News

2019年07月17日12時15分

 
BiSHチッチがキュレーターを務めた初の自主企画イベント「THAT is YOUTH!!!!FES」が開催
 

7月3日に発売されたメジャー3rdアルバム『CARROTS and STiCKS』が大ヒット中、勢いが止まらないBiSH

そんなBiSHのメンバーの中で、とりわけロックに強い愛着を持つセントチヒロ・チッチがキュレーターを務めた初の自主企画「THAT is YOUTH!!!!FES curated by CENT CHiHiRO CHiTTiii」が7月16日にZepp Tokyoで開催された。

"結局、人間大人になっても青春が全てだ"をテーマに、チッチ自ら出演バンドのブッキング、企画、フライヤーやグッズデザインを手がけた「THAT is YOUTH!!!!FES」にはGEZANリーガルリリーeastern youth、そしてBiSHが出演した。

トップバッターを務めたGEZANは、1曲目「忘炎」からフロアを一気に圧倒。
マヒトゥザピーポー(Vo/Gt)は、「愛で溺れながらサバイブしていこう」と言うMCから「DNA」を歌い上げ、全5曲を披露しステージを後にした。

続くリーガルリリーは「the tokyo tower」「ぶらんこ」を立て続けに披露し、全5曲を披露。柔らかく、時に切りつけるようにリーガルリリーの世界観にオーディエンスを包み込んだ。

そしてeastern youthは、チッチ本人がBiSH最初の曲「スパーク」の原点とも語っていた「夜明けの歌」をはじめとする5曲を披露。チッチからの手紙を受け、出演を決めたと言う吉野寿(Vo/Gt)は「全力でぶちかましにいきます。」という事前の宣言どおり会場を熱狂の渦へと巻き込んだ。

トリを務めるBiSHは独特な世界観へと観客を誘う「FREEZE DRY THE PASTS」を先頭に代表曲「BiSH-星が瞬く夜に-」を含む6曲を披露。セントチヒロ・チッチは「今日はどうしても出会ってもらいたい、知ってほしい音楽があって、自分の体で感じてほしい音楽があって。私は今、胸がいっぱい過ぎて感情がよくわからなくなってますがBiSHはBiSHらしくやっていきたいとおもいますので、よろしくお願いいたします。」と語り、最後に「スパーク」を歌い上げイベントをしめくくった。

また、来場者全員にチッチの想いとQRコードが記されたメッセージカードが配布され、初の自主企画は幕を閉じた。 (内)

「THAT is YOUTH!!!!FES curated by CENT CHiHiRO CHiTTiii」
2019年7月16日 ZEPP TOKYO セットリスト
【GEZAN】
1. 忘炎
2. wasted youth
3. 赤曜日
4. 東京
5. DNA
【リーガルリリー】
01. the tokyo tower
02. ぶらんこ
03. はしるこども
04. こんにちは。
05. ハナヒカリ
【eastern youth】
01. 夏の日の午後
02. 砂塵の彼方へ
03. ソンゲントジユウ
04. 夜明けの歌
05. 街の底
【BiSH】
01. FREEZE DRY THE PASTS
02. DEADMAN
03. BiSH-星が瞬く夜に-
04. オーケストラ
05. サラバかな
06. スパーク

■More Info
BiSH
Official HP : http://www.bish.tokyo
Official Twitter : https://twitter.com/bishidol

関連ニュース