おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

2017年最大の衝撃! Suchomos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年01月11日・2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始! 昨年、FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする多数の夏フェスに参加し、一気にバンドの知名度と立ち位置を決めたSuchmos。まさしく、飛ぶ鳥を落とす勢いと言えるだろう。そんな彼らが、前作『THE BAY』から1年6ヶ月ぶりのリリースとなるニュー・アルバム『THE KIDS』をリリースする。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版の予約受付を開始! さらにアルバム『THE KIDS』からスタジアムロックを彷彿とさせ、アルバムのスタートを切る1曲「A.G.I.T.」の先行配信もスタート! 今最も注目を集めるバンドSuchmosの、ストリートの殻を破り洗練されたサウンドに酔い痴れよう。 待望のニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版予約はこちら! Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3. PINKVI
by ?
ロストフィルムの新たな門出へ、ライヴ音源2種、自主企画イベントをリスタート
[CLOSEUP]・2017年01月11日・ロストフィルムの2017年、新たな門出──ライヴ2作品リリース、自主企画イベントも 約1年間、活動をほぼ休止していたロストフィルムが2016年末、そして2017年のスタートとともに、新たな門出を飾る。名古屋を拠点に、AORやソウル、ファンクといった要素を入れ込み、流麗なポップスを生み出す彼らだが、ひさびさの作品として昨年末にはライヴ作品を2種リリース。そして2017年1発目は、15回目となる彼らの自主企画イベント「めっちゃええかんじ」を1月21日開催する。2017年、確実に名古屋のインディ・シーンを中心に活発な活動へと乗り出しそうな注目のバンドの中心人物、松岡直哉にインタヴューを敢行した。 名物自主企画イベントも再始動「めっちゃええかんじ15回目」'2017年1月21日(土)@名古屋鶴舞KD JAPON出演:tio、HoSoVoSo、ロストフィルム会場装飾:AZKopen/start 18:00/19:00adv/door 2000円/2500円ご予約lostfilm2016jpn@gmail.com予約方法件名「1/21予約」本文「お名前(カタカナ)・人数・メールアドレス」を入力し送信して下さい。3日程度
by 鶯巣 大介
これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年01月11日・これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信 downyのギタリスト青木裕が初のソロ・アルバム『Lost in Forest』を完成させた。楽音とノイズの境を超え、すべての音で構築されるオーケストレーション。OTOTOYでは今作の先行ハイレゾ配信を行い、本作について青木裕にインタヴューを行った。今回なぜソロ・アルバムを作ることになったのか? そしてどのようにしてこの超大作が完成したのか。音楽を表現することについての考えを訊いた。 青木裕の初のソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信青木裕 / Lost in Forest【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【価格】WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz)単曲 200円(税込) アルバム 2,100円(税込)AAC / MP3単曲 150円(税込) アルバム 1,900円(税込)【収録曲】''1. I am Lost (feat. MORRIE)2. Open the Gate (feat. MORRIE)3. 8514. Waltz
by JJ
メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース
[CLOSEUP]・2017年01月11日・メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリは、なにを想う? 2011年結成、2016年には5年越しで12曲入り初の全国流通盤『無我夢中』をリリースした歌うアホウドリ。ラップ、ポエトリー・リーディング、歌と叫びを織り交ぜ、徹底的に喜怒哀楽を表現する楽曲の作成と演奏を志す4人組バンドの次なる作品は、ゲストボーカルにKIM(from UHNELLYS)、Miya-Z(from memento森)を迎えたEP『Scrap & Build』。前作から短いスパンで作られた理由は、ギターのMitsuyoshiが脱退することがきっかけで作られたから。今回は、バンドを続けていくヴォーカルのSatoshiと、抜けるMitsuyoshiの2人にインタヴューを敢行。彼らの想いを訊いた。 歌うアホウドリ / Scrap&Build'【Track List】01. Scrap&Build02. The World is Mine(feat. KIM fromUHNELLYS)03. 泡沫(w/piano ver.)04. ソラノワ(feat.Miya-Z from memento森)【配信形態 / 価格】''WAV /
by 岡本 貴之
