11月は“くだらないけどかっこいい”レーベル〈MOtOLOiD〉月間——第1弾! ヒゲドライバー“念願の”ロック・バンド、ヒゲドライVAN特集!!

2011年、突如コミケから生まれた謎のネット・レーベル〈MOtOLOiD〉。ニコニコ動画などのインターネット上で活躍するトラックメイカーやDJが所属する、仲間のたまり場のようなこのレーベルは、EDM、チップチューン、ロック・バンドなど、まさにごちゃ混ぜ。しかしアーティスト一人一人からは、「今自分が好きなことをやってる!」という何事にも代え難い熱いエネルギーに満ちている。そんな“くだらないけどかっこいい”を感じさせるこのレーベルをぜひご紹介したく、“11月は〈MOtOLOiD〉月間!”と銘打って、所属アーティストを週ごとに特集いたします! 第1弾はチップチューン・アーティスト、ヒゲドライバーによる念願のバンド・プロジェクト、ヒゲドライVAN。次週は彼らへのインタヴューも公開。購入特典付きの新曲も配信しちゃいます!!

2005年からファミコン・ライクな、ピコピコ音源を用いたチップチューンをメインに、インターネット上で活躍するトラックメイカー、ヒゲドライバー。極めてキャッチーなチップチューン以外にも、Windows XPの起動音をフィーチャーし、ニコニコ動画で130万回以上再生された「Hello Windows」の制作や、他アーティストへの楽曲提供など、幅広くアーティストとしての活動を展開している。そしてこのたび、彼によるバンド・プロジェクト、“ヒゲドライVAN”の活動がスタートした。今回の“バンド活動”は彼が以前から切望していたもので、楽曲、MV制作のために行われた、クラウドファウンディングによる支援では、目標を大きく上回る150万円を集めるなど、数で彼が作る音楽への期待と信頼を証明した。

そんな彼らによる初作品『Kiss me EP』をOTOTOYでは24bit/48kHzのハイレゾで配信。チップチューンの作品からは想像出来ない、驚くほどにストレートで哀愁に満ちたギター・ロックに仕上がった。そして本作『Kiss me EP』をチップチューンにリアレンジした『Kiss me EP(チップチューン.Ver)』もあわせて配信。ヒゲドライバーによる、3次元と2次元の世界を是非お楽しみいただきたい。

ヒゲドライVANによるファーストEPをハイレゾで配信
ヒゲドライVAN / Kiss me EP(24bit/48kHz)

【配信フォーマット / 価格】
ALAC / FLAC / WAV(24bit/48kHz) : 単曲 250円(税込) / まとめ購入 1,500円(税込)

【Track List】
01. Kiss me
02. 透明少女
03. 春・夏・秋・了
04. ホログラフ
05. 東京ソーダ
06. マイティボンジャック


ヒゲドライVAN - Kiss me



『Kiss me EP』をチップチューンにリアレンジ
ヒゲドライVAN / Kiss me EP(Chiptune Remix)(24bit/48kHz)

【配信フォーマット / 価格】
ALAC / FLAC / WAV(24bit/48kHz) : 単曲 300円(税込) / まとめ購入 1,800円(税込)

【Track List】
01. Kiss me
02. 透明少女
03. 春・夏・秋・了
04. ホログラフ
05. 東京ソーダ
06. マイティボンジャック

“チップチューンとダンスミュージックの融合”をテーマにした、ピコピコ系オリジナル・アルバム
ヒゲドライバー / HIGE DANCE(24bit/48kHz)

【配信フォーマット / 価格】
ALAC / FLAC / WAV(24bit/48kHz) : 単曲 250円(税込) / まとめ購入 2,000円(税込)

【Track List】
01. A-Jump / 02. Call My Cell (feat.Φ串Φ) / 03. Chip Dance Addict / 04. Fat Bass / 05. LIAR GAME (feat.ハシシ from 電波少女) / 06. Super Mushroom / 07. Huge Dance / 08. I Wanna Feel Your Love (feat. shully) / 09. キュート・ポップ (U-ji Remix) / 10. マイティボンジャック (SEXY-SYNTHESIZER Remix) / 11. Anamanaguchi - Prom Night (Hige Driver Remix)

