おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
どついたるねん『生きてれば / 精神』を配信スタート&インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2015年01月23日・生きれてばいいことある!!ーーどついたるねん、リキッドルーム・ワンマン以後初のロング・インタヴューを掲載 198曲入りのアルバムを出した翌月には6008曲入り(!?)のアルバムをリリースするなど、冗談で考えたとしてもバカバカしくて誰もやらないようなことを現実にやってきたバンド、どついたるねんが、自主レーベルTrain Train Recordsより、両A面シングル『生きてれば / 精神』をリリースした。2014年11月に発表された『どついたるねん BEST HITS』、リキッドルーム・ワンマン、そして本作の背景を丁寧に読み解いていくと、彼らの活動に向かう姿勢が変わってきたことがわかる。ちょうど1年前に行なったインタヴューでは、これからもどついたるねんを続けていきたいということを言っていたが、そのために自分たちで計画的に動くということをやっているように見えなかった。しかし、リキッドルームのワンマンでは、自分たちで会場を借り、毎週のようにメンバーでミーティング、集客のために路上でチラシを配ったり、ゲストを考えたり、できることを自らの手で行い、700人を越えるお客さんを集めた。しかし、その日に歌った楽曲のなかに
by 西澤 裕郎
エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く
[CLOSEUP]・2015年01月21日・エイフェックス、量産モードに突入か? その新作、そしてハイレゾで聴く〈WARP〉カタログ 本人のインタヴューなどでの発言通り、きっちりと新作EP『Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP』をリリースしたエイフェックス・ツイン。詳しくは後述するが、これがまた物議をかもし出しそうな音楽性となっている。OTOTOYでは、本作も『Syro』に引き続き、24bit/44.1kHzのハイレゾ音質で配信する。 またOTOTOY配信開始以前にリリースされていた〈WARP〉のハイレゾ音源の入荷を開始。随時追加されていく予定で、今回はボーズ・オブ・カナダ『Tomorrow's Harvest』(2013年)、ブライアン・イーノ『Lux』(2012年)、フライング・ロータス『Until The Quiet Comes』(2012年)などなどのハイレゾ・ヴァージョンを追加。 25年以上にわたって、エレクトロニック・ミュージックを中心に、レフトフィールドなロックなども含めて、ポップ・ミュージックのカッティング・エッジを“その音”の先鋭性でのみ体現する〈WARP〉、この音こそ高音質
by 河村 祐介
dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2015年01月21日・30年の月日が生んだ"有機的なテクノ"——dip in the pool、アニヴァーサリー・イヤーに贈る初のハイレゾ モデル、女優としての確固たるキャリアをもつ甲田益也子と、作・編曲 / キーボードを担当する木村達司によるユニット、dip in the pool。デビュー30周年を迎える2015年、記念すべき10作目のアルバム『HIGHWIRE WALKER』が届けられた。ラグジュアリーかつ甘美な響きをもつ甲田の歌声、そして浮遊感に満ちたドリーミーな世界観はそのままに、今作はボサノヴァ、アンビエントなども取り込んだハイブリッドな1作に仕上がっている。OTOTOYでは、そんな10thアルバムを24bit/96kHzのハイレゾで配信開始。アーティスト自身が"有機的なテクノ"と語るサウンドの独特な質感は、ぜひ高音質で味わってほしい。インタヴューとあわせてお楽しみください。 ハイレゾで買えるのはOTOTOYだけ!!!デビュー30周年の10thアルバムを配信開始!!!dip in the pool / HIGHWIRE WALKER 【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/96kH
by 岡本 貴之
空気公団、最新作を2週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年01月21日・はじまりは、ハイレゾで。――空気公団、2年3ヶ月ぶりのフル・アルバムを2週間先行配信 すべての人へはじまりの予感をもたらす、空気公団の新作が完成しました。タイトルは『こんにちは、はじまり。』。昨年の12月頭、アルバムから先行配信された「お山参詣 登山囃子」――ヴォーカル山崎ゆかりの出身地・青森県岩木山の登山囃子を取り入れ、かつ山本精一をゲスト・ヴォーカルに招いたこの曲は、まぎれもない"空気公団の作品"であるとともに、何かが違うという感触も残る1曲でした。それこそ"はじまり"というものだったのかもしれません。 それから約1ヶ月半、届いたアルバムには全10曲が収録。NINGEN OKが全面参加した楽曲「はじまり」をはじめ、オータコージ、山口とも、奥田健介(NONA REEVES)、ticomoon、鈴木広志、江上瑠羽が参加。ミックス&マスタリングは中村宗一郎が手掛けました。「それこそ空気感を録るようなレコーディングでした(窪田)」という音の鳴り、ぜひともハイレゾで聴き入ってください。 ハイレゾ音源で2週間先行配信!!空気公団 / こんにちは、はじまり。'【配信形態 / 価格】(各税込)ALAC / FLAC /
by 滝沢 時朗
寺尾紗穂、アルバム『残照』から5曲をハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2015年01月15日・坂本龍一や大貫妙子らが賞賛する、その声、その音色!! ハイレゾで聴く寺尾紗穂 坂本龍一や大貫妙子からも賞賛されるシンガー・ソングライターの寺尾紗穂が、2010年の5thアルバム『残照』の一部を24bit/48kHzのハイレゾで解禁。昨年11月に公開された話題の映画『0.5ミリ』(主演の安藤サクラが日本アカデミー賞主演女優賞を受賞)に「残照」が起用されたことを記念して、寺尾本人によって厳選された5曲が収録されている。大貫妙子や矢野顕子と比較されるソングライティング・センスはもちろんだが、本作はやはりハイレゾならではの響きや質感を楽しんでいただきたい。伸びのある高音とふくよかな中低音をバランスよく兼ね備えた寺尾の歌声が、より生々しく再現されているのだ。目を閉じてじっくりと堪能したい1作!! 映画『0.5ミリ』公開記念!!!寺尾紗穂の旧作が本人のセレクトによりハイレゾで復刻!!!寺尾紗穂 / 残照 [OTOTOY Edition] (24bit/48kHz) 【配信形態】ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)※ファイル形式について詳しくはこちら'【価格】1,080円(税込)(単曲は各270
北村早樹子、初のベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ』を配信スタート!!
