Tags

AWAKENING
Lossless

AWAKENING

HipHop/R&B

鶴亀サウンド

タワーレコード発HIP-HOP レーベル「Glue」 始動。 第1 弾コラボアーティストLIBRO & ポチョムキン(餓鬼レンジャー)の新ユニット「鶴亀サウンド」! 90 年代から活動を続けるトラックメーカー兼ラッパーのLIBRO と餓鬼レンジャーのMC、ポチョムキンによるユニット【鶴亀サウンド】。 今年5 月に発売されたLIBRO のアルバム『風光る』内での共演も記憶に新しい2 人がこの度ミニアルバム『AWAKENING』を発表。 『AWAKENING≒目覚め、覚醒』と題された今作には、レイドバックなトラックの上を、「目覚めな」と鼓舞する前向きなリリックがフロー する表題曲M2「AWAKENING」から、文字通りダンサブルなビートに「今だ感じない限界」 という底なしのポテンシャルが垣間見れるM4 「踊る人」ほか全9曲収録。 時代の流行廃りにとらわれない姿勢と決してブレない覚悟、聴くものを鼓舞するメッセージが音の細部にまで宿っている。 鶴亀の如く、今後1000 年、10000 年風化しない強力な1枚が完成。

キンキーキッズ
Lossless

キンキーキッズ

HipHop/R&B

餓鬼レンジャー

DJオショウの正式加入により5人編成となった新生・餓鬼レンジャーの約2年ぶりとなるアルバム。SUGAR SOUL、JESSE(RIZE)、TwiGy、呂布カルマなどメンバーに負けず劣らずクセがすごいゲスト陣も参加。

祝祭の和音
Lossless

祝祭の和音

HipHop/R&B

LIBRO

1977年リリースのデビュー作「軌跡」から20年。深化させてきた声やフロウ、姿勢、リリックの内容や胸の内の変遷を既存曲のセルフ・ミックスを中心に、ソロ曲、鬼、小林勝行を迎えた新曲や、DJ BAKUによる「雨降りの月曜」等を収録。この20年の変化と不変を再発見、及び再構築した祝祭作。

06-17 Mixed By DJ K-FLASH
Lossless

06-17 Mixed By DJ K-FLASH

HipHop/R&B

V.A.

2008年MONJU『Black de.ep』のリリースで、誰も聴いたことの無いSMOKYでストイックな音・言葉でシーンに衝撃を与え、その後S.l.a.c.k(5lack)、ISSUGI、KID FRESINO等をシーンに投下。HIPHOPを基盤にアートフォームを発信し続けるレーベル“DOGEAR RECORDS”の歴史を垣間見る事の出来る初のレーベルMIX。

柴又日記
Lossless

柴又日記

HipHop/R&B

ZORN

前作「生活日和」で自らの方向性を明確に打ち出し、 ネクストステージに駆け上がったZORN(ゾーン)、 前作から1年空けずに7枚目のアルバム。 「LIFE」をテーマに掲げ、普段の生活を通してふと気付いたことや感じていることを、飾らずに、しかしリリカルに描いた前作「生活日和」の世界はそのままに、日々訪れる物事をZORNの視点、表現で綴った最新作。

UNISEX
Lossless

UNISEX

HipHop/R&B

RAU DEF

前作「ESCALATE II」収録曲で今年発表されたMV "FREEZE!!!"も話題を呼んだシーンきってのジョーカー:RAU DEFによる前作から2年振りのニューアルバム。前作に引き続きSKY-HI主宰のBULLMOOSEからのリリースとなる本作は、PUNPEEを筆頭にBACHLOGIC、DJ TSUBASA a.k.a. JAMをはじめとした実力派トラックメイカーに音を委ね、客演にもSKY-HIをはじめ、鋼田テフロン、PUNPEE、SALVADOR、ACE HASHIMOTO、JNKMN(YENTOWN)といった多彩な面子が揃った。しかも、2003年にスマッシュヒットとなったZeebraの"SUPATECH (what's my name?)"をオマージュした"HYPATECH"にはなんとZeebra本人も登場。

Scramble
Lossless

Scramble

HipHop/R&B

Zeus N' LostFace

ZEUSの言葉=東京の言葉 日本を代表するリリシストの新作がついにベールを脱ぐ! 東京03を代表するラッパーで、ZEUSこそがリリシストとして不動の地位に立つ者(=無冠のチャンプ)であり、少なくともこの10年、その事実が揺らいだことは日本のヒップホップシーンにおいて一度もない。そう断言したい。 19歳で産んだクラシックス『GRAND SLAM』。2011年、満を持してリリースした1stフルアルバム『RAW ORE』。どの言葉も未だに色褪せることない、日本のストリートの無二のスケッチブックだ。 そして今、待望と呼ぶに相応しい新作『Sclamble』が遂にそのベールを脱ぐ。 今作ですべてのトラックを手掛けたのは今や日本を代表するクリエイティブ集団BCDMGのグルーヴマスターLostFace。昨年リリースされたLostFace名義のEP『SELF TITLED』において、Zeusとの相性の良さは既に実証済みだ(東京南部屈指のリリシストZeusと東京東部きってのリリスシストZORNの「でも、やっぱ」は2016年に生まれたまぎれもないクラシックの1曲である)。 客演にANARCHY、SUIKEN、今をときめく東京の最前線からKANDYTOWNのYOUNG JUJU、IO、DONY JOINT、さらに同世代の盟友紅桜を迎えたZeus &LostFace によるクラシック確実の新作。 そして、すべてのディレクションを行うのはフッドのビッグボス鬼頭(ACC)。まさに刺客なし!必聴の一枚。山田文大

SyndromeⅣ
Lossless

SyndromeⅣ

HipHop/R&B

YDIZZY

新感覚の東京HIP HOPを体現するラッパー、YDIZZYが1stアルバム『DIZZiNESS』からわずか4ヶ月で新たな作品をドロップ!!

