クラーク内藤インタビュー――強引にロックンロール化するのがカッコいい

クラーク内藤

クラーク内藤を思い浮かべるとき、付箋に大きく〈YES〉と書いて、あちこちに貼り付けまくっている様子をイメージする。ダサいことにも、みっともないことにも、太いマジックで〈YES〉と書きつけた付箋をパーンと貼り、ロックンロールを叫ぶ。ステージ上では長い手足を揺らしながらひとり機材を操り、拡声器で叫び、時にはフロアをでんぐり返しして回る。観客はその勢いに巻き込まれ、腕を振り上げてシンガロングする。「くそくらえ!」と。

エネルギーの爆発、というと安易だけれど、そういう〈圧〉を感じるのが、彼のライヴだ。

Bandcampで配信されていたクラーク内藤のEP「終わってる歌」が改めてOTOTOYでリリースされるという話を聞き、わたしは彼のこの〈圧〉にもっと多くの人が巻き込まれてほしいと、インタビューの場を設けた。クラーク内藤は、けして口達者な人間ではない。だが、どちらかというと「朴訥と~」、と表現するほうがふさわしい語り口から紡がれる言葉には、ハッとさせられる力がある。

「僕は踊れる音楽は全部、ロックンロールだと思っているんです」

と真顔で言う彼の魅力を、少しでも伝えられればと願う。

インタヴュー : はせ おやさい

2014年にリリースされたEPが、OTOTOYで配信リリース開始
クラーク内藤 / 終わってる歌

【配信形態 / 価格】
【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3
価格 まとめ購入 1,080円(税込)/ 単曲 162円(税込)

【トラック・リスト】
1. 終わってる歌
2. どうでもいい
3. きまずい
4. 遠くに行った友達をロック
5. メロディーはいらない
6. くそくらえ
7. YOU DON'T STOP


〈なんか面白い人〉を経て本気で音楽をするように

――よろしくお願いします。普段はGORGE.IN(インド~ネパール山岳地帯のクラブシーンで発祥したと言われる音楽ジャンルGORGE(ゴルジェ)を紹介する国内唯一の専門レーベル)の一員として会うことが多いですが、今日は内藤さんの〈そもそも〉から聞いてみようかなと思ってます

クラーク : はい、よろしくお願いします

――ええと、まず活動の〈そもそも〉から。

クラーク : 最初の頃は、今のスタイルよりもうちょっとネタ色が強くて、〈白いスーツに開襟シャツ姿でラップをする〉っていう感じでした。で、そんときは、どちらかというと〈なんか面白い人〉っていう扱いだったんですよね。音楽的なスタイルで注目されているというよりは。例えば、イヴェントのサブステージで、バンドの合間に「1曲持ちネタやってください、5分くらい」みたいな感じの出演が多くて、〈お笑いの人〉みたいな感じで呼ばれてました。

――それはいつごろ?

クラーク : 2009年くらいかな。そもそも、どこに行ったらライヴに出れるのか、わかんなくて。知り合いが全然いなかったんで、ライヴハウスにデモを送ったりしていました。そのとき出てたのは新宿JAMとか、高円寺UFOクラブとか。ライヴハウスだけじゃなく、クラブとかにも出たいと思ってたんですが、ツテがなかったんです。

――「持ちネタやってください」みたいな扱いって、音楽をやろうとしてる人にとって、なんというか、失礼な扱いではないですか?

クラーク : うーん、そんときは、出られればいいや、と思ってましたね。来てくれた人が「ああ面白かった!」と思ってくれて、インパクトが残せればいいやと。ただ、そういう〈面白い人〉扱いのブッキングの割合が増えていって、多いときは年間で50~60本やってたライヴのうち、半分がサブステージ、みたいなときもありました。ストリップ・ダンサーさんのショーの合間とか。そうなってみて、「ステージに上がれる回数は増えたけど、やりたい音楽からは遠のいてしまったな」とは思いました。

――〈イヴェントに出てくれる芸人さん〉的な扱いですよね、それは。にぎやかしというか。

クラーク : そうなんですよね。そうすると、作ってる音楽をあまり聴いてもらえないなというか、やりたいことまで届かなくなってしまった感じがあって… あとは、単純に「舐められてるな」と思った(笑)。こっちが「舐めてもいいよ」っていう態度を取ってると、実際に舐められるんだなーと思ったのと、音楽的な部分をちゃんと見て欲しいという気持ちが強くなって、〈笑える〉とか、そういういわゆるノイズになってた部分を除こうと思ったんですよね。それが2012年くらいです。

