ペイヴメント meets ニール・ヤング&クレイジー・ホース的大陸サウンド、フラットライナーズの2nd先行配信

漫画家・浦沢直樹の弟子であった石川俊樹(Ba, Vo)を中心に結成された日本語インディー・ロック・バンド、フラットライナーズ。リアルな世相を歌いながらも、どこか第三者視点であり漫画的である歌詞世界、ペイヴメントとニール・ヤング&クレイジーホースとが合体したような骨太な楽曲に、bloodthirsty butchertsの吉村秀樹を彷彿とさせる繊細な歌声。そんな魅力を持つ彼らが1stアルバムから4年ぶりに、アルバムを完成させた。WEARE!、Hello Hawk、my ex、Ohayo Mountain Roadらの作品を送り出ししてきた〈POWER ELEPHANT!〉からのリリース。エンジニアにLOSTAGEなどを手掛けたKCこと岩谷啓士郎を迎え、ライヴ感と繊細さの同居する仕上がりとなった本作を、1週間先行、さらにハイレゾ音源にて配信がスタートした。

フラットライナーズ / 4WD

【Track List】
01. 4WD
02. 君は悪くない
03. 都落ち
04. ホライズン
05. ただの星屑
06. おかいもの
07. スプリングソング
08. ボーイズ&ガールズ世界大会
09. 思い出
10. ワイルドライフ

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 199円(税込) / アルバム 1,620円(税込)
※AACのみ単曲 150円(税込) / アルバム 1,296円(税込)
アルバムご購入で歌詞ブックレットのPDFがつきます

INTERVIEW : 石川俊樹(フラットライナーズ)

東京・名古屋在中のメンバーにより結成されたフラットライナーズがセカンド・アルバム『4WD』を完成させた。ファースト・アルバムにあった衝動、焦燥はやや影を潜め、地に足の着いたテンポ、サウンドがまず心地よい。歌詞はより日々の営みを切り取りながらも苦みと柔和さが増した。パンクともオルタナともグランジともちょっと違う、ライヴ感がありつつも繊細さが光る録音もグッド。普段は大学講師として漫画について教鞭を振るってもいるベース/ヴォーカル、石川俊樹に話を聞いた。

インタヴュー&文 : 板垣周平(perfectlife)

「生涯1枚この作品だけ」というような気持ちで作っていたので… セカンド・アルバムが作れるとは思っていませんでした(笑)

──前作のファースト・アルバム『不運な人』より今回のセカンド・アルバムまで4年間という歳月が経過しましたが、その間の活動は?

まずは、前作を発表したあとにしばらく曲が作れなくなりまして。1年間位は試行錯誤してたんですね。で、結局リリース前の1年間くらいで今作の収録曲の約半分を作って。残りの曲はファースト・アルバムを作っていた時期にすでに出来ていたものを収録した感じです。

──今作に収録された曲がファーストアルバムから漏れた理由などはありますか。

当時はとにかくファースト・アルバムという意識よりも「生涯1枚この作品だけ」というような気持ちで作っていたので… セカンド・アルバムが作れるとは思っていませんでした(笑)。でも、ファーストのリリース後にライヴで少しづつアレンジも変えながらファーストには入れなかった曲も演奏していたので、その内にだんだんしっくりくるようになってきて、今回収録に至ったという感じです。

──「生涯1枚」という気持ちで作ったアルバムのあとに、またフル・レングスを作る気持ちになったのは、レーベルからリリースの打診があったことが大きかったのでしょうか。

そうですね。レーベル・オーナーの矢田さん(POWER ELEPHANT!)はファーストのリリース後、割と早い段階から声を掛けてくださっていたので。しかし、リリースの打診があった当時は曲もまだ揃ってなかったのでフル・レングスという考えは全然なくて。基本、ライヴが決まるとスタジオに入ってライヴのセットリストを練習するのですが、その合間で少しずつ新曲をメンバーの反応を見ながら(笑)、歌ったりして、イケそうな雰囲気になったらまたセットリストの合間でアレンジを固めてって感じでしたので少し時間は掛かりましたが、ファースト時代の曲のリアレンジと新曲とが出揃い、セカンド・アルバムとしてのレコーディングに臨みました。

──レコーディングはいつごろから? 録音環境はいかがでしたか?

