Tags

Comet, Come To Me
Lossless

Comet, Come To Me

Meshell Ndegeocello

常にジャンルの壁を超える音楽を制作し続ける、孤高のミュージシャン、ミシェル・ンデゲオチェロによる11 作目となる新作アルバムが完成!オーガニック・ソウル、ネオ・ソウルのフィーリングまで感じさせる素晴らしい完成度!多くのミュージシャンがその幻影を追い求める不朽の名作、ディアンジェロの『ヴゥードゥー』と堂々と比肩できる世界観。これぞ真のアーティストによるソウル・ミュージック!

You Will Return (feat. Alice Russell)
Lossless

You Will Return (feat. Alice Russell)

Dance/Electronica

Quantic

The Guardianなどでも高い評価を受ける、Quanticの新アルバム『Magnetica』からのシングル。このビター・スウィートでソウルフルなサイケデリック・フォーク・ソングでは、これまでよく知られているパワフルなAlice Russellではなく、力強くも哀愁を感じさせる、調和のとれたデリケートなボーカルを聞くことができる。きらめくようなバンジョー、アコーディオンやギターといった音のレイヤーと駆り立てるようなビートが美しい楽曲。EPにはインストルメンタルとアカペラを収録。

Tru Thoughts 2017
Lossless

Tru Thoughts 2017

V.A.

Tru Thoughtsが2017年を振り返るコンピレーションアルバムをリリース!Moonchild, Sly5thAveやQuantic & Nidia Gongoraなど、今年を彩った作品が全て詰め込まれています!

Bodily Functions Special 10th Anniversary Edition
Lossless

Bodily Functions Special 10th Anniversary Edition

Herbert

鬼才マシュー・ハーバートの傑作!今やエレクトロニカのクラシックと呼ばれる名盤、あの『ボディリー・ファンクションズ』の再発盤リリース決定!

Mints
Lossless

Mints

Jazz/World

Uniting Of Opposites

ジャズとインド音楽、そしてサイケデリック・ロックやクラウト・ロック、ドローンやアンビエント、スペイシー・サウンドが融合した瞑想的かつプログレッシヴな世界を持つUniting Of Oppositesのデビュー作より、「Mints」のリミックスが登場!

Havana Cultura: ¡Súbelo, Cuba!
Lossless

Havana Cultura: ¡Súbelo, Cuba!

Sbelo, Cuba!

Giles Peterson率いる〈Brownswood〉より、キューバのミュージシャンたちによって製作された革新的アルバムが登場!伝統的なアフロキューバンなリズムにヒップホップやUKファンキーなど様々な要素が加わった作品となっている。

The Return
Lossless

The Return

Jazz/World

Kamaal Williams

ロンドン・ジャズのブラックネスここに極まれり。ムーディーマン、Jディラ好きまで魅了するであろうヘンリー・ウーことカマール・ウィリアムスが放つ快心のデビュー・アルバムがここに完成。

Brownswood Bubblers Twelve pt. 2
Lossless

Brownswood Bubblers Twelve pt. 2

V.A.

次にブレイクするのは誰だ?!?!Flying Lotus、Dam-Funk、Floating Pointsらを発掘してきたGilles Petersonの名物コンピ“Bubblers”が3年の沈黙を破り大復活した12作目の第二弾が早々にリリース!!

Love Me Again (feat. Anna Calvi)(Chaos in the CBD Remix)
Lossless

Love Me Again (feat. Anna Calvi)(Chaos in the CBD Remix)

The Invisible

AdeleからSt. Vincent、Matthew HerbertやHot Chipなど数々のビッグ・アクトのバック・バンドとして活躍するメンバーが一堂に会したスーパー・トリオ・バンド、The Invisibleが昨年リリースした最新アルバム『Patience』に収録されている「Love Me Again」をニュージーランド出身の兄弟ユニットhaos in the CBDがRemix!

Brownswood Bubblers Twelve pt. 1
Lossless

Brownswood Bubblers Twelve pt. 1

V.A.

