おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
★STAR GUiTARニュー・アルバムを32bit特典音源とともに予約開始!
[CLOSEUP]・2015年07月29日・どれだけ今までの自分を変えられるか——★STAR GUiTARニュー・アルバムを、“恐ろしく音の良い”32bit特典音源とともにハイレゾ配信 華麗なピアノ・フレーズを軸に、ハウスやドラムンベースなどの多彩なダンス・ミュージックをポップなサウンドに昇華してきた★STAR GUiTAR。彼の約1年ぶりの新作『Wherever I am』ハイレゾ版の予約受付を開始(8月5日発売)。7名のピアニストとコラボレーションした前作『Schrodinger's Scale』とは打って変わり、フィーチャリング・アーティスト2組という、★STAR GUiTAR史上最も少ないゲスト数で作られた挑戦作となった。『どれだけ今までの自分を変えられるか』がテーマとなっている本作をぜひ高音質で。 そしてOTOTOYでは前作の試みと同様、「せっかくなら32bitで聴いてほしい」という★STAR GUiTARの想いを受けて今回も予約特典として本アルバムの32bit float /48kHz音源をプレゼント! 32bit音源で聴いたとき、★STAR GUiTAR本人がスタジオで聴いていた音、そしてOTOTOYプロデューサー高橋健太郎が「恐ろしく
mouse on the keys、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース
[CLOSEUP]・2015年07月08日・このバンドは、ポストロックに反逆してやろうって—— mouse on the keys、6年ぶりとなるフル・アルバムを先行ハイレゾ配信 鍵盤とドラムから生み出される、幾何学模様のように複雑かつ精密に絡み合うアンサンブルとアグレッシヴなバンド・サウンド。その唯一無二のグルーヴで、世界的な評価を得ているmouse on the keysが、6年ぶりにフル・アルバムをリリース。より磨きのかかった演奏力、より複雑さを増した楽曲が、彼ら独特の熱さを通して遺憾なく発揮された本作は、もはやどんなジャンルにも当てはまらない孤高の名作となってしまった。そんな本作を1週間先行、24bit/44.1kHzのハイレゾ版で配信。 今回、新作『the flowers of romance』の発売にあたって、彼らへのインタヴューを2編に分けて公開。前編となる本ページでは、mouse on the keyが結成にいたるまで、そしてバンドの軸となっている哲学について、大いに語ってもらった。どこよりも早くリリースされたこの最高傑作とともに、お楽しみいただきたい。 後編 : ニュー・アルバム『the flowers of romance』が出来
by JJ
ex.SEBASTIAN Xのフロントマン永原真夏がソロ・デビュー、そして初のシングル「青い空」をリリース
[CLOSEUP]・2015年07月25日・「さあ立ち上げよう 命がけで遊ぼう」ソロ活動を選択した永原真夏が、発信する今ーーソロ門出を祝す、まさかの親子対談! 4月30日の東京・赤坂BLITZ公演をもって活動休止期間に入ったSEBASTIAN Xのフロントマン=永原真夏。ソロ活動が発表され、初のシングル作品『青い空』を先日リリース、OTOTOYにてハイレゾ配信もされている。今作品は、"永原真夏+SUPER GOOD BAND"を名義に掲げ全3曲を収録。サポート・バンドとなるSUPER GOOD BANDにはSEBASTIAN Xで共に活動した工藤歩里(Key)、フジロッ久(仮)の藤原亮(Gt)ら、6名のミュージシャンが参加した大編成となっている。タイトル曲である「青い空」はSEBASTIAN Xと一度離れる永原自身が、歩み出す一歩に込めた新たな決意の1曲である。今回は彼女の活動をずっと見守り続けてきたとある人物にインタヴューを行った。 青い空 / 永原真夏 + SUPER GOOD BAND'【Track List】01. 青い空02. 応答しな!ハートブレイカー03. ホームレス銀河(Good Night Ver.) 【配信形態】24bit/9
by 渡辺 裕也
Discharming man4年振りのフル・アルバム『歓喜のうた』配信&インタビュー掲載!!
[CLOSEUP]・2015年07月23日・弱さ、情けなさ、むき出しの感情が紡ぐ歓喜のうたーーDiscahrming man4年振りのアルバムをリリース!! 結成から10年という節目を迎えて、Discharming manが産み出した4年振りのフル・アルバム『歓喜のうた』。バンドのフロントマン、蛯名啓太のキャリアはキウイロール時代を含めてもう20年近くになるが、このアルバムから放たれている瑞々しさは一体なんなのだろうか。様々な想いを全て振り切っている、いや全く振り切れていないのかもしれない。ただ、とにかくむき出しな感情がどこまでも聴く人の耳を突き刺してくる。キウイロール時代から暖めていた曲、故・吉村秀樹を思わせる曲、札幌の先輩でもあり、師でもある竹林現動(zarame、ex. COWPERS、SPIRAL CHORD)がギターで参加した曲などのトピックも含めて、彼の20年が丸々詰まったアルバムになっている。そんなDischarming manからフロントマンである蛯名啓太、ドラムの野川顕史を迎え、今回のアルバムに秘められた思い、そしてこれからについて語ってもらった。 Discharming man / 歓喜のうた'【配信形態】ALAC / FLAC
by JJ
ハイレゾ音楽制作ユニット!? Beagle Kickが1stアルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年07月23日・同人音楽だからこそできる“ハイレゾ音楽制作ユニット”Beagle Kickーー自作スタジオで訊いた、自由な音楽性そしてハイレゾにかける想い オーディオ・ライター、音響エンジニアとして活動する橋爪徹と、NHKスペシャル・テーマ音楽、映画などの劇伴などを幅広く手がける作曲家、和田貴史による音楽ユニット、Beagle Kick。“ハイレゾ音楽制作ユニット”として活動する彼らの1stアルバム『BRAND NEW KEYS』を配信。今作は、これまでリリースされてきた楽曲に4曲の新曲を加えた結成からの集大成となる作品。清涼感溢れるポップス、フュージョン、はたまた弦楽四重奏など、ジャンルに縛られることのない、ヴァラエティーに富んだ楽曲群を収録。どの楽曲でも、一流のミュージシャンたちによるハイクオリティな演奏が、ハイクオリティな音質で味わえる作品となっている。そんな今作は、どのような手法で、どのような考えを経て制作されたのか。“ハイレゾ”に対する哲学とともに、じっくりと語ってもらった。 Beagle Kick / BRAND NEW KEYS'【Track List】01. Wonderful World / 02. Li
Calm、本名義で5年ぶりの新作をハイレゾでリリース
[CLOSEUP]・2015年07月22日・美しき窓辺の音楽——生楽器のアンサンブルを中心としたCalm、5年ぶりの新作をハイレゾで 2012年、どちらかといえばエレクトロニクスを基調にしたダンサブルなK.F.名義でリリースした『From Dusk Till Dawn』、『Dreamtime from Dusk Till Dawn』で、クラブ系でもいち早くハイレゾにて作品をリリースしたCalm。そして、ここに5年ぶりのcalm名義の新作『from my window』をリリース。OTOTOYではパッケージに先駆けること、2週間先行24bit/192kHzで独占配信。つまり、先にいい音で聴けてしまうと。 前述のK.F.名義の作品を含め、5年前のCalmの作品にしても、その作品は彼の原点とも言えるエレクトロニクスによるトラック制作が中心だった。が、5年ぶりのcalm名義の新作は、ここ最近のライヴ活動の基盤とも言える、Calm含む4人編成のユニット、Moonage Electric Quartetのアーティスト達とともに、新たな楽器演奏者をさらに6人加えての作品となっている。なぜエレクトロニクスではなく、生楽器主体の表現に至ったのか。そして、なぜハイレゾで
Predawn超満員リキッドワンマンライヴをDSD11.2MHzで独占配信&ライヴレポート掲載!
[CLOSEUP]・2015年07月22日・澄み渡る歌声、躍動感溢れるバンド・サウンド、DSD11.2MHzで収めたPredawnワンマンライヴ音源を独占配信! Predawnが2014年より始めた自主企画〈Nectarian Night〉。2015年5月に行われた第2弾は、第1弾に引き続き、神谷洵平(Dr)(from赤い靴)とガリバー鈴木(Ba)を迎えたトリオ・アンサンブル編成。超満員(祝!)の観客を迎え、恵比寿LIQUIDROOMにて開催。OTOTOYでは、この公演を高音質フォーマット11.2MHz DSDで収録(※11.2MHz DSD / 24chで録音、PCM 32bit float/88.2kHzに変換しミックスを行い、DSD11.2MHzでマスターを制作)し、厳選した10曲をOTOTOYにて独占配信!! 11.2MHz DSDを再生するための特別なリスニング環境をお持ちでない方も聴けるPCMのハイレゾ音源(24bit/88.2kHz)もご用意。普段はアコースティック・ギターを中心とする清水がエレキ・ギターを用いた演奏や、3人の編成ならではのエモーショナルなバンド・サウンドで鳴らす珠玉の楽曲の数々。ライヴ・レポートとともにご賞味あれ!
by 中村 純
ヒロネちゃん、デビュー・アルバム『きみの死因になりたいな』をリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年07月22日・浸っている時間がもったいないーー“現代音楽 × J-POP”の鍵盤弾き語りSSW・ヒロネちゃん、術ノ穴より全国デビュー 19歳の鍵盤弾き語りシンガー・ソングライター、ヒロネちゃんが、術ノ穴より全国デビューを果たす。3歳からクラシック・ピアノを習い、現代音楽をフェイバリットにあげる彼女が、J-POPの道を直進し、真っ暗な世界を縦横無尽に駆け巡った10代の結晶。2015年4月にリリースした自主盤『神様』はDISK UNIONインディーズ・チャートで1位を獲得、大森靖子のオープニング・アクトに抜擢されるなど、いま最も注目を集める新生シンガー・ヒロネちゃんのデビュー作を配信し、インタヴューを行い掘り下げた。 記念すべき全国デビュー作を配信スタートヒロネちゃん / きみの死因になりたいな'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3単曲 200円(税込) / まとめ購入 1,200円(税込)【TRACK LIST】1. カロリーメイト2. プラネットボーイ3. 片道切符4. 恐竜のうた5. さみしいキャラメル6. 19歳の夏7. 目隠し8. 死と魔法※まとめ購入いただくと、特典としてweb
by 西澤 裕郎