開催される。ヒップ・ホップのフィールドでMC、バンドが熱い拳を交え、回を増すごとに熱気を帯びていく本イベント。SALUやKEN THE 390との共演も果たしたMOROHA・アフロの意気込みがここに。 第1弾アーティスト発表 : 志人 from 降神 with DJ SHUN 志人/sibitt/シビット。降神のMC。降神非行期。玉兎なるオルターエゴ(別人格)を持つ。時には歌う変幻自在のフロウを持ち、従来の日本語のHIPHOP観を覆す唯一無二の存在であり、ジャンルの壁を超え音楽空間を彷徨う旅人。内なる宇宙からとめどなく溢れ出す言葉は、聴く者の脳裏に映像を浮かび上がらせ、まるで一つの映画を見ているかのような感覚へ誘う。また演劇的とも評されるライヴは、見る者の感情を心の奥底から導き出し、音楽の新たな世界へ連れて行く。国境を越えたリスナーがじわじわと増えてきている降神のアルバムや、数々の客演を経て、2005年ファースト・ソロ・アルバム
MOROHA アフロの40分
[MOROHA]・2012年02月14日・ クラブ・イベントでは15~20分のライヴが通常となっているヒップ・ホップのMC。彼らに40分の時間を与え、ライヴをやりきらせるイベントがこの『40』分だ。新宿MARZにて行われた第4回には、山梨からStillichimiyaの田我流、横浜ZZ PRODUCTIONからSTERUSSを招集。また、1枠あるバンド枠にはmothercoat、そして挑戦者枠にはbashouが参加した。ヒップ・ホップのフィールドでMC、バンドが熱い拳を交え、回を増すごとに熱気を帯びていく本イベント。4月に予定されている第5回の前に、前回の模様をイベント発起人、MOROHAのアフロに振り返ってもらおう。 事件が起きればそれでいい そこに行けば「何か」が起こる。自分が奮え立てるような、息詰まった日常を打破してくれるような、そんな「何か」にきっと会える。少なくとも俺はクラブ、ライヴ・ハウスに「何か」を期待して、十代から今も足を運んでいる。だからこそ、自分のライヴも必ず一波乱起こす。そのつもりで挑む。仮に「だせぇ」とか「嫌い」とかプラスの印象でないとしても、見てくれた人の記憶からこびりついて離さないライヴがしたい。なんとなく良かったけど、
MOROHA アフロの40分
[MOROHA]・2011年12月14日・ 第4回『40分』開催決定! 『40分』Vol.42012年1月21日(土)@新宿MARZLIVE : MOROHA / 田我流 / STERUSS / mothercoatエントランス : 2000円(1D付き)OPEN : 0:00 LIVE START : 0:30CLOSE : 5:00 応募枠を募集! 挑戦者募集!! 条件はラッパーが40分ライヴ出来る事です!件名に「『40分』応募枠希望」、本文に氏名/住所/電話番号/アピール資料をご記入、添付の上、info(at)ototoy.jp までメールをお送りください。当選者の方には、追ってメール、電話にてご連絡します。※あらかじめ info(at)ototoy.jp からのメールを受信できるよう設定ください。 >>>『40分』開催の声明文はこちらからチェック! アーカイヴでこれまでの出演者を振り返る!2011年3月25日『40分』Vol.1の様子はこちら2011年6月11日『40分』Vol.2の様子はこちら2011年9月17日『40分』Vol.3の様子はこちら 何となく生きることに寛大な街「東京」 上京してもうすぐ7年になる。 上京したての頃、今東
MOROHA アフロの40分
[MOROHA]・2011年10月13日・ 『40分』2011.9.17@新宿MARZ-Live Report- 『40分』Vol'32011年9月7日@新宿MARZLive : 田中光&MASAYA YONEYAMA(応募枠)、キリコ、撃鉄(バンド枠)、ISSUGI、MOROHAphoto by yukitaka amemiya テーマは異種格闘技 短い時間のショウ・ケースにしか恵まれないラッパーが多い中、「時間をたっぷり使って本気のライヴをやり合おうじゃないか」というヒップ・ホップ・ユニットMOROHAのMCアフロの声から生まれたイベント『40分』。今年から新宿のライヴ・ハウスMARZではじまったこのイベントは、3度目となる。今までは手探りをしている感もあったが、今回の『40分』には、今まで掲げて来たコンセプト以上の、新しい方向性が生まれた瞬間があった。 毎回『40分』の1セット目に登場するのは応募枠のアーティストだ。今回は1MC&1DJの田中光&MASAYA YONEYAMA。ラッパーらしからぬ長髪の謎めいた風貌とは裏腹に、田中から放たれる純粋で熱い言葉が、初見のオーディエンス達をも静かにステージへと引き付けて行く。ふと、用意したイ
by 斎井 直史
MOROHA アフロの40分
[MOROHA]・2011年08月13日・ キリコが出演決定! 『40分』Vol'39月17日(土)@新宿MARZLIVE : MOROHA / ISSUGI / 撃鉄 / キリコエントランス : 2000円(1D付き)OPEN : 0:00 LIVE START : 0:30CLOSE : 5:00 チケットの取り置き受付開始!チケットのお取り置きを希望される方は、お名前/電話番号/希望の人数をご記入の上 info(at)ototoy.jp までメールをお送りください。追って受付完了のメールをお送りいたします。当日はエントランスにてお名前をお伝えください。※あらかじめ info(at)ototoy.jp からのメールを受信できるよう、設定ください。【お問い合わせ】オトトイ株式会社 03-5829-8371 info(at)ototoy.jp新宿MARZ 03-5292-8371 info(at)marz.jp アーカイヴでこれまでの出演者を振り返る!2011年3月25日『40分』Vol'1の様子はこちら2011年6月11日『40分』Vol'2の様子はこちら 遊びにではなく、ライヴを見に来て下さい!7月中旬、先輩の結婚式の二次会に呼ばれ地元へ帰省
MOROHA アフロの40分
[MOROHA]・2011年07月07日・ 次回は9月17日に開催される! 『40分』Vol'39月17日(土)@新宿MARZLIVE : MOROHA / ISSUGI / 撃鉄... and moreエントランス : 2000円(1D付き)OPEN : 0:00 LIVE START : 0:30CLOSE : 5:00 【ticket information】オトトイ株式会社 03-5829-8371 info(at)ototoy.jp新宿MARZ 03-5292-8371 info(at)marz.jp アーカイヴでこれまでのの出演者を振り返る!2011年3月25日『40分』Vol'1の様子はこちら2011年6月11日『40分』Vol'2の様子はこちら 次回出演者も続々決定!サッカー選手名鑑を見ていました。今までの経歴と写真、それからその下に五角形のグラフがありました。それぞれの角の頂点にシュート力とか足の速さだとか諸々、能力の種類が書いてあって、五角形の中心から角に向かって選手の能力の数値に点が打ってあり、それを五つ繋げて五角形の内側にもう一つ五角形を作るやつ。 それを見て自分は考えました。もしもラッパー名鑑みたいなのがあったら自分は一
筆者について
和田 隆嗣 (Wakf)

DJとかやってます。

和田隆嗣です。ototoyを盛り上げながら、音楽を楽しんで行きます!!

同じ筆者による他の記事