次にブレイクするのは誰だ?!?!Flying Lotus、Dam-Funk、Floating Pointsらを発掘してきたGilles Petersonの名物コンピ“Bubblers”が3年の沈黙を破り、大復活!!

Horns Riot
Lossless

Horns Riot

Jazz/World

TRI4TH&カルメラ

のっけから剛速球!和を感じる粋なメロディと爆発的なリズムセクションが強烈!これぞTRI4THといった印象を残す「N.I.N.K.Y.O.」、続いて王道を踏襲しつつも現代版に昇華した鉄板のラテン・ハードバップ・チューン「追憶の赤い日々」はカルメラならではの哀愁がこみ上げるメロディにグッとくる楽曲!そして前作よりお約束となった!?スカのリズムが炸裂する「GAME CHANGER」、地を這うような黒いグルーブ感が堪らなくファンキーかつダンサブルな推し曲!さらにここで雰囲気を一転させる「ORANGE」は柔らかなエレピとギターの織りなすオケがまさにライトメロウ・ダンサーな味わい、フロント陣の奏でるメロディも優しく頭に残ります。そしてラストは、2バンドのコラボによる煽り煽られの大競演!踊れるジャズを提唱する現代のジャズバンドを存分に味わえるスプリットアルバムの完成です!

NEXT DOOR
Lossless

NEXT DOOR

赤松敏弘

Swift Jazz とすればどうかな? Jazz には違いないがいろんな要素があるし,ヴァイブラフォンが忙しくマレットを運ぶイ メージ。ちょっと自己完結気味ながら「発想の自由な Jazz」を形容した音楽なんですね。

Connections
Lossless

Connections

Pop

CAMERA SOUL

'15年作『Dress Code』で、日本のリスナーに存在を存分にアピールした、TBNH、インコグニートのフォロワー・バンド、カメラ・ソウルの最新作登場!!

Great Love
Lossless

Great Love

安武玄晃

世界トップクラスのメンバーが集まりアメリカLAにて全収録。 プロデューサーにはベーシストであり、著名サックス奏者ボニー・ジェイムスの現バンドマスターであるスミティスミス。ドラマーにはプリンスやデヴィットサンボーンのツアーでも度々来日しているクリス・コールマンなど総勢11名の豪華ミュージシャンがここに集結。

Tru Thoughts 2016
Lossless

Tru Thoughts 2016

V.A.

UKの名門レーベル〈Tru Thoughts〉が2016年にリリースされた楽曲たちを大盤振る舞いにコンパイル!!

Shapes In Space (Compiled By Robert Luis)
Lossless

Shapes In Space (Compiled By Robert Luis)

V.A.

話題のネオ・ソウル・トリオ、ムーンチャイルドをはじめ、今夏デビューする大型新人バンドのラクータ、クァンティック、ホット8ブラス・バンド、ジョニー・フェイス、etc...良質音楽レーベル<Tru Thoughts>音源をまとめてチェック!全35曲(エクスクルーシヴ3曲)恒例人気コンピ最新作!

Ceremony
Lossless

Ceremony

Dance/Electronica

Anchorsong

ジャイルス・ピーターソン絶賛の日本人アーティスト、アンカーソングが2016年1月にリリースした2ndアルバム『Ceremonial』から、「Ceremony」「Kajo」「Oriental Suite」のRemixを含むEPをリリース!

Futurespective
Lossless

Futurespective

HipHop/R&B

Harleighblu

Tru ThoughtsからErykah BaduやAluna Georgeと比肩するHarleighbluの待望のアルバムがリリース!

The Yard Work Simulator
Lossless

The Yard Work Simulator

Dance/Electronica

Max Graef & Glenn Astro

ヒップでドープなジャズ・ハウス大傑作!ムーディーマン、セオ・パリッシュ・ファンは必聴!!!次世代ハウス・シーンを牽引するマックス・グレーフ&グレン・アストロが、超待望の1stアルバムを〈Ninja Tune〉からリリース!!サンプルを使わずほぼ生音で構成されたジャズ・ハウス大傑作!!

