日本のJam Band シーンを牽引してきたDachamboのKey.担当HATAと、i-depのメンバーとしても活躍し、井上薫もその才能を認めるSAX奏者SINSUKE FUJIEDAの2人による新プロジェクト、Polar Chalors。デビュー・アルバム『a day』をリリースしたばかりの彼らのLIVE音源をOTOTOYがどこよりも早くお届けします。2011年4月3日に吉祥寺SEATAで行われたこの日のLIVEには、ゲストDr.としてPalmecho/Kazuya Kotaniが参加。スタジオ録音の『a day』とはひと味もふた味も違い、360度フロア仕様のダンサブルなチューン満載です。9月1日には渋谷asiaにて『a day』リリース・パーティーも予定されており、『a day』のMIXを担当したKOYAS、井上薫、calmらが揃ってLIVE SETで登場。この豪華メンツによる『a day』リリース・パーティーへの無料招待もありますので最後までお見逃しなく!

Polar ChalorsのLIVE音源を先行配信!


Polar Chalors / Live at 吉祥寺SEATA 2011.4.3 (SUN)

【Track List】
01. Silent Poet session 0:00~8:30
02. Polar Chalors session 8:30~20:35
03. Nos Core session 20:35~26:50
04. a day session 26:50~END
※アーティストの意向により上記4曲を1トラックとして配信します。

★アーティスト自身によるセルフ・ライナーノーツ付き

これぞ新感覚ダンス・ミュージック! 1stアルバム『a day』も配信中!


Polar Chalors / a day

【Track List】
01. Polar Chalors
02. Zen
03. Melt Up
04. Nos Core
05. Silent Poet
06. a day

『a day』にコメント続々到着

ナイスな二人がコンビを組んで、出てきた音はカテゴライズ出来ない謎の極彩色サウンド。果てまで行ってらっしゃい!
——— 井上薫

自分が考える一つの理想の形があります。即ち緊張と寛ろぎの同居。この音楽を聴いていたらソファーに寝ころんでいても最涯の地に赴くことが出来ます。
——— 東京スカパラダイスオーケストラ 谷中敦

ちょっと不思議な組み合わせ。
でも予想をはるかに越えた不思議なサウンド。
想像だけではなく創造することこそ今一番大切だと感じさせる素晴らしきクオリティ。
——— Calm

宇宙のリズムで呼吸をしながら、僕は神秘的な光が立ち込めた深く青い海を泳ぎ、森の中を分け入り、砂漠を、そして荒野を吹き抜ける風になった。このアルバムから降り注がれる音の波は、僕にそんな奇跡をもたらしてくれた。
——— 東田トモヒロ

朝も昼もよるにも浮かぶかな、サウスサイド・ニュー・ミュージック!
HATAの繊細なマジックが効いてますね。明日のオープニングに使うよ◯
——— ALTZ(ALTZMUSICA)

2011.9.1(Thu)『a day』リリース・パーティーに2組4名様をご招待

a day』もしくは『Live at 吉祥寺SEATA 2011.4.3 (SUN)』のいずれかをお買い上げ頂いた方の中から、9月1日に渋谷asiaにて行われる『a day』リリース・パーティーに抽選で2組4名さまをご招待! 当日は『a day』のミックス・ダウンを担当したKOYASのほか、コメントを寄せている井上薫とcalmといった豪華メンツが揃ってLIVE SETで登場! さらにアルバム・ジャケットを描いたSENEKTのLIVE PAINTと、VJをMEG (OVER HEADS)が担当。2Fは吉祥寺CLUB SEATAを拠点にアンビエント・パーティーをプロデュースする「Off-Tone」によるどっぷり音にはまれるチルアウト・スペースに変貌。LIVE音源でテンションあげて乗り込むもよし。はたまたゆったりとした『a day』のアンビエント感に身をまかせて、ゆらゆら揺れるもよし。たくさんのご応募お待ちしております!

2011.9.1 (THU) Polar Chalors『a day』リリース・パーティー

日程 : 2011年09月01日
場所 : 渋谷clubasia
OPEN/START : 23:00
チケット : 当日 3000円(w/1ドリンク) / 前売り 2000円(ドリンク別)

〈Main floor〉
Polar Chalors / Calm presents K.F. Solo Live Set / Kaoru Inoue (Live Set) / KOYAS (Live Set / DJ YOGURT&KOYAS) / DJ メメ
Live paint : SENEKT
VJ : MEG (OVER HEADS)

〈1F bar〉ECHO PATROL LOUNGE
DJ : YOHSUKE(CRASSICKS) / TASOHARU / IIIIII / 高橋ケ無 / JYUNYA-T / SHY

〈2F〉Off-Tone プロデュース チルアウト・スペース
DJ : Matsusaka Daisuke(Off-Tone) / morrissy (CHIMERA) and more…
Live Paint : Taiki Kusakabe

