2013年6月29日(土)から、東京・サンリオピューロランドではじまったショー、「キキ&ララの星空の旅」。“プロジェクションマッピング”の起用だけでなく、楽曲をDE DE MOUSE、振り付けをホナガヨウコが担当することとなり、大きな話題を呼びました。OTOTOYでは、公開に先駆けて、ショーのプロデューサー、DE DE MOUSE、ホナガヨウコの3者が揃った対談を実現。さらにはDE DE MOUSE作曲のオリジナル・サウンド・トラックのなかからリード曲のフリー・ダウンロードを行い、類を見ないほど多くの人にダウンロードしていただきました。

そして今回は、そのオリジナル・サウンド・トラック全13曲をOTOTOY限定でリリース! DE DE MOUSEが、音質にもこだわり、HQD(24bit / 48kHz)、WAV(16bit / 44.1kHz)、mp3の3タイプを用意してくれました。この3タイプすべてが入っているバージョンだけでなく、自分のたのしみかたに合わせて購入できるよう、3つのパッケージにわかれています。

先日、ライヴ会場限定のミニ・アルバムのリリースとプラネタリウム・ツアーを発表したばかりのDE DE MOUSE最新の楽曲をおたのしみください。

©1976,2013 SANRIO CO.,LTD.

>>DE DE MOUSE×ホナガヨウコの対談はこちら<<

DE DE MOUSE「キキ&ララの星空の旅 サウンドトラック」OTOTOY限定配信!

DE DE MOUSE / キキ&ララの星空の旅 サウンドトラック



song written by DAISUKE ENDO (DE DE MOUSE)
lyrics by DAISUKE ENDO (DE DE MOUSE) / KKO

【配信音質】
HQD(24bit/48kHz) 、WAV(16bit/44.1kHz)、mp3(320kbps/44.1kHz)

>>HQD(24bit/48kHz) とWAV (16bit/44.1kHz)のちがいとは?

【配信価格】※すべてまとめ購入のみ
HQD + WAV+ mp3 ver. / 1,000円
HQD + mp3 ver. / 800円
WAV + mp3 ver. / 800円

【Track List】
01. overture / 02. little twin stars / 03. falling star theme1 / 04. falling star theme2 / 05. journey to starry sky / 06. selfish planet / 07. escape from star / 08. sweety planet / 09. angry planet / 10. star rivers theme / 11. before star festival / 12. star festival / 13. moon ship~little twin stars (reprise)

※HQD音源には制作者の意向として、専用のマスタリング処理をしております。そのため、mp3形式との音量などに違いがでておりますので予めご了承下さい。

サンリオピューロランドの新作ショー「キキ&ララの星空の旅」とは?


6月29日(土)にサンリオピューロランドでスタートした「キキ&ララの星空の旅」は、立体物に映像を投影することにより、特殊な視覚効果をもたらす話題の「プロジェクションマッピング」を使い、キキとララの世界を体感できるステージです。
テーマは「サプライズ」「参加性」「感動」。リトルツインスターズのファンタジックな世界を「プロジェクションマッピング」と多彩な音楽、振り付け、衣装などで表現。通常のプロジェクションマッピングとは異なり、投影された映像にゲスト自らアクションを加えることができる参加シーンがあるなど、見るだけでは終わらない楽しさ、今までとは違う、新しい体験をお届けします。

【概要】

上演期間 : 2013年6月29日(土)スタート
上演場所 : サンリオピューロランド 1F 「エンターテイメントホール」
料 金 : パスポートもしくはJOY5(500円)
出 演 : キキ・ララ

【STAFF】
脚本・演出 : よしだたかゆき(studioTED/spin)、KKO
音 楽 : DE DE MOUSE
振 付 : ホナガヨウコ
映 像 : seven shuffles
テクニカルディレクター : 原田貴至(studioTED/ミラクルプロダクツ)
衣 裳 : 本谷智子

>> 「キキ&ララの星空の旅」 Official HP
>> サウンド・トラック付きチケットの販売ページはこちら

いつか再発見するだろう子どもたちに

©1976,2013 SANRIO CO.,LTD.

