Tags

New Moon
Lossless

New Moon

The Men

NYブルックリン出身の4人組パンク・バンド“ザ・メン”が、ゾーラ・ジーザスやクリスタル・スティルツを発掘したNYの新興レーベル<Sacred Bones>から4thアルバムをリリース! 前作『オープン・ユア・ハート』はピッチフォークで8.5点(ベスト・ニュー・ミュージック)、NMEで8/10点、Spinで9/10点を獲得、年間ベストにも多数選出され一大ブレイク作となった。

赤痢初期音源集
Lossless

赤痢初期音源集

赤痢

1983年に京都で結成されたガールズ・パンク・バンド。85年にリリースした初の7インチEP『赤痢』に収録された「夢継るオマンコ」の歌詞が波紋を呼び、強烈なインパクトを残す。以来、メジャー進出することなく、インディーズでの活動を続け、コンスタントに作品を発表。1995年まで関西を中心に活躍、当時はもちろん後にもガールズバンドに多大な影響を与えている。サウンドはハードコアからポップチューン、更には民族音楽の要素も取り入れるなどし、独自のオルタナティヴ・ロックを展開し、高く評価されている。そして、今年赤痢結成30年目を記念し、80年後半の初期音源のみ集めた初期ベスト盤もリリースされる。

FIDLAR
Lossless

FIDLAR

FIDLAR

LA出身の4人組ガレージ・パンク・バンド、フィドラーがザ・クリブスを擁する<Wichita>から待望のデビュー・アルバムを日本先行でリリース!ザ・ハイヴスのUSツアー前座に抜擢され一気に知名度を上げた彼ら。先行シングル「チープ・ビア」はピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得する等、海外ブログ媒体がこぞって絶賛!正に時代が求めた破天荒パンクス、フィドラーが世界に衝撃を与える!

JAPAN TOY'S PANIC TOUR KING OF ONEMAN SHOW 「HIGH FIVE」FINAL ATTACK  at  SHIBUYA O-EAST
Lossless
Exclusive

JAPAN TOY'S PANIC TOUR KING OF ONEMAN SHOW 「HIGH FIVE」FINAL ATTACK at SHIBUYA O-EAST

UCHUSENTAI:NOIZ

ライヴを「パトロール」と称し、音楽で世界平和を目指す自称銀河系バンド、UCHUSENTAI:NOIZ。コンセプトは「地球の平和を守る為、遥か遠い宇宙からやって来た5人の戦士達」で、「音楽で世界が平和に出来ると、割と本気で思っています。」と公言しながら、年間130本以上のライヴを行っている彼らが2012年6月24日@渋谷0-EASTに行ったライヴを音源化&配信決定!

many of these memories of the sun, and increasin' gratitude
Lossless

many of these memories of the sun, and increasin' gratitude

Rock

hydrant house purport rife on sleepy

衝撃のデビューアルバムから一年、hydrant house purport rife on sleepyの2ndアルバムが完成! ゲストにカヒミ・カリィ、Fragment、aokilaska、米盛つぐみ(TINGARA、ex.りんけんばんど)、Adam Mowery、桜井まみ(ex.audio safari)、LimitedExpress (has gone?)、Aureole、ハチスノイト(夢中夢)、fredricson、Sarah Loucksなど、総勢44組を迎えた2枚組の超大作!

thinking ongaku union local 075
Lossless

thinking ongaku union local 075

Rock

odd eyes

暴れ叫ぶツインボーカル 奇天烈なギターリフ 京都からパンク・ハードコアシーンに新たな風を巻き起こす!"odd eyes"1stアルバムがLESS THAN TVより2012年リリース!

Magic Machine Music
Lossless

Magic Machine Music

FLUID

京都を破壊再構築する企画「僕の京都を壊して」を主催し、振れ幅激しく活動中のshort cut rockers“FLUID”がサイバー感ハイパー感ともに200%増の現メンバーでの初作品となる3rdアルバムを2012年リリース!アニメチックな世界観と、電子音の目まぐるしい交差交錯は、チカチカの蛍光電球を見ているかのようでバッド?グッド?トリップ必死な覚醒ミュージック!

