News

2019年09月13日18時30分

 
やくしまるえつこ『わたしは人類』2つの美術館にて展示
 

「相対性理論」などを主宰し、音楽家・アーティスト・プロデューサーとして活躍する やくしまるえつこ

やくしまるが、”人類滅亡後の音楽”をコンセプトにバイオテクノロジーを用いて制作し、音源と遺伝子組換え微生物で発表、世界最大の国際科学芸術賞アルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEグランプリを受賞した作品『わたしは人類』が、森美術館と金沢21世紀美術館、2つの美術館で展示される。

やくしまるえつこ『わたしは人類』が展示されるのは、
2019年9月14日(土) 〜2019年12月19日(木) 金沢21世紀美術館にて開催の
「開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[1]」と、
2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日) 森美術館にて開催の
「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」。

『わたしは人類』は、やくしまるえつこが”人類滅亡後の音楽”をコンセプトに2016年からスタートした、新しい音楽—伝達と記録、変容と拡散—の形を探るプロジェクト。微生物のDNAを基に楽曲を制作、更にその楽曲をDNA配列に変換し、楽曲情報をDNAに組み込んだ遺伝子組換え微生物を作り出した。

やくしまるは『わたしは人類』の演奏においても、その遺伝子と同様に突然変異を引き起こすパートを盛り込んでおり、ライヴなどで楽曲は変異を繰り返し、進化を続けている。やくしまる率いるバンド・相対性理論が先日発表した初のライヴアルバム『調べる相対性理論』にも、8分を越える『わたしは人類』のライヴバージョンが収録されている。

作家の古川日出男は、
———————
ここに収録された「わたしは人類」を聴いてみればいい。この歌詞の、それから音の、届けようとしている熱量はほとんど圧倒的で、あなたは「ああ、フィクションには力があるな」とうなずかざるを得ないだろう。それから、「これはフィクションではないな」と悟って、そのことに愕然とするだろう。あなたはその歴史の実在する「世界」に行って、戻ったのだ。あなたは人類史の外側にあっさりと出たのだ。
――古川日出男 (作家)
———————
と、賛辞を寄せている。

2017年に金沢21世紀美術館で展示されたバージョンである『わたしは人類(ver.金沢)』は、ポップミュージック / バイオアートで初めて、同館のコレクション作品として収蔵された。コレクション収蔵にあたり、金沢21世紀美術館キュレーター・高橋洋介は、
———————
やくしまるえつこの「わたしは人類」は、生命を情報を記録・複製する一種の機械とみなすことによって音楽の構造や制度を解体し、既存の概念を揺るがす。だからこそ、わたしたちは、それを一瞬の娯楽やありふれた時代のサンプルとしてではなく、連綿と続く伝統を革新し、新たな表現の歴史を切り開く真の芸術作品としてみるのだ。なにより、ひとつの楽曲としては、きわめて多面的な側面を含む「わたしは人類」もまた、彼女の探求のごく一部が結晶化したにすぎず、さらなる予想外の可能性を開くための契機のひとつにほかならない。やくしまるえつこが、一介の音楽家ではなく、現代のアーティストを名乗るにふさわしい理由は、ここにある。
――高橋洋介(金沢21世紀美術館キュレーター)
———————
と、その魅力について語っている。

やくしまるえつこ「わたしは人類」は配信シングルとして好評配信中。
「わたしは人類」ライヴバージョンが収録されている相対性理論のライヴアルバム『調べる相対性理論』も、CD・アナログレコード・配信で好評発売中。

さらに、2019年10月30日には、やくしまるえつこ最新シングル「アンノウン・ワールドマップ」(「ハイスコアガールII」ED主題歌)と、やくしまるも参加アーティストとして名を連ねる手塚治虫生誕90周年記念 火の鳥 COMPILATION ALBUM 『NEW GENE, inspired from Phoenix』が、同時発売となる。 (内)

【展覧会情報】
■金沢21世紀美術館
「開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[1]」

会期
2019年9月14日(土) 〜2019年12月19日(木)

休場日
月曜日(ただし9月16日、9月23日、10月14日、10月28日、11月4日は開場)、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)

開館時間
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1770

お問い合わせ
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

■森美術館
「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」

会期
2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)
会期中無休

開館時間
10:00~22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※ただし11月19日(火)、12月31日(火)、2月11日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)

https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/future_art/index.html

お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)

【関連リンク】
やくしまるえつこ オフィシャルサイト『わたしは人類』ページ
http://yakushimaruetsuko.com/archives/2602

金沢21世紀美術館「開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[1]」
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1770

森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/future_art/index.html

Ballet Mécanique

砂原良徳, やくしまるえつこ

¥ 550

Attune / Detune

MONDO GROSSO, やくしまるえつこ

¥ 2,037

Ballet Mécanique

砂原良徳, やくしまるえつこ

¥ 255

Attune / Detune

MONDO GROSSO, やくしまるえつこ

¥ 1,528

関連ニュース