<講座概要>
ミュージシャンは音楽のことだけ考えていたい! ミュージシャンなら誰しもが思うことですが、そんなわけにもいかないのが現実です。著作権、原盤権、専属実演家契約、レコーディング契約、JASRAC…。

音楽業界に関わるには、知らなくてはいけないことがたくさんあります。ミュージシャンが音楽活動をしていくうえで出会う契約がどんなものなのか、知識を整理してみましょう。「突然、契約書に名前を書いてと言われたけど、これってサインしてしまっても良いのかな?」-そんないざというときでも、この講座で用語の意味や契約のポイントを押さえておけば、あせらずに乗り切れるはずです!

ミュージシャンはもちろんのこと、普段から音楽に触れ、音楽を愛するすべてのかたに聞いていただきたいお話です。ぜひ、お気軽にお越しください。

■取り上げる内容の一部
・プロダクションやレーベルと契約するときには何に気をつければいいの?
・著作権者、実演家、レコード製作者って誰のこと?
・音楽出版社ってどんなところ?
・著作権譲渡契約って何だ?
・原盤権って何だ?
・契約書にこんな言葉があったら要注意!
・印税って何だ?
・JASRACって何をしてくれるところ?
・ライヴを企画するときに必要になる契約って?

※皆様から質問を募集します。この講座に参加予定の方で、藤森弁護士に聞いてみたいことがある人は、
事前に、school-info@ototoy.jp
に、その疑問や事例を送ってください。出来るだけお答えるようにします。

<講師>
ナビゲーター : 藤森純
聞き手:飯田仁一郎(オトトイの学校)

<講師プロフィール>
藤森純

弁護士。弁護士法人品川CS法律事務所共同代表。文化活動を支援するためのNPO「Arts and
Law」理事。弁護士としての業務を行いつつ、バンド「THE BUFFETTMENT
GROUP」のベースとして活動中。クラブとクラブ・カルチャーを守る会の一員として風営法改正のロビー活動にも携わっています。バンドマンの立場から、メンドクサイけど知っておきたい契約のことについて、できるかぎり親しみやすくお話できたら良いなと思っています。

<開催日時>
2015年5月18日(月) 19時30分~ (全一回)

<定員>
50名
※ 定員になり次第受付を終了いたします

<受講料>
無料(要予約)

<開催場所>
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-31-2
ミューズ音楽院本館 1Fホール


【オトトイの学校×ミューズ音楽院】『いざというときのためのミュージシャンの契約入門!!!』

詳細

講師: 藤森純
期間: 2015年5月18日 19時30分〜 (全一回)
受講料: 0円 (税込)
定員: 50人
募集期間: 2015年4月28日 〜 2015年5月18日

開催場所:

ミューズ音楽院本館
東京都渋谷区代々木1-31-2

最寄り駅はJR山手線・総武線もしくは都営地下鉄大江戸線の代々木駅。JR西口から本館まで徒歩1分。
代々木駅西口から駅を背にして正面、交差点にある交番の左にある『富士そば』と『宝くじ』の間の道へ入ります。高架線手前のY字路を右折すると、ピンク色の「テンプスタッフ」のビルが見えます。そのすぐ先が本館です。

スケジュール

  • ・2015.05.18 (月) 19:30〜21:00 (90分)