おとな。
Lossless

おとな。

HipHop/R&B

t-Ace

3ヶ月でYouTube100万回再生を超えた「女の子」収録アルバム。子供のまま大人になる、現代の「大人」と「子供」のありかたに訴えかけるt-Ace7枚目のフルアルバム。

Street View feat. BIM, OMSB & DEEQUITE
Lossless

Street View feat. BIM, OMSB & DEEQUITE

HipHop/R&B

doooo

クリエイター集団CreativeDrugStoreに所属、同クルーのTHE OTOGIBANASHI’Sに楽曲を提供しているビートメイカーdoooo(ドゥ)による12inch音源が配信でも発売開始。A面の「Street View」はラッパーのBIM(THE OTOGIBANASHI’S)、OMSB(SIMI LAB)、トークボクサーのDEEQUITE、さらにシャウトにN.W.A.のDJ YELLA、Baby Easy-Eを迎え、様々なアーティストと共に作り上げた現代版G Funk Hip Hop。B面には女性アーティストBabiを迎えたエレクトロでポップな曲「Purple Flower」を収録。

L.O.C -Talkin' About Money-
Lossless

L.O.C -Talkin' About Money-

HipHop/R&B

GRADIS NICE & YOUNG MAS

GRADIS NICE&YOUNG MAS(Febb)名義の待望のジョイント・アルバム『L.O.C -Talkin' About Money-』が遂に完成し、10/4(水)に緊急発売することが決定した。DOGGIES / DMF / Fla$hBackS...様々なプロジェクトを同時進行で進めながら、ソロとしての作品制作、ライブ活動も活発化しているYOUNG MAS(Febb)。今作は、NY、ブルックリン在住のプロデューサーであるGRADIS NICEがトータルプロデュースを担当。(「Music Hustler」のみDj Scratch Niceがプロデュースを担当。)GRADIS NICEの持ち味であるソウルフルでオーセンティックなテイストと、最新のUSサウンドがMIXされた最新鋭なトラックに、YOUNG MASが現実と構想をリアルな言葉で綴り、先天的な資質でアップデートを重ねた中毒性のあるRAPを乗せる。NYのエンジニアであるJohn Sparkzがミックス&マスタリングを行ったことで、ダイナミックかつ奥行きのあるサウンドに仕上がった。HAVIT ART STUDIOが手掛けるジャケットアートワークにも注目してほしい。1プロデューサー、1ラッパーというごまかしが利かない状況で、互いの実力をぶつけ合い制作されたこのアルバムは、まさに聴き応えのあるベストな作品といえるだろう。

俺たちゃ妖怪人間!〜人間目指して何が悪い〜
Lossless

俺たちゃ妖怪人間!〜人間目指して何が悪い〜

HipHop/R&B

DOTAMA

ラッパーDOTAMA初のタイアップは、アニメ「俺たちゃ妖怪人間」主題歌に決定!

奇妙頂来相模富士
Lossless

奇妙頂来相模富士

BRON-K

生ける伝説“SD JUNKSTA”第三の男!2006~07年の日本のHIP HOPシーンを象徴するムーブメントにまで発展したMIX CD、SEEDA&DJ ISSO Presents『CONCRETE GREEN』シリーズ全作に参加。“SD JUNKSTA NO.1 MC”との呼び声も高いBRON-K、待望のファースト・アルバム。驚くほどにセンスの良い言葉選び、そして心地よいフロー、神奈川相模原エリア、立ち並ぶ団地、それ以外は一見どこにでもあるような街で培われてきた経験や苦しみ、笑いや混沌、感動をもさせる雰囲気のあるラップが、世界基準のトラックメーカー、I-DeA、Bach Logicのビートの上を駆ける!

松風
Lossless

松風

BRON-K

総合HIPHOP集団SDPの主要メンバーBRON-Kが4年半ぶり(2012年時)にリリースするセカンド・アルバム。流麗なバックトラック、BRON-Kによる類稀なるギミックと流れるようなフロウ、そしてNORIKIYO、KYN、PIT Xなどの客演陣との掛け合い。ジャンルの壁を乗り越えて堪能できる会心の1枚。

"青の時代終焉編"
Lossless

"青の時代終焉編"

HipHop/R&B

HAIIRO DE ROSSI

孤高のリリシストHAIIRO DE ROSSI待望のBEST盤。(~2015年代) 青の時代終焉と銘打たれた本作は文字通りHAIIRO DE ROSSIがジャズに大いに影響を受け、自身のスタイルを確立し、いつの日か "ジャズラップ" と呼ばれるまでを中心に構成されている。名曲の数々は勿論、アナログのみのリリースだった曲や未発表など、確実に逃せないプレミアムアイテム。一部店舗での販売だった商品が好評の為遂に全国発売!!

掌ノ蕾。 (Digital Ver.)
Lossless

掌ノ蕾。 (Digital Ver.)