Expo
Lossless

Expo

Dance/Electronica

Anchorsong

ジャイルス・ピーターソン絶賛の日本人アーティスト、アンカーソングが2016年1月にリリースした2ndアルバム『Ceremonial』から、「Expo」のシングルカットと、先行シングル「Last Feast」「Oriental Suite」のRemix、そして新曲の「Gyotens Kalimba」を含む全4曲のEPをリリース!

City Shuffle EP
Lossless

City Shuffle EP

Werkha

マンチェスター出身で、ジャイルス・ピーターソンやボノボ、ロブ・ダ・バンクから支持を集める期待のプロデューサー、Werkhaのアルバム『Colours Of A Red Brick Raft』からのシングル・カットと、リミックスEPがリリース。

Flake
Lossless

Flake

Jameszoo

Flying Lotus主宰レーベル〈Brainfeeder〉より、新たな才能、Jameszooの新曲がリリース。オランダ人プロデューサーMitchel van DintherによるプロジェクトであるJameszooは、どうレーベルからデビュー・フルアルバム『Fool』のリリースを予定しており、今シングルはアルバムからの先行シングルとなる。

Havana Club Rumba Sessions
Lossless

Havana Club Rumba Sessions

Gilles Peterson's Havana Cultura Band

Gilles Petersonが敬愛するキューバ音楽のRemixコンピレーションがBrownswoodからリリース!Motor City Drum Ensemble、Pépé Bradockら錚々たるリミキサーに並び、冒頭を飾る一曲目として、日本人アーティストDaisuke TanabeとYosi Horikawa二人のコラボレーションRemixを収録!

Since You Been Gone
Lossless

Since You Been Gone

HipHop/R&B

The Heavy

今年4月のリリースがアナウンスされた、ザ・ヘヴィー待望のニュー・アルバム『Hurt & The Merciless』から、リードシングル 「Since You Been Gone」が先行リリース!

Colour Theory
Lossless

Colour Theory

Dance/Electronica

V.A.

ロンドンを拠点に活動する人気ソウル・コレクティブ Submotion Orchestra (サブモーション・オーケストラ)、通算4作目となるニューアルバム『Colour Theory』

Ceremonial
Lossless

Ceremonial

Dance/Electronica

Anchorsong

“アンカーソング、マジでアツい!” - ジャイルス・ピーターソン<Tru Thoughts>初の日本人アーティストであり、ゼロ年代後半からUKを拠点に活躍するアンカーソングが超待望の2ndアルバムをリリース!!1stアルバム 『Chapters』で魅せたキャッチーでメロディックなフレーズとビートはそのままに、今作ではミニマル・ミュージックの手法を取り入れ、オーケストラ・ポリリズモからフェラ・クティ・スタイルのアフロ・ビート、さらにはブルージーなハイライフからの影響を反映させ、すでにヒュー・スティーブンスやジャイルス・ピーターソン、Qマガジンをはじめ世界中から多くの賞賛の声とサポートを受けてのリリースとなる。

RM jazz legacy
Lossless

RM jazz legacy

Jazz/World

RM jazz legacy

DJ大塚広子の徹底した音源追求から遂に生まれ出た!今JAZZ×レアグルーヴ!日本トップのジャズマンが集結した、かつてなかった本気のGROOVYサウンド!サンプリング感覚のグルーヴで、一流のジャズマンが適材適所の色彩をつくる。それがRM jazz legacy。

Last Feast / Oriental Suite
Lossless

Last Feast / Oriental Suite

Dance/Electronica

Anchorsong

ジャイルス・ピーターソン絶賛の日本人アーティスト、アンカーソングが2016年1月にリリースする待望の2ndアルバム『Ceremonial』から、先行シングルをリリース!

Tru Thoughts 2015
Lossless

Tru Thoughts 2015

HipHop/R&B

V.A.

