おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載
[CLOSEUP]・2015年09月03日・ポップ・ミュージックと伝統音楽の距離感 : 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)ーー馬喰町バンド新作ハイレゾ・リリース記念対談! わらべうたや民謡、踊り念仏などこの国の人々、土地でかつて生まれた“大衆のうた”を掘り起こし、その記憶を帯びた感覚で現代の“大衆のうた”作り出す。その音の向こう側には世界中の、アフリカのブルースや、アイリッシュ・トラッドなど各地の“大衆のうた”を見出してしまうことすらある。このたびリリースされた馬喰町バンド4作目のアルバム『遊びましょう』は、まさにそうした彼らの音楽性が結実したアルバムだ。これまでもそのトレードマークでもあった自作担ぎ太鼓「遊鼓」、今作から加わった三味線の構造をもつフレットレス・ギター「六線」を駆使し、「ゼロから始める民俗音楽」をまさに地でいく作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作を24bit/48kHzのハイレゾで独占配信。この類まれな音楽集団を掘り下げるべく、馬喰町バンドの武徹太郎を招きつつ、今回はもうひとり民俗音楽とポップ・ミュージックの間を行き来する音楽集団からもうひとり才人を迎え、特別対談を敢行した。 馬喰町バンドの新アルバムを独占ハイ
by 河村 祐介
3人組のポップなバンド、HAPPLEによる2年ぶりのニュー・アルバムをフル試聴&予約受付中
[CLOSEUP]・2015年09月01日・自由が丘のビースティなBoy&Girls! 3人組のポップなバンド、HAPPLEによる2年ぶりの全曲ラップを取り入れた新作をフル試聴&予約受付中 2010年の結成から、ほっこりとさせるようなポップ・ソングを軸に幅広い楽曲性を披露してきた3人組のポップなバンド、HAPPLE。今回彼らがリリースする新作はなんと全曲ラップ入り! そんな2ndアルバム『Three to 2,1』ハイレゾ版の予約を受付開始! しかもアルバムから2曲をフル試聴でお届け!! どこよりも早く収録曲を聴いて、そしてぜひ予約を。 今作のプロデュースとエンジニアリングを務めたNATSUMENのAxSxEとの対談を公開。今作のスタイルに至った経緯、そしてバンドのこれからを、両者の出会いの場でもある自由が丘サークルサウンズで語ってもらった。 収録曲フル試聴 / 先行予約受付実施中!! M03「little」、M05「Cookie,Cracker&Biscuit」のフル試聴を実施中!!(その他は45秒の試聴になります)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1
by JJ
早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!
[CLOSEUP]・2015年09月01日・早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ーー〈朝コア〉終了直後のI love you Orchestraに突撃インタヴュー! “朝活”ならぬ“朝コア”という言葉を聞いて何を思い浮かべるだろうか…。その内実は、仕事始まりである憂鬱な月曜日の早朝から、新宿LOFTにて毎月1回行なわれているハード・コアなライヴ・イベントだ。この破天荒なイベントを主催しているのは、パンク・ジャズ・ハードコア・シーンの「孤高の異端児」、I love you Orchestra。同じシーンを代表するKAGEROのベーシスト、白水悠をリーダーに“本気で遊ぶ”音楽を奏でている。そんな彼らが2015年4月の1stアルバム・リリースからわずか5ヶ月後の9月16日に2ndアルバム『Fuse』をリリース。OTOTOYでは2週間先行でハイレゾ配信、全曲フル試聴を行ない、インタヴューで彼らに迫った!! 新しいシーンを切り拓く彼らの活動にぜひ注目していただきたい。 これが〈朝コア〉だ!! まずはダイジェストをチェック!! もちろんレコ発は〈朝コア〉、しかもワンマン・ライヴ!!I love you Orchestra "
by 岡本 貴之
OMAKE CLUBのニューカマー、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB独占音源配信開始&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年08月28日・いまのインディーズ・シーン、注目はバンドだけじゃない。4MCのラップ・クルーJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB独占音源配信!! "ミュージシャンの、ミュージシャンによる、ミュージシャンのための、著作権フリーのインターネット踏み台レーベル"と掲げるネット・レーベル、OMAKE CLUB。2014年にTOKYO HEALTH CLUB、2015年には中小企業と、抜群のセンスでスパイスのきいた音を鳴らすヒップホップ・グループを輩出し注目が集まるなか、さらに逸材を投入! 4MC NO DJのラップ・クルー、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBがこの夏デビューした。 7月リリースのデビュー・アルバム『QUEST』は、WEEKENDの泉水マサチェリーやAlaska Jamの森心言を迎えたほか、DJ / プロデューサーYOSAのリミックスも収録した全14曲で破格の500円! 続けて同アルバムから「Revenge For Summer Part.2」のryo takahashi(CBS)、%C(HOOLIGANZ)、そしてレーベルメイトの小山秀一郎(中小企業)のリミックスを収録したE.