【応募方法】
応募期間内に『a day』もしくは『Live at 吉祥寺SEATA 2011.4.3 (SUN)』のいずれかを購入頂いた方の中から、抽選で2組4名さまに9/1(木)に行われる『a day』のリリース・パーティーへ招待します。当選された方には会員登録時のメール・アドレス(Twitter会員の方はDM)宛に8/31の午前中までにご案内させて頂きます。

〈ご招待対象購入期間〉8/23(火)17:00〜8/30(火)23:59

PROFILE

Polar Chalors
日本最強(狂)のサイケデリック・ジャム・バンド、Dachamboのmachine&motivation担当HATAと、sound furinitureやSINSUKE FUJIEDA TRIOをはじめ、自己のグループや井上薫とのプロジェクトでも活躍するSINSUKE FUJIEDAの2人によるプロジェクト、Polar Chalors(ポーラーカラーズ)。2人の持ち味であるサイケデリック、フリー・ジャズ、アンビエント、トライバル等のサウンドをジャンルレスにちりばめた、自由かつ即興性の高いサウンドとステージングを披露している。2011年はFuji Rock Festivalにも出演し、同年8月に1stアルバム『a day』をリリース。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──
[CLOSEUP]・2016年12月07日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、30位〜11位を発表! その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました。こちらでは30位から11位を発表します。今年の音楽、ちゃんとチェックしてから2017年へいきましょうぞ。 >>50位から31位はコチラ 30. HIROSHI WATANABE『MULTIVERSE』【作品詳細】KAITO名義でのジャーマン・テクノ名門〈コンパクト〉からのリリースでも知られる、HIROSHI WATANABEのデトロイト・テクノの伝説的レーベル、デリック・メイの〈トランスマット〉よりリリースされたアルバム。まっすぐにエネルギッシュなテクノ・アルバム。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 2,700円(税込) 29. ミツメ『A Long Day』【作品詳細】インドネシア、台湾、テキサス、ニューヨークなどでの海外公演も含めて、マイペースながらも着
Maison book girl、メジャー・デビュー作『river (cloudy irony)』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年11月30日・Maison book girl、徳間ジャパンよりメジャー・デビュー!! 現代音楽とアイドル・ポップスの融合を聴け! コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組アイドル・グループ「Maison book girl」がシングル『river(cloudy irony)』にて、徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャー・デビュー。音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開してきた彼女たちによる渾身のデビュー作。アイドルファンのみならず様々なジャンルのアーティスト、評論家からも支持を得ている現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品をハイレゾでお楽しみください。 メジャー・デビュー作をハイレゾ配信Maison book girl / river (cloudy irony)【Track List】1. cloudy irony2. karma3. 14days4. cloudy irony instrumental5. karma instrumental6. 14days instru
by 西澤 裕郎
カネコアヤノ1st EP『さよーならあなた』発売記念対談 : カネコアヤノ × 林宏敏(ex.踊ってばかりの国)
[CLOSEUP]・2016年12月07日・カネコアヤノ×林宏敏(ex.踊ってばかりの国)対談──可能性を広げた幸せな邂逅の産物 2016年は劇団ロロの三浦直之の作/演出舞台『光の光の光の愛の光の』へ出演、次いで東京国際映画祭スプラシッシュ部門に選出された今泉力哉監督作品『退屈な日々にさようならを』の主題歌&挿入歌を監督オファーにより提供。同作へ俳優出演も行い、その独特の空気感をまとったアーティスト性に音楽界隈以外から声がかかることも多かったカネコアヤノ。もちろん4月にリリースした弾き語り作品『hug』も彼女のソングライターとしてのセンスを遺憾なく発揮したものであった。それから半年経たずながら待望されていた新作がこの度リリース。4曲とボーナストラックが収録されたEP『さよーならあなた』がハイレゾ音源含めて配信スタートした。 11月19日のライヴをもって踊ってばかりの国を脱退したギタリスト、林宏敏がバンド・メンバーとして参加したタイトル曲「さよーならあなた」は、暢気さと不穏さが織り交じった奇妙な快感で惹きつけるキラーソング。もう1曲バンドで録音された「退屈な日々にさようならを」は前述した同タイトルの映画主題歌であり待望の音源化となる。さらに弾き語り2
by 西澤 裕郎
Alaska Jam、3rdミニ『BE YOUNG! BE HAPPY!』&過去作配信開始
