おもちゃ楽器は魔法の楽器!

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTOY独占でフリー・ダウンロードで配信します! トイ・ピアノをメインにおもちゃ楽器を自由に使った今作は、ドリーミーでカラフルなトイ・ポップ。コミカルに、時に不穏に、自由自在に表情を変えていく音色はどこかとぼけていて、思わず微笑んでしまう可愛らしさが詰まっています。ふたりの音楽家によるマジカル・サウンドに迷いこんだら最後、抜け出せなくなること必至です。

また、2012年1月末より良原リエが講師を務めるワークショップ形式の講座「みんなで楽しむトイ・ミュージック」が始まります。講義と演奏の2部構成のワークショップで実際におもちゃ楽器に触れ、一緒に音楽を楽しんで創ってみましょう! さらにトイ・ミュージック講座開催にあたり、トイ・ミュージックを中心に取り扱うレーベルNovel Cell Poemのリリース作品を一挙6タイトル販売開始。トイ・ミュージックの世界をご紹介します!

良原リエとトクマルシューゴの共作フリー・ダウンロード開始


良原リエ×トクマルシューゴ「shiinomi-korokoro」
(フリー・ダウンロード期間:2012年1月13日〜1月28日)

>>フリー・ダウンロードはこちらから

★NEWS!
2012年4月1日、良原リエのニュー・アルバムの発売が決定しました!
トイ・ピアノのアルバムです。乞うご期待!
(タイトル未定)

良原リエの みんなで楽しむトイ・ミュージック

良原リエが、ワークショップ形式のトイ・ミュージック講座を開講します! トイ・ミュージックによく使われる楽器を主題に、楽器のうんちく、演奏方法、おすすめのトイ・ミュージック音源などの講義と共に、実際に楽器に触れ、演奏と録音にトライする実践形式。楽器初心者、未経験でも問題ありません。トイ・ミュージックでは楽器を上手に弾く必要はありません。むしろたどたどしく下手なくらいが、かわいく仕上がるんです!一緒に音楽を楽しんで創りましょう。親子での参加も大歓迎です。>>詳しくはこちら

トイ・ミュージック・レーベルNovel Cell Poemのおすすめ

トイ・ミュージック専門レーベルとして立ち上げられてから15年、Novel Cell Poemよりトイ・ミュージックの名作アルバムたちが到着しました。

トイ・ミュージックとは、ピアニカやトイ・ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、ミュージックベル、鉄琴、はたまたトイ・ピアノの弦にネジや木片を挟みこんで鳴らすプリペアドピアノ、自作の楽器など、実に多様なトイ楽器(おもちゃ楽器)によって奏でられる音楽のこと。おもちゃ楽器は、楽器の種類のみならず、大きさも、作られた国も、年代も様々です。

もともとヨーロッパのレコメン/アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中から、おもちゃ楽器を使って演奏をするアーティストが台頭してきて、彼らを日本で紹介するにあたり、Novel Cell Poemがその音楽をトイ・ミュージックと名付けたのだそう。ヤンティエルセンが音楽を担当した映画「アメリ」のヒット以降、おもちゃ楽器を使って演奏するアーティストたちも増えています。

今回OTOTOYで配信をはじめるのは、コンテンポラリー・ダンス・グループ「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するアマカシノカ、トクマルシューゴのドラムサポートやd.v.d、栗コーダーポップスオーケストラなど多数のユニットで活躍する、ドラマー/コンポーザーのイトケン、フランスはリヨン在住のトイミュージックの立役者、クリンペライ、限定生産で発売されたため現在では入手困難になっているトイ・ミュージック入門にぴったりのコンピレーション作品など。良原リエの過去リリース作品も配信します。まだまだ奥が深いトイ・ミュージック&おもちゃ楽器。興味を持たれた方は、是非とも他のトイ・ミュージックも掘りさげていってみてくださいね。

(左から)