ヒゲドライバーによる新たなバンド・プロジェクト、〈ヒゲドライVAN〉

例えばニコニコ動画にアップロードされた「Hello Windows」。WidowsXPの起動音のループと時計の秒針の音が刻むビートで始まった曲はどこかさみしげで、繰り返し鳴るマリンバのような音色のフレーズとともにアンビエント的に響く。例えばアニメ「機巧少女は傷つかない」のエンディング・テーマ「回レ!雪月花」。BPM160の裏打ちでぶいぶいと鳴るビートに琴のシンセに民謡的な合いの手、何より「回レ回レ回レ回レ…」とサビで延々繰り返されまくるボーカルが耳から離れない電波ソング。2005年の活動開始から”チップチューンを得意とする”と自身で言うヒゲドライバーだが、手がけてきた各楽曲の振り幅は非常に広い。多岐にわたる彼の楽曲に通底しているのは、キャッチーであることへの強い意識だ。それは新たに彼が開始したバンド・プロジェクト、ヒゲドライVANの初音源『Kiss me EP』からも見て取ることができる。


Hello Windows

ヒゲドライVANはギターボーカル、ギター、ベース、ドラムの4人編成。2012年にヒゲドライバーの代表曲を題材としてコミケで販売したマンガ『東京ソーダ』の付属CD用に集めたバンド・メンバーが母体。本作『Kiss me EP』はヒゲドライバーの2008年から2010年までの代表曲をバンド・サウンドとして再構築したものを中心に、書き下ろし「春・夏・秋・了」を加えて構成されている。彼の代名詞とも言えるきらきらとしたシンセ・サウンドは効果音的には残っているものの、メロディーを推進するのはギターへ。変化が大きいのはドラムによるリズム・パターンで、フレーズ自体は依然複雑なものが中心ではあるけれども、サビ前など大きく展開するパートでは効果的にベタなロック的フレーズを使用。これにより、元々ヒゲドライバーの曲が持っていたエモーショナルな部分が曲の中でよりはっきりと演出され提示されている。収録曲では、今作の表題曲「Kiss me」(原曲は2008年発売の1stアルバム収録)が出色。バンド+シンセ・サウンドによるメロディアスで感傷全開のサビを生かすために、Aメロや間奏をギターの単音弾きを中心に静かに進行させる抑揚の効いた構成となっており、聞き手を引き込むため細心の注意が払われている。


ヒゲドライVAN - Kiss me

『Kiss me EP』のリリース後、本作のチップチューン版も発表され、2つのバージョンを通して立体的に聞くこともできるようになっている。また、今年8月には”チップチューンとダンスミュージックの融合”をテーマに、ヒゲドライバー名義でアルバム『Hige Dance』もリリース。こちらでは現在の大ネタ的なEDMサウンドに接近した上で、チップチューンのポップな音色を楽曲の取っ掛かりに活用している。活発な活動を続けるヒゲドライバー。『Kiss me EP』は彼のどこかセンチメンタルなメロディーと綿密な構成力をロック的な語法を通して従来からのリスナー以外にも広くアピールできる作品である。

text by 小林 翔

第2弾、第3弾は、こちらのアーティストをご紹介します!!

baker
静岡を拠点に活動しているトラックメイカー/DJ。 2000年頃より主にネット上にてKeisukeHattoriとして楽曲を発表し始める その後、baker名義で2007年より動画サイトにてボーカロイド楽曲等を発表。VOCALOIDシーン最重要アーティストのひとりと称され、 2007年10月にニコニコ動画にて発表された楽曲「celluloid」は、当時としては初めての、キャラクターを一切映像上に表示させない PV作成手法で話題を呼び多くのリスペクトを集め、楽曲「カナリア」についてはVOCALOID開発者の剣持秀紀から 「VOCALOIDの可能性 を限界まで追求した楽曲」と推薦された。 2009年にビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。 現在ではDJやギターでのライブ出演をこなしつつ、TVCM、TVアニメ、筐体音楽ゲーム、PS3用ゲーム「TOKYO JUNGLE」等の楽曲制作をこなす等、多方面へ活動の幅を広げている。

