2011.12.1 近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション@下北沢440

2005年7月にPEALOUTが解散したのち、近藤智洋はすぐにソロ活動をスタートさせた。その後、現在までの数年は弾き語りとバンド・スタイルを並行したライヴまみれの日々に明け暮れ、ソロ以外の別バンドであるGHEEEのライヴも含めれば、年間の公演数は優に100本を超える。そんな彼が約1年半前に結成したのが近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーションだ。PEALOUT以来の盟友・高橋浩司(ds)をはじめ、Hisayo(b)、佐田智(sax)、山田貴巳(g)からなるこのバンド初のワンマン・ツアー、東京編の模様をレポートする。

オープニングは「バンディッツのテーマ」。近藤の軽快なアコギとヴォーカルにファンキーなバンド・アンサンブルが重なる名刺代わりの1曲で、間奏のメンバー紹介も華麗にキマり、早くもコンディションのよさが窺える。続くミッド・ナンバーの「雨色のギター」「Power of Dreams」では、この編成になってからの持ち味と言える温かみのあるアコースティック・サウンドが印象的に響く。佐田のサックス・ソロが場をグッと盛り上げ、山田のギターは抑揚がありながら絶妙なフレーズを滑り込ませてくる。

「近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション、初めてのワンマン・ツアーです。大阪、名古屋と回ってきたんですけど、ツアーをすることでバンドがすごく成長できてるから、今日はそれを見せたいと思います。今日は長いですよ? 2部に分けてやるので、お酒を飲んだりごはんを食べたりしながらゆったりと楽しんでいってください」。そんな近藤のMCで会場はよりアットホームな雰囲気に。カヴァー曲も気ままに挟み込まれ、まずはIan Dury & The Blockheadsの「Hit me with your rhythm stick」を演奏。近藤は自分のフェイバリットをライヴでよくカヴァーしてみせるが、こうして予測不能な感じで粋なファンク〜パブ・ロックなどが繰り出されるからたまらない。しかも、その多くは日本語で歌い換えられており、まるでオリジナルのような味わいがある。

「灯がともる頃」「走る風のように、落ちる雨のように。」「YOUR BIKE RIDE」などなど、中盤からはファースト、セカンドの曲も披露。近藤がアコギからピアノにパート・チェンジすると、The Beatlesのゴキゲンなカヴァー「Lady Madonna」が飛び出したりも。バリエーション豊かな展開で、ステージもフロアも次第に熱気を帯びていく。

後半に進むにつれて、自由なスタイルは加速する。名古屋のライヴによく来てくれる小さな女の子のために即興で作ったという「ななみちゃんの唄」、近藤が敬愛するTHE ROOSTERSのカヴァー「GET EVERYTHING」のあたりでは、メンバーも楽しさから思わず笑顔に。このピースなムードにメンバーもファンも心惹かれるのだろう。近藤の求心力をあらためて感じた瞬間だった。

しかしながら、近藤のエネルギッシュなパフォーマンスにはいつも恐れ入る。「ワンマンって本当に楽しいね」といまだ無邪気に語り、アンコールの「BAMBINO STEP」では足で鍵盤を叩き、The Jamの「悪意という名の街」やIggy Popの「Lust For Life」を陽気に歌い上げるのだから。2012年もきっと各地でたくさんライヴをやってくれるはずなので、未体験の人はぜひ足を運んでみてほしい。ちなみに「来年はアルバムを作って出そうと思ってます」とのこと。3作目となる新作も楽しみだ。

text by 田山雄士
photo by Nozomi Wachi

セットリスト

〈FIRST STAGE〉
1. バンディッツのテーマ
2. 雨色のギター
3. Power of Dreams
4. スーツケースと泥だらけのブーツ
5. Hit me with your rhythm stick(Ian Dury & The Blockheads)
6. 灯がともる頃
7. 恋に落ちたままで
8. 走る風のように、落ちる雨のように。
9. サンタクロース

〈SECOND STAGE〉
10. Baby Boo
11. YOUR BIKE RIDE
12. Lady Madonna(The Beatles)
13. 二人の航海
14. センチメンタル・ブルース
15. ななみちゃんの唄
16. 草原
17. GET EVERYTHING(THE ROOSTERS)
18. ディズニーランド
19. A New Morning