もともとウチの井上君とバンドメイトで東京の頃から知り合いだったエンジニアの岩谷啓士郎さんが奈良に移住し、そちらで録音できるというお話をいただいたところから奈良で録音したのですが、とてもやりやすかったです。

──かなりの早録りですね…。

なんていうか「サイコーじゃん?」みたいな感じでメンバーみんな割とすぐ納得しちゃうんですよね(笑)。

──録音に際して参考にした音源などありましたでしょうか。

エンジニアの岩谷さんがLOSTAGEのライヴ・アルバム(『LOSTAGE AT SHIBUYA CLUB QUATTRO』)を録音されていてそれがめちゃくちゃ格好良く録れていて、メンバーとも「こんな感じで録れたらいいね」って話はしてました。

──なるほど。確かに今作はライヴ感のある仕上がりとなっていますね。

ですね。あと、前作が割と自分の中ではアメリカン・パワーポップ! みたいな仕上がりだったのに対し、今回の収録曲はもう少しポップな感じの曲が多い気がしたので、繊細な部分も残したい気持ちもあり、その辺の塩梅も岩谷さんがうまくまとめてくれました。ファーストのエンジニアである柏井日向さんがブッチ・ウィグだとすると岩谷さんはジム・オルークって感じで(笑)。ライヴ感と繊細さの同居といいますか。

4WDのジムニーを買ったってところから膨らんだもので。四駆ってやっぱりグイグイ走るんですよ。その感じが、なんかイイなあって…

石川俊樹

──今作は1曲目の「4WD」からしてファーストとは違う印象を受けます。ミッドテンポな曲で幕を開ける感じからして。

自分はベース・ボーカルなので、最初にメンバーに曲を聴いてもらう時はベースで弾き語りするんですけど… 単音だからメジャーコードなのかマイナーコードなのかも分からない(笑)。この曲も最初にスタジオで披露したときは「ボツかなぁ…」って感触だったのですが、メンバーが素晴らしいアレンジをしてくれたのでいい感じの仕上がりになって良かったです。

──このドッシリとした始まりには風格すら漂っています… テンポがゆったりなので歌詞も明瞭で、刺さってきますね。

歌詞は曲名の通り、4WDのジムニーを買ったってところから膨らんだもので。四駆ってやっぱりグイグイ走るんですよ。その感じが、なんかイイなあって… 歌詞もアルバム・ジャケもそのまんまじゃねえか! って話ですが(笑)。

──一転、2曲目の「君は悪くない」は急にジュンスカ感全開で少し驚きました(笑)。

(笑)。この曲もちょっとストレート過ぎるかなあと自分にはためらいがありましたが、メンバーが意外と気に入ってくれていたのでいいかなと。

──このアルバム冒頭の2曲でもう、時代とか流行とかとは遠く離れた場所で音が鳴らされている感じがあって、掴まれました。

そう言って頂けると嬉しいです。

──3曲目「都落ち」、4曲目「ホライゾン」辺りから、やっと今までのフラットライナーズぽくなってきますね。

本当は「ホライゾン」を1曲目にしようと思っていたのですが… 曲順に関しても今回は岩谷さんの意見をだいぶ取り入れまして。曲順くらい自分たちで決めろよって感じですが(笑)。

──そうなんですね(笑)。この曲は完璧じゃないディレイタイムのギターが「人間味のあるU2」みたいな印象を受けました。

U2感ありますよね。リズムも揺れまくりなんですけど、ニューウェイブっぽい楽曲なのかなと。

発売前にすでに何人かの方に今作を聴いてもらったんですけど、「おかいもの」は評判良かったですね

──5曲目「ただの星屑」、6曲目「おかいもの」、この2曲はアメリカンな楽曲の仕上がりですね。何だかクレイジーホースみたいな。ライヴを何度か拝見させていただいた時はこういった大陸的なサウンドのイメージがなかったので新鮮でした。

確かにこの2曲はライヴでは披露してませんでしたね。自分の中ではこの2曲は小曲って感触があって、ライヴではやっぱりカマしたいという意識が毎回あるので自然とセットリストからは外れてましたね。

──ライヴ映えしそうですけどね。

メンバーは気に入ってるんです。特にメンバーのイソネエ(磯たか子 / Dr)は「"おかいもの"を今回収録しなかったらアルバム作らない!」と言っていたくらいで。小曲だと思っていた自分としては「え! そこまで!」って(笑)。

