News

2020年04月03日12時00分

 
〈FUJI ROCK FESTIVAL '20〉出演日別の第2弾出演者発表
 

8月21日(金)22日(土)23日(日)新潟県 湯沢町 苗場スキー場で開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL '20〉。

その第2弾出演者が発表され、全ヘッドライナーが出揃った。また、各アーティストの出演日も合わせて発表された。

8月21日(金)、初日のヘッドライナーはTAME IMPALAに決定。
同日の追加アーティストには、フジロック'18のレッドマーキーで圧巻のパフォーマンスと飛び抜けた存在感を見せつけたスパニッシュ・ガールズバンドHINDSと、台湾発の超絶テクニックを兼ね備えたマスロック・バンドELEPHANT GYM
加えて、2010年代を代表するバンドへと駆け上ったYOGEE NEW WAVES、2006年公開のジブリ映画「ゲド戦記」の挿入歌で一躍話題となった美声の持ち主 手嶌葵、デビュー後間も無く配信サイトなど11サイトにおいて1位を記録した驚異の新人milet、昨年は苗場食堂にも出演し2月に行われたワンマンライヴではソールド・アウトと今めきめき頭角を現しているTENDOUJIが決定した。

8月22日(土)のヘッドライナーはTHE STROKESに決定。
そして追加アーティストとして、2年半ぶりに新作をリリースし既にエレクトロ・シーンにおいて今年のハイライトとなるであろうFOUR TETの出演が決定。
日本からは、17年のルーキー・ア・ゴーゴーに出演し早くも無限の才能を開花し、飛ぶ鳥を落とす勢いのKING GNU、昨年オリジナルメンバーでの再結成を果たしロックシーンにおいて最大の衝撃でもあったNUMBER GIRL、ジャパニーズ・パンクロック・シーンを牽引し続けるMONOEYES、銀河系最強人力ダンス・ロック・バンドROVO、ソウル、R&B、ロックンロールと幅広いジャンルを飲み込んだ日本屈指のライヴ・バンドTHE BAWDIES、急成長を遂げ新世代スターとなったReNが5年ぶりに出演。
更に、DENIMSKEMURI光風&Green MassiveTHE SKA FLAMESと強靭なラインナップが決定した。

8月23日(日)最終日のヘッドライナーはなんとデビュー50周年を迎えたMrフジロック忌野清志郎 Rock'n'Roll FOREVERと電気グルーヴの2組がダブル・ヘッドライナーとして出演決定。
追加アーティストには、グレイトフル・デッドファミリーのメンバーでもあるSTEVE KIMOCK率いるVOODOO DEAD、SAM SMITHのオープニング・アクトにも大抜擢された大型新人BRUNO MAJOR、2014年のマーキュリー・プライズにノミネートされ、DJ界の巨匠GILLES PETERSONがベスト・ジャズアルバムとも公した才能の持ち主GOGO PENGUINの出演も決定。
そして、20周年を迎えた後もとどまることを知らないTHA BLUE HERBが3年ぶりの出演。HIP HOPレーベルSUMMITが手がけるアーティストが一堂に会し、どのようなパフォーマンスになるか予測もつかない、フジロック史上類を見ないステージングとなるに違いないSUMMITも見逃せない。
さらに、羊文学カルメン・マキ&OZMONO NO AWARE折坂悠太サニーデイ・サービスの出演も決定した。

なお、本日よりチケットの2次先行販売がスタートしている。詳細はフジロックのオフィシャルサイトで確認してほしい。 (内)

■FRFオフィシャルサイト 
https://www.fujirockfestival.com

あわせて読みたい