〈ENCORE 1〉
1. wild flowers
2. Everyday & Every night
3. BAMBINO STEP

〈ENCORE 2〉
1. 悪意という名の街(The Jam)
2. LUST FOR LIFE(Iggy Pop)

PROFILE

近藤智洋

1994年、PEALOUTを結成。ラウドなギター・バンド、ダンサブルなピアノ・バンドの側面を持つオリジナリティ溢れるバンド・スタイルで活動。FUJI ROCK FESTIVALには6回出演(ソロでの出演1回も含む)。8枚のオリジナル・アルバムを残し、2005年7月PEALOUT解散。7月30日のFUJI ROCKが最後のステージとなった。2005年8月より近藤智洋、ソロ活動開始。アコースティックな楽曲をアコギ、ピアノを使い表現しPEALOUT以降の世界を創り出している。2006年6月には、花田裕之(ex.THE ROOSTERS)、山口洋(HEATWAVE)、ヤマジカズヒデ(dip, qyb)、ヒサシ the KID(THE BEACHES)、城戸紘志(JUDE)等が参加した1stアルバム『近藤智洋』を発売。2006年は120本のライヴを行なう。2007年1月、ソロ活動と並行して、深沼元昭(Mellowhead/ex.PLAGUES)、ヒサヨ(tokyo pinsalocks)、ヤナ(DRYASDUST/ex.ZEPPET STORE)とGHEEEを結成。7月25日にはアルバム『GHEEE』を発売。現在はソロでの弾き語りを中心に、近藤智洋&ザ・バンドファミリア、GHEEEと積極的に全国各地でライヴ活動を展開し2007年には160本、2008年には170本のライヴを行なう。

近藤智洋 official HP

o

 
 

