おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
HINTO安部と伊東のユニット"堕落モーションFOLK2"、3年ぶり新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月24日・HINTOと呼応する"堕落"の在り方——安部コウセイと伊東真一のユニット、故郷で収録した新作配信&インタヴュー HINTOの安部コウセイ(Vo, Gt)と伊東真一(Gt)によるフォーク・ユニット、堕落モーションFOLK2が、前作『私音楽-2012春-』より3年ぶりとなる新作『私音楽-2015帰郷-』を発表した。本作ではレコーディングに安部と伊東の母校である福岡県田川市立中央中学校の体育館を使用するなど、スタジオ・レコーディングを一切行わずに全曲を収録。レコーディング、ミックスにHINTOも手がける川面晴友(taa studio)、マスタリングにゆらゆら帝国やOGRE YOU ASSHOLEを手がける中村宗一郎(ピースミュージック)を迎え、場の空気感も大事に作り上げられた5曲が収められた。その極私的な制作の背景、またHINTOの活動の一方で続ける堕落モーションFOLK2の必要性について安部、伊東のふたりに語ってもらった。 堕落モーションFOLK2 / 私音楽-2015帰郷-'【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC、mp3【配信価格】単曲 250円 アルバム 1
by 渡辺 裕也
西宮在住の19歳SSW、あいみょんによる待望のミニ・アルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月22日・ついに配信実現!! 素直過ぎる19歳のシンガー・ソングライター、あいみょんによる待望のミニ・アルバム 彼氏への愛が強過ぎるあまり“死”を突きつけたり、はたまた親友の整形を暴露するなど、その過激かつ素直過ぎる歌詞表現で注目を集める、兵庫は西宮在住のシンガー・ソングライターあいみょん。前作のタワーレコード限定シングル発売時は配信できませんでしたが、1stミニ・アルバム『tamago』でついにOTOTOYでの配信が実現! 曇り一つない、まっすぐ伸びる歌声と、ハッとするほどストレートな歌詞は必聴です。 そして、本作発売を記念して再度あいみょんへのインタヴューを実施しました! 気になる、あんな歌詞やこんな歌詞ができたいきさつや、シンガー・ソングライターとしての彼女の素顔に迫りました。歌詞、そして楽曲とともにお楽しみください。 >>あいみょんへのインタヴュー第1弾はこちらから 待望の1stミニ・アルバムあいみょん / tamago【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3【販売価格】単曲 250円 まとめ購入 1,500円(税込)【Track List】1. 貴方
by 西澤 裕郎
結成わずか1年! 脅威のニューカマー、odolのファースト・アルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月21日・世界一のバンドになるために——結成わずか1年のニューカマー、odolが提示する、新たなオルタネイティヴ・サウンド 荒々しく空間を満たすシューゲイズ・サウンドとメランコリックなピアノで注目を集め、結成わずか半年にしてFUJI ROCK FESTIVAL 2014に出演を果たしたニューカマー、odol(オドル)。これまでのリリースがフリー・ダウンロードのE.P2作品のみの彼らが、待望のファースト・アルバムをついに発表。結成1年とは思えない、バンドとしてのソングライティング力、そしてドラマチックな楽器アンサンブルが見事にパッケージングされた全7曲を収録。そんな今作について、メンバーのミゾベリョウ(Vo, Gt)、森山公稀(Pf)にインタヴューを実施。結成から現在にいたるまで、そしてミュージシャン・シップを大いに語ってもらった。 odol / odol'【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3【配信価格】単曲 205円 アルバム 1,234円【Track List】''01. あの頃 / 02. 飾りすぎていた / 03. ふたり / 04. 君は、笑う
うみのて『21st CENTURY SOUNDTRACK』リリース&インタビュー
[CLOSEUP]・2015年05月20日・日本におけるレディオヘッド『OK コンピューター』を作りたかったーーうみのてが到達した2ndフル・アルバムに迫る うみのてが、前作『UNKNOWN FUTURES (& FIREWORKS)』より約1年半ぶりとなる新作『21st CENTURY SOUNDTRACK』を完成させた。笹口騒音の持つ純粋性と批評性、希望と絶望、シニカルな視点と独自の語感を持つユーモアが、5人のバンド・サウンドによって、混沌とした世界への愛と憎しみを交えた化学変化を見せた意欲作となっている。録音、ミックス、マスタリング、すべてを手がけるのは、PEACE MUSICの中村宗一郎(ゆらゆら帝国〜坂本慎太郎、ギターウルフ、SCOOBIE DOなどの作品を輩出)。満を持してリリースされた本作について、メンバー・インタヴューで深く探った。2015年に産み出されるべくしてリリースされた本作に耳を傾けてみてほしい。 うみのて / 21st CENTURY SOUNDTRACK'【販売価格】FLAC、ALAC、WAV、AAC、mp3 単曲 154円 / まとめ価格 1,851円【Track List】1. 恋に至る病 / 2. LOVE & P