――方向を模索し始めた時期があった。

クラーク : そうですね。それでまた別に、DJとVJと組んで、3人でやってた時期があって。そのきっかけが、音楽にMVをつけてYouTubeにあげたら、当時の自分としてはそれなりにウケた、ということがあったので。MVは僕がやってる〈古い音楽をサンプリングしてヒップホップする〉というスタイルと同じ文脈でやろうと思って、映画に詳しい友達に聞いたりして古い映画のシーンをサンプリングして、作ってもらいました。


クラーク内藤「どうでもいい」MV

YouTubeで動画がウケたっていう経緯があって、DJとVJと、3人でやってたんですけど、僕がやってることはお手本があってやってるわけじゃなくて、こういうことやりたいってゼロから頼んで、やってもらわなきゃいけないから、迷走というか… あと、僕はずっと本気で音楽をやりたいと思っていたんですが、テンションの違いもあり、うまく足並みが揃わなくなって、1人になりました。

表現の全部を〈ロックンロール〉としてやっている

――そのタイミングでゴルジェと出会うんですね

クラーク : そうですね。音源を発表したり、これからどうしようと思ってたタイミングだったので、救われました。そこで評価してもらえたことが、自信になったというか。

――きっかけは何だったんですか?

クラーク : ゴルジェのコンピ『ゴルジェフェス』に参加したのが最初です。Vol.1に収録されていた、TECHNIC RUNNERの「昼には見えない夜の住人」という曲を聴いたとき、久しぶりに鳥肌が立つほどカッコイイと思ったんです(「昼には見えない夜の住人」はこちらで視聴可)。

TECHNIC RUNNERとは元々付き合いがあって、彼らがゴルジェという音楽もやってるとは聞いてたんですけど… それを聴いてびっくりして、コンピへの楽曲募集をまだやってると知ったので、1~2週間くらいで慌てて準備して。それで応募したのが「菓子折り」。で、それを聴いたGORGE.INの石井さんからイヴェントに誘ってもらったという流れですね。2015年の春かな。

――伺っていると、いろんなスタイルに挑戦しているように見えますね。

クラーク : でも、ゴルジェもそうだし、他の曲もそうなんですけど、僕にとっては全部が〈ロックンロール〉なんですよ。

――全部が?

クラーク : はい。ゴルジェでも、ヒップホップ、ラップでも、僕は全部をロックンロールとしてやることができる、と思ってて。10代の頃からロックンロールをずっとやる、って決めてから、ロックンロールは完璧なものだ、永遠だ、ずっと続くものだと思ってるんですよ。それを証明するために、今の音楽活動を、意地を張るような感じでやってるつもりなんです。


クラーク内藤「メロディーはいらない」MV

――ちょっとクレイジーな主張なようにも聞こえますが… なぜそう思ったのかを教えてもらえますか?

クラーク : ええと、まず、ロックンロールが完全で永遠なものだ、というのを、僕は聴いていて感じるんです。きっかけを遡ると、子供の頃、僕、何も考えてなかったんですよ。ぼやーっと生きていて、「誰にも怒られなかったから今日は良い日だ」みたいな… 自分が何をしたいかも全然わからなかったし、〈自分に自信を持つ〉という言葉の意味も、よくわからなかった。ただ、ロックンロールというものを聴いたときに、これが自分の好きなモノなんだ、というのが、はっきりわかったんです。それで実際に自分でやってみたときの面白さがすごくて。自分はこれをずっとやっていけばいいんだ、というか。生きている間に、自分がやりたいことをやってもいいっていう、今までなかった概念が入ってきたんです。

――いくつくらいのころですか?

クラーク : 中3から高1にかけて。

――〈好きになった〉というより、〈見つけた〉という感じですね? ロックンロール以外で、そういうものってあったんでしょうか?

クラーク : …奥さん。奥さんですね。ロックンロールと奥さん。

――それ、書いても大丈夫ですか?

クラーク : はい。大丈夫です

――ロックンロールと同じくらい、〈見つけた〉と思ったものが、奥さん。

クラーク : はい。奥さんと結婚したときは、人生が180度変わった感じがありました。今でもびっくりしてます。

――それはなぜ?

クラーク : ロックンロールを好きになったときに、「やりたいことをやってもいいんだ」と思えて、幸せな気持ちになったんですけど、その好きなことを、この人生で追求するぞ、と思ったときに、人並みの幸せは絶たなきゃいけないだろうな、と思ったんですよ。でも、それでもいいと思ってて。僕はロックンロールに触れているだけで幸せだし、カタルシスもあるし、他のものはなくてもいいや、と思ってた。というか、他にはもうないだろうと思ってたんですよ。なので、いわゆる結婚をして、好きな人と生活をするという人生を諦めていたのが、奥さんと出会って「あれ? この人となら、できちゃうな」と思えて。それで、1人の、普通の人間としても幸せになれてしまった、という。音楽をやりながら、ロックンロールを愛しながら、普通の人間としても、好きな人と生活を続けていけるというのは、すごい、ショックでした。

――できると思ってなかった?

