おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
話題のボンジュール鈴木が歌う、TVアニメ『ユリ熊嵐』OPテーマがハイレゾ配信スタート!
[CLOSEUP]・2015年02月25日・TVアニメ『ユリ熊嵐』OPテーマがハイレゾ配信開始! そしてスペシャル企画スタート!!『気になるあの娘、ボンジュール鈴木とLINEしてみた』 「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」の幾原邦彦による新作アニメ『ユリ熊嵐』。幾原監督が描く"究極の百合アニメ"に注目が集まるなか、主題歌に抜擢された無名の新人アーティストがいました。その名も"ボンジュール鈴木"…。ね、もう気にならざるを得ないでしょう!? その正体は下記レビューまで引っ張りまして、そんな話題の主題歌「あの森で待ってる」を収録したシングルがこの度ハイレゾで登場!! その甘い声で紡ぐラップに、ストリングスの美しい耽美なサウンド。カップリングには「森のくまさん」の英語ヴァージョンを百合城銀子、百合ヶ咲るる、椿輝紅羽がの3キャラクターが歌うキャラクター・ソングを収録。 さて、この曲がイチオシなことはもちろんですが、私たちはどうしてもベールに包まれた"ボンジュール鈴木"の存在に興味が湧いて仕方がないのです…。ということで、こんな企画を始めます。「気になるあの娘。ボンジュール鈴木とLINEしてみた」! 詳細はページ下部にて。彼女、想像以上の魅力を秘めてます!!
by 純三
分島花音による、セルフ・プロデュースで作り上げたニュー・アルバムをハイレゾで
[CLOSEUP]・2015年02月25日・絢爛華麗にストリングスを操る乙女のドラマチック・ポップス——J-POP初のチェロ・ヴォーカリスト、分島花音の新作をハイレゾで 『ヴァンパイア騎士』や『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』など、多くのアニメ主題歌を担当し、日本国内はもちろん、海外でもスポットを浴びているシンガー・ソングライター、分島花音。彼女による、初のセルフ・プロデュースで作り上げたサード・アルバム『ツキナミ』(24bit/48kHz)の予約受付を開始! 3歳の頃からチェロを始め、クラシック音楽に触れ続けてきた彼女だけにしか描けない楽曲の魅力は、主題曲である「ツキナミ」を聴けば一目瞭然。また、『フェイト/エクストラ CCC』、『ストライク・ザ・ブラッド』といった話題のTVアニメやゲームのタイアップ曲が5曲も収録されており、聴き応えは抜群だ。2014年からリリースされてきたシングル曲たちは、圧倒的な人気を博し、これから先、日本の代表的なシンガー・ソングライターとして成長していくであろう彼女のニュー・アルバムは、アニメ・ファンでなくとも聴き逃せない。そんな分島花音の、伸び伸びと遠くまで届く歌声と弦楽器の迫力ある旋律を、ぜひハイレゾで体感
kitiからガールズ・デュオ、その他の短編ズがフル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2015年02月18日・女の子ふたりの、密やかで自然で少し不吉な音遊び――kitiからガールズ・デュオ、その他の短編ズがフル・アルバムをリリース ポエトリー・リーディングともラップともつかない特徴的なヴォーカル・コーラスの間に、そっと現れる美しいメロディ。アコギとキーボードをベースとした、シンプルで精錬されたクールなサウンド・プロダクションの卓越したバランス感覚。2014年は「シブカル祭」にも出演し話題を集める森脇ひとみと板村瞳によるガールズ・デュオ、その他の短編ズがインディ・レーベル"kiti"からファースト・フル・アルバム『13』をリリース。同年8月には、今回もインタヴューを担当したライター・田中亮太の連載「隣の騒音 ~2014年の関西インディ・ミュージック・ガイド」第3回にてOTOTOY初登場。そこでご紹介した過去3作より選ばれた13曲の新録音源が、今作に収録されています。新録にあたってレコーディングとミックスを林谷英昭が、マスタリングを木村健太郎 (KIMKEN STUDIO)が担当。より鮮やかに色づいたサウンドは、これまで以上に聴く人の胸をざわつかせるに違いありません。再びのインタヴューとともに、どうぞお楽しみください。
Polaris、9年ぶりのフル・アルバムを独占ハイレゾで配信!!
[CLOSEUP]・2015年02月18日・ハイレゾで鳴り響く9年ぶりの"Music"——Polaris、待ちに待ったフル・アルバムを配信開始!! 2012年に再始動を果たしたPolarisが、ついに9年ぶりのフル・アルバム『Music』をリリース。シングル「光る音」を含む11曲(うち2曲はメドレー形式で収録)がハイレゾで届けられた。溜めをたっぷり効かせた柏原譲ならではのベース、まさに"光る音"を紡ぎ出すような大谷友介のギター。どれだけ月日が経とうと、やっぱりPolarisはPolarisだ。OTOTOYでは、この作品を24bit/96kHzおよび5.6MHz dsdで配信。収録された音の粒、そのひとつひとつをぜひハイレゾで味わっていただきたい。さらに、購入特典としてデジタル・ブックレット(pdf)とサイン入り壁紙(jpg)を同梱。Polarisの2人のユニークな制作過程、そして柏原譲の独特な再生環境などに迫ったインタヴューとともにどうぞ。 ハイレゾ / DSDで買えるのはOTOTOYだけ!!!Polarisの9年ぶり新作をブックレット & サイン入り壁紙つきで配信!!!Polaris / Music 【配信形態】[左] 24bit/96kHz (
by JJ
清 竜人25、最新シングルをハイレゾで配信開始!& インタヴュー!