by 純三
nego、サード・アルバム『THE WORLD』をハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月19日・メロウ・ヒップホップ・シーンの中核、Robert de Boronが夢のなかへ導く4枚目、その制作環境に迫る 人気コンピレーション“IN YA MELLOW TONE”シリーズの立役者としてメロウ・ヒップホップ史に残る数々のアンセムを世に送り出してきたトラック・メイカー、Robert de Boron。過去3作はiTunesヒップホップ / ラップ・チャートで今もなお上位に位置するロングラン・ヒット。そんな彼の2年ぶりとなる待望の新作が登場! 24bit/44.1kHzのハイレゾで配信がスタートした。 本作のfeat陣には、2015年5月頭にre:plusとのツアーを終え、ますます日本で注目が集まるアメリカ人コリアン・アーティスト、Sam Ockやサード・アルバムを共作したAWAなどお馴染みの盟友から、初参加のシンガー&ラッパー含む14名を迎え、緻密なビートメイクと美しくエモーショナルなメロディーで構築された12曲を収録。今作でRobert de Boronに取材をするにあたって、彼の音楽が生まれるその制作環境を追求した。試聴からでもいい。記事とともにぜひ、彼の音楽の肝である"メロディー"を堪能してほしい。
by JJ
テンペスト竹内、小原just begunに訊く、LUI FRONTiC 赤羽 JAPANとプールイへの思い
[CLOSEUP]・2015年05月19日・武道館を目指して——テンペスト竹内、小原just begunに訊く、LUI FRONTiC 赤羽 JAPANとプールイへの思い LUI FRONTiC 赤羽 JAPANは、10月2日(金)に恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴを発表した。ぶっちゃけいうと、簡単な道ではないだろう。元BiSのプールイから、元the storefrontのテンペスト竹内、小原just begunから、LUI FRONTiC 赤羽 JAPANの3人として立っていないと、LIQUIDROOMは、間違いなく埋まらない。決死の覚悟だ。だからこそ、やるべきことがある。前回のプールイのインタヴューに続き、テンペスト竹内、小原just begunへインタヴューする機会を経た。彼らは、彼らのやりかたで、しっかり未来を見据えていた。そのことを、知れて、ちょっと安心することができた。「この3人の未来には、必ず光が射す」と思った。 インタヴュー&文 : 飯田仁一郎文字起こし : 陣内直樹写真 : 塚本弦汰 >>LUI FRONTiC 赤羽 JAPAN プールイへのインタヴューはこちら 恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴが決定!!
by JJ
never young beach、ファースト・アルバムと幻の自主音源配信&インタヴュー公開
[CLOSEUP]・2015年05月15日・2015年にタイプスリップしてきたはっぴいえんど? いや彼らはnever young beach——初作品と幻の自主音源配信&インタヴュー Ykiki BeatやYOUR ROMANCEらと肩を並べ、にわかに注目を集めているインディ・シーンの新世代。Yogee New Waves有するRoman Labelの第2弾アーティストとして排出されたnever young beach、ファースト・アルバム『YASHINOKI HOUSE』を提げてこのたび登場! はっぴいえんどやティン・パン・アレー周辺の70年代J-POPサウンドを現代にアップデート。「西海岸のはっぴえんど」とも謳われる平均年齢23歳、東京の若者5人組。5人体制になってわずか半年のうちにドロップされたファースト・アルバムにはエンジニアにペトロールズ、踊ってばかりの国などを手がけるhmcの池田洋を迎えて初期曲のリミックスを含め9曲を収録。少しずつ暑くなるこの季節の高揚感にぴったりなアルバムが、OTOTOYではよりいっそう気持ちよく聴けちゃうハイレゾ音源で配信スタート。 さらに安部勇磨(Vo,Gt)、松島皓(Gt)の宅録ユニット時代に制作、現在入手不可能
短期連載「Q‘ulleがマイクを持った理由」ver.3 いとくとら×DECO*27インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年05月14日・目で見るのではなくて、耳でQ’ulleを感じてね――短期連載「Q'ulleがマイクを持った理由」 ver.3 いとくとらとDECO*27 ニコニコ動画の「踊ってみた」ジャンルで絶大な人気を誇った7人組ダンス・グループ、DANCEROID。惜しくも2014年7月に解散した彼女たちのなかから5人のメンバーが、Q'ulleとして戻ってきた。その手にはマイクを持って… あらためて活動するにあたって、なぜ彼女たちは歌うことを選んだのか? そして歌うことを選んだことによって何が変わったのか? サウンド・プロデューサーであるボカロP、DECO*27を含め6人。これから3ヶ月に渡って2人ずつにじっくり話を訊くことで、彼女たちの始まりのストーリーを描く。 ついにサード・シングル『HEARTBEAT』の発売を迎えるタイミングで、Q'ulleの原点を担ういとくとら、そしてQ'ulleの音楽面を支えるDECO*27が登場。Q'ulleの曲の秘密に触れるとともに、現段階のQ'ulleを統括する話を伺った。 ver.1 まなことやっこのインタヴューはこちらver.2 ゆずきとまぁむのインタヴューはこちら サード・シングル、ついにハ
by JJ