クラーク : うん。むちゃくちゃびっくりしました。

――1個しか持てない、ロックンロールしか持てないと思ってたはずが、2個も持てた。人生で大事なものが2個に増えたことで、ロックンロールとの向き合い方は変わりましたか?

クラーク : どうだろうな…。それは、なんていうか、変わったというよりは、あがいている、という感じですかね。ものすごく大事なものが2つになって。〈1つのものをずっと愛でていればいい〉という状態でロックンロールをやっていたから、それ以外のことは、捨ててよかったんです。仕事を首になったりしようが、ぜんぜんよくて。でも今は、両方を、大事にする。大事にするには、どうすればいいんだと。片方を大事にすれば片方がおざなりになるから、「これ、やり方がわかんねえ」と思いながら、やってるという感じです。

――そういった、あがき、もがき、みたいなものは、クラーク内藤さんの歌詞でよく出てくる印象があります。もどかしさ、とでもいうんでしょうか… 物語を感じる瞬間もあれば、自転車を立ちこぎしているときによぎる刹那的な感情の瞬間もあって。あれは、どういったときに書き上げるんでしょうか?

クラーク : 歌詞については… いま、聞かれていることの回答になっているかわからないんですけど、昔、〈村八分〉というロックバンドとか、今は作家として活動されている町田康さんが町田町蔵さんという名前でやってた〈INU〉っていうパンクバンドを10代のときに聴いていて。〈拳をあげろ!〉とか、〈踊れ!〉とか、そういうストレートな言葉ではなく、何を言っているかわからない、〈ハテナがいっぱい飛ぶ〉ような歌詞に、憧れがあるんですよ。で、〈ハテナがいっぱい飛ぶ〉ということとはまた別で、真逆な話になっちゃうんですけど、ロックンロールとかパンクの歌詞には、ストレートなこと、〈失せろ!〉とか〈こっちに来い!〉、〈C’mon〉とかを強く言って、〈そうだ〉と思わせる力、というのがあると思うんです。その〈そうだ!〉と思わせる力、というのは、〈ビックリマーク〉としてあって… その〈そうだ!〉というビックリマークと、〈なんだこれは?〉というハテナを、なるべくMAXに、両方いっぺんに歌詞にちりばめたい、というのを理想として書いてます。

生活の中にあるものをロックンロール化して、カッコよくする

――それは、言葉のストックがたくさんある状態で書いているんですか?

クラーク : そうですね、カッコイイと思う言葉、使いたい言葉のストックがあるし、また歌われていないような感情を歌ってみたいと思ってます。例えば今って〈好きだ〉とか、〈怒ってる〉〈悲しい〉とかはいっぱい歌われているけど、〈気まずい〉っていう感情を歌ってる人ってあまり居ないなと思ってて。

あの歌も、面白い〈あるある〉にしすぎず、カッコよくやれたらいいなと思って作ってます。なので、〈ハテナ〉や〈ビックリマーク〉をちりばめつつ、〈嬉しい〉〈悲しい〉ではない、まだ誰もやってないようなことを、こっそり探す、というやり方もあります。


クラーク内藤「きまずい」MV

――〈甘い〉〈辛い〉というハッキリした感覚ではなく、その中間というか、〈あまじょっぱい〉みたいな…

クラーク : そうそう。「でも、みんな経験したことあるでしょ?」という感情ですね。

――歌詞にはやはりこだわりがありますか?

クラーク : そうですね。音楽のスタイルとして〈ロックンロールをやりたい〉が、もちろんあるんですけど。かっこいい歌を、なるべく日本語で作りたいというのもあるんです。客観的に見ても、歌詞は自分の手持ちの武器なんじゃないかなと思ってますし。

――誰も歌っていない感情、景色を歌うって、内藤さんらしい印象があります

クラーク : うん、それをずっとやりたいと思ってて。自分が聞いてきた人たちもずっとそれをやってきてるんですよね。最近だとギターウルフとかも… すごいなって本当に思うんですよね。ギリギリいままでロックンロール化していなかったものを、ロックンロール化してしまう、しかも、ものすごく強引に、というのがカッコイイなと。昔から曲のタイトルが「熱風ジロー」とか「ラーメン深夜3時」とかじゃないですか。深夜3時にラーメンを食べるってみんなあると思うんですよ、それをロックンロール化する、しかもカッコよく、というのがすごいなって。ものすごく影響は大きいですね。

――〈ロックンロール化する〉という表現は、面白いですね。

クラーク : それって、すごく単純に良いことだと思うんですよね。生活の中にあるものをロックンロール化して、カッコよくすると、その曲を聴いた人が、深夜3時にラーメンを食べてる、そのときの気分がカッコよく、いい気分になると思うんですよ。それってすごくいいことだなと思って。

――生活のBGMというかバックトラックができる感じ?

