Tags

Underground Storage Gallery
Lossless

Underground Storage Gallery

大岡英介

寄り添ってくる音の波動はどこまでも青く透明。時が経つのを忘れるうち、見えない風景が心にはっきりと浮かび上がってくる。森と海に抱かれて紡ぎ出された風光明媚で耽美的な世界」春日聡 (美術家/映像・音響作家アンビエント、インプロビゼーション、ビデオアートで活動する大岡英介のソロアルバム「Noah`s Ark・ノアの箱船」から3年、2012年に2nd CD「Underground Storage Gallery」発売。国内外の音楽家、美術家、写真家とのコラボレートから制作した作品は、ギターを中心に、フィールドレコーディング、BCLラジオ、エレクトロニックに限らずアコースティックギターやハープのサウンドを多重録音を加えたアンビエント作品。2012年2ndCD「Underground storage gallery」は、タワーレコードJAZZ(New Age / Healing)セールスランキング2位獲得。京都国立博物館にて古事記1300年・出雲大社大遷宮特別展覧会「大出雲展」「八雲たつ~信仰の風景」の映像展示に「Underground Storage Gallery」が採用。参加アーティスト CUBE(K5) 下村美佐 写真 篁ゆかり

Road Of The Sun / 太陽の道
Lossless

Road Of The Sun / 太陽の道

大岡英介

2012年、京都国立博物館にて出雲大社大遷宮・特別展覧会「大出雲展」の映像展示に用いられた2ndアルバム「UNDERGROUND STORAGE GALLERY」から約2年、インプロギター(即興)サウンドと映像アートで活動する大岡英介の3rdアルバム「Road Of The Sun」(太陽の道)が、全国発売になる。古代日本の聖地の痕跡と道筋「レイライン」と「旅」「ドライブ」をモチーフに、季節ごとに移り変わる日本のランドスケープと記憶されるサウンドスケイプ。実験的アコースティック楽器や肉声から生成した混沌と美しい多重サウンドやリバースサウンド加工。スタジオレコーディングを用いた音源ループ、エディットしたダウンテンポに得意とするロング・サスティーンギターによって透明感あるアンビエントサウンド作品が完成。

Symphony of the Birds
Lossless

Symphony of the Birds

Jim Fassett

ジム・ファセット『シンフォニー・オブ・ザ・バーズ』正真正銘、本物の鳥の声でつくられた交響曲。鳥の声でつくられた交響曲……それが本当にあるんです。なんと今から五十年前、野鳥の声をテープ編集して作り上げた音楽史上類を見ないユニークな作品、それがジム・ファセットの『シンフォニー・オブ・ザ・バーズ』です。現代音楽でいうミュージック・コンクレートであり、クラシックの実験音楽、はたまたストレンジ・エキゾチカでもあり、しかしポップスとして成立した希有な作品です。この摩訶不思議な音世界を、どうぞご自分の耳でお確かめ下さい。ジム・ファセットとは?1940年代からCBSラジオで音楽ディレクターを勤めたジム・ファセットは、半生をラジオの黄金時代に過ごした人で、60年代初頭まで看板番組の制作やホストをつとめ、53年には『Music and Bird Songs』というエポック・メイキングな作品を、55年にはソロ・アルバムとしてサウンド実験の金字塔的名作『Strange to Your Ears』を発表。これらは磁気テープを用いた当時の新しい編集技術の可能性をわかりやすく提示することになった作品であり、同時代に誕生したミュージック・コンクレートやコラージュという現代音楽の動きにも呼応、しかもメジャーからコマーシャル・リリースされた問題作であった(ジョン・ケージですらまだメジャーには登場していなかった)。その一連の制作で大きな役割を果たしたのがエンジニアのモーティマー・ゴールドバーグで、それらの試みをベースに制作されたのが本作『シンフォニー・オブ・ザ・バーズ』である。『シンフォニー・オブ・ザ・バーズ』はファセットが作曲/構成を行い、ゴールドバーグが譜面(?)にあわせ、フィールド録音した野鳥の声を変調して再録音し、全てテープ編集で音を形にするという離れ業をやってのけた。そんな根気のいる作業から生まれたのが、世にも不思議なこの鳥の声のシンフォニーであり、これをラジオ番組でオンエアしたところ大きな反響を呼び、後にレコード化にしたものが本アルバムである。

ページトップへ