上質なワールド・ミュージックなどをリリースするレーベル、Tru Thoughtsの、2015年に発売した楽曲をまとめた、スペシャル・コンピレーション・アルバム。

The Best Of The Tru Thoughts Years
Lossless

The Best Of The Tru Thoughts Years

The Bamboos

ランス・ファーガソンを中心として結成され、今や世界的なファンクシーンのリーダーとなっている、オーストラリアのファンクバンド、ザ・バンブースが結成15周年を記念したベスト盤をリリース!

Kneedelus
Lossless

Kneedelus

Kneebody & Daedelus

ジャズ・バンドKneebodyとDaedelusがコラボし、Flying Lotus主宰の〈Brainfeeder〉からアルバム『Kneedelus』をリリース。

Ancient Mechanisms
Lossless

Ancient Mechanisms

Dance/Electronica

LV Feat. Tigran Hamasayan, LV

デビュー・アルバム『Sebenza』が大ヒットを記録した南ロンドンを拠点とするプロデューサー・デュオLVによる、3年ぶりとなる最新作が〈Brownswood〉より!!!アルメニア出身の鬼才ピアニストTigran Hamasyanも参加!

Nordeste
Lossless

Nordeste

Quantic presents The Western Transient

クアンティック最新作、The Western Transient『A New Constellation』から、収録曲「Nordeste」のリミックスを含んだシングルをリリース。同アルバム収録曲「Latitude」のリミックスも収録。

Just A Man  
Lossless

Just A Man  

Strange Faith

今最も話題のレーベルの1つであるTru Thoughtsから、Strange Faithによる、ニュー・シングル。

Cellar Door
Lossless

Cellar Door

IDJUT BOYS

DISCO DUBのパイオニアとして、アンダーグラウンドなハウスシーンでは絶大な人気を誇る2人組のユニット、IDJUT BOYSの長いキャリアの中で初のオリジナル・アルバム!!数々の12インチやRemix等をリリースしながらも、なぜかアルバムはリリースしていなかった彼らのキャリア20年近くにしてリリースされた1stアルバム!いつも以上に生楽器やボーカル曲を全面に押し出してダンス・フロアの枠に囚われない幅の広さを見せながらも現場の2人が長い間培ってきたビート・メイキング、ダビーな音処理、哀愁漂うウワ物のセンスなどは最高に冴えた正真正銘のオリジナルアルバム!

Versions
Lossless

Versions

IDJUT BOYS

まさかの全部ダブ!イジャット・ボーイズのキャリア初アルバムとして大きな話題を呼んだ『セラー・ドア』をまるまるダブ化した怪作『ヴァージョンズ』が登場。アトモスフェリックでリスニング・フレンドリーな『セラー・ドア』の持つ本来的な魅力を維持したまま、引き算多めな独自の方程式をもとに全てのサウンドをドラスティックに再構築、ウィキッドなトバシや効果的な音の抜き差しにより全く新しい表情を引き出すことに成功した、ダンス・ミュージックの全てを知り尽くしたディスコ職人ならではの匠の技が炸裂した極みの逸品。

Tru Thoughts Covers 2
Lossless

Tru Thoughts Covers 2

V.A.

<Tru Thoughts>が贈る人気カバー・コンピ・アルバム第2弾。Lauryn Hill、Jimi Hendrix、Donna SummerからNirvanaまで、名曲たちをレーベル所縁のアーティストがカバー。

ピーシズ・オブ・ビーナス DJ 大塚広子
Lossless

ピーシズ・オブ・ビーナス DJ 大塚広子

V.A.

我が国人気No.1DJ大塚広子がヴィーナス・ジャズに開眼!ジャズの宝庫ヴィーナス・ジャズから遂に初めてのDJミックスCDが華麗に登場!!

