News

2020年03月23日21時20分

 
シャーラタンズのティム・バージェス主催 UKロック名盤のリスニングパーティー開催 リアムも登場
 

ザ・シャーラタンズのヴォーカリスト、ティム・バージェスがUKロックの名盤を、アーティスト本人たちとツイッターを通して聴くリスニング・パーティーを行うことを発表した。

発表された内容によると、この企画は現地時間3月23日(月)22:00(日本時間3月24日(火)の朝7:00 )から始まり、平日に毎日実施される予定。

月曜はティムが自らザ・シャーラタンズの『Some Friendly』を紹介、火曜はフランツ・フェルディナンドが『Franz Ferdinand』、水曜はブラーの『Parklife』をデイヴ・ロウントゥリー(Dr)が、木曜はライドの『Going Blank Again』をアンディ・ベル(Gt.Vo)、ローレンス・コルバート(Dr)、そして最終日となる金曜はオアシスのデビュー・アルバム『Definitely Maybe』(邦題『オアシス』)をリアム・ギャラガーと元オアシスのギタリスト、ボーンヘッドが登場して紹介する予定となっている。

・ティム・バージェスTwitter
@Tim_Burgess


あわせて読みたい


TOP