底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信

ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!!

新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信

ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)

【Track List】

1. idアイドル
2. Hamidasumo!
3. 不意打て!!
4. 私の話、これでおしまい
5. アントニオ
6. 人間は少し不真面目
7. 孤独な獣
8. もっとも美しいもの
9. OO(ラブ)
10. 震えて甦れ
11. スキヤキ
12. たびのしたく
13. Only You
14. 私へ
15. ナイトハイキング

【配信価格】
まとめ購入 2,300円(税込)

【配信形態】
FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

※ご購入いただいたお客さまにはライヴフォト特典がつきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
All Songs Performed by ゆるめるモ!

バンドメンバー :
松本大樹(Gt)
Yuko(Gt)
shioRi(Ba)
オータケハヤト(Dr)

Recorded by 樫本大輔
Mixed & Mastered by 徳永宏
Recorded at TSUTAYA O-EAST

photos by 後藤壮太郎

Produced by 田家大知、OTOTOY
Project Director 西澤裕郎(OTOTOY)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆるめるモ!、新作音源を引っさげた夏ツアー決定

2017年7月7日(金)@愛知・名古屋SPADE BOX
時間 : open 18:30 / start 19:00

2017年7月9日(日)@大阪・ESAKA MUSE
時間 : open 16:30 / start 17:00

2017年7月16日(日)@香川・高松MONSTER
時間 : open 15:30 / start 16:00

2017年7月17日(月・祝)@福岡DRUM SON
時間 : open 15:30 / start 16:00

2017年7月23日(日)@東京・赤坂BLITZ
時間 : open 17:00 / start 18:00

チケット料金 :
前売 standing 4,500円(税込・入場時別途ドリンク代・整理番号付)
当日 standing 5,000円(税込・入場時別途ドリンク代・整理番号付)
※小学生・中学生・高校生は公演当日に1,000円キャッシュバックいたします。学生証(保険証)を必ずをお持ちください。

https://www.hipjpn.co.jp/archives/44645

LIVE REPORT : 東京に燦然と輝く星空のような美しい世界

ゆるめるモ!

3月26日、TSUTAYA O-EASTでゆるめるモ! の〈孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー〉が行われた。今回は3月15日にリリースしたシングル『孤独と逆襲EP』を携えた東名阪ツアーで、バックバンドを全公演に従えたゆるめるモ! にとって初の試みとなる。

僕が会場に到着したのは開演の5時間前、特別にリハーサル現場から立ち会わせてもらうことに。ステージはすでにメンバー4人と後ろでは、くるりのサポートを務める松本大樹(Gt)、LAZYgunsBRISKYのYuko(Gt)、数々のアーティストと共演を果たしているshioRi(Ba)、ROCK'A'TRENCHのオータケハヤト(Dr)によるバックバンドが演奏をしていた。

松本大樹

Yuko

shioRi

オータケハヤト

とにかく驚いたのがメンバーの気迫。「コレって、リハーサル?」と疑ってしまうほどに、エンジン全開の本意気で歌うメンバーを観て、普段のゆるい雰囲気とのギャップが大きい分、いきなり感動してしまった。

およそ2時間のリハーサルを見届けて会場の外へ出ると、入り口にはとんでもない数のゆるめるモ! ファンがごった返していた。話しかけてみると「11時から並んでます。チェキ(撮影)もあるし、グッズも買わなきゃなんで!」と、ゆるめるモ! のライヴにかけるファンの気合いが、いかに本物かが伝わってくる。

ライヴ本番。メンバー4人が登場するや否や、ようなぴの「東京! 盛り上がって行こうぜ」の掛け声とともに「idアイドル」からスタート。開始早々から4人がそれぞれに用意された台の上に乗って、客を煽ったり、ヘッドバンキングをかまして最高の熱気を演出した。興奮状態のまま、「Hamidasumo!」、「不意打て!!」を続けておみまいし、さらにオーディエンスの盛り上がりもヒートアップ。この時点で、これほどまでにゆるめるモ! の楽曲とバンドの生演奏が合うのかと驚かされた。スケール感、サウンドの強度、生々しさは、間違いなくこれまでの彼女たちのライヴでダントツだったと思う。