HipHop/R&B

Dragon One

テレビ朝日系番組『フリースタイルダンジョン』の第一回放送にてT-Pablowを下し、MCバトル界の“危険な存在”として認知させたDRAGON ONEのセカンド・アルバム。灰色デ・ロッシ「空-kara-」で頭角を現したKensyu“Bigo”Kobayashiのフル・プロデュースによる本作は、なんと2015年に既に完成していたにも関らず、一度お蔵入りにし、その中から厳選されたリリック、トラックのみで構成された正に徹底的な環境とモチベーションで作られた真の作品。レーベルの盟友、灰色デ・ロッシ、オロカモノポテチも参加。

kiLLa EP vol.3 F.O.E [Family Over Everything]
Lossless

kiLLa EP vol.3 F.O.E [Family Over Everything]

HipHop/R&B

kiLLa

音楽、アート、ファッションの世界を横断しTOKYOの街を暗躍する新世代HIP HOPクルー「kiLLa」。世界の最新トレンドと共鳴する配信音源で既に他との違いを見せつけてきた彼らが日本のミュージック・シーンに叩き落す、挨拶代わりの初フィジカル作品が遂にリリース! YDIZZY, Arjuna, Blaise, KEPHAという4人のラッパーに加え、DJのNo Flower、VJのYESBØWY、更にはトラック・メーカーからデザイナーまでを擁し、現在は9人で活動する新世代HIP HOPクルー「kiLLa」が遂に初のフィジカル作品をリリース! 元々は地元である渋谷でバスケットボールを通じて出会った彼らだが、いつしかその興味は音楽やファッションへと広がり、現在のkiLLaクルーへと発展していった。そんな彼らを早くからファッションやアートの業界が注目し、SNSを中心に近年急速にその知名度を高めてきた。彼らが発信し続ける世界の最新トレンドと共鳴するその音や、時折モッシュまで巻き起こすパンク・ロックを連想させるその激しいライブ・パフォーマンスは、現行のシーンを追う者にとって最早「見過ごすことが出来ない存在」といっても過言ではない。 2017年6月にはメンバーであるYDIZZYが鬼才Chaki Zuluのトータル・プロデュースで初のソロ・フィジカル作『DIZZiNESS』をリリース。既存のトラップ・ミュージックの概念を打ち破る幅広い多様性を見せつける傑作となり、各メディアから絶賛を集めたことも記憶に新しい。また同月にはkiLLaを特集した海外メディア「Noisey」が発信され、畳みかけるように翌7月にはクルーkiLLa本隊として配信EP『kiLLa vol.2 Summer - EP』が発表された。まさに止まることを知らない彼らの活動を多くのファンが現在、固唾を飲んで見守っている状況だ。 そんな期待に応えるように、遂に満を持して今回発表されるのがkiLLa初のフィジカル作品となる本EPである。彼らとも共振する世界の名だたるアーティスト達と同時多発的なサウンドでありながら、彼らにしか作り得ない、各々のソロ作ともまた違った唯一無二の作品が完成した。 日本のみならずフランスをはじめとしたヨーロッパ各国や、アジア諸国からも常にライブのオファーが絶えない彼ら。しかし本作ではまだまだ彼らの実力の全貌が明らかになったとは言い切れない。2017年末にはついにkiLLa本体の1stフル・アルバムの発表も控えており、今後ますます彼らの活動から目が離せない!

Focus
Lossless

Focus

HipHop/R&B

KIKUMARU

KANDYTOWNのメンバー、KIKUMARUの配信EP。KANDYTOWNからMUD、DONY JOINT、Neetzらが参加。

Lord Shaka
Lossless

Lord Shaka

HipHop/R&B

Arjuna

「分からないやつは、聴かなくていい。俺が日本のヒップホップを変える。」 渋谷から異彩を放つヒップホップクルー・kiLLaの最重要人物・Arjunaが名刺代わりの1stアルバム「Lord Shaka」をリリース。ハードさとユーモアをハイブリッドした本作。国内のラップシーンと一線を画す、日本のみならず海外も視野に入れたアートが完成した。 Arjunaの1stアルバム「Lord Shaka」(読み:ロード・シャカ)は、ハードなビートに重いリリックが乗ることにより、爆発力に拍車がかかる曲が多くラインナップされている。一方、USのトラップミュージックからのインスピレーションを、日本のヒップホップに落とし込み、強く煽るリリックには独自の比喩表現が用いられており、ユーモアも満載だ。客演には、kiLLaのメンバーのKEPHAとBLAISEが参加(BLAISEは実弟)。「仲間との出会いで人生が変わった」とArjuna自身が語るように、kiLLaに対する愛は誰よりも強い。そんな彼のさまざまな表情やリアルな感情を詰めこみ、あくまでArjunaのスタイルを追求してLITな音楽をどれだけ創造できるかが本作のテーマだ。Arjunaはこれまで、著しく進化する自分の感性によって、過去に制作した音楽を受け入れることができず、リリースができない葛藤と戦っていた。だがある日を境に吹っ切れたマインドが転機となり、極めて高密度に、短期間でこのアルバムを完成させた。 リード曲となる「GRANDIOSO」は、日本ヒップホップ界の名プロデューサー・Chaki Zulu氏が参加。GRANDIOSO」は、曲想を表す標語で (堂々と、壮大に)という意味を持つ。自身のスケールの大きさと、目標の大きさを物語った楽曲だ。曲中には「下と横は見えません」というリリックがあるが、横がkiLLa、下がヘイターを意味する。これは、一見仲間に干渉しないというネガティブなイメージともとれるが、その本質はArjunaもkiLLaのメンバーも、同じ方向(上だけ)を向いているということの象徴である。「Private」は、恋愛の思い出を綴った1曲。ゆったりとしたフロウのラップからサビでギアがかかる展開も聴きどころとなっている。「Don't Touch」は、アートへの敬意がなく邪魔をしようとする大人たちへ怒りの感情をぶつけた一曲。「ヘイターとプレイヤーの自分は違う」その考えを明確に誇示した曲だ。 「Say Good By To Tokyo feat. KEPHA」は、アルバムの中で唯一のchillなナンバー。浮遊感のあるトラックとサイケデリックなフロウのラップが病みつきとなる、自身も日本のヒットチャートが狙えると自信を覗かせる楽曲へと仕上がっている。そして、最後の曲「Pyramid」がこのアルバムの真骨頂。Arjunaのマインド、表現したい世界観がすべて詰まった1曲となった。 本作は、トラップミュージックに馴染みの少ない日本人のリスナー耳を刺激し、感度の底上げをできるかが肝となっている。

