2013年6月29日(土)から、東京・サンリオピューロランドではじまったショー、「キキ&ララの星空の旅」。“プロジェクションマッピング”の起用だけでなく、楽曲をDE DE MOUSE、振り付けをホナガヨウコが担当することとなり、大きな話題を呼びました。OTOTOYでは、公開に先駆けて、ショーのプロデューサー、DE DE MOUSE、ホナガヨウコの3者が揃った対談を実現。さらにはDE DE MOUSE作曲のオリジナル・サウンド・トラックのなかからリード曲のフリー・ダウンロードを行い、類を見ないほど多くの人にダウンロードしていただきました。

そして今回は、そのオリジナル・サウンド・トラック全13曲をOTOTOY限定でリリース! DE DE MOUSEが、音質にもこだわり、HQD(24bit / 48kHz)、WAV(16bit / 44.1kHz)、mp3の3タイプを用意してくれました。この3タイプすべてが入っているバージョンだけでなく、自分のたのしみかたに合わせて購入できるよう、3つのパッケージにわかれています。

先日、ライヴ会場限定のミニ・アルバムのリリースとプラネタリウム・ツアーを発表したばかりのDE DE MOUSE最新の楽曲をおたのしみください。

©1976,2013 SANRIO CO.,LTD.

>>DE DE MOUSE×ホナガヨウコの対談はこちら<<

DE DE MOUSE「キキ&ララの星空の旅 サウンドトラック」OTOTOY限定配信!

DE DE MOUSE / キキ&ララの星空の旅 サウンドトラック



song written by DAISUKE ENDO (DE DE MOUSE)
lyrics by DAISUKE ENDO (DE DE MOUSE) / KKO

【配信音質】
HQD(24bit/48kHz) 、WAV(16bit/44.1kHz)、mp3(320kbps/44.1kHz)

>>HQD(24bit/48kHz) とWAV (16bit/44.1kHz)のちがいとは?

【配信価格】※すべてまとめ購入のみ
HQD + WAV+ mp3 ver. / 1,000円
HQD + mp3 ver. / 800円
WAV + mp3 ver. / 800円

【Track List】
01. overture / 02. little twin stars / 03. falling star theme1 / 04. falling star theme2 / 05. journey to starry sky / 06. selfish planet / 07. escape from star / 08. sweety planet / 09. angry planet / 10. star rivers theme / 11. before star festival / 12. star festival / 13. moon ship~little twin stars (reprise)

※HQD音源には制作者の意向として、専用のマスタリング処理をしております。そのため、mp3形式との音量などに違いがでておりますので予めご了承下さい。

サンリオピューロランドの新作ショー「キキ&ララの星空の旅」とは?


6月29日(土)にサンリオピューロランドでスタートした「キキ&ララの星空の旅」は、立体物に映像を投影することにより、特殊な視覚効果をもたらす話題の「プロジェクションマッピング」を使い、キキとララの世界を体感できるステージです。
テーマは「サプライズ」「参加性」「感動」。リトルツインスターズのファンタジックな世界を「プロジェクションマッピング」と多彩な音楽、振り付け、衣装などで表現。通常のプロジェクションマッピングとは異なり、投影された映像にゲスト自らアクションを加えることができる参加シーンがあるなど、見るだけでは終わらない楽しさ、今までとは違う、新しい体験をお届けします。

【概要】

上演期間 : 2013年6月29日(土)スタート
上演場所 : サンリオピューロランド 1F 「エンターテイメントホール」
料 金 : パスポートもしくはJOY5(500円)
出 演 : キキ・ララ

【STAFF】
脚本・演出 : よしだたかゆき(studioTED/spin)、KKO
音 楽 : DE DE MOUSE
振 付 : ホナガヨウコ
映 像 : seven shuffles
テクニカルディレクター : 原田貴至(studioTED/ミラクルプロダクツ)
衣 裳 : 本谷智子

>> 「キキ&ララの星空の旅」 Official HP
>> サウンド・トラック付きチケットの販売ページはこちら

いつか再発見するだろう子どもたちに

©1976,2013 SANRIO CO.,LTD.