カーネーション『Multimodal Sentiment』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年01月10日・【待望のハイレゾ】カーネーション、4年ぶりのアルバム『Multimodal Sentiment』を語る 結成33年というキャリアを持ちながら若きリスナーから円熟のマニアまでをも魅了する直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人からなるバンド、カーネーション。彼らが2016年7月にリリースした4年ぶりとなるアルバム『Multimodal Sentiment』をOTOTOYで初ハイレゾ配信!! 大谷能生、大森靖子、川本真琴、西川弘剛(GRAPEVINE)、佐藤優介(カメラ=万年筆)など豪華アーティストが参加し完成した本作について直枝にメール・インタヴューを敢行。4年ぶりのフル・アルバムに込められた思いなど彼らの現在の考えに迫った。 4年ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信!カーネーション / Multimodal Sentiment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3200円 (税込)【収録曲】1. まともになりたい 2. WARUGI3. Lost in the Stars4. いつかここで会いま
ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年12月27日・サウンド・クリエーターからバンド、そしてソロへーーツボを心得たポップ職人、杉本清隆が9年ぶりの新作 2017年、活動15周年を迎えるorangenoise shortcutの杉本清隆が、12月14日にリリースした9年ぶりとなる新作『グッバイ・レイディ』をハイレゾ・リリース。ゲームのサウンド・クリエイターとして始まった音楽キャリアがどのような変遷をたどり、いま現在どのように反映されているのか。実に9年ぶりとなるソロ名義の作品についてインタヴューした。臨場感のある演奏を是非ハイレゾでお楽しみください。 9年ぶりの新作をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信!! 杉本清隆 / グッバイ・レイディ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめ購入のみ 1,080円【トラック・リスト】1. グッバイ・レイディ2. It’s A Shiny Day!3. Seaside Christmas INTERVIEW : 杉本清隆 音楽ゲーム『pop'n music』シリーズのサウンド・クリエーターとしてその名を知られる一方、90年代渋谷系の空気を継承したポップス
by 岡本 貴之
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年
[CLOSEUP]・2016年12月30日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも4回目!? 2016年の水曜日のカンパネラは、アメリカ・テキサス州で開催されている世界最大規模の音楽フェスティバル〈SXSW2016〉に出演したり、ワーナーミュージックからメジャー・デビューを果たしたり、雑誌「FRIDAY」にスクープされたり、世の中からの関心が一層大きくなった1年間でした。そして、2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表。果たして2017年はどんな年になるのか? 2016年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2017年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 デジタル・リリースのEPをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERKID'【配信形態 / 価格】24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC)単曲 432円(税込) / アルバム 773円(税込)AAC単曲 250円(税込) / アルバム 463円(税込)>>ハイレゾとは?【Tra
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、代表曲『Plastic 2 Mercy』で7人体制のスタートを切る、全員インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年12月31日・GANG PARADE、代表曲『Plastic 2 Mercy』で7人体制のスタートを切る、全員インタヴュー掲載 POPから改名し活動中のアイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。シグサワアオ、イヌカイマアヤの脱退を経て、10月2日の名古屋ワンマンで新メンバー、キャン・マイカが加入、10月6日には元SiSメンバー3名ーーテラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ココ・パーティン・ココの電撃加入が発表された。そして、11月13日(日)の新宿BLAZEワンマンで7人体制の初お披露目がされ、12月3、4日の2日間で熱海までの往復200kmを走る駅伝企画を行うなど、現在精力的に活動中である。そんな7人による初シングル『Plastic 2 Mercy』がタワーレコード限定でリリースされた。プラニメ、POPと歌い継がれてきた代表曲を7人がどのような想いで歌ったのか、そしてこの激動の半年間を3組にわけてロング・インタヴューで迫った。2017年はギャンパレ飛躍の年になること間違いなし!! GANG PARADE、現体制初シングルをタワーレコード限定で発売中GANG PARADE / Plastic 2 M
by 西澤 裕郎