ショーがスタートした29日、この日も多摩センターには多くの家族連れが降り立ち、そして続々とサンリオピューロランドに入っていく。筆者が5歳に訪れた以来のサンリオピューロランドは、自分でもおどろくほど記憶に残っているようで、ところどころが懐かしく、しかし記憶以上に豪勢でキラキラしている。

早速ショーに向かうと、「もうはじまっちゃうよ!」と言って、お母さんの手を引く少女がいた。

「自分が小さいときに見たものとか聴いたものってそのときは興味ないかもしれないけど、記憶にずっとあって、大きくなってちょっとそれを振り返って見たり聞いたりする瞬間っていうのがあるんですよね。そういう、こんなにすばらしかったんだ、っていう再発見の体験はいっぱいあって。そういうもののひとつになってもらいたいなって思ってました」

対談のときから、DE DE MOUSEのこの言葉が心に残っていて、そのときもふっと思い出した。

小さいころの記憶は、ひっそりと蓄積されていく。それが鮮明に思い出せる人もいれば、まるで夢のなかのように曖昧な人もいるだろう。わたしの場合でいえば後者で、どこかで見た花畑も、アニメも、サーカスも、夢を間違えて自分の記憶にしてしまったかのような気持ちだ。しかしなにかの拍子に親に尋ねると「それは◯◯だよ」と、いとも簡単に現実のものになる。すごく遠くにあるものが、急速に近くにやってきてクリアに見えたとき、ほんの少しだけさみしく、しかしそれがすばらしいものであればあるほど、大きな衝撃をもたらす。わたしも、実際そうやってたくさんの再発見の経験があって、それが気付くといまに繋がっていたりする。

「あの女の子もいつかそんな体験をしてくれるといいな」と思ううちにショーがはじまった。

お願いごとをしていたキキとララのもとに落ちてきた、大きな流れ星。ふたりと衝突してバラバラになってしまった流れ星を、"星祭り" に連れていくために、星空の旅へ出発するキキとララ。そのあいだに起こったトラブルを、"プロジェクションマッピング"によるわたしたちの参加によって解決する場面は、思わず大人でもはしゃいでしまうはずなので、ぜひ体験していただきたい。

クライマックスの "星祭り" の場面でホナガヨウコ振り付けをしたキキとララが踊るダンスは、彼女が対談で話したとおり、少しずつズラしの動きがあって、1度見ただけでは真似できない、しかしだからこそ目を離せない、ホナガヨウコのダンスだった。そしてショーのあいだ、ほぼずっと流れていたDE DE MOUSEの曲たちは、ショーのなかで聴くと、リード曲の「little twin stars」のメロディーが他の曲にも散りばめられ、統一感のあるストレートさを感じた。だが、ショーからはなれて聴くと、彼が彼の世界で思い描いていた、また少し違ったキキララの風景が見えるような、DE DE MOUSEの作品として聴くことができる、すばらしいサウンド・トラックに仕上がっているのだ。

DE DE MOUSEとホナガヨウコの起用は、音楽やファッション、ダンスといったカルチャーに関心が強い若い層に「サンリオピューロランドはこんなにおもしろいことをやっているよ」ということを届けるためだった。しかし、図らずしもこの起用によって、多くの子どもたちに、いつかDE DE MOUSEのような、ホナガヨウコのような、新たな才能が芽吹く種を蒔くことになったのではないだろうか。もしかしたらそのなかの誰かが、わたしたちに新たな驚きをもたらしてくれるかもしれないと思うと、あらためてドキドキするプロジェクトだと思うのだ。(text by 梶山春菜子)

DE DE MOUSE 過去作品

PROFILE

DE DE MOUSE

計算しつくされたメロディと再構築された「歌」や、独特なライブスタイルで、 多くのクリエイターにインスピレーションを与え、国内外の各方面から多くの支持を得ている。

ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。
FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。
2012年にnot recordsを始動。同年10月にはアートワークのラフから執筆、PVのディレクションまで自身でこなした約2年半ぶり4枚目のオリジナルアルバム「sky was dark」発表。2013年8月16日にライブ会場限定3rdミニアルバム「to milkyway planet」を発売。リリースツアーとして全国4都市にてプラネタリウムライブを開催する。

