News

2019年10月29日13時00分

 
小説家、青木淳悟と太田靖久が手掛ける『ODD ZINE vol.3』にDEATHROが参加
 

新潮新人賞出身の小説家、青木淳悟と太田靖久の2人により企画・編集で発行されているジン『ODD ZINE』の第3弾へ神奈川県央ナンバーワン・ロック・ヴォーカリスト、DEATHROが参加することが決定。

『ODD ZINE』とはプロの純文学作家を中心に多彩なメンバーが寄稿し、メジャーな場とは一味ちがう文芸のアナザーサイドを垣間見せるジンとなっており、『vol.2』は今年5月の文学フリマ東京にて100冊を完売。その後もさまざまな書店にて販売されている。

今回発刊される『vol.3』では『vol.2』に青木・太田とともに参加していた第153回芥川賞受賞者の滝口悠生、松波太郎の小説家、写真家の金川晋吾、ライターの伊藤健史に加え、第160回芥川賞受賞者の町屋良平、水原涼、片瀬チヲルの小説家、文芸評論家の川口好美をあらたに加え、絵本作家でイベントオーガナイザーでもある星葡萄がイラストレーターとして参加。そんな中に今回DEATHROも参加、同号は「SURVIVE ―作家になる前/作家になった後―」をテーマとしており、DEATHROもそれに合わせ、自らの音楽ルーツなどを寄稿しているとのこと。

また、デザインはBRAHMAN、Hi‐STANDARD、DISCHARGEなど、ハードコア・パンクを中心としたアートワークを手がけ、東京・新代田にある雑貨店「PRANK WEIRD STORE」のオーナーでもあるan ideal for livingが担当している。

『ODD ZINE vol.3』は、11月24(日)の「第29回文学フリマ東京」にて発売を予定しているが、11月17(日)の「第49回鬼子母神通り・みちくさ市」で先行販売も行う。みちくさ市では、「生活考察」・「早稲田文学編集室」・「いぬのせなか座」と合同で出店し、晴天時は鬼子母神通りのあしあと動物病院前、雨天時は池田ビル前広場にて、午前11時より販売する予定とのこと。通販や取扱店情報などの詳細は太田靖久のTwitterにて。(高木理太)

【DEATHROコメント】
この度縁あって文芸メインのODD ZINEにBEAT ROCKのVOCALISTの自分寄稿させていただきました。
DEATHROで唄う歌詞の世界とはまた異なるパーソナリティを綴っています。
もしZINEを読んで初めてDEATHROに触れるという方が居ましたら是非音楽の方も聴いていただけたら嬉しいです!

・内容
『ODD ZINE vol.3』(奇妙出版社)
特集:SURVIVE ―作家になる前/作家になった後―
148mm×248mm/52P/モノクロ/中綴じ

<寄稿者>
青木淳悟/伊藤健史/太田靖久/片瀬チヲル/金川晋吾/川口好美/滝口悠生/町屋良平/松波太郎/水原涼/DEATHRO

<イラストレーション>
星葡萄

<デザイン>
an ideal for living

<販売価格>
1000円(税込)

<発売場所>
2019年11月17日(日)東京都 第49回鬼子母神通り・みちくさ市
2019年11月24日(日)東京都 第29回文学フリマ東京
※文学フリマ終了後に「PRANK WEIRD STORE」で通販も開始予定

DEATHRO
https://deathro0462.tumblr.com
https://twitter.com/deathro_com
太田靖久
https://twitter.com/ohta_yasuhisa


関連ニュース