おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
Sabão(シャボン)が、tatsuo、杉本善徳、えびさわなおきプロデュースによる新作をハイレゾ配信開始&インタヴュー
[CLOSEUP]・2014年10月31日・メタルに演歌にアコーディオンまで!?――元Hysteric Blueの2人からなるSabãoの1年ぶりの新作をハイレゾで 元Hysteric BlueのメンバーであるTama(Vo.)と楠瀬タクヤ(Dr.)によるユニットSabão(シャボン)が、新作『Alliance vol.2』を完成させた。これは「Alliance」(同盟)と銘打たれたシリーズの第2弾。ちょうど1年前の2013年10月31日にリリースされた『Alliance vol.1』では、松隈ケンタ、中尾憲太郎、nishi-kenの3人がプロデュースをつとめ、それぞれが得意なスタイルでSabãoの魅力を引き出した。第2弾となる本作では、ゴールデンボンバーのアレンジや仮面ライダー・シリーズへの楽曲提供など幅広い音楽制作を手がけているtatsuo、元Waiveのギタリストで、自身のソロ活動と並行して多くの若手バンドのプロデュースも盛んな杉本善徳、舞台作品やミュージカル、ライヴ・イベントなどで活躍しているアコーディオン奏者のえびさわなおきの3名が、まったく違ったアプローチでSabãoの魅力を引き出している。Hysteric Blueの音楽を大切に残しな
by 西澤 裕郎
カイモクジショウ”は世界を震撼させるのか?ーー1stアルバムを先行ハイレゾ配信スタート&1ヶ月密着記事掲載
[CLOSEUP]・2014年10月29日・カイモクジショウ”は世界を震撼させるのか?ーー自身のレーベルより1stアルバムを先行ハイレゾ配信&1ヶ月密着記事を掲載 なんて世界観なんだ!! 鬼束ちひろ+TOOL、Cocco+Deftonesと形容されるラウドで混沌としたサウンド。彼らは11月5日(水)に待望の1stアルバム『JIDOU』のリリースを控えるバンド、カイモクジショウ。西田夏海(Vo.)、高橋裕樹(Gt.)、上田哲也(Dr.)からなる3人組の彼らは、ベースレスを感じさせない厚みのある轟音サウンド、ときに凶暴さを見せる圧倒的歌唱力を持つヴォーカルを武器に、日夜ライヴハウスで観た者の目を丸くするようなパフォーマンスを繰り広げている。その評判を聞きつけたプロモーターから直々に声がかかりオーストラリア・ツアーを行うなど、その実力は折り紙つきだ。そんなライヴ・バンドである彼らの魅力に最大限迫るため、現在OTOTOYではリリースまでの約1ヶ月間、バンドに密着した取材を決行!! 第1回目となった前回のレポートでは、強さも弱さもさらけ出したバンドのリアルな姿をお届けした。第2回目となる今回は、10月上旬に行われた2本のライヴに足を運び、大学生ライターの鶯巣
特別対談 : 佐藤(きのこ帝国)×池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)
[CLOSEUP]・2014年10月29日・"東京"で「歌心」を開花させたきのこ帝国とあらかじめ決められた恋人たちへ――佐藤×池永正二 対談 "東京"のタイトルを持つ名曲を新たに誕生させたきのこ帝国、待望のセカンド・アルバムがついに到着しました。これまでシューゲイザー・バンドとして名を広めていたこのバンドが、ヴォーカル・佐藤のシンガー・ソングライターとしての覚醒により今作『フェイクワールドワンダーランド』において最高の"歌モノ"を完成させ、多くの人に届くに欠かせないポップさを獲得しました。なかでもアルバムに先行してCDショップ限定で発売されたシングル「東京」は、その歌の強さに耳を奪われずにはいられないでしょう。 さて、今回はその佐藤の"歌"にフォーカスするべく、あらかじめ決められた恋人たちへの池永正二を迎え、対談を行ってもらいました。というのも9月に発売されたあら恋の最新作『キオク』で、ゲスト・ヴォーカルとしてクガツハズカム(佐藤のソロ名義)を招いたのが池永だったからです。同時に、佐藤は岩手から、池永は京都から上京したもの同士、今回のキーとなる"東京"について語ってもらいたかった。聞き手にライター・金子厚武に立ってもらい、想像以上の濃い内容になりま
by 金子 厚武
11月は〈MOtOLOiD〉月間——第1弾! ヒゲドライVAN特集!!
[CLOSEUP]・2014年10月28日・11月は“くだらないけどかっこいい”レーベル〈MOtOLOiD〉月間——第1弾! ヒゲドライバー“念願の”ロック・バンド、ヒゲドライVAN特集!! 2011年、突如コミケから生まれた謎のネット・レーベル〈MOtOLOiD〉。ニコニコ動画などのインターネット上で活躍するトラックメイカーやDJが所属する、仲間のたまり場のようなこのレーベルは、EDM、チップチューン、ロック・バンドなど、まさにごちゃ混ぜ。しかしアーティスト一人一人からは、「今自分が好きなことをやってる!」という何事にも代え難い熱いエネルギーに満ちている。そんな“くだらないけどかっこいい”を感じさせるこのレーベルをぜひご紹介したく、“11月は〈MOtOLOiD〉月間!”と銘打って、所属アーティストを週ごとに特集いたします! 第1弾はチップチューン・アーティスト、ヒゲドライバーによる念願のバンド・プロジェクト、ヒゲドライVAN。次週は彼らへのインタヴューも公開。購入特典付きの新曲も配信しちゃいます!! 2005年からファミコン・ライクな、ピコピコ音源を用いたチップチューンをメインに、インターネット上で活躍するトラックメイカー、ヒゲドライバー。極めてキ
Controversial Spark待望のファーストフルアルバム配信開始!