>>DE DE MOUSE Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

ベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバムとこの2年
[CLOSEUP]・2016年09月09日・改名後の2年間、そして今作に込められた思いとはーーベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバム 2012年に活動を開始した5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPAN。9月21日に2年ぶりの2ndアルバム『ニッポンChu! Chu! Chu!』をリリース。数々のライヴやフェスで人気沸騰中の青春エモ・ロック「夜明けBrand New Days」や、ラップを取り入れた「真夏のフィーバー!」、新しいメンバー紹介曲としてライヴで定番となりそうな「Ride On IDOROCK」など、かわいく、暑苦しく、エモい彼女たちのすべてが詰まったアルバムとなった。 待望の2ndアルバム!!!!!ベイビーレイズJAPAN / ニッポンChu! Chu! Chu!'【収録曲】1. Ride On IDOROCK2. 虎虎タイガー!!3. 閃光Believe4. シンデレラじゃいられない5. Pretty Little Baby6. 真夏のフィーバー!7. Baby Kiss8. 栄光サンライズ9. 走れ、走れ10. 少しだけ11. 夜明けBrand New Days12. ニッポンChu! Chu! Chu!【配
Predawn、3年半ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年09月21日・Predawn、音作りの"文法"、その新境地とはいかに──2ndフル・アルバム『Absence』ハイレゾ配信 溢れ出る才能と音楽への探求を丁寧に綴じ込んだ1stフル・アルバム『A Golden Wheel』から3年半、Predawnが待望の2ndフル・アルバム『Absence』をリリースした。収録楽曲にはライヴでの人気曲 「Universal Mind」を始め、正式な作品としては初めての日本語曲「霞草」など、音源化を待ち望まれていた9曲を収録。初めてアルバム制作にゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある音像を目指したという今作。24bit/44.1kHzのハイレゾ音源は、そのささやかながら匂い立つような歌声と繊細ながら豊かなアレンジ、全編を通して縫い込まれたPredawnの文学を驚くほどダイレクトに、鮮やかに、感じてもらえるだろう。秋の夜長に最適の1枚を、是非。 Predawn、3年半の沈黙を破り待望のフル・アルバム、ハイレゾ配信!Predawn / Absence'【Track List】01. Skipping Ticks02. Black & White03. Universal Mind04
いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街
[CLOSEUP]・2016年09月21日・いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街 2011年の『Ultra』では管楽器やストリングスを大胆に取り入れ、続く2014年『Hyper Folk』ではさらにエレクトロニックな要素も取り込み壮大な表現を見せたbonobos。7枚目のオリジナル・アルバム『23区』は、それらの表現を引き継いだ… というよりは、過去作を咀嚼した上で新たな方向性をメンバー同士で探り合った結果作られた、バンド感の強い一枚だ。演奏面では、ファンキーでソウルフルな表現がぐっと増え、作品を通して開放的な空気が流れている。〈黒い〉表現が特徴的ではあるが、アーシーというより都会的。風通しがよくて軽やか、これまで以上に洗練されており、かつ折衷的なアルバムと言っていい。本作をOTOTOYでは、それぞれ音源形式に合わせてマスタリングされたというDSD、そしてPCM 24bit/48kHzにてハイレゾ配信を開始する。結成して間もない時期より共に活動してきたドラマーの辻凡人が脱退し、オリジナル・メンバー2人に。さらにその後3人の新メンバーを追加し、5人体制での再スタートという大きなメンバーチェンジは、彼らがアウトプット
イロムク、店舗限定ワンコイン・シングルを独占配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年09月21日・“女々しい系ギター・ロック”を脱ぎ捨てて──再スタートを切るイロムク『四枚目はどうなるの』配信 2013年より活動するギターロック・バンド、イロムクが両A面シングル『四枚目はどうなるの』をタワーレコードとヴィレッジヴァンガード下北沢店の店舗限定でのリリースが決定し、配信はOTOTOYでスタートすることとなった。両A面となる今作には、"とあるメジャー・バンド"(こちらはインタヴュー内で触れている)の1枚目のアルバム発売から3枚目のアルバム発売までの期間における、ある男女2人の生活を歌にした「三枚目」と、SNS上であれやこれやと言う人たちに向けて作った攻撃的ながらユニークな「化け者」が収録。前作との間にメンバー・チェンジを経て、一皮向けたいまの4人に話を伺った。 イロムク / 四枚目はどうなるの'【Track List】01. 三枚目02. 化け者【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込) INTERVIEW : イロムク 2015年8月に桂野敬章(Ba&Cho)と河野智央(Dr)がメ
テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ
[CLOSEUP]・2016年09月16日・世界基準のテクノ / ハウスをハイレゾで聴く! 〈mule musiq〉のOTOTOY限定コンピが登場! 国内外を分け隔てることなく旬のアーティストのリリースを続け、ハウス / テクノのシーンでは世界的に高い評価を受ける本邦のレコード・レーベル〈mule musiq〉。これまでOTOTOYでは、ゴンノ(Gonno)やペトレ・インスピレスク(Petre Inspirescu)、マウスオンザキーズ(mouse on the keys)など、〈mule musiq〉もしくはそのサブ・レーベル〈Endless Flight〉の作品をハイレゾで配信し好評を博してきたが、このたびはOTOTOY完全限定のエクスクルーシヴなハイレゾ・コンピレーション・アルバム2枚の配信を開始する。 レーベル・オーナーである河崎俊哉のコンパイルで『romantic standard』と題されたこのコンピレーションは、ダンス・サイドの『Part 1』とチルアウトな『Part 2』の2枚で構成されており、セオ・パリッシュ(Theo Parrish)やトッド・テリエ(Todd Terje)、ドナート・ドジー(Donato Dozzy)、クニユキ
by 河村 祐介
生活になじむ音楽、〈路地〉1stアルバムリリース&インタヴュー公開
[CLOSEUP]・2016年09月15日・大貫妙子を彷彿とさせる真っすぐな歌声。風景が目の前に広がる〈東京のポップス〉 男性3名、女性1名。東京のバンド〈路地〉。はっぴいえんど「風をあつめて」の冒頭一節に登場する単語であり、ceroにも「Roji」という楽曲がある。ポスト大貫妙子とも称される飯島梢(Vo,Syn)の歌声も含めてシティ・ポップ系譜のサウンドと想像していた。聴いてみると確かにその要素は多分にあるが、突如入るノスタルジックでリバーヴの効いた音の波、ハードなギターソロなど幅広いアプローチが垣間見える。そんなサウンドもやさしさで1つに包み込んでしまう飯島の歌声。地に足のついたリベラルな思考を持つ音楽集団だ。また日常と地続きのサウンドは全員普段フルタイムで仕事をしており、そんな生活の軸の置き方が音楽に反映されていることも大きいだろう。 初めての取材だという今回。結成のいきさつから、本作を含めた路地の音楽への想い、インタヴュワーである筆者も普段は会社員とあって、バンドと同じく大切だという仕事にまで話が及んだ。少し遅めの平日20時半、全員仕事が終わり集合次第でインタヴューが始まった。(ベースの飯田直規は仕事のため欠席) インタヴュー&文 : 峯大貴
SSW中村月子が古民家で録音した新曲を32bit配信
[CLOSEUP]・2016年09月13日・22歳最後の夏の記録ーー古民家にてSSW中村月子の楽曲をビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に録音! 今年2016年3月に青山のスパイラルホールにて開催された「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」内のイベント"「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」スパイラル 9Fラウンジにて、中村月子の極上の歌声をDSDで録音する"にて記録された楽曲『Experience(24bit/48kHz)』の記憶も新しいシンガー・ソングライターの中村月子の次なる挑戦は「古民家での録音」。今度はエンジニア高橋健太郎の所有するビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に記録。出来上がった『何度も』は、『Experience(24bit/48kHz)』からの連作として、彼女の歌声がただただ美しい、音質にこだわった素晴らしい作品となった。 中村月子 / 何度も'【Track List】01. 何度も / 02. 街の灯り【配信形態】(左)24bit/44.1kHz (ALAC / FLAC /
夏の魔物、1stアルバム『夏の魔物』発売記念その2 魔物ガールズ × LADY BABY対談
[CLOSEUP]・2016年09月14日・夏の魔物、1stアルバム発売記念第2弾 魔物ガールズ × The Idol Formerly Known As LADYBABY対談 夏の魔物が待望のメジャー1stアルバム『夏の魔物』をリリース!! 3枚の両A面シングルの表題曲に加え、前身ユニット時代に発表した楽曲を再編曲 / 再録し収録。ナレーションには声優の杉田智和、作家陣には、前山田健一、浅野尚志、ARM(IOSYS)、玉屋2060%(Wienners)、大森靖子、畑亜貴らや、演奏陣には、HISASHI(GLAY)、ウエノコウジ、クハラカズユキ、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、フミ(POLYSICS)など夏の魔物ならではのジャンルレスなアーティストが携わっている。 超強烈な本作に迫るべく、OTOTOYでは2回にわたり夏の魔物を大特集!! 第2回となる今回は、黒宮れいと金子理江の2人ユニット、The Idol Formerly Known As LADYBABYと夏の魔物の女子メンバーの対談を敢行。LADYBABYの「ニッポン饅頭」は、夏の魔物フロントマン・成田大致がプロデュースしたており、そのMVは1700万再生を突破!? 製作陣がほぼ同じ
by 西澤 裕郎