レペゼン浪速! あっ、良い音楽は DIALUCKにあります。

左から、kanatama、haru、shiori

地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。OTOTOYでは、タワレコ大阪4店舗限定で販売し爆発的にヒットしたフォーチュンシングル『I AM WHO I AM』のハイレゾ配信も大きな話題になった彼女たちが、ついに初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をリリース。もうすぐDIALUCK旋風が吹き荒れる! 関西から全国へ、このタイミングを逃してはならない! と、わざわざ編集長自ら関西に出向き、DIALUCK結成から今後の展開までを訊いてきました。

DIALUCK / A FIRST AID KIT

【Track List】
1. セーシュン
2. あの街まで
3. 憂日幻想列車
4. 勇灯最終列車
5. おとぎばなし
6. Daydream
7. ためいき

DIALUCK/A FIRST AID KIT


こちらが、伝説のフォーチュンシングル!!!

DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)

【配信形態】

ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)


>>特集ページはこちら




INTERVIEW : DIALUCK

ヤバイTシャツ屋さん、DENIMS、愛はズボーン、ナードマグネット... 次々と激おもろなバンドが飛び出す関西から、最高に気持ちいいガールズ3ピース・バンドが登場! その名もDIALUCK! とにかくボーカルharuの声とメロディが超絶に気持ちいいので、ついつい関西まで向かってしまいました。DIALUCKには、チャットモンチーもけいおん!もフリー・スタイル・ダンジョンも全部あるからなんかヤバイ!

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
文字起こし : 山川梨花
写真 : 斉藤杏奈

ドラゴンクエストに出てくる救いようのない街の名前から取ってます

――結成の経緯から教えてもらえますか。

haru : 以前は違うバンドでドラムをしてたんですけど、歌いたい気持ちがあって。もしこのバンドで売れちゃったら「ギター・ヴォーカルやりたい」って言いにくいぞと思ってDIALUCKを始めました。

――ヴォーカルへ転向しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

haru : 泉まくらさんの存在が大きいですね。彼女の歌を聞いて私も歌を始めようと思ったんです。

――新しいバンドではどんな音楽をやろうと思っていましたか?

haru : 明るい曲はあんまり好きじゃなくて、暗い曲を徹底してやりたいと思ってました。そのときはもう暗い曲以外に興味はございません、みたいな感じで。

――どうしてそこまで暗い曲にこだわりが?

haru : ライヴ・ハウスで働いてたんですけど、「うぉー!イェーイ!」「手あげて!手あげるまでオレら帰らんで!」みたいな明るいバンドを見てるのが居心地が悪くて嫌だったんです。それはそれでいいと思いますけど、私はそれよりも絶望的に暗い方が居心地がよかった。バンド名のDIALUCKもそういう意味で、ドラゴンクエストに出てくる救いようのない街の名前から取ってます。

ーーshioriさんが加入することになったのはいつ頃でしょうか。

shiori : 2015年の3月かな。私も前は別のエレクトロ・ユニットをやってたんですけど、その頃にharuちゃんの前のバンドと対バンしてたんです。それで私が大阪に移ったタイミングで誘ってもらって。

ーーharuさんはshioriさんのどこがよかったんですか?

haru : そのエレクトロ・ユニットが好きだったんです。かっこいいなと思って結構見に行ってたし、音源も毎日聞いてて。shioriが大阪にいるって聞いて周りの方が「shiori合うんじゃない?誘ってみたら?」って言ってくださったので誘いました。最初は「え?!あのしおりんだよ? 何言ってるんですか〜!」って感じだったんですけど。
shiori : いやいや(笑)。単純に嬉しかったですし、その頃はユニットもやっていなかったので、よし、やろうと。haruちゃんとこれからの話をしつつ、半分相談みたいなのも聞きつつ。
haru : 鳥貴族でな。
shiori : そうそう。涙あり笑いありの。
haru : それまでヘルプでやってくれてた子もいたんですけど、その子たちがもう私が嫌いすぎると。「ありえへん」「うざいねん」みたいなことを言われて、バンド向いてないのかなと思ってちょっと悩んでました。

ーーずいぶんはっきりと嫌われましたね。

haru : もう地獄的に嫌われました。私こだわりが強いので、その頃はすごく独裁的だったのかもしれない。だから今は意識するようにしてます。
shiori : その後メンバー募集をしてベースの子も決まったんですけど、結局その子も抜けることになって。

ーーまた独裁政権を発動してしまって?

shiori : いや、全然そんなことなかったです。haruちゃんはそういう部分を悩んでたけど、私はそんなことないと思っていて。むしろバンドとか音楽やりたい人はある程度そういうところがあった方がいいと思う。だから私も一緒にやりたいと思ったわけですし。
haru : むっちゃええ奴。
shiori : なので全然そんなことはないです。
haru : んー、泣く。

ーーでもその新しく入った子はスッと抜けちゃったんですよね?

shiori : というかとてもクレイジーな子で…。
haru : 私たちから「ホンマに辞めてください。お願いします」って頭下げて辞めてもらいました。それが去年の12月。で、ついに満を持して!
kanatama : 登場です!