Unravel Remixes
Lossless

Unravel Remixes

HipHop/R&B

The Seshen

サンフランシスコを拠点に活動する7人組バンドThe Seshenが<True Thoughts>よりリリースした「 Unravel」EPのRemixヴァージョンが登場。

Waves From The Nucleus
Lossless

Waves From The Nucleus

Jazz/World

SKYMARK

エレピが誘う究極のコズミック・メロウ・グルーヴ!これぞ完璧なる続編!! 衝撃の傑作『ファースト・インプレッション』から1 年、その第二章というべき新作を発売!ブラジリアン〜ジャズ・フュージョン〜クラブ・ミュージック・ファンまで虜にした恍惚のエレピ・グルーヴが今ふたたび宙を舞う!

Lotus Land
Lossless

Lotus Land

Lotus Land

クラブ・ジャズ / ジャズ・ロック / ジャム・シーンのネクストブレイク候補Lotus Landが結成後、初めて完成させた全国流通1stアルバム遂に発売!全国各所の野外フェス出演を経て築き上げた疾走感溢れる、盤石の重低音JAZZアンサンブルがフロアを揺らす!

The Beyond / Where the Giants Roam
Lossless

The Beyond / Where the Giants Roam

HipHop/R&B

Thundercat

フライング・ロータス諸作を始め、ケンドリック・ラマー最新作『To Pimp A Butterfly』や今LAジャズ・シーンを騒がせているカマシ・ワシントン最新作『The Epic』にも参加するなど、人気、実力、注目度のどれをとっても第一級のベーシスト、サンダーキャットことスティーヴン・ブルーナーが、2013年のソロ作『Apocalypse』以来となる最新作となるミニアルバム『The Beyond / Where the Giants Roam』をリリース!  発表と同時に公開された新曲「Them Changes」には、カマシ・ワシントンも参加し、フライング・ロータスが共同プロデュースを務めている。 「Them Changes」はここ最近のライブ・レパートリーであり、米Pitchforkの人気企画【Nightcap】でもパフォーマンス映像が公開されていた。 本作『The Beyond / Where the Giants Roam』では、収録曲の半分でフライング・ロータスが共同プロデュースを務めている他、カマシ・ワシントン以外にも、ハービー・ハンコックが「Lone Wolf & Cub」にキーボードで参加。サンダーキャットと同じく、フライング・ロータス作品で重要な役割を果たしているミゲル・アトウッド・ファーガソンがストリングスで、〈Brainfeeder〉のショウケース・イベントで来日も果たしているモノ/ポリーもプロダクションで参加している。

Patience feat. Abi Flynn / Late Night S.O.S
Lossless

Patience feat. Abi Flynn / Late Night S.O.S

J-Felix

ブリストル出身、現在はTru Thoughtsのホームであるブライトンを拠点とするJ-Felix (Joe F Newman)は、オリジナル作品のリリースの他にもプロデューサー、そしてギタリストとしてAlice Rusellのツアー同行するなど幅広く活躍するミュージシャン。今年始めにリリースされた"101 Reasons"に続くEP作品。

Modern Streets (Deluxe Version)
Lossless

Modern Streets (Deluxe Version)

Beat Spacek

鬼才スティーヴ・スペイセックによる漆黒のビート宇宙。今様インディR&B~ポスト・ベースまでJディラの如きミニマリズムで調理したビートにソウルフルな吐息が吹き込まれるとき…ソウル・ミュージックの未来は再び更新される。

Colours Of A Red Brick Raft
Lossless

Colours Of A Red Brick Raft

Werkha

マンチェスター出身のWerkhaによるデビュー・アルバム。ジャイルス・ピーターソンやボノボ、ロブ・ダ・バンクから支持を集める期待のプロデューサー。

Portraits
Lossless

Portraits

Dance/Electronica

V.A.