[CLOSEUP]・2014年10月27日・彼らの「本気」をハイレゾで! 鈴木慶一率いるControversial Spark、待望のファースト・フル・アルバム配信開始! 2013年8月11日(日)に行われたWORLD HAPPINESS 2013でデビューを飾った、鈴木慶一率いるControversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)。あれから1年、待ちに待った待望のフル・アルバムがついに到着。OTOTOYでは24bit/48kHzのハイレゾで独占配信中です。 元カーネーションの矢部浩志、栗コーダーカルテット等で活躍中の近藤研二、The Uranusのメンバーとしても活動中のベースの岩崎なおみ、the roomsのkonore、そして鈴木慶一というメンバーが繰り出す音から感じるのは、バンド名からもわかるように、世代や性別といった垣根なんて必要ない、音楽に対する火花を散らすような本気。岡村詩野の本気のレヴューとともにお楽しみください。 待望のファースト・フル・アルバム! Controversial Spark / Section I 【配信形態】 [左] ALAC / FLAC / WAV (24bit/48kHz)[右] AL
by ms.KITTEN
限定トラックあり! ハイレゾで聴く、KASHIWA Daisukeの、歌モノへの新たな挑戦
[CLOSEUP]・2014年10月25日・歌モノへの新たな挑戦に試みた、エレクトロニカ・アーティストKASHIWA Daisukeの新作を先行ハイレゾ配信! 限定トラックも! グリッジ・ビートと耽美な音使いを自在に行き来した、エレクトロニカを提供しているKASHIWA Daisuke。自身の創作活動はもちろん、作家、リミキサー、マスタリング・エンジニアとしても活動し、2013年にはアニメーション映画への音楽提供を果たした。多方面で飛躍的に活動する彼が、このたび『9 songs』をリリース。明治、花王のCM等に楽曲を提供しているヴォーカリスト、pianaを大々的にフィーチャリングした本作。その中身は、柔らかくも透明感溢れる歌声とエッジの立ったリズム・セクションが絶妙にグルーヴした、まさに彼的な“歌モノへの新たな挑戦”が垣間見えるサウンドとなっている。 そんな本作を1週間先行、ハイレゾ音源で配信! しかもOTOTOY限定で、17分にもおよぶアンビエント・トラック「Yume.002」も付属!! どこよりも早く、そして高音質で、KASHIWA Daisukeによるサウンドスケープをお楽しみください。 KASHIWA Daisuke / 9 Songs(24
リコチェットマイガール、初の全国流通リリースとなる新作を配信開始
[CLOSEUP]・2014年10月24日・リコチェットマイガールが問いかける〈グッド・ミュージックとはなんなのか〉――初の全国流通リリースとなる新作を配信開始 鍵盤、ギター、ベースの3人組バンド、リコチェットマイガールが初の全国流通盤ミニ・アルバム『きっと鳴り止まない』をタワーレコード限定でリリース! ……というところをなんとOTOTOYでも同時配信スタートとなりました! 作詞作曲を手掛けるヴォーカル・稲荷直史の、物語のようで日記のような、独り言のようで誰かに届けたいと切望する繊細な表現。一方でメンバーがほどこす一筋縄ではいかないアレンジがきいたバンド・サウンド。会場限定で販売されたファースト・デモ・アルバム『トランスファー』は現在までに約700枚を売り上げ、同アルバムのレコ発ワンマンは1ヶ月前にはソールド・アウトするなど注目の高まる彼らがインタヴューで初登場です。結成のいきさつから、彼らの思う"グッド・ミュージック"の在り方について、丁寧に語ってもらいました。 リコチェットマイガール / きっと鳴り止まない'【配信価格】ALAC / FLAC / WAV : 単曲 216円 / アルバム 1,296円(各税込)mp3 : 単曲 162円 / ア
by 渡辺 裕也
インディ・シーンの新たな注目株! Nohtenkigengo、ファースト・アルバムを配信開始
[CLOSEUP]・2014年10月24日・oono yuuki、平賀さち枝を輩出したレーベル"kiti"が送る新世代ドリーム・ポップの大本命、Nohtenkigengo登場 シンガー・ソングライター花枝明によるソロ・ユニット"Nohtenkigengo(ノーテンキゲンゴ)"。全てをひとりで手掛ける新世代の宅録ポップスとして自主制作盤から早くも話題を呼んでいた彼が、インディ・レーベル"kiti"からファースト・アルバム『Never』をリリース。ceroやザ・なつやすみバンド、Alfred Beach Sandalも手掛けたエンジニア・得能直也がミックスとマスタリングを担当、みずみずしさと鮮烈なフレッシュさを持ったまばゆくきらめく9曲が届きました。2014年も終わりに近づいてきましたが、今年最後に知っておいてほしい! と声を大にして言いたい、インディ・シーンから生まれた注目作です。 Nohtenkigengo / Never'【配信価格】ALAC / FLAC / WAV / mp3 : 単曲 200円 / アルバム 1,500円(各税込)【Track List】''01. LONG / 02. FEVER / 03. CLUB / 04. VILL