News

2019年12月27日11時35分

 
スタジオジブリ作品「魔女の宅急便」「紅の豚」限定アナログ盤リリース決定
 

スタジオジブリ作品 「魔女の宅急便」「紅の豚」2作品のイメージアルバムとサウンドトラック、計4タイトルのアナログ盤が、2020年3月11日(水)にリリースが決定した。

本商品は、HMV record shop、HMV、HMV&BOOKS onlineなどで購入できる限定商品となる。

2018年11月3日「レコードの日」に発売した、スタジオジブリ作品「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」のアナログ盤は、発売当時のまま完全復刻し、大好評となった。

今回発売する限定アナログ盤では同じくスタジオジブリの作品「魔女の宅急便」「紅の豚」のイメージアルバムとサウンドトラックに、新たにマスタリングを施し、ジャケットもリニューアル。
また、「魔女の宅急便」のイメージアルバム、「紅の豚」のイメージアルバムとサウンドトラックについては、初めてのアナログ化となる。

ぜひこの機会に、アナログ盤ならではの音でスタジオジブリの世界に浸ってみてはいかがだろうか。 (内)

特設ページ 
https://www.hmv.co.jp/news/article/1912251018/

【リリース情報】
■ 魔女の宅急便/イメージアルバム(初版1989.4.10) 
音楽:久石譲 全12曲 ¥4,180(税込)
「なんとなくヨーロッバ、 どこか地中海あたり・・・・・・」という宮崎監督のイメージが音楽で表現されている、サントラ盤の原曲とコンセプトが凝縮した1枚。

■魔女の宅急便/サントラ音楽集(初版1989.8.10) 
音楽:久石譲 全21曲 ¥4,180(税込)
荒井由実作品も含む、映画で使用された楽曲をすべて収録したサントラ音楽集。

■紅の豚/イメージアルバム(初版1992.5.25) 
音楽:久石譲 全10曲 ¥4,180(税込)
原作である宮崎監督の漫画「飛行艇時代」と監督の音楽メモをもとに、1920年代末期のヨーロッパ・イタリアをイメージしてつくられた作品集。

■紅の豚/サウンドトラック(初版1992.7.25) 
音楽:久石譲 全23曲 ¥4,180(税込)
アコースティックなサウンドにこだわって約70名のフルオーケストラで録音。

あわせて読みたい