FLACとは……

  • Free Lossless Audio Codecの略で、フリーで提供されている可逆圧縮音声ファイル・フォーマットのひとつです。
  • FLACは可逆圧縮音声のファイル形式です。不可逆圧縮のMP3などと違い音声情報を損なわずに圧縮することができます。再生時には、元のPCM音源と同じ音質へとデコードします。
  • 現在、ハイレゾ音源の中心になっている24bit/44.1kHz~192kHzに対応、同じ音質でWAVよりもファイル・サイズが少ないため、多くの配信サービスなどでハイレゾ音源の配信に使用されています。
  • 圧縮後のファイル・サイズはおよそ60%前後と言われていますが、元のファイルにより、その圧縮率には幅があります。

あれ、FLACって…… iTunesで聴けないんだけど……

そうなんです、iTunesにFLACをドラッグしても読んでくれません… ということで手っ取り早く聴く方法を紹介!

今回はWindows、Mac OS Xともに共有できる、KORGが配布しているフリーのハイレゾ再生/変換ソフト、AudioGateを使った方法を2つ、それからCoppertino社による多機能再生アプリVOXによる方法を紹介します。

●ハイレゾ(24bit/44.1kHz以上)音質のFLAC(と変換後の他形式のハイレゾ・ファイル)のネイティヴ再生に関しては、各デバイスのハイレゾ対応能力と依存関係に。なのでハイレゾ音源の本来の高音質再生に関しては、ハイレゾ対応のDACの使用や再生機器での再生を推奨します。

AudioGate公式ページ : http://www.korguser.net/AudioGate/jp/

方法その1. ファイル変換をしないで聴く!

ポイント : PC上にFLACファイルをダウンロードしたら、AudioGateに入れて、再生ボタンを押す、あとは聴くだけ! 簡単!

手順1

  • AudioGate Version2.3.3をダウンロードしてインストールする。
  • ダウンロード、インストール手順は上記公式ページへ。

手順2

  • AudioGateの画面下部のリストにFLACファイルをドラッグするか、ADDボタンを押して変換したいFLACファイルをAudioGateのリストに加える。再生ボタンを押す。以上。

方法その1.5. ファイル変換をしないで聴く!

ポイント : flacに最初から対応しているアプリ、VOXを使う

手順1

  • VOX.appをMac App Storeからインストールする

手順2

  • .flacファイルをVOXアプリへドロップするか、凝った設定をしてなければそのままダブルクリックするだけでVOXが起動し、再生できる。

VOXはCoppertino社による多機能音楽プレイヤーアプリ。基本的には無料。flacだけでなく、.oggや.wma、そしてALACなど、様々な音声形式に対応している。その気になればiTunesのライブラリを丸ごと管理できるので、WindowsとMac環境の混成ライブラリを気にせず楽しめたりする。もちろんiTunesがサポートしないファイル形式のみの管理を任せてもOK。再生中の曲ジャケットがアプリアイコンになるなど、UIが良くデザインされ、シンプルなインターフェイスは慣れれば快適。Version 2.1からSoundCloudとの統合やインターネットラジオ(全部をアンロックするには若干のお金が必要)との統合が進んでいて、所有ライブラリとネット上の音楽のボーダーにこだわらずに音楽をより楽しめる。

方法その2. 自分にあったファイル形式に変換して聴く!

ポイント : 一手間を我慢すれば、いままで聴いてた音源と一緒に管理できる、聴ける。

■AudioGate Version2.3.3で変換する(Win/Mac共通)

  • ここではAudioGate Version2.3.3を使用し再生環境に合わせた形式にFLACファイルを変換して再生する方法を紹介(最新版Ver.3は純粋なプレイヤー・ソフトのため変換はできません)。
  • iTunes(Windows、Mac OS Xともに)で聴くなら、WAV、AIFF、ALAC、AAC、MP3などiTunes対応のファイルに変換が必要です。
  • この方法でiTunesの他のアーカイヴと同じく、FLAC形式で買った音源を再生、管理できます。
  • 変換方法を憶えればさまざまなアプリや再生機器に対応することができるのでオススメです。
  • 注意する点はせっかくの高音質ファイルの場合、変換時にダウンコンバート(音質が劣化します)しないことです。

