おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
岡田徹 presents ウクレニカ、ムーンライダーズのカヴァー・アルバムをハイレゾでリリース!
[CLOSEUP]・2014年11月27日・わくわくする! ウクレレ・カルテットの魔法にかかれ! 岡田徹 presents ウクレニカ、ムーンライダーズのカヴァー・アルバムをハイレゾで! ムーンライダーズ・岡田徹の冒険心は止まらない! 彼を中心に、夏秋文尚(ジャック達)、吉田 孝(Rose-Unlimited、5thガーデン)、黒田英明(plusico) で結成されたウクレレ愛好家4人による四重奏団が、ムーンライダーズのカヴァー・アルバムをリリース。OTOTOYでは24bit/48kHzのハイレゾと、2週間先行のダブル独占配信中! ウクレレの概念を見事にくつがえす、カラフルで刺激的な音色となった。それこそ、その音色の真価はハイレゾで楽しむことができるのではないだろうか。さてこの刺激的なウクレレの音色はどこからきたのか、岡田徹にインタヴューをしました。 アルバム購入者には別ジャケット画像つき! & 14曲目はオトトイのみのボーナス・トラック! 岡田徹 presents ウクレニカ フェイゼズ・オブ・ザ・ムーン~ウクレニカ・ミーツ・ムーンライダーズ(24bit/48kHz) 【配信形態】 ALAC / FLAC / WAV (24bit/48kHz)
田村ゆかり&鈴村健一によるアニソンのデュエット新定番がハイレゾで登場!!
[CLOSEUP]・2014年11月26日・ニコ動で100万再生!! 大人気アニメ『旦那が何を言っているかわからない件』の主題歌、田村ゆかりと鈴村健一のデュエットがハイレゾで!! 真面目で仕事熱心なOLのカオルと、重度のオタクでVIPPERな旦那・ハジメの甘々な夫婦生活を描く『旦那が何を言っているかわからない件』。クール教信者によるWEBコミックを原作に、10月よりTVアニメ化された本作の主題歌&キャラクター・ソングを収録したオムニバス・アルバムが24bit/48kHzのハイレゾで登場です!! 主題歌はカオルの声を担当する田村ゆかりと、ハジメの声を担当する鈴村健一、名実ともにトップクラスの声優ふたりが歌うデュエット・ソング。釘宮理恵や新谷良子ら豪華声優陣が参加したキャラクター・ソングも収録。まだハイレゾ作品が少ない声優陣の楽曲ということもあり、ぜひとも歌の表現が繊細に再現される高音質で聴いてみませんか? V.A. / いいかげんにして、あなた(24bit/48kHz)'【配信価格】ALAC / FLAC / WAV(24bit/48kHz) : 単曲 300円 / アルバム 1600円(各税込)【Track List】''01. いいかげんにして
【OTOTOYライヴ・レポート】Nao Yoshiokaによる公開DSDライヴ・レコーディング@YEBISU MUSIC WEEKEND
[CLOSEUP]・2014年11月13日・Nao Yoshiokaによる公開DSDライヴ・レコーディング@YEBISU MUSIC WEEKEND——OTOTOYライヴ・レポート 高いプレイヤビリティーを身に付けたミュージシャンと、観るものを震わせるソウル・ミュージックをプレゼンし続けるSWEET SOUL RECORDS。海外の凄腕ジャズ / ソウル・ミュージシャンが数多く所属するそのレーベルで、数少ない日本人女性シンガーとして異彩を放っているのが、Nao Yoshioka。ニューヨークでの2年半の滞在を経て身に付けた、確かな歌唱力とリズム感、そしてなにより天井を突き抜けるような力強いハイトーン・ヴォイスには、人種、ジャンルなどカテゴライズを跳ね飛ばすほどの魅力に溢れている。 そんな彼女による、YEBISU MUSIC WEEKENDで敢行された熱いパフォーマンスをDSDフォーマットで録音。そしてその模様を詳細なライヴ・レポートでお届け。写真とともに彼女によるソウルフルなパフォーマンスと会場の一体感を体感いただけると幸いだ。 なお今回録音したDSD音源は、12月9日(火)から、渋谷ヒカリエの8階に位置するイベント・スペース〈aiiima〉で開催さ
Jappersによる初フル・アルバムをハイレゾで配信開始&インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年11月21日・無意識に溢れ出た、飾り気のないチルアウト・サウンド——インディー・シーンに毅然と輝くJappersの初フル・アルバム ギター・ポップ、ネオアコのきらびやかさから、はたまたトラッド・フォークな土臭さまでを、バンド独自の色彩感覚で行き来するロック・バンド、Jappers。2009年の結成初期からのパワーポップ・サウンドを下地にしつつ、キーボーディスト岡上大樹の加入以降、実験的な音像とあらゆるジャンルを咀嚼したスタイルに変化していった彼ら。その自由な空気感をパッケージングしたかのような初のフル・アルバムをオトトイだけのハイレゾでお届け。また本作の発売を記念して、6人全員へのインタヴューを敢行。自分達から無意識に溢れ出た音たちを、無意識に紡いだかのような、飾り気のないチルアウト・サウンドとともにお楽しみあれ。 Jappersによる、初のフル・アルバムJappers / Imaginary Friend【配信フォーマット / 価格】【左】ALAC / FLAC / WAV(24bit/44.1kHz) : 単曲 154円 / まとめ購入 1,540円【右】ALAC / FLAC / WAV(16bit/44.1kHz
F.I.X. RECORDSの末姫、津田朱里の新曲がハイレゾ音源でリリース!!
