おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
LD&K主催の新人発掘オーディション「宇田川コーリング」を大特集!! 選抜12アーティストのコンピレーションを最速試聴
[CLOSEUP]・2014年08月31日・“一撃必殺”をプロデュースーー〈LD&K〉主催の新人発掘オーディション「宇田川コーリング」、優秀アーティスト12組の音源を先行試聴&主催者インタヴュー ガガガSP、かりゆし58、ストレイテナーなど数多くのアーティストを輩出している〈LD&K〉が開催する新人発掘オーディション「宇田川コーリング」。2014年3〜6月にオーディションが行なわれ、12アーティストが選抜されました。9月10日には、12組の楽曲が収録されたコンピレーション・アルバムがリリース。それに先駆け、OTOTOYでは12曲を先行試聴いたします。〈LD&K〉のスタッフが“一撃必殺”を感じたアーティストたちの音を体感してください!! そしてその主催者へのインタヴューも掲載。「宇田川コーリング」がどのような思想のもと行なわれているかを訊きました。そして最後には、この12組のなかから最優秀アーティストが選ばれ、デビューを果たします。一体どのアーティストが選ばれ、どのように世に羽ばたいていくのか。一緒にその過程を追いかけてみませんか? >>宇田川コーリング主催者へのインタヴューはこちらから オーディションを勝ち抜いた12組の音源をどこよりもはやく試聴スタ
by 西澤 裕郎
ハイレゾ・アニソンをリリースした榊原ゆい&山森篤の音質聴き比べ対談
[CLOSEUP]・2014年08月30日・ハイレゾは本当にちがうの?――ハイレゾ・アニソンをリリースした榊原ゆい&山森篤の音質聴き比べ対談 多数の人気アニメを輩出するKADOKAWAメディアファクトリーが、ついにアニソンをハイレゾ化…!!! これは嬉しい知らせということでその立役者となったおふたりとハイレゾ・アニソンの普及に努めたい! ということで実現したのが今回。純粋な疑問として感じる「ハイレゾは本当にちがうの?」という言葉にお応えする音質聴き比べ対談です。 そのおふたりとは、声優から振り付け、ダンサーまでマルチな活動を行いつつも数々のアニメ / ゲーム主題歌を手掛けてきたシンガー・ソングライター"ゆいにゃん"こと榊原ゆいさんと、KADOKAWAメディアファクトリーで音楽プロデューサーを務める山森篤さん。このふたりがタッグを組み、24bit/96kHzのハイレゾ音源で『LOVE×CoverSongs』と『 TVアニメ「星刻の竜騎士」オープニングテーマ「聖剣なんていらない」』を今春リリースしました。 「なぜ聴き比べ? ふたりにとっては今更でしょう」と思うかもしれませんが、実は制作しているときは"良い音"で聴いているのが当たり前で、あらためて聴き比べ
by JJ
倉内太、全ての作業をひとりで手掛けた新境地のフル・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2014年08月27日・クロスレヴューで見えた"ペーパードライブ"の果て――倉内太、全ての作業をひとりで手掛けた新境地のフル・アルバムをリリース! アコースティック・ギターを中心に、多彩なコーラスワークと様々な音のコラージュが散りばめられた、シンガー・ソングライター倉内太が送り出す3枚目のフル・アルバム。これまでバンド・サウンドで2枚つくりあげた彼が、今作においてはじめて、作詞作曲、歌演奏、録音からミックスまで全てをひとりで手掛けた作品『ペーパードライブ』を発表しました。 本作品を、トリプルファイヤー、Gotchと続いてシリーズ化して参りました「岡村詩野音楽ライター講座」の受講生によるクロスレヴューでお届けします。キーワードは「不安定なヴォーカルとサウンド」「前2作からの表現内容の変化」、そして「生命力」…。5名が読み取った"ペーパードライブ"の果てを、ぜひレヴューにて。また、岡村詩野による倉内太のインタヴューも後日掲載予定。倉内が本作品に対して語った言葉も、お楽しみに。 倉内太 / ペーパードライブ'【価格】alac / flac / wav(16bit/44.1kHz)、mp3 : 単曲 216円 / まとめ購入 1,782
Yogee New Waves、誰もが待ちわびた1stフル・アルバムをハイレゾで予約開始!!
