GRAPEVINEデビュー15周年のタイミングでリリースされる『Beat of GRAPEVINE 1997~2012』。今回のアルバムに収録する曲を決定する為に、Web応募に加え、タワーレコード対象店舗にて行われている店頭投票を加味し、厳正なる選定の元、投票ランキング30位以内にランクインした曲のうち、22曲を収録! ランク圏外の楽曲からはデビュー・アルバム・タイトル「覚醒」やシングル楽曲「ナツノヒカリ」「FLY」が収録。長年GRAPEVINEを愛するファンの皆様と、スタッフの手で編まれた初のベスト・アルバム。最新ミニ・アルバム『MISOGI EP』に至るまでのGRAPEVINE15年を知るに十分な、まさにGRAPEVINEの“おいしい”部分が凝縮されたベスト盤が到着。

>>>活動15周年を迎えたGRAPEVINEの過去作レビューはこちら

GRAPEVINE / Best of GRAPEVINE 1997-2012

【DISC1】
1. 覚醒 / 2. 君を待つ間 / 3. 遠くの君へ / 4. 会いにいく / 5. ナツノヒカリ / 6. リトル・ガール・トリートメント / 7. OurSong / 8. 望みの彼方 / 9. here / 10. 白日 / 11. スロウ / 12. アナザーワールド / 13. 風待ち / 14. 光について / 15. Everyman,everywhere

【DISC2】
1. 真昼の子供たち / 2. Glare / 3. 放浪フリーク / 4. Darlin'fromhell / 5. RAKUEN / 6. 小宇宙 / 7. CORE / 8. GRAVEYARD / 9. 指先 / 10. Silverado / 11. エレウテリア / 12. 豚の皿 / 13. 超える / 14. 棘に毒 / 15. FLY

【配信形式】
mp3 : 単曲 250円 / アルバム1800円

15年をかけて育ててきた葡萄の木

あれは、1997年だった。NHK-FMで当時放送されていた「中村貴子のミュージック・スクエア」で、彼らのメジャー・デビュー・ミニ・アルバムのリード・トラック「覚醒」が流れた。2本のギターが空間を一瞬にして青紫色に変えるイントロ。武骨で乾いた音色の、生々しさ溢れる演奏。歌はAメロ・Bメロ・Cメロのメロディーそれぞれが静かに主張していて、敢えてどこがサビなのか分からなくしているようでもあった。突出して印象的なのがイントロのギターのメロディーだったりするし、全体を通して決して派手さは無く、キャッチーで絶対的なサビがあるわけでもない。しかし、何故かもう1回聴いてみたくなるような、後を引く味のある楽曲だった。それが、GRAPEVINEとの初めての出会いだった。

ミニ・アルバムのリリースでメジャー・デビューするという形は、今でこそ一般的になってきているものの、まずはシングルでデビューするのが当たり前だった当時としては、かなり異端であった。「覚醒」にしても、ヒット・チャート上位に昇り詰めるための定石となっているような、一発で耳に残るサビのメロディーありきの手法とは全く真逆を行くような作りの曲であり、GRAPEVINEというバンドはデビュー当時からかなりあまのじゃく的な思想を持っていたことが伺える。

あれから15年。そのミニ・アルバム『覚醒』の発売日からちょうど15年後の2012年9月19日に、彼らの初のベスト・アルバム『Best of GRAPEVINE 1997-2012』が発売となった。15年という月日は、短いようで長い。その長きに渡り、オリジナル・メンバーであった西原誠の脱退という事件が2002年にありながらも、それを乗り越えて地道にしかし着実に活動を続けてきたGRAPEVINE。最初は小さな新芽でしかなかった葡萄が、蔓(=GRAPEVINE)を伸ばし大きく生長し、数々の楽曲の果実を生み出してきた。『Best of GRAPEVINE 1997-2012』は、その葡萄の木の全体像を俯瞰しながら、美味しく熟れた果実を味わうにはもってこいのベスト・アルバムである。

