あなたの食欲を刺激する36曲、「孤独のグルメ Season 3」O.S.T.

主人公、井之頭五郎がふと立ち寄った店で大衆料理に舌鼓を打つ。そんな光景を淡々と描くスタイルで人気のTVドラマ「孤独のグルメ」。このドラマにおいて、その内容とともに話題を呼んだのが、視聴者の食欲を掻き立てる劇中音楽の数々だ。OTOTOYでは、昨年7月から9月にかけて放送された最新シリーズ「孤独のグルメ Season 3」のサウンドトラックを、CD発売に先駆けて5日間先行配信。原作マンガの作者である久住昌之が率いるバンド、THE SCREENTONES(スクリーントーンズ)によって奏でられたこのアルバム、ただのサントラと侮ることなかれ。ロシアン、フレンチ、アラビアンまで、世界中のあらゆる音楽をつまみ食いし、どこかエキゾチックな雰囲気を醸し出す全36曲は、あなたの食欲を刺激してくれること間違いなし。レヴューとともにお楽しみください。

どこよりも早い、OTOTOYだけの先行配信!!
THE SCREENTONES / 「孤独のグルメ Season 3」O.S.T.

【配信形態 / 価格】
MP3 / WAV まとめ購入(36曲) : 1,500円 (単曲購入は各150円)

【Track List】
01. Still Alone
02. 孤独のツンドラ
03. 小腹が空いた
04. 買い食い
05. 甘い誘惑
06. 野毛のジャズパパ
07. ペコちゃんブルース
08. 街の裏回廊
09. レガートワルツ
10. 食欲全開ドラム
11. 異国のグルメ 2
12. エスニック日和
13. 火事鍋
14. 中野区アフガニスタン
15. 空腹匍匐前進
16. 午後三時のフルーツサンド
17. Rumba de Goro
18. ツンドラの男達
19. 夕日のツンドラ
20. 極寒のボサ
21. Slap Alone
22. 伊豆Qのテーマ
23. レゲエ season 3
24. BMW
25. Shinano River
26. ニイガタナダ
27. 十日町の空
28. 収穫祭
29. 鰯の渦
30. 七輪車
31. エレキのツンドラ
32. Grand Cabaret
33. ディキシーツンドラランド
34. ツンドラは未だ遠く
35. GooGoo
36. Season3 ClubMix [Bonus Track]

久住昌之(THE SCREENTONES)からアルバム購入者へメッセージ

このたびは、THE SCREENTONESのアルバムをご購入くださって、ありがとうございます。
ボクはJASRACによる著作権管理に関して疑問をもち、自分たちの曲を自由に演奏・再録音したい(JASRACに加盟すると自分の曲でも使用料が発生します)、そしてボクらの楽曲を気に入って下さった人に広く無料で使っていただきたい、という意味で、「孤独のグルメO.S.T. 1,2」に関して、「著作権フリー」という言葉を使ってしまいましたが、当然ながら作曲者の権利、出版したレコード会社が守られるべき権利はあります。お手数ですが、「孤独のグルメO.S.T. 1,2,3」の楽曲の使用を希望する方は、地底レコードまでご連絡ください。
特定の政治宗教などの団体の宣伝や、大きな営利目的でないかぎり、基本的に無料で許諾しています。なお、ライヴなどで我々の楽曲をコピー・演奏することに関しては連絡の必要はありません。音楽そのものは、基本的には誰もが自由に無料で楽しめるべきだと、ボクは思っています。

THE SCREENTONESを代表して 久住昌之

気に入った曲を聴くと腹が減るというパブロフの犬的効果も起こった

「孤独のグルメ」は2012年に始まったテレビ東京系列の深夜番組である。一応全国放送ではあるものの、地域によって放送時期に一年以上のズレがあったりして、もしかしたらご存じない方も結構いらっしゃるかもしれない。内容は、“酒を嗜まない松重豊扮する井之頭五郎が仕事を終えて独り食事をする”という、テキストで書くと身も蓋もないものだが、既にシーズンを3つ重ねて、シーズン4の要望も極めて高い人気番組である。原作は同名の漫画であり、シーズン1では比較的忠実に原作をなぞる内容で制作された。しかし原作は一巻完結のため、シーズン2からはひたすら独りで食事をするというアウトラインは同じまま、テレビ番組オリジナルと言ってよい内容になっている。シーズン1から原作者の久住昌之氏が番組に深く関わっているため、ある意味、原作の続きがテレビ番組として作られているともいえる(原稿執筆後、一年に一〜二回は週刊SPA!にて新作が発表されているということを確認したので補っておきたい)。

