「術ノ穴」発ポスト・ロック・バンド?! 先行フリー・ダウンロード開始!

Fragment主宰レーベル「術ノ穴」所属のロック・バンドbugficsが、2ndアルバムを配信する。術ノ穴所属のロック・バンドというだけでかなり気になる存在だ。まずは、収録曲でもある「AUTOEXEC pt.2」をフリー・ダウンロードしてみよう! 彼らは、もちろんただのポストロック・バンドではない。術の穴らしい一筋縄ではないサウンドを堪能して欲しい。 懐かしいような、応援したくなるような、そんなサウンド...

>>>「AUTOEXEC pt.2」のフリー・ダウンロードはこちらから



bugfics / [AUTOEXEC E.P.]

1. AUTOEXEC pt.2 / 2. デフラグ / 3. 砂漠を越えて

MP3 & WAV : 単曲150円 / アルバム450円

2nd Album『[AUTOEXEC E.P.]』が発売開始になりました!

音楽が持つポテンシャル

日本にポスト・ロックという言葉が日常的に浸透して随分経つが、正直もうそろそろ頭打ちなのでは? と思ってしまうこの頃。何故か? 個人的に思う事は、ポスト・ロックという言葉がある程度のネーム・バリューを既に持ってしまっている事、そして「ポスト・ロックっぽさ」というのが、一聴して認識できる位決まった「音の感じ」が、リスナーの耳にイン・プットされてしまったからだろう。正直toe等が与えた衝撃は、ポスト・ロックという槍ではもう貫けないだろう。もうポスト・ロックはそれ以上にも以下にも当てはまらない位、自ら幅を縮めてしまったようにすら感じる。

しかし今回bugficsの音を聞いて、それは思い過ごしなのでは無いだろうかと思った。音としてはシカゴ音響派に見られるような、透明感のある深く染み入るような音、ストイックなリズムのリフレイン、一歩引いた所で冷静に分析するように聞こえる歌。こう言葉で綴ってしまえば「なんだ、またポスト・ロックか! 」と思われるかもしれない。しかし彼等の場合は、シカゴから派生する以前のパンク・キッズのcap'n jazzのように、美しい演奏の中に歌をあえて少し歪ませる事で、歌にリアリティを持たせている。またグルーヴもいわゆる「何っぽい」等の余計なものを削ぎ落とし、リフレインの気持ち良さを聞くものに与えてくれるのだ。トータスの様なアプローチをしつつ、演奏だけにとらわれない詩と歌心を大事にしている素晴らしいバンドだ。

bugficsは主に埼玉を拠点にしながらも、全国各地へ活動を広げている。どうも彼等の場合は、埼玉を拠点にしている事を意識的に押し出しているようだ。地元の音楽シーンを盛り上げたいと思っているバンドはかなり多くいる。しかし利便性からどうしても東京に出てきてしまう事を余儀なくされるパターンが多いが、一番最近見た、山梨のWater Water Camelと彼らは通じる部分がある。彼等もまた、山梨の音楽シーンを盛り上げようと日々奮闘していた。今回bugficsの音を聞き、彼等の音楽が持つポテンシャルならば、これから埼玉独自の音楽シーンを作っていってくれるに違いない。これからがとても楽しみなバンドである。

Live information

  • 10/24(日)@つくばPARKDINER
  • 11/9(火)@『OPEN SPACE』大宮444quad
  • 11/26(金)@北浦和KYARAwith the SHUWA, 99radio service
  • 12/14(火)@『OPEN SPACE』大宮444quad
  • 12/29(水)@吉祥寺WARP

bugfics profile

2003年結成。3ピースとして活動。UKロックを基調とし、USハード・コア、エレクトロニカ、現代音楽など様々な音楽を経て現在の表現方法へと辿り着く。全日本語詞。2005年、1st mini Album 「bugfics」(術ノ穴)をリリース。以後ロック・イベントのみならずヒップ・ホップ・イベントなどにも出演。DOTAMAとのコラボレイト等ジャンル関係なく活動中。2009年、TANAKA(ギター、ex continuous)を加え更なる表現を広げている。現在次作に向けて鋭意製作中。

bugfics official HP

bugfics MySpace

術ノ穴 HP

リフレインするサウンド!!

Jamie Lidell / Compass

ベックがプロデュース、作曲、ギター、シンセ、そしてヴォーカル参加! ファンクして、ロックして、ポップするエクレクティック・ソウル!!! 現代のショウ・マン、ジェイミー・リデルのハイブリッドな唄声が変幻自在に弾け飛ぶ!

The Hundred In The Hands / The Hundred In The Hands

Warpがその才能を見出し、2010年のハイライト・アーティストとして大プッシュする超新星が遂に本格デビュー。ディスコ、ポスト・パンク、エレクトロ、ガールズ・ポップ、ダブ、ハウスなどを柔軟に取り入れ、伝統的なポップ・ミュージックへの愛情、ユニークな実験性、クリエイティヴな感性によって表情豊かなスタイリッシュ・サウンドが実現。ダンサブルでしなやかなポップネスとメランコリックなハーモニーが官能的に鳴り響く!!!

Woods / At Echo Lake

Usインディ・シーンの重要レーベル、Woodsistのオーナー、Jeremy Earl率いるNYのバンド、Woodsの通産5作目。ノイジーでヨレたギターとシンプルなリズム、そして美しいJeremyの幽玄ファルセット・ヴォー カルによるサウンドは、ローファイでサイケデリックな感覚と、フォーキーでポップな質感が奇跡的に融合している。

o

 
 

レヴュー

《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入
[CLOSEUP]・2017年08月16日・《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第6弾音源「不満」を配信、そして今回は彼らのライヴに潜入。彼らのライヴ・レポートを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第6弾goodtimes / 不満 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 不満 LIVE REPORT : 人生の一部を彩るもので得られる感覚に似ていた 今まで楽曲配信を毎月行い、ついに今作で第6弾となったgoodtimes。今回はその新曲「不満」のリリースとともに、彼らの楽曲の振り幅の大きさを肌で体感すべく、ライヴ会場へ潜入した。体感0距離のライヴで、人間同士の心がぶつかり合う様子が伺えた。 goodtimes
by 宮尾茉実
愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
“ミスターシティポップス”から2017年、オニギリ・ユニバーシティ開校のお知らせ
・2017年08月03日・かせきさいだぁの新作──“ミスターシティポップ”からオニギリ・ユニバーシティ開校のお知らせ 1995年にアルバム『かせきさいだぁ』でデビューして以来、日本語ラップを援用しつつ、独自のサウンドを展開してきた、かせきさいだぁ。オリジナルとしては『ミスターシティポップ』以来、5年ぶりにリリースする5枚目のオリジナル・アルバム『ONIGIRI UNIVERSITY』。デビュー当時から、ヒップホップに影響を受けながら、いわゆるハードコアなヒップホップ・シーンともまた違った独自のポップなスタンスで作品をリリースし続けてきた彼らしい、本作もまたその名が示す通り、どこかユーモラスでポップな、そしてこの国のカルチャーのなかでしか生まれえないような“かせぎさいだぁ”ワールドを示している。さて、本作をレヴューと共にお届けしよう。 かせきさいだぁ / ONIGIRI UNIVERSITY'【Track List】01. Yes02. カンフーダンス03. CANDY POP04. BABY × 405. 常夏ココナッツ06. Chocco that I know girl07. さよならファンタスティカ08. ちょうどいい 〜Fee
by marvinkei
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは