News

2020年02月16日22時10分

 
ハバナイのチャンシマが2月27日のツアーファイナルを持ってバンドを脱退
 

2月27日のリキッドルームのライブを最後にHave a Nice Day!のドラムのチャンシマがバンドを離れることとなった。以下ハバナイ浅見より声明。

ドラムのチャンシマがHave a Nice Day!を離れることになった。

チャンシマはHave a Nice Day!最初期の2011年頃から叩いているからもう10年近い付き合いだろうか。出会った当時、彼はマリリンモンローズというバンドのメンバーで、ハバナイはサポートとして叩いてもらっていたが結局その後ずっとハバナイのドラムとしてわれわれのライブを支えてくれた。ちなみに2015年リリースのDystopia Romanceに収録してる"東京都"はマリリンモンローズの曲をカバーしたものだ。
彼は普段から自分でも発言しているが、ミュージシャンにしては音楽にそれほど興味がない。ハバナイも仲間意識や心意気として続けてくれていたフシがある。お互いあまり干渉することなく多くを求めない距離感というものが、気の合う友達と熱意を持ってやるバンドとは違った意味でわれわれを成り立たせてきた。こういうふうに説明すると奇異な目で見られることも多いが、家族や友達にもそれぞれの距離感があるようにバンドという共同体にもそれぞれの距離感や温度感があるだろう。チャンシマが辞めることを2人で話し合った日の帰り際、彼が「長く一緒にいすぎたなあ」と言っていたがそれが自分たちの正直な気持ちだったような気もするね。
決して喧嘩別れというわけでもなく、様々な場所・会場でライブを経験した中でオレが思ったことを腹を割って率直にチャンシマに伝えた。彼にはいろんな思いがありつつもオレの決定を尊重してくれた。お互い納得をして決めたことなので前向きな選択として捉えてもらえると嬉しいよ。3月以降は新しいドラムをサポートに迎えて新編成でライブする予定だよ。

とりあえず2月27日はチャンシマがHave a Nice Day!でドラムを叩く最後の日なのでみんな遊びに来てねって感じでよろしく。

Have a Nice Day!
浅見北斗

あわせて読みたい


TOP