Story of Hope
Lossless

Story of Hope

Rock

ゆよゆっぺ

ラウド・ロックを軸に、さまざまなジャンルのサウンドを盛り込んだボーカロイド楽曲で、ニコニコ動画では何度も“殿堂入り”を果たした人気のボカロP、ゆよゆっぺが、待望のメジャー・デビュー作をリリース

HYSTERIA vs PIPI
Lossless
Exclusive

HYSTERIA vs PIPI

KAGERO/YELLOW STUDS

2012年4月15日に行われた下北沢SHELTERでの公演、「-KAGEROⅢ Release Tour "HYSTERIC GAS"- FINAL」では出演者でもあったYELLOW STUDSとお互いの顔曲をカバーしあい、YELLOW STUDSの(Vo.)野村がKAGEROの「HYSTERIA」に歌詞を付ける一方で、KAGEROは歌詞のあるYELLOW STUDSの楽曲「PIPI」をインストルメン タルでカバーするなど、「インスト V.S. 歌モノ」の対決ともいえる企画を披露し話題となった。そのカバー音源や同公演のライヴ音源を含むスプリット作品が登場。同作品は、各アーティストが自分たちの楽曲をプレイしたライヴ音源と、スタジオで収録したお互いのカバー音源が含まれており、オリジナルとカバーの聞き比べが出来る内容になっている。

叙景ゼロ番地
Lossless

叙景ゼロ番地

Rock

eastern youth

圧倒的なライヴ・パフォーマンスで人間の本質を鋭く、そしておおらかに歌い切り、時代に立ち止まらず、信念を頑なに譲らず表現し続ける日本のロック/パンク・シーンに影響を与えつづける重要バンドの最新作が到着。

MAUVE
Lossless

MAUVE

RINGO DEATHSTARR

りポップに、よりパンキッシュに! 新世代シューゲイザーの中でもずば抜けたメロディ・センスと、紅一点アレックスのモデル並みの美しさであらゆる洋楽ファンを虜にしてきたリンゴ・デススターから新たな一撃! "マイブラ&ジザメリ愛"はそのままに、アレンジの引き出しをさらに増やした本作は、シューゲイザーの未来を担う一枚といっても過言ではないだろう。

Burning Ship Fractal
Lossless

Burning Ship Fractal

NEW HOUSE

デビュー・ミニ・アルバムから2年の時を経て大胆な進化を果たしたNEW HOUSE、初のフル・アルバムが遂にリリースとなります!Animal CollectiveやAtlas Soundなどのサイケデリック・ポップから、Anticon系エレクトロニカ~ヒップホップまでを吸収、そこにオリエンタルかつキャッチーな独創的メロディと煌びやかなアレンジが加わって、彼らにしか成し遂げる事ができないであろう唯一無二のサウンドに仕上がっています。今作のサウンド面を支えてくれたレコーディング・エンジニアは、なんとシャカゾンビのTSUTCHIE氏。メンバーからの強い希望で実現、バンドが新たに提示するモードをこれ以上無いくらい最高の形で楽曲に落とし込んでくれました。セカンド・ロイヤル・レコーズが絶対の自信を持って、2012年最初にお届けする衝撃!ぜひご期待ください。

New Brigade
Lossless

New Brigade

Iceage

デンマークはコペンハーゲンから飛び出した若き4人組ポストパンク/アートパンク・バンド、“アイスエイジ”が待望のデビュー・アルバムをリリース!ヴァンパイア・ウィークエンドを発掘した敏腕A&Rが惚れ込み、英気鋭レーベル<Abeano>と契約し、遂に世界デビュー!

A Flash Flood Of Colour
Lossless

A Flash Flood Of Colour

Enter Shikari

ハードコア、メタル、ダブステップ、ドラムンベース、レイヴ、ヒップホップなど様々な音楽要素をブチ込んだ誰も真似できない唯一無二のオンリーワン・バンド、エンター・シカリが約2年半振りとなる3rdアルバムを引っ提げカムバック!

KAGEROⅢ
Lossless

KAGEROⅢ

Jazz/World

KAGERO

吼えるサックス!!唸るベース!!荒れ狂うピアノ!!弾けるドラム!!インスト界のマスターピース、遂にリリース!!

A PALE BLUE DAWN
Lossless

A PALE BLUE DAWN

niumun

『5年の歳月を経て、更に新しいゲートを開く!!』エレクトロ要素のルーティングにギミックが散りばめられ、それらの根底のもと、様々な重圧かつ凶暴性を兼ね備えたリズムが唸り響く低音ベースと共に刻まれ、そこに幽玄かつ気鋭なギターが押し寄せてくる。これまでに全く類を見ない新しいサウンドを展開するマッシブ・サウンド。

primal.
Lossless

primal.