けちょん

ようなぴ

しふぉん

あの

MCに入り、しふぉんが「名古屋と大阪はチケットが完売したけど、O-EASTは完売できませんでした。完売できなかった事実を受け止めて… 自分たちはライヴを大事にしてるって言ってるのに、それが伝えられなかった結果なのかなと思って。だけどね、今日は私達以外にもいっぱいライヴやってるじゃん。それでも、こんなに後列までお客さんがいるじゃん。そんな、ゆるめるモ! を観に来てくれた人に最後までライヴで気持ちを伝えたいと思うので、よろしくお願いします!」と挨拶。さらに、ようなぴが「ここは私達の新しいスタート地点だと思っていて、東京公演が完売できなくて完璧なスタートとは言えないかもしれないですけど、今日はここに来てくれたみんなのために良いライヴを魅せたいと思います。言葉じゃ中々伝えられないことがあって、言葉なんてなければいいのになんて思うこともあるけど、ずっと耳を凝らして、目を凝らしてゆるめるも! 見てくれたら嬉しい」とこの日のライヴにかける想いを真摯に語って「私の話、これでおしまい」へ。

前半のアグレッシブな3曲とは打って変わり、ライヴ中盤は「人間は少し不真面目」や「孤独な獣」など聴かせる楽曲が続く。そして「もっとも美しいもの」の曲終盤、〈無数の光 いつか いつか 愛を知りたい〉の箇所で、無数ものペンライトが彼女たちに向けられて、O-EASTのフロアはまるで東京に燦然と輝く星空のような美しい世界が生み出され、ステージで歌う4人の瞳が段々と輝きを増していくのが分かった。

そしてライヴは終盤に差し掛かり、3月にPVが公開されたばかりの「震えて甦れ」を披露。メンバーとオーディエンスで名フレーズ〈どうする〉のコール&レスポンスが起きたり、あのがSGを持ち出してかきむしるように演奏する一幕も。

続く「スキヤキ」はこの日1番の盛り上がりを見せた。2番が終わったタイミングで、あのがニヤリと笑ったかと思えば、突然オーディエンスへ向かってダイブ! 案の定、揉みくちゃとなり現場はカオスな状況に。完全に何かのスイッチが入ったあのは縦横無尽にステージを駆け回り、彼女のテンションに吸い上げられたメンバーもどんどんとパフォーマンスに熱が帯びていく。「スキヤキ」を歌い終えた後は絶妙なタイミングで「たびのしたく」へ。2014年に発表された曲だが、4人となった今のゆるめるモ! にとってのアンセムと言える重要な曲。しふぉん&けちょん、あの&ようなぴの2人1組となって、ハモる部分がとにかく染みた。ラスト「Only You」では、あのが再び客席へダイブ。後に続いてしふぉんも客席へ飛び込んでいく一方、ステージには三脚が持ち出され、ようなぴが登って歌い上げた。2階からライヴを眺めていた僕は、圧倒的なステージに唖然とさせられた。「うわっ! なんだコレ」とメモを取っていた、ペンも止まり、気がついたら本編が終了……。

アンコールでは、再びメンバーによるMC。けちょんは「ゆるめるモ! って渋谷で初めてライヴをやったんですよ。(今まで)渋谷にツアーで回ってくることも初めてなので、今日めっちゃ良い日じゃん! と思ってルンルンできました」と改めて、O-EASTでライヴを出来た喜びを語った。あのは「てえへんだ! 底辺だ〜ツアーなんですけど…… 何が底辺で、どこが底辺じゃないのか自分はちょっと分からないんですけど、でも…… 自分は社会において底辺な立場って言われたり、メンバーも馬鹿にされたりとか色々あると思うんですけど。それでも、底辺は底辺なりに、こんなにみんなのおかげで良い景色が見れて、音楽ができて底辺も最高だなって思うから、だから…… 底辺は最高だー!」と胸中を語った。彼女のそんな素の声を聞いたのは初めてだったので、「実はメンバーの誰よりも熱い人間なんじゃないのか」なんて、じーんと胸を打たれた。

