Tags

有頂天
Lossless

有頂天

Rock

ポルカドットスティングレイ

2017年11月8日にメジャー1st FULL ALBUM『全知全能』をリリースしてから約1年3ヶ月ぶり、キャリア2作目となる2nd FULL ALBUMをリリース!変わらぬセルフプロデュース力、そして常にユーザー心理を考えてコンテンツを生み出すVo. & Gt. 雫のクリエイティブが申し分なく詰め込まれた今作は、常に何かを企みデジタルバズを引き起こしてきたバンドの真骨頂とも言える強烈で音楽ファンを牽引するギターロックを始め、Keyboard、Brassアレンジにながしまみのり、SaxにNARI(SCAFULL KING)らを迎え、大胆かつ華やかにダンスロックの最上級編を見せつけるアルバムタイトル曲「有頂天」を収録。さらに、人気番組NHK Eテレ『ラディアン』エンディングテーマである「ラディアン 」はもちろんの事、上映前からSNSを中心に話題となった話題作、映画『スマホを落としただけなのに』主題歌である「ヒミツ」も収録。『わたしに××しなさい!』映画&ドラマ主題歌「ICHIDAIJI」や、「パンドラボックス」といったライブでもすでに超人気曲として成長を見せた楽曲達ももちろん収録。

Baby Bump
Lossless

Baby Bump

Pop

Chara

ユニバーサルミュージックに移籍し、ニューアルバム「Baby Bump」のリリースが決定!! 今作「Baby Bump」は“愛を身ごもる”をテーマにした歌詞の世界観と、Charaのルーツでもある“Soul”、”Dance Music“を今まで以上に意識し融合させたアルバムとなっています。 今回に新たにKai Takahashi (LUCKY TAPES)、TENDRE、Gakushiや、活躍著しいアーティストのmabanua、Soul系人気プロデューサーSWING-Oなどをサウンドプロデューサーに迎え、バラエティー豊かなChara流”Dance Music”が詰まった秀逸な一枚となりました。 アルバムジャケットには人気アートディレクターの吉田ユニを迎え、Charaの魅力を最大限に引き出したアートワークも必見です。

Double Rift
Lossless

Double Rift

Pop

CRCK/LCKS

前作『Lighter』のリリースツアーや“サマーソニック2017”や“札幌シティジャズ2017”への出演、アイドルユニットNegiccoへのライブサポート他、各メンバーが数多くの演奏活動を経て制作された今作は、これまで通りのJazz、R&B、Hip Hop等のブラックミュージックを経由したサウンドとテクニカルなリズムアプローチをベースに、アレンジはよりポップに、小田朋美のボーカルもよりキャッチーになりシティポップとしても他に類を見ない独自の音楽性を確立。ライブでもおなじみの楽曲と今回書き下ろしの楽曲等を収録。更新され続けるポップミュージックの最先端を是非お聴きください。

ZENITH
Lossless

ZENITH

Idol

PassCode

ラウドロックを中心に変幻自在の楽曲群を擁し、メンバーのシャウト・スクリームが異彩を放つPassCode。 2017年、3月には初の海外遠征となる台湾「メガポートフェスティバル」、そして神戸ワールド記念ホールで開催されたFear, and Loathing in Las Vegas 主催「MEGA VEGAS 2017」へ出演。 4/19発売のメジャーセカンドシングル「bite the bullet」は自身最高位となるオリコンウィークリー16位を獲得。iTunesでは日本の総合チャート6位、ロックアルバムチャートで2位を記録、そして海外各国でもTOP20圏内に続々とランクイン。 6月28日より初の対バンツアー「PassCode “bite the bullet” Short Tour 2017」も開催が決定。 さらには『JOIN ALIVE 2017』(北海道)『SUMMER SONIC 2017』(東京・大阪)など大型ロックフェス参戦も続々と決定。 アイドルファンはもとより、多くのロックファンにも訴求すること間違いナシ! 満を持してのメジャーファーストアルバム、遂に発売!

ソウルセラー
Lossless

ソウルセラー

Rock

長澤知之

多彩な音楽性で知られているシンガーソングライター長澤知之、2年ぶりの新作!新しい扉を開けるコンセプトアルバム。 ALなどの活動でも知られているシンガーソングライター長澤知之 2年ぶりの新作。  多彩な音楽性で知られている、長澤知之の新しい扉を開けるコンセプトアルバム。 8曲入りの今作は全編を通してアコースティック寄り(曲調もミドルからバラード中心)ではあるが、内容は弾き語りから、打ち込み、バンドサウンドまでバラエティに富んでいる。 参加メンバーには、キーボードに細海魚、ベースにはキタダマキ、渡辺等、ドラムには後藤大樹(AL)、佐野康夫、また1曲トラック制作に世界的アンビエントアーティストのChihei Hatakeyamaが参加している。 聴きやすい作品であるが、聴き終わった後には深い余韻を残す1枚。

ばいばいてぃーんずららばい
Lossless

ばいばいてぃーんずららばい

Idol

KOTO

15歳でデビューしたソロアイドルKOTOの、10代最後の集大成アルバム。80sフレーバーを漂わせた楽曲群は、懐かしくてかっこいい!前アルバム『プラトニックプラネット』から圧倒的に飛躍したKOTOの表現力が感じられる楽曲たちは踊らずにはいられない!

ページトップへ