再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、17年ぶり(!!)となるアルバムをリリース!!

アメリカを代表するエモ、ポスト・ハードコア・バンド、アット・ザ・ドライヴ・イン。2001年に無期限の活動休止を宣言し、以降はマーズ・ヴォルタ、スパルタなどで精力的に活動を続けていた彼らですが、突如として2012年活動再開。海外フェスであるコーチェラやロラパルーザにヘッドライナーとして出演し、日本でもフジロックに出演した。その後はしばらく沈黙が続いたものの、2016年には活動休止後は初となる大規模なワールド・ツアーを実施。圧巻のライヴを世界各地で見せつけた彼らは今年2017年、満を持して17年ぶりとなるアルバム『in∙ter a∙li∙a』をドロップ。伝説となっていたバンドを再びその前線へと引き戻す快作。是非ともハイレゾで。



At The Drive-In / in∙ter a∙li∙a

【Track List】
01. NO WOLF LIKE THE PRESENT
02. CONTINUUM
03. TILTING AT THE UNIVENDOR
04. GOVERNED BY CONTAGIONS
05. PENDULUM IN A PEASANT DRESS
06. INCURABLY INNOCENT
07. CALL BROKEN ARROW
08. HOLTZCLAW
09. TORRENTIALLY CUTSHAW
10. GHOST-TAPE NO.9
11. HOSTAGE STAMPS

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲購入 410円(税込) まとめ購入 2,601円(税込)

【REVIEW】At The Drive-In 『in∙ter a∙li∙a』


At The Drive In - Hostage Stamps(Official Music Video)

思えば長らくの活動停止から目を覚ました2012年の再始動は多くの人々を喜ばせたものの、「やっぱりバンドの再結成って...」と喜ぶ人々の肩を落とさせるようなある意味年月の経過の残酷さを教えてくれたような活動再開で、その後の2016年の二度目の再始動の際もツアー直前のタイミングでオリジナル・メンバーのギタリスト、ジム・ワードの脱退や、ヴォーカル、セドリック・ビクスラーの声の不調によるツアーのキャンセルなど、ファンの気持ちをやモヤモヤさせるようなトラブルばかりが聞こえてくる状況にすっかりがっかりさせられてしまっていた。

しかしそうしたバンドの不調は結果としてメンバーのバンドに対する気持ちに再び火をつけたようで、確実に今作『in∙ter a∙li∙a』にはいわゆる再結成当初のがっかり感は払拭されている。バンドにフレッシュさが戻り、各自が活動を経たことによる円熟味と強い説得力。個人的な彼らの最大の魅力は「緻密にブチ切れてる」部分であると思っているが、活動休止前の彼らは緻密さとブチ切れ度なら圧倒的にブチ切れ度への比重が大きかった。そこにはハードコアの持つ初期衝動的なエネルギーの発露の美しさがあったし、それが彼らを大きくもした。再結成した当時は”巧さ”はあってもバンド全体に初期衝動的なエネルギーは無かっただろうし、オリジナルのギタリストであるジムが居なくなってしまった穴は間違いなく大きいとは思うが、新ギタリスト・キーリー・デイビス(ex.ENGINE DOWN,Denali)が加入したことで初期衝動感、ブチ切れ感がバンドに戻ったからこそ、今作が生まれたような気がするのである。

モダンなラウド・ミュージック好きにも伝わるような良い意味での仰々しさもありつつ、耳を傾けるとバンドの頭脳であるオマーの変わらぬギターのキレキレかつ変態な音作りや、セドリックのヴォーカル・ワークの艶や力強さもしっかりアルバムにパッケージングされているので、新しいファンはレジェンドの貫禄を、オールド・ファンは年月の経過による重厚感を楽しめる1枚としてぜひとも爆音でブチ上がっていただきたい。

(Text by 高木理太)

At The Drive In JAPAN Tour 2017

2017年9月19日(火)@東京 ZEPP TOKYO
開場 : 18:00 開演 19:00
料金 : 7,000円 2F・指定席 8,000円

2017年9月22日(金)@大阪 なんばHatch
開場 : 18:00 開演 19:00
料金 : 7,000円 2F・指定席 8,000円

2017年9月24日(日)@愛知 名古屋CLUB QUATTRO
開場 : 17:00 開演 18:00
料金 : 7,000円

公演オフィシャルサイト : http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20170919.html

ギタリスト、オマー・ロドリゲス・ロペスによる未発表ソロ音源多数配信中!!

