中川大二朗(ex.宇宙コンビニ)による新プロジェクト、JYOCHO始動! 期待の新作と始動経緯に迫る

2015年3月に惜しまれつつ解散した、京都発3ピース・プログレッシブ・ポップ・バンド、宇宙コンビニのリーダーとしてバンドを牽引してきた”だいじろー”こと中川大二朗が新プロジェクトJYOCHO(読み : じょうちょ)を始動し、記念すべき1stミニ・アルバム『祈りでは届かない距離』をリリース。プログレッシブ~ポップスなど様々なジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、まさに情緒感たっぷりな、だいじろーにしかできない独自の世界観を構築した7曲が完成。今作のメンバーにはドラムにhatch(ex DUG OUT)、ベースにシンディ(空きっ腹に酒、LOW-PASS)、ヴォーカルにrionosという彼が選りすぐった強力なメンバーが集結。彼の多様な知識と音楽性によって生み出された今作の制作意図、新プロジェクト始動の経緯について話を訊いた。

JYOCHO / 祈りでは届かない距離

【Track List】
01. family
02. 安い命
03. furusato
04. 故郷
05. 太陽と暮らしてきた
06. あの木には私にはないものを
07. 365

M1・M2・M7の3曲をアルバムのリリースに先駆け先行配信!!

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 258円(税込) / アルバム 1,234円(税込)

INTERVIEW : だいじろー(JYOCHO)

新世代のポストロック・バンドとして、宇宙コンビニは叙情性も含んだ素晴らしい作品を残して解散をした。それを残念に思う人は少なくなかったはずだ。しかし、このたびスタートした、同バンドのリーダー、だいじろーこと中川大二朗による新プロジェクトJYOCHOの作品を聴けば、その喪失感はゆるやかに癒され、新しい可能性の萌芽を感じることになるだろう。キャッチーでありながらもテクニカル、一音一音に込められたサウンドへのこだわり、それらが大衆性をも持ち合わせつめこまれている。なぜこのような音楽が生まれたのか。企業秘密と笑いながらも、だいじろーは本作の完成に至るまでを丁寧に語ってくれた。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
構成 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

最初のイメージと完成したときのイメージが全然違うことも多いんですけど、それがいい曲になったときが1番嬉しいかもしれない

──宇宙コンビニが解散発表したとき、「”音楽に対する姿勢”や”目指すべきところ”のズレが大きくなってしまいました。(中略)今後この3人で、納得出来るものは生まれないという結論を~」と声明文を書かれていましたよね。改めて、なぜ宇宙コンビニを解散させたのか聞かせてもらえますか。

あのときは3人で話し合いを重ねて明確に答えが出たので、そういう文章にしたんです。宇宙コンビニは、僕とえみちょこ(Vo.Ba)で始めたんですけど、3人で活動していくにあたって考え方のズレが大きくなっていってしまって。もともと3人の中で絶対に譲れないものを持っていて、そこが一致していたんですけど、活動するにあたってちょっとずつ離れてしまって。それやったらこの3人でやっていく意味はないかなと思ったんです。まさに解散コメントの通りなんですけど(笑)。

──宇宙コンビニの音楽は3人の譲れない部分が一致していたから生まれていたと。

そうですね。

──その譲れない部分って、どういうものなんですか?

それは企業秘密ですね(笑)。僕の核となっていて、今も思い続けているものなので。そこはJYOCHOも方向性としてはあんまり変わってないです。

──解散後の活動はあらかじめ想定していたんですか。

解散した当時は何も考えられなかったんですけど、やりたいことだけは他にいっぱいあって。就職にも興味があったし、仕事をしながら音楽を続けてもいいかなとも思っていたんです。でも1番やりたいことを整理したとき、音楽がずっとそこにあったので、もう1回、1から組み立てていこうと思うようになりました。

──だいじろーさんは、企業CMだったりクライアントへの楽曲提供もされていますけど、今はプレイヤーというよりも楽曲制作にシフトしているような感覚ですか?

そこは意識的じゃなくて、自然にシフトしていった感じですね。今は曲を作るほうが好きなんやなって、自分の中で明確になりましたね。

──作曲のどんなところに1番興味があるんですか?

最初のイメージと完成したときのイメージが全然違うことも多いんですけど、それがいい曲になったときが1番嬉しいかもしれないです。宇宙コンビニのときの話なんですけど、僕が作ったデモをメンバーに渡して演奏をつけたあとに3人で合わせるとデモと全然違うんですよ。曲を作っていて、そういうときが客観的にも、やっていても1番おもしろいです。

──自分の作った音世界を変えられることを嫌がる人もいると思うんですけど、だいじろーさんの場合は、思わぬ方向に形が変えていったほうがおもしろい?