V.A.『musique du jouet』
トイ・ミュージック専門レーベルとしてノーベルセルポエムレーベルが始動して15年、レーベル初期に作られた、トイ・ミュージックの入門といえる作品。限定生産だった為、待望の配信リリースです。もともとヨーロッパのレコメン、アヴァンポップと呼ばれる音楽シーンの流れの中からおもちゃ楽器を使って演奏をするアーティスト(パスカルコムラードやクリンペライ)などが出てきて、それらのアーティストと交流の深い日本のアーティストを含め、日本でトイ・ミュージックを紹介する入門ディスクとして、HMVジャパンと共同企画でこのコンピレーションアルバムが作られました。

itoken『pins and needles』
数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビューソロアルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できます。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

ammakasie noka『moira's room』
海外でも評価の高いコンテンポラリーダンスグループ、「珍しいキノコ舞踊団」のステージ音楽を担当するなど 話題を呼んでいたアマカシノカの待望のデビューアルバム。本アルバムはモイラという空想好きな女の子の架空の日常生活を綴ったコンセプトアルバムとなっており、 童謡の持つ可愛さと毒、トイポップ×子守歌×浮遊感の ミックスされたサウンドに仕上がっています。ローファイであたたかい、ラジカセで録音したような懐かしい音質で、おもちゃの 楽器、古いレコードのサンプリング、生活環境音、かわ いい歌声が沢山つまっています。音楽というよりは 「お話レコード」に近い感じです。自身デザインによるWレコードタイプジャケットは特殊仕様となっており、同封のキットでとてもキュートなモイラのお部屋が作れるようになっています。

Frank pahl 『The back of beyond』
トイ・ミュージックシーンの雄であるパスカルコムラードやクリンペライと並び、独特のユーモアとアイロニーの感覚でもって不可思議ながらも、懐かしい温もりに満ちた唯一無二の世界を表現し続けているフランクパール。自作の自動演奏機やプリペアドピアノを多用して作られたこの作品は、今までにはない環境音楽とでもいうべき、はかなげなインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

良原リエ『Les musettes qui voyagent -旅するミュゼット-』
モンマルトルから地中海、リオ、ハンブルグ、ポルトガル、中国...アコーディオンやおもちゃの楽器の音色とともに、一度は行ってみたい魅力的な国や街を巡ります。ああ出掛けたいな! と思ったら、小さなトランクを持ってすぐにでも旅に出られたら一番いいのですが、いつもそのタイミングとは限りませんよね。そんなときにはこのアルバムを引っ張りだし、一緒に音の旅をしてみませんか?

良原リエ『Les musettes dans un corbeille à fleurs -花籠のミュゼット-』
フランスのシャンソン、ミュゼットの数々の名曲の中から、「花」をキーワードにたどって集められたコンセプト作。跳ねるようなリズムアレンジが楽しい、日本では「すみれ」として愛されている「リラの花咲く頃」(3曲目)や、「ファンファンラチューリップ」(9曲目)、シロフォンやおもちゃ楽器が豊かな表情を添える「花咲ける道」(7曲目)、誰もが一度は耳にしたことはある、「パリのいたずらっ子」(8曲目)などなど、音楽の花で彩られた、華やかさ溢れるアルバムです。

良原リエ PROFILE

アコーディオン、トイピアノなどノスタルジックな味わいを持つ楽器を得意とする音楽家。プリペアドピアノも研究中。ソロプロジェクトのtrico!ではFlyrecより「Love home」「Everyday trip」をリリース。日常からインスパイアされた、優しさ、せつなさが溢れる楽曲にドイツのプリペアドピアノのアーティストHauschkaをはじめとしたとコラボレーションによる独自の世界観を提示。国内外で好評を得る。ギタリスト、オオニシユウスケとのユニットsmall colorではドイツ、オーストラリアのコンピレーションアルバム参加を経て、New Yorkのレーベル、12kより「In Light」をリリース。2010年にはヨーロッパ6カ国のツアーも成功させている。