王手
Lossless

王手

HipHop/R&B

韻踏合組合

「先手必勝!!」 これで王手!! 韻踏合組合9枚目となるフルアルバムが遂に完成ぃぃぃぃ!!前作から1年4ヶ月ぶりに 届けられる韻踏合組合の新作は、プロデューサーに''一網打尽''を 手掛けたNAO THE LAIZAとDJ PANASONICとNOAHを迎え、なぜか同時にやって来た!?将棋ブームに乗っかる形で完成したド直球のアルバムは前作同様、Featuring一切無しの純粋、組合シットばかり!笑いと涙と感動と、韻とフローと掛け合いと、ドープビーツが盛りだくさん。

終わらない歌(REMIX)
Lossless

終わらない歌(REMIX)

HipHop/R&B

NORIKIYO(produced by PUNPEE)

THE BLUE HEARTSに、音楽制作の初期衝動を誘発された ジャパニーズHIP HOPシーンのトップランナーが 最大のリスペクトを込めてブルーハーツREMIX音源を緊急配信!!

The Definition of This Word
Lossless

The Definition of This Word

HipHop/R&B

16FLIP vs BES

TOKYOのHIP HOPを語る上で外せない最重要ビートメーカー16FLIPが完全復活を遂げたBESの渾身の3RDアルバムをフルREMIX!!

Mobb Life
Lossless

Mobb Life

HipHop/R&B

BAD HOP

“フリースタイルダンジョン”でモンスター役を務めるT-Pablow、“高校生RAP選手権”の覇者であり圧倒的なスキルとセンスを誇るYZERRを中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkらが研ぎ澄まされたマイクパスを繰り広げる!すでにストリートで数々のアンセムを生み出してきた彼らのアツすぎる初の全国流通となるフルアルバム!

IT'S ALIVE
Lossless

IT'S ALIVE

HipHop/R&B

Ry-lax

所属レーベル・BCDMGのオフィシャルサイトにて限定販売され、すぐさま完売となったEPが配信スタート!

CZN'PASS
Lossless

CZN'PASS

HipHop/R&B

ILLNANDES & ENDRUN

東京ヒップホップ最高峰のレーベル、DOGEAR RECORDSからリリースとなる関西をベースに活動しているILLNANDES(PSYCHO PATCH)とENDRUNによるジョイント・アルバム!

SWEET HELL
Lossless

SWEET HELL

HipHop/R&B

I-DeA

SEEDA、SCARS、SD JUNKSTA周辺や鬼の名曲「小名浜」をプロデュースし、2000年代ヒップホップシーンにおいて“クラシック”を量産。KOHH、R-指定の楽曲プロデュースも手掛けるI-DeAの2017年フル・アルバム。D.O、SALU、NORIKIYO、BES、R-指定ほか、客演多数。

Make Up
Lossless

Make Up

HipHop/R&B

ゆるふわギャング

Ryugo Ishida、Sophieeの2MCと、プロデューサーのAutomaticによるユニット・ゆるふわギャングの新曲「Make Up」

SKYNUTS
Lossless

SKYNUTS

Pop

かせきさいだぁ

かせきさいだぁ、1998年発売のセカンド・アルバム『SKYNUTS』。

Good Times (Remix) feat. BANKROLL
Lossless

Good Times (Remix) feat. BANKROLL

HipHop/R&B

DONY JOINT

注目のクルー、KANDYTOWNのラッパー、DONY JOINTの5月にリリースされたデビュー・アルバムに収録され、すでにライブでも高い人気を誇っているRYOHUとのコラボ曲“Good Times”へDONYやRYOHUも所属するグループ、BANKROLLの面々が新たに集結したリミックス!DONYのコールに続きIOがシャウトアウトし、BSCとDJ MASATOがマイクをまわしてRYOHUがシメる最高のリミックス・ヴァージョンとして今夏フロアを華麗にロックするはず!!

2017
Lossless

2017

HipHop/R&B

VLUTENT ALSTONES

LOWER EAST TOKYO 北千住を根城に活動するMIC集団VLUTENT ALSTONES。それぞれが独自の活動を続け、独特のアートフォームを発信し続けるTOKYO REAL UNDERGROUND HIP HOPシーンのMC集団が遂に登場!!