テレビ化にあたって必要な劇判をTHE SCREENTONESという久住氏を中心とするバンドが制作、演奏している。このレヴューはシーズン3に関するものだが、シーズン1(開始当初には継続するかどうか分からなかったことからシーズン1とは表記されていないが)にもシーズン2にもオリジナル・サウンドトラックという形式でアルバムが発売されている。放送時は前半5/6が井之頭五郎パートで、後半1/6では久住氏が同じ店舗に行ってほぼ毎回酒を飲みつつ店のメニューから別の料理を頼んだりするという構成になっていて、"映画本編とコメンタリー付きトラックをフルに観た時の満足感" を一つの番組の流れの中で感じられるようになっている。サウンドトラックの提供、アルコール要素の補完など、原作者による番組の「私物化」がこれほどうまくいっていて、心地よく感じる番組も珍しい。

THE SCREENTONES

前置きが長くなったが、サウンドトラック側から眺めてみると各シーズンにはテーマが設定されている。このシーズン3は「ツンドラ」である。なぜツンドラなのか。作品内を通底する「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず、自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ」という井之頭五郎の矜持があるのだが、この矜持に代表されるように、この作品の食事行為には大仰でストイックな求道精神が根底にあるように思われる。この気持ちはシェアする類いの気持ちではなく、わざと隣に座る人に精神的壁を作るような、この作品における「孤独」の本質だと思われる。勢い、そのような前提を持った人にとって外的世界は厳しくあるべきなので、荒野やツンドラといった厳しい環境がテーマになるのだろうなと勝手に想像をたくましくしているが、本当のところはどうなんだろうか。

サウンド面ではツンドラ=ロシア風サウンドがあると思えば、ペルシャやフレンチ、ワルツ、ジャズ、サーフロックなどなんでもありなのは、シーズン1、2と同様である。番組視聴中にはほとんど意識していない音楽との結びつきは、サウンドトラックだけを聴くと自然と意識に上ってくる。一般的にこの手のサウンドトラックは脚本にあわせて場面毎に個別に作られるため、順に聴くとどうしてもバラバラ感があるが、この作品の場合、自宅での食事中に再生したりすると、上で書いたような孤独な求道者モードのスイッチが入り、結果として食事が異常に進んだりする。そのうち、気に入った曲を聴くと腹が減るというパブロフの犬的効果も実際に起こった。また、外食しようと思ったとき、たまたまサントラの曲が脳内再生されると「独りで酒を飲まずに大量に」食べたくなるから要注意である。

なお放送時、2ちゃんねるのテレ東実況スレでは毎週番組のテーマ・ソングである「孤独のツンドラ」が流れるタイミングにあわせて(テキストではあるが)「ローロロロー」の大合唱が起こっていたことは記しておきたい。そもそも筆者が番組の存在に気付いたのも「夜食テロキター」などの書き込みで実況スレが一気に盛り上がったため、テレ東を観てみたのがきっかけである。ネット時代に於けるテレビ番組の理想的な一形態を「孤独のグルメ」に見ることができる。個別の孤独を皆で共有するという極めて高度な楽しみ方が確かに成立し、このサントラを持ち出すことで、外食時なんかに番組を自分の体験として重ねることが出来てしまうのだ。

続編はフォーマットを何も変えず、淡々と続けていただきたいものである。まずはシーズン4を今年中にお願いしますテレ東さん。そしてシーズン2の最終回みたいにTHE SCREENTONESメンバーの本編へのカメオ出演をお願いしますw (text by 竹中直純)

「孤独のグルメ」過去のサウンドトラックも配信中

孤独のグルメ

ふと食べたいと思ったものをただただ美味しそうに食べる主人公、井之頭五郎の姿が人気を呼び、「癒し番組」とも「夜食テロ」とも呼ばれたテレビ・シリーズ。井之頭五郎は、日々の仕事のちょっとした合間に空腹を満たしては、つかの間の「自由」を感じていた。そんな井之頭の食事シーンと心理をひたすら描き、ドキュメンタリーのように淡々と映し出していく演出が話題に。「Season 3」は、2013年7月から9月にかけて放送された。現在、特典映像満載のDVDおよびBlu-rayボックスが発売中。

>>OFFICIAL HP
>>DVD / Blu-rayの詳細

THE SCREENTONES

「孤独のグルメ」の原作マンガを手掛けた久住昌之によって結成されたバンド。「孤独のグルメ Season 1~3」すべての劇中音楽を担当し、それぞれのオリジナル・サウンドトラックを発表している。

Member
久住昌之 (acoustic guitar / vocal)
フクムラサトシ (soprano sax / tenor sax / recorder / vocal / programming)
河野文彦 (acoustic guitar / electric guitar / recorder / vocal / programming)
Shake (keyboards / kazoo / vocal / programming)
栗木健 (drums / percussions / sampling / vocal / programming)
戸田高弘 (vocal / mix / mastering)

Special guest
吉田のりお (electric bass)
えりんぬ (piano)
cossami (vocal)

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