Idol

BiS

前作ではオリコンデイリーチャート26位を記録、ロックフェス出演も果たした新生アイドル研究会“BiS”のニューシングル!アイドルながらもロックファンから支持を得ている破天荒ぶりに要注目!

LOVE IS A BATTLEFIELD
Lossless

LOVE IS A BATTLEFIELD

Rock

Hi-STANDARD

リリース当時オリコン では「収録曲が4曲以上でタイトル曲の収録されていない作品はアルバム扱い」という規定があり、この作品もシングルとしてリリースしたものの規定によりアルバム扱いとなった。これは同作品がランクインした週の「オリコン・ウィーク The Ichiban」紙面にもアルバム扱いとなった経緯として書かれていた。 しかし、前年(1999年)浜崎あゆみの「A」が同規定にひっかかる形式でリリースされながらシングル扱いであったり、「Love Is A Battlefield」と同年の年末に発売された「M」も同様の形式ながらシングル扱いだったりと、この規定は実にあやふやなものであった。このあやふやさは現在のオリコンにおいても同じである。

MAKING THE ROAD
Lossless

MAKING THE ROAD

Rock

Hi-STANDARD

日本のパンク・ロックバンド、Hi-STANDARDが1999年にリリースしたアルバム。海外を含めて100万枚以上のセールスを記録した

Black Flags Remixes
Lossless

Black Flags Remixes

Atari Teenage Riot

11/17(木)東京, 18(金)大阪, 19(土)名古屋で単独公演が決定しているATR最新EP!!Taku Takahashiによるリミックスを収録!!!

Best Of Atari Teenage Riot 1992-2000
Lossless

Best Of Atari Teenage Riot 1992-2000

Atari Teenage Riot

これまでにリリースされた「Delete Yourself」「The Future Of War」「60 Second Wipe Out」のアルバムより全18曲(ボーナストラック+1)をセレクト!!アタリの歴史と今も生き続ける魂が結合されたベスト盤、ここに発震!!!!!!!!!

OLDE TUBERS HAS BATS IN THE
Lossless

OLDE TUBERS HAS BATS IN THE

DESERT

ツイン・サックスの印象的なメロディがリードする、スタイリッシュなジャズ・ナンバーで幕を開け、否応なしに身体が動き出すプリミティブなリズム、スリリングなロック・チューン、アバンギャルドなサックス・ソロ。そしてガラリと雰囲気を変えるキッズ・コーラスをフューチャーしたピースフルなナンバー! Discharming manのライブでもベースを弾く江河達矢率いる、札幌の地下シーンで生み出された変幻自在のツワモノ集団による激センスフルな1st ALBUM!

東京メリーゴーランド(青盤)
Lossless

東京メリーゴーランド(青盤)

Pinky Piglets

前作『MUSIC RIPPLE』から約1年半振りとなる3rdミニ・アルバム。初のセルフ・プロデュースとなる今作はROCK魂からメロディー細部までこだわったPinky Piglets渾身の2枚同時発売!メロディアスな青盤。どの曲も聞き逃せないNEW!!Pinky Pigletsクレイジーワールドへようこそ。

東京メリーゴーランド(赤盤)
Lossless

東京メリーゴーランド(赤盤)

Pinky Piglets

前作『MUSIC RIPPLE』から約1年半振りとなる3rdミニ・アルバム。初のセルフ・プロデュースとなる今作はROCK魂からメロディー細部までこだわったPinky Piglets渾身の2枚同時発売!ライブ感たっぷりの赤盤。 どの曲も聞き逃せないNEW!!Pinky Pigletsクレイジーワールドへようこそ。

桜散る中
Lossless

桜散る中

犬神サーカス団

「桜散る中」は生物の進化の行方に対する疑問を軽快なロックンロールに乗せて唄ったキラーチューン。カップリングの「あなたがもしも」は一途な女性の心理を唄い上げた傑作。今回もソリッドな哀愁メロディが炸裂!