大野雄二手がける『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』シリーズ初のベスト&過去作ハイレゾ化記念、ルパン音楽の魅力に迫る
[CLOSEUP]・2015年08月26日・須永辰緒に訊く、大野雄二によるルパン音楽の魅力——『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』初ベスト&シリーズ初ハイレゾ配信 「ルパン三世」といえば、世代を越えたファンを持つアニメだが、90年代以後は、その音楽がクラブ・シーンと結びついて、人気を博してきた。テレビでの放映が始まったのは1971年。第1シリーズの音楽は山下毅雄が手掛けたが、第2シリーズ以後、現在に至るまでの音楽を手掛けているのは大野雄二だ。この2015年10月1日には、新しいTVシリーズがスタートするが、そこでも大野雄二が音楽を書き下ろしているという。 今回、OTOTOYから配信される『LUPIN THE BEST “JAZZ"』は、その大野雄二が1999年からバップ・レコードに残してきた『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』シリーズから27曲をセレクトしたもの。2005年に結成された大野雄二率いるジャズ・コンボ、ルパンティック・ファイヴの演奏や、新録音2曲のピアノ・ソロも含まれている。 さらに、このベスト・アルバム発売を記念して、OTOTOYでは『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』シリーズの初期3作をハイレゾ配信
by Reviewed by Kentaro Takahashi
レディース・ポップ・ユニット、ぱいなっぷるくらぶが初作品リリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年08月26日・夏のダンシング・ナイトは終わらない! ごきげんバブリーなレイディー、ぱいなっぷるくらぶが、世界初パイナップルを特典に提げ登場!! 常盤ゆうとなかまきこによるレディース・ポップ・ユニット、ぱいなっぷるくらぶ。彼女たちのデビュー作『BANANA』が到着です。愛しさと切なさと心ここにあらずな脳天気さを集めて、たんたんと紡がれるラップと歌。キラキラしながらもどこか切ないシンセ・トラックの多くを手がけるはSUBMARINEの新城賢一。メロディ・センス溢れる名曲「finderrr」やディスコ・チューン「WoAiNi」を始め、沖縄民謡をポップ・アレンジに仕上げた「唐船Dooooooi!!!!!!」を含む全12曲収録。彼女たちの初インタヴューとともに、全曲フル試聴であなたの胸を射止めます! 購入すると沖縄・久米島でしか手に入らない「パイナップルジャム」も当たるし、これはもうぱいなっぷるまみれになるしかない!! まずは聴いてみる? 期間限定全曲フル試聴!! 【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC / MP3【価格】単曲 150円(税込) / アルバム 1,500円(税込)>>ご購入はこちらからアルバムで
by 渡辺 裕也
ControversialSpark『Angels of a Feather』を1週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2015年08月25日・時代を表現するためのパラレル・ワールドーーControversial Spark、メンバー5人全員の作曲によるミニ・アルバムを先行ハイレゾ配信 20代から60代まで世代を越えたメンバーで構成されたロック・バンド、Controversial Sparkがミニ・アルバムを完成させた。ムーンライダーズの鈴木慶一、元カーネーションで"MUSEMENT"や数多くのセッションもこなすドラムの矢部浩志、図書館のメンバーとしても活動するギタリストの近藤研二、The Uranusや様々なサポートでも活動するベースの岩崎なおみ、超大陸パンゲアでの活躍もめざましいヴォーカルkonore。そんな5人のメンバーがそれぞれ1曲ずつ作曲したという本作は、バンドの「今」を反映し、早くもバンドの新境地に達した内容となっている。本作をCDに先駆け1週間先行ハイレゾ配信。また、The Uranus、超大陸パンゲアの音源も一斉配信スタート!! 鈴木慶一、konore、岩崎なおみへのインタヴューとともにじっくりご堪能ください。 9月2日リリースのミニ・アルバムを1週間先行ハイレゾ配信スタートControversial Spark / Angels
by 西澤 裕郎
the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年08月24日・多様なる音楽性のポップな邂逅、「パワー・ポップ・オーケストラ」と標榜する、the audio poolの3年半ぶりの新作を独占ハイレゾ先行配信 印象的なキーボードの音色などさまざまな音楽の要素が複雑に入り混じりながらも、ポップなロックをエネルギッシュに送り出す5人組、the audio pool。2012年、ファースト・アルバム『into the pool』リリース。アメリカ8カ所を含む国内外のツアー、新メンバー2名の加入などまさにバンドの変革期を経て、3年半ぶりのセカンド・アルバムを完成させた。 キャリアとさらなる音楽的表現の深み、そして新メンバーという新たなファクターも変わったセカンド・アルバム『Escape from the World』はOTOTOYでは、2週間以上の先行配信(フィジカルは9月9日)。ストレートでポップな音世界の裏に展開されている複雑なる音楽的要素はぜひともハイレゾで楽しむべし。またインタヴューでは、この音楽性がどこからきているのか細かに語っているので、ぜひとも本インタヴューを読みつつ、その音楽性の魅力を味わうべし! the audio pool / Escape from the
by 岡本 貴之