ーーお待たせしました(笑)。kanatamaさんがサポートとして加入すると。もともと知り合いだったんですか?

haru : 高校の友達でした。kanatamaもまあクレイジーなんですけどね。

曲がすごくいいバンドやと思う。haruのセンスが好きなんですよね。

ーー皆さんはリスナーとしてはどんな音楽が好きなんですか?

haru : Mr.Childrenが大好きでした。『ディスカバリー』とか『深海』あたりが好きで、一生ミスチルしか聞かないぞってくらいミスチルしか聞いてなかったんですけど、中高くらいでチャットモンチーを聞き始めて、そこからRADWIMPSとかELLEGARDENを聞いて。今はリアーナとかPUNPEEとか、日本語ラップやR&Bが好きです。
shiori : 私もヒップホップとかR&Bとかを聞いてますね。もともとバンドばっかりだったんですけど、最近はノリ重視というか、体が動く感じとか揺れる感じの音楽が好きです。
kanatama : 私は元々ビジュアル系が好きでライヴも行きまくってました。ガゼットとかは今もたまに聞きますし、ハードコアも。ふたりの影響で私も最近はセレーナゴメスとかアリアナグランデを聞くようになりましたね。

ーーDIALUCKはどんなバンドだと思いますか?

shiori : ゆるい。雰囲気もサウンドも力んでないというか、私たちもリラックスして演奏できてて、見たり聞いたりしてる人もリラックスできるゆるさがあると思います。
kanatama : 曲がすごくいいバンドやと思う。haruのセンスが好きなんですよね。歌詞もメロディーも飛び抜けてよくて、サポートする前から好きでした。
haru : 満足〜。
kanatama : そう、よかった(笑)。
haru : 私の曲は弾き語りじゃ成立しないんです。ひとりで弾いてたら何やってるかわからんけど、ギター、ベース、ドラムの3つが集まってひとつになるというか、完成する感じがある。そこを重んじてます。

ーー女性スリー・ピースという編成にもこだわりはありますか?

haru : ありますね。今まで女の子以外がメンバーになったことはないし、私の曲は女がやるから成立するところがあって。男の人が入ったら曲の意味変わってくるやんって思います。

ーー今作『A First Aid Kit』にコンセプトはあったのでしょうか。

haru : 曲というより、1stアルバムは『A First Aid Kit』=救急箱ってタイトルにしようっていうのは前から決めてました。

ーー制作は順調でしたか?

haru : 昔はサクサク曲ができてたんです。一番の趣味みたいな感じで、ギター持って「できた!イェーイ!」みたいな。私はすごい良い曲がたくさん作れると思って調子乗ってたんですけど、アルバムとかシングルを出すことになって他の人が携わってくれた瞬間に全くできなくなってしまって。それからはもう作っては潰してをずーっと繰り返してます。つい最近ちょっと取り戻してきましたけど、それまではガラクタでした私。

ーーどのくらい作り込んだ状態でバンドで合わせるんですか?

haru : 最近は私が弾き語りして、ドラムはこうベースはこうって合わせてみるか、ガレージ・バンドでざっくりと簡単なビートとベースとギターと歌とコーラスを入れてDropboxで共有することが多いです。

ーーアレンジは皆で?

haru : 9割くらい私で、煮詰まったところだけみんなにお願いして「どれがいいかな?」って。
shiori : 基本はharuちゃんにイメージを持ってきてもらって、それを崩さないようにしつつ色々試してみてます。
haru : 曲に関してこだわりはありますけど、良い感じにだったら全然崩してほしいんですよね。ベースだけ聞いてよくても合わせてみたら変なのは不本意だし、バンド感を大事にしたいなと思ってます。