[CLOSEUP]・2014年11月20日・津田朱里、"裏切り者と落ちこぼれ少女たちの快進劇"を後押しするデジタル・シングルをハイレゾでリリース!! F.I.X. RECORDSの末姫、津田朱里が約1年半ぶりに新曲をリリースしました。今回は配信限定シングル、OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾで登場です!! 同日11月20日に発売されたファンタジア文庫の人気シリーズ『空戦魔導士候補生の教官』(KADOKAWA 富士見書房刊)のドラマCDのテーマ・ソング。"裏切り者と落ちこぼれ少女たちの快進劇"という物語にふさわしく、生音とエレクトロ・サウンドが融合した疾走感のあるサウンドに乗せて芯の強い歌声が突き抜けるように響き渡る1曲を、レビューとともにお楽しみください。 配信限定シングルがハイレゾで登場!!津田朱里 / Believe'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 250円【Track List】''01. Believe 「夢を諦めないで」「君はひとりじゃないよ」と言える強さを手にするストーリーを見事に表現した Suara、上原れなに続いてF.I.X. RECORDSが世に送り出す女性シンガー、
by 純三
Suara、100年の歴史をもつ建築でレコーディングした新作DSDを配信!!
[CLOSEUP]・2014年11月20日・100年の歴史とともに響く歌姫の声は、そこにいた全員を釘付けにした——Suara、求道会館でレコーディングした新作をDSDで!! フィックスレコードの歌姫Suaraが、100年の歴史をもつ建築「求道会館」で新作をレコーディング。DSD 5.6MHz + 24bit/96kHzの高音質で、本日よりOTOTOY独占配信スタートしました! クラウドファンドで資金を集めて制作されたこの作品は、Suara自身が「一生心に残る音源」と語る渾身の1作。「キミガタメ」「トモシビ」「夢想歌」といった代表曲を、グランドピアノとヴァイオリンを従えたアコースティック編成で収録しています。 会場となった求道会館は、1915年に建立された東京都指定有形文化財。仏教の建築様式とヨーロッパの建築様式が折衷されたヴィジュアルを持ち、100年の歴史をもつ独特の"オーラ"を感じさせる場所です。完成した音源には、そんな会場の豊かな"鳴り"が圧倒的なリアリティをもって記録されています。当日のレコーディング・レポートとともにお楽しみください。 100年の歴史をもつ求道会館の空気をそのままパッケージ歌姫Suara、新作をDSD & ハイレゾで独占リリー
by 純三
森は生きている、デビュー作を大きくアップデートする2ndがハイレゾで登場!
[CLOSEUP]・2014年11月19日・シーンの寵児が放つ2014年の重要作を、OTOTOYだけのハイレゾで!! 森は生きている、17分の壮大な組曲を含む2ndアルバム!! 鳴り物入りのデビューとなった処女作から1年、森は生きているが待望の2ndアルバムを発表した。彼らの深い音楽的見識を反映するように、今作はサイケデリック・ロック〜プログレッシヴ・ロック的な要素すらも取り込み、17分におよぶ壮大な組曲「煙夜の夢」をはじめ9曲を収録。各方面から絶賛されたデビュー作をさらに進化させたような内容となった。OTOTOYでは、そんな本作を24bit/48kHzのハイレゾで配信。音にこだわり続けてきた彼らならではの繊細なサウンド・プロダクションを、ついにCD以上の高音質で感じることができる(ハイレゾで買えるのはOTOTOYだけ!!)。森は生きているが思い描いていた音、それをリアルに体験するために、ハイレゾでじっくりと味わっていただきたい。シーンの寵児が放つ、2014年の重要作。レヴューとともにお楽しみください。 ハイレゾで聴けるのはOTOTOYだけ!!いくつもの美意識が濃密に溶かし込まれた、森は生きているの新しい音楽世界森は生きている / グッド・ナイト
by 絵奈
Convenience『Voice』をハイレゾ・リリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2014年11月18日・街のPOPステーション!!ーーConvenience、松隈ケンタ全面プロデュースによるデビュー作をハイレゾ・リリース えっ、この作品、BiSのサウンド・プロデューサーの松隈ケンタ(SCRAMBLES)が全面プロデュースしているの?! … と思わず驚いてしまうくらいに極上なポップスを鳴らすバンド、Convinienceが満を持してデビュー・アルバムを完成させた。ヴォーカル山口桂司の圧倒的な歌唱力と美声を武器に、半年間にわたる路上ライヴ、カヴァー動画を地道にアップしていくといった地道な活動で、2014年6月4日に行なった原宿アストロホールでのワンマンでは250名を動員。そして、松隈のプロデュースにより、踊れる楽曲やソリッドな楽曲など音楽的振り幅を広げて、万全の状態で全国デビューを果たす。実は彼ら、前進バンドのSmoolull時代には、「閃光ライオット」で2年連続東京地区ファイナルに進出し、横浜アリーナでもライヴをするなど、華やかな道を歩んできている。それがなぜこのタイミングでデビューなのか? それはインタヴューをご一読いただきたい。そして、まずはとびっきりポップな楽曲に耳を傾けてみてほしい。もちろん、OTOT
by 純三