良原リエ名義では、空気公団やWolrd's end girlfriendなどインディーからメジャーアーティストまで幅広いジャンルのライブ、レコーディングに参加している他、CM、TV、映画などのレコーディングのスタジオワーク、子供番組やアートアニメーションの音楽プロデュースなど、様々な形で関わっている。最近ではアコーディオンのミュゼットアルバムをプロデュース。シリーズ化されることになり、2011年10月に2作目の「旅するミュゼット」をリリース。

またライフワークの料理でも、雑誌やwebなどで、レシピ、スタイリング、写真を担当。2011年11月には「音楽家の台所」「こころとからだのためのきれいごはん」の2冊の料理本が刊行された。

他にもsmall colorのヨーロッパツアーを料理を切り口に綴る「音楽家の台所2」やアノニマスタジオweb内で「食べられる庭作り」の連載、J.Jazznetでストリーミングラジオ番組「庭とご飯と音楽と」のナビゲーターを務めるなど、ライフスタイル全てを盛り込んだ活動を楽しく展開中。

★良原リエが参加した空気公団の「LIVE 春愁秋思」の模様を収めたシリーズ【LIVE 春愁秋思 library】、OTOTOYでは18日より映像を、25日よりアルバムを販売致します!

>>良原リエ official WEB

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
高橋幸宏に訊く〈WORLD HAPPINESS 2015〉のあり方とは? 2015年8月23日、8回目の開催決定!!
[CLOSEUP]・2015年06月29日・フェス乱立時代のなか、リスペクトと独自性を体現する都市型フェスーー高橋幸宏に訊く〈WORLD HAPPINESS 2015〉のあり方とは? 高橋幸宏がキュレーターをつとめる都市型フェスティバル〈WORLD HAPPINESS〉。夢の島公園陸上競技場というアクセスのよさと、レジャーシート付きで親子連れでも楽しめることにこだわり、今年で8回目の開催を迎える。TRICERATOPSやLOVE PSYCHEDELICOのようなキャリアのあるアーティストから、坂本真綾やSCANDALまで、他のフェスにはない組み合わせも大きな魅力である。ジャンルにとらわれずアーティストへのリスペクトも込められた本フェスについて、今年はMETAFIVEとしての出演を果たす高橋幸宏本人に話を訊いた。音楽から足が遠のいてしまった人こそ、この機会に足を運んでみてはいかがだろう? 親子で楽しめる都心のフェス、8回目の開催WORLD HAPPINESS 2015'2015年8月23日(日)@夢の島公園陸上競技場'時間 : 開場 11:30 / 開演 12:00料金 : ブロック指定 8,800円 / 小学生 1,200円 / 親子チケット 9,
by 西澤 裕郎
インストゥルメンタル・ギター・デュオ、SOUL GAUGEが放つセカンド・アルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年06月24日・小林幸子との共演も実現させたブルース・ギターの名手、SOUL GAUGEが日本の名曲をリビルド! 米カンザス州で開催された国際ギター・コンテストでTOP5を獲得し、ニコ動で再生ランキング1位を獲得している井草聖二と、数多くのアーティストのレコーディングとツアーに参加している磯貝一樹からなるインストルメンタル・ギターデュオ、SOUL GAUGE。ファースト・アルバム『Born in Street』の発売後、BSジャパン・テレビ番組『徳光和夫の名曲にっぽん』の演出家に路上で見出されて数々の演歌歌手の演奏を重ねたことをきっかけに、"名曲"と言われる日本の歌謡曲の虜に。自分たちの解釈でアレンジすることをコンセプトにした今作『Walk on Japan -Everlasting Loves-』を完成させた。 坂本冬美の「夜桜お七」にはじまり、河島英五の「酒と泪と男と女」、テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」とずらり揃うなか、クライマックスにはあの小林幸子とコラボレーションした「おもいで酒」を収録! その偉業をなしたSOUL GAUGEにインタヴューを敢行した。 SOUL GAUGE / Walk on Japan