──メンバー間で温度差がある楽曲なんですね。でも、作曲者よりもメンバーの方が気に入ってる曲っていうのは「曲が独り立ちしている」ってことでもあるので、名曲だったりしますよね。

なるほど、そうですね… 発売前にすでに何人かの方に今作を聴いてもらったんですけど、「おかいもの」は評判良かったですね。

──「ボーイズ&ガールズ世界大会」はダイナソーJr.とかの匂いもあります。

この曲は実はファーストの録音の時にレコーディングまでしていたんですよ。レコーディングまでして前作からは漏れた唯一の曲です。矢田さんからこの曲を入れてほしいとのリクエストも頂きましたので、今回再録音しました。

──9曲目の「思い出」はアコースティック・ナンバーです。

これもかなり古い曲です。以前、マイスペースにこの曲のデモ・ヴァージョンをアップしたところ大変に反響が良かったのが頭の片隅にあって。ファーストにはこういう感触の曲はなかったので、今回収録してみたいと思いました。岩谷さんがこの曲を素敵にパッケージしてくれる予感もありましたので。

──歌詞についてもお聞きしたかったのですが、石川さんの声の質感や楽曲からはどうしてもフォークシンガー的・私小説的な雰囲気が漂うのですが、歌詞の内容は全く違いますね。歌詞の中の登場人物の物語として成り立っていますし、フレーミングされています。特にこの曲の主人公は女性を想起させますし。

この曲は確かにアルバムの中でも1番フィクションの要素が強いですね。この年になると自身の現実は全然ドラマティックではないですしね(笑)。あと、以外とメロディ先行というよりは歌詞が先行している箇所もありまして。言葉がハマるようにメロディの方を変えたりもしますね。あとはベースを弾きながら歌うのが難しかったりして、自然とセンテンスが短くなったりもしますね(笑)。

──そういう過程全てがロック・ミュージックという気がします(笑)。

ベースのフレーズを弾くと歌がおろそかになるんですよ(笑)。

──(笑)。

ベースがハイポジションに移行するとメロディもつられて上がっていってしまったり…

──なるほど(笑)。最後の曲「ワイルドライフ」は歌詞が英語のフレーズで始まります。この英語での歌い出しがアルバムの締めとして効いていますね。

「思い出」でアルバムが終わってもいいかなと作る前は思っていたのですが、メンバーから「寂しい感じで終わるのは嫌だ。アルバムの最初の曲に繋がるような終わり方にしたい」との提案があり、この曲を最後に持ってきました。

──では最後に、発売後のツアー予定、活動の展望など。

メンバーがリズム隊が名古屋、ギター二人が東京なのでその2都市ではレコ発を行う予定です。共演も素晴らしい方達を予定しておりますので、是非とも遊びに来て下さい!

過去配信中の作品

フラットライナーズ / 不運な人

ペイヴメントやスーパーチャンク、ピクシーズなどに憧れ、その衝動を抱えたまま純粋にロックを奏でる。歌詞は一貫して"貧乏"、"恋愛“(失恋)、"仕事(のつらさ)"。普段、誰もが抱えているような悩み、哀しみ、怒りなど様々な想いを繊細に、時に暴力的に、そして感傷的に叫ぶ不器用な男のロックが詰まった1枚。今作のレコーディング/ミックスはアナログフィッシュやキリンジ等も手掛ける柏井日向が担当。

LIVE INFORMATION

スイートサロン ロックの友達
2016年12月17日(土)@吉祥寺MANDA-LA2
出演 : SweetSunshine / MINAKEKKE / 田渕ひさ子 / フラットライナーズ

M☆N☆T新年スペシャル企画
2017年1月9日(祝月)@六本木VART

POWER ELEPHANT! & フラットライナーズ企画 フラットライナーズ『4WD』リリース記念ライヴ
2017年2月4日(土)@下北沢Basement Bar
出演 : DIRTY SATELLITES / オハヨーマウンテンロード / toddle / フラットライナーズ

