2013年6月29日(土)から、東京・サンリオピューロランドではじまったショー、「キキ&ララの星空の旅」。“プロジェクションマッピング”の起用だけでなく、楽曲をDE DE MOUSE、振り付けをホナガヨウコが担当することとなり、大きな話題を呼びました。OTOTOYでは、公開に先駆けて、ショーのプロデューサー、DE DE MOUSE、ホナガヨウコの3者が揃った対談を実現。さらにはDE DE MOUSE作曲のオリジナル・サウンド・トラックのなかからリード曲のフリー・ダウンロードを行い、類を見ないほど多くの人にダウンロードしていただきました。

そして今回は、そのオリジナル・サウンド・トラック全13曲をOTOTOY限定でリリース! DE DE MOUSEが、音質にもこだわり、HQD(24bit / 48kHz)、WAV(16bit / 44.1kHz)、mp3の3タイプを用意してくれました。この3タイプすべてが入っているバージョンだけでなく、自分のたのしみかたに合わせて購入できるよう、3つのパッケージにわかれています。

先日、ライヴ会場限定のミニ・アルバムのリリースとプラネタリウム・ツアーを発表したばかりのDE DE MOUSE最新の楽曲をおたのしみください。

©1976,2013 SANRIO CO.,LTD.

>>DE DE MOUSE×ホナガヨウコの対談はこちら<<

DE DE MOUSE「キキ&ララの星空の旅 サウンドトラック」OTOTOY限定配信!

DE DE MOUSE / キキ&ララの星空の旅 サウンドトラック



song written by DAISUKE ENDO (DE DE MOUSE)
lyrics by DAISUKE ENDO (DE DE MOUSE) / KKO

【配信音質】
HQD(24bit/48kHz) 、WAV(16bit/44.1kHz)、mp3(320kbps/44.1kHz)

>>HQD(24bit/48kHz) とWAV (16bit/44.1kHz)のちがいとは?

【配信価格】※すべてまとめ購入のみ
HQD + WAV+ mp3 ver. / 1,000円
HQD + mp3 ver. / 800円
WAV + mp3 ver. / 800円

【Track List】
01. overture / 02. little twin stars / 03. falling star theme1 / 04. falling star theme2 / 05. journey to starry sky / 06. selfish planet / 07. escape from star / 08. sweety planet / 09. angry planet / 10. star rivers theme / 11. before star festival / 12. star festival / 13. moon ship~little twin stars (reprise)

※HQD音源には制作者の意向として、専用のマスタリング処理をしております。そのため、mp3形式との音量などに違いがでておりますので予めご了承下さい。

サンリオピューロランドの新作ショー「キキ&ララの星空の旅」とは?


6月29日(土)にサンリオピューロランドでスタートした「キキ&ララの星空の旅」は、立体物に映像を投影することにより、特殊な視覚効果をもたらす話題の「プロジェクションマッピング」を使い、キキとララの世界を体感できるステージです。
テーマは「サプライズ」「参加性」「感動」。リトルツインスターズのファンタジックな世界を「プロジェクションマッピング」と多彩な音楽、振り付け、衣装などで表現。通常のプロジェクションマッピングとは異なり、投影された映像にゲスト自らアクションを加えることができる参加シーンがあるなど、見るだけでは終わらない楽しさ、今までとは違う、新しい体験をお届けします。

【概要】

上演期間 : 2013年6月29日(土)スタート
上演場所 : サンリオピューロランド 1F 「エンターテイメントホール」
料 金 : パスポートもしくはJOY5(500円)
出 演 : キキ・ララ

【STAFF】
脚本・演出 : よしだたかゆき(studioTED/spin)、KKO
音 楽 : DE DE MOUSE
振 付 : ホナガヨウコ
映 像 : seven shuffles
テクニカルディレクター : 原田貴至(studioTED/ミラクルプロダクツ)
衣 裳 : 本谷智子

>> 「キキ&ララの星空の旅」 Official HP
>> サウンド・トラック付きチケットの販売ページはこちら

いつか再発見するだろう子どもたちに

©1976,2013 SANRIO CO.,LTD.