最後は「私へ」、「ナイトハイキング」の2曲を披露。本編とアンコールを含む全15曲を歌い上げたメンバーに会場から鳴り止まない拍手がむけられ、TSUTAYA O-EAST公演は幕を閉じた。

text by 真貝聡
photo by 後藤壮太郎

ゆるめるモ! の作品をハイレゾで

4人体制になって初のワンマン・ライヴ音源を独占ハイレゾ配信

ゆるめるモ! / WE ARE A ROCK FESTIVAL TOUR FINAL -RETURN TO ZERO- at LIQUIDROOM(24bit/48kHz)

【Track List】

1. ゆるトロ (4mation remix) / 2. 逃げろ!! / 3. はみだしパラダイス / 4. めんどいしんどいPUNKするか / 5. よいよい / 6. SUN SUN SUN / 7. サマーボカン / 8. あさだ / 9. ぺけぺけ / 10. KAWAIIハードコア銀河 / 11. ナイトハイキング / 12. 人間は少し不真面目 / 13. もっとも美しいもの / 14. OO(ラブ) / 15. ゆるビスタ! / 16. ギザギザフリーダム / 17. Hamidasumo! / 18. スキヤキ / 19. たびのしたく / 20. Only You / 21. idアイドル / 22. SWEET ESCAPE / 23. manual of 東京 girl 現代史 / 24. なつ おん ぶる ー

【配信価格】
まとめ購入 2,800円(税込)

【配信形態】
FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

※ご購入いただいたお客さまにはライヴフォト特典がつきます。

ライヴ当日のレポートはこちらから

もねとちーぼう在籍時最後のワンマン・ライヴの音源を独占ハイレゾ配信

ゆるめるモ! / 6’n’ Roll History 〜ゆるめるモ! 第1章総集編〜(第1部&第2部) at 新木場STUDIO COAST(24bit/48kHz)

【Track List】
第1部
1. ゆるトロ (slo- モ!) / 2. ゆるめるモん / 3. べぜ~る / 4. 木曜アティテュード / 5. おこしてしまった? / 6. 私と私と私と私と私と私と私と私と / 7. 虎よ / 8. 花のドイリー / 9. DO FUFU / 10. SWEET ESCAPE / 11. あさだ / 12. アーメン / 13. 生きろ!! / 14. Majiwaranai CAts / 15. 場viewer / 16. ぺけぺけ / 17. 眠たいCITY vs 読書日記 / 18. メルヘン / 19. NNN / 20. OO(ラブ) / 21. スキヤキ / 22. たびのしたく / 23. 逃げろ!! / 24. manual of 東京 girl 現代史 / 25. なつ おん ぶる ー(part1) / 26. なつ おん ぶる ー(part2)
第2部
27. ゆるトロ (slo- モ!) / 28. 難 / 29. 聞こえる / 30. 不意打て!! / 31. 夢なんて / 32. その他のみなさん / 33. もっとも美しいもの / 34. 人間は少し不真面目 / 35. モモモモモモ!世世世世世世! / 36. 転がれ!! / 37. 波がない日 / 38. 白玉ディスコ / 39. KAWAIIハードコア銀河 / 40. よいよい / 41. Hamidasumo! / 42. idアイドル / 43. Only You / 44. アントニオ / 45. Refresh Your Jewellery Box / 46. 1!2!かんふー! / 47. 私へ / 48. 私の話、これでおしまい / 49. さよならばかちゃん / 50. 逃げろ!!

【配信価格】
まとめ購入 4,000円

【配信形態】
FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

※アルバムまとめ購入のお客さまには、ライヴフォト特典がつきます。

ライヴ当日のレポートはこちらから

4人体制後リリースされたロック・フェスをテーマにしたミニ・アルバムをハイレゾ配信

ゆるめるモ! / WE ARE A ROCK FESTIVAL(24bit/48kHz)

【Track List】
1. ギザギザフリーダム / 2. サマーボカン / 3. SUN SUN SUN / 4. めんどいしんどいPUNKするか / 5. はみだしパラダイス / 6. ゆるビスタ! / 7. ナイトハイキング

【配信価格】
まとめ購入 1,500円 / 単曲 249円

【配信形態】
FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

※アルバムまとめ購入のお客さまには、歌詞ブックレットがつきます。


2015年12月に開催されたワンマンのライヴ音源を独占ハイレゾ配信

ゆるめるモ! / YOU ARE THE WORLD TOUR FINAL at Zepp DiverCity(24bit/48kHz)

