News

2019年10月11日21時00分

 
白波多カミンの『引き出しからこんにちは』第10回
 

第10回「父」

眠るときは目を閉じて
いいことだけ考えるんだって
幼い私に父は言った。

いいことがなければどうするの?と聞くと、
なければ空を流れる雲を思い浮かべるといいよ。と答えた。

この方法はどんな気持ちも忘れさせてくれる。

私は小さい頃お父さんっ子だった。

いってきますのチューをしないと、幼稚園に行けなかった。チューを忘れたと、行く道を引き返したこともある。

ある日、またチューを忘れて引き返そうとしたとき、母が、きょうはもういいじゃない、チューがなくても大丈夫。と言った。

父とのいってきますのチューは、1日が始まる儀式のようになっていて、それがなければ無事に一日を過ごせないと思っていた。けれど、し忘れた日、楽しく過ごせたから、その日以降しなくなった。

思春期になると、心の底から嫌うようになった。父の挙動ひとつひとつに嫌悪した。
今ではこの時期のことを思うと胸が痛い。

初めて恋人ができると、父への嫌悪感が消えていった。分かりやすいものだ。男のひとが気持ち悪くなくなった。

それからは徐々に父とも話せるようになった。

父は不思議なひとだ。寝る前は本を必ず読む。ポーズは決まっていて、うつ伏せで本を開く。
空を見るのが好きで、ぼーっとするのが得意なくせに、無目的に歩くことができない。目的地に早く着き、目的を早く済ませて帰りたい性分。せっかちなのだ。ぼーっとしているのにせっかちという、ちぐはぐなひとだ。

常に1人で行動している。
誰といても単位は1人だ。
マイペースというのか、なんなのか。

孤独とたたかっているところは見たことがない。むしろ孤独と仲良しなように見える。
焚き火が趣味で、休みはほぼ焚き火に出かける。

1人でキャンプをしに、琵琶湖のほとりに3泊ほどするらしい。木を燃やし続けるらしい。

変人だ。

と思う。

私はやっぱりまだお父さんっ子かもしれない。

文:白波多カミン

※次回掲載は10月25日(金)

白波多カミン オフィシャル・ウェブサイト
http://shirahatakamin.com/


関連ニュース