PROFILE

At The Drive-In

1993年、アメリカ合衆国テキサス州エル・パソにて結成。初期メンバーはジム・ワード、ジャレット・レン、セドリック・ビクスラー、ケニー・ホッパー、バーニー・リンコン。その後いくたびかのメンバー交代が行われ、現在はセドリック・ビクスラー(ヴォーカル)、オマー・ロドリゲス・ロペス(ギター)、ポール・ヒノジョス(ベース)、トニー・ハジャー(ドラム)、キーリー・デイビス(ギター)で活動。1996年にデビュー作『アクロバティック・テナメント』を発売。バンドはアルバムごとに進化を遂げ、2000年にメジャー・デビュー・アルバム『リレーションシップ・オブ・コマンド』を発表。イギー・ポップのゲスト参加などで大きな話題を呼び、SPIN誌の『過去30年で最も優れたアルバム300(1985-2014)』、Kerrang!誌『21世紀の最優秀アルバム50』に選出されるなど、数々の有名音楽媒体で称賛された。2001年に活動休止。2017年、ニューアルバム『インター・アリア』のリリースとワールド・ツアーを発表。

At The Drive-In 日本公式 HP : http://hostess.co.jp/atthedrivein/

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
でんぱ組.inc「夢眠ねむ」ボカロ“夢眠ネム”でコンピ・アルバムをリリース
[REVIEW]・2017年07月06日・でんぱ組.inc「夢眠ねむ」がボカロ“夢眠ネム”に! 豪華クリエイター参加のコンピ・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incのメンバー、夢眠ねむのボイスをサンプリングして2月に製品化発売されている「VOCALOID4 Library夢眠ネム」を使用して制作されたコンピレーション・アルバム『VOCALOID夢眠ネム』がリリースされた。楽曲制作には、kz(livetune)、八王子P、ゆよゆっぺ、tilt-six、ナユタン星人、玉屋2060%(Wienners)、MOSAIC.WAV、Yamaha VOCALOID夢眠ネム開発チーム、Tom-H@ckら豪華メンバーが参加。まだボカロの魅力に気づいていない人へ、南波一海のレヴューでその深みにハマってください。 V.A. / VOCALOID 夢眠ネム'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 2,700円(右)単曲 257円 / まとめ価格 1,852円【Track Lis
『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶──ホムカミ新作EPを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月05日・人と人とを交差させ、響かせる。──『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶 2015年にリリースしたシングル「HURTS」以降、注目を集め続ける京都在住の4ピース・バンド、Homecomings。昨年、2013年の“ROOKIE A GO-GO”出演から3年ぶりに〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の舞台に立ち、観客の盛り上がりがフジロック随一とも言われる“レッドマーキー”への出演を果たす等、ライヴでの活躍が目立っていたなかで、待望の新作『SYMPHONY』をリリースする。本作で、彼らは殻を破ったと言えるだろう。バンド最高の名曲と評される「HURTS」を超える名曲が誕生した。新曲4曲 + REMIX1曲のミニ・アルバムではあるが、今年を振り返ったときに鮮明に覚えているアルバムになっているはずだ。容易く語られがちなセンチメンタルやノスタルジーに、これが本物だと言わんばかりの、心の機微を捉える名曲づくしのアルバムを、OTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 〈FUJI ROCK FESTIVAL'16〉を経て成長したホムカミのミニ・アルバムが完成! Homecomin
by 中の人
コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバム『Mellow Waves』を配信開始
[CLOSEUP]・2017年06月28日・コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバムーーメロウとゆらぎに満ちた大傑作『Mellow Waves』 Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来、11年ぶりとなるオリジナル・アルバムを完成させた。その間、salyu × salyuのプロデュースやMETAFIVEでの活動、『デザインあ』、『攻殻機動隊』のサウンドトラック制作など、様々なプロジェクトに関わってきた小山田圭吾が作り上げた至高の作品。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作を配信開始する。この作品を聴かない人生はもったいない! Cornelius / Mellow Waves'【配信形態】AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. あなたがいるなら2. いつか / どこか3. 未来の人へ4. Surfing on Mind Wave pt 25. 夢の中で6. Helix / Spiral7. M
by 西澤 裕郎
むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年06月27日・むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。”「日本のカワイイ」を世界に発信する”をテーマに活動中の彼女たちが、このたび最大の武器、「kawaii」全開の3rdシングルを発表、OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信開始。アルバム購入すると、ブックレットと、抽選でサイン入りポスタープレゼントも。さらに、リリースを記念して担当ディレクター&メンバーからのコメントも到着しました! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / キミに夢CHU♡XX【A盤】'【収録曲】1. キミに夢CHU♡XX2. キミへ100% 3. キミに夢CHU♡XX -Instrumental-4. キミへ100% -Instrumental- 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)むすびズム / キミに夢CHU♡XX【B盤】'【収録曲】1. キミに夢夢CHU♡XX2. 小悪魔なLOOK3. キミに夢夢CHU♡XX
シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──〈岡村詩野音楽ライター講座〉よりクロス・レヴュー
[REVIEW]・2017年06月23日・シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──新たに提示する“シャムキャッツの音楽”とは 昨年、自主レーベル〈TETRA RECORDS〉を立ち上げ、バンド史上最高のアンセムとなった『マイガール』、バラエティ豊かな楽曲が並ぶ『君の町にも雨はふるのかい?』を立て続けにリリースしたシャムキャッツ。今回リリースされる『Friends Again』は、実に約3年3ヶ月ぶり、そして〈TETRA RECORDS〉立ち上げ以降、初のフル・アルバムとなった。前作『AFTER HOURS』リリース以降、様々な方法で表現をし、“新たなシャムキャッツ”を模索し続けていた彼ら。そんなシャムキャッツが満を持して世間に放つ音楽とは……。現在開催中の、オトトイの学校〈岡村詩野音楽ライター講座〉の講座生によるレヴューとともに紐解いてみてはいかがだろうか。 前作から約3年3か月ぶりのフル・アルバム! シャムキャッツ / Friends Again'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. 花草
【REVIEW】色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドのセカンド・アルバムをハイレゾ配信スタート!!
[REVIEW]・2017年06月23日・色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドの最新作をハイレゾ配信スタート!! 「犬神家の一族」や「人間の証明」などの映画音楽やTV音楽、そしてみなさまご存知「ルパン3世」の音楽を手掛けてきた大野雄二が昨年始動させた新バンド・Yuji Ohno & Lupintic Sixがデビュー作から1年という短いスパンで最新作をリリース。「ルパン三世のテーマ」、「愛のテーマ」をはじめとしたルパン・シリースの中でも人気の高い楽曲もニュー・アレンジにて収録。OTOTOYではもちろんハードボイルドでアッパーな今作をハイレゾにて配信中です。そして、アルバム購入者抽選で3名に大野雄二サイン入りステッカーをプレゼント! 詳細は記事内にて! Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER'【Track List】01. TORNADO 201702. RED ROSES FOR THE KILLER 201703. CRAZY IN LOVE feat.詩織04. MIDNIGHT WHOOPIE05. GOLDEN TIME feat.TIGER06. B
スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース!メンバーによるライナーノーツを掲載
[REVIEW]・2017年06月22日・スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース──限りなくエヴァーグリーンでポップな今作を語る 2004年に結成、京都を中心に活動を行っているスーパーノア。ついに彼ら初のフル・アルバム『Time』が完成した。今回リリースされる『Time』には、ライヴ会場限定で販売されていたシングル「リリー」の再録バージョンや、予てから音源化が望まれていた「what light」など、いまのバンドのモードが反映された新曲など全10曲を収録。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信開始。スーパーノアのメンバーである赤井裕(Gt)、井戸健人(Gt. / Vo.)、岩橋真平(Ba.)、岡村寛子(Key.)と、〈SIMPO RECORDS〉代表であり今作のレコーディング・エンジニアを務めた小泉大輔によるセルフライナーと共にご紹介しよう。 待望の初フル・アルバムをハイレゾ・リリース スーパーノア / Time'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 230円(税込) / アルバム 2,300円(税込)【収録曲】1. U(n)A2. MADA3. ドリームシアタ