おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2014年12月17日・DPG本隊に革命を起こす“GI砲”(GカップとIカップ)を本邦初公開!! ーー4thシングル『新生プロレス研究会』から2曲を1ヶ月先行配信スタート!! 青森のロック・フェス「夏の魔物」の主催者・成田大致により結成されたエンターテイメント・グループ、DPG。メンバーの加入と脱退を繰り返しながら、プロレスと音楽をミックスしたエンターテイメントを作ってきた彼らが、先日行なわれたヴィレッジヴァンガード史上初の24時間インストア・イベントにて、再びメンバーの脱退・加入を明らかにした。DPGのオリジナル・メンバーであるステファニー・アユミが卒業、スペシャル・ゲスト・プレイヤーとして、“グラドル自画撮り部書記”としての活動でも知られる、Gカップ・グラビアアイドル塚本舞が参加、正式追加メンバーとして、17歳の新人“李星帆”の加入が発表された。そんな激動のDPGが2015年1月に発売するシングルから2曲を、いち早く配信スタート、新メンバーへのインタヴューとともにお届けする。果たして、DPGはどこへ向かうのか? 音源とともに、その行方から目が離せない。 新生プロレス研究会DPG VS ブラックDPGの4thシングルを先行配
by 岡本 貴之
連載「隣の騒音 〜2014年の関西インディ・ミュージック・ガイド」第6回 THE FULL TEENZ
[CLOSEUP]・2014年12月17日・「隣の騒音」 第6回 THE FULL TEENZ――季節外れのサマー・ソングを収録した新譜カセット音源を1週間先行で配信スタート!! いちライターとして、いちリスナーとして、関西シーンの渦中にいる田中亮太が、すぐ隣で鳴っている騒音――今この瞬間、どうしても耳に入ってきて、耳を奪われてしまうサウンドを月1で紹介する連載「隣の騒音 ~2014年の関西インディ・ミュージック・ガイド」。第6回は京都の3人組バンドTHE FULL TEENZ!! 今連載の初回に登場いただいた京都発の新興インディ・レーベル、〈生き埋めレコーズ〉。その主宰バンドであるTHE FULL TEENZが、クリスマス・イブに新作カセットを発表します。今回はSeventeen Again、フジロッ久(仮)、Apricotなどで知られ、2000年代以降の後続バンドに多大な影響を与えてきた〈I Hate Smoke Records〉の新ライン〈I Hate Smoke Tapes〉からのリリース。かねてからレーベルへの憧れを口にしてきたバンドにとって、1つ夢を実現させたパッケージとなりました。レーベルのご厚意でOTOTOYでは1週間先行で配信をス
謎のネット・レーベルMOtOLOiD特集第3弾! トラックメイカー、bakerによる“悪”なEPを、限定特典とともにハイレゾで!
[CLOSEUP]・2014年12月15日・リア充のクラバーとオタクの趣味の交点 = EDM? ——MOtOLOiD特集第3弾 トラックメイカー、bakerの“悪”なEPを特典とともにハイレゾで! 2011年、突如コミケから生まれた謎のネット・レーベルMOtOLOiD。ニコニコ動画などのインターネット上で活躍するトラックメイカーやDJが所属する、仲間のたまり場のようなこのレーベルは、EDM、チップチューン、ロック・バンドなど、まさにごちゃ混ぜ。しかしアーティスト一人一人は、「今自分が好きなことをやってる!」という何事にも代え難い熱いエネルギーに満ちている。そんな“くだらないけどかっこいい”を感じさせるこのレーベルをぜひご紹介したく、11月からMOtOLOiD特集として、所属アーティストを特集! 第1、2弾のヒゲドライVANに続き、今回はクラブ・ミュージック系トラックメイカー、bakerをハイレゾで配信! baker本人が、「ダサかっこいい気がして何となく悪そう… 略してダサかっこ悪い」と表現する本作品は、はたしてどのような音なのか!? そして、OTOTOY限定特典として、bakerによる「M.A.D composer」の撮りおろしミュージック・ヴィ
by 滝沢 時朗
『THE PIER』のリカットシングル& 企画盤『くるりとチオビタ』を同時ハイレゾ・リリース!
