「術ノ穴」発ポスト・ロック・バンド?! 先行フリー・ダウンロード開始!

Fragment主宰レーベル「術ノ穴」所属のロック・バンドbugficsが、2ndアルバムを配信する。術ノ穴所属のロック・バンドというだけでかなり気になる存在だ。まずは、収録曲でもある「AUTOEXEC pt.2」をフリー・ダウンロードしてみよう! 彼らは、もちろんただのポストロック・バンドではない。術の穴らしい一筋縄ではないサウンドを堪能して欲しい。 懐かしいような、応援したくなるような、そんなサウンド...

>>>「AUTOEXEC pt.2」のフリー・ダウンロードはこちらから



bugfics / [AUTOEXEC E.P.]

1. AUTOEXEC pt.2 / 2. デフラグ / 3. 砂漠を越えて

MP3 & WAV : 単曲150円 / アルバム450円

2nd Album『[AUTOEXEC E.P.]』が発売開始になりました!

音楽が持つポテンシャル

日本にポスト・ロックという言葉が日常的に浸透して随分経つが、正直もうそろそろ頭打ちなのでは? と思ってしまうこの頃。何故か? 個人的に思う事は、ポスト・ロックという言葉がある程度のネーム・バリューを既に持ってしまっている事、そして「ポスト・ロックっぽさ」というのが、一聴して認識できる位決まった「音の感じ」が、リスナーの耳にイン・プットされてしまったからだろう。正直toe等が与えた衝撃は、ポスト・ロックという槍ではもう貫けないだろう。もうポスト・ロックはそれ以上にも以下にも当てはまらない位、自ら幅を縮めてしまったようにすら感じる。

しかし今回bugficsの音を聞いて、それは思い過ごしなのでは無いだろうかと思った。音としてはシカゴ音響派に見られるような、透明感のある深く染み入るような音、ストイックなリズムのリフレイン、一歩引いた所で冷静に分析するように聞こえる歌。こう言葉で綴ってしまえば「なんだ、またポスト・ロックか! 」と思われるかもしれない。しかし彼等の場合は、シカゴから派生する以前のパンク・キッズのcap'n jazzのように、美しい演奏の中に歌をあえて少し歪ませる事で、歌にリアリティを持たせている。またグルーヴもいわゆる「何っぽい」等の余計なものを削ぎ落とし、リフレインの気持ち良さを聞くものに与えてくれるのだ。トータスの様なアプローチをしつつ、演奏だけにとらわれない詩と歌心を大事にしている素晴らしいバンドだ。

bugficsは主に埼玉を拠点にしながらも、全国各地へ活動を広げている。どうも彼等の場合は、埼玉を拠点にしている事を意識的に押し出しているようだ。地元の音楽シーンを盛り上げたいと思っているバンドはかなり多くいる。しかし利便性からどうしても東京に出てきてしまう事を余儀なくされるパターンが多いが、一番最近見た、山梨のWater Water Camelと彼らは通じる部分がある。彼等もまた、山梨の音楽シーンを盛り上げようと日々奮闘していた。今回bugficsの音を聞き、彼等の音楽が持つポテンシャルならば、これから埼玉独自の音楽シーンを作っていってくれるに違いない。これからがとても楽しみなバンドである。

Live information

  • 10/24(日)@つくばPARKDINER
  • 11/9(火)@『OPEN SPACE』大宮444quad
  • 11/26(金)@北浦和KYARAwith the SHUWA, 99radio service
  • 12/14(火)@『OPEN SPACE』大宮444quad
  • 12/29(水)@吉祥寺WARP

bugfics profile

2003年結成。3ピースとして活動。UKロックを基調とし、USハード・コア、エレクトロニカ、現代音楽など様々な音楽を経て現在の表現方法へと辿り着く。全日本語詞。2005年、1st mini Album 「bugfics」(術ノ穴)をリリース。以後ロック・イベントのみならずヒップ・ホップ・イベントなどにも出演。DOTAMAとのコラボレイト等ジャンル関係なく活動中。2009年、TANAKA(ギター、ex continuous)を加え更なる表現を広げている。現在次作に向けて鋭意製作中。

bugfics official HP

bugfics MySpace

術ノ穴 HP

リフレインするサウンド!!

