おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
大島輝之&大谷能生のアルバムをハイレゾ配信 & インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年04月18日・互いの手駒を駆使したリアルタイム作曲録音ーー大島輝之&大谷能生のアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー 大友良英とのコラボレーション盤でも知られる sim(シム)のコンセプチュアル・リーダーで、歌ものバンド、弧回(コエ)、新バンド、liiil やソロとしても活動する大島輝之と、simの同僚で、菊地成孔とのJAZZ DOMMUNISTERS(ジャズ・ドミュニスターズ)、蓮沼執太フィルのメンバーとして音楽家、更に批評家としても知られる大谷能生が、二人の連名名義でアルバムをリリース。 2013 年の一年間、横浜の黄金町にある試聴室その2にて、マンスリー企画として行われた『リアルタイム作曲録音計画(仮)』(その日のイベント中に作詞・作曲・編曲を行い、録音して、最終的に楽曲を披露する)で制作された楽曲、全12曲を収録。リアルタイムというギリギリ感の中で生まれた楽曲の思いを語ってくれました。 大島輝之&大谷能生 / 秋刀魚にツナ 〜 リアルタイム作曲録音計画 【配信フォーマット / 価格】WAV、alac、flac(24bit/48kHz、24bit/44.1kHz) mp3共に1,800円【Track List】01.
by 滝沢 時朗
amenoto、デビュー・ミニ・アルバム『すべて、憂鬱な夜のために』先行リリース&フリー・ダウンロード
[CLOSEUP]・2014年04月17日・孤独な言葉をシューゲイズ・サウンドに乗せて――闇を歌える次世代女性アーティスト、amenotoのデビュー・アルバム先行配信 amenoto、その名を聞いて「あっ」と気付く方もいるだろう。昨年10月、11月と、OTOTOYが毎週水曜にTV♭で放送しているUst番組「新譜の時間」にて2ヶ月間アシスタントをつとめてくれていた彼女。2013年初夏から本格的な活動をはじめ、UKロック、ポストロック、オルタナティヴ、シューゲイザーをベースにしたサウンドに、力強くも切ない歌声。そしてなによりも、彼女自身の圧倒的な孤独を写した世界観は他から突出していて、もう少しだけ彼女を知りたいからぜひにとお願いした2ヶ月間。番組終わりに毎度演奏してくれた曲たちは、やはり多くのリスナーからの確かな反応を窺うことができた。 そんな繋がりのある彼女が、OTOTOYにとっても待望であるデビュー・アルバムをついにリリースする。プロデュースに深沼元昭(PLAGUES、Mellowhead、GHEEE)を迎え、7曲入りのミニ・アルバム。OTOTOYでは1週間先行配信とともに、「ぼくは、ぼくら。」のフリー・ダウンロードを実施する。これから磨かれていく脅
by 渡辺 裕也
撃鉄、1stフル・アルバム『NO UNDERGROUND』を先行配信
[CLOSEUP]・2014年04月16日・アンダーグラウンドからオーバーグラウンドへ突き抜ける――撃鉄、1stフル・アルバム先行配信!! ヒョウ柄のタイツ姿に鍛えられた肉体を全面に出したビジュアルに、まさに獣のような身体能力でステージを暴れ回るライヴ・パフォーマンスで度肝を抜きその名を周知の上とさせたオルタナティヴ・シーンの猛獣、撃鉄。彼らが約1年6ヶ月ぶりのニュー・アルバム『NO UNDERGROUND』をリリース!! 今作はこれまでお世話になっていた中尾憲太郎のもとを離れ、MO'SOME TONEBENDERの藤田勇をプロデューサーに。打ち込みやシンセを導入するといった新しいアプローチも取り入れた最新型の撃鉄がここに。OTOTOY1週間先行配信です!! 撃鉄 / NO UNDERGROUND'【配信価格】alac / flac/ wav / mp3 : 単曲 216円 まとめ購入 2,160円【Track List】''01. coolなとき忘れたJapanese / 02. 渋谷 / 03. てんやもん / 04. 高速になりたい / 05.やっちゃおう / 06. 瞬間 / 07. とおくへ〜Don't stop〜 / 08. まるで世界
by 西澤 裕郎
白波多カミン、ミニ・アルバム『くだもの』をハイレゾで!