そのほうがおもしろいと思いますし、僕は自分の中での良し悪しだけじゃなくて、客観的な良し悪しも大切だと思っていて。だから、自分が100%正解だという考えは気を付けたほうがいいと心に留めています。

──宇宙コンビニも客観性も持ちながらやっていたんですか。

それはかなり入れてましたね。3人の客観性もあるし、お客さんが聴いたときにどう思うかということはかなり考えていました。

自分の中の音楽の続きを鳴らしたいと思った

──最近のだいじろーさんのTwitterを見ていると、餃子とか料理の話がよく出てくるじゃないですか。だいじろーさん自身、料理は作るんですか?

料理が好きで、自分でイタリアンとかも作ります。もともとイタリアン料理を出すカフェで働いていたので、パスタのレシピを盗んで、家で再現して1人でインスタにアップして満足するという日々を送っていたこともあって(笑)。

──あははは。創作という意味では、料理と音楽って近いところがあるんじゃないかなと思うんですね。例えば、だいじろーさんはお店で得たレシピに、自分なりのアレンジを加えたりしていそうだなって。

ああ、そういうこともやっていましたね。YouTubeにレシピが無限に出ているので色々合わせて試してみたりもしたし。料理と音楽は似ているというのはよく言われることですけど、本質を突き詰めていくと大事な部分は似ているかもしれないですね。

──料理って「美味しい」という点でわかりやすい評価基準がありますけど、音楽はより抽象的だと思うんですね。そんな中、だいじろーさんの納得がいくポイントってどんなところなんですか。

まず、自分の主観で納得がいくことですね。次にお客さんの反応という2段階です。自分で創るだけじゃなくて、それを人に聴かせるまでが1セット。

──新プロジェクト名であるJYOCHOはいつから名乗り始めたんですか?

宇宙コンビニが解散してから、もう1回音楽をやりたくてJYOCHOのプロジェクトを構想していたんです。それをマネージャーの佐々木さんに話したら、宇宙コンビニでやっていたことと軸があまり変わっていなくて。それもあって、自分の中の音楽の続きを鳴らしたいと思ったんです。

──「音楽の続き」ということは、だいじろーさんの中で、宇宙コンビニとJYOCHOまで、ひと続きのストーリーという意識がある?

宇宙コンビニとJYOCHOはリンクしている部分はありますね。ただ、もっと自由なイメージはあると思います。

──宇宙コンビニと1番違うのは、だいじろーさんがコンポーザーとして存在していて他のメンバーがいるところだと思うんですけど、メンバーはどうやって選んだんでしょう。

僕が1人ずつ声をかけて仲間を集めていきました。ヴォーカルのrionosさんはTwitterで音源を聴いて「いいな」と思って声をかけて。ドラムのhatchくんとベースのシンディさんは、僕がよく出ている京都のライヴハウス「GROWLY」で対バンをした繋がりで声をかけて。「今、こういう構想があるんですけど一緒にやりませんか」って2時間くらい僕の考えを話して賛同してくださったので、お誘いしました。

──そのとき話したのは、技術的なことやサウンド的なことよりもっと抽象的な話ですか?

そうですね。「いつもライヴで演奏してるとき何を考えてますか」とか。そういう話は普段しないし、あんまり好きじゃないんですけど、一緒にやるメンバーとして聞いてみたら意外とおもしろかったんで、合うなと思って一緒にやることにしたんです。

──彼らはサポートメンバーともまた違うんですよね?

強いていうなら「だいじろーとゆかいな仲間たち」みたいな感じです(笑)。サポートみたいに見えるけど、バンドとしてやっていきたいんですよ。とはいえ、rionosさんは東京在住の方なので、データでのやりとりで制作したし、他の2人ともあまりスタジオにも入らず、REC前にスタジオに入る感じでしたね。ある程度、データでフレーズも固めて出すようにしていて。例えば「ちょっとどんなベースをつけたら良いかわからへん」とかなったら、僕がフレーズを出して2人で擦り合わせしていきました。でも、全員好きな音楽の趣向が似ているというか、1つの条件で僕は声をかけていったんで、その擦り合わせはめちゃくちゃ楽で。今までにない新鮮さがありました。

──ちなみに、メンバーで共通して好きな音楽はどんな曲なんですか。

京都GROWLYはTera Melosのジャパン・ツアーをやったりするような色のあるマニアックなライヴハウスなので、そのハコに出ているようなアーティストは共通して好きですね。

今までやってきた音楽を引き継ぎながら、さらに尖って進化しているのがJYOCHO

──曲を聴かせてもらって驚いたのが、一体どうやって作っているのかがまったくわからない(笑)。さっきの話だと、自分で想像していたものと完成したものが違っているところにおもしろみを見出しているなかで、そうしてこんな複雑な楽曲ができるのか、その過程が全然想像できなかったんです。