Make U Dirty
Lossless

Make U Dirty

HipHop/R&B

MUD

注目のクルー、KANDYTOWNのメンバーであり、ソロ・デビューが待たれていた最高にドープなラッパー、MUD!Neetzの全曲プロデュースによるデビュー・アルバム『Make U Dirty』が遂に解禁!

Another Day
Lossless

Another Day

HipHop/R&B

韻シスト

「今、最もクールでスタイリッシュなバンド」として、各音楽媒体から絶大なる評価を受ける 日本に於ける生ヒップホップバンドのオリジネーター『韻シスト』7枚目となる待望のニュー・アルバム発売。 今作は、これまでの韻シストのオリジナル・スタイルはしっかりと継承しつつよりストレートなビートを 基軸としたライブ・ライクなナンバー等、新たなサウンド・スタイルを積極的に導入した、バラエティー に富んだ聴き所満載の1枚。

Be!!
Lossless

Be!!

HipHop/R&B

HIT

1987S。大分出身。現在は東京を拠点に独自の草の根を広げ、しなやかかつ力強く活動する実力派フィメールラッパー「HIT」。仙人掌&QROIX「INBOUND」 にゲスト参加、サイゾー動画「PARALLELZ」での特集。「AS ONE MC バトル」での活躍でそのルックスと「LIVE」を観る者の五感に残しながら、1st アルバムを制作。クランクアップを間近に迎えたながら、2016 年末よりネクストなEP の制作を開始。それと同時進行で制作した配信シングル「1987」を3 月末にWDsounds よりリリース。フロアバンガーな「whoo」は話題を呼び、i-tunes ニューアーティストスポットライトに選出される。(このシングルにはDOWN NORTH CAMP よりCJ&JC をfeat に迎えたTRINITY TINY1 プロデュースのPSYCHEDELIC HIP HOP BANGER「Re:BITCH」を収録。満を持してというよりはタイミングを自ら引き込んで全曲 GOLBYSOUND のトラック / WDsounds プロデュースによりリリース。華やかに揺らめきながら蜃気楼のようで確実に存在する街の中のもう一つの街。悩みながら、好きなように遊ぶ。繊細でダイナミックなトラックの中で派手に、時にロマンチックに飛び回るHIT の「BE」な世界が広がる。既にクラッシックと囁かれている「SATURDAY」はこの夏を彩るだろう。

謝罪会見
Lossless

謝罪会見

HipHop/R&B

DOTAMA

『謝罪するかさせるかの現代社会 お詫びに限界はない クレーム野郎 バイバイゲーム 全員で 謝罪会見』自身のキャリアを総決算した「DOTAMA BEST」のリリース後、初となる作品が完成した。膨大な数のライブ出演、メディア露出などを経て感じた様々な思い。それら全てを飲み込んだラッパー・DOTAMAによる問題作だ。社会と個人、本音と建前、偽善と偽悪。その狭間で生じる軋轢に戸惑う全ての人々へのメッセージがこの「謝罪会見」だ。盟友・Quviokalが手掛けるリードトラック「謝罪会見」は、炎上と冷笑を繰り返す現代社会に鋭く切り込むHIPHOPチューンだ。DJ OKAWARI、imai(group_inou)によるカップリング曲も含めた全3曲を収録。さらに本作のリリースを記念し、DOTAMA初の全国ライブツアーも決定。7月8日、所属レーベル・術ノ穴が主催する「ササクレフェスティバル2017」への出演を皮切りに、大阪、福岡、宇都宮、仙台、名古屋など全6都市を回る予定だ。

MEME
Lossless

MEME

Rock

yobai video

詰め込み型J-POPグループyobai videoのファーストミニアルバム「MEME」。ライブ定番チューンの新録版「yobai yabai meme(new meme)」や新曲「いい帰路」等、計5曲を収録。心に寄り添うような寄り添わないような悪友のようなリリックと男女ツインボーカルのHIP-HOP・POST PUNKサウンドで独りの夜を越えるためのアルバム。

KINGPINZ
Lossless

KINGPINZ

HipHop/R&B

KINGPINZ

MASS-HOLE & KILLIN’ G = KINGPINZが 5月17日にファーストアルバム「KINGPINZ」をリリースMASS-HOLEとKILLIN’ G、WINTOWN松本長野からHARD HITTIN’ なHIP HOPを飛ばしに来たグループKINGPINZ。5月17日に危なすぎるファーストアルバム「KINGPINZ」のリリースが決定。アートワークも全て完成し、歌詞カードも付いた完璧なフォーマットでのリリースになります。 WINTOWNで夏も冬も超えて造られたHIP HOP。愛そのものとも言える屈強さに包まれたSTRONG MUZIK。このアルバムはWINTOWNから世界をつなぐ。 HOOD MUSICっていうのはただのHOODの音楽じゃないんだ。橋が繋げて行くワールドワイドなミュージック。薄暗いコンクリートの建物の前の公園、もういかないあの山の上の公園、GOOD MEMORYもBAD MOMENTSもあのテープが繋いでくれる。冬に会うTHE MAN達と夏にLADYSとBBQ。HIP HOPはいつだって最高なんだ。誰にも繋がれていない俺達は首にはHIP HOPという名のチェーンを付けている。自分達の街のAUDIO DOPEを売りさばいている。首を振りながら向かう先はダチのヤサか女の家、家族の待つHOMEか、あのCLUBやBAR。パーソナルな事が誰かの記憶に焼き付かないとラップじゃないなんて、誰かが言ってたな。ならばKINGPINZはHIP HOPそのものだ。あの冬の町のMASS-HOLEとKILLING'GのRAP。そして新たな才能としてフューチャーされたMAC ASS TIGER。トラックはMASS-HOLEのAUDIO DOPEをメインにしながらも、NYにいるDJ SCRATCH NICE、レジェンドKUT、DLIP RECORDSからDUSTY HUSKY、SOUTH SIDEよりDJ GQ、DOWN NORTH CAMPから16FLIP。これはMAN'S MUSIC。大好きな奴らに聴いて欲しいHIP HOP。

A 03 Tale,¥ella
Lossless

A 03 Tale,¥ella

HipHop/R&B

DONY JOINT

メジャー・デビューも大きな話題となった総勢16名のヒップホップ・クルー、KANDYTOWNのメンバーであり、クルーの代表曲でもある“R.T.N.”でのタイトなラップも最高だったDONY JOINT!ソロ・デビュー・アルバムにはJashwonにMURO、KASHI DA HANDSOMEらが制作陣として参加!

THE REMIX ALBUM ”DAY and NITE”
Lossless

THE REMIX ALBUM ”DAY and NITE”

HipHop/R&B

ISSUGI & GRADIS NICE

SICK TEAM / MONJU / DOWN NORTH CAMPのラッパーとしても活動し、東京のHIPHOPを代表するラッパーのひとり、ISSUGI。NYブルックリン在住のプロデューサー、GRADIS NICEの全曲プロデュースでリリースされた『DAY and NITE』を国内外のHIPHOPプロデューサー達がリミックス。

LOVEBUM
Lossless

LOVEBUM

HipHop/R&B

BASI

メロウヒップホップの代表格でもありHIP HOP BANDのパイオニア、韻シストのフロントマンでもあるMC”BASI”待望のソロNEWアルバム!!極上のメロウアルバムの完成!!

ミクロボーイとマクロガール
Lossless

ミクロボーイとマクロガール

HipHop/R&B

スチャダラパーとEGO-WRAPPIN', スチャダラパー

かねてから親交も深く、そしてリスペクトし合っていた2 組が、遂にタッグを組んだ名曲誕生!スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’ の2 組が、ブレストを重ねて曲作りから共同作業し、サウンドはSHINCO とEGO-WRAPPIN’ 森雅樹を中心に制作、Bose、ANI のラップを受けてのサビは中納良恵が歌い上げるという、豪華なコラボレーションでありながら、双方が持つユーモアもたっぷりの楽曲が完成。強いビートとポップなメロデイで多国籍感あふれるサウンドと、不思議なトリップ感覚のリリックは、一度聴いたら、もう夢中!そして、もう1 曲はスチャダラパーの代表曲のひとつである夏のアンセム「サマージャム’95」が2017 年を飛び超え、その先のアツーイ夏がつづられた「サマージャム2020」として、25 年の時を経て届けられました。ほかでは決して味わうことのできないスチャダラパーの夏、多幸感が止まらない!

Offer [Single Version]
Lossless

Offer [Single Version]

HipHop/R&B

環ROY

前作『ラッキー』(2013) リリース後、ソロ活動をはじめ、U-zhaanや鎮座DOPENESSとの楽曲発表、蓮沼執太フィルへの加入、美術館や劇場、ギャラリーでのパフォーマンスやインスタレーション、映画音楽の制作、YUKIやサカナクションの作品への客演など、活動の幅を着実に広げてきた環ROYが4年ぶりにリリースするフルアルバム『なぎ』に収録される「Offer」のSingle Versionが先行配信!

THIS IS MC BATTLE PT. 5 (feat. 裂固,崇勲 & じょう)
Lossless

THIS IS MC BATTLE PT. 5 (feat. 裂固,崇勲 & じょう)

DJ PANASONIC

『韻踏合組合が主催する西日本最大級のMCバトルイベント『SPOTLIGHT』の2016年の出場者の中から選ばれたベスト3人が夢の共演!まずは、同大会を制しチャンピオンに輝いた、裂固のバトル同様にスキルフルなライムの連打と、高校生RAP選手権の現役チャンピオン、じょう。その毒のあるラップはこの曲でも光る。そして、埼玉、春日部の鮫、崇勲。もはや貫禄漂う安定感とスキルに耳を奪われる。そして、もちろん今回もプロデュースは同大会でブレイクDJもこなす、DJ PANASONICが担当。チャンピオンにふさわしい王道感のあるビートは必聴です!さらにインストも同時発売!ということでサイファーでのフリースタイルはもちろんのこと、ビートジャックやリミックスに使うのもあり!!

Mood Blue
Lossless

Mood Blue

HipHop/R&B

IO

『Soul Long』での衝撃的なデビューから13か月…KANDYTOWN としてのデビュー・アルバムも挟み、早くも幕を開けるIOの第2章『Mood Blue』!

Jasmine
Lossless

Jasmine

HipHop/R&B

唾奇×Sweet William

2016年の話題曲に多数参加し、その名を世間へ広めた沖縄在住ラッパー唾奇(ツバキ)と抜群のメロディーセンスと名高いサウンド・プロデューサーSweet William(スウィート・ウィリアム)がWネームで制作したアルバム「Jasmine(ジャスミン)」がリリース決定!スウィートな美声のガールズ・シンガーkiki vivi lilyを迎えた先行シングル「Good Enough」を筆頭に、Jinmenusagiを客演に迎えた「Girl」、唾奇が2015年にリリースした代表曲「道」のRemixなど収録。クラシックス感漂うジャジー&メロウ・ビーツに加え、隠と陽を絶妙に操ったライミングの融合が聴き手を引き寄せる"組み合わせの妙”的作品!!