[CLOSEUP]・2015年02月18日・今、知らないとヤバイです! まさかの「一夫六妻」編成アイドル参上 ーー清 竜人25、最新シングルのハイレゾ配信&全員インタヴュー! シンガー・ソングライターの清 竜人が2014年、6人の妻とともに「清 竜人25」として活動を開始。1stシングルの『Will♡You♡Marry♡Me?』は、常識を覆すユニット形態と新しい愛の表現に、度肝を抜かれた人は多かったんじゃないだろうか。そんな彼らが放つ2ndシングル『A・B・C じゃグッと来ない!!』は、ライヴ中のコールが最高に映える、希望に満ちたアッパーなチューン。OTOTOYでは、『A・B・C じゃグッと来ない!!』と1stシングル『Will♡You♡Marry♡Me?』をハイレゾ配信開始。しかも、『A・B・C じゃグッと来ない!!』のハイレゾ版をまとめ購入すると、「清 竜人ハーレム♡フェスタ 2014 vol.2」で披露した「A・B・C じゃグッと来ない!!」のハイレゾ・ライヴ音源がついてくる! 特典つきはOTOTOYだけ! この記念すべきタイミングに、「宗像明将の現場批評〜Particular Sight Seeing」で清 竜人25の存在を業界内外に伝播さ
eastern youth、大名作『ボトムオブザワールド』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2015年02月17日・白旗なんて挙げねえよ!!ーーeastern youthが2015年に東京の底からがなるロックンロールを耳かっぽじって聴け!! 2015年に日本でロックをやるというこはこういうことだ。それをイースタン・ユースの『ボトムオブザワールド』は雄弁に語りかける。これまでのメジャー・レーベルを離れ、かねてより自身たちで運営してきた「裸足の音楽社」から初の単独リリースとなるオリジナル・アルバムは、タイトルの通り、社会の底辺からがなり立てるリアルなロックンロールだ。吉野のトーキング・スタイルの歌が印象的な「街の底」、かねてから親交が深く極東最前線にも出演している向井秀徳(ZAZEN BOYS)、射守矢雄(bloodthirsty butchers)、cp(group_inou)らがゲストコーラスに参加した「直に掴み取れ」など、音楽的なアプローチも新たな側面を魅せる。23年に渡りベースを務めた二宮友和の脱退が発表され、現体制では最後となる魂の叫び。ハイレゾでも掬え切れるのかはわからない。だけど、だからこそ、現時点での最高音質で聴いていただきたい。そして吉野寿に真摯に向かい合っていただけたら幸いだ。 eastern youth
by JJ
3ピース・バンド、けふなろによる、約11年越しのファースト・アルバム
[CLOSEUP]・2015年02月14日・やさしい音楽による“マホウノ言葉”——音楽療法から生まれた、けふなろによる、約11年越しのファースト・アルバム 社会福祉施設で働く職員たちによって結成されたバンド、けふなろ。2003年に結成して以来、10年以上もの自主的な活動を積み重ね、2013年からリリースされてきたシングルの数々は、どれも大きな反響を呼んだ。そんな期待のなか、待望のファースト・アルバム『マホウノ言葉』がこのたびリリースされた。音楽療法という枠を超えて、様々なジャンル、アレンジにも取り組み、今までのシングル曲、「エルマレロハナ」、「二人の空」などを含んだ、けふなろの新たな顔となるようなアルバムである。メロディーと言葉で癒やしを作るという彼らのテーマ通り、そっと隣に寄り添って支えてくれるような楽曲たちは、目に見えない温かさを感じさせ、日常のふとした疲れも払拭される。そんな、けふなろによる魅力あふれる楽曲に、ぜひ触れていただきたい。 けふなろ / マホウノ言葉'【配信形態 / 価格】(各税込)ALAC / FLAC / WAV / AAC / mp3 : 単曲 257円 / アルバム 1,620円【Track List】''01. けふなろ定
by 鶯巣 大介
大森靖子、メジャー・ファースト・アルバム『洗脳』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載!!!
[CLOSEUP]・2015年02月07日・おっさんの心をもった人と、女の子の心を持った人へ――大森靖子、メジャー・ファースト・アルバム『洗脳』を絶賛ハイレゾ配信中 2014年12月3日にリリースされた大森靖子のメジャー・デビュー・アルバム『洗脳』。カーネーションの直枝政広をはじめ、ソウル・フラワー・ユニオンの奥野真哉、ハロー! プロジェクトのアイドル曲を多く手掛ける大久保薫など、8人のプロデューサーがサウンド面でバックアップした本作は、音楽媒体をはじめ高い評価を得ながら現在もロング・セラー中。1月より公開されている映画『ワンダフルワールドエンド』では「呪いは水色」が主題歌として使用されるなど、2015年もその勢いは止まりません!! アルバム・リリース第1弾特集のライター前田将博による5000字レビューに続き、第2弾特集として、2014年12月中旬に行なわれた大森靖子へのインタヴューを公開。日本武道館、紅白歌合戦へ向かって歩みを進める大森から目を離さないように!! 大森靖子 / 洗脳'【配信形態】【左】WAV / ALAC / FLAC(24bit/44.1kHz) 【右】WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz)、mp3【
by 純三