手順1
「方法その1.ファイル変換しないで聴く!」を見て、FLACファイルを再生リストに追加する。

手順2

  • 右下の『EXPORT』ボタンを押す。

手順3

  • 「出力するソング」を「選択されているソングのみ」orリスト上のソングリストを一括変換する場合は「すべて」を選択。
  • 出力先フォルダを任意の場所を選択(とくにごだわりがなく、すぐにiTunesに入れてしまうのようなのであれば、わかりやすいデスクトップあたりが良いでしょう)。
  • 「ファイル形式」で「ALAC」、「WAV」などを選択。(ファイル形式に関しては、ページ下方の「ファイル形式はなにが良い?」を参照)
  • 「サンプリング周波数」、「量子化ビット数」は購入時のサンプリング周波数を確認して選択(気をつけないとダウンコンバートされ音質が劣化します)。

手順4

  • フリーのAudioGateですが、ひとつだけ制限があります。それは変換機能を使用するときにツイッターへの自動ポストの許可が要求されます。ツィートを許可すると、「#KORG #AudioGate で "Beep it" (Cornelius) など12曲をALACに変換しています」といったひとことが登録したツイッター・アカウントに自動投稿され、変換が始まります。
  • この機能はDACなどKORG社対応製のオーディオ・ハイレゾ商品との併用でオフにすることができます。

手順5
生成されたALACなどの変換ファイルをいつもの再生環境に読み込めば再生できる。

ファイル形式はなにが良い?

  • iTunesの場合、FLACからの変換は、ずばりALAC(Apple Lossless Audio Codec)形式がオススメ。ALACもFLAC同様の可逆圧縮音源なので、音質を損なうことなく、ファイルサイズを抑えられ、なおかつアーティスト名、アルバム・タイトルなどのメタ情報もFLACから変換後に継承され、表示されます。FLACからの変換ファイルでは、iTunesでの楽曲管理に最もぴったりな形式でしょう。
  • 再生ということだけであればWAV形式が一般的で、大抵の機器やソフトで音質を損ねることなく再生可能。が、ファイルサイズが増大し、メタ情報の掲載も限られてしまうわけです。
  • iPhoneへ転送し、標準ミュージック・アプリで再生したい場合は、24bit/48kHz以下のデータしかiPhoneがうけつけないため、それ以上のサンプリング周波数の音源はダウンコンバートする必要があります(例 : 24bit/96kHz→24bit/48kHz、24bit/88.2kHz→24bit/44.1kHz)。
  • iTunes用に登録した音源はiPhone、iPad、iPodなどのiOSデバイスに転送して標準ミュージック・アプリで再生できます(上述のように一部非対応)。

補足情報

Mac OS Xでは下記のフリーソフトなどを使うことによって、上記の「FLACからiTunes対応ファイルに変換」→「iTunesライブラリに追加」を自動で行うことができます。ALACやWAVであれば音質を変化させずに自動的に変換してくれます。

●FLAC2iTunes
http://github.com/cbguder/FLAC2iTunes/downloads/
・iTunes側の音源の読み込み設定をALACなど、任意の形式に指定しておくことが必要。

●X Lossless Decoder
http://tmkk.undo.jp/xld/
「環境設定」で「出力フォーマット」でALACなど任意の形式を選択し、「可能であれば変換後に iTunes に追加」にチェックを入れておく。変換したいFLACファイルをこのソフト上で開くことで、コンバート後にiTunesライブラリに追加されます。

こちらに掲載以外の方法、ネットワーク・オーディオ・プレイヤー、ポータブル・プレイヤー、AK240やウォークマンなど対応機器での再生、AndroidやiPhoneの各スマートフォン・アプリ、さらにはWin、MacなどのPCにおいても、FLAC再生可能なソフトがかなりの数がリリース…… いまや、無数にあります。しかし、初心者歓迎ということでシンプルに紹介いたしました!

o

 
 