6 Words Holiday feat. ERA
Lossless

6 Words Holiday feat. ERA

HipHop/R&B

BIM

2017年1月にVHSシングルというフォーマットで限定発売されたTHE OTOGIBANASHI’SのBIMのソロシングル「6 Words Holiday feat. ERA」が、4月12日(水)にデジタル配信シングルとして発売決定。デジタル配信に併せて楽曲の最新MVがSUMMITのYou Tubeにて公開。フィーチャリングゲストにERAを迎え、彼等の休日に対するイメージを描いた本曲は、既にライブでも披露され好評を得ている。今回You Tubeにて公開されるMV本編は、限定発売されたVHSのバージョンとはまた違う映像内容になっている。トラックプロデュースはBIM、同MVの編集は同じクルーCreativeDrugStoreのHeiyuuが手掛けている。今回のデジタルシングルのカップリングとして、昨年YoutubeにMVが公開された「オレンジシャーベット」を収録。THE OTOGIBANASHI’Sとしてのグループ活動など、マイペースに制作活動を行うBIMの今後の動向に御注目下さい。

So Sophisticated
Lossless

So Sophisticated

HipHop/R&B

febb as Young Mason

ファースト・アルバム『THE SEASON』でシーンを激震させたケタ外れのスキルとセンスは更なる高みへ。超待望のセカンド・アルバム堂々完成。これが、才能の最新系。ゲストにレジェンドAZ(!!!!!)、MOBB DEEPのPRODIGYに認められたクイーンズの新鋭BOOGZ BOOGETZ、そして日本からA-THUG、B.D.、KNZZ、敵刺が参加。ゲスト・プロデューサーにはV DON(PRODUCED FOR A$AP ROCKY,2 CHAINZ etc.)、LUCA VIALLI(PRODUCED FOR YOUNG THUG,CHIEF KEEF etc.)、2016を代表するバンガー、YOUNG M.A「OOOUUU」を手掛けたNY BANGERSにCHAD G、SCRATCH NICE&GRADIS NICEを起用。

Mars Ice House
Lossless

Mars Ice House

HipHop/R&B

ゆるふわギャング

自主制作アルバム「Everyday Is Flyday」がミュージック・マガジンの2016年間ベスト国内ヒップホップ2位に選ばれ、ブライテスト・ホープの呼び声高いRyugo Ishida(リュウゴ・イシダ)と、フィメール・ラッパーSophiee(ソフィー)、そしてプロデューサーのAutomatic(オートマティック)によるプロジェクト。2016年にゆるふわギャングを結成し、ミュージック・ビデオ「Fuckin' Car」と「Dippin Shake」を立て続けに発表。クラウドファンディングで目標の5倍の資金を集め、海外メディア「88rising」に取り上げられるなど大注目のユニットが待望のファースト・アルバム「Mars Ice House」を発表!RyugoとSophieeのロマンスとユーモアに溢れるリリックと、ヒップホップの様々なエッセンスを昇華したAutomaticによるハイブリッドで先鋭的なサウンドが合わさり、唯一無二の最高傑作に仕上がった。アルバムの前半はポップでコミカルでブンブンに飛ばしていき、後半に行くにつれエモーショナルな心の叫びに変わっていく。そしてクライマックス「大丈夫」、「Escape To The Paradise」で感情は抑えきれなくなる。3人が起こすこのルネサンスは、既成概念やしがらみといった障害をぶっ壊し新たなトレンドを作り出す。

NESS
Lossless

NESS

HipHop/R&B

中小企業

中山信一(Illust & MC)と小山秀一郎(Art Direction & Track Make)からなるHIPHOPユニット、中小企業。ファースト・アルバム『COOKIE』でHIPHOP玄人から絶大な評価を受けた彼らが、さらにドープな音を引っ提げてセカンド・アルバムをリリース!

LIFE AS A SHORTY
Lossless

LIFE AS A SHORTY

GRINER, MUTA

熊本・阿蘇で生まれ育った1982年式ラッパー。10代後半からMICを握るもののストリートトラブルの当事者となり空白の期間を余儀なくされること二回。これまで主なリリース一切なし。あまりにも多くの時をロストしてきた男が、2016年に起こった熊本地震によって未だ癒えぬ哀しみや怒り、そして復興の希望を燃料に、遂にペンを走らせた。 YAHIKO(白昼夢)、CHEZ、CQ(BUDDHA MAFIA) そして同郷からBLUEPRINTが参加。プロデュースは同郷でありD.Lの意志を継承する最後の男、DJ MUTAが全編に渡ってプロデュース。流麗なサンプリングビーツの上で、積み重ねてきた痛みを言葉に変え、火の国・熊本から全国へと着火開始!

ILLMARIACHI BEATS and ACAPELLA
Lossless

ILLMARIACHI BEATS and ACAPELLA

HipHop/R&B

ILLMARIACHI

尾張・名古屋のマーリー・マールこと刃頭と今は亡きビッグ若旦那、TOKONA-Xによる伝説的なユニット、ILLMARIACHI(イルマリアッチ)の1997年に発表した名盤『THA MASTA BLUSTA』のリリース20周年に当たる2017年。同作の20周年記念盤のリリースに合わせ、その最狂音術師・刃頭の手による『THA MASTA BLUSTA』のビートとTOKONA-Xのアカペラを用いたブレイクビーツ&アカペラ集が同時リリース!!

