おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
青木健、2年ぶりとなる新作『ONKEI』を1週間先行フル試聴&インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年10月20日・ミュージシャンとしての生き様を込めてーー青木健、2年ぶりとなる新作『ONKEI』を1週間先行でフル試聴開始 2012年9月に自主制作でリリースした1stアルバム『Aoki Ken』から約2年のときを経て、シンガー・ソングライターの青木健が、2ndアルバム『ONKEI』を完成。ジャーナリストの堀潤から映画『変身 - Metamorphosis』のエンディング・テーマにも抜擢、その才能は各所から注目されています。前回のインタヴューでは、音楽一本で生きていくと決意した経緯をインタヴューで迫りましたが、そのときから気持ちは大きく変化し、本気度とパッションを持って練り上げられた全12曲が収録されています。本来持ち合わせた才能に、理屈では言い表せない情熱が加わり、練りに練られた珠玉の楽曲たち。OTOTOYでは、CDより1週間先行の10月27日よりハイレゾ配信するとともに、10月27日まで全曲フル試聴で『ONKEI』をお届けします。また、インタヴューで青木の2年間、そして本作についてに迫りました。青木健という音楽家のパッションにぜひ触れてみてください。 期間限定『ONKEI』の先行フル試聴開始(2014年10月27日
by 西澤 裕郎
『THE NEXT GENERATIONパトレイバー』のO.S.Tをハイレゾで配信!
[CLOSEUP]・2014年10月15日・音楽監督、川井憲次による全曲解説も! ——実写版パトレイバー『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』のO.S.Tをハイレゾで配信! 1988年のコミック、OVA発売以降、世代を超えた多くのファンを獲得し、アニメ史に残る空前の大ヒットを記録した『機動警察パトレイバー』。誕生から約四半世紀、アニメ・シリーズの初期OVA・劇場版でも監督を務めた押井守を総監督に迎え、『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』が始動した。完全オリジナル新作の実写版は、7章(13話)の短編作品を上映したのち、2015年に長編作品を公開するなど、その凝った上映スタイルから押井自身の意気込みが伝わってくる。また今プロジェクトの音楽を務めるのは、いままでのパトレイバー作品はもちろん、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」、「イノセンス」など押井作品にいなくてはならない存在であり、ありとあらゆる映像を音で彩ってきた作曲家、川井憲次が務める。 そして今回、今年の4月から上映された第1章、第2章のオリジナル・サウンドトラックを24bit/48kHzのハイレゾで配信! しかも『オリジナル・サウン
ジャズ・パンク・バンド、KAGEROの4作品目をハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2014年10月16日・轟音のなかにある叙情的なメロディが引き立つのはハイレゾだった——ジャズ・パンク・バンド、KAGEROの4作品目をハイレゾ配信!! ジャズ、パンク、ハードコア、それぞれを股にかける異端児、KAGEROから4枚目のアルバム『KAGERO Ⅳ』が到着! ライヴを主軸にした活動を行う彼らだが、メンバーの入れ替わり、そして昨年9月に初のアメリカ東海岸ツアーを経て、ライヴ・パフォーマンスのみならず録音物までもがいっそうの高みへ。KAGERO節が前面に出たファスト&ヘヴィなパンク・ナンバー「OVERDRIVE」や「sister」をはじめとし、ポップへと振り切った「flower」などを収録した12曲。そしてOTOTOYでは今作をハイレゾ(24bit/48kHz)で配信! サックス、ピアノ、ベース、ドラム――それぞれの音がハイレゾならではのクリアさで再現されたことによって、発見と刺激に溢れた音体験ができることを保証します。中心人物であるベースの白水悠、そしてピアノの菊池智恵子へのインタヴューとともにお楽しみください! KAGERO最新作をハイレゾで!!KAGERO / KAGERO Ⅳ'【配信価格】【右】ALAC / FL
東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル、新作をノンマスタリングでハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2014年10月16日・ノンマスタリング・ハイレゾ第2弾!! 東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル、重力を歪ませる変則ジャズ・グルーヴを“生”でお届け!! 2014年4月、レーベルと交渉して実現した、東京ザヴィヌルバッハ・スペシャルのノンマスタリング配信。CDクオリティに落とし込まれる前のハイレゾ・データを、いわば“生”の状態のままお届けしたこの試みは、大きな反響を呼びました。このたびその第2弾として、同じく東京ザヴィヌルバッハ・スペシャルの新作『Swotchover Gravity』を、またまたノンマスタリング・ヴァージョンで配信します!! 本来であればCDもしくは圧縮データのみでリリース予定だったこの作品、ハイレゾで聴けるのはもちろんOTOTOYだけです。リーダーの坪口昌恭(Pf / Key)を筆頭に、類家心平(Tp)、宮嶋洋輔(Gt)、織原良次(Ba)、石若駿(Dr)という一流テクニシャンたちが放つ、タイトル通り重力を切り替えてしまうようなその変則ジャズ・グルーヴを、マスタリング前のハイレゾ音質で感じてください。レヴューとともにどうぞ!! ハイレゾ配信のため、あえてノンマスタリング!!重力を歪ませるこの変則ジャズ・グルーヴを体感