"help"の最新アーカイヴ

ハイレゾの聴き方
[HELP]・2016年03月24日・ハイレゾの聴き方 ハイレゾ音源は、パソコンで聴くだけなら「iTunes」や「Windows Mediaプレーヤー」などの一般的な再生ソフトでも再生が可能です! (パソコンの機種によって音質の上限はあります)>>ハイレゾ簡単設定はこちら 音楽再生に特化していないパソコンでは、ハイレゾの魅力を最大限引き出すことはできません。外部機器を用いて、ハイレゾのサウンドを最大限に味わうための4つの再生方法を紹介します。 ①ポータブルオーディオ・手軽にハイレゾを楽しみたい・外出先でもハイレゾを楽しみたい・最低限の機器で音楽が聴ける環境を構築したい ②USBオーディオ・とにかくまずハイレゾ音源を聴いてみたい・再生ソフトウェアや設定で、音を追求したい ③ハイレゾ対応ミニコンポ・ホームオーディオで手軽にハイレゾを楽しみたい・複雑なセットアップをしたくない ④ネットワーク・オーディオ・プレーヤー・機器が持っている本来の音質を楽しみたい・音楽を聴くときはパソコンを開きたくない portableaudio ①ポータブル・オーディオでハイレゾを聴く ポータブル・オーディオには、大きく分けて・ハイレゾ対応ポータブル・プレイヤー・ポ
パスコードを使用したダウンロード方法
[HELP]・2016年03月16日・パスコードを使用したダウンロード方法 ※ダウンロードはPCからお試しください 1. ログイン OTOTOYアカウントにログインします。アカウントがない方は新規登録へお進みください。 2. パスコードの入力 トップページの右上に表示されている【パスコード、おとぷりの入力】をクリック、ポップアアップした画面に16桁のパスコードを入力して【パスコードを送信】ボタンをクリックしてください。 3. ダウンロードの準備 作品紹介のページへ移行します。 アルバム名の下に「ファイル形式(mp3やalacなど) | アルバム価格¥0」という青いプルダウンが表示されています。クリックして希望のファイル形式を選んでください。(ファイル形式が1つしかない場合もございます) 右隣にある【アルバムをカートへ】をクリック。「アイテムを追加しました」というポップアップが表示されます。 4. チェックアウト ページ右上の【カート】をクリックして、「マイカート」へ移行してください。 トラック一覧の右下に表示されている【チェックアウト】をクリックし、無料ダウンロードを行ってください。 5. ダウンロードURLの到着 チェックアウト完了後、
パソコン上のハイレゾ再生設定
[HELP]・2016年02月29日・パソコン上のハイレゾ再生設定 Windows (Vista / 7 / 8 / 8.1 32bit/64bit)の場合 1. ツールバーの「音量ボタン(スピーカー)」をクリック2. スピーカー型のアイコンをクリック3. プロパティウィンドウの「詳細」タブを選択4. 「規定の形式」のプルダウンメニューより音質を選択例) 「24ビット、48000Hz(スタジオの音質)」、「24ビット、96000Hz(スタジオの音質)」など Mac OS Xの場合1. 「アプリケーション」内の「ユーティリティ」フォルダを開く2. 「Audio MIDI 設定」を開く3. 「フォーマット」からサンプリング周波数とビットレートを選択
ハイレゾ再生ソフト
[HELP]・2016年02月29日・ハイレゾ対応再生ソフトについて Windows foobar2000 [無償]特徴・DSD対応(ASIO方式、11.2MHzまで)・Windowsの定番無料再生ソフトで表示を自分流にカスタマイズできる。設定がやや複雑。http://www.foobar2000.org/ Media Monkey [無償]特徴・DSD非対応・機能充実、日本語による表示。http://www.mediamonkey.com/ HQ Player ver.3 [有償]特徴・DSD対応(ASIO方式、11,2MHzまで)・いち早くDSD再生に力を入れた再生ソフトで、もちろんDSD11.2MHz(ASIO方式)も再生可能。タッチパネル対応の多彩なプレイモードで直観的な操作が可能。http://www.hqplayer.jp/products/ JRiver Media Center 19 [有償 / ※30日間無料お試し期間あり]特徴・DSD対応(ASIO、DoP方式、11.2MHzまで)・見やすくスタイリッシュな画面で操作もラクラク。http://n.shop.vector.co.jp/service/catalogue/jrive
ハイレゾとは?