[CLOSEUP]・2015年01月14日・可憐なる毒っけ、彼女の歌声が空気を切り裂くーー祝10周年の偉才女性シンガー・北村早樹子、初のベスト・アルバムを先行配信!! 祝・デビュー10周年!! 可憐さと毒気が絶妙なバランスで同居する偉才女性シンガー・北村早樹子が、初のベスト盤『グレイテスト・ヒッツ』をリリース! 鬼才・白石晃士監督の映画『殺人ワークショップ』の主題歌や、本秀康主宰の雷音レコードから発売した7インチEPが即完売するなど、音楽シーンのみならず映画や舞台のクリエイター達の間でも大きな支持を集める彼女。本作は、2006年発表の1stアルバムから最新シングルまで、そして木村文洋監督映画『へばの』主題歌「蜜のあはれ」他、いままでに提供した映画主題歌を網羅、北村のキャリアが1作で俯瞰できる最強のコンピレーション・アルバムとなっています。波多野敦子、坂本弘道、ムーンライダーズ武川雅寛も演奏に彩りを添えるなど、まさに記念碑的な本作をOTOTOYでは2週間先行配信するとともにロング・インタヴューで迫りました。さらに1曲フリー・ダウンロードも実施いたします。彼女を追いかけてきた人も、はじめて知った人も、ともに10周年を祝い、これからも産まれ続けるであろう
by JJ
UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで
[CLOSEUP]・2015年01月14日・未来から聴こえる低音——シャーウッド&ピンチのファースト、その低音の美学をハイレゾで UKダブの巨星、〈ON-U Sound〉総裁、エイドリアン・シャーウッド、そしてブリストル・ダブステップ、さらには欧州のベース・ミュージック・シーンのキーマン、ピンチ。このユニットは、つまるところ、ベース・ミュージックのカッティング・エッジに立つアーティストと伝説のダブ・マスターが出会ったコラボ・ユニットである。OTOTOYでは、そのデビュー・アルバム『Late Night Endless』をハイレゾ(24bit/44.1kHz)で配信。 本作のマスタリングにはリカルド・ヴィラロボスをはじめ、現状の欧州のミニマル・テクノ・シーンのトップ・アーティストたちがこぞってそのマスタリングを依頼する、ダブ・プレート&マスタリングのラシャド・ベッカーが担当している。ベース・ミュージックの温故知新を、現在のエレクトロニック・ミュージックの最高のエンジニアがマスタリングしているというわけだ。もはや、その音の“良さ”、ハイレゾで聴かなきゃもったいないでしょう。 本作の解説をピンチのインタヴューとともに、そして本作のリリースを記念して、OTO
by 河村 祐介
SSW新川忠による10年ぶりの新作を特典とともにお届け
[CLOSEUP]・2015年01月11日・エキゾチカ、フォーク・ロック、そして80'sポップスへ——Lampと盟友のSSW新川忠による10年ぶりの新作を特典とともにお届け これまで、すべての制作工程を1人でこなしてきた、孤高のシンガー・ソングライター新川忠。2003年リリースの『Sweet Hereafter』は、モンド、エキゾチカと彼独特の耽美なメロディー・センスが折衷した作品として、多くのリスナーを魅了した。翌々年に発表された『Christy』では、フォークやロックなどのトラッドな要素を全面に出したことで、その豊かな音楽性を知らしめたと同時に、彼にしかできない宅録サウンドを確固たるものにした。そんな彼が、10年ぶりの新作『Painting of Lights』をリリース。西洋美術などのモチーフを、80年代シンセ・サウンドで表現した本作は、ロマンスと歌心溢れるポップス・アルバムとなった。しかも発売元は、新川とミュージシャンとして盟友であり、上質なポップスを提供し続けるバンド、Lampによる自主レーベル〈Botanical House〉から。 また、アルバムをご購入いただくと、OTOTOYだけの限定特典として、15分にもおよぶインタヴュー動画をプレ
by JJ