News

2020年10月15日18時00分

 
Limited Express(has gone?)、新作ミニ・アルバム『The Sound of Silence』リリース決定
 

日本中を地下通路で繋ぎ、爆音を響かせ世界を揺らすレスザンTVより、Limited Express(has gone?)が、新作ミニ・アルバム『The Sound of Silence』をリリースすることが決定した。

今作は、compact clubのこまどりがサックスプレイヤーになっての初音源ともなる。

全曲コロナ禍で制作された楽曲は、メンバーのできるだけ早く出したいという希望もあり、ミニ・アルバムとしてリリースされる。コロナ禍の状況のみならず、BLM(ブラック・ライヴズ・マター)など時代の空気を強く詰め込んだものとなった。タイトル・ソングの“The Sound of Silence”はサイモン&ガーファンクルのカヴァー。

サウンド・エンジニアは松田健一。ジャケット・デザインはCHIAKIZZ CLUB(でぶコーネリアスEXなど)が担当。2014年のメンバー変更後、アルバムのほかに限定7インチ、Have a Nice Day!とのスプリット、音源つき耳栓の発表、2MUCH CREW、ロベルト吉野との合体などを通して常に音楽シーンにユーモアと刺激を投げかけてきた彼らの“今”が詰まったメッセージ性の強いアルバムとなっている。

Limited Express (has gone?)
『The Sound of Silence』
〈収録曲〉
1. WELCOME TO MY HOUSE
2. Live or die, make your choice
3. これはファンタジーじゃない
4. SLACK OFF
5. BOMB THE PROMPTER
6. 悪魔は囁き天使は導く
7. The Sound of Silence
発売日 / 2020年12月2日(水)
商品形態 / mini album
品番 / ch-167
税抜価格 / 1800円+税
仕様 / 12cmCD
収録曲数 / 7曲
発売元 / LessThanTV
販売元 / PCI MUSIC
告知解禁日 / 2020年10月15日(木) 18:00

【Limited Express (has gone?)】
2003年、US、ジョン・ゾーンのTZADIKから1st albumをリリースし、世界15カ国以上を飛び回る。その後、memory labより2nd album、best albumをリリース。DEERHOOF、WHY?、MY DISCOなどの海外バンドともツアーを回るなど、名実共に日本オルタナ・パンク・シーンで活躍するバンドへ。ステージ狭しと駆け回るボーカルYUKARIの存在感と、それぞれ他のフィールドでも活躍する各メンバーによる激しいパフォーマンスは常にフェスやライブハウスの着火剤。Have a Nice Day!、2MUCH CREW、ロベルト吉野などとコラボを重ね、2019年8月「フォーメーション」7インチ、10月には6枚目のアルバム『perfect ME』をアンダーグラウンド・パンク・レーベル、LessThanTVよりリリース。

・Limited Express (has gone?)オフィシャルサイト
http://www.limited-ex.com

あわせて読みたい