新たなサイケデリアはここにこそ宿る——完全復活を遂げたDachamboによる、5年ぶりの新作を聴け!!
[CLOSEUP]・2015年06月17日・新たなサイケデリアはここにこそ宿る——完全復活を遂げたDachamboによる、5年ぶりの新作を聴け!! Dachamboは、サイケデリックかつアッパーな音像とピースフルなライヴ・パフォーマンスで、あらゆる音楽フェスを座巻してきたジャム・バンド。1年間活動を休止していた彼らが、2014年から完全復活を遂げ、5年ぶりの新作『PURiFLY』をリリースする。「Purify(浄化する)」と「Fly(飛ぶ)」という2つの単語の造語による今作のタイトル通り、どの楽曲も、聴くものを昇天させる極上のグルーヴに溢れている。アフロ・グルーヴ、ハード・ロック、EDMなど、あらゆるジャンルをごった煮にし、彼らにしかできない渦巻くサイケデリック・サウンドをお楽しみあれ。 Dachambo / PURiFLY'【Track List】01. MIYAMU / 02. SURE / 03. ASKALASKA / 04. Marsblue / 05. GreenStone From The Sun / 06. スケルトン7 / 07. APORO【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC
みみめめMIMI、アニメ『山田くんと7人の魔女』EDテーマ収録のニュー・シングルで初ハイレゾ・リリース!!
[CLOSEUP]・2015年06月10日・あなたの耳をも〜っと刺激する!? みみめめMIMI、アニメ『山田くんと7人の魔女』ED収録の新シングルを初ハイレゾ配信! ”耳”と”目”の両方で刺激する2人組新世代視聴覚ユニット、みみめめMIMIの楽曲が待望のハイレゾで登場! 今回リリースとなるのは2015年4月より放映中のアニメ『山田くんと7人の魔女』のEDテーマである「CANDY MAGIC」を含むシングル。『山田くんと7人の魔女』から感じた短い学園生活の凝縮された輝きを、口にすればやがて溶けてしまう「キャンディ」の儚さに重ねた、切なくもあたたかいポップ・ナンバー。 アニメ『君のいる町』、でんぱ組.inc主演映画『白魔女学園』、アニメ『ブレイドアンドソウル』と、名だたるタイトルの主題歌を担当し当初より注目を集めていた彼女たち。ハイレゾを機にこの度インタヴューも敢行! タカオユキも感動! のハイレゾとともにあなたの目と耳を刺戟します。 みみめめMIMI / CANDY MAGIC'【Track List】01.CANDY MAGIC /02.サヨナラ嘘ツキ~Piano Version~ /03.CANDY MAGIC instrumental / サヨ
by 純三
LOST IN TIMEによる、未来への希望を描いた新作、『DOORS』を配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年06月05日・「皆、希望を持とうよ」——LOST IN TIME、バンドとしての新機軸が詰まった9thアルバム『DOORS』に迫る 2001年の結成から現在まで、止まることなく積極的な活動を見せてきたロック・バンド、LOST IN TIME。これまで8つのアルバムを発表してきた彼らが今回、2年ぶりの新作『DOORS』をリリース。シンプルな楽器構成の上で練りに練られたアレンジ、バンドとして新機軸であるインスト・ナンバーなど、大変聴きごたえのある作品を生み出したメンバーの1人、海北大輔(Vo, Ba, Pf)へインタヴューを行った。海北自身、「今まで作ってきたどのアルバムにも負けない足跡、レコードを残せた」と語る本作は、どのように生み出され、そしてどのようなメッセージが込められているのだろうか。未来への希望を込められた新作と、彼の声にぜひ耳を傾けていただきたい。 LOST IN TIME / DOORS'【Track List】01. 36602. Synthese03. 燈る街04. No caster05. 小さな隣人06. ligarse07. 予知夢08. 22世紀09. 呼ぶ10. hurry11. home12