HIRATUKA DECODER
Lossless

HIRATUKA DECODER

HIRATUKA DECODER

神奈川からハードコア・シーンを席巻する4人組・ヒラツカデコーダーの初音源『HIRATUKA DECODER』が完成! プロデュースに Less Than TVのUGカワナミ氏を迎えた本作。全6曲/10分間をハードコアもパンクもヒップ・ホップも関係なく、初期衝動をまき散らし、全力で駆け抜けていく。

THE (OVERUSED) END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH
Lossless

THE (OVERUSED) END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH

Rock

SuiseiNoboAz

そのリアルなロックは、本当にリアル? ここに、時代を超えた傑作が完成。1stアルバム「SuiseiNoboAz」(向井秀徳プロデュース)は、話題を呼び、CDショップ大賞の関東ブロック賞にも選出されたスイセイノボアズ。約1年半振り2ndアルバムは、ブランキー、ナンバーガール、ゆらゆら帝国らが持っていた完全なまでの衝動と衝撃がここにある!

Is This Hyperreal?
Lossless

Is This Hyperreal?

Atari Teenage Riot

アレック・エンパイアを中心に結成され、新たな音楽ジャンル【デジタル・ハードコア】で世界中の音楽リスナーを狂乱の渦に巻き込んだ伝説のバンド、アタリ・ティーンエイジ・ライオット(以下ATR)が12年振りとなる4作目のオリジナル・アルバム『Is This Hyperreal?』をリリース。昨年長期に渡る沈黙を破り、突然のバンド活動再開やサマーソニック出演などで話題を振りまき、フジロック2011出演を早くも発表するなど、今年に入ってからもその勢いは増すばかり!1999年の名盤『60 Second Wipeout』以来のアルバムとなる本作は、ATRの存在意義を改めて証明すべく、12年かけて制作された渾身のアルバムとなっている。

GET SHOCK
Lossless

GET SHOCK

YDESTROYDE

2004年にバンドとして活動していた時にレコーディングしたYDESTROYDEの1stアルバム「イデストロイド」よりシングルカット。SYNZOUによりリミックス&リマスタリング。

必殺
Lossless

必殺

YDESTROYDE

2005年のバンド活動の終了から約5年ぶりとなる音源、YDESTROYEの初シングル「必殺」。 シングルバージョンのマスタリングはSYNZOU自身が行う。

We Are Going Anywhere Man
Lossless

We Are Going Anywhere Man

Dance/Electronica

The Death Set

2011年2月にリリースされたThe Deth Setの『Michel Poiccard』からのシングル・カット第2弾。

Blood In My Eyes
Lossless

Blood In My Eyes

Atari Teenage Riot

バンド結成前から既にアンダーグランド・ヒーロー、ラディカル・スターの地位を確立しブレイク・ビーツ、ドラムン・ベース、アンビエントと全てのジャンルにおいて、異端児として賛否両論を巻き起こしていた、あのアレック・エンパイアが結成したベルリン出身4人組、アタリ・ティーンエイジ・ライオット!!!!! 自らのレーベル、DHR(Digital Hardcore Recordings)を根城に爆走する高速ビートとディストネーションに満ちた狂気のメッセージとサウンドで世界中に衝撃を与え、熱狂的な支持者(中毒患者)を増殖させた。

deracine×Mikki & the Mauses
Lossless

deracine×Mikki & the Mauses

デラシネ, Mikki & the Mauses

ロサンゼルスを代表するAVANT PUNKバンドmikki & the mausesと、東京を代表するSTRANGE COREバンド・デラシネの奇跡のスプリット!!2005年カリフォルニアで話題を呼びまくっていたAVANT COREバンドMean Reds解散後、リーダーである奇人アンソニーが単独で東京に移住。デラシネ風間コレヒコ宅に一年間不法滞在し、稀有な友情が芽生える。その後アンソニーが帰国し、元 Wires on Fireらのメンバーとmikki & the mausesを結成。デラシネとの2度の西海岸ツアーを決行!!当然のスプリット発売に到る!ロサンゼルスの重要レーベル「TEENAGE TEARDROPS」と、東京の最重要レーベル「Less Than TV」からの同時リリース!!

大人パンク!
Lossless

大人パンク!