DJ'TEKINA//SOMETHING
普段はゆよゆっぺという別の人格が作動しているが、ひとたびDJ台の前に立つや性格が豹変。 会場を盛り上げるためのパファーマンスは各所から高い評価を得ている。 クリエイターとしてもTRF TRIBUTE ALBUM BESTへの参加を筆頭に でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」のRemixや、BABYMETAL特別盤にも毎回Remixが収録される等活躍。 Dream5でもディズニーカヴァーの小さな世界の編曲を担当。 アイドル界への浸透を図っている。 また、多数の海外イベントにも参加し、ROCK IN JAPAN、COUNT DOWN JAPANにも出演。 さらに、趣味で作ったSPEEDのBODY&SOUL RemixがSPEED本人たちから公認をもらう等 その腕は各所から高い評価を得始めている。 ボーカロイドDJの祭典「VocaNicoNight」には出演DJの中で最多出演中。

PROFILE

MOtOLOiD

2011年2月より始まったイベントであり、たまり場。

2度目の開催からは現在渋谷PARCOにある2.5D(当時は池尻大橋)をホームとして活動。1年半の活動の中で、Ustream同時視聴者数ランキング第一位も獲得した。

出身のDJとしてはヒゲドライバー、DJ'TEKINA//SOMETHING、DJ Powerless等。ヒゲドライバーはニコファーレにおける初出演のDJとして、DJ'TEKINA//SOMETHINGはボカニコナイト第一回目において、実力で出演を勝ち取ったDJとしても活躍。

2012年12月には冬のコミックマーケットにてレーベルMOtOLOiD発足。2013年からはネットレーベルの始動も含め、新人の開発にも乗り出す。

母体は2008年より活動を開始し、2011年1月に活動を終了した、LOiDレーベル。(Wikipedia)

現在、第一線でも活躍中のクリエイターを数多く輩出した。

>>MOtOLOiD official HP

ヒゲドライバー

主にインターネット上で活動している、ピコピコ系ミュージシャン。速いテンポでキャッチーなメロディーを得意とし、インスト曲から、ピコピコ+ロックの歌ものも作る。自身で作詞・歌唱も行い、冴えないオトコの妄想歌詞が特徴。

自身の作品のほかにも、Remixワーク、 歌手・アイドル・ゲーム・アニメへの楽曲提供など、幅広く活動中。

近年はチップチューン以外の曲を作る機会が多くなったため、チップチューンに特化する場合は、名義を「ヒゲドライバー(chip-style)」として活動することに。

>>ヒゲドライバー official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年07月26日・世間に向けて“バケモノ”が牙をむく──Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信 いま、Age Factoryにとって大きなターニング・ポイントである。前作『LOVE』のリリース以降、“破壊的”とも称されるライヴでの圧倒的なパフォーマンスと、強烈なメッセージ性を含んだ彼らの楽曲は、多くの人に伝わることとなった。そんな彼らから、全曲セルフ・プロデュースで制作されたミニ・アルバム『RIVER』が届いた。OTOTOYでは今作を、7月26日より2週間のハイレゾ独占配信をスタート、そしてこのタイミングでメンバーへのインタヴューを敢行した。前作『LOVE』を超越するために、Age Factoryが選んだ答えは、ストレートでよりシンプルな作品をつくることだった。バンドにとっての転機とも言えるいま、そのような選択をくだし、『RIVER』をリリースした意味はなんだったんだろうか。インタヴューとともに紐解いていく。 “ストレート”をテーマにした全曲セルフ・プロデュース作品 Age Factory / RIVER'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by ?