ーーさきほど暗いのが好きだったと仰ってましたけど、『A First Aid Kit』っていうタイトルも曲もメロディーも、ただただ暗いというんじゃなくて、先に光が見える感じがします。MVでも、途中で明るくなって出ていく感じは曲をすごく捉えてるなと思いました。

haru : 曲を作るときはホンマに絶望的な気持ちで作ってたりするんですけど、完成してみると希望が見えるような曲になっていて。聞いてる人もそうなってほしいという想いが根底にあるんやと思います。『A First Aid Kit』ってタイトルにしたのも「寄り添う」って意味を持たせたくて。本当に暗かったり落ち込んでるときには明るさが押しつけに感じることもあると思うんです。なんでかわからないけど言葉にできない気持ちのときってあるじゃないですか?そういうときに寄り添いたいというか、役立ててもらえたらなと思ってます。

それやったらもう好き勝手やったらいいという気持ちになりました

ーーなるほど。寄り添うこと以外に歌詞を書くときに気にかけていることはありますか?

haru : 「今自分が思ってること」と「嘘をつかないこと」ですかね。どうしても曲ができなかった時期に「こう思われたい」とか「こうなってほしい」っていう想いが先行しちゃって、思ってもないことを書いてたんです。でもそれは違うなと。それからは一番奥底で思ってることが出てくるまでひたすら書き続けて、それ以外は却下してます。

ーー作曲も作詞も、スランプから抜け出せたのはどうしてだと思いますか?

haru : 人と比べるのをやめようと思えたのがいちばん大きいかもしれないですね。せっかく好きな友達や一緒にやってくれる友達がいて、朝昼晩ご飯も食べれて楽しくやってるのに、誰かと比べたり失敗を恐れて今日1日を大事にできないなんてもったいない。それに今悩んでてもどうせいつかはみんな死ぬし。それやったらもう好き勝手やったらいいという気持ちになりました。

ーー吹っ切れたんですね。

haru : そうですね。前のバンドをやめてDIALUCKを始めたとき、周りが「ドラムからギター・ヴォーカルやるとか舐めてんの」とか「何様なん?」って空気になったんです。でもいざ始めてみたら、みんな曲聞いた途端に「最高や!」って態度が変わって。それで自分の方がいい曲作れるって調子に乗って、他の人のことを見下してたかもしれない。だからスランプはそのツケが回ってきたのかもしれないですね。

ーー初のアルバムが完成して、今の心境はいかがですか。

haru : たくさんの人に聞いてほしいです。どうしていいかわからんときはとりあえずこれ聞け、って思ってます。同じようにどうしていいかわからないときに作ったので。
shiori : 広く知ってもらいたい気持ちもあるんですけど、アンダーグラウンドな趣味の人にも引っかかるように、いろんなイベントに出ていけたらなって思います。

ーーDIALUCKはこの先どう進んでいくのでしょう。やっぱりharuさんのメロディーと歌詞のバランスが抜群にいいと思うんですけど、例えば今好きなヒップホップやR&Bが自分たちの曲に影響することはあると思いますか?

haru : 私がやりたいと思ったらそのときは。今興味があるのがヒップホップやR&Bなだけで、明日にはもうポスト・ロックやりたいって言い出してるかもしれないし、何にハマるかわからない。そのとき自分がやりたいこと、最高に楽しいと思えることをやっていきたいと思ってます。

DIALUCK LIVE INFORMATION

2016年11月20日(日)@岡山CRAZY MAMA 2ndroom
2016年11月24日(木)@奈良NEVER LAND
2016年11月26日(土)@高松TOONICE
2016年11月27日(日)@京都GATTACA
2016年12月04日(日)@タワーレコード新宿店(インストア・ミニ・ライヴ)
2016年12月27日(火)@北堀江vijion

PROFILE

DIALUCK

全人類対象・半泣きHIP HOP。愛しさと、切なさと、うさんくささを搭載した、人力サンプリング・ゆるリリック・癒しメロディー、新感覚ガールズ・バンド。

2015年5月ライヴ開始。
2015年10月、FM802主催ミナミホイール出演。
2015年11日、FM802 DJ 飯室大吾 pre.RADIO∞INFINITY - 梅田 Zeela 2nd ANNIVERSARY- に出演。
2016年6月、ZIP FM 主催 SAKAE-SPRING出演。
2016年6月、グッドモーニングアメリカ主催 V.A.「あっ、良い音楽 ここにあります。その伍」参加。
2016年6月、地元大阪タワーレコードで限定シングルを発売。某ラジオ局の番組チャートで2週連続1位を獲得、その後も長きにわたりTOP10入り。
2016年10月、昨年に続きFM802主催ミナミホイール出演決定。

各地イベンター、媒体からジワジワ注目を集めるも地元大阪を中心にマイペースにゆる〜く活動中。

OFFICIAL SITE

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /