Tags

ピッコロ虫

ピッコロ虫

Idol

眉村ちあき

眉村ちあき配信シングル3作目、「ピッコロ虫」です。メジャーを意識した極上のポップスに仕上がっています。

New Way of Lovin’
先行配信

New Way of Lovin’

Idol

校庭カメラガールドライ

国内外を問わず各地で多幸感満載のダンスフロアを作り出している、ウルトラアイドルラップコレクティブ“校庭カメラガールドライ”が初の全国流通盤をリリース。えげつない程のクラブミュージックからチルアウトトラックまで、スキルフルなラップと透明感あるヴォーカルでキャッチーもドープもやりたい放題たっぷりと詰まってます。

なんだっけ?

なんだっけ?

Idol

眉村ちあき

2018年5月発表。眉村ちあき。

インドのりんご屋さん

インドのりんご屋さん

Idol

眉村ちあき

2018年5月発表、インドのりんご屋さん。

SWEET MACHINE

SWEET MACHINE

Dance/Electronica

BTB特効

2010年代の名盤に認定されたLUVRAW & BTBの2枚のアルバム『ヨコハマ・シティ・ブリーズ』『HOTEL PACIFICA』、そして自身を形成した音源をリビルド&カヴァーした『BACK TO BASIC~俺とお前篇~』で日本中にメロウでアーバンなハマカゼを吹かせたBTB、ことBTB特攻。シティもメロウもアーバンもブギーもロマンも、全部乗せで送り出すファースト・アルバム。

Passed Out the Wasted+2

Passed Out the Wasted+2

Rock

PEAR OF THE WEST

福岡のPROOFとのsplit7inch、廃盤した1st ALBUM "THIS MEANS LITTLE RESISTANCE AND THE PROOF OF MY EXISTENCE" の全収録曲、SNUFFY SMILESから2枚のオムニバスCD収録曲(CIGARETTEMAN 、LEATHERFACE cover)、単独7inchi "STUPID GAME"と活動休止からの復活になった単独7inch、2008年リリースのLEFTY LOOSIEとのsplit 7inch、福岡のSTAND RECORDSのオムニバスCD収録曲、北九州の1000 TRAVELS OF JAWAHARLALとのツアーに合わせて製作された入手困難なスプリット・テープ、を収録の廃盤した29曲入りCD "Passed Out The Wasted'' 。 今回の"Mellow"7inchiリリース記念にて "Passed Out The Wasted''全曲に加え未収録曲「Catch the Moon」と「The Songs Of My Tune Acoustic Version」2曲を追加して全31曲で配信開始!

Don't miss it!!

Don't miss it!!

Idol

BiS2nd

2010年に結成し、2014年7月8日横浜アリーナにて解散。その後、2016年9月4日に再始動開始、2018年にCROWN STONESより、二度目のメジャーデビューを迎えたBiS!新体制【BiS1st】【BiS2nd】として楽曲をリリース!本作は、【BiS2nd】のシングル。

Don't miss it!!

Don't miss it!!

Idol

BiS1st

2010年に結成し、2014年7月8日横浜アリーナにて解散。その後、2016年9月4日に再始動開始、2018年にCROWN STONESより、二度目のメジャーデビューを迎えたBiS!新体制【BiS1st】【BiS2nd】として楽曲をリリース!本作は、【BiS1st】のシングル。

WORLD’S END

WORLD’S END

Idol

lyrical school

リリカルスクール 新体制以降初のフルアルバム 「WORLD'S END」発売決定! ! 2010 年に結成したGirl's Rap のパイオニアグループ。略称はリリスク。2014年の夏には、サマーチューン 「FRESH!!!」を引っさげ、ROCK IN JAPAN FES2014,SUMMER SONIC 2014にも出演。2016年4月27日発売のシングル「RUN and RUN」の縦型スマホジャックMVが国内外で大きな話題となり、3日で100万PV突破ぱ同MVがカンヌ広告祭サイバー部門のブロンズを始めとした数々の賞を受賞。2017年5月、3ヶ月の活動休止期間を経て、新体制の活動を再開。hinako、hime、minan、yuu、risanoの5人体制で新たなグループの歴史が始まった。

DREAM WALK

DREAM WALK

Dance/Electronica

パソコン音楽クラブ

関西を拠点にしながらも、着実に認知度を拡大させているDTMユニット・パソコン音楽クラブ。 2015年11月に結成。80年代後半~90年代の音楽モジュールやシンセサイザー、パソコンで音楽を製作。 古い機材を用いた、メロディも懐かしさを感じさせる独自の旋律や、哀愁漂う歌詞など、 多くのトラックメーカーとは一線を画している彼ら、待望のフル・アルバムが遂にリリース tofubeatsによる『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』の主題歌「ふめつのこころ」のリミックスやラフォーレ原宿グランバザールTV CM曲提供、 Local Visionsのコンピレーション・アルバム『メガドライブ』、poor vacation主催のコンピレーション『Young Folks in Metropolis』への参加など 注目を浴びる彼らが、マルチネ・レコードからのリリース『PARK CITY』に続いて、遂に初の全国流通となるフル・アルバムをリリース。 80年代~90年代の音源モジュールを中心とするハード音源のみで制作を行い、 古い機材のハイ落ちした不明瞭なサウンド、クリスタル系のベルやパッドなど、 この年代の音源独特の音色が持つノスタルジックなイメージをリスナーに喚起させつつも、 クラブミュージックの影響も感じさせる、新しさを失わない作品。

No New World

No New World

Rock

MASS OF THE FERMENTING DREGS

2012年の活動停止から3年を経て、ギターに小倉直也、ドラムスに吉野功という鉄壁のメンツにて2015年に活動を再開!活動再開後、徹底したライブ活動にて、MASS OF THE FERMENTING DREGSここにあり。と現場から着実にバンドの存在を改めて世に知らしめ、2017年に新曲"スローモーションリプレイ”を発表。そしてアルバムとしては"ゼロコンマ、色とりどりの世界"以来8年ぶりとなる、まさに待望の通算4枚目が完成!衰えない破壊力、爆発力に加え、メロディセンスの更なる開花ともいえるエモーショナルかつポップな側面がバランスよく鳴らされるMASS OF THE FERMENTING DREGSにしか鳴らし得ないロックな傑作の誕生。8年の間のシーンの変貌や変化や流れをものともしない説得力に満ち溢れた屈強なアルバム。

OLD DAYS TAILOR

OLD DAYS TAILOR

Pop

OLD DAYS TAILOR

笹倉慎介、伊賀航、ex.)森は生きている のメンバー【岡田拓郎、谷口雄、増村和彦】、優河、濱口ちなからなる超スーパーバンドが遂にデヴュー!! シーンでも突出した才能が結集した、今世紀最重要作品になること間違いなしの大名盤!!音楽は過去を紡ぎ、仕立てる。在りし日の仕立て屋、OLD DAYS TAILORの音楽は、ひとびとの心の中に漂い、レイドバックする。

DAY

DAY

Pop

西恵利香

2017年12月、キャリア初となるフルアルバム1st Full ALBUM「soirée」をリリースし、リリースインストアツアー、5月には東名阪ツアーを大盛況に終えたシンガー”西恵利香”が早くも新作となる3曲入りEP「DAY」をリリース! レーベル移籍を経て様々なジャンルを取り込み、ライブでは自身がトラックを駆使しながらのソロセットからフルバンドまであらゆるステージを魅せてきた彼女が新たな一面をみせるべく今作には多くの楽曲プロデュース、リミックスなどを手がける人気トラックメイカー PARKGOLF、宇都宮を拠点に活動するバンドin FAM stepからyuhei miura、西の前作にも参加しているSosuke Oikawa(CICADA)の3名が参加している。R&B、electronic、あらゆるクラブサウンドを取り込んだ西恵利香流ダンスミュージックが完成!

BILLIed IDLE 2.0

BILLIed IDLE 2.0

Idol

BILLIE IDLE

新メンバー、プー・ルイ加入初の5 人体制でのアルバム!プー・ルイを含むメンバーが新録を施したBILLIE IDLEのベスト盤。ウイカ、ヒラノ、プー・ルイの3人による歌唱の未発表バージョンなど2 曲収録!

Mars Ice House II

Mars Ice House II

HipHop/R&B

ゆるふわギャング

昨年4月にファースト・アルバム「Mars Ice House」を発表したゆるふわギャングが、前作発表から1年3ヶ月のタームでセカンド・アルバム「Mars Ice House II」を発表。ファースト・アルバム発表後は、独自の世界観を打ち出したワンマンライブの開催や、様々な音楽フェス、イベントへの出演で、ティーンネイジャー〜20代を中心に圧倒的な支持を集めてきたゆるふわギャング。最近ではスーパーカーの名曲をサンプルしたシングル「Contains Samples from SUPERCAR」を発表したり、The New York Times 'T Magazine'のファッションストーリーへ出演するなど活動の規模もグローバルになっています。昨年秋から今年頭にかけて、Automatic、estraに加えカナダのRyan Hemsworthをプロデューサーに迎えロサンゼルスでレコーディングを行っており、カリフォルニアの空気をふんだんに吸い込んで制作した楽曲から厳選した12曲(+1スキット)を、ロンドンのMetropolis Studioでマスタリングしました。前作から音もプロダクションも進化したゆるふわギャング最新作をお楽しみください。

New Stranger

New Stranger

Idol

sora tob sakana

2014年に結成、音楽プロデューサーの照井順政(ハイスイノナサ、siraph etc)が手掛ける、ポストロック/エレクトロニカといったジャンルのサウンド感を軸にした物語性の強い楽曲と、イノセントなボーカル、表情豊かなパフォーマンスで唯?無?の世界観を作りだし、人気急上昇のグループ「sora tob sakana」のメジャー1st シングル。

Coincidence

Coincidence

HipHop/R&B

KID FRESINO

KID FRESINOが現在制作中のアルバムより、2曲先行配信をすることが決定!三浦淳悟(bass) / 斎藤拓郎 (guitar) / 石若駿 (drum) / 小林うてな (steelpan)というバンド編成で制作をした「Coincidence」と、KID FRESINOがプロデュースを手掛け、ゆるふわギャングのNENEを客演に迎えた「Arcades」を収録。どちらの楽曲もミュージックビデオが公開されており、内容が高く評価されている。

ヴィーナスの恋人/深海魚のマーチ

ヴィーナスの恋人/深海魚のマーチ

Rock

Koochewsen

愛と勇気のビューティフルロックカルテット“Koochewsen”が2018年に放つ魅惑の配信シングル第一弾!

4

4

Idol

おやすみホログラム

インディーズアイドルシーン出身の彼女達がアイドルの領域からついに脱皮、アーティストとして大きな成長と変貌を遂げた本作は、ゲストにアヒト・イナザワ(ex. NUMBER GIRL / VOLA & THE ORIENTAL MACHINE)らを迎え、これまでの音楽性の根底にあったオルタナティブ、グランジ、エモをベースにしながらもサウンド面をより強力に、トラップ、ディスコパンク、クンビア、ダブ、ドリーム・ポップにも挑んだ意欲作。

ALTERED AUDIO

ALTERED AUDIO

LOKA

新規メンバー加入によりライヴでは進化し続けるサウンドを 改めて音源として制作。 全曲BASSをMiroがリテイク、4曲をRiuがギターをアレンジしてレコーディングを行った。 また、MIXINGも新しく行い以前のサウンドを超える作品となっている。 LOKAをまだ知らない人に、そして既に曲を知っているファンの方にも再度楽しんでもらえる作品!

午後の時間割り

午後の時間割り

Pop

広瀬愛菜

曽我部恵一プロデュース作のソロ・アルバムで良質のPOPミュージックを送り出してきた関美彦が、Peach sugar snowと3776という二つのアイドルグループで活動していた15歳の広瀬愛菜を全面プロデュース。ライヴハウスで彼女のピアノ弾き語りに魅了された関が、自身主催のイベントに誘ったことをきっかけにデビュー・ミニ・アルバムの制作が実現。伊賀航、北山ゆう子、山之内俊夫といった名手に加え、スカートの澤部渡が口笛で参加。

your TV / English man

your TV / English man

Rock

Koochewsen

リーダーにしてボーカル/ギターetcの小林リヨが作詞/作曲を手掛けた「your TV」、キーボードをメインに、様々な楽器を操るベントラーカオルが作詞/作曲を手掛けた「English man」。この二つの楽曲の間にある幅が、そのままこのスリ リングなロックカルテットが携えてる音楽的な幅、とも言える。二十歳そこそこで15分のオリジナルプログレッシブロックを奏でていた彼らが、それ以上の情熱と音楽愛を2分48秒に詰め込んだ、異常事態の痛快ダンスロックチューン「your TV」。リリカルでルーピーでレトロフューチャーなメロウネスを湛えたサウンド&ミュージックソング「English man」。前作「ヴィーナ スの恋人」(テレビ東京系「ゴッドタン」2月度エンディングテーマ/CAN有線J-POPお問い合わせランキング2月度1位)で<ク ウチュウ戦>から<Koochewsen>への扉を開いた彼らから新たに届く、フレッシュで唯一無二なロックンロールラブレターを受け取って下さい。 渡邊文武(PTA/FANTASTIC PLANETSプロデューサー)

COLOR*COLOR

COLOR*COLOR

Idol

エレクトリックリボン

昨年活動開始から10周年を迎え活動を続けるエレクトリックリボン。グループの象徴的存在として2012年に加入したericaが今年の9月に卒業することが発表されており、erica在籍でのラストシングルとなります。表題曲「COLOR*COLOR」、カップリング曲「セーラーガール」共に楽曲制作に元NIRGILISのボーカル、現在は月蝕會議として活動する岩田アッチュ、元ポメラニアンズのzakbeeらを迎えています。

Moony

Moony

Rock

Age Factory

Age Factory 2ヶ月連続リリースDigital Singleの第2弾『Moony』男女の恋愛をテーマにAge Factoryがバンドの新たな境地を表現するダンスナンバー。カップリングには雨をテーマに日常の恋愛を歌った「アマノジャク」を収録。

甲州街道はもう夏なのさ

甲州街道はもう夏なのさ

Rock

Lantern Parade

瞬く間に完売した7インチシングルが配信開始!! 曽我部恵一や荒内佑 (cero) たちを従えてのバンド編成で、ランタンパレード屈指の人気を誇る1曲、「甲州街道はもう夏なのさ」をセルフ・カバー。カップリングにはこちらもバンド編成で、コーネリアス「スター・フルーツ・サーフ・ライダー」のカバーを収録。両曲とも原曲に忠実ながらも、生楽器ならではのグルーヴが迸り、祝祭的な様相を呈した絶妙なアレンジに仕上がっています。

Ken Yokoyama VS NAMBA69

Ken Yokoyama VS NAMBA69

Rock

NAMBA69, Ken Yokoyama

Ken YokoyamaとNAMBA69のスプリット盤の登場。 『Ken Yokoyama VS. NAMBA69』と名付けられた今作は、これまでのシーンの動きを知るパンクスにとってはニヤリとさせられるタイトルだが、内容もまさに“対決”といった色合いが濃く、相手を潰しにかからんばかりの気合いがそれぞれの音からにじみ出ている。あくまでもこれは仲良しこよしの共同作品ではなく、今なおシーンのトップをひた走るライバル同士によるスプリット盤である 図ったわけではないのだろうが、同じパンクロックのなかでも、パンクの原点を見つめ直すかのようなオーセンティックなパンクサウンドのKen Yokoyamaと、Ken Yokoyamaと比べるとモダンなパンクロックNAMBA69で異なる方向性の楽曲を揃え、両者の現在地が明確に示されている。

少女はあの空を渡る

少女はあの空を渡る

Anime/Game/Voice Actor

福本莉子

航空自衛隊が管理するドラゴンと新人搭乗員たちの斬新なお仕事ストーリーが発進する! TVアニメ『ひそねとまそたん』オープニング・テーマを収録。歌唱は、第8回”東宝シンデレラ”オーディションでグランプリを受賞した福本莉子。

あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 vol.03 Knights

あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 vol.03 Knights

Anime/Game/Voice Actor

Knights/月永レオ(CV.浅沼晋太郎)、朔間凛月(CV.山下大輝)、鳴上嵐(CV.北村諒)、瀬名泉(CV.伊藤マサミ)、朱桜司(CV.土田玲央)

ゲーム「あんさんぶるスターズ! 」ユニットソングCD第2弾シリーズ、リリース決定! スマートフォン向けアプリゲーム「あんさんぶるスターズ! 」より、待望のユニットソングCD第2弾シリーズの発売が決定! !

エピタフ

エピタフ

Rock

トリプルファイヤー

過去2作でもじゅうぶんにその片鱗をうかがわせた彼らの特異性はさらに際立ち、今作をもっていよいよ完成の域に到達した感がある。定型化/音楽のテンプレート化が進む現代にあって、時代や文脈を超越した歴史的大傑作の誕生です。前作「スキルアップ」が各方面で話題となり(彼らを支持/賞賛するミュージシャン多数)、テレビ番組出演や、ラジオの年間チャートに入るなど、ひとり歩き状態に。既存のどのヒット・パターンにもあてはまらない、はたしてそれが道なのかどうかすらも正直あやしい独自のコースをひた走る彼らに対し、周囲の期待が熱を帯び異様な高まりをみせる中、ついに届けられる最新作。前作に続き、吉田肇(プロデュース)/松石ゲル(録音/ミックス)と、PANICSMILEの奇才コンビが強力にサポート。今作品をいっそう類稀なものに押し上げている。

Good morning

Good morning

Rock

ayutthaya

とびきりのポップスを渇いたオルタナティブで響かせるロックバンド、ayutthaya(アユタヤ)初となる音源がリリース!メンバーの個性がぶつかりあった、次世代のオルタナティブを斬り開く衝撃の一枚。

SOFTLY / RIDE

SOFTLY / RIDE

HipHop/R&B

TENDRE

昨年12月にリリースしたデビューEP『Red Focus』が各方面から高い評価を獲得。サポートメンバーを加えたバンド編成でのライブ・パフォーマンスも大きな評判を集め、3月11日に開催されたMELRAWとのダブル・レコ発もソールドアウト。今後もSYNCHRONICITYやヤツイ・フェスなどのフェスやイベントにも続々出演が決定するなど、2018年のブレイクが期待されるTENDREが早くもニュー・シングルをリリース。この春から夏にかけてのアンセムになること間違いなしのグルーヴィなトラック「RIDE」と、持ち前の歌心に溢れたスウィートな「SOFTLY」の2曲に加え、tofubeatsによるリミックスも加えた全3曲を配信限定にて5月にリリース決定!

君のために生きていくね
独占

君のために生きていくね

Rock

踊ってばかりの国

圧倒的な楽曲と演奏力、ライブパフォーマンス、そして現代では珍しい真に破天荒な生き様で、数々のミュージシャンから 「本物」と絶賛される、孤高のサイケデリックロックバンド『踊ってばかりの国』が、2018 年春に 3 年ぶりのフルアルバムをリリース。ライブでも披露し、リリースが待望されている楽曲「Boy」や、会場限定 CD に収録済の人気曲「evergreen」 「ジョン・ケイル」も再録音。そして完全未発表の新曲を含む 15 曲(+BT1 曲)を収録。

Breaking News

Breaking News

Breaking News

5人組最新型渋谷系ポップバンドの自主制作アルバム。TWEEDEES/ex.Cymbalsの沖井礼二を敬愛し、沖井礼二本人からも太鼓判を押されるそのサウンドは、かつての渋谷系リスナー必聴。

HYSTERIA vs PIPI
独占

HYSTERIA vs PIPI

KAGERO/YELLOW STUDS

2012年4月15日に行われた下北沢SHELTERでの公演、「-KAGEROⅢ Release Tour "HYSTERIC GAS"- FINAL」では出演者でもあったYELLOW STUDSとお互いの顔曲をカバーしあい、YELLOW STUDSの(Vo.)野村がKAGEROの「HYSTERIA」に歌詞を付ける一方で、KAGEROは歌詞のあるYELLOW STUDSの楽曲「PIPI」をインストルメン タルでカバーするなど、「インスト V.S. 歌モノ」の対決ともいえる企画を披露し話題となった。そのカバー音源や同公演のライヴ音源を含むスプリット作品が登場。同作品は、各アーティストが自分たちの楽曲をプレイしたライヴ音源と、スタジオで収録したお互いのカバー音源が含まれており、オリジナルとカバーの聞き比べが出来る内容になっている。

VLP

VLP

Rock

LEO今井

近年ソロ活動のみならず、KIMONOS、METAFIVEとしての活動で話題のLEO今井のアルバム。LEO IMAIバンドとして6年間活動を続けている岡村夏彦(G)、シゲクニ(B)、白根賢一(Dr/GREAT3)と共に初のスタジオ・レコーディングを敢行。そのインターナショナル且つ洗練されたクールなソングライティング力に溢れた楽曲に数々のステージで証明されているライブでのアグレッシブさとパッションを吹き込んだLEO今井の現在の魅力を凝縮した新境地のサイバー・グランジ・アルバム。2018年4月よりTBS、BS-TBS他で放送開始となるTVアニメ『メガロボクス』のオープニングテーマとして書き下ろされた「Bite」他を収録。

LSD

LSD

Rock

アカシック

誰もが口ずさみたくなるキャッチーでメロディアスなバンドサウンドと、ヨコハマ生まれ繁華街育ちのボーカル・理姫による独特な詞の世界観で話題を呼んできたアカシックの4ヶ月連続配信リリースの第一弾を飾った楽曲。中毒性があるPOPな歌詞とメロディが秀逸な作品。

リンドバーグ

リンドバーグ

桜エビ〜ず

桜エビ〜ず12ヶ月連続リリースの第一弾。浅見北斗(Have a Nice Day!)書き下ろしのナンバー。

prima dynamis

prima dynamis

電気式華憐音楽集団

電気式華憐音楽集団初の地上波テレビアニメ「悪偶-天才人形-」オープニングテーマ「prima dynamis」とカップリング2曲を含む3曲入りシングル。 デンカレ伝統のヘヴィネスサウンドとアニメ「悪偶-天才人形-」のオカルティックな世界観が融合されたタイトルトラックと、ヘヴィミュージックの魂を込めたスラッシーでクラシカルなカップリング曲は必聴! ©騰訊動漫

真夜中ガール

真夜中ガール

Pop

しずくだうみ

闇ポップシンガーソングライターしずくだうみが劇団癖者第5回公演「真夜中ガール」に提供した、表題曲を含む3曲をOTOTOYで配信。「忘れる」は既存曲でライブでの人気も高く、今後予定されているしずくだうみのバンド編成でのアルバムに向けて、布石となる作品に仕上がった。他2曲は公演の為の書き下ろしである。全てのレコーディングを鈴木秋則が担当し、「真夜中ガール」のトラックメイキングを藤Snkが、「白い朝」「忘れる」のピアノアレンジをライブでのサポートメンバーはたゆが担当。「闇」を感じさせない踊れるポップチューンから始まるが、「白い朝」と「忘れる」はいつも通りのしずくだである。

I'm not you

I'm not you

NO MARK

2018年4月にデビューしたオルタナティブロックアイドル、NO MARKの第一弾配信シングル。ハードなバンドサウンドの中でもキャッチーなメロディ内包し、"自分は他の誰でもない"というメッセージ性の強い歌詞で歌うNO MARKの旗印ともいえる1曲。

ストラトキャスター・シーサイド

ストラトキャスター・シーサイド

Suspended 4th

鋭くも骨太のサウンドが爽快なキラーチューン。YouTubeにてミュージックビデオ公開中!

GANG 2

GANG 2

Idol

GANG PARADE

アイドル専門レーベル「T-Palette Records」から、GANG PARADE ニューシングル「GANG 2」発売決定!

骨

Rock

銀杏BOYZ

2016年に発表したシングル「生きたい」で、「人間」「光」に続き、峯田は自らを断罪し、世に咆哮を捧げ、銀杏BOYZとしてロックの光と影の三部作を完結させた。それから一年が経ち、新たなる三部作を2017年7月から三ヶ月連続で発表していく。第一弾シングル「エンジェルベイビー」では、ストレートであり、ど真ん中な銀杏BOYZらしいポップな一面もみせていたが、今作「骨」では前作とは異なる銀杏BOYZの甘く淡い一面がふんだんに詰まった作品。

エンジェルベイビー

エンジェルベイビー

Rock

銀杏BOYZ

銀杏BOYZ、三ヶ月連続シングル第一弾。「生きたい」発表時(2016年4月)のインタビューで峯田は“<生きたい>を産み出せたことにより、やっとこれからはど真ん中の曲を作ることができる”と語っていたが、1曲目の「エンジェルベイビー」は間違いなくど真ん中で、高揚感や多幸感を感じさせる楽曲に仕上がっている。一方2曲目の「二回戦」はライブ映像作品『愛地獄』に弾き語りで収録された「イラマチオ」のタイトルを変更したバンド編成の楽曲で、ゲストミュージシャンとして野崎泰弘がピアノで、UCARY VALENTINEがノイズを始めとしたプログラミングとコーラスで参加している。

ただの思い出にならないように

ただの思い出にならないように

Pop

関取花

今作はシングル「朝」の他にNHK「みんなのうた」(2018年4~5月)に書き下ろした楽曲「親知らず」や、しんきんガール(全国信用金庫協会WEBCM曲)、LUCKY TAPES参加曲、おかもとえみ(フレンズ他)参加曲、「ひがみソングの女王」の名にふさわしい楽曲も収録。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Hotel Moonside (Extended Live Version)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Hotel Moonside (Extended Live Version)

Anime/Game/Voice Actor

速水奏(CV:飯田友子)

速水奏の「Hotel Moonside」をLIVE MIXした「Hotel Moonside (Extended Live Version)」

dawn

dawn

Dance/Electronica

SILENT POETS

NTTドコモCMソング「東京 feat.5lack」も話題のSilent Poetsによる待望のオリジナル・アルバムが遂にリリース!デビュー25周年を記念した豪華な1枚。

Mellow Yellow

Mellow Yellow

Pop

SPiCYSOL

SPiCYSOL(スパイシーソル)の2nd Album「Mellow Yellow」が発売決定!今作にはライブアンセムとなっている配信・会場限定シングル「Cyanotype」を始め、Spotifyプレイリストで人気を博している「SIST」、先行配信シングル「#goodday」を含む全9曲を収録。「FIREWORKS」では初めて音楽プロデューサーの告井孝通氏を迎えて制作。SPiCYSOLの世界観に新たな要素が加わり、進化を感じられる楽曲となっている。 80年代のシーサイドをイメージして作られた今作のアルバムジャケットには、雑誌「FM STATION」「野性時代」「ポパイ」当のカバーイラストレーションや数々の有名アーティストのアルバムジャケットも手掛ける、イラストレーター版画作家の鈴木英人氏の作品を起用。楽曲のイメージが、より強く表現されたジャケットとなっている。