"livereport::livereport"の最新アーカイヴ

LIVE REPORT 2013年1月31日(木) 恵比寿LIQUIDROOM アラバマ・シェイクス
[LIVEREPORT]・2013年02月08日・ 2013年最注目新人、ALABAMA SHAKES! 満を持して遂に待望の初来日 ソウル、ブルース、ロック全てを凌駕する今年最注目新人、ALABAMA SHAKES。先日発表となった第55回グラミー賞のノミネーションでは、最優秀新人賞を含む3部門でノミネート。また、アルバム未収録の新曲「Always Alright」は、第70回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションで主要4部門にノミネートされている映画『世界にひとつのプレイブック』の劇中で使われるなど、実力だけでなくその知名度も広まり始めている。そんな彼らが、初来日公演を行った。満員の会場で、どのようなステージが繰り広げられたのか。その様子を追体験してみてほしい。 Alabama Shakes / Boys & Girls【配信価格】mp3、wav共に 単曲 150円 / アルバム 1,500円1. Hold On / 2. I Found You / 3. Hang Loose / 4. Rise to the Sun / 5. You Ain't Alone / 6. Goin' to the Party / 7. Heartbreaker / 8.
LIVE REPORT マレウレウ祭り@2011/2/13 アサヒ・アートスクエア
[LIVEREPORT]・2011年02月23日・ マレウレウ祭り~めざせ100万人のウポポ大合唱! vol.2~をDSDで是非!MAREWREW / マレウレウ祭り~めざせ100万人のウポポ大合唱! vol.2~レラレラスイスイ〜ハウサー馬追い歌サランぺヤイカテカラ イレッテソンカイノアリアン~アローロカネレンレンEncore : アヨロ〜サーオイワークショップ : みんなでウポポ配信形態1) DSD+mp32) HQD(24bit / 48khz wav)価格 : 1500円(まとめ購入のみ)特典 : オリジナル・フォト・ブックレット付き配信中マレウレウ初のミニ・アルバムMAREWREW / マレウレウ1. SONKAYNO2. HAWSA3. SA OY4. ARORO5. CIKAP6. ARIANオール・アカペラによる天然トランス輪唱!マレウレウ初のミニアルバム。 2/13 マレウレウ×UA@浅草アサヒ・アートスクエア 言葉が生まれる前の世界では、どんな音楽が鳴り響いていたのか? 歌詞に意味はなかっただろうし、意味よりも口から発せられる響きや、リズム、そしてメロディが、様々な感情や自然の風景を表していたのだろう。想像に過ぎないけれど、音楽の原点が
by tripxtrip
LIVE REPORT TRIGGER FES 2013 SUMMER @日比谷野外音楽堂
[LIVEREPORT]・2013年07月15日・ LIVE REPORT 2013年7月6日(土) TRIGGER FES 2013 SUMMER 「学生の、学生による、学生のための野外フェス」を開催するという目標を掲げ、2011年に結成されたTRIGGER FES実行委員会。団体発足から3年が経ち、ついに日比谷公園の野外大音楽堂を使って、7月6日に3000人規模の野外フェスを開催した。今回はそんな「TRIGGER FES 2013 SUMMER」のレポートをお届けしようと思う。 当日は運営する学生たちの熱意も相まって、フェス日和の快晴を飛びこえ、気温35度の猛暑日となった。今回のトリガーフェスでは日比谷野外大音楽堂だけでなく、日比谷公園にれの木広場も使用。飲食、物販などのテントが立ち並び、賑わいを見せていた。広場内に設置された“トリガースクエア”と名づけられた特設ステージでは、各大学の音楽サークルが音を鳴らしており、お祭り気分に浸ることができる。また、ゲスト・アーティストとしてハルカトミユキや関取花も出演。日比谷公園での演奏はチケットが無くても観覧可能であったので、太っ腹だなあと思った。 リストバンドを受け取り、いざメイン・ステージの日比谷野外大音楽
by 絵奈
「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドによって熱演!!
[LIVEREPORT]・2014年01月22日・LIVE REPORT「One Night Re:Birth Again」 | 「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドが熱演!! 文 : 滝沢時朗 / 写真提供 : 葛西龍 「ロマサガ」ほど音楽とゲームの結びつきが強い作品もないだろう 「ロマンシング サ・ガ」(以下「ロマサガ」)シリーズなどの作曲で有名な伊藤賢治(以下、イトケン)。2013年2月に彼のゲーム音楽をリアレンジし、バンドで再現したライヴ「One Night Re:Birth」が行われた。そのライヴの好評と、2014年2月26日に発売する新たなるアレンジ・アルバム『Re:Birth Ⅱ-閃- / “SaGa” Battle Arrange』を受けて、1月18日に再演ライヴ「One Night Re:Birth Again」を開催。前回の「One Night Re:Birth」は「聖剣伝説」シリーズと「ロマサガ」シリーズからの選曲だったが、今回はすべて「サガ」シリーズからの選曲だ。 会場は新宿文化センター大ホール。2013年の日本橋三井ホールの収容人数を上回り、座席で1800人ほど。それでも、チケットは売り切れ、会
