News

2020年01月20日22時25分

 
“未来のブルースパーティ” 〈Blues Quest 2020〉下北沢で開催決定
 

関西圏から下北沢にやってくる、ちょっと気になるブルース・イベントの開催のお知らせ。

2月15日(土) 下北沢HALFにて行われる〈블루스 퀘스트 ーBlues Questー 2020〉なるイベントだ。

このイベントは、もともと海を渡りやってきて、アフリカやカリブのラテン要素やリズム、ヨーロッパのショー文化などの混合で変化していった幅広い音楽“ブルース”を、日本でも独自に楽しむべく、各方面のアーティストの出演で行われるもの。

主催者によると、ブルースの既存イメージでもある、アメリカンな渋いもの、掘り下げて聞く研究体質な部分を払拭すべく、ブルースの探求(Blues Quest)というタイトルをつけたとのこと。

イベント開催のきっかけとなった韓国のブルースマン、ハ・ホンジンは、チップチューンメーカーのNishioka Diddleyと8bitに載せたブルースユニットを結成してライヴを行う。掘り下げでなく掘り上げる、未来のブルースパーティをお見逃しなく。(岡)

イベント情報
〈블루스 퀘스트 ーBlues Questー 2020〉
2020年2月15日(土) 下北沢HALF
18:00 open/start  
2300yen+1drink

■出演者
【LIVE 】
◆シンムラテツヤ (ジョンとヨーコのロックバンド、現代の山火事)
◆KΣITO (TYO GQOM、テクノウルフ)
◆Blues Electronic Industries Inc.
 →ハ・ホンジン(From Korea) & Nishioka Diddley(DIDBURNS、The Poseidons、CHILDISH TONES)

【DJ】
◆三代目DJひょっとこ
◆坂田律子 (pagtas、fuelphonic、ヌケメバンドetc)
◆OPAL7(ae黒いオパール、From大阪)
◆D.J.G.O.

■フライヤーデザイン
伊達 努