筋肉少女帯人間椅子『地獄のアロハ』をハイレゾ配信スタート!! 和嶋慎治へのインタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2015年06月03日・地獄のアロハ?! ハイレゾ配信?!ーー筋肉少女帯と人間椅子のコラボレーションがヤバすぎる!! 筋肉少女帯と人間椅子がまさかのコラボレーション!? コラボTシャツを作ろうという話から「いっそアロハはどう? 両バンドともリゾート感まったくないし」「そしたら『地獄のアロハ』だね(笑)」という冗談になり生まれたという表題曲。それを冗談でなく本気で実現してしまうのが、この2バンドのすごいところ。「地獄のアロハ」の作詞は、筋肉少女帯の大槻ケンヂと人間椅子の和嶋慎治が担当。作曲は、筋肉少女帯の橘高文彦、本城聡章、内田雄一郎、人間椅子の鈴木研一と和嶋が5人で手がける。カップリングでは、筋肉少女帯は人間椅子の「ダイナマイト」、人間椅子は筋肉少女帯の「少年、グリグリメガネを拾う」をカヴァー。それぞれのアレンジで独自のサウンドに仕立てている。そんな本作をハイレゾ配信するとともに、両バンドを代表して和嶋慎治に話を訊いた。 地獄のハイレゾ配信!!筋肉少女帯人間椅子 / 地獄のアロハ'【配信価格】24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC単曲 540円 / まとめ購入 2,000円16bit/44.1
by 西澤 裕郎
BRADIO『POWER OF LIFE』を配信スタート!! メンバー・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2015年06月04日・日常じゃないモノを感じるためのファンキー!!ーー音楽で、映像で、インタヴューで、エンターテイメントするBRADIOを聴け!! ファンキーでグルーヴィーなロック・サウンドを奏でる4人組エンターテイナー・ロックバンド、BRADIOが1stフル・アルバム『POWER OF LIFE』をリリース!! 2014年に発売された1st両A面シングルより「オトナHIT PARADE」、アニメ「デス・パレード」オープニング曲の2ndシングル「Flyers」を含む全12曲入り。ゲスト・アーティストとして、HOME MADE 家族からMICRO、UNCHAINから谷川正憲、FAT PROPからRindaとEma、ルルルルズからモミが参加。BRADIOの大ファンでもあるOTOTOY編集長・飯田仁一郎がインタヴューで切り込む。それだけでなく「BRADIOのMCを隠し撮りしたものを、アルバムのOTOTOYオリジナル特典にしたい!」という想いにより、オリジナル特典が実現!! OTOTOYでBRADIOをしゃぶり尽くしすべし!! ※アルバムをまとめ購入いただくと、BRADIOのMC隠し撮り「オレのアフロが好きか?@渋谷O-west編」
by JJ
中島ノブユキによる、室内楽アルバムをDSD+ハイレゾの最高音質で配信
[CLOSEUP]・2015年06月03日・“静”と“動”を行き来する、美しくも希有な八重奏——DSD+ハイレゾで室内楽アルバムを発表する中島ノブユキに柳樂光隆が迫る NHK大河ドラマ「八重の桜」の劇伴でその名を世間に知らしめ、ジャズやクラシックなどあらゆるフィールドで活躍する音楽家、中島ノブユキ。そんな彼が自身のレーベル〈SOTTO〉から、『散りゆく花』をDSD5.6MHzと24bit/88.2kHzのハイレゾ音源でリリースした。ピアノ1台によって作り上げられた前作『クレール・オブスキュア』とは打って変わり、ピアノ、ギター、バンドネオン、オーボエ、弦楽三重奏、コントラバスという異色の八重奏で織りなされた本作。“静”と“動”を大きく行き来する、その美しくも希有なアンサンブルを、ライター柳樂光隆(『Jazz The New Chapter』監修)によるインタヴューと、繊細な音質でお楽しみいただきたい。 中島ノブユキ / 散りゆく花'【収録曲】01. エレメント・オブ・ディスタンツァ02. 追憶のワルツ03. スプリング・ナーヴァス04. 散りゆく花05. 木洩れ日06. スパルタカス 愛のテーマ07. ディスタンツァ08. エスペヒスモ ~蜃気楼~ レ