JYOCHOは、引き算をして曲を作っていく感じもあるんですけど、足し算していく部分もすごく多くて。だから完成したときに最初に比べると複雑になってしまったなというのはすごくあります。「family」はほぼほぼ一緒かもしれないけど、「365」とか「太陽と暮らしてきた」とかはかなり違いますね。まず僕が出したデモの時点ではフルートが入ってなかったんですけど、フルートが入るだけでイメージでかなりガラッと変わった。「太陽と暮らしてきた」はギターからイントロが始まるんですけど、そのギターのフレーズにフルートをユニゾンさせたらおもしろいなと思ったんですよ。それでフルートのhatchさんに「この音拾ってもらっていいですか」って無理を言って合わせたらめちゃくちゃカッコよくなって、それをイントロに採用することになったりとか。


JYOCHO/祈りでは届かない距離 Trailer

──フルートを使おうという発想はどこから出てきたんですか?

う~ん、わからないんですよね(笑)、そのときの衝動があるので。試してみたいな、というところから始めて、良いか悪いかわからなかったらメンバーに聞いてみるという感じでやっていたので。

──例えとして合っているかどうかはわからないですけど、JUDY AND MARY時代のギタリストのTAKUYAさんの曲は、すごくポップなんですけどギターはよく聴くとかなり複雑なフレーズを弾いたりしている。JYOCHOの楽曲にも、そんな印象を受けたんですよね。

ああー、確かにそうですね。TAKUYAさんも「めっちゃちゃんとしているのに、ちゃんとしてない」ところはありますよね。そういうのにはすごく惹かれます。

──このアルバムはポップでキャッチーなんだけど、よく聴くと「なんだこりゃ」っていうギターのフレーズとかリズムがたくさんある。複雑さとキャッチーさが同居している感じがマジックだなと思ったんですよね。その両輪は作る上で頭の中にあることなんですか?

そこは1番意識しています。宇宙コンビニのとき、ずっと僕がギターを弾いてたら歌の邪魔になるので伴奏に寄せなければいけなかった。でも今回は、もっと自由にできることが見えてきたので、隙あらばやりたいことを詰めてやろうと思って作ったんです。今まで歌が始まったらギターはコードを弾いてたりしたんですけど、そうではなくて言葉の間にフレーズを詰め込んでやれとか、ドラムとかでもかなり詰め込んだりとか。

──そのバランスが両方成り立っているのがキモというか、聴いていてビックリするポイントだなと思うんですよね。

そこはすごく意識しているので、そう感じてもらえて嬉しいですね。

──歌詞に関しても全部だいじろーさんが書いていますけど、言葉の意味というのももちろん、音としてのフレーズというのも意識した作詞なんですか。

語感ということですよね? そこもかなり意識しました。同じ意味を持つ文章でもハマらなかったら意味がないので、1個1個近い意味を辞書で調べたりして。今表現しようとしているイメージに近いかどうかは試行錯誤しながら作詞しました。

──だいじろーさんは言葉に対する感度も高いですよね。歌詞の表記で、歌詞の最後はからなずイコールでテーマを書いて締めています。

それに関しては、最初に作った歌詞を自分の好きな語感に当てはめていくと、たまに難しくなったり抽象的になったりするので、それをなんとか柔らかく表現するためにわかりやすいテーマとしてそうしてみたんです。聴き手の想像の役に立つヒントとして置いておけばおもしろいかなと思って書きました。

──今後の活動の予定はどのようなことを考えているのか最後に教えてください。

とりあえず1枚作品を出そうと思っていたので、リリース後の活動は今のところ何も考えてなくて。必要であればメンバーの形も変えていきたいし、楽器も増えるかもしれないし、後のことは何も考えてないですね。今はライヴも考えていないですけど、ゆくゆくはやろうかなと思っています。今まで作ってきた音楽の最先端を作りたくて、今までやってきた音楽を引き継ぎながら、さらに尖って進化しているのがJYOCHO。そういうものにできたらと思って、今後もやっていきたいです。今はこの作品を聴いて、次なる始動を待ってもらえればと思います。

LIVE INFORMATION

No Big Deal Records presents No Big Deal NIGHT~No Big Deal Records 5th Anniversary Party~
2017年2月25日(土)@新宿LOFT&LOFT BAR
出演 : ALL OFF / Goodbye holiday / 04 Limited Sazabys / THE PINBALLS / ミソッカス / ビッケブランカ / ねこね、こねこね。 / Wienners / だいじろー(from JYOCHO) / + O.A(オーディション通過者)

PROFILE

JYOCHO (読み : じょうちょ)

2015年3月に惜しまれつつ解散した”宇宙コンビニ”のリーダーとしてバンドを牽引してきた”だいじろー”こと中川大二朗による新プロジェクト。

>>JYOCHO オフィシャル・サイト

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介