ショーがスタートした29日、この日も多摩センターには多くの家族連れが降り立ち、そして続々とサンリオピューロランドに入っていく。筆者が5歳に訪れた以来のサンリオピューロランドは、自分でもおどろくほど記憶に残っているようで、ところどころが懐かしく、しかし記憶以上に豪勢でキラキラしている。

早速ショーに向かうと、「もうはじまっちゃうよ!」と言って、お母さんの手を引く少女がいた。

「自分が小さいときに見たものとか聴いたものってそのときは興味ないかもしれないけど、記憶にずっとあって、大きくなってちょっとそれを振り返って見たり聞いたりする瞬間っていうのがあるんですよね。そういう、こんなにすばらしかったんだ、っていう再発見の体験はいっぱいあって。そういうもののひとつになってもらいたいなって思ってました」

対談のときから、DE DE MOUSEのこの言葉が心に残っていて、そのときもふっと思い出した。

小さいころの記憶は、ひっそりと蓄積されていく。それが鮮明に思い出せる人もいれば、まるで夢のなかのように曖昧な人もいるだろう。わたしの場合でいえば後者で、どこかで見た花畑も、アニメも、サーカスも、夢を間違えて自分の記憶にしてしまったかのような気持ちだ。しかしなにかの拍子に親に尋ねると「それは◯◯だよ」と、いとも簡単に現実のものになる。すごく遠くにあるものが、急速に近くにやってきてクリアに見えたとき、ほんの少しだけさみしく、しかしそれがすばらしいものであればあるほど、大きな衝撃をもたらす。わたしも、実際そうやってたくさんの再発見の経験があって、それが気付くといまに繋がっていたりする。

「あの女の子もいつかそんな体験をしてくれるといいな」と思ううちにショーがはじまった。

お願いごとをしていたキキとララのもとに落ちてきた、大きな流れ星。ふたりと衝突してバラバラになってしまった流れ星を、"星祭り" に連れていくために、星空の旅へ出発するキキとララ。そのあいだに起こったトラブルを、"プロジェクションマッピング"によるわたしたちの参加によって解決する場面は、思わず大人でもはしゃいでしまうはずなので、ぜひ体験していただきたい。

クライマックスの "星祭り" の場面でホナガヨウコ振り付けをしたキキとララが踊るダンスは、彼女が対談で話したとおり、少しずつズラしの動きがあって、1度見ただけでは真似できない、しかしだからこそ目を離せない、ホナガヨウコのダンスだった。そしてショーのあいだ、ほぼずっと流れていたDE DE MOUSEの曲たちは、ショーのなかで聴くと、リード曲の「little twin stars」のメロディーが他の曲にも散りばめられ、統一感のあるストレートさを感じた。だが、ショーからはなれて聴くと、彼が彼の世界で思い描いていた、また少し違ったキキララの風景が見えるような、DE DE MOUSEの作品として聴くことができる、すばらしいサウンド・トラックに仕上がっているのだ。

DE DE MOUSEとホナガヨウコの起用は、音楽やファッション、ダンスといったカルチャーに関心が強い若い層に「サンリオピューロランドはこんなにおもしろいことをやっているよ」ということを届けるためだった。しかし、図らずしもこの起用によって、多くの子どもたちに、いつかDE DE MOUSEのような、ホナガヨウコのような、新たな才能が芽吹く種を蒔くことになったのではないだろうか。もしかしたらそのなかの誰かが、わたしたちに新たな驚きをもたらしてくれるかもしれないと思うと、あらためてドキドキするプロジェクトだと思うのだ。(text by 梶山春菜子)

DE DE MOUSE 過去作品

PROFILE

DE DE MOUSE

計算しつくされたメロディと再構築された「歌」や、独特なライブスタイルで、 多くのクリエイターにインスピレーションを与え、国内外の各方面から多くの支持を得ている。

ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。
FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。
2012年にnot recordsを始動。同年10月にはアートワークのラフから執筆、PVのディレクションまで自身でこなした約2年半ぶり4枚目のオリジナルアルバム「sky was dark」発表。2013年8月16日にライブ会場限定3rdミニアルバム「to milkyway planet」を発売。リリースツアーとして全国4都市にてプラネタリウムライブを開催する。