クラーク : そうですそうです。そういう気分のときに、そういう音楽を聴いて高揚するというか、行動のきっかけになったりするじゃないですか。そういうことをやりたいと思ってます。

――今回の「終わってる歌」に入ってる「くそくらえ」は、わたしも〈くそくらえ!〉な気分のときにいつも聴いてます。

クラーク : とはいえ、これからはもう少し、自虐ではなくて、強気なことも歌っていきたいとは思ってるんですけどね。今までは、カッコイイものを作ろうとしているはずが、歌詞が根暗なものになってたので… これからはもう少しハッタリをかましていこうというか、自分が強くなれたような気分になるものを作っていきたいと思ってます(笑)。

RECOMMEND

ECD 『Three wise monkeys』2015年

通算17枚目となるフル・アルバム。社会への不満をストレートに叩きつけるリリックに注目が集まりがちだが、サンプリング中心のトラック、テンションが全く落ちることがないラップは未だに衰えることなくフレッシュだ。

INU『メシ喰うな!(24bit/96kHz)』1981年

町田町蔵が在籍したバンド、INU唯一のオリジナル・アルバム。町蔵の言葉のセンス、チンピラ一歩手前の危険な匂いはまさしく唯一無二。この時代にポスト・パンクを掴みかけているバンドの鋭い嗅覚も聴き逃せないポイントだ。

bool『OMOSHIRO DARKNESS』2015年

トラックの上でポエムを朗読する音楽ジャンル〈ポエムコア〉のオリジネーター、BOOLによるセカンド・アルバム。全曲world's end girlfriendがアレンジ/ミックスを担当している。自身の創作の核だという〈おもしろ〉と〈闇〉をストレートに表現した一枚。

食品まつり『COULDWORK』2016年

国内ジューク・シーンから突如出現し、七尾旅人、禁断の多数決、などのリミックスや共作を手掛ける電子作家、食品まつりのアーカイヴァル・ミニ・アルバム。

LIVE INFORMATION

2016年7月8日(金)@幡ヶ谷Forestlimit
KISEKI 〈Taigen Kawabe(BO NINGEN)x食品まつりa.k.a foodman〉
開場 : 20:00 / 開演:20:30
料金 : 1,500円(1ドリンク別)
出演 : DJ MEMAI x HiBiKi MaMeShiBa、クラーク内藤、ニーハオ!

2016年7月10日(日)@西麻布BULLET'S
〈おもしろダークネスvol.9〉
開場・開演 : 17:00
料金 : 2,000円(1ドリンク別)
出演 : DJ JET BARON、食品まつり、黒猫の憂鬱、クラーク内藤、HiBiKi MaMeShiBa、デス山、ぼく脳、春太郎、emeow、AMANDA、BOOL

2016年7月18日(月・祝)@幡ヶ谷Heavy Sick
開場・開演 : 18:30
料金 : 2,000円+1ドリンク
〈LIVE〉
THE LET'S GO's、鮫肌尻子とダイナマイト(福岡)、THE FADEAWAYS、VIVIAN BOYS、クラーク内藤
〈DJ〉
B.B. Clarke、TAKA-SICKS、TONG(チェリータイムス)、つづみっこ

2016年8月11日(木)@六本木スーパーデラックス
〈ヤマノヒクラブ〉
詳細未定

PROFILE

ガレージパンクを中心とした50~70年代の音楽に影響を受けながら、新しい方法で特殊ロックンロールを開発する。

2014年Bandcampにて『終わってる歌』をリリース。2015年日本のGORGE専門レーベルGORGE.INより『Pebbles From The Grave』をリリース。同年に、初の7インチ『どうでもいい』を自主制作リリース。2016年2月DOMMUNEのポエムコア特集〈OMOSHIRO DARKNESS IN DOMMUNE〉に出演。

>>クラーク内藤 オフィシャルサイト

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。3人の日常も垣間見える話題も満載です。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【T
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介