LASTORDERZ

田ロトモロヲ(53才)、安齊肇(57才)の強力ツートップによるパンク・バンド、LASTORDERZ 全ロック・ファン待望の処女アルバム遂に解禁。ラモーンズ風のカウントから始まるPOP!でFUN!なパンクロックからノーウェイブ風あり、演歌風ありとバリエーションに富む楽曲はパンクが本来持っていた自由とアナーキーさの表れで、これぞまさにパンクロック(笑)。録音初日から遅刻した安齊さんがギターを録音しようとした所、プロデューサーの石田ショーキチ氏(元・SPIRAL LIFE)から「チューニングが狂っています!」と指摘され、弦の貼り方からレクチャーされていました。そんなチューニングすら、うまく出来ない楽器初心者でもバンドをはじめるという所もパンクの精神を体現しています。また、ロック・ファンをクスッと笑わせてくれるユーモア溢れる歌詞も魅力のひとつで、パンクが好きな人も嫌いな人でもお楽しみ頂けます。

Michel Poiccard
Lossless

Michel Poiccard

Dance/Electronica

The Death Set

ザ・デス・セット3年振り、渾身の最新作が登場。ローファイなエレクトロ・サウンドと初期のビースティ・ボーイズを彷彿とさせる自由奔放なパンクロック・スタイル、そして一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディを武器にアルバム『Worldwide』で2008年にデビュー。NMEが「最も期待できるライヴ・バンド」と絶賛するなど、各国のメディアが最高評価。結成メンバーの突然の死を乗り越え、トリプルエクスチェンジ(スパンク・ロック/ケリー/ザ・キルズ)をプロデューサーに迎えて完成させた本作は、彼らの最大の特徴である自由奔放なパンク・スタイルはそのままに、音楽作品としての深みと完成度が大幅にアップ。ディプロが参加したキーボード・ラインが最高にポップなM-15、スパンク・ロックをゲスト・ヴォーカルとしてフィーチャーした淡いメロディのM-13、そして前作には見られなかった奥深さを感じられるM-7、M-17が最高に泣ける!

フォー・コモン・ピープル
Lossless
Exclusive

フォー・コモン・ピープル

EeL

関西インディーズ界のカリスマ歌姫『EeL』待望のNEWアルバム! メルヘンを飛び越えて異空間へと転がり込む、破天荒型ポップワールド! トロピカル、サーフ、カリビアン、パンク、レゲエ、スカなど、カラフルなポップのエッセンスをふんだんに取り込んだ、EeLの音楽異次元冒険物語。

Little Prince
Lossless

Little Prince

EeL

まるで『エイフェックスツイン meets アメリ』な、クレイジーでチャーミングに大暴走するカラフル・ポップ爆弾! パンキッシュでドリーミーな狂気が大暴走! ! オールド・スクールからブレイク・コア、ファンク、スカ、レゲエなどあらゆるジャンルをリスペクトしつつ、エレクトリック&ポップに再構築。

Slap Slap Slap Pound Up Down Snap
Lossless

Slap Slap Slap Pound Up Down Snap

Dance/Electronica

The Death Set

ジョニー・シエラとボウ・ヴェラスコによって結成されたザ・デス・セット。ローファイなエレクトロ・サウンドと初期のビースティ・ボーイズを彷彿とさせる自由奔放なパンク・ロック・スタイル、そして一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディを武器にアルバム『Worldwide』で2008年にデビュー。フジロックやUKのレディング・フェスなど世界各地で見せた強烈なライヴ・パフォーマンスで音楽シーンに衝撃を与え、NMEが「最も期待できるライヴ・バンド」と絶賛するなど、各国のメディアが最高評価! トリプルエクスチェンジ(スパンク・ロック/ケリー/ザ・キルズ)をプロデューサーに迎えて完成させた本作は、彼らの最大の特徴である自由奔放なパンク・スタイルはそのままに、音楽作品としての深みと完成度を大幅にアップさせている。結成メンバーの突然の死という悲劇を乗り越えて完成させた本作は、これからの彼らのキャリアの中でも特別なアルバムとして永遠に残るだろう。

キャンプ・パンゲア<アートワーク・プラス>
Lossless

キャンプ・パンゲア<アートワーク・プラス>

Rock

ソウル・フラワー・ユニオン

『カンテ・ディアスポラ』以来、二年ぶりのオリジナル・アルバム! ライヴのキラー・チューン<ホップ・ステップ・肉離れ><ダンスは機会均等!><死ぬまで生きろ!>、不朽の名品<死んだあのコ><移動遊園地の夜>他、全15曲収録! (既出シングル曲は全曲ニュー・ミックス!)

ページトップへ