Tags

湯川潮音 at 大倉山記念館 (5.6MHz dsd + 24bit/96kHz)
High Resolution
Exclusive

湯川潮音 at 大倉山記念館 (5.6MHz dsd + 24bit/96kHz)

Rock

湯川潮音

まさにDSDの真価を発揮する、そんな音源に仕上がりました。〈DSD SHOP 2013〉とのコラボの一貫として生まれた『湯川潮音 at 大倉山記念館』。最新アルバム『濡れない音符』から「にじみ」、2010年の3rdアルバム『クレッシェンド』から「ロンリー」、この2曲に加えて、なんと、ライヴ以外ではいまはここでしか聴けない、チャーミングな新曲「お客様故障サポートセンター」を演奏しています。この音源は、できればDSDで、そしてハイレゾ音源(24bit/48kHzのWAV)で、音と音の間、その余韻も含めてじっくりと楽しんで欲しい。そんな音楽となりました。

山の上にて(森ゆに at 大倉山記念館) (5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)
High Resolution
Exclusive

山の上にて(森ゆに at 大倉山記念館) (5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)

Classical/Soundtrack

森ゆに

ピアノと声というスタイルで端正なポップスを奏でる女性シンガー、森ゆにが、横浜の高台にある「大倉山記念館」でDSDレコーディングを敢行。DSDならではの温かみあるサウンドで、寒い冬にホッと心が温まる、そんな8曲を収録しています。

音無の家 / 月の下で(24bit/96kHz)
High Resolution

音無の家 / 月の下で(24bit/96kHz)

菅野忠則

精霊たちの訪れを描いた「音無の家」、月夜の儀式をイメージした「月の下で」の2曲をカップリング配信。童話のように不思議な世界をアンビエンスたっぷりの弾き語りで。(録音/ミックス/マスタリング:葛巻善郎)

音無の家 / 月の下で
Lossless

音無の家 / 月の下で

菅野忠則

精霊たちの訪れを描いた「音無の家」、月夜の儀式をイメージした「月の下で」の2曲をカップリング配信。童話のように不思議な世界をアンビエンスたっぷりの弾き語りで。(録音/ミックス/マスタリング:葛巻善郎)

Up Tomorrow(24bit/44.1kHz)
High Resolution

Up Tomorrow(24bit/44.1kHz)

Dance/Electronica

Laucan

ロブ・ダ・バンク主宰の〈Sunday Best〉が新たに契約したフォーク・ミュージックのニューカマー、Laucanが、同名のデビューEP『Up Tomorrow』をリリース。

Up Tomorrow
Lossless

Up Tomorrow

Dance/Electronica

Laucan

ロブ・ダ・バンク主宰の〈Sunday Best〉が新たに契約したフォーク・ミュージックのニューカマー、Laucanが、同名のデビューEP『Up Tomorrow』をリリース。

Heidenroslein/野ばら(ハイレゾ比較試聴用音源)
High Resolution
Free Download

Heidenroslein/野ばら(ハイレゾ比較試聴用音源)

Classical/Soundtrack

森ゆに

神奈川県出身のシンガー・ソングライター / ピアニストの森ゆにが、シューベルトの作品群をカヴァーしたアルバム『シューベルト歌曲集』に収録された1曲。シンプルだからこそハイレゾで聴いた時の臨場感が増す名カヴァーです。

Pagodes Live
Lossless

Pagodes Live

Jono McCleery

ロンドンを拠点に活動するソロアーティストJono McCleeryが、Ninja Tune参加レーベルIF Musicから最新曲をリリース。

Odd Harmony
Lossless

Odd Harmony

Beat Caravan

SWEET ROCK 'N' ROLL IS HERE TO STAY ! 結成から20 年弱、真のミュージック・ラヴァーのために常に最高のロックミュージックを奏でてきたBeat Caravan による超待望の2nd album!

Inner Systems(24bit/44.1kHz)
High Resolution

Inner Systems(24bit/44.1kHz)

Prequel Tapes

今やUKを代表するシンガーソングライターであり、ジョン・レジェンドやレディオヘッドもその音楽性を絶賛するフィンクのレーベルR’COUP’Dから、フィンクのリミックスも手がけている、ベルリンのプロデューサーPrequel Tapesがアルバムをリリース。

Inner Systems
Lossless

Inner Systems

Prequel Tapes

今やUKを代表するシンガーソングライターであり、ジョン・レジェンドやレディオヘッドもその音楽性を絶賛するフィンクのレーベルR’COUP’Dから、フィンクのリミックスも手がけている、ベルリンのプロデューサーPrequel Tapesがアルバムをリリース。

震える牙、震える水

震える牙、震える水

Rock

長谷川健一

正に魔都京都から届けられた最後の歌とでも言おうか。二階堂和美、七尾旅人、トクマルシューゴなど良質なアーティストをご紹介しているP ヴァインがお届けする最後のシンガー。歌が純粋に歌として響くことの素晴らしさを思い起こしてくれるシンガーソングライター長谷川健一。繊細で冷たい穏やかな光が暖かく震えながら降り注ぐ誰にも真似できないハセケンの世界。その官能的で優しくも切ない叫びは聞くものを別世界へと誘う。

ページトップへ