ショーがスタートした29日、この日も多摩センターには多くの家族連れが降り立ち、そして続々とサンリオピューロランドに入っていく。筆者が5歳に訪れた以来のサンリオピューロランドは、自分でもおどろくほど記憶に残っているようで、ところどころが懐かしく、しかし記憶以上に豪勢でキラキラしている。

早速ショーに向かうと、「もうはじまっちゃうよ!」と言って、お母さんの手を引く少女がいた。

「自分が小さいときに見たものとか聴いたものってそのときは興味ないかもしれないけど、記憶にずっとあって、大きくなってちょっとそれを振り返って見たり聞いたりする瞬間っていうのがあるんですよね。そういう、こんなにすばらしかったんだ、っていう再発見の体験はいっぱいあって。そういうもののひとつになってもらいたいなって思ってました」

対談のときから、DE DE MOUSEのこの言葉が心に残っていて、そのときもふっと思い出した。

小さいころの記憶は、ひっそりと蓄積されていく。それが鮮明に思い出せる人もいれば、まるで夢のなかのように曖昧な人もいるだろう。わたしの場合でいえば後者で、どこかで見た花畑も、アニメも、サーカスも、夢を間違えて自分の記憶にしてしまったかのような気持ちだ。しかしなにかの拍子に親に尋ねると「それは◯◯だよ」と、いとも簡単に現実のものになる。すごく遠くにあるものが、急速に近くにやってきてクリアに見えたとき、ほんの少しだけさみしく、しかしそれがすばらしいものであればあるほど、大きな衝撃をもたらす。わたしも、実際そうやってたくさんの再発見の経験があって、それが気付くといまに繋がっていたりする。

「あの女の子もいつかそんな体験をしてくれるといいな」と思ううちにショーがはじまった。

お願いごとをしていたキキとララのもとに落ちてきた、大きな流れ星。ふたりと衝突してバラバラになってしまった流れ星を、"星祭り" に連れていくために、星空の旅へ出発するキキとララ。そのあいだに起こったトラブルを、"プロジェクションマッピング"によるわたしたちの参加によって解決する場面は、思わず大人でもはしゃいでしまうはずなので、ぜひ体験していただきたい。

クライマックスの "星祭り" の場面でホナガヨウコ振り付けをしたキキとララが踊るダンスは、彼女が対談で話したとおり、少しずつズラしの動きがあって、1度見ただけでは真似できない、しかしだからこそ目を離せない、ホナガヨウコのダンスだった。そしてショーのあいだ、ほぼずっと流れていたDE DE MOUSEの曲たちは、ショーのなかで聴くと、リード曲の「little twin stars」のメロディーが他の曲にも散りばめられ、統一感のあるストレートさを感じた。だが、ショーからはなれて聴くと、彼が彼の世界で思い描いていた、また少し違ったキキララの風景が見えるような、DE DE MOUSEの作品として聴くことができる、すばらしいサウンド・トラックに仕上がっているのだ。

DE DE MOUSEとホナガヨウコの起用は、音楽やファッション、ダンスといったカルチャーに関心が強い若い層に「サンリオピューロランドはこんなにおもしろいことをやっているよ」ということを届けるためだった。しかし、図らずしもこの起用によって、多くの子どもたちに、いつかDE DE MOUSEのような、ホナガヨウコのような、新たな才能が芽吹く種を蒔くことになったのではないだろうか。もしかしたらそのなかの誰かが、わたしたちに新たな驚きをもたらしてくれるかもしれないと思うと、あらためてドキドキするプロジェクトだと思うのだ。(text by 梶山春菜子)

DE DE MOUSE 過去作品

PROFILE

DE DE MOUSE

計算しつくされたメロディと再構築された「歌」や、独特なライブスタイルで、 多くのクリエイターにインスピレーションを与え、国内外の各方面から多くの支持を得ている。

ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。
FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。
2012年にnot recordsを始動。同年10月にはアートワークのラフから執筆、PVのディレクションまで自身でこなした約2年半ぶり4枚目のオリジナルアルバム「sky was dark」発表。2013年8月16日にライブ会場限定3rdミニアルバム「to milkyway planet」を発売。リリースツアーとして全国4都市にてプラネタリウムライブを開催する。

>>DE DE MOUSE Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之
Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月13日・"ロックンロール"という様式美の最先端──Ryo Hamamotoの3rdアルバム、ハイレゾ配信 moools(モールス)やハリネコにて卓越したギタープレイで魅せてきた浜本亮が、バンド名義の前作から4年、ソロ名義"Ryo Hamamoto"としては9年ぶりとなる、3枚目のアルバムを完成させた。 今作に収録されたのは声、ギター、ベース、ドラムという最もシンプルなロック・ミュージックのフォーマットで描かれた全9曲。先行7インチ・シングルに収録された「Last Train Home」、「カリブに配属」が異なるミックスにて、さらに濱田岳主演のショート・フィルム『Miss Fortune』のエンディング・テーマとなった「The Photographer」が新録にて収められた。プロデューサー兼ドラムには盟友、神谷洵平(赤い靴、大橋トリオ、Predawn等)が、ベースにはガリバー鈴木(Predawn等)、ミックスおよびマスタリングは原真人(細野晴臣、大森靖子、ザ・なつやすみバンド等)が参加。高純度で紡がれた楽曲をOTOTOYではハイレゾ配信する。 さらに特集では4年ぶりにインタヴューを敢行。ここから彼を知るという方には是
by 渡辺 裕也