[CLOSEUP]・2014年08月27日・シティポップのその先へ、ここが東京インディの最先端だ——Yogee New Waves、待望の1stフル・アルバムがハイレゾで到着!! どれだけのリスナーがこの作品を待ちわびただろう。結成1年とわずかにして早くもフジロックへの出演を果たすなど、その才能と未来に大きな期待がかかるYogee New Waves、待望の1stフル・アルバムが届けられた。「PARAISO」=「楽園」と名づけられた新作には、その期待を裏切らない、誰もが"本物"であることを直感する音が詰まっている。どこよりも早く彼らをピックアップし、この新たな才能に注目してきたOTOTOYでは、本日よりアルバムの予約受付をスタート。しかも予約購入者には、特典としてメンバーが作品について自由にトークした解説音声をプレゼントする。 そんな今作には、もはや彼らの代表曲となった2曲「Climax Night」と「Good Bye」の新録ヴァージョンを収録。さらに、「Megumi no Amen」、「Hello Ethiopia」、「Dreamin Boy」など、洗練されたメロディと構成力、そして一瞬のひらめきを感じさせる珠玉の楽曲群が収められている。しかも今
by 西澤 裕郎
OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始
[CLOSEUP]・2014年08月21日・OAUの“最高の生音”を体験する公開DSDレコーディングをレポート!!さらに5年ぶりの新作をハイレゾで予約受付開始!! BRAHMANのメンバーが全員参加する6人編成のアコースティック・バンド、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND(以下、OAU)の5年ぶりの新作『FOLLOW THE DREAM』(9月3日配信開始)をハイレゾ & CDクオリティで予約受付開始。予約していただいた方には、特典としてOAUの特製アーティスト壁紙データがプレゼントされるので要チェックだ!! そして、OTOTOYでは今回のプレオーダー開始を記念して、先日8月20日(水)におこなわれた彼らの公開DSDレコーディングの模様をレポート。このレコーディングは、OAUが立ち上げたクラウドファンド・プロジェクト「最高音質レコーディングに参加して、最高の"生音"を体感しよう。」の支援者を招いて実施されたもので、レコーディング・ディレクターとして美濃隆章(toe)、DSDレコーディングのエンジニアとして高橋健太郎(OTOTOYプロデューサー)が参加。さらに、Candle JUNEが空間演出を担当し、レコーディング・スタジ
by 岡本 貴之
Hi,how are you? 大好評の1stアルバムからわずか半年、早くも2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2014年08月21日・関西インディーズの注目バンドがわずか半年で送るセカンド・アルバム!—— Hi,how are you?から夏の切なさを刺激する残暑見舞い ギターと鍵盤。シンプルなポップ・サウンドながらも絶妙な抜け感がクセになる京都の2人組、Hi,how are you?。彼らが今年2月にROSE RECORDSからデビューして半年、早くもセカンド・アルバムが到着しました。その中身はトラックリストだけでも一目瞭然。お盆を過ぎたこの季節には妙に染み渡る夏の記憶が詰め込まれています。そのなかにはVIDEOTAPEMUSICとのスプリット7inch限定シングル『熱海へ行くつもりじゃなかった』で話題を呼んだ「熱海」も収録。憎いことにOTOTOY限定のボーナストラックとして用意してくれた楽曲はクレイジーケンバンド「せぷてんばぁ」のカヴァー。夏の終わりを告げるこの曲は、ぜひあわせて聴いていただきたいところです。この作品の物語性、そしてバンドの成長を読み解くインタヴューとともに、『さまぁ〜ぎふと』を受け取ってください。 OTOTOY限定ボーナストラック付き! このカヴァー、必聴です!! Hi,how are you? / さまぁ〜ぎふと'
新プロジェクト、“エミ・マイヤーと永井聖一”による日本語ポップスをハイレゾで
[CLOSEUP]・2014年08月20日・ハイレゾで聴く色鮮やかな日本語とポップスの世界——新プロジェクト、“エミ・マイヤーと永井聖一”、始動 トヨタ自動車〈プリウス〉のCMタイアップ曲など、数多くのCMソング・ヒットを生み出しているSSW、エミ・マイヤー。相対性理論のギタリストとしてはもちろんのこと、近年では“山P”こと山下智久やムーンライダースなど、ジャンルレスなアーティストへの楽曲提供、プロデュースを行う、永井聖一。音楽シーンの第一線で活動を続ける彼らによる、直球な名前の新ユニット“エミ・マイヤーと永井聖一”の作品は、直球なポップ・アルバムだ。その内容は、全編日本語詞による、季節、時間を問わず耳にすっと入り込むような、優しい空気漂うポップ・ソングで構成されている。しかしながら、その楽曲郡には、ソフト・ロック、オールディーズ、ファンク・ビートなどの要素を織り交ぜるなど、彼ららしい“鋭い”音楽センスを見せつける内容である。まさにオールタイム・ベストとなりそうな今作をOTOTOYでは、24bit/44.1kHzのハイレゾ音源でお届け。 そして今回、このコラボレーション・ユニットが生まれた経緯、全編日本語詞にした理由などを、エミ・マイヤー本人に聞いて
by JJ
Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始
[CLOSEUP]・2014年08月20日・ベースメント・ジャックスの新作はバック・トゥ・ベーシックなハウス・ミュージック! 彼らの音で、残りの夏の日々を踊り尽くそうじゃないか。 約5年ぶり、7作目のフル・アルバム『Junto(フント)』をリリースしたベースメント・ジャックス。ハウス・ミュージックを基礎としたダンス・アクトとして、ある意味でフランスのダフト・パンクと双璧を成す存在と言っても良いかもしれない。先頃も、フジロックで来日し、圧倒的なライヴを繰り広げたばかりだ。本作もベースメント・ジャックスらしい、ハウスを起点としながら音楽が極上のエンターテインメントであることを指し示す、そんな作品を作り続けている。これまで、ラテンにはじまり、南米~カリビアンやアフロなどなど様々な音楽性を取り入れ、そのダンスフロアの面積を広くしてきた彼ら。新たにCharaが参加した「Wherever You Go」も収録。 Basement Jaxx / Junto (Special Edition)【配信フォーマット】ALAC / FLAC / WAV(16bit/44.1kHz) / mp3【価格】単曲257円、アルバムまとめ購入1,851円【収録曲】01. Intr
by 河村 祐介