[HELP]・2016年02月29日・ハイレゾはじめの一歩 〜仕組みから聴き方まで〜 ILLUSTRATION : hima:// KAWAGOE 「ハイレゾ」って結局なんなんだ? …そんな素朴な疑問を持ってこのページに来た方も多いのではないでしょうか。ここでは「ハイレゾ」が何故MP3やCDより音が良いとされているのか。その仕組みから、実際にハイレゾを聴くための再生環境までを、わかりやすくご案内いたします! ①そもそも「ハイレゾ」とは?②ハイレゾの聴き方③ハイレゾ対応再生ソフト④フォーマットについて ①そもそも「ハイレゾ」とは ? 「High resolution(= 高解像度)audio」の略称CDスペックを超える情報量を持つ音声データのことです。 私たちが聴いている音楽ファイルは、原音(生の音)をデジタル化したものです。デジタル化した数値はkHz(サンプリング周波数)(※1)とbit(量子化ビット数)(※2)で表されます。その数値が大きいほど、音の情報量が多く、生で聴いている音に近づきます。 ※1 kHz(サンプリング周波数)原音をデジタル化するとき、1秒間に何回サンプリング(標本化)するかを示した値。サンプリングの回数が多い(値が大
解凍ソフト Explzh のダウンロードのしかた
[HELP]・2016年02月24日・解凍ソフト Explzh のダウンロード 「ダウンロード出来たけどファイルが開けない」「ダウンロードしたファイルの中身が空になる」 windowsのパソコンをご利用の場合、標準解凍設定、もしくは解凍ソフトによってはダウンロードしたファイルを正常に解凍できない(解凍したファイルの中身が空になる)可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願いいたします。OTOTOYでは、フリー・ソフトExplzhでの解凍を推奨しています。下記のインストール~解凍手順を参照の上、お試しいただけますと幸いです。 1. Explzhのサイトから、ファイルをダウンロードする >>Explzhのダウンロードはこちらから※お使いのパソコンの環境(32ビット or 64ビット)に合わせたファイルをダウンロードしてください。 お使いのパソコンの環境(32ビットと64ビット)の見分け方お使いのパソコンが win8 以前の場合【コントロールパネル】→【システムとセキュリティ】→【システム】をクリックし、「システムの種類」部分を参照してください。お使いのパソコンが win10 の場合【スタ
解凍ソフト Explzh の使い方
[HELP]・2016年02月24日・解凍ソフト「Explzh」の使い方 windowsのパソコンをご利用の場合、解凍ソフトによってはダウンロードしたファイルを正常に解凍できない(解凍したファイルの中身が空になる)可能性がございます。OTOTOYでは、windowユーザーの解凍にはフリー・ソフトExplzhを推奨しています。このページでは、Explzhを使って音源ファイルを回答する手順を解説していきます。 >>Explzhインストールのしかたはこちらのページから 1. OTOTOYでダウンロードしたファイルをダブルクリックしてExplzhを開く ダブルクリックしてもExplzhが開かない場合ExplzhをZIPファイルに関連付ける必要があります。Ezplzhを開き、【ツール】 → 【オプション】 → 【シェルエクステンション】 → 【関連付け設定】 → 【関連付け、アイコンの設定】から、「書庫ファイルへの”関連付け設定”を変更する」の「ZIP」にチェックを入れて【完了】をクリックします。 2. 解凍したいファイルを選択して「ファイルの展開」ボタンをクリックする 3. 解凍する場所を指定して、「OK」ボタンをクリックする 4. 指定した場所に解凍
DSDの聴き方
[HELP]・2016年02月23日・ DSDの聴き方 DSDとは? DSDとはDirect Stream Digital(ダイレクト・ストリーム・デジタル)の略称。音声をデジタル化する方式の1つで、音の細かいニュアンスの忠実な再現を目指して開発されました。DSDは通常のCDのPCM方式とはまったく違う1bitのレコーディング形式。サンプリング周波数は主に現在2つのフォーマットが用いられており、CDの44.1kHzの64倍となる2.8224MHz、そしてさらなる高音質となる5.6448MHzにいたってはCDの128倍に及びます。この甚大な情報量によって記録された音源は、奏でられた音そのものはもとより、会場の空気をも甦らせ、アナログ・レコードのような滑らかさと、デジタルならではの透明度を合わせ持っています。ここ数年で、さまざまな主要オーディオ・メーカーも参入し、ハイスペック・デジタル・オーディオ機器のみならず、さまざまなクラスにおいても対応機種が続々とリリースされています。高音質のデジタル・オーディオ・ライフを楽しむ人々にとって、DSDは、もはやスタンダードな規格と言っても過言ではないでしょう。 DSDのいろいろな聴き方 DSDの聴き方は、大きく分