【Track List】
1. モモモモモモ!世世世世世世! / 2. 転がれ!! / 3. 1!2!かんふー! / 4. 難 / 5. 不意打て!! / 6. 眠たいCITY vs 読書日記 / 7. 波がない日 / 8. 虎よ / 9. DO FUFU / 10. Refresh Your Jewellery Box / 11. SWEET ESCAPE / 12. たびのしたく / 13. NNN / 14. 夢なんて / 15. もっとも美しいもの
16. OO(ラブ) / 17. よいよい / 18. KAWAIIハードコア銀河 / 19. idアイドル / 20. Hamidasumo! / 21. スキヤキ / 22. Only You / 23. ゆるトロ(slo-モ!) / 24. べぜ~る / 25. manual of 東京 girl 現代史 / 26. なつ おん ぶる ー / 27. 私へ / 28. 人間は少し不真面目 / 29. 逃げろ!!

【配信価格】
まとめ購入 2,800円

【配信形態】
FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

※ご購入いただいたお客さまにはZepp DiverCity TOKYOでの豪華ライヴフォト特典がつきます。

ライヴ当日のレポートはこちらから



ゆるめるモ! / YOU ARE THE WORLD(24bit/48kHz)

【Track List】
1. モモモモモモ! 世世世世世世! / 2. 転がれ‼︎ / 3. Hamidasumo! / 4. 1! 2! かんふー! / 5. 難 / 6. 不意打て‼︎ / 7. 眠たいCITY vs 読書日記 / 8. 波がない日 / 9. Refresh Your Jewellery Box / 10. KAWAIIハードコア銀河 / 11. よいよい / 12. id アイドル / 13. 夢なんて / 14. 私へ / 15. もっとも美しいもの / 16. NNN / 17. Only You

【配信価格】
単曲 250円 / まとめ購入 2,800円

【配信形態】
FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

赤坂BLITZでのワンマン・ライヴもハイレゾ配信

ゆるめるモ! / 赤坂BLITZだよ! 全員ハミ出すモ!(24bit/48kHz)

【配信価格】 まとめ価格 2,800円(税込)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)、AAC

【Track List】
1. ゆるトロ(slo-モ!) / 2. manual of 東京 girl 現代史 / 3. ゆるめるモん / 4. 難 / 5. あさだ / 6. アーメン / 7. 場viewer / 8. ぺけぺけ / 9. 眠たいCITY vs 読書日記 / 10. メルヘン / 11. 波がない日 / 12. 虎よ / 13. DO FUFU / 14. 聞こえる / 15. SWEET ESCAPE / 16. たびのしたく / 17. 1! 2! かんふー! / 18. OO(ラブ) / 19. スキヤキ / 20. Hamidasumo! / 21. なつ おん ぶる ー / 22. 私の話、これでおしまい / 23. 花のドイリー / 24. べぜ~る / 25. NNN / 26. さよならばかちゃん / 27. 逃げろ!!

※ご購入いただいたお客さまには赤坂BLITZでの豪華ライヴフォト特典がつきます。

ライヴ当日のレポートはこちらから


1stアルバムをハイレゾ配信

ゆるめるモ! / Unforgettable Final Odyssey(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz) 単曲 257円 / まとめ価格 2,160円

【Track List】
1. Majiwaranai Cats / 2. ゆるめるモん / 3. べぜ〜る / 4. 逃げろ!! / 5. 生きろ!! / 6. 場viewer / 7. ぺけぺけ / 8. 私の話、これでおしまい / 9. スキヤキ / 10. DO FUFU / 11. なつ おん ぶる ー / 12. OO(ラブ) / 13. たびのしたく

PROFILE

ゆるめるモ!