[CLOSEUP]・2016年12月07日・バンド・マジックの第2章へと至る「原点回帰」──Alaska Jam、3rdミニ&過去作配信開始 それぞれ、さまざまバンドやソロ・アーティスト、サポート・メンバーなどで活躍するアーティストたちでもあるAlaska Jam。そのサウンドは、森のラップが、ソリッドで軽快なファンク・ビートとともに疾走する、ミクスチャーとも違った軽快感とともに、ラップの言葉の力とロックのダイナミックな演奏が結実する、そんなサウンドだ。そんな彼らが2年半ぶりに新作として、3rdミニ・アルバム『BE YOUNG! BE HAPPY!』をリリース。OTOTOYでは本作を配信するとともに、過去2作も同時に配信開始する。2年半を経て彼がたどり着いた境地とは? 金子厚武によるインタヴューとともにお届けしよう。 最新作、3rdミニ・アルバムAlaska Jam / BE YOUNG! BE HAPPY!'【Track List】01. カミナッチャ! 02. 東京アンダーグラウンド03. Hello from Asia04. FASHION05. Champagne06. スーパースパイシー07. BLUE【配信形態 / 価格】''16bit
by 金子 厚武
【WiLL ソロ企画】第4弾、坂本愛里ーーthe End・ナカヤマユキコ(ex.BiS)に訊くアイドルとしての生き方
[CLOSEUP]・2016年12月05日・【WiLL ソロ企画】第4弾、坂本愛里ーーthe End・ナカヤマユキコ(ex.BiS)に訊くアイドルとしての生き方 「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方や台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。最終回となる第4弾は、WiLLのセンターとの呼び名も高い坂本愛里と、BiSの初期メンバーで現在はバンド、the Endのフロントマンを務めるナカヤマユキコの対談を敢行。なぜステージにあがるのか、アイドルとして大切なこととはなにかなど真剣に語り合ってもらった。 WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始 OTOTOY独占ハイレゾ配信スタートWiLL / fallin’(24bit/96kHz)【配信形態】
by 西澤 裕郎
2016年のメリークリスマス&ハッピーニューイヤーは3776でどうぞ!
[CLOSEUP]・2016年12月06日・2016年メリークリスマス&2017年ハッピーニューイヤーは3776の曲をどうぞ! 富士山ご当地アイドル、3776が、シングル『歳時記・第一巻』をリリースし、そこに収録されている「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー」をフリー・ダウンロード! 知名度、人気が一気に高まった2016年。さぁ、今年最後のちよのちゃんと石田Pのインタヴュー公開です。2017に向けて! 【配信形態】24bit/96kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC【配信価格】単曲 162円(税込) まとめ購入 540円(税込)まとめ購入でブックレットpdfが同梱されます。フリーダウンロードはこちらから! 名盤『心配のタネ』が、ハイレゾ版で新着!3776 / 心配のタネ(24bit/44.1kHz)'【配信形態】24bit/44.1kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC【配信価格】''単曲 162円(税込) まとめ購入 972円(税込)まとめ購入でブックレットpdfが同梱されます。 INTERVIEW : 井出ちよの+石田彰 2015年10月に『3776を聴かない理由があるとすれば』をリリース、2016年1
WiLL ソロ企画 第3弾、釆澤彩香がめいどりーみん渋谷店でメイドになってご主人さまにお給仕してきた
[CLOSEUP]・2016年11月30日・【WiLL ソロ企画】第3弾、釆澤彩香がめいどりーみん渋谷店でメイドになってご主人さまにお給仕してきた 「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方や台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。第3弾は、釆澤彩香が11月26日(土)、渋谷にあるメイドカフェ「めいどりーみん」にて3時間に渡りお給仕した様子をレポート。もともとメイドが好きだという釆澤のまた違う一面をお楽しみください。 WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始 OTOTOY独占ハイレゾ配信スタートWiLL / fallin’(24bit/96kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】単曲 2
by 西澤 裕郎
韓国のソウル・ファンク・ディスコ・バンド、Sultan of the Discoより日本デビュー作ハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2016年12月07日・Sultan of the Disco、日本デビュー作をリリース! 世界で注目されるユーモラスなアイデアの根源とは? アジア発、5人組ソウル・ファンク・ディスコ・バンド、Sultan of the Disco(スルタン・オブ・ザ・ディスコ)が日本デビュー作『オリエンタルディスコ特急』をリリース! ハイレゾ配信を開始! シックやクール・アンド・ザ・ギャングをはじめとした70〜80年代のディスコ・ファンク・サウンドを基調としつつ意匠を凝らした楽曲とユーモアに富んだパフォーマンスが人気を呼び、国内外の大型フェスにも多数出演するなど、今要注目の彼ら。初の日本語楽曲となるリード曲「Oriental Disco Express」の日本語詞を手掛けたのは氣志團の綾小路 翔氏。実はスルタンの前身となるダンス・グループ結成時、氣志團のパフォーマンスにインスパイアされていたという。 スルタンと同じくして2016年の「サマーソニック」に出演し、先日特集も組んだhyukoh(ヒョゴ)をはじめとして、いま勢いを加速させ続ける韓国の音楽シーンを更に盛り上げる彼らの活躍ぶりと、そのオリジナリティー溢れる魅力とアイデアはどこから湧き上がる