[CLOSEUP]・2014年04月15日・あどけなくも凛とした“少女のリアル”――白波多カミン、ノイズ、アバンギャルド界の大御所多数参加のミニ・アルバムをハイレゾ・リリース 京都出身のシンガー・ソングライター、白波多カミン。“初音階段”での、初音ミクのコスプレ・ヴォーカリストとしてご存知の方も多いでしょう。今回リリースとなるのは、なんと3年ぶりとなるミニ・アルバム。キュートなルックスから生み出される、繊細で切ない少女のうた。バック・ミュージシャンには奇形児、非常階段、ミドリなど、ノイズ・アバンギャルド界のトップ・ミュージシャンが参加し、作品に色を添えます。さらにジャズの巨匠、サックスの坂田明が参加。このSAXの音色は、本当に素晴らしいので、是非ともハイレゾで酔いしれていただきたい1枚です。また、彼女は、なんとメジャー・デビューが決まっています。なので、これから、どんどん大きくなっていくので、振り落とされないようについていきましょう。アイドルの次は、彼女ですよ。 インタヴュー : 飯田仁一郎文 : 長島大輔 白波多カミン / くだもの【収録曲】1. 予感2. あたまいたい3. わたしの東京4. Tel.5. くだもの【配信価格】alac / flac
by JJ
ROTH BART BARON、待望のデビュー・アルバムをOTOTOY限定でハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年04月16日・この若き2人が世界を変えるーーROTH BART BARON、待望のデビュー作をOTOTOY独占にてハイレゾ配信スタート この2人の作る音楽が世界を変える。そう信じて、OTOTOYはこのバンドを追いかけてきました。そしていま、その手始めとなる大きな一歩を踏み出そうとしています。彼らの名前は、ROTH BART BARON(ロット・バルト・バロン)。東京出身の三船雅也と中原鉄也からなる2人組です。フリート・フォクシーズ、ボン・イヴェール、シガー・ロスを思い起こさせるそのサウンド・スケープとファルセット・ヴォーカルは、美しく、壮大で、畏れ多さを兼ね備えています。そんな彼らが丁寧に作りあげた本作は、ペンシルベニア州フィラデルフィアでレコーディングされました。ミックスは、ザ・ナショナル、スフィアン・スティーブンスなどを手がけるエンジニア、ジョナサン・ロウが、数曲のプロデュースと録音は、カート・ヴァイル、ウォー・オン・ドラッグスなどを手がけるブライアン・マックティアがつとめています。まさに最高のスタッフと環境のなかで完成した本作をOTOTOYではハイレゾ配信。その素晴らしいサウンドを、よりよい音質でお楽しみください
by 西澤 裕郎
西岡恭蔵の遺作『Farewell Song』が貴重なデモ音源とともにハイレゾで甦る!!
[CLOSEUP]・2014年04月16日・オノセイゲンのDSDマスタリング&貴重なデモ音源収録で甦る、西岡恭蔵の遺作『Farewell Song』 桑田佳祐、奥田民生、曽我部恵一をはじめ、数多くのシンガーがカヴァーした名曲「プカプカ」の生みの親であり、矢沢永吉に多くの楽曲を提供したことでも知られるシンガー・ソングライター、西岡恭蔵。彼が逝去する2年前にリリースした遺作『Farewell Song』が、DSD(5.6MHz or 2.8MHz)およびALAC / FLAC / WAV(24bit/192kHz or 96kHz)のハイレゾで鮮やかに甦る。DSDリマスタリングを手がけたのは、現代を代表する音の巨匠、オノセイゲン。西岡の歌がもつ温かみ、そして彼の声が湛える一抹の哀しみが、最高の技術によってリアリティー豊かに再現されました。しかも、ALAC / FLAC / WAV(24bit/192kHz or 96kHz)のパッケージのみ、幻の楽曲「Good By 自衛隊 Hello 災害救助隊」を含む、『Farewell Song』の制作のために録音された貴重なデモ音源が収録されています。 西岡恭蔵1948年5月7日生まれ。「ゾウさん」の愛称で親しま
SEBASTIAN X、3年目の〈TOKYO春告ジャンボリー〉&音沙汰がハイレゾ音源でリリース!!
[CLOSEUP]・2014年04月12日・春の風物詩がやってきた! 〈TOKYO春告ジャンボリー〉開催直前インタヴュー&女子ユニット音沙汰がハイレゾでリリース 桜が花を咲かせ、ぽかぽかと外でも過ごしやすくなったこのごろ。SEBASTIAN Xが主催する〈TOKYO春告ジャンボリー〉の季節がやってきました。都会のど真ん中にある野外会場で、彼女たちがリスペクトするアーティストたち、そして誰よりも楽しそうに笑うSEBASTIAN Xが音を鳴らし、客は歌い踊り飲んで笑う、春を凝縮したような1日。3年目となる2014年、昨年に引き続き満開の桜のもとで、春告に懸ける想いを訊いてきました。 さらに、春告のトップバッターをつとめるVo.永原真夏とKey.工藤歩里のアコースティック・ユニット"音沙汰"が音源をリリース!! なんと、エンジニア星野誠お墨付きのクオリティを誇る24bit/96kHzのハイレゾ音源で登場です。歌にピアノ。シンプルな構成だからこそ、ハイレゾならではの繊細さで音と音の"間"にある響きが鼓膜を震わせ、まるでそこで歌っているかのように感じてもらえるだろう。 4月19日まで残すところあとわずか。あの日比谷で、春告の開幕を高らかに宣言する音沙汰の登場を
by 渡辺 裕也
西森千明の2ndフル・アルバム『かけがえのない』をDSD配信
[CLOSEUP]・2014年04月11日・聴く人みんなにとって“ゆたかな風景”が広がるーー西森千明の2ndフル・アルバム『かけがえのない』をDSDで配信 京都のシンガー・ソングライター、西森千明が7年ぶり2枚目のアルバムをDSDでリリース。WATER WATER CAMELの田辺玄がサウンド・プロデュースし、京都の山奥にある小学校で録音されたこの作品は、「かけがえのない」自然との共生や空間の記憶がたっぷりと詰め込まれた、DSD音質で聴くべき音色の豊かなアルバムに仕上がった。西森が目指す自然との共生、音作りに対する思いについてインタヴュー。 西森千明 / かけがえのない (5.6MHz dsd+24bit/48kHz) 【配信フォーマット / 価格】alac+DSD、flac+DSD、wav+DSDともに : 2,000円(まとめ購入のみ)※歌詞ブックレット(PDF)が同梱されます。【Track List】01. 風に鳴る02. 青葉03. とある日04. 透明の光05. 琥珀涙06. 雨の降る音07. ゆたかな風景 INTERVIEW : 西森千明京都の吉田山でインタヴュー用の写真を撮影中、西森千明は何度も深呼吸をし、踊るようなポーズをとった。演奏