THA MASTA BLUSTA:20th ANNIVERSARY EDITION
Lossless

THA MASTA BLUSTA:20th ANNIVERSARY EDITION

HipHop/R&B

ILLMARIACHI

刃頭とTOKONA-Xによる伝説的なユニット、ILLMARIACHIが1997年に発表したデビュー・アルバムにして日本語ラップの金字塔的な作品『THA MASTA BLUSTA』!リリースから20周年となる2017年、刃頭の監修により''NAGOYA QUEENS''と''Younggunz''の2曲を当時オクラ入りとなった未発表秘蔵オリジナル・リリックス・ヴァージョンに差し替え、さらに全曲を新たにミックス&マスタリングし、アップデートした奇跡の<20周年記念エディション>!

ススム電皮少年
Lossless
Free Download

ススム電皮少年

Rock

ロケットボーイズ

平均年齢20歳の柏発、陽気なチンピラ集団「ロケットボーイズ」。彼らの代表曲4曲を収録した自己紹介アルバム。

Two Sides of
Lossless
Free Download

Two Sides of

HipHop/R&B

ROCKASEN

千葉のアンダーグラウンドシーンを代表するHip HopトリオROCKASEN。DJ / トラックメイカーBUSHMINDの正式加入後初となる、約7年振り、待望の2ndアルバム『Two Sides of』をフリー・ダウンロード配信! 先鋭的なトラック上でヒップホップとダンスミュージックを自由に行き来し、ヒップホップを用いた新たな音楽表現を鮮やかに切り開いてみせた、待望の最新作!マスタリングは、ceroやVIDEOTAPEMUSIC、石野卓球、Keita Sano、仙人掌の作品などを手がけるエンジニア、得能直也。

HIKARI
Lossless

HIKARI

HipHop/R&B

JJJ

ソロ・デビューアルバム『Yacht Club』をリリース後、瞬くまでにHIPHOP新世代を牽引するトラックメイカー、ラッパー、DJとなったJJJ(Fla$hBackS)。その多彩な才能が評価され、話題作への楽曲提供、客演も多数行い、数多くのメディアで取り上げられている。また、国内外で話題となった韓国のラッパーUgly Duck、Reddyとのコラボレーションほか、世界に向けても発信を行なっている。JJJのセカンド・アルバム『HIKARI』はセルフ・プロデュース曲を中心に、大阪のトラックメイカーENDRUN、KID FRESINOとの共作アルバムで注目を浴びるAru-2、昨年デビューして話題をさらっているSTUTSの楽曲を収録。FebbとKID FRESINOをフィーチャーしたFla$hBackS名義の楽曲、シンガーとして鋼田テフロンを迎えた楽曲、PSG、Sick Teamでの活動でも知られる5lackとの楽曲、同郷川崎のラッパーSTICKYとの楽曲、MONJU/DOWN NORTH CAMPの仙人掌と紅一点シンガーソングライターEmi Meyerがピアノと歌唱で参加した楽曲、KANDYTOWN / BCDMGのラッパーYOUNG JUJUをフィーチャーした楽曲、スクラッチでNY在住のDJ SCRATCH NICEが参加した楽曲などが収録される。2017年を代表するHIPHOPのクラシック・アルバムがここに完成した。

Raise The Flag
Lossless

Raise The Flag

Refugeecamp

全国のプレイヤー達が期待を公言する北海道・札幌のヒップホップクルー、Refugeecampが新進気鋭のレーベル“43 FORCE RECORDS”からリリースするファースト・フル・アルバム。

NEO TOKAI ON THE LINE
Lossless

NEO TOKAI ON THE LINE

HipHop/R&B

YUKSTA-ILL

tha BOSS(ILL-BOSSTINO)やDJ RYOWらとのコラボで、その名をさらに幅広い層に広めているNEO TOKAI / TOKAI DOPENESSを代表するラッパー、YUKSTA-ILLの約5年ぶりとなる待望のセカンド・アルバム『NEO TOKAI ON THE LINE』!CAMPANELLAやSOCKS、PUNPEEらが参加!

PELNOD feat. 中納良恵
Lossless

PELNOD feat. 中納良恵

HipHop/R&B

Campanella

2016年発表のアルバム『PEASTA』が各所でHIPHOPアルバムの年間ベストに選出されるなど、いま話題のラッパーCampanellaと、2016年に結成20周年を迎え、初の単独武道館公演を大成功のうちに終えたEGO-WRAPPIN’の中納良恵によるコラボレーション楽曲!今回のコラボレーションは、幼少の頃よりEGO-WRAPPIN'の『色彩のブルース』を愛聴してきCampanellaからのオファーに対し、中納がCampanellaの音楽性に共鳴することで実現した。「PELNOD」は、JJJ(Fla$hBackS)がトラックのプロデュースを担当。酔人に扮したCamapnellaのラップと光を象徴する中納良恵の美しい歌声の絶妙な絡みが最大の聴きどころ。EGO-WRAPPIN'の名曲「かつて…。」をサンプリングした「Palo Santo」は、名古屋のビートメイカーshobbieconzがトラックのプロデュースを担当。大胆に再構築(サンプリング)したトラック上で、原曲にインスパイアされたCampanellaのリリックが新たな風景を描き出した楽曲だ。

ページトップへ