Fatboy SlimやKelisのリミックスも手がけ、Gilles Petersonもその才能を認めるMaribou Stateのデビュー・アルバム。 Chris DavidsとLiam Ivoryから成るMaribou Stateは、Gold PandaやSOHNを彷彿とさせる壮大で温かなサウンドが魅力。すでにZane Lowe、Huw Stephens、Annie Mac、Pete Tong、そしてGilles PetersonらUKラジオの人気MCから絶大な支持を得ており、グラストンベリーなどの大型フェスへの出演も決まっている注目株。

Desert Scores
Lossless

Desert Scores

IAN O'BRIEN

マッド・マイクへの敬意を表し、デトロイト・フォロワー屈指の名曲としても名高い「Mad Mike Disease」を収録する鬼才イアン・オブライアンの傑作デビュー・アルバムもついにリイシュー!アンダーグラウンド・レジスタンスやデリック・メイなどの偉大なデトロイトのミュージシャンから大きな影響を受けて96 年に発表された本作は、クラブ・ジャズとテクノを繋いだエポック・メイキングな歴史的名作。緻密なプログラミングとシンセが美しく絡み合うプロデュース・ワークはギャラクシー2 ギャラクシーばりの漆黒のハイ・テック・ジャズ!

Sound Travels - A Restless Soul Production
Lossless

Sound Travels - A Restless Soul Production

NATHAN HAINES

いかにも西ロンドン・テイストなジャズとブロークン・ビーツの美しい融合!ニュージーランド出身、ロンドンで活躍していたネイサン・ヘインズがレストレス・ソウル名義で作品をリリースしていたフィル・アッシャーとともに作り上げた2000 年作。ヴァネッサ・フリーマン、マーク・ド・クライヴ=ロウ、カイディ・テイタム(2000 ブラック)、クリス・フランク(ダ・ラータ)などロンドンのオールスター級のアーティストを集めて制作されたクラブ・ジャズ最高傑作の一枚もついにリイシュー!

The Detroit Experiment
Lossless

The Detroit Experiment

The Detroit Experiment

カール・クレイグのプロデュースによるデトロイト音楽史に残る一大プロジェクトがついに復刻!マイゼル・ブラザーズの手によるドナルド・バードの「Think Twice」、スティーヴィー・ワンダーの「Too High」、Tribe に残されたマーカス・ベルグレイヴの至宝「Space Odyssey」などの究極カヴァーは今聞いても常にフレッシュ!アンプ・フィドラー、カリーム・レギンス、マーカス・ベルグレイヴ、フランシスコ・モーラなど世代を超えたデトロイトの腕利きミュージシャンが集結したフューチャー・クラシック!

Vein Melter
Lossless

Vein Melter

Jesse Fischer & Sly5thAve

ニューヨークのプロデューサー、 Jesse FischerとSly5thAveによるユニットが、ハービー・ハンコックのジャズ・ファンク・アルバム作品『Head Hunters』を、オリジナルに込められた魂に敬意を払いつつ、ダンス・ミュージックへと昇華させた秀逸なカバー作品。

City Watching
Lossless

City Watching

Two Banks Of Four

まさにクラブ・ジャズ・クラシックスと呼ぶにふさわしい名盤! 2000 年にリリースされたトゥ・バンクス・オブ・フォーの記念すべきデビュー・アルバム。高度のテクノロジーとプログラミング技術を背景にダンス・ビートと生ジャズの融合を提示、ダンス・ミュージックというフォーマットの中で即興演奏としてのジャズの可能性を追求した冒険的名作。奔放な実験精神やパワフルで荒削りな行動力が圧倒的高揚感を運ぶ。当時のクラブ・アンセムとなった「Street Lullaby」「Skylines Over Rooftops」といった名オリジナルに加え、モンゴ・サンタマリアの「Afro Blue」のカヴァーも話題を呼んだ。クリス・ボウデン(SAX)、スクラッチ・パーヴァート(TURNTABLE)、ケイト・セント・ジョン(SAX)など参加。

Neon
Lossless

Neon

Jonny Faith

Bonobo来日時にサポートアクトとして出演し、Bonobo以上に高く評価した観客が多数出るなど、大きなインパクトを残したジョニー・フェイスが、2015年にリリースしたデビュー・アルバム『Sundial』から、シングルカットとして「Neon」と「Firefly」のRemix、そしてアルバム未収録の新曲「Revolve」を収録!

ページトップへ