by 滝沢 時朗
LIVE REPORT 2013年12月12日(木) 禁断の多数決 〈宇田川の禁断の多数決〉@渋谷WWW
[LIVEREPORT]・2013年12月18日・ 2013年12月12日@渋谷WWW 『宇田川の禁断の多数決』ライヴ・レポート 先月に2ndアルバム『アラビアの禁断の多数決』をリリースした禁断の多数決が、渋谷WWWにて国内初ライヴ〈宇田川の禁断の多数決〉を開催した。この日の渋谷WWWはデコレーション・ユニットであるOleO(R type L)とVJを加えた総勢14名による装飾で神秘的に染められていた。アンティーク風の街灯とゴールドのカラーボール、トナカイの骸骨をあしらったシルバーのマイク・スタンド(よく見るとトルソーで出来ている! )、天井には白い布がかかっており、細かな繊維が蜘蛛の糸のようだ。クリスマスとハロウィンの中間のような空間は、まるでホーンテッド・マンションの世界に迷い混んだような気分にさせられ、開演前から人々の期待をぐっと押し上げた。 オープニング・アクトとして登場したサイボーグかおりは、その美しい容姿から発せられたとは思えないドスの効いた声でヒューマン・ビート・ボックスを披露し、マイケル・ジャクソン「スリラー」などを披露。それに呼応するかのように、ゾンビ・メイクを施された姿でゆらゆらと現れた禁断の多数決のメンバーたち。中心人物・ほうの
by 梶原 綾乃
LIVE REPORT 2013年11月22日(金)〈SEBASTIAN X 『Power Of Noise』リリース・ツアー・ファイナル〉@リキッドルーム
[LIVEREPORT]・2013年12月13日・ SEBASTIAN X 『Power Of Noise』リリース・ツアー・ファイナル 11月22日。ワンマン・ライヴとしては最大キャパシティとなる恵比寿リキッドルームで、SEBASTIAN Xの『POWER OF NOISE』レコ発ツアー最終公演が行われた。世間一般には“いい夫婦の日”といわれることが多いこの11月22日。しかし永原真夏(Vo)にとっても特別な意味を持つ日だという。1stフル・アルバム『FUTURES』に収録されている、「日向の国のユカ」という曲は、永原が実際に飼っていた猫を歌ったものだ。その猫の“ユカ”は、ちょうど2年前のこの日に亡くなったという。特別なこの日に、特別な大舞台に立って歌う。この日だからこそ、歌えるものがある。“いいにゃんにゃんの日”である11月22日、恵比寿リキッドルームにはどんな歌が響き渡るのか。 開演時間の少し前に会場に入ると、人の熱気に圧倒された。かなりの数のお客さんでフロアは埋め尽くされている。場内はざわめきたっていて、どの顔もいまかいまかと待ちきれないほど期待しているのが見てとれる。開始時間を10分ほど過ぎたとき、ふっと暗転。SEが流れると自然に手拍子が沸き
LIVE REPORT 2013年11月10日(日)〈TOKYO BOOTLEG -7th anniversary party-〉@新木場STUDIO COAST
[LIVEREPORT]・2013年11月19日・ 『TOKYO BOOTLEG -7th anniversary party-』@新木場STUDIO COAST J-ROCKを筆頭に、アイドル、ボカロ、アニソンまで、日本中に眠るポップかつ良質なナンバーをかけまくるDJ&LIVEパーティー『TOKYO BOOTLEG』。近年はフランスや香港にも進出を果たしたこのパーティーが、旗揚げ7周年を記念した一大イヴェントを新木場STUDIO COASTで開催した。駆けつけたのは、GOING UNDER GROUND、BiS、Wienners、みそっかす、大森靖子、きのこ帝国、BELLRING少女ハート、THE イナズマ戦隊といった充実の面々。パーティーを主宰するDJ O-antは以前、OTOTOYの取材に対して、「J-ROCKっていうのはどこの国にもない音楽で、誰にも恥ずかしがることはないと思う」と語ってくれた。そんな彼の姿勢は、STUDIO COASTという巨大な会場を前にしても変わることはない。今、東京の最先端で何が起こっているのか。現場の熱気を閉じ込めたライヴ・レポートをお届けする。 日本の音楽を、胸を張って誇りたい。その思いから誕生した邦楽DJパーティー
LIVE REPORT
[LIVEREPORT]・2013年11月15日・ 2013年9月17日(火)大森靖子月例実験室 大森靖子生誕カウントダウン@高円寺円盤 第1部 9月17日。この日は、ほかでもない大森靖子の誕生日の前日である。こんな特別な日に、彼女が毎月開催している月例イベント「大森靖子月例実験室」の一環として、高円寺・円盤で「大森靖子生誕カウントダウン」が行われた。開演予定時刻から20分ほどすぎた19時50分頃、会場に到着。幸い、ライヴはまだはじまっていないようだ。この高円寺・円盤での大森のライヴは、足を運ぶたびに客席の密度が増している。この日は特に、生誕カウントダウンということで、大森の誕生日を祝おうと多くの人があふれていた。受付には、大森が連載中の雑誌「FRIDAY」から贈られた花が飾られている。また、入場時には大森からお客さんに、彼女からのプレゼントが配られた。缶バッジや髪飾りなど、大森自身がこの日のために用意したものらしい。 大森は、普段はピンクや黒を基調にした衣装を着ていることが多いが、この日は白いワンピースにクリーム色のカーディガンを羽織っていた。落ち着いた清楚な雰囲気の服もとても似合っている。彼女は、ステージで準備をしながらお客さんと談笑している。そんな
by 純三