「窮屈な世の中を私達がゆるめるもん!」というコンセプトのもと2012年10月に結成されたニューウェイヴ・アイドル・グループ。英語表記はYou'll Melt More!。メンバーはけちょん、しふぉん、ようなぴ、あの。楽曲はニューウェイヴを軸に、エレクトロ、クラウトロック、ヒップホップ、シューゲイザー、ハードコア、アンビエント、テクノなど様々なジャンルが取り入れられており、NEU!、ESG、SUICIDEなどの名盤をオマージュしたCDジャケットも毎回話題に。2014年1月には箱庭の室内楽とのコラボ・アルバム『箱めるモ!』を発表し、同年7月に初のフル・アルバム『Unforgettable Final Odyssey』を発売。2015年3月にはPOLYSICSのハヤシが楽曲提供したシングル『Hamidasumo!』をリリースし、5月2日に東京・赤坂BLITZでワンマン・ライヴを開催。最大15人の生バンドとともに演奏し、1200人を動員した。8月にはミドリカワ書房の提供曲「夢なんて」を含むシングル『文学と破壊EP』を発売、初のサマソニ出演も果たす。10月31日からは初の主演映画『女の子よ死体と踊れ』が公開。10月21日には映画スペシャルCDと、赤坂BLITZワンマン・ライヴDVDを発売。11月11日には、元SUPERCARのナカコー、後藤まりこ、POLYSICSハヤシらが作家陣として参加した2ndフル・アルバム『YOU ARE THE WORLD』を発売。冬には全国ツアーが行われ、12月20日にはツアー・ファイナルとなるZepp DiverCityでのワンマンを開催した。

OFFICIAL HP

o

 
 

ライヴレポート

【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ
[CLOSEUP]・2017年10月13日・【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。 LIVE REPORT : Sundayカミデ Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。 先日OTOTOYでイン
ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年08月01日・演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的活動を見せる彼らが、2017年8月23日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』をリリースする。その発売とリリース・ツアーに先駆け、渋谷WWWにて先行レコ発ライヴ〈Nabowa Drawing〉を決行。OTOTOYでは今作の独占ハイレゾ配信を予定。現在予約受付中です、おたのしみに! OTOTOYにて独占ハイレゾ配信! 予約受付中! Nabowa / DRAWINGS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム販売のみ 2,300円(税込)【収録曲】1. Slipper de2. Ping Pong3. Ooh la la4. My Heartbeat (Belongs To You) [feat. Naz Yamada]5. Casablanca6. Af-roman7. Bell8. Seven Seasons9. Swan10. U411. Precious Mome
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部文香
300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信
[CLOSEUP]・2017年07月06日・300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信 2017年6月30日、Helsinki Lambda Clubが自主レーベル、Hamsterdam Recordsの設立記念として、ワンマン・ライヴを行った。開場から開演までの間も、来場特典や上映会、型抜き大会などなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。ヘルシンキなりのユニークなおもてなしで、渋谷WWWは開演前から大賑わい。様々なバンドと対バンして、成長した彼らがワンマン・ライヴで見せてくれるのはどんな景色なのだろうか。ライヴ・レポート掲載と同時に、Hamsterdam Records第1弾作品『split』から2曲を配信開始! 盟友、tetoとの相乗効果でさらなる磨きをかけた圧倒的センスを存分に体感して欲しい。 ブラーvsオアシスを予感させるスプリットの最高傑作Helsinki Lambda Club & teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. Ki
by 宮尾茉実
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[CLOSEUP]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
3週間に渡る、CHAIのドタバタ全米8都市ツアーを現地レポート!
[CLOSEUP]・2017年04月03日・ニュー・エキサイト・オンナバンドCHAIが3週間のドタバタ全米ツアーより帰ってきた! 現地レポート到着! 奔放な楽曲とパフォーマンスと卓越した演奏で話題騒然の『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。ある日突然Spotify UKチャートランクインするなど、まるで冗談のような快進撃でなにかとお騒がせな彼女たち。 昨年10月に行われたSony MusicとJapan Niteが主催する〈グランプリ、いきなり米国フェス出演オーディション〉にて見事グランプリを獲得したCHAIは、その特典として3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行した。 かつては世界で随一の音楽見本市にして、今年はミュージック以外にもインタラクティブ、フィルム、ミュージック、コメディの4部門が催される年に一度の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017」。「世界3位になってグラミー賞をとる」という半ば矛盾している夢を掲げる彼女たちにとって、今回が初の海外公演であり、そこにかける思い