[CLOSEUP]・2014年12月17日・くるりがまたまたやってくれた! 『THE PIER』のリカットシングル& 企画盤『くるりとチオビタ』を同時ハイレゾ・リリース! くるりが年末にまたまたやってくれた! 今年2014年9月17日にリリースされた11作目となるオリジナル・アルバム『THE PIER』。アジア、中東、欧米、アフリカといった世界各地の情緒を取り込み、過去、現在、未来を行き来できるような音楽要素がふんだんに詰め込まれた最高のアルバムを、OTOTOYではハイレゾ2タイプでリリースし、大好評となったこのアルバムからのリカットシングル『There is(always light)/Liberty&Gravity』Special Editionと、 チオビタ・ドリンクCMタイアップ曲をあつめた企画アルバム『くるりとチオビタ』が同時リリース。そして、待ってましたのハイレゾです。年末年始のお休みはチオビタ飲みながらじっくり聴き入りましょう。 ファン垂涎のレアトラック集!!!くるり / There is (always light) / Liberty & Gravity Special Edition(24bit/44.1kHz)【配信形態】
by 金子 厚武
ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2014年12月11日・ルパンがハイレゾでスウィングする! 大野雄二率いるLupintic Fiveによるルパン・ ジャズ最新作はまるでライヴ盤! 「聴いてるそこがライヴ会場になる。存分に歌えや踊れ! このノリノリ感、山田康夫さんならこう言うよ。鳥肌モンだぜコケコッコー!」――アナウンサー・土井敏之のMCにはじまり、ジャズのスタンダード・ナンバー「COMIN' HOME BABY」、MISIAのツアー・コーラスでも知られるTIGERを迎えたヴォーカル・ナンバーがふつふつと熱気を高め、「ZENIGATA MARCH」ではライヴさながらのコール&レスポンス! さらにはEGO-WRAPPIN'の中納良恵が歌う「SEXY ADVENTURE」に酔いしれ、ルパン三世のテーマ「THEME FROM LUPIN THE THIRD '89 (Lupintic Five Version)」で気分は絶頂に。"ルパン三世×ジャズ"による最高のエンターテイメント・アルバムが登場です!! 本作が今回ハイレゾ配信!! ライヴ仕立てながらもしっかりとスタジオ録音されたそのサウンド。ハイレゾならではの繊細な音の表現によってジャズ・アンサンブルを潰すことなく、よ
by 岡本 貴之
bananafish、配信限定の“成長痛”シングルをリリース!!
[CLOSEUP]・2014年12月11日・まずは特設サイトへ!! bananafish、配信限定の“成長痛”シングルがとにかくスゴいことに!! 2014年1月に赤坂BLITZでのワンマン・ライヴを成功させた東京青山発のポップ・ロック・バンド、bananafishが、3曲入り配信限定シングル『PURE』を完成!! 前作に引き続き、シンセ・サウンドをうまく取り入れた表題曲「PURE」を筆頭に、キャッチーなメロディ・ラインと疾走感が心地よい「Mr.Lonely」、オリエンタルで個性的なギター・リフが魅力的な「Twilight」と、音楽的に幅を広げた楽曲が収録されている。また、爽やかな演奏をバックに、傷ついた女性の心を歌った切ない楽曲「PURE」の特設WEBがとんでもないことになっている!!まずは、下記より同ページをご覧いただきたい。 斬新で度肝を抜かれることをお約束する。そして、bananafishを追い続けているライターの岡本貴之のレビューとともに、bananafishのいまを感じてみていただきたい。 >>>『PURE』特設ページはこちら 次のフェイズに向かう、配信限定シングルをリリース!!bananafish / PURE 【配信形態】 ALA
19歳の正当派ロック・シンガー・内村イタル、ファースト・アルバム配信&全曲フル試聴
[CLOSEUP]・2014年12月10日・全曲フル試聴スタート!! 内村イタルとayU tokiO… 今最も注目されるふたりが出会い、そして生まれたロックの新たな"良心" 新世代の正当派ロック・シンガーとして注目される内村イタル。一部から強烈な支持を獲得しながらも現在は活動を休止している3人組バンド"葡萄園(ぶどうえん)"の中心人物である彼が、ソロ活動を始動後初のミニ・アルバムをリリースしました。 本作は、2014年にソロ・プロジェクトayU tokiOを始動した猪爪東風(イノツメアユ)と出会ったことをきっかけに制作がスタート。猪爪をプロデューサーとしてだけではなくプレイヤーとしても迎え、THE KEYSのつなかわ和行(Dr)、Jappersの上野恒星(Ba)、そして葡萄園で活動を共にしてきた鬼才のピアニスト、永井秀和の4名によるmusasavibandとともに楽曲を制作。録音・ミックスを馬場友美、マスタリングを中村宗一郎が担当している。 弱冠ハタチ(制作時はまだ19歳!)とは思えぬ内村の作曲センスと天性の歌声、そして猪爪のポップ・センスが凝縮した本作は、現在のロック・シーンの新たな良心ともいうべき快作です。まずはぜひ聴いてください。全曲フル試聴
by JJ
AUN J クラシック・オーケストラ、「クラシック meets 和楽器」をテーマに新作を完成&ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2014年12月09日・"和楽器でクラシック"が成立する理由――AUN J クラシック・オーケストラ、クラシック楽曲に挑んだ新作をハイレゾ配信 和太鼓、三味線、箏、尺八、篠笛、鳴り物――通常一緒に演奏されることのない和楽器を再編成し独自の音楽性を追求するユニット、AUN J クラシック・オーケストラ。昨年春にリリースされた『八人の響き』をOTOTOYではDSD 2.8Mhz&5.6MHz、そして24bit/96kHz、24bit/48kHzのハイレゾと4形態で配信したところ、その豊かな音の響きと高音質ならではの再現率が評価されロング・ヒットとなりました。そんな彼らから再び24bit/48kHzのハイレゾで新作が到着です!! それがこちら「クラシック meets 和楽器」をテーマにした『Octet』。メンバー自らアレンジしたい曲を選び、8人全員で演奏。そこにはクラシックへの尊敬と、和楽器の可能性が詰まっています。 今回は尺八の石垣秀基と中棹三味線の尾上秀樹に取材を敢行。それぞれ「ラプソディ・イン・ブルー 」と「新世界より」をアレンジした彼らから和楽器でクラシックを演奏することのむずかしさはもちろん、それが何故"AUN J クラシッ
by JJ