このアルバムは、GRAPEVINEの過去楽曲のファン投票企画によって30位以内に入った楽曲の中から22曲を収録。ランキング上位の楽曲は、1位「光について」、2位「望みの彼方」、3位「Everyman,everywhere」、4位「スロウ」、5位「アナザーワールド」と、ファンにとってはおなじみの楽曲。1位から18位までの楽曲は全て収録されており、多くのファンの方々にとって納得の楽曲群となっているのではなかろうか。そしてランク圏外の楽曲からは、「覚醒」、「会いにいく」、「ナツノヒカリ」、「FLY」、「GRAVEYARD」、「小宇宙」、「Siverado」、「RAKUEN」を収録。

アルバムの幕開けを飾る「覚醒」に関しては、今までデビュー・ミニ・アルバム『覚醒』と、バンド10周年を記念してリリースされた『覚醒〜10th Anniversary Special Package〜』にしか収録されていなかった曲であり、今回のファン投票では残念ながらランキング圏外となっているが、メンバーにとって絶対に外すことのできない1曲だったと私は思うのだ。

アルバムを通して聴いた時に感じたのは、ランキング上位の「スロウ」や「光について」などの大名曲が、葡萄の一番美味しいところの詰まった果実だとすると、「覚醒」はそれらに比べると一見地味ではあるが、この葡萄の木のかけがえのない「根っこ」の存在であって、GRAPEVINEというバンドの根幹であり原点の楽曲なのである。「根っこ」である「覚醒」があったからこそ、GRAPEVINEという葡萄の蔓が伸びやかに生長して、多くの人の心を打つ楽曲が誕生することにつながり、ここまで沢山の果実が生る葡萄の木へと育ったのだ。

2枚組・全30曲のこのアルバムを最後まで聴いて、美味しい果実の数々を味わい尽くした後に、もう1回最初の「覚醒」を聴きたくなる衝動にかられた。個人的にGRAPEVINEで最も好きな楽曲であったわけであるが、その「覚醒」という楽曲の素晴らしさとバンドにおける重要性を、今回改めて再発見できた。

GRAPEVINEがメジャー・デビュー以降の15年をかけて育ててきた葡萄の木。さて、次の15年で、どんな成果物(青果物)を生み出していくのだろうか。今度は、20年物、30年物のワインのように熟成された楽曲・作品が世にリリースされていくような、そんな期待を抱いてしまう。きっと、それはさぞかし芳醇で味わい深いことだろう。恐らく、この葡萄の木は、まだまだ生長し続けていくことをやめない。(text by 阿部 彩人)

GRAPEVINE 15th ANNIVERSARY LIVE

2012年9月19日(水)@大阪・NHKホール
2012年9月26日(水)@渋谷・NHKホール

PROFILE

GRAPEVINE
1993年から大阪で活動を開始する。
結成メンバーは田中和将(Vo/Gt) 西川弘剛(Gt) 西原誠(Ba) 亀井亨(Dr) 。
Marvin Gayeの「I heard it through the grapevine」からバンド名を名づける。
セルフ・リリースのカセット・テープが話題となり、1997年にポニー・キャニオンと契約。
1997年9月、ミニ・アルバム『覚醒』でデビュー。
2002年に西原誠が脱退し、金戸覚(Ba)、高野勲(Key)がメンバーに加わる。
現在までに12枚のフル・アルバムをリリース。2011年には長田進氏をプロデューサーにむかえたアルバム『真昼のストレンジランド』をリリース。
2012年9月には、ベスト・アルバムを発売予定。

GRAPEVINE official HP

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
【REVIEW】TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!!
[REVIEW]・2017年08月30日・TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!! 連載開始から30年を過ぎた今もなお多くのファンを魅了、そして新たなファン層を増やし続けている漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。2012年にはアニメ化もされた同作ですが、この度原作の第1部から第3部のオープニング、エンディング曲を収録したベスト盤の配信がスタート!(CD版とは1部内容が異なります) そ・し・て! 今までのアニメ・シリーズの全サントラがOTOTOYでも解禁! ベスト盤と合わせてこちらも改めてチェックして、あなたも果てしなきジョジョ・ワールドへ! V.A. / TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 Theme Song Best「Generation」 -Opening Collection-'【Track List】01. ジョジョ〜その血の運命 / 富永TOMMY弘明02. BLOODY STREAM / Coda03. STAND PROUD / 橋本仁04. ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜 / JO☆STARS 〜TOMMY,Coda,JIN〜05. アク役◇協奏曲 /
by 純三