by Yusuke Takano
心理カウンセラー×現役ボイスパフォーマーによる基礎ボイストレーニング講座〜枯れない声をつくるには〜
[CLOSEUP]・2014年10月16日・心理カウンセラー×現役ボイスパフォーマーによる基礎ボイストレーニング講座、開講!! 今週おすすめしたい講座は、10月26日(日)からスタートする心理カウンセラー×現役ボイスパフォーマーによる基礎ボイストレーニング講座〜枯れない声をつくるには〜です!! みなさんは自分の「声」について考えたことはありますか? 歌を上手くする、上手に朗読する、人に分かりやすく伝える、といったノウハウの情報は沢山あふれていますね。ですが、表面的で一過的なテクニックではなく、より根本的に自分の声を理解し、理想の声の出し方を自分でトレーニングしていける、そんなふうになりたいと思いませんか。 この講座は、体の使い方と心の使い方をマスターすることで、声は大きく変えていけるのだ! ということを実感できるプログラムになっており、呼吸や発声の基礎的なワークはもちろんのこと、声と心の関係を明確化するワーク、自分の声を客観的にマップ化するワークなど、特に心理面から自分の声を掘り下げるアプローチは、目から鱗が落ちること必至。 声に大きな関心を寄せ、数々のワークショップを展開してきた講師2名が、発声をより柔軟に根本から変化させていくための基礎的なワーク
ブリティッシュ・フォークの至宝、VASHTI BUNYANによる美しきラスト・アルバム
[CLOSEUP]・2014年10月12日・ブリティッシュ・フォークの至宝、美しきラスト・アルバム——VASHTI BUNYAN、9年ぶりの新作ハイレゾをCDより2週間先行で ヴァシュティ・バニアン——。1970年の1stアルバム『Just Another Diamond Day』が幻の名作として語り継がれ、2005年には2ndアルバム『Lookaftering』で35年ぶりの復活を果たしたイギリス人女性フォーク・シンガーだ。そんな彼女が、前作から9年ぶりとなる新作『Heartleap』を配信開始した。しかも、24bit/44.1kHzのハイレゾ、日本のみのボーナストラック付属、そしてCDより2週間先行で。 ヴァシュティ自身によって最後のアルバムと公言された本作は、作詞、作曲、アレンジ、演奏、そしてレコーディングまで、すべてを彼女ひとりでおこなったという。40年以上のキャリアの集大成として、彼女は彼女の中にある音世界を、誰の意図も介在させずに届けることを選んだのだ。アコースティック楽器の優しい響きに満ちたサウンドは、まるで子守唄のようにただただ心地良い。ブリティッシュ・フォークの至宝と称されるその音を、ぜひハイレゾでご堪能いただきたい。 ブリティッシ
by 青野 慧志郎
OTOTOY限定トラックあり! ハイレゾで聴く、立花ハジメのライヴ・アルバム『GalleriAprotia』
[CLOSEUP]・2014年10月10日・小山田圭吾参加のOTOTOY限定トラックもあり!! プラスチックス、立花ハジメによる、異色ライヴ・アルバムをハイレゾで! 「Bambi」や「Chicken Consomme」などのニューウェイヴ・クラシックを生み出した立花ハジメ。2013年に発表したアルバム『Monaco』では、カラフルな六角形が繋がりあった特殊型USBメモリーでリリースするなど、常にエッジの利いたスタイルを貫いている。そんな彼が今回リリースするのが、ライヴ・アルバム『GalleriAprotia』(ギャラリ・アプロチア)。タイトル通り、ライヴ・ハウスなどでの演奏ではなく、ギャラリーなど普段演奏を行わないようなスペースでのライヴ模様をおさめた異色作だ。立花ハジメ本人曰く、「ギャラリー、体育館、講堂とかで皆に座布団持ってきてもらいバンドの周りを取り囲んでもらって公開リハのような感じでトーク&ライヴ」のようだが、バッファロー・ドーター、小山田圭吾、高木完などの豪華メンバーと生み出されるグルーヴは極めて鋭利なサウンドに満ちている。 そんな本作を24bit/48kHzのハイレゾで配信。さらに、彼の代表曲「Bambi」をコーネリアスこと小山田圭吾を
by 滝沢 時朗
Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2014年10月10日・Chim↑Pomとともに、3.11を描く11年ぶりのWhy Sheep?――EYヨ、UAらが参加した新作、独占ハイレゾ配信&フリー・ダウンロードも! 1996年、ムードマンのレーベル〈M.O.O.D.〉からのデビュー以降、あまりにも寡作な勢いで作品を発表してきたエレクトロニック・ミュージック・アーティスト、Why Sheep? こと、内田学。そんな彼が3.11の後に、アーティスト集団、Chim↑Pomとの出会いをひとつの着想に、このたび11年ぶりの新作『Real Times』を発表した。OTOTOYでは、本作を独占ハイレゾ(24bit/96kHz)でリリース。UAやEYヨといったゲスト陣が参加し、複雑に絡み合う電子音、ワールド・ミュージックの要素、さまざまな具体音などで構成された作品をお楽しみください! また新作のリリースに合わせて、日本のテクノ史上において最もカルトなチルアウトの名盤として語り継がれてきたファースト・アルバム『Sampling Concerto No.1』(1996年)と、さらには国内外でリリースされて世界的に高い評価を受けた『The Myth And I』(2003年)を同時に配信開始。
by 河村 祐介