Jamie Lidell / Compass

ベックがプロデュース、作曲、ギター、シンセ、そしてヴォーカル参加! ファンクして、ロックして、ポップするエクレクティック・ソウル!!! 現代のショウ・マン、ジェイミー・リデルのハイブリッドな唄声が変幻自在に弾け飛ぶ!

The Hundred In The Hands / The Hundred In The Hands

Warpがその才能を見出し、2010年のハイライト・アーティストとして大プッシュする超新星が遂に本格デビュー。ディスコ、ポスト・パンク、エレクトロ、ガールズ・ポップ、ダブ、ハウスなどを柔軟に取り入れ、伝統的なポップ・ミュージックへの愛情、ユニークな実験性、クリエイティヴな感性によって表情豊かなスタイリッシュ・サウンドが実現。ダンサブルでしなやかなポップネスとメランコリックなハーモニーが官能的に鳴り響く!!!

Woods / At Echo Lake

Usインディ・シーンの重要レーベル、Woodsistのオーナー、Jeremy Earl率いるNYのバンド、Woodsの通産5作目。ノイジーでヨレたギターとシンプルなリズム、そして美しいJeremyの幽玄ファルセット・ヴォー カルによるサウンドは、ローファイでサイケデリックな感覚と、フォーキーでポップな質感が奇跡的に融合している。