>>DE DE MOUSE Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

期待の新人・中村月子の極上の歌声を3本のマイクで録音し、その違いを聴き比べてみよう!
[CLOSEUP]・2016年06月23日・期待の新人・中村月子の極上の歌声を3本のマイクで録音し、その違いを聴き比べてみよう! 期待の新人シンガーソングライター中村月子。彼女は、極上の歌声を持つ。そんな彼女のライヴを、ハイレゾの祭典〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉にて、エンジニア高橋健太郎がKORGのMR-2000Sを用い録音するイベントを実施した。 このページでは、その日彼女が歌った曲「その時世界が」を、RCAの44Bという1940年代のリボンマイク、ノイマンのU67という真空管式のマイク、ゼンハイザーのMH416というガンマイクの3本のマイクでレコーディングし、各マイクのみのトラックをフリー・ダウンロードで提供する。ぜひ、その3本のマイクで録れた極上の歌声の違いを聴き比べてほしい。 また、中村月子のオリジナル楽曲3曲を収録した『Experience』をハイレゾ配信する。1曲目の「エンジェル」は本当に名曲で、『Experience』は記念すべき彼女の初作である。中村月子と高橋健太郎によるレコーディング当日のお話、そして中村月子の初インタヴューを読みながら、その極上の歌声と才能を堪能して欲しい。彼女が羽ばたく日
Review_UMA-Wednesday Campanella
[CLOSEUP]・2016年06月22日・WEDNESDAY CAMPANELLA : beautifully constructed record On 22nd June 2016, one of the hottest music acts in Japan, WEDNESDAY CAMPANELLA, released their new EP UMA from Warner Music Japan(Atlantic Japan). Campanella's sound is largely based on elements of electronic and bass music and quirky Japanese lyrics, with their new-mixture style receiving considerable support from Japanese music fans. UMA is WEDNESDAY CAMPANELLA's first proper world-wide release, so we invited London-based broadcaster and DJ Nick Lus
空きっ腹に酒、メンバー単独取材第2回 いのまた(Dr)インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年06月22日・【短期連載】5thフル・アルバム発売間近! 空きっ腹に酒、メンバー単独取材第2回 いのまた(Dr)インタヴュー 桜前線と共に始まった空きっ腹に酒の4回に渡る短期連載ですが、前回の西田竜大(Gt)の単独インタヴューより気付けば3ヶ月も経ち… お待たせしてすみません!! 暑い季節、野外で飲むお酒も美味しくなってきましたが、引き続き空きっ腹に酒にはご用心!!! ということで、ようやく第2回、ドラマー・いのまたの単独インタヴューをお届けします。空きっ腹に酒になくてはならないファンクのグルーヴを生み出す彼がバンドに入った経緯から今に至るまで、じっくり話を訊きました。そして7月7日とリリースが迫った5thフル・アルバム『しあわせ』。早くもその内容にも触れています。▶︎単独インタヴュー第1回 : 西田竜大(Gt) 空きっ腹に酒 / 人の気持ち【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC 単曲 270円 / まとめ価格 1,620円【Track List】1. わがままで都合がいい2. 映画3. sence4. ハッピー5. サウンドオブミュージック6. 夜のベイビー feat.Funkymic 1年ぶりの5thフル・
by JJ
水曜日のカンパネラ、待望の新EP『UMA』をハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2016年06月22日・水曜日のカンパネラ、Matthewdavidら4名の海外プロデュース楽曲を含む新EP『UMA』をハイレゾ配信!! 水曜日のカンパネラが、新作EP『UMA』をワーナーミュージック・ジャパン(Atlantic Japan)よりリリースした。『UMA』とは謎の未確認動物を意味する「Unidentified Mysterious Animal」の頭文字。アルバム・タイトルの通り未確認動物を冠した7曲が収録されており、メンバーでサウンド・プロデューサーであるケンモチヒデフミの楽曲のほかに、アメリカ・ロサンゼルスで活躍するMUST DIE!、フランスのコンポ―ザー / プロデューサーMyd、フライング・ロータス主宰〈BRAINFEEDER〉の所属アーティストでもあるMatthewdavid、ドイツのミニマル・バンドBrandt Brauer Frickが作曲を担当。これまで以上に水曜日のカンパネラの幅を広げる1作となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信しレビューを掲載する。世界に向けて羽ばたこうとしている水カンから目を離さぬよう!! ワーナー・ミュージックよりリリースのEPをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ /
by 西澤 裕郎
KOTOのサウンドプロデューサー、佐々木喫茶率いるレコライドの作品を配信開始!!!
[CLOSEUP]・2016年06月21日・KOTOのサウンドプロデューサー、佐々木喫茶率いるレコライドの新作をOTOTOY独占配信開始!!! ソロ・アイドル、KOTOの楽曲を多く手がける佐々木喫茶。やみつきシンセ・ポップに定評がある彼が所属するバンド、レコライドがOTOTOY独占で新曲「ゆりめばえる」を配信! PVでのエムトピ篠原ゆりの可愛いダンスが最高です! さらに、旧譜も同時配信開始ですよ。レヴューとともにあらためてレコライドの歴史をたどってみましょう。そして、7月10日(日)は渋谷Gladへ! 購入必須! OTOTOY独占の新曲!!レコライド / ゆりめばえる(24bit/48kHz)'【Track List】01. ゆりめばえる【配信形態】24bit/48kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC【配信価格】''200円(税込) 旧譜も一挙配信開始! 6周年記念の新曲+トリビュート全8曲!V.A. / 6NICE with BEST FRIEND(24bit/48kHz)'【Track List】01. ARUFURI / 02. Baseball Murder / 03. 星屑のmp3 / 04. カミナリディスコダンス
AZUMA HITOMIら新バンド、サンナナニのライヴ音源をハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年06月20日・ライヴ・バンドの頂点を極める──AZUMA HITOMIら新たに結成した3ピース、サンナナニのライヴ音源配信 AZUMA HITOMI、U、ひぐちけいの3人からなるロック・バンド、サンナナニ。それぞれがシンガー・ソングライターやバンド・メンバーとしてすでに実力を発揮するなか「ライヴ・バンドの頂点を極めるべく結成した」という彼女たち。結成わずかながらサウンド & レコーディング マガジンの國崎晋も絶賛するその真髄がいかんなく発揮されたライヴ音源の配信が、このたびスタートした。 ライヴ音源は六本木VARIT.のオープン記念として組まれた、チリヌルヲワカとの2マンライヴ時のもの。AZUMA HITOMIがかねてからリスペクトしているというGO! GO! 7188のギター&ヴォーカルのユウが率いるチリヌルヲワカとの対バンとあって、その演奏の熱量は並々ならぬもの。ハイレゾで収めたその臨場感を聴いてほしい。なお、1曲目「ひとりじゃ」は無料配信! 迷わずゲットしてみてはいかがだろうか。 サンナナニ / 37°2 LIVE ~ MAY.2016 ~'【Track List】01. 「ひとりじゃ」2016.5.26 @
Gotch、2ndソロ・アルバムをハイレゾ配信&7人のバンド編成で望んだビルボードライブ東京でのワンマン・レポート
[CLOSEUP]・2016年06月17日・6人の音楽家と越境する、Gotchの2ndソロ・アルバムをハイレゾ配信&ビルボードライブ東京公演レポート ASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントマン、後藤正文ことGotchが約2年ぶりとなるソロ・アルバム『Good New Times』をリリースする。同作はプロデューサー / エンジニアにUSインディ・ロック・シーンからデス・キャブ・フォー・キューティーの元メンバー、クリス・ウォラ、そして前作『Can’t Be Forever Young』リリース・ツアーのバンド・メンバーでもある6人のミュージシャンが参加。強力なバンド・サウンドで仕上げた全11曲。なかには参加メンバーである井上陽介(Turntable Films、Subtle Control)が作詞作曲を手掛けた「Paper Moon」、ナダ・サーフのマシュー・カウスとの共作「Life Is Too Long」も収録されている。 さて、今作をCD、LPの発売に先駆けて配信スタート。24bit/96kHzのハイレゾ配信も始まった。それに伴い、6月8日・9日に六本木・ビルボードライブ東京にて開催されたワンマン公演のレポートを公開。公演前に
戸渡陽太、メジャー・デビュー・アルバム『I wanna be 戸渡 陽太』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年06月16日・福岡出身のジェフ・バックリィ!? 戸渡陽太がメジャー・デビュー作で描く「世界が一瞬で変わって見える瞬間」 福岡出身のシンガー・ソングライター、戸渡陽太が、メジャー・デビュー・アルバムを東京スカパラダイスオーケストラのレーベル"JUSTA RECORD"よりリリース。楽曲プロデュースに深沼元昭、高桑圭(Curly Giraffe)、mabanua、阿部芙蓉美、レコーディング・ミュージシャンに茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)、白根賢一(GREAT 3)、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)といった錚々たるアーティストを迎え、約1年をかけて制作されたこれ以上ないデビュー作。同作をハイレゾ配信するとともに、戸渡陽太のパーソナルに迫るインタヴューを掲載する。自分自身リスナーへ向けて楽曲を届けることに意識的になった戸渡の変化とは? 期待の新人が、いま羽ばたく!! 1stフル・アルバムを配信戸渡陽太 / I wanna be 戸渡 陽太'【配信形態 / 価格】[左]24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC単曲 540円(税込) / アルバム 3,348円(税込)[右
by 西澤 裕郎