dejavu

dejavu

Rock

ayutthaya

本作「dejavu」では、ざくざくとしたギター、リズミカルにうねるベース、ゆっくり揺れるようなメロディ、流れるような歌声、一転して感情をむき出しにしたハイトーンボイスに、疾走感溢れるナンバーまで、楽曲はバリエーションに富み、ポップセンスにはさらに磨きがかかり、ayutthayaの遊び心が垣間見える。オルタナティブ・ロックという「デジャヴ」から、ポップセンスをさらに加えて新たな一歩を踏み出したayutthaya。懐かしくて新しい「ネオ・オルタナティブ・ポップス」がここに完成した。

5thアルバム(仮)

5thアルバム(仮)

Idol

アップアップガールズ(仮)

アップアップガールズ(仮) 新体制初となるアルバム 「5thアルバム(仮)」 発売! 全10曲の新曲を収録した現アプガ(仮)決定盤となる1枚! 大森靖子、THEイナズマ戦隊、の子等が楽曲制作を担当。 2017 年8 月に卒業メンバーを含めた最後の7 人体制として発売された「4th アルバム(仮)」以来、1 年を待たずに発売される今作は、10 曲もの新曲を含んだ5 人体制となったアップアップガールズ(仮)の現体制の決定盤とも言える1 枚となります。昨年11 月に原点回帰を提唱したシングル「上々ド根性/Be a Girl」以外は今作の為に制作された楽曲群となり、アップガールズ(仮)のサウンドプロデューサーを務め、多くの楽曲を制作したmichitomo をはじめ、エレクトロサウンドを元にアプガ(仮)の女性らしさ大人っぽさを表現した曲を多く制作してきたRyuichi Kawasaki や、盟友とも言える大森靖子が作詞作曲を務めた曲、これまでに2 マンライブなどで切磋琢磨し、ジャンルは違えど互いに根柢にある魂が刺激し合う存在とも言えるTHE イナズマ戦隊による楽曲、さらには、神聖かまってちゃんのボーカル&ギターの子との初タッグも実現し、これまでのアプガ(仮)サウンドは踏襲した上で、現在未来のアプガ(仮)を楽しめる1 枚のアルバムが完成致しました。新たにライブハウスツアー「アップアップガールズ(仮)7 周年ツアー~Still Goes On!!~」も始まるアップアップガールズ(仮)。 依然、ライブアイドル「アプガ」として、更に走り続けるアップアップガールズ(仮)の姿に是非ご注目下さい。

PETIT PETIT PETIT

PETIT PETIT PETIT

Pop

ZOMBIE-CHANG

ZOMBIE-CHANGが初の全楽曲バンドセットによる待望の3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリース! メイリンのソロプロジェクト<ZOMBIE-CHANG>が初の全楽曲バンドセットによる3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリース。 今までの楽曲ではトラック、リリック、レコーディングまで全て彼女が手掛けてきたが、今作はアレンジにベース、ドラム、ギターといったサポートメンバーを携え新たなZOMBIE-CHANGサウンドを作り上げた。 メイリン自身も初となる大人も子供も楽しめる曲をテーマに作成された「モナリザ」、新たなアレンジが加わりバンドサウンドへと変貌を遂げた「レモネード」「WE SHOULD KISS」や 存在感のあるリズム隊と彼女独特のボーカルとシンセサイザーが混ざり合う「ときどき、わからなくなるの」、彼女のキャリア初となるギター、ベース、ドラムの3ピースによる「愛のせいで」を含めた全8曲を収録。 ソロプロジェクトでは再現することが出来なかったであろう、彼女のインスピレーションをサポートメンバーと共に音を重ねることによりジャンルに捉われない独自の音楽性と、唯一無二な世界観を放つ今までにない新たなZOMBIE-CHANGの3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』が遂に完成。 ジャケット写真・デザインワークはメイリン本人が全てを担当。 レコーディングでは、エンジニアとしてペトロールズ、never young beachなどを手掛けるhmcの池田洋が担当。

ページトップへ