o

はてブに追加
 
 
"freedl"の最新アーカイヴ
NORO、1stシングル&3rdアルバムを同時先行ハイレゾ配信スタート&期間限定フリーDL
[FREEDL]・2014年07月17日・目を覚ました羊の毛皮をかぶった闘士ーーNORO、1stシングルと3rdアルバムを同時先行ハイレゾ配信スタート 作詞・作曲にとどまらず、アレンジやサウンド・エンジニアリング、アートワークなど、すべてを手がけるマルチ・シンガー・ソングライター、NOROが、1stシングル『DREAM in RUINS』と3rdアルバム『the Room 1058』をOTOTOYで先行同時リリース。戦争と原発への想いを歌にした「DREAM in RUINS」では、清水ひろたか(THE CORNELIUS GROUP、YOKO ONO PLASTIC ONO BAND、etc)、小山謙吾(ex.アーバンダンス)、飯野竜彦(FLYINGKIDS)、岡田鉄平(スギテツ)、パーカッショニスト多鹿大介が演奏で参加。NOROの想いがこもった同曲のmp3版は期間限定で無料ダウンロードを実施いたします。さらに、『the Room 1058』には、「電子雑誌トルタル」での連載コラムを再編集した約30ページのPDF電子ブックつき。NOROの世界を存分にご堪能ください!! 「DREAM in RUINS」(mp3)のフリー・ダウンロードはこちら(20
ドブロク『DO THE EMO!!!!』を一週間先行ハイレゾ配信&フリーDL&インタヴュー掲載
[FREEDL]・2014年06月26日・このアルバムが売れなかったら、バンドやめませんーードブロクに届いた全国のライヴハウス店員たちから熱きエール ライヴハウスを主戦場に、今年で結成16周年を迎えた3ピース・バンド、ドブロク。1998年、明治学院大学在籍中に結成され、ドラマーのメンバー・チェンジを経て、2009年より現在の編成で活動を続けている彼ら。訊けば、最初から明確なビジョンがあってバンドをはじめたわけでなく、演奏における新たな気づきを繰り返しつつバンドを続けてきたという。本作は、そんな彼らに惚れ込んだ四谷のライヴハウスOutbreak! の店長・佐藤学が、自身のレーベルよりリリースをオファー。全国のライヴハウス店員たちの熱いコメントとともに、全力でドブロクをサポートする。まるでバンドを始めたばかりのように、音を鳴らすことの喜びをサウンドで体現するドブロクのエモーショナルに触れてもらうべく、1曲フリー・ダウンロードとメンバーへのインタヴューをお届けする。 >>>「もっと夜にもぐる(24bit/48kHz)」のフリー・ダウンロードはこちら このエモーショナルはハイレゾで浴びるように聴いてほしいドブロク / DO THE EMO!!!!(24
by 西澤 裕郎
ヲノサトル『ROMANTIC SEASON』ハイレゾで1週間先行リリース&DUB MASTER X によるスペシャル・リミックスをフリー配信
[FREEDL]・2014年06月12日・甘くて口当たりがいいのに違和感?ーーヲノサトル、新作ムード・エレクトロをDSDで1週間先行リリース&DUB MASTER Xによるリミックスをフリー配信 明和電機「経理のヲノさん」として知られる音楽家のヲノサトルが、前作『舞踏組曲』から2年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『ロマンティック・シーズン』をリリース。甘くムーディな電子音楽 = ムード・エレクトロ全開の本作は、シンセサイザーやコンピュータを駆使した最先端の電子音響でありながら、どこか懐かしく甘いラテンやラウンジ、フュージョンの空気が満載。そんな大人のインストゥルメンタル・ミュージックをDSD5.6MHzとHQDで1週間先行ハイレゾ配信!! この夏、手放すことのできない清涼感とロマンティシズム漂うエレガントなテクノ・サウンドを存分にお楽しみください。また、伝説のリミキサー、Dub MasterXがリミックスした「Sweet Of You」をハイレゾで無料配信!! mp3版もフリーでダウンロードできますので、聴き比べしてみてください。それにしても、あまりにサービスしすぎじゃないですか、ヲノさん? >>「Sweet Of You (Dub's Reho
by 西澤 裕郎
SUGRANの1stアルバム『KOKYU』をハイレゾ配信&現体制で初となる楽曲をフリー・配信!!
[FREEDL]・2014年05月29日・アンビエント、シューゲイザー、ポストロックで描く風景画ーーSUGRAN、8年目の1stをハイレゾ配信&新曲をフリー・ダウンロード ポストロック、シューゲイザー、エレクトロ、アンビエント、ノイズなどを絶妙にマッチさせ、風景を描写するようなサウンドを描く、東京都内を中心に活動を続けるロック・バンド、SUGRAN(スグラン)。結成8年目に突入した彼らが作り上げた待望の1stアルバム『KOKYU』を、このたびOTOTOYでハイレゾ配信する。それにあわせ、現体制で初となる楽曲も制作してもらった。これまでの集大成的アルバムと、新しい出発ともいえる新曲。それらをじっくりと聴いていただくことで、あなたの頭にはどのような風景が浮かんでくるだろうか。まずは新曲を聴いていただくことで、彼らの描く風景を感じてほしい。そのために、同楽曲はフリー・ダウンロードでお届け!! また、インタヴューも一緒に楽しんでみてほしい。 >>>「題名のない夜に」のフリー・ダウンロードはこちらから 集大成的な1stアルバムをハイレゾ配信SUGRAN / KOKYU(24bit/48kHz)【配信価格】HQD(24bit/48kHz) 単曲 150円 /
