News

2020年12月06日22時30分

 
乃木坂46〈四期生ライブ2020〉オフィシャルライヴレポート
 

2020年12月6日(日)、乃木坂46〈四期生ライブ2020〉の無観客ライブ生配信が開催された。

乃木坂46四期生は、2018年「坂道合同オーディション」に合格し、乃木坂46に配属となった11名と、研修生として日々レッスンを行ない、晴れて今年新たに正規メンバーとして昇格した5名で構成され、全16名での単独ライブは初となった。

オープニング1曲目は「君の名は希望」。既にグループを卒業した生駒里奈がセンターを務め、NHK「紅白歌合戦」初出場時に披露した言わばグループを象徴する代表曲を次世代の四期生が熱くパフォーマンス。その後、「命は美しい」「インフルエンサー」「走れ!Bicycle」「ガールズルール」と、表題曲を中心にヒット曲のオンパレードとなり、続けて四期生の遠藤さくらがセンターを務め、両サイドに賀喜遥香・筒井あやめと四期生メンバーがフロントを担った24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」で前半のブロックを締め括った。

ライブ中盤ではユニットコーナーを披露。賀喜遥香と金川紗耶の初々しいコントから披露された「孤独兄弟」。掛橋沙耶香・筒井あやめのアコギ生演奏をバックに、柴田柚菜と弓木奈於が「渋谷ブルース」を披露。ユニットコーナーのラストでは、新規メンバーに加わった林瑠奈がソロで「自分のこと」を熱唱するなど、四期生メンバーひとりひとりが際立った、見所満載のコーナーとなった。

ライブ終盤では、既に発売されているシングル・アルバムに収録されている四期生楽曲を立て続けに披露。中でもYou Tube 1,500万総再生回数を突破し、最もバズった四期生楽曲「I see…」で本編を締め括った。

またアンコール1曲目では、来年1月27日(水)に発売する26thシングル「僕は僕を好きになる」C/W曲として収録される四期生の新曲「Out of the blue」を初披露(センターは早川聖来)。ファンにとってひと足早いクリスマスプレゼントとなった。そしてアンコール2曲目で、デビュー時から歌い継がれるライブ定番曲「乃木坂の詩」で幕を閉じた。