おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

物語を紡ぐシネマティック・ミュージック、流れるイオタ、1stアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年04月29日・変拍子で物語を紡ぐシネマティック・ミュージックーー流れるイオタ、旅をテーマに完成させた1stアルバム まるで映画を観ているかのように物語が流れる“シネマティック・ミュージック”を奏でるインストゥルメンタル・バンド、流れるイオタ。変拍子を基軸にロック、ジャズ、ミニマル・ミュージックを巧みに取り入れたサウンドは聴き手に情景を想像させる。リーダーで作曲家の前田紗希は、轟音で変拍子を多用したアバンギャルドな歌ものバンドとして話題を集めたシェリーズのドラマーでもあり、本作には混沌とした現代社会においても“それでも世界は美しい”という彼女の強い気持ちが込められている。studio iota labelという自分たちのレーベルを立ち上げ、旅をテーマにしたサイト「イオタビ」を運営するなど、D.I.Yな活動をする彼女たちへのインタヴューとともに1stアルバムをハイレゾ配信する。 流れるイオタの1stアルバムをハイレゾ配信流れるイオタ / The world is beautiful(24bit/96kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入 1,800円【Tr
by 西澤 裕郎
至極の24bit/96kHz──FILTER KYODAIが7年ぶりに送りだすアルバムがあまりにも素晴らしい!
[CLOSEUP]・2016年04月29日・至極の24bit/96kHz──FILTER KYODAIが7年ぶりに送りだすアルバムがあまりにも素晴らしい! Charisma.comやサカモト教授などの楽曲プロデュースやDJ、マスタリング・エンジニアなどマルチに活躍する兄・正晃と4Kデジタル・シネマを中心に映像制作を行う弟・由洋の江夏兄弟からなるユニット、FILTER KYODAI。そんな彼らから7年ぶりの新作が2枚組で届いた(合計36曲、2時間30分という特大ヴォリューム!! )。 エレクトロ、ダンス・ミュージックからなるアッパー・サイドの『BULL』とアンビエントやアコースティックといったチル的要素がメインの『BEAR』には、元アニソンDJ・シンガーのサオリリス(Saolilith)やリミックスに明和電機「経理のヲノさん」として知られるヲノサトル(Pleasure Channel名義)など、ヴァラエティー豊かなゲストが彩りを加える。そんな本作をOTOTOYではどこよりも早く2ヶ月先行配信! マスタリングにSaidera Paradisoの森崎雅人を起用し音にこだわり抜いた2時間30分をぜひハイレゾで体験してほしい。 そして膨大かつ非凡な才能を惜しみ
by JJ
曽我部恵一主宰レーベルより双子ユニットhaikarahakuti、2ndアルバム先行配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月27日・東京では生まれない最新型シティ・ソウル──新潟の双子ユニット、haikarahakutiの2nd先行配信 曽我部恵一が主宰する〈ローズ・レコーズ〉の秘密兵器、新潟の双子ユニットhaikarahakutiが3年8ヶ月ぶりにフル・アルバムをリリース。前作の1stアルバム時には曽我部がストーン・ローゼスやフリッパーズ・ギターの名前を引き合いに出し、その音楽的素養と先進性に賛辞を送るほか、やけのはらをはじめ様々なミュージシャンや音楽関係者たちを虜にした彼らの満を持しての2ndアルバムである。 ソウルのしなやかさ、ラヴァーズ・ロックの陶酔感、ネオアコのきらめき、ロックンロールの躍動感を随所に散りばめた珠玉のポップ・ソング集として仕上がった今作を、1週間先行でハイレゾ配信スタート! ベールに包まれたふたりのインタヴューもお届けする。 haikarahakuti / TWO BILLION LIGHT YEARS OF MUSIC'【Track List】01. intro02. setuna03. berlin04. igai na ketumatu05. sting06. sabaku07. saturday n
渋谷慶一郎によるラジオ
[CLOSEUP]・2016年04月26日・ラジオ番組『AVALON』、渋谷慶一郎によるテーマ曲をOTOTOY限定のハイレゾ特別パッケージで配信開始 月曜から木曜の夜22時〜23時30分にJ-WAVEではじまったリスナー参加型の新たなラジオ・プログラム『AVALON』。さまざまな現代社会のトピックスを、架空の近未来都市「AVALON」の政治マニュフェストとして討論、リスナー参加型の投票で採決していくという番組。渋谷慶一郎はこの番組のオープニング、エンディングのテーマ曲はじめ、サウンドロゴやジングルまで、サウンドに関する全てをプロデュースしている。今回OTOTOTYでは、テーマ曲のフル・バージョン、そして“フラグメンツ”と名付けられたサウンド・ロゴなど6曲が収録されたパッケージを配信(テーマ曲の単曲配信も)。そして渋谷自らマスタリングを行ったという24bit/96kHzのハイレゾ版となっている。ここ最近は、どちらかといえばピアノを中心にした作品やライヴの多かった渋谷だが、ここでは彼のもうひとつの顔とも言えるエレクトロニック・サウンドを響かせている。 Keiichiro Shibuya / AVALON(24bit/96kHz)'【Track List