by 西澤 裕郎
板垣周平率いるperfectlifeの1stアルバム『マラディーズ』を先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2014年05月22日・WEARE! 活動休止から2年のときを経てーー板垣周平による新バンドperfectlifeが1stアルバムを先行配信&インタヴュー 大名盤『のらくら』のリリースをもって活動休止したWEARE!。あれから2年。同バンドの中心人物、板垣周平が、新バンド、perfectlifeを結成、1stアルバム『マラディーズ』を完成させた。キーボードが加わり、女性コーラスがほぼ全編に渡って参加するなど、WEARE!とは一味違うサウンドに仕上がりながら、変わらずポップかつシニカルな板垣節が冴え渡る作品となっている。本作のリリースを待ちきれないOTOTOYでは1週間先行で配信スタート!! そして、より多くの人に届いてほしいという思いから、1曲フリー・ダウンロードでお送りする。さらに板垣にミュージシャンとしても深いシンパシーを覚える飯田仁一郎(Limited Express(has gone?) / OTOTOY編集長)がインタヴューを決行!! perfectlifeというバンドのはじまりを心より祝福したい。 >>「スプリングハズカム」のフリー・ダウンロードはこちらから 待望の1stアルバムを1週間先行配信perfectlife
by JJ
空きっ腹に酒、3rdアルバム『踊れ細胞』を24bit/48kHzでハイレゾ配信
[FREEDL]・2014年05月15日・悪酔い必至!? このハイレゾで酔っぱらえ!空きっ腹に酒、3rdアルバム『踊れ細胞』を24bit/48kHzで配信開始 エキセントリックでありながらストイック、ファンキーでありながらユーモラス。一度聴いたら耳から離れない変種のロックを鳴らす空きっ腹に酒が、3rdアルバム『踊れ細胞』を24bit/48kHzのハイレゾで配信開始! ハイテンションで畳み掛ける高速カッティングに、田中幸輝(Vo)の口から矢継ぎ早に繰り出される言葉の嵐。この衝動をハイレゾで耳に突き刺そう。さらに、OTOTOY限定、本作にはボーナストラックとして「サタデーナイトフィーバー」を収録(こちらは16bit/44.1kHz)。そればかりか、収録曲の中から「イマ人」のフリー・ダウンロードも決定! 酩酊必至の全11曲を、空っぽの腹にぶち込もう。 >>「イマ人」のフリー・ダウンロードはこちら!!(2014年5月22日24:00まで) 空きっ腹に酒 / 踊れ細胞 (24bit/48kHz)【配信フォーマット / 価格】ALAC / FLAC / WAV (24bit/48kHz) : 2,160円(単曲は各216円)【収録曲】01. イマ人02. F・
by 西澤 裕郎
(the)beds、2ヶ月連続リリースのEPを一挙配信スタート!!
[FREEDL]・2014年05月01日・10年の成熟がバンドにもたらした多彩なる表現、異なる味わいの2作ーー(the)beds、2ヶ月連続リリースのEPを一挙配信&フリーDL!! 活動10周年を迎え、ますます精力的なバンド、(the)bedsが、2014年2月3月に2ヶ月連続でリリースした3年ぶりとなるEPを配信スタート!! 洋楽・邦楽に関わらず自分たちの好きなロックを血肉化し、バンド・サウンドとして昇華したサウンドはまっすぐに聴くものの胸を打つ。今回は2枚のEPからそれぞれ1曲ずつ、フリー・ダウンロードにてお届け。ライヴで積み重ねてきた確かな実力と、変わらぬ音楽への探究心が詰め込まれた2作をじっくりとご堪能ください。 >>「サイクリン」のフリー・ダウンロードはこちら「砂は舞う」のフリー・ダウンロードはこちら>GHEEEへのインタヴューはこちら PLAGUES / Swamp riding プレイグス、デビュー20周年記念盤。オール・キャリアの代表曲+オリジナル・アルバム未収録のレア曲+新曲1曲による全16曲を収録した、全て新録によるベスト・アルバム第2弾。ベースに林幸治(トライセラトップス)、キーボードに堀江博久(the HIATUS他)、
by 梶原 綾乃
ナショヲナル、「変なダンス」を先行フリー・ダウンロード!!
[FREEDL]・2014年04月10日・【ハイレゾ先行配信】変なダンスを踊れ!! 元々人間なんて変な生き物なんだから――ナショヲナル、アルバムからフリー・ダウンロード開始 "レトロ・フューチャー・ミュージック"と自身を表する彼ら。それは、少しチープだけど、とんでもなく夢があって奇天烈。いまとなると、懐かしく感じつつも、なんだかまぶしい。そんな5人組バンド、ナショヲナルが6年目にして初の全国流通盤となる1stアルバムをリリースする。 これまで「完全会場限定バンド」として活動してきた彼らのターニング・ポイントとなる今作。OTOTOYでは来週4月16日より24bit/48kHzのハイレゾ音源で配信する。今回はアルバムに先行してリード曲「変なダンス」をフリー・ダウンロードにてお届け!! もちろん、こちらもハイレゾです。さらに、これまで表舞台に出ていない上、まるで宇宙人のようにも見えるキツネのお面を被って登場した、謎めく彼らに話を訊いた。 >>「変なダンス」のフリー・ダウンロードはこちらから