PROFILE

フラットライナーズ

2001年頃東京で結成、メンバーチェンジを経て2006年に現在の石川俊樹(b/v)佐藤誠司(g)井上雄介(g)磯たか子(d)に固まる。メンバーそれぞれ音楽的趣向は微妙に違うが、全員ピクシーズやペイヴメントに代表されるUSインディーロックを愛するところで団結。コードオンリーのベースと控えたドラムのリズム隊に乗っかるツインリードの分厚いギターアンサンブルが特徴。石川と佐藤は元浦沢直樹氏のアシスタント。井上はtoddleの小林愛さんとswarms armで活動していた。磯は自分のメインバンドsweetsunshineでも活動、シティポップ、AORがメインで本職は鍵盤である。2008年石川と磯が名古屋へ引っ越し、東京と東海圏でマイペースに活動する事となる。2012年YOUTHレーベルから1stアルバム「不運な人」を発売。エンジニアは柏井日向氏。その後も主に東京、名古屋、京都で地道なライブ活動を続けて2016年11月30日POWER EREPHANT !レーベルよりエンジニアに岩谷啓士郎氏を迎え2stアルバム「4WD」を発売するに至る。

>>フラットライナーズ オフィシャル・サイト

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月22日・6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信 yu、aoi、airiの新メンバー3人を迎え、6人体制で活動をスタートしたエレクトリックリボン。そんな彼女たちが5月30日にニュー・シングル『Twinkle in you』を箱レコォズよりリリースする。表題曲「Twinkle in you」、およびカップリングの「春色ドロップ」は、前作「アイライン」に引き続き、女の子のための女の子のレーベル「花とポップス」のあーたが作詞・作曲を担当。また、3曲目には現在のメンバー6人でレコーディングし直した「アイライン」の新バージョンを収録。「変えていくんだよ」と決意を歌う同シングルをOTOTOYでは1週間先行配信するとともに、6人へのインタヴューを掲載。新たなエレクトリックリボンをどこよりも早く感じてみてはいかがだろう。 箱レコォズよりリリースされる最新シングルを1週間先行配信エレクトリックリボン / Twinkle in you(24bit/48kHz)【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC 単曲 250円 / まとめ 1,000円【Track List】1. Twi
by 西澤 裕郎
新編成で送りだすYogee New Wavesの新たな“波”の響き
[CLOSEUP]・2017年05月18日・新編成で送りだすYogee New Wavesの2nd──やつらの新たな“波”をとらえろ 1st『PARAISO』で高い評価を受けたのち、メンバーの脱退や加入などを経て、ついにYogee New Wavesが2ndアルバム『WAVES』を完成させた。約2年半振りのフル・アルバムは、そう、とにかく2017年の夏、この国のインディ・ロックを象徴をアルバムのひとつになるだろう。これまでシングル・カットされてきた楽曲も含めて、全曲捨て曲なしの11曲が詰まったアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバムまとめ買いで歌詞PDFが付属する。ということで、また記事では、Yogee New Wavesのことが好きすぎるOTOTOYスタッフ、23歳、鈴木雄希による熱血のロング・レヴューをお送りしよう。 アルバムまとめ買いで歌詞PDF付きYogee New Waves / WAVES(24bit/96kHz)'【Track List】01. Ride on Wave02. Fantasic Show03. World is Mine04. Dive Into the Honeytime05. Unders
by ?
内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン
[CLOSEUP]・2017年05月17日・2つの顔をもったミュージックスペースーー神楽坂に誕生した「神楽音(カグラネ) / KGR(n)」の全貌に迫る 自らの音楽活動のみならず、インディーズ・レーベル「kilk records」、ライヴハウス「ヒソミネ」、カフェ「bekkan」を立ち上げ、次々と新たなチャレンジを行っている森大地。昨年秋にAureoleを解散して新バンド「Temple of Kahn」を結成した彼が、時を同じくしてオープンさせるのが音楽スペース「神楽音」/「KGR(n)」だ。神楽坂という街、駅から徒歩1分という好アクセス、クオリティを追求した音響システム、洒落た内装と、既存のライヴハウスやクラブとは一線を画すこのライヴスペースは、“新たな音楽シーンを生み出したい”という強い意志を持った仲間たちによって誕生したようだ。今回、立上げに参画した4人ーー森大地、音響システムを担当し株式会社キルクと共同経営であるアソルハーモニクス株式会社代表・森堅一、「神楽音」/「KGR(n)」の店長を務める田中一臣、「KGR(n)」のブランディングを手掛けるmergrimの光森貴久(※ベルリン在住のためSkypeで参加)にお集まり頂き、妥協を一切にしなか
by 岡本 貴之
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.1 アヤ・エイトプリンス&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」スタート!!