by 八木 皓平
蓮沼執太×佐々木敦(HEADZ)、『Spiral Ambient』をめぐる音響的対談
[CLOSEUP]・2016年04月25日・蓮沼執太×佐々木敦(HEADZ)、『Spiral Ambient』をめぐる音響的対談 「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」の初日となる3月11日に、サウンド&レコーディング・マガジン編集部プロデュースのもと行われた蓮沼執太の公開録音、〈Spiral Ambient〉。スパイラルホール中央に設置されたダミーヘッドの両耳に装着されたバイノーラルマイクからDSDで録音を行い、演奏されている音楽だけではなく、現場で起こっていた空気感や気配までをも録音しようという試みが、本作『Spiral Ambient』には現れている。 >>蓮沼執太本人による『Spiral Ambient』の解説 演奏が行われていない無音部分でも「サー」という音がまじり込み、山田亮太、大崎清夏、白鳥央堂、暁方ミセイらの朗読はもちろん、ホール内を縦横無尽に動きまわるダンサー島地保武のステップ、会場内に設置された垂れ幕やピンポン球などの装置、観客のちょっとした咳払い… そういった当日のあらゆる“気配”を『Spiral Ambient』からは感じることができるだろう(本作を深く体験するにはヘッドホンを使ってDSD形
あヴぁんだんど、初ミニ・アルバムを配信スタート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年04月24日・メンバーの脱退と卒業、そしてこれからーー「見捨てられたアイドル」あヴぁんだんど、最新シングル緊急配信 非常階段とのコラボレーション「あヴぁ階段」や、MULTIPLE TAPのアメリカ・ツアーへの参加など、音楽ファンから注目を集めるアイドル・グループ、“あヴぁんだんど”。別グループのオーディション選考から漏れたことから「見捨てられたアイドル」の名を自ら背負い独自のアイドル道を突き進む彼女たちが急遽リリースする最新シングルは、3月に脱退した星なゆた、4月29日に卒業が決定している東雲好を含む4人体制で制作された最後の音源となる。シンガー・ソングライター、つるうちはなと4人のメンバーが共同で歌詞を書き上げた「Magical Symphonic Girl」、ライヴの定番曲「てのひら」を収録した本作を先行配信するとともに、メンバー脱退など、ここ数ヶ月の歩みについてインタヴューで迫った。 4月30日リリースのシングルを先行配信あヴぁんだんど / Magical Symphonic Girl /てのひら'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】単曲 270円(税込) / アル
藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月20日・藤岡みなみ&ザ・モローンズが切ない、その理由は諸行無常感?──3rdミニ・アルバムから初の配信リリース タレント、ラジオDJとして活躍する藤岡みなみ。左手で繰り出す魔術的なシンセベース、のみならず様々な楽器を演奏し作編曲(と、漫画)も担当するリーダーのヒロヒロヤと、バンドのロックンロールを象徴する存在、ギターのネロ。藤岡みなみ&ザ・モローンズという3ピース・バンドは、ライヴ活動に根ざした真性ロック・バンドである。この3人が繰り出す楽曲はガレージ・ロックにAOR、ソウル、ラップ、ワールド・ミュージック… と様々な要素が詰め込まれつつ、あくまでポップに昇華。最後に作詞を担当する藤岡みなみの独特の着眼点による歌詞と彼女のセンチメンタルなヴォイスが、曲にひとさじのきらめきを与えているのである。 今回、これまで配信を行ってこなかった彼女たちにとって初の配信曲が、4月20日リリースの3rdアルバム『まるで、』のなかから登場! ファンの間で音源化が待ち望まれてきた代表曲「脱水少女」と様々なジャンルのテイストを詰め込んだある意味実験的な楽曲「キャノットレコード」が期間限定で配信される。加えて、OTOTOYでは2013年以
おやすみホログラム、2ndアルバムをハイレゾ配信&メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年04月19日・アイドルがオルタナティヴ・ロックで描く2ndアルバム、おやすみホログラム初ハイレゾ配信&インタヴュー 八月ちゃんと望月かなみ(カナミル)からなる2人組ユニット・おやすみホログラムが、前作より約半年ぶりとなる2ndアルバムをリリース。キクイマホ(HOMMヨ、ex.うみのて)、小林樹音(THE DHOLE)、高石晃太郎、吉嶋智仁、タカスギケイ、上野翔(毛玉、箱庭の室内楽)といったインディ・ロック・シーンを支える重要なミュージシャンたちがアルバムに参加、アイドル・シーンの中で異彩を放つオルタナティヴ・ロック・サウンドとグッド・メロディーに磨きがかかった作品となっている。そんな本作をハイレゾ配信。そして、おやすみホログラムの2人とプロデューサーの小川晃一へインタヴューを行った。アイドルとオルタナティヴの融合の先に見えるものとは? おやホロ、2ndアルバムを先行ハイレゾ配信おやすみホログラム / 2(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC【価格】単曲 250円 / まとめ購入 1,500円【トラック・リスト】1. 帰り路2. too young3. 114. underwat
by 西澤 裕郎