[CLOSEUP]・2017年05月19日・GANG PARADE 連続インタヴュー、アヤ・エイトプリンス編「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第1回は、アヤ・エイトプリンス編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」がスタート!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこち
by 西澤 裕郎
エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る
[CLOSEUP]・2017年05月17日・【期間限定プライスオフ】エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る 柴田聡子が1年半ぶりとなる4thアルバム『愛の休日』を完成させた。プロデュースに岸田繁(くるり)、山本精一が参加。さらに伊藤大地、かわいしのぶ、石橋英子、どついたるねんなど錚々たるミュージシャンたちと紡いだ柴田聡子の新境地。「これぞ柴田聡子!」な弾き語りからバンド・サウンド、さらにはマシンビートにまで拡大した柴田ワールド全13曲をハイレゾ配信。そして、この素晴らしい作品を少しでも多くの人に聴いてほしいという願いから、5月30日までの期間限定でプライスオフ販売!! 本作について迫った柴田聡子へのロング・インタヴューとともにぜひアルバムをじっくりとご堪能ください。 1年半ぶりの4thアルバムをハイレゾ配信スタート柴田聡子 / 愛の休日【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 2,700円(税込)アルバム価格 2,160円(税込) ※5月30日までの期間限定プライスオフ【収録曲】1. スプライト・フォー・ユー
by 西澤 裕郎
今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!!
[CLOSEUP]・2017年05月11日・今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!! 非常階段とのコラボレーション・あヴぁ階段やアメリカ・ツアーへの参加、メンバーの個性とセルフ・プロデュースが地上波TV番組でも紹介されるなど、注目を集めているアイドル・グループ、“あヴぁんだんど”。2人組になり洗練され進化し続ける彼女たちが新曲に加え、前シングルを現体制で再録した新バージョンを収録したシングルをリリース。リード曲「Hello!!」は、つるうちはなが作詞・作曲を担当。流麗なピアノの旋律に優しいメロディーが重なり多幸感溢れる仕上がりとなっている。同時収録の「FEVER」にはPLECTRUMのタカタタイスケが参加。OTOTOYでは2タイプのCDパッケージを1つにまとめたスペシャル・パッケージを先行配信。そして、メンバーへのインタヴューをお届けする。 現体制初シングルをCD発売に先駆けて先行配信スタートあヴぁんだんど / Hello!!'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】単曲 270円(税込) / アルバム 1,080円(税込)【トラック・リスト
アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談!
[CLOSEUP]・2017年05月02日・アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談! 地上波のテレビにも登場し活動のフィールドを広げるぱいぱいでか美。「ぼったくり物販」でその名を知らしめた里咲りさ。独自の戦略で熱狂的なファンを多く生み出し続ける絵恋ちゃん。強い個性を放ちながら活動を続ける3人を集めて、鼎談を敢行。ファンとの距離感や、アイドルとしての最終目標など、さまざまなことを語ってくれた。 今回の鼎談に合わせて、ぱいぱいでか美の新作『PPDKM/桃色の人生!』を配信開始。さらに里咲りさが4月にリリースしたトリプルA面シングル『S!NG / 410 / 小年小女』がハイレゾで登場! 音源とともに鼎談をお楽しみください。 約1年半ぶりとなる新シングル! ぱいぱいでか美 / PPDKM/桃色の人生!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 756円 (税込)【収録曲】''1. PPDKM 2. 桃色の人生!3. 言いたいことはありません 4月5日発売のトリプルA面シングルがハイレゾで登場里咲りさ / S!NG/
by 純三
ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年05月10日・ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー! ついにユアソンの新作が出る! 前作『OUT』から約3年半ぶりとなる新作フル・アルバム『Extended』を配信中! この快作を聴かないという選択肢はない! オトトイではリリースを記念して、サイトウ “JxJx” ジュンへのインタヴューを掲載。この『Extended』をつくりあげる苦悩や、今作に対する思いを語ってくれた。 前作『OUT』ではいままでのYOUR SONG IS GOODのイメージを刷新させることに成功した彼らだが、ダンスミュージックへの傾倒はまだまだ止まらない。今回リリースされる『Extended』では、さらに洗練された音楽を鳴らし、聴けば聴くほど気持ちいい! そんなアルバムになっている。結成20周年を目前に控えるユアソンの進化は止まらない! 約3年半ぶりとなるフル・アルバム YOUR SONG IS